ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

ゲイ体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2017/05/30 01:35:56 (87G.kdDG)
前回の俺とソウタのその後を気にしてくれている方もいらっしゃるみたいなので…

ソウタには告白したけどフラれましたw
だけど最近いい感じです。

あの一件があってからもソウタはいつも通りに接してくれました。

そして病院の忘年会のときにまたチャンスがやってきた。
忘年会は俺もソウタも出席してたが職種が別で席が離れていた。

ソウタは男の看護師なんてあまりいないし
更に若くて可愛くてってことで病棟ナースにモテまくっていた。
ソウタは次々に酒をつがれて飲んでいた。

中盤に病棟ナース2-3人とベロベロになったソウタが酒をつぎに来た。
俺はソウタを会場から連れ出しお茶を飲ませた。

ソウタ「酔っぱらっちゃったなぁー、」
俺「ソウちゃんほんと可愛いねw」
ソウタ「そうですかねぇ、もう眠たいです…」
俺「あんま無理しないで帰ったら?俺送ろうか?」
ソウタ「…」
ソウタは返事もしないで俺に寄りかかってきた。
俺はチャンスと思い足早に会場へ戻って急用と言ってソウタを家に連れ込んだ。

ソウタ「泊まってもいいんですか?」
俺「当たり前だろw寝室にスウェットあるからそれきて寝たらいいよ。」
ソウタ「なんか…ごめんなさい。」
俺「謝ることないから!あっ、あとベッド使っていいよ。俺適当に寝るから。」
ソウタ「そんな!俺が…」
俺「いいから!」 

ソウタは引き下がらず取り敢えず着替えてくるよう言い聞かせた。
着替え終わったソウタがまた戻ってきた。
めちゃくちゃ可愛かった。
ブカブカのスウェット姿に萌えた。
俺が見とれていると
「じゃあ!あの、一緒に寝ましょ?」
と。
俺「いいの?手だしちゃうよw?」
ソウタ「…いいですよ。」

俺のちんこは臨戦体勢になったw
ソウタは足早にベッドへ行ってしまった。
俺はスーツを脱ぎ捨てパン1で寝室へw
パン1で行ったはいいが俺は度胸が足りずゆっくりソウタの隣に寝転がった。

するとソウタが俺の手を握ってきた。
俺はキュン死しそうだったww

ソウタ「今日は甘えたい気分で…」

その言葉に理性がぶっとんだw
ソウタに覆い被さりキスをした。

俺「口開けろ、ソウタが誘ったんだぞ」
ソウタ「ん…」

と口を開けて舌を絡ませてきた。ソウタは股間を膨らませていた。
俺は乳首や首筋を舐め回した。
ソウタ「ふぅー、感じるぅ」
と。いちいち可愛いやつだ。
俺はソウタの巨根をくわえた。ソウタはビックリしていたがそのまま俺にフェラをさせた。
ソウタは早漏で5分もしないうちに俺の口で逝った。

ソウタ「ごめんなさい、」
俺「謝んなってwうまかったw!」
ソウタ「りゅうさん…」
俺「?」

ソウタはそのまま俺にキスをしてパンツ越しにちんこを揉んできた。
ソウタ「りゅうさんの、苦しそう…こんなに濡れてる…」
と俺も気づけば亀頭の部分が濡れてパンツが変色してたw
ソウタはそのままパンツのボタンを開け俺のちんこをくわえた。

ソウタ「大きいー!黒くて長い!」
俺「お前もだろw!」
ソウタ「俺こんな黒くないし大きくないw!」
俺「いいから早く気持ちよくさせろよw!」
とw

ソウタはぎこちなくフェラをしていた。
俺はソウタのスウェット越しのもっこりを足でいたずらしていたw

ソウタ「あっ、ん、」
と体をびくつかせているソウタが可愛くて俺もすぐにいきそうだった。
だけど先に逝ったのはソウタだったw
ソウタ「あぁ、だめ、はっ…あっ、」
俺「俺の足でいけるんだw?」
ソウタ「いってません!」
俺「無理すんなって、こかんぬれてるよ?」
ソウタ「もういじめないで!」
俺「わーったから、早く俺も逝きたい、」
ソウタ「うん。」

そして俺もすぐにそのあと逝ってしまった。

その後
ソウタ「りゅうさんて優しいですね。変態だけど男らしいし…」
俺「おっ?惚れ直した?」
ソウタ「少しわかった気がします。このごつごつした体に抱き締められると安心する…」

その夜俺はソウタを抱き枕にしてねたw
幸せだったw
1
2017/05/29 21:05:25 (dKzTmC0y)
それは中二の夏の夜の事。私はあまりの蒸し暑さに近所をジョギングもどきに走り回っていた。そしてさしかかった大きめの公園。私は突っ切るか迂回するか悩んでいた。と言うのもその公園、夜になれば浮浪者が徘徊したり余り良い噂をきかなかったから。

 今となってはその公園がハッテン場だと知っているけど、「いつになったら彼女作れるか?」と悶々としていた、此方の世界はまるで別世界の当時の自分が、そんな事知る由も無し。散々走った後、尿意も感じていた私は小便するくらいなら、大丈夫だろうと、まんまと一番危ないだろうトイレへむかってしまったのだった。

 薄汚い便所へ入り小用の便器に放尿すると、タイミングを見計らった様に人が入ってきた。しかも二人いる様だ。「嫌だなぁ」とさっさと終われとばかりに力んでいると、彼等は私の背後にゆっくり近づくと私のジャージを勢い良く真下に下ろしてしまった。あわてふためくと小便は止まらない。

「坊っちゃん良い尻してるなぁ!」
 
私は目から火花が飛び散りそうになりながら、なんとか小便を終わらせた。と同時に彼等二人に腕を掴まれジャージが下ろされたままなので、不格好に私は便所の外の茂みの奥へと連れていかれた。私はただ小声で「やめてください。許してください。」としか言えなかった。そしてその時はカツアゲされるのだとばかり考えていた。

私を捕まえた二人は浮浪者風の男だった。震える私に彼等は言った。

「これから坊っちゃんのお尻使わせて貰うけど、方法は二つある。坊っちゃんに選んで貰う。痛いのと気持ち良いの。」

震えながら私は答えた。

「どっちも嫌です!」

 オジサンは言う。

「そう答えると無理矢理やって痛い方選ぶ事になるよ。お尻が裂けて垂れ流しになっても良いの?」

 まるで誘導尋問だった。私は気持ち良くしてくださいと答える他無かった。オジサンわた私を正常位の格好にさせもう一人が私の足を掴んだ。オジサンは得意顔で相方に言う。

「初物は無理矢理やっちゃダメ。尻の味をたんと覚え込ませれば、二度目は自分から尻振って入れてくれってなる。」


オジサンは私の肛門にヌルヌルした液体を塗ってマッサージを始めた。生まれて初めて他人に肛門を弄られ、気持ち悪いような気持ち良い様な不思議な感触にビビった。徐々に時おり肛門内にオジサンゆび指が侵入する。そしてやがてそれは奥まで入ってきた。

そこまでは何とか耐えられたけど指をグルグルかき回されるとやっぱり痛い。「痛い!やめて!」と叫ぶも痛みだけでは無い良く解らない感触も表れ、やがて私の小さな逸物が勃起を始めた。

「坊っちゃん素質あるなぁ。お尻弄られてそんなに気持ち良いか?」

 私はその時自分の体に起こっている事が信じられなかった。悔しいけど、悲しいけど、オジサンに肛門を弄られながら私は勃起している。前立腺と言う言葉なんてまった知らなかった当時の私。オジサンの企みにまんまと引っ掛かってしまった私。知らぬまに指は二本に増えていた。そんな私にオジサンはトドメを指す。

「この前やろうとした少年は痛がって痛がって、可愛そうになってやめちゃったけど、坊っちゃんは気持ちよがって我慢汁まで垂らしちゃうんだから。これは最後までやってあげないと可愛そうというものだよね。」

 私は四つん這いにさせられると、再び肛門に液体を塗られ、オジサンに尻を貫かれた。もう一人が私の口に挿入し、私は前後の穴を塞がれ、そしてオジサン二人に尻を突かれながら射精してしまった。オジサンは高笑いした。

「坊っちゃん正真正銘の本物だね!嫌だ嫌だと言いながら、お尻犯されながらいっちゃうんだもん!」

 私は本当に叩きのめされた気分だった。数分前まで私とは全く別世界だと思っていたのに、事実私はお尻を犯されながらいってしまった。

 全てが終わった時、私の口と肛門はオジサン達の精液でベトベトだった。私の逸物も私がいかされた精液でベトベトだった。オジサンが肛門に指を挿入するとツーっと彼等の残した精液が私の大腿を伝った。オジサンは私に言った。

「気持ちよかったろ?言葉じゃ無くて君のお尻が雄弁に語ってくれてたよ!またおいで!君は絶対に来るって信じているよ!」

 それから三日間程私の肛門はヒリヒリとした。その間私は普通なのか?それともお尻でいっちゃうんだからそっちなのか頭のは悶々としていた。いや、今でもそれは続いている。だけどどうしようも無い事。それはその夜オジサン達に叩き込まれてしまったお尻の快感。お尻のほとぼりが冷めた頃、私の尻は疼きだした。その私は夢遊病の様に夜になるとその公園の公衆便所へと足を運んだ。数日間は何も無かった。そしてある日私便所を出ようとした時、私はいグイっと腕を掴まれた。振り返ればオジサンがいた。

「やっぱり来てくれたんだね!」
2
2017/05/29 00:34:37 (UHNz8eTf)

先日、平日に少し時間が出来たので、女装露出をする事にしたんです。
ただ、最近メールのやり取りをしてる方に自分の気持ちを盛り上げるつもりで連絡をしてみると、

『観に行こうかな?』って嬉しい返信が

見てもらえる事と初めて会えるのが嬉しくて、予定のエリアから彼のエリアに即変更(笑)

少し場所のやり取りして、とある公園にて合流しました。
この公園は私は知らないところだけど、山の遊歩道があるところ。
自己紹介しながら山の中に入って小さな休憩所に到着すると、気持ちが高ぶってた私は、露出の気持ちもあって服を脱ぎ始めてました。
彼も露出をする方だけど、その日はそこまでは大胆しないみたいです。

ですが、私の露出は嬉しい事に止めません

露出もだけど、エロの気持ちが高ぶってた私は彼のオチンチンが欲しい状態
彼もわかってくれてたのか、すぐにズボンを下げてくれました。
出てきたオチンチンはなんか見た目からちょうどいい感じ。
きちんとおっきくて、硬くってでも乱暴でもない感じで。
基本的に、お互いの為に早めにゴムするようにしているけど、なんだかもったいない(笑)
いじってしやぶってしながらお話。
最近はあまり元気でないっていう事
ウケに目覚めてきてるみたいにいわれて、ちょっぴりショック。
でも、もともとはタチの方。
私は満足して欲しくておしゃぶりしてたけど、口の中のが下のお口に欲しくて我慢出来なくなって。
少しだけでもって入れてもらいました。

やっぱり気持ちいい
なんでオチンチンって気持ちいいんだろ?
特にこのオチンチンはやっぱり思ったとおり気持ちいい。

喜び感じてたら彼も元気のまま中で動かしてくれました。
萎えちゃうかもしれないって言ってたのに。

感動しちゃいます。
そしてそのまま中で出してくれました。
中で出してもらえる満足感、いいですよね。
演技でなく外したゴムの中にたっくさんあるところ見ると、嬉しいんですよね。

初めて会った人だけど、ずっとお付き合いしたくなっちゃった。

このあとは、私が露出散歩
全裸で山の中の遊歩道。
気持ち良かった。
彼もずっと見てくれました

真面目な人だし、相性も良さそうだし、これからもずっとお付き合いして欲しいな。



3
削除依頼
2017/05/28 20:25:09 (LUvo/LnQ)
俺は父子家庭で育ち兄弟に一人兄ちゃんがいる。
父ちゃんが離婚したときからずっと家事をしてくれた。
立派で尊敬できる兄ちゃんだ。

兄ちゃんが社会人になった頃、俺は高校生になっていて
あの日を境に俺は兄ちゃんを男としてみるようになってしまった。

蒸し暑い夏の夜、兄ちゃんは友達と飲み歩き夜中に帰ってきた。
玄関で酔い潰れて眠っていた。

俺は兄ちゃんを起こそうと近寄った。
だけど俺は兄ちゃんを起こすことより
酒と汗の臭い、Tシャツがめくれて、そこから見える腹筋と薄く生えた腹毛
ズボンから見えるデロンとしたチンポの形、陽気な寝顔。

兄ちゃんのすべてに興奮した。


一回部屋に戻り、しこった。
だけど欲求は大きくなるばかりで
どうしても兄ちゃんのチンポが見たくて堪らなくなった。

欲求に負け、俺は兄ちゃんのズボンを下げた。
起きたら着替えさせようとしたと言い訳しようと考えてたが、全く起きない。
俺は恐る恐るパンツの中のチンポに手を伸ばした。
ぶにぶにしててかなり太い…皮は仮性だけどほぼ剥けていた。

するとすぐに兄ちゃんが
「おぃ!お前!」
と起きてしまった。

俺はあとに引けず
「お願い、あと、少しだけ…」
と強引にさわり続けた。


兄ちゃんは恥ずかしそうに抵抗したが俺が少し震えてることに気づき
「まぁ…そうゆう年か…」
と開き直った。

俺は我慢できなくなり兄ちゃんのを舐めた。
「おい!きたねぇからそれはやめろ!」
といっていたが兄ちゃんはぎんぎんにチンポを膨れ上がらせた。 
凄くしょっぱくて臭くてちんかすもついてたが
全部なめとった。

兄ちゃんは
「しらねぇかんな。」
と観念した様子で抵抗をしなくなった。

しばらく舐めたり手コキしてると兄ちゃんはチンポをびくつかせながら
「いく!どけ!」
と。

俺は迷わずチンポをくわえた。
すると出すのを我慢したのか
ゆっくりと渋くて苦いネチャネチャした精子が
口のなかを満たしていった。
兄ちゃんは何も言わず部屋へ行ってしまった。

だけどその後、父ちゃんがいなくて
兄ちゃんがムラムラしてる日は
俺の体にふてぶてしいチンポを押し当てて
「飲む?」
と誘惑してくるようになった。
俺は未だにその誘惑に勝ったことがない。

4
2017/05/28 13:08:26 (VQl6vTKv)
ヒーロー系のイケメンがいじめられていた
必死に抵抗してたけど
原因は女の子取り合いのようだ
イケメンは殆ど、毛が映えてない、下もだ
体毛が薄く生えないらしい、みんなに笑われていた
皮の被った、惨めなパイパン
今までなるべく人に見せないようにしていたようだが、みんなにひんむかれ見られた

弱味を握られたらしい、イケメンは必死に耐えていた

ある日、イケメンを車にのせ、ある場所に
ほらついたぞ、スーパー銭湯

びくびく体を震わせていたが、みんなでスパはいるだけだよ!イケメンは、必死にタオルでパイパンを隠していた

そのとき回りがタオル没収、手で隠そうとしたが、手隠し、タオル禁止と言われ、手で隠すこともだきず、パイパンをさらした

みんなの視線はパイパンに集中、露天風呂等に置いてる白い椅子に横になるように指示、手で隠さず股を開いて、足を持って広げるんだよ、椅子を跨ぐようにされた、そのままでいろと言われ、みんなに見られていた

さらにそこでストレッチしろと言われ寝た状態で胸に足を抱え近づかせ、寝た状態で体育座りのような状態アナルが丸出し、みんなに見られていた

湯船の縁に股を開かせいさせたりとやりたい放題
イケメンはプルプル震えていた、今まで見せないいようにしていたのに、見られ恥ずかしそうなイケメンが
子犬のようだった。



5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕