ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

ゲイ体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200

お願い!欲しいの!

投稿者:伸二 ◆J1IVzFuJxo
削除依頼
2014/10/25 22:43:36 (gkG9tY5q)
私は年上の男のモノに成りたい位に親父に嵌まっています。年上のバリタチ親父って猛烈に男臭くて扱いが上手いから私は何時も燃えてしまいます。
発展する迄は紳士で優しく丁寧な対応なのに、部屋に入った途端にガバッ!って感じで抱き締めてハァハァと興奮してお尻を鷲掴みで強く抱き寄せ背中をまさぐる手が顔を掴んだ瞬間にブチュ〜〜ってキスされたら、もう従順な牝になるしか無く、されるが間々!
気がついた頃には信じられない位に硬くて大きいぺニスで色んな態勢で貫かれて翻弄されて、ドロドロに熱く成ったアナルの奥深くに親父の呻き声を聞きながらタップリの男の証を注ぎ込まれて、震える様な快感を迎えて触っても無い私のぺニスからも大量の雫が流れます。
最後の一滴まで私の牝穴中に絞り出す様に尚も、ゆっくりとピストンしながらベチョベチョに濡れたぺニスを高速で扱かれて、お尻の穴が勝手にぎゅうぅ〜〜〜〜って収縮し始めて親父さんのガチマラをアナルの奥に思いっきり吸い込みながら突然ドバッ!って顔まで射精!
顔中にかかった精液を親父さんに舐められて恥ずかしいやら嬉しいやらで夢中で親父さんの唇に吸い付いて精液を口移しで!
ゴクゴクと音をさせて親父さんの口を吸いながら落とされた悦びを感じながら、やっぱり男が好き!男が欲しい!制服して欲しい!親父のモノに成りたい!と願っています。
戻れない!んじゃ無くて、もう戻りたく無い!
1
2014/10/24 23:25:24 (vB0KOlmC)
こちらの世界は初心者の28歳ですが、掲示板を通して53歳のおじさんと知り合いました。
おじさんも初心者のようで初めはお互い緊張してよそよそしかったのですが
同じ釣りが趣味ということもありすぐに仲良くなりました。

おじさんと僕はお互いが性病検査を受けて異常無いことが確認できてから身体の関係を始めました。
最初は人気のない公園で手コキ程度でしたが、徐々に兜合わせやフェラも楽しむようになってきました。
おじさんのペニスは短いですが太くて53歳なのにガチガチに硬いのがとても気に入っています。

一緒に釣りに出かけると主に僕が運転するのですが、途中で休憩といっておじさんは車内でフェラしてくれます。
しかも必ずごっくんしてくれるので、お返しに釣りに行った先の人気のない野外で今度は僕がフェラしてごっくんです。
最近では69からタイミングを合わせて同時に口内射精してごっくんがお気に入りです。

お互いが検査済みなので安心して遊べますし、先日おじさんの奥さんに「会社の釣り好きな若い後輩」として
紹介してもらいました(実際は全然違いますが)ので、頻繁に遊びに出ても大丈夫です。
親子ほど歳の離れたセフレですが、仲良くセックスを楽しんでいます。
2
2014/10/24 22:03:42 (Jt5H5XHP)
期間が開いてしまったので、
新しく投稿します。
以前の話は「2014/10/15 22:54」の投稿をご覧くださいますよう、おねがいします。



僕の頭の中はもうグチャグチャで混乱状態になり、
何も考えられないまま、
無心で舌と頭を動かし管理人のオジサンのチンポをフェラチオしていました。

何分ほどその行為をしていたのかわかりません。
しかし、
管理人のオジサンは「ああしろ、こうしろ。」とフェラの仕方を指示してきました。
その指示に僕は、
「はい。」「わかりました。」「こうですか?」などと素直に言うことを聞いていました。

体格が良く力もある管理人のオジサンに比べて、
体が小さく力もない自分ではどうあがいても勝てない、
「逆らって痛い目に合わされるより、素直に言う事を聞いて早く終わらせた方がいい。」
無意識にそう考えていたのかもしれません。

そうしているうちに、
管理人のオジサンが僕の頭をつかみ喉の奥にチンポを差し込んできました。
一瞬「オエッ」と吐きそうになりましたが、
次の瞬間、管理人のオジサンが言いました。
「ザーメン出してやるからな、吐くなよ!飲めよ!!」
次の瞬間、喉の奥にドクドクドク・・・と、
ドロドロした物が流れ込んでくるのが分かりました。
苦しかったですが、
飲み込むしかその苦しみから逃れるすべがなく、
僕はすべて「ゴクゴク・・・」と飲み干しました。
僕の体の中に流れ込んでいく、
管理人のオジサンのザーメン。
チンポが口から抜かれると、
口の中、そのあと鼻の穴にもザーメンの生臭い雄の匂いが逆流するかのように匂ってきました。

僕は「ゲホッ!ゲホッ!!」と咳き込みましたが、
すでにザーメンは飲み込んだ後、吐き出すには手遅れでした。
『男のザーメンを飲んでしまった・・・フェラまでしてしまった・・・僕は変態になってしまった・・・』
そう感じていました。

しかし、
悪夢はもちろんそれだけでは終わりませんでした。
たった今、射精したばかりの管理人のオジサンのチンポは以前として勃起してビンビンの状態でした。
信じられないというような気持ちで思わず視線を逸らせずに、
管理人のオジサンのチンポを見ていると、
「見たとおり、俺はまだまだ満足してないぞ。本番はこっからだ、お前のアナルマンコに、たっぷり射精して種付けしてやるからな♪」
管理人のオジサンはニヤニヤと、いやらしい笑みを浮かべながらそういうと、
強引に僕を四つんばいの状態にさせました。


そして近くにあった冷蔵庫から炭酸ジュースのペットボトルを手に取ると、
「これでいいか。」
そう言って僕のアナルにそれを強引に突っ込むと、
アナルにジュースを流し込みました。
炭酸なのもあってなのか、
すぐに便意をもよおし僕は豪快にベッドの上に排便していました。
それを何度か繰り返すと、
「これくらいでいいだろ。よし、処女だから痛いだろうが、これからチンポの良さを体に直接教えこんでやるからな♪」
そう言いながら、管理人のオジサンはユックリとチンポをアナルにあてがいました。
「お前のアナルを俺のチンポの形にしてやるからな、俺専用の便器アナルマンコにしてやる!」
そう言った次の瞬間、一気にチンポを挿入してきました。

言葉が出ないくらいの激痛が走りました。
悲鳴させ出ない程の激痛。
当然です。
今までアナルに物を入れるなどした事などなかったのですから。

管理人のオジサンは言いました。
「今日は1日ず〜っと愛してやるからなぁ♪」

まだまだ、悪夢は終わらないようでした・・・。
しかし、
すでにこの時、僕は男とのSEXに快感を覚え始めていたのかもしれません。
3

陸上

投稿者:
削除依頼
2014/10/24 22:01:49 (fIgJ59oG)
夏に陸上サークルの合宿がありました。かなりハードですごい全身に乳酸がたまります。夕飯の後乳酸を取るマッサージが日課です。同部屋の2人で30分くらいづつお互いにオイルマッサージしあって疲労を抜きます。僕も同部屋の子も1年で「ちゃんと疲れ取らないと明日大変だよね」って言い合って、まじめにマッサージしてました。でも合宿は2週間で長いですし、練習の要領もわかってきてだんだん身が入らなくなりました。なんとなく手を抜いてるかなあってなってきたころに「優ってちょっと女の子っぽいよね」って言い出しました。小さいころから言われてたので驚かないですけど、夜にマッサージするので少しドキッとしました。
夜になって「今日はどっちからする?」って聞かれて「どっちでもいいよ^^」って答えると「じゃ優からしてあげるよ」って言われました。「うん じゃお願いしまあす」って答えていつものようにうつぶせになろうとしたら「今日は服ぬいじゃおっか」って言い始めました。どきっっ ってしながら「なんで?」ってきくと「男同士だし、オイル使うし気使うじゃん」って。
熱心な感じにおされて全裸になると彼も脱ぎました。「優 男とキスとかある?」ってきかれて「あるよ」って正直に言うと抱きしめられてキスされました。耳もとで「舌でマッサージしてあげるね」って言われて仰向けに寝ました。舌先が全身をはっていって、あんまり気持ち良くて夢中で抱きついてました。
僕ほアレは今までにないくらいカチカチでした。「すごいね、入れたことある?」ってきかれて「ううん」って答えると「じゃ初体験だ」っていいながらどこから出したのかゴムをかぶせました。マッサージ用のオイルをいpっぱいたらします。僕の上にまたがって僕のをあてがってすこ〜〜しずつ腰を落としました。
入っていくのがわかりました。むちゃくちゃ気持ちよくていつも遅い僕がすぐいきそうになりました。なんとかこらえてると「どう? 俺の?」ってきかれて「気持ちいいっ」って答えると「俺もっ」って言って腰を動かしはじめました。
体を重ねられ耳に舌入れられてキスされてアレをさすられて・・「いくっ」って同時に言ってました。
いっぱい出て10分くらい動けなかったです。
4
2014/10/23 11:49:14 (fl8SDmXk)
以前、書き込みをした者です。広島のゲイショップで知りあった二十歳の大学生さんと泊まりの出張で会う約束をして、遂にその時が来ました。仕事が終わり宿泊するホテルへ直行。彼とは近くの彼オススメの居酒屋で合流。
緊張したのか、僕は飲み過ぎてしまいました。彼はお酒に強いみたいで同じくらい呑んだのですが、まったく変わらないでした。
ホテルへ戻り、まずシャワーを浴びる事にした。
彼に先に薦めると彼が服を脱がしてほしいと言った。僕は上着のポロシャツを脱がすと彼のピンと立った乳首が出てきた。綺麗なピンク色で小さめ。
彼が舐めていいよと言うので舐めてみた。初めて男の身体を舐めた。彼はくすぐったいみたいだから、いよいよ下半身へ。
ベルトを外し、チノパンを下ろした。シマシマのボクフリ登場。誘うようなモッコリが目の前にある。彼は自分で靴下を脱いで、早くボクフリを脱がせと催促。
脱がすとプルンと少し勃起気味の息子が出てきた。半分皮が被っていました。
彼が触っていいよというので、触ってみた。
画像で見たより大きく、色も綺麗。僕は皮を剥いてみた。ピンク色の立派なカリの亀頭が露になった。
僕はいろんな角度から彼の若いチンコを目の前で監察。
すると彼が、お兄さんも一緒にシャワー浴びようと僕のネクタイを外してきた。
酔っていたのもあり、大胆になって彼が脱がしてくれるままで僕も全裸になった。
僕は、彼よりチンコは小さく亀頭も小さい。色も、一応結婚しているので少し黒ずんだ色。彼は、遊んでると笑いながら半立ちの僕のチンコをパクっと口にくわえた。
一気に僕のチンコはフル勃起に。
僕は、汚ないからシャワーを浴びようと風呂場に。全身泡だらけになりお互いの身体を洗いあった。彼は泡を洗い流すと我慢できないと、僕のチンコをフェラし始めた。居酒屋で話した時に彼はまだ経験は浅い話しだったので、フェラが上手い訳でもなかったが、同性との体験は初の僕には刺激が強かった。風呂場から出てお互いの身体を拭きあい、ベッドへ。まずはキスから始めた。伸び始めた口髭が同性とキスしている実感。それから、彼は念入りに僕の身体を舐めまわした。
僕も彼のチンコをフェラしてみた。初のフェラ。丁寧にカリから尿道、裏筋に向けて舐めてみた。すると我慢汁が出てきた。初々しい若い子の我慢汁を吸い上げた。お互いアナル経験は無いので、今回は見送りした。一応彼はローションを持ってきたみたいだったけど次回の楽しみに。
お互い抱き合いながら眠ってしまいました。朝も二人でシャワーを浴びて彼に身体を拭いてもらい、全裸の彼にネクタイをしめてもらった。最後にもう一度彼のチンコにキスして、ホテルにを出た。
僕の車で彼の大学まで送ってやり、僕は仕事に。今度は彼のアパートに行く約束しました。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕