ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

ゲイ体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2019/02/17 23:54:32 (MMuiTHlL)
俺は今まで男の世界があるなんてまったく知らなかった。
6月会社の研修で2泊3日で泊まる機会があった。
関連会社も含めての研修だったため、面識もないアキラと言う奴と
同じ部屋になった。
ちなみに俺は26歳 180−72キロ
アキラは25歳 168−55キロぐらい
アキラは、イケメンと言うよりかわいい顔をしていた。
ただ、俺は男に興味を持っているわけじゃなく、
なれなれしく話してくるアキラが始めは少しうざかった。
1日目の研修も終わり、みんなでご飯を食べに行き、
いつも俺の隣に来るアキラ。
アキラと話す機会も多くなり、けっこういい奴だと思ってきた。
ホテルの部屋に戻り、たわいもない話をして
やっぱり男同士になるとHな話になってきてしまう。
俺は、彼女は1年ほどいなく、コンパで知り合った子と
Hをしようと思っても最近興奮しなくて途中でやめてしまうと言う
話を、話していた。
俺の中では、かなりのコンプレックスで友達にも話してなかったけど、
アキラとは研修が終われば会うこともないし、素直に悩んでいることを
話せてしまった。
アキラは、まったく彼女を作る気もないらしく、
友達と遊んでいた方が楽しいとか言っていた。
そんな話をしていたら、眠くもなり1日目は普通に寝た。
2日目の研修も話を聞くだけで、なんとなく終わった。
ホテルに戻り、明日帰るための準備をしていたら、アキラが
飲みにいこうと誘ってきた。
夜は各自食べることになっていたので、俺もどうしようかと思っていたから、
アキラと二人で近くの居酒屋へ行った。
アキラは、酔うと俺の体によく触りだしてきた。
触るなとか思いながらも、アキラは最近Hしてないって言っていたから、
人肌が恋しいのかと思い何にも気にしないようにしていた。
それがだんだんエスカレートしてきて、太ももをさすりだしてきた。
アキラにかなり溜まってるなと話すと、最近ぜんぜん抜いてないとか言うから、
ホテルに戻ったら、俺が風呂入っている間に抜いてもいいよとか話していた。
そうすると恥ずかしそうに話すアキラがかわいく思えた。
ホテルに戻りすぐに俺は風呂入るから、アキラに好きなことすれよって
話したら、一緒に風呂入ろうと言い出した。
俺は、狭い風呂を男同士は無理だろうと言ったが、
裸の付き合いをしようと言い出すアキラ。
何より、俺は全裸をみられるのは恥ずかしかった。
待ってろ!とアキラに言い 洗面所に向かった。
湯船にお湯もたまり、入っているとアキラがパンツ姿で洗面所にやってきた。
慌てて俺は自分のチンポを手で隠した。
アキラがやっぱり一緒に入ろうと言うので、
どうでもよくなり、一緒に風呂に入ることになった。
アキラはパンツを抜き出した。
なぜか俺は、アキラのチンポを直視してしまった。
大きさは、普通で皮被りのチンポが出てきた。
細身のアキラを全裸でみると、俺は少し興奮していた。
一緒に湯船に入ると体と体が触れ合うようになってしまう。
そしたらアキラのチンポが少し大きくなっている感じがした。
アキラに勃起してないかと聞くと、恥ずかしそうに手で隠していた。
俺が、アキラ彼女作れよと言うと、女は好きじゃないと言い出した。
俺は、何??って感じで、どういうことと聞くと、
女に興味がないと言う。
それも、男が好きだと告白された。
俺は、びっくりした。
アキラは、中学に時から男が好きなことを自覚して、
女とは今までに一度もHをしたことがないこと、そしてやりたいとも思わないこと
、ただ、彼氏ができたこともないらしい。
男の経験も、メル友と数回やったことがあるようだが、
ほとんど経験がないことを全部教えてくれた。
俺は、こんな世界があることすら知らなかったので、
好奇心でいろいろと質問していた。
そうすると、アキラが俺に抱きついてきた。
そして、俺のチンポを触ってきた。
俺のチンポは勃起すると18センチでかなり太い。
俺は、触られると嫌と言うより恥ずかしかった。
そして、俺のチンポが勃起してしまった。
アキラもすごいでかいと言い出した。
俺はもっと恥ずかしくなってしまう。
アキラのチンポも勃起しているのがわかった。
なんとなくアキラのチンポを触ると、「アン」といやらしい声がした。
とはいえ、男の世界を知らない俺は、ふっと現実に戻り
これで終わりといい、アキラの手をどけた。
早く洗って出ようよと言い、自分の髪と体を洗い風呂からあがった。
少ししてアキラも風呂から出てきた。
お互い、パンツ一枚でベットに上に横になった。
ただ、なんとなく気まずい。
お互い会話もない。
俺がそろそろ寝ようと言うと、アキラが
一緒なベットで寝ようと言い出した。
俺は、自分のベットがあるんやから自分のベットで寝ろよと言うと、
アキラはどうしても一緒なベットで寝たいと言う。
実際ベットも大きめで、男二人が寝ても大丈夫だ大きさだった。
俺は、いいけど俺の体に一切触らないことと条件を付けて
なぜか一緒なベットで寝ることになった。
お互い浴衣を着て、電気を消したけど、
ひとつだけ消えない電気があって、薄暗さがなんとなくラブホみたいだと
俺は思っていた。
それも寝付けない。
アキラ寝た?って俺は声を出した。
アキラはまだ寝れないと言った。
アキラが明日お互い別れるけど、また会おうと言ってきた。
俺は、奈良に住んでいて、アキラは滋賀に住んでいる。
会おうにも、なかなか会えないと思うよと言ったが、
携帯の番号を交換して、たまには連絡しようと言う事になった。
アキラが俺に一緒に風呂入った時、俺のチンポがビンビンだったねと言い出した。
女とHするときは、触られても、フェラされても勃起しないときがあるのに、
アキラに触られと、すごく興奮していたし、気持ちいいと思う自分がいた。
そんなことアキラには言えなく、俺も溜まっていたんかもしれんと誤魔化した。
隣で寝ているアキラを見ると、目が開いていてお互い見つめあった。
どちらかというわけじゃなく、アキラとキスをしていた。
それもかなり激しく。
アキラは俺のチンポをいやらしく触ってきて、フェラしてきた。
俺はアキラやめろと言ったが、関係なくフェラする。
アキラのチンポはパンツの上からでも、勃起しているのがわかった。
俺は、アキラのパンツを脱がしてしまった。
ただ俺はフェラするのは抵抗があり、手コキをしていた。
アキラは俺の全身をなめてくる。
俺はすごく興奮していた。
アキラはフェラのスピードを上げ、俺は頂点を迎えそうになった。
俺は「イク、イク」と言ったのに、アキラはフェラをやめない。
このままじゃ口に出してしまうと思った俺は、とっさに自分のチンポを
アキラの口から抜いた。
そのとき、俺の限界がきてアキラの顔面に勢いよく出してしまった。
アキラに口の中で言ってしまいそうだっただろ、早く離せよと言うと、
フェラでいかせたかったと言った。
こんなアキラがすごく愛おしいと思った。
俺は、アキラもいかせたいと思った。
フェラをまだできない自分がいて、手コキをした。
そうすると、すぐに「イク。イク」と言うので、手コキのスピードを上げ、
アキラからも勢いよく白い液体が俺の手に流れ落ちた。
お互いティッシュで拭き、いつの間にか寝ていた。
次の日の朝、俺は自分のチンポの違和感で目が覚めた。
うっすら目を空けると、アキラが俺のチンポを舐めていた。
俺は、そのまま寝た振りをしていた。
アキラは、自分のチンポをしごきながら、俺のチンポをフェラしている。
今までの俺ならすごく奇妙な光景だが、そのときは、何も思わなかった。
そのまま寝た振りをしていたら、先にアキラがいったようだった。
ティッシュで自分のチンポを拭いていた。
これで終わりかと思い、俺も起きようと思ったら、
アキラは俺のチンポをまたフェラしだした。
俺も、すぐに限界がきて、それもアキラの口の中でいってしまった。
アキラはそれも飲んだ。
俺はようやく起きた。
アキラに俺のチンポ触ってなかったかと聞くと、「ナイショ」と言う。
こんなアキラにまた愛おしく思ってしまっていた。
アキラとホテルで朝ごはんを食べて、今日は朝からお互い研修が違うので、
ホテルでお別れすることになった。
アキラが、メールするって言うから、俺もたまにはするよって言い、
別れるのが寂しいと思ったが、お互い別の研修先に戻った。
1
2019/02/17 22:58:15 (.PhBY5Vk)
仕事でミスしてサブリーダーの肉便器に降格。
清掃、洗車、給油・・残業は肉棒を綺麗にして僕の給油口に肉棒をセットOK!と、ザーメン満タンのかけ声しないと掘ってくれません。
2
2019/02/17 22:31:23 (Lb1gZffy)
生のチンポは美味しいですね。
ちょっと微妙な天候でしたが
掲示板に募集してみました。
やはりポツポツと雨粒が
落ちてきたんですが…
一応待ってると、傘を片手に…
トイレへと一直線に。
ただのノンケさんの用足しかも?!
違ったら勘違いだ済まないし。
ちょっと隙間から様子見してると
なかなか出て来ないので
意を決して、近付くと
半勃ちチンポが目に。
おもむろに個室に入ると
後から半勃ちチンポ晒しながら…♪
ジーンズとパンツを膝までさげてパクり。
ムクムクと完全勃起!
嬉しくなり、丁寧に舐めあげました。
鈴口に舌先をチロチロしたり
グランスをレロレロ、カリカリ
裏筋レロレロしたり
金玉くすぐったり
心地好い呻きとか聞くと、
益々奉仕に気持ちがこもりますね。
最後は、裏筋レロレロしながらの
ジュポジュポのフェラで
射精まで導きました。
程好い粘りっけ有るザ―メンに
嬉しくなりました。鼻から抜ける
ザ―メン独特の香りが堪りませんね。
舌先で裏筋なぞり、最後の一滴まで
頂きましたよ。



やはり、来て良かった。



3
2019/02/17 15:19:55 (gNH04Jto)
家族旅行で東京に行った最終日に上野動物園を見学した。新幹線の時間までまだ3時間半。家族は、5人家族で両親は、お土産など買うためアメ横に、3人の姉は、ウイングショッピングに行き当時中1の僕は、両親について行く予定でしたが一人単独行動することにしました。
父親から、待ち合わせ場所と時間を言われ家族は、それぞれの行動に出ました。
単独行動の僕は、一人で上野駅をウロウロしてました。トイレに行きたくなってトイレを探すとすぐに見つかりました。
トイレの前は、靴磨きの人や隣は、焼そば店でした。トイレに入り左に小便器があり中はかなり広く小便器は、両側にありました。トイレ内は、人も多く僕がキョロキョロしてると奥から2番目に髪が長くややブロンドで同い年位の子が、小便器の前でキョロキョロしてました。隣の1番奥が空いてたので僕は、そこに行きました。
その子の隣で用を足そうとするとチラチラと僕の方を見てきます。気にしながら用を足してるとあきらかに僕のペニスを見ています。僕も気になってその子を見るとペニスを見せてきました。ペニスは、カチカチに勃起してて包茎の皮から出したりしてて頭部は綺麗なピンクでした。異様な光景で僕は、動けなくなってしまい用は、終わってるのにその子のペニスを見てました。次第に僕のペニスもカチカチに勃起して周りを気にしながらお互いのペニスを見てました。僕も包茎で剥けば頭部は出ます。しばらく見せ合うと「人の来ない場所行かない?」と言われ「いいよ」と返すと2人でトイレを出ました。これからこの子とエッチなことをするのは分かりましたがどんなことするのかは分かりませんでした。話しをしてその子の名前は、マークで僕よりひとつ下の12才だと分かりました。上野駅を出て向かえのデパートに入り3階に行きました。3階は、あまり人も居なく奥のトイレの個室に2人で入りました。入ってすぐマークから「いい?」と頷くとマークの顔が近づいてきてキスしました。すでに僕のペニスは、痛い位カチカチになっていました。キスしながらマークに押され壁に背中が当たるとマークが抱きついてきました。マークもカチカチに勃起してて僕のペニスに当たってるのが分かりました。キスは、お互いぎこちなくて歯と歯が何回かぶつかり合いました。キスから離れるとマークは、ズボンとパンツを膝まで下げました。僕の目の前に包茎のカチカチに勃起したペニスが反り返りお腹についてます。僕も膝まで下ろしマークにペニスを見せました。お互いまだ陰毛も生えてない状態です。マークが抱きついてくると生でお互いのペニスが当たって電気が流れたみたいな感じでした。



4

遣り部屋

投稿者:リョウ ◆4L0S1/ROnE
削除依頼
2019/02/17 09:33:51 (J4M4Xk4o)
43歳のリーマンです。パートナーのMウケ40と付き合って3年になりますが、お互いに既婚者のためプレーはビデオボックスやビジネスホテルでしていたのですが、1年前にワンルームマンションを借りそこを遣り部屋として週2回のペースでプレーしています。
今では色々なサイトで知り合ったタチ1人とウケ2人とリバ1人の計6人で共有していて、誰の目も気にせず使っています。
先日は休みだったので、リバとウケと私達2人の4人でのプレーを楽しみました。
自分はタチ寄りのリバなので、どうしてもやりたかった3連結の真ん中を初めて経験しました。
ウケのアナルを犯しながらアナルを犯される感覚は凄くどちらで感じてるのか分からなくなるぐらい強烈な快感でした。
この先いつまでこんな事が出来るか分からないですが、ゲイにとっては最高の環境です。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM