ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

ゲイ体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2018/09/22 23:02:49 (3pkYPah9)
私なりの公衆トイレでの露出プレイです。

1.ズボンとパンツを足下まで降ろして用を足す。
最初に必ずやります。これで徐々に気分を高めます。
また、人が頻繁に入ってくるトイレで露出したい時にやります。
大人が子どものようにズボンとパンツを足下まで降ろしていると、
意外とみんなこちらを見てきます。
そういう時は、体を後ろに引いて大きくなったチ〇コも見てもらいます。
大半の人は目をそらしますが、たまに凝視したり触ったりしてくれる方もいます。

2、下半身スッポンポン
気分が少し高まってきたらズボンとパンツをカバンにしまいます。
下半身スッポンポンでトイレ内を歩きまわったり鏡の前でポーズをとったりします。
人が来る気配がしたら大のトイレに隠れて様子を見ます。
怖そうな人でなければまた外へ出て小便器の前に立ちます。
大半の人は無視して帰ってしまいます。

3、全裸
気分が最高潮になったらいよいよ衣服は全て脱ぎます。
興奮しているので体はとても熱くなっています。
全裸でトイレ内を歩きまわり鏡の前で写真を撮ります。
ほんの少しだけ外に出て歩いてすぐ戻るということもします。
誰かが入ってきたら大のトイレにこもります。
その時、鍵はかけません。そして息を荒げながらシコシコと……。
一度だけ男性が大のトイレに入ってきた時は最高でした。
なんという偶然か、その方も私と同じ露出好きの変態でした。
いっしょに全裸になって見せ合い触り合いをしてもらいました。
1
2018/09/22 19:25:21 (GUFLoKXU)
俺は男も女もイケる方で、大学時代には女子大生の彼女もいたが、同時に彼氏もいた。
大学3年の時に高校受験の家庭教師をした中学3年のヨシオは、ゲイというよりオネエ、女の目で俺を見て来るから、高校に合格したからお祝いあげると言ってアパートに連れ込んで、
「お前、こんな事されたいんじゃないのか?」
とズボンの上からチンポをつまんで揉んでやったら、
「アアン!」
なんて喘いでやがる。
だから、下半身を脱がせてパイプベッドに大の字に縛って目隠しをして、男とアナルセックスする時に使うローションをヨシオのチンポに塗って、亀頭責めしてやった。

亀頭を撫で回すような手つきで、ジワジワと責めていくが、寸止めプレイだから簡単にはイカせてあげない。
時折、裏筋をゾゾゾとなぞってからの、指を輪にしてカリを責めてやると、
「アッ・・・」
と声が出て腰が浮く。
男だから成し得るツボを心得た手コキテクで、射精寸前まで快感を高めておいての寸止めを繰り返してやれば、15歳の少年は、
「アアッ!アアアーーーーッ!」
と悶えまくった。

亀頭責めから突然チンポ扱きをすると、爆発寸前でビクッとなるが、パッと手を離して放置。
少年は身を捩らせて悶絶して、その姿が可愛らしいったらない。
ローションまみれの両手で包むように、亀頭から根元まで一擦りして、パッと離す。
「アアアアァ・・・アアアアァ・・・」
チンポをビクンビクンさせながら、身体を痙攣させて発狂寸前!
ここまで追い込んだら、一擦りから二擦り、一気に扱けば、
「ア、ア、ア、ア、ア〜〜〜〜」
寸止めされ続けられたチンポから、もの凄い勢いで大量射精。
そして、射精直後の敏感亀頭を高速で撫でまわしてやると、
「アアァ〜〜〜アアァ〜〜〜」
と狂乱しながら涙を流す15歳の少年。
散々寸止めされて憔悴しきっているのに再び襲う快感地獄。
亀頭責めだけでなく、扱きも入れられて完全に発狂した少年は、チンポから透明な液体をほとばしらせた。

男子中学生の童貞チンポに男の潮噴きをさせるって、たまらなかったなあ。
もちろんこの後、アナル開発してアナルヴァージンをゲットし、更に俺のアナルで童貞を卒業させてやった。
高校1年の秋には、エネマグラで初のトコロテンをしたヨシオ、今、35歳になってるけど、その後どうなったかなあ・・・
2
2018/09/22 11:38:36 (yRICSTrq)
俺50代ですが、年下の人に気に入られ、隔週で呼び出されてます。野外か車の中で激しく突かれ中出しされてます。今日は、もう一人タチを連れて来るらしく上下に出される予定す。楽しみ。
3

先輩が…

投稿者:HT ◆E5us1Y0Jt6
削除依頼
2018/09/22 11:34:39 (RFfhArmO)
夏に先輩とお祭りに行った時の話です。
先輩は30代半ばくらいで、体はしまっていて少し筋肉質かな?というくらいで、黒髪短髪で顔はイケメンというよりかは男っぽくてかっこいい感じの人です。
ここ最近で仲良くなってご飯も何度か一緒に行っていて、この日も二人で浴衣でお祭りに行きました。

車で行ったのですがなかなか車を止めるところがなく、会場から離れた公園に止めていこうということになりました。
結構会場から離れた公園だったので車はほとんどいませんでした。
先輩が、トイレに行ってから祭りに向かおうということだったので、僕は車で待っていました。
しかし、しばらくたっても先輩が戻ってこず、車のカギも刺したままだったので、僕もトイレに行っておこうと思い、トイレに向かいました。

トイレにつくと、中から声が聞こえました。僕は少し警戒してそっと覗くように仲を見ました。
するとなんと、先輩が三人組の男に囲まれたいたのです。一人は先輩を羽交い絞めにし、一人は携帯で動画を撮り、一人は先輩に話しかけていました。
一気に緊張が体を走りました。助けなきゃと思いながらも勇気が出ず、そのまま息を殺して見ていました。この状況にあることを期待してしまう気持ちもありました。
先輩は水をかけられていたようで、全身が濡れていました。
男「おお…お兄さんいい身体してるねぇ…めっちゃエロいよ…」
男は先輩の身体を舐めまわすように見ています。
よく見ると浴衣が濡れて体に張り付き、先輩の乳首やモッコリが浮き出ています。
僕は興奮で口がカラカラになっていました。
先輩は抵抗はしていましたが言葉を発する余裕がないのか、「っ…うっ…」というような息遣いだけが聞こえてきました。
4
2018/09/22 11:30:25 (TBEpTlUk)
僕は露出が好きで、しかもオシッコしてるところを見られると興奮するちょっと変わった性癖があります。
この前掲示板で見てくれる人を探したら、見てくれて、しかも自分の部屋を提供してくれる方が見つかりました。但し一つ条件があって、彼も同じ趣味なのでお互いに見せ合いすることが条件とのこと。
今まで他人に見てもらったことはあっても他人のを見るのは初めてだったので、勿論OKしました。
こういうので他人の家に上がるのは初めてなので少し緊張しましたが、相手は自分と歳が同じくらいで、普通のひとだったので安心しました。
部屋に上がると、既に床やベッドにはタオルが敷いてあり、ベッドのタオルの下にはビニールシートも敷いてあるということで「どれだけ汚しても大丈夫だからね。」と言われました。
ここに来るまでにかなり我慢してたので、もう膀胱は破裂寸前です。彼も同じみたいで一緒に服を脱ぎベッドに上がりました。
「一気に出したら勿体ないから、少しずつね」そう言われて、ベッドに仰向けに横になりました。
既にカチカチに固くなったペニスを彼に摘まれて「出していいよ」と言われたので少しずつ下腹部に力を入れましたが、こういう時って出したいのに中々出ないんですよね。でも何とか出し始めると彼はそれを見ながら、亀頭を掌で包んだり、根元を締め付けたりしました。
1/3くらい出たところで一旦止めて、今度は彼の番です。
「好きな格好で」と言うと、彼はチングリ返しの格好になりました。
僕が竿を持ってあげるとチョロチョロと出始めて彼自身の顔や身体を濡らしていきます。
他人のオシッコは初めてでしたが、汚いとかは全然思いませんでした。
堪らず彼の亀頭を口に含むとオシッコの味が穴に突き抜けました。
それからは互いに掛け合ったり、お互いのを飲んだりして膀胱が空っぽになるまで楽しみました。
部屋全体に二人のオシッコの匂いが充満していました。
最後は互いにオシッコで濡れた身体を擦り付け合い、抱き合いながら兜合わせでいくのを調整しながら二人一緒に射精しました。
それからは二人でシャワーを浴びて部屋の片付けをしました。部屋も凄い匂いだったので窓を全部開けました。
ひと段落してお茶をもらい「どうだった?」と聞かれたので「最高だった」と答えると、彼は「さっき出したばっかりなのにもう出したくなってきた」と言うので、部屋を提供してくれたお礼にお尻を使ってもらいました。
勿論ゴムありですけど、二度目の射精のせいかお尻がガバガバになる程突いてくれて、先に私の方が軽くトコロテンしてしまう程でした。
彼とはまた会う約束をして部屋を後にしました。次の機会が楽しみです。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!PREMIUMサービスの詳細はこちら