ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

ゲイ体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
2017/01/06 20:31:48 (NGEV5rQr)
今年は始まったばかりですが、昨年から密かに続く幼き少年との体験をここで特別公開しようとおもいます!
少年の紅いぺニス!
少年の精液!
やはり…いいですよぉ〜〜〜〜〜〜!
真っ白な塊が多くて匂いがきついのにサラサラって感じの少年の精液!
トイレのボックスでオナってる少年(可愛らしい)を見つけ、隣のボックスで最後の切ない声まで聞いてから出てきた瞬間に勃起したモノを弄りながら声をかけて「此方においで」って強引に手を引いて身○者トイレに連れ込み、抱き寄せて兜合わせで興奮させてから耳を舐めながら「今から舐め回してあげるから我慢せずに口の中に思いっきり射精してごらんっ」って囁いて壁に押し付けてパンツをずらすとヘソに付き添うな位にピンピンに勃起した可愛らしいけど出したくて出したくて堪らない感じの充血したぺニス!

膝待ついて少し濡れた先を舐めた瞬間 ……… 速攻で射精!
顔中に噴射されて慌てて口に含んだら「あっ?」って言いながら「まだ出る!出る出る出ちゃう〜〜〜〜〜〜っ」 って正に噴射ぁ〜〜〜〜〜〜って感じの射精!

唇をすぼめて根元を締めながら玉ちゃんを優しくサワサワして口の中では舌先をグルグル グルグル 廻して裏筋や亀頭を舐め廻したりしてやると 次から次からトロトロって甘いのが出てきて鈴口に唇を押し当ててチュウチュウ吸うとジュルンっジュルンって湧いてきて ずっと飲みながら延々と沸き上がる精液を飲んでました。

結局 最後に口を離す迄 一度も口から抜かずに4回連続で口内射精させて 全ての精液を その間々 ゴクゴク ゴクゴク !


毎週毎週 夕方に待ち合わせしては ゴクゴク ゴクゴク ゴクゴク ゴクゴク !
いったいどれだけの精液をご馳走になったか?
ゲイになったからには、これくらいの良い経験しないと損ですよ♪
投稿が初めてですので慣れてないけれど、もし続きのリクエスト有れば頑張ります!

他の方は少年と体験って有りますか?聞いてみたいな!
21
2017/01/06 19:18:07 (t1LRGx0Y)
通勤電車で時々会うエッチなおじさんがいます。会うと必ず私の前に来て痴漢してくるんです。
いつもは服の上からか、もしくはチャックから引っ張り出されて扱かれるんですが、今回はおじさんも自分の竿を出して兜合わせしながら扱かれました。
下を向くとおじさんの竿と私の竿が重なり、亀頭同士が糸を引いていて凄くやらしいの。
しかも片方の手で乳首まで弄られて、さすがに耐えきれずそのままドクドクと出してしまいました。
おじさんの服も私の服も精液まみれになってしまって、後が大変でしたが電車の中で射精までしてしまったのは初めてでとっても興奮しました。
22
2017/01/05 12:32:57 (WWfTUDrf)
昨日
とある温泉での出来事。
自分は前も隠さず、フラフラ浴室を歩くのですが、適度に温泉に浸って、ミストサウナに入った。
最初、一人が入っていて、その後に自分、その後にもう一人入って来た。
最初の一人は、すぐに出て後からの人と二人きりに。
自分はいつものごとく、前は隠さずなおかつ大股開きで座っていた。
そのうち斜め横に内向き加減に座っていた人の視線に気がついた。
明らかに、俺のあそこを見ている。
当然俺は、勃起はしていない。
その男も前は隠していなかったので、股間を見たら、なんと勃起していた。
視線を感じたので、自分の物にちょっと力を入れて軽く勃起させて見た。
するとその男性のギンギンに勃起した物を見た瞬間、目が合ったと思ったら、男は俺に前に来て顔を俺の股間にうずめて、俺の勃起したあそこをしゃぶりだした。
しゃぶってた時間は1、2分だったろうか、他の男性が入って来る気配があったので、中断し、素知らぬふりをしてその男はミストルームを出て行った。
23
2017/01/04 13:14:12 (Xl5/s8a3)
僕は母親が凄く好きでした。好き過ぎて16歳の時に身体の関係になりました。僕は容姿が悪く高校でイジメられました。多分一生彼女が出来ないと思い、大好きな母親に当たってしまい、哀れに思った母親は僕と結ばれました。
勿論、父親には内緒でした。
しかし、一回だけの約束だった母親との関係は僕の要求で3日に一度になり、そのうち母親も僕のチンコが欲しくて堪らなくなり、ほぼ毎日になりました。
いつものように母親とやっている時に、いつもは帰らない時間に父親が帰ってきたのです。
僕達は慌てて自分の部屋に戻りました。
すると夜遅くに僕の部屋に父親が入ってきました。
父親は僕入っていた布団の中に入ってきて僕の背中にくっついてきたのです。
父親は耳元で「母さんと同じ事してくれ」と言ったのです。
僕は男同士で、どうやって?と言いましたが、父親は自分のアナルを使えと言いました。
母親との負い目もあり、父親とのアナルセックス。
正直、ガバガバの母親より、締め付けの凄い父親とのセックスに虜になった。
また父親のフェラは母親と違ってツボを知っているので、一瞬で父親の口の中でイッてしまった。
母親と父親に愛され、ブサイクな僕ですが幸せです。
24
削除依頼
2017/01/04 01:22:19 (BMJ557rz)
今日今年の初Hをしたのでカキコミさせてもらいます。
僕はノンケよりバイです。興味があり去年初めてアナルウケを体験しました。その相手と数回アナルの経験あるぐらいで、その彼と今日のHの話です。ちなみに僕は28才、彼が35才 ゲイです。
年明けて年始の挨拶メールからちょこちょことやりとりし今日会うことに。
約束の時間に相手の家に行きしばらく会話してると向こうがトイレに立ちました。そして戻って来ると隣に座りました。そして乳首をいじりながら顔を近づけてきてキスへ。ちょっとチュッチュッとしたら向こうの舌が入ってきてディープへ。キスしながら向こうの手は僕の乳首から股間を触りだし、「ベットに行こうか」と言われ寝室へ。
ベットの前でお互いの服を脱がせあい、僕も興奮してたので相手の乳首を舐めてあげました。乳首を舐めながら手こきをしてあげてるとフェラをしてほしいって言いながら口元にちんぽを近付けてきました。僕は目の前の彼の亀頭を舌で軽く舐めた後口に含みじゅぽじゅぽとしゃぶりだしました。フェラの経験も少ないのであまり気持ちよくはないと思いますが彼が「気持ち良いよ」とか「うまいね」なんて言いながら喘いでいるのを見て頑張ってフェラしました。
その後はベットに寝転がり、今度は僕のをフェラしながらアナルのマッサージへ。ローションをつけて指を入れられながらのフェラに僕もかなり感じて声を出してしまいました。ある程度柔らかくほぐれてきた頃に「そろそろ入れるからフェラして」と言われたので僕はパクっとくわえてあげました。さっきと違い先っぽから汁が溢れてて少し精子の味がしましたが、彼のは馴れているのでそのままフェラし、ゴムをつけていざ挿入へ。
僕も久しぶりだったので最初は少し痛かったですが彼が乳首を舐めたりしてくれながらゆっくり挿入してくれてしっかり根元まで。久々の挿入だったのでアナルに違和感がありつつも、ゆっくり出し入れされてるうちに僕も気持ち良くなってきました。
僕が感じ始めると彼も動きが激しくなってきて「久々だから凄いしまってるね」とか「アナル気持ち良いよ」とか言って腰を振っていました。
しばらくすると彼が「そろそろイクよ」と言ってアナルで果てました。ゴムも着いてるしまだそこまで敏感ではないがなんとなくアナルの中が彼の精子で暖かくなっている気がしました。しばらくはキスした後彼がアナルからちんぽを抜いたなぁって思った時に僕のちんぽをフェラし始めました。興奮でビンビンだったのと、挿入中も手こきされたりしてたのとであっという間にイキそうになり、彼に「イキそう」と言うと「そのまま口に出して」と言われたので彼の口の中でイキました。大量に出たのが自分でもわかり、彼がちんぽから口を離すと精子を吐き出して「飲もうと思ったけど多かった」と言って笑いながら軽くお掃除フェラをしてくれました。その後彼がゴムを外しティッシュで自分のちんぽを拭きだしたので僕も口でお掃除してあげました。今までそんなことしたことはなかったので彼もビックリして「大丈夫?」って聞いてきました。我慢汁はフェラで舐めた事あっても精子を実際に舐めたことなかったので自分でもビックリだったのですがきっと興奮してたんでしょうね(笑)
そのおかげかわかりませんが、いつも1回で終わるのに少し休憩し2回戦へ。1日に2回もアナルに入れられたことなかったので今もアナルにちんぽが入ってるような変な感じが残ってます。
今年の初Hが男っていう不思議な気持ちがありつつも、ちょっとはまりそうな気がしています。
乱文・長文で失礼しましたが、書かせて頂きました。
読んで頂いた方はありがとうございました
25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕