ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

ゲイ体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
2017/03/11 11:54:25 (2JJ74bfg)
入社して1年目の頃、上司から呼ばれて、
お得意様の接待に駆り出されました。

相手は取引先の部長さん。

部長は、若い子と飲むと楽しいよ。
と上機嫌だったが、

最近残業ばっかりで溜まってたから、
早く帰って彼女とベッドinしたくて、
めんどくせぇと思ってた。

やっと二次会終わって帰れると思ったら、
なぜか部長が俺を指名して、
次も付き合えよと。

他にも同期がいるのに、なんで俺だけなん?

上司が、お得意に気に入られてよかったな。
今度の契約成立したら、お前にボーナスはずんでやるから、よろしくな。

と言われ、まぁボーナス余計に、くれるんなら、
彼女とのSEXガマンすることにした。

それから、部長と上司と俺と3人で、
路地裏のスナックに行ったんだけど、

なんか、すごく酔ってしまい、
昏睡したらしい。

気付いたら、ホテルの部屋で、
頭がぼーっとしてて、

…なんかスーツがはだけてて!?

しかも、取引先の部長が俺の身体を
撫で回してた。

「えっ!部長さん、なにを!」

「和也くん、気がついたかね。」

「なにをやってるんですか!やめっ…」

不意に股間をスーツごしにつかまれて、
俺は…なぜか勃起してた…。

そして身体か凄く熱かった。

「おお、もう勃ってるじゃないか、
さすがあの媚薬は効果あるな」

「媚薬って…」

身体が火照って、
クソオヤジの手淫に感じてしまって、
こんなハゲおやじに、気持ち悪くて…

「やめて下さい!」
俺は部長を押しのけようとした。

「暴れるなよ、大人しくしないと、
今度の契約はしてやらん、お前のせいにしてやるぞ」

くそハゲ野郎、俺を脅しやがって!
「お〜、その反抗的な顔、そごくそそるよ、
若いイケメンは最高だな」

ハゲが俺に被さってきて、両腕を押さえつけられた。
しかもデブなんで身体か圧迫されて苦しい。

それから俺の顔や首や胸を舐め回されて、
口臭もきつくて、気持ち悪かった。

でも俺は完全に勃起してて、
乳首を吸われながら扱かれて、
俺はいつのまにか、喘いで声を漏らしてた。

「気持ちいいのかい、ほら、もっと声をだして
悶えてごらん」

「あっ…やっ…やめっ…ああっ!」

男に、しかもこんなハゲのおっさんに
全身をいたぶられ、
俺は理性が飛びそうになってた。
たぶん媚薬のせいだ。

ハゲが俺のあそこをスーツを取り出すと、

「すごいなぁ、あぁなんて、おいしそうな
ペニスなんだぁ…たっぷり味わってやるか」

「やめろっ!」

俺は抵抗するも押さえつけられ、
男にフェラされた。

俺は泣いてた。

こんなキモイおっさんに、
おかされて、しかも、感じてしまって、

彼女いるのに最低だ…。

嬉嬉としてハゲが俺のちんぽにしゃぶりついてる。

くそ野郎!会社のことなんか、
契約のことなんか、知ったことか!

俺は力をこめて、デブを押し退けて、
ベッドから逃げようとしたら、
足がふらついて、歩けなかった。

「だめだよ、言う事聞かないとね」

うつ伏せに倒れた俺のケツを、

あいつが触ってきて、
そして、舐められた!

「う〜ん、すごく香ばしい匂いだね、
和也くんの、アナル…」



それから、もう記憶なくて






21
2017/03/11 06:20:12 (hMTwsyUz)
今日は久しぶりに息子とやれた。
すげえうれしかった。
やっぱり一番良いね。
両刀使いの息子も最近は彼女ができてそっちとばっかり。
たまにはということで来てくれた。
なんて親孝行な息子なんだ。
来て早々に一緒に風呂。
お互いビンビンになって良い感じ。
洗いっこしながら我慢できずにしゃぶる。
いやー、立派になったなあ。
取り敢えず出したいという息子。
若いねえ。
口にとも思ったが、ここは久しぶりなので突っ込んで
もらい出させた。
最近自分でバイブ突っ込むくらいだったから本当に
感動。
熱いチンポが奥まで入ってドクンドクンと精液を噴射。
息子は満足そうに湯船につかる。
息子の体をマッサージしてあげるともの欲しそうに
俺のチンポを見てきた。
ゆっくり咥えさせてあげる。
俺が一から教えたフェラは絶品。
息子の穴に指を入れて優しくマッサージ。
俺以外とはやらないらしく緩くない。
前から息子はこのマッサージが好きだった。
そろそろいいかなと息子に入れた。
こりゃすげえ。
まじ最高。
一気に射精までいった。
風呂から上がってベッドで2回。
久しぶりに最高の一日だった。
またよってくれるのを楽しみにしている。
22
2017/03/10 00:41:00 (UHQw9MkP)
久しぶりに…。彼の極太の肉棒をしゃぶってきました暖

先っぽにキスして…裏筋を舐めあげると、すぐに硬くて逞しい極太肉棒に…。そして、Mの私は乳首に金属クリップで挟みながら、彼の逞しい肉棒を根元までディープスロート…。
途中でザーメンが溢れだしましたが、隠れがイクのを我慢してくれて…。休憩をはさみ、再びフェラ続行…。最後はお口の奥で彼の熱いザーメンを受けとめ…。そのままゴックンして、お掃除フェラしました☆
最高に満足した時間を過ごせました!
彼が飽きなければ、毎日でもしてあげたいって思っています。。。
そして、彼が興奮してくれるなら、何でもしてあげるつもりです。
次回はどんなシチュエーションで彼とエッチしようかな…。楽しみです。。。



23
2017/03/08 18:31:41 (mCFOO3Lh)
上野の映画館と地元の公園で自分の変態欲求を満たすようになりましたが、やはり不特定多数の人たちと関係をもつのは病気などが怖いです。だったら、安全で定期的に会える特定の人を作れればそれが一番いいかもしれない。そう思って無料のゲイの人用出会いサイトを幾つか見て回り、書き込むようになりました。もう「やめる」選択はなくなっていました。

映画館や公園ではあんなになるのだからと簡単に考えていましたが、ネットの出会いはそう簡単でもないようでした。こちらの書き込みに反応してくれる人がいても、やり取りしていく中で好みや希望が違うのがわかったり、予定が合いそうもなかったり。そんな中で、一人の男性と会うことになりました。

50代後半のサラリーマンで、背が高く大柄。私は「自分からは何もできないけど、痴漢してくれてアナルを優しく開発してくれる年上の人」という、結構わがままな希望を書いていたのですが、その方はこれまでに2,3人のアナルで「トコロテン」させたことがあるそうで、気持ちよくさせるのが好きだからただ任せてくれればいいということでした。これまで年上のおじさまとばかり関係していたこともあり、甘えられそうなこのおじさまに会ってみたい、と思いました。

予定のあった休日に近くのスーパーで待ち合わせ、いざお会いしてみると、180cmくらいでがっしりした、精悍な感じのおじさまでした。ぱっと見女性にもモテそうで、こんな人が私なんかを?、と不思議に思いながら、車に乗せてもらいました。

実際に会うまでのやりとりで、してほしいことをたくさん伝えていました。おじさまはそれを覚えていてくれて、運転し始めるとおじさまの手が私のおちんぽに伸びてきます。「こんなことしてほしかったんだね。明るいところでちんぼ出したかったんだ」。うつむきながらも「はい・・・」と答え、自分からズボンを脱いで、すっかり勃起したおちんぽをいじってもらいました。明るい日の光の中で他人の手が私のおちんぽを好きなようにいじっている状況に、もう大興奮です。「こんな明るい中で、こんな勃起させて本当に変態だ・・・」「信号で停まったら見られちゃうよ」。言葉責めもお願いしていたのでした。

この日は、「どこか人気のない公園へ行こう」ということになっていました。おちんぽを弄ばれながら、あらかじめ見ていた公園に行ってみたのですが、意外にも人がいて、とてもそんな感じではありませんでした。わざわざ会いに来てもらったのに申し訳ない……と思っていたら、「じゃあ、ホテル行こう」と提案されました。

可能性は考えていましたが、ホテルに2人きりで入るのか、と思うと不安もありました。暴力などはともかく、これまでは相手は服を着たまま痴漢されることがほとんどだったのに、ホテルとなれば相手も全裸です。以前書いたように温泉旅館で偶然起こった事以外、そんな経験はありませんでした。その場になって、相手を拒否したくなってしまったらどうしよう。

でも、おじさまは私に会うために車を走らせてきてくれているのに、「ホテルはちょっと」なんて言い出せません。自分からは何もできません、ということはしつこく伝えていたので、大丈夫だと自分に言い聞かせ、おじさまがたまたま知っている、というラブホに連れて行ってもらうこととなりました。

そこはモーテル式で、受付で見咎められることもなく入室。部屋に入るとすぐにおじさまから指示が出てきました。「じゃあ、自分で服を脱いで、裸を見せなさい」。ハードなSMは嫌ですが、言葉でいじめられたいと思っていた私は嬉しくて、勃起しながら服を脱ぎ全裸になりました。パンツに押さえられて跳ね返るおちんぽもしっかりと見てもらいました。服を脱いでいる姿自体も恥ずかしくて情けないのですが、それも興奮材料になってしまうのでした。

「いい子だ。そこのソファに座ってアナルを見せなさい」という恥ずかしい指示に喜んで従います。ソファに膝立ちで座って、アナルを自分で広げて見てもらいます。すでにシャワー浴びてきたことも伝えていたので、尻たぶをなで回していた指先が軽く爪を立てるようにツーッと滑ってアナルをくすぐり始めました。

ゾクゾクして腰をくねらせあえぐ私に、さらに「ここをどうしてほしかったのか言って」とおじさまが責めてきました。やっぱり口に出して言うのはすごく恥ずかしいのですが、ホテルなんだし言わなきゃと思い、おじさまに誘導されながら伝えます。「ボクの恥ずかしいアナルをかわいがってください。おじさまのおちんぽが入るように開発してください」。

出かける前にシャワーを浴びてきていたので、言い終わるとおじさまが即座に「よくできたね」と言うなりアナルを舐めてくれました。自分からおねだりを言ったことで抵抗が減ってきて、私も声をだすようになっています。「ああん、嬉しいです。もっと気持ちよくなりたいです」「恥ずかしくて感じちゃいます」。

おじさまはまだだったので、一緒にシャワーを浴びることになりました。私は仮性の情けないおちんぽなのに対しておじさまのはずるむけていて、ちょっとグロくも感じます。ゲイの人だったら嬉しくなるのだろうけど、これを触ったりするのは抵抗あるなあ、と脱衣所では思いました。

順番に体を洗い、浴槽へ。後ろから抱きつかれる分にはいいかな、と思ってたら、兜合わせをしよう、と言われて前を向かされました。もう仕方ない、と身を任せ抱き合います。おちんぽ同士がぐりぐり当たります。エロマンガだとすごい快感みたいですが、実際はそれよりも相手のお腹にこすれるのが気持ちいいのでした。おじさまは手を回して抱きしめながらお尻をもんでくれて、私も身を任せながら気持ちよくなってきました。

あまり時間もないので風呂はそのくらいで出て、ベッドに行きます。「じゃあ、ローション持ってくるから、お尻だして待ってなさい」と指示があり、診察をうけるような気分で四つん這いになりました。これまでにも、映画館で痴漢をされた時に、ローションを塗られたり指やバイブを入れられたことがあったので、なんとかなるだろう、とは思っていましたが、でも気持ちよくなるものだろうかという心配がありました。

ネットで見る体験談などでは、アナルの快感を覚えると戻れなくなるそうですが、私は舐めたり触ったりまではものすごく快感だけど、挿入についてはこれまで気持ちいいと思えることがありませんでした。今回開発してもらえて、挿入されることの気持ちよさがわかるようになれば、相手に対して何も出来ず申し訳ないばかりでなくてすむな、と思っていたのでした。

浣腸とか洗浄とか怖いことするのかなと思っていましたが、まずは普通に、とのことでした。その前に「洗いたてを味わわせて」とアナルを舐めてもらい、お尻をあげたままつっぷしてもだえた後、ヒヤッとしました。おじさまの指が、ローションが下に落ちないようにヌルヌルとアナルを撫で回してきます。

1本目の指が入ってきました。根本まで入って、グリグリと回転されたり、ゆっくり出し入れされたりしていきます。痛みはないですが、異物感があります。おじさまは、すんなり入ったことに驚かれて「普段から遊んでるのかな」と聞いてきましたが、アナルはほとんど経験ないです、と答えると「じゃあきっと身体が向いてるんだね。2本めいくよ」と指が増えました。

2本めもそれほど抵抗なく入ったようで、おじさまが腕を回転させながら、指の出し入れをしているのが伝わってきます。でも、異物感が快感に変わるのかな?と思って待っていても、どうもそこまでにはスイッチが入らないのでした。

さらに3本になると、奥のほうがなんだか苦しいような、圧迫感が襲ってきました。内側を押さえつけられているような……でも気持ちいいのか?よく分かりません。頑張って耐えているのですが、この頃には出し入れも少し激しくて、ローションが乾いてきたのか擦れて痛い。

その後、おじさまは指をぐーっと奥で押し付けるような動きをしていて、すごい圧迫感とともに、尿意のような感覚がやってきました。会う前にトイレは済ませてきたのに。このままだと布団におもらししそうで、まずい!と思ったので「すみません、ダメみたいです……」と伝えてやめてもらうことにしました。ずるっと指が抜かれる時は、なんだかお腹を引きずり出されるような感じでした。

疲れたのもあってそのままうつ伏せになったところで、「どう、痛かった?」とおじさまが気遣ってくれました。会ってから思っていたのですが、Sというより私のためにSっぽくしようとしてくれる優しい方、という感じで、怖くはなく、気遣ってくれて嬉しいと思うのと、こんなにしてくれたのに期待に応えられなくて(気持ちよくなれなくて)申し訳ないという気持ちが強く、おじさまの方を向いて「ごめんなさい、がまんできなくて」と謝り、「初めてなんだからそういうものだよ、気にしないで」と、おじさんは飲み物を取ってくれました。

少し会話モードのようになったので、どんな感じだったのかを話しました。おじさまにとっては、締りがいいのに柔らかいいいアナル、だったそうですが、気持ちよくさせられなかったのが残念だったようでした。「最後、なんだかおしっこ出そうになっちゃって……」と言うと、それがトコロテンの感覚に近いものだったようで、更に残念がられてしまいました。

どうにも申し訳ないのと、まだいってもいないこともあり、「この後どうしましょうか。したいことがあったら……」と聞いてみると、「仰向けになって」、とまた指示がありました。おじさまは私の足を広げてM字にしてから、自分で足を支えるようにさせて、玉をローションの手で転がしながらしゃぶってくれました。アナルに集中して小さくなっていた私のおちんぽも大きくなって快感に集中します。

「気持ちいい時はちゃんと言うんだよ」と仰るので、「すごく気持ちいいです」「あん、恥ずかしいです」「嬉しい」と気持ちを伝えると、おじさまも喜んでくれて、おじさまが喜ぶのが私にとってもさらに嬉しく気持ちよくなるのでした。おちんぽにもローションが塗られ、「ビクビクして感じてるんだね」などと言われながら手でゆっくりゆっくりとしごかれると、もうたまらなくなり「おじさまの手が素敵です」「恥ずかしいところ、いっぱい見てください」「全部見て」と、自分でもどうかしているようなことを口走っていました。

そうしてよがっていると、おじさまが不意に「ちょっと、ごめんね」と言うなり覆いかぶさってきました。正常位に近い形でおじさまが私の上になり、私の下腹部におじさまのおちんぽがあたります。背の高いおじさまの頭が私の横に来た状態でおじさまが腰を振り始めたのです。

また不思議な感覚に襲われました。浴室の時はおじさまの顔が近づくことへの拒否感が強かったのに、今は、私の上におじさまの身体が重なり、体重をかけて私に密着してくれている状況が、女として抱かれているような錯覚を起こすのでした。さっきまでは私を気持ちよくしようとあれこれしてくれていたおじさまが、今は私に自分の性欲をぶつけてくれている。そう思うと、息を上げながら私におちんぽをこすりつけてくるおじさまがとても愛おしくて、もっと、おじさまのすべてを受け入れたくなってしまいました。

キスもしたくなったのですが、タバコを吸われる方なのでそれは出来ず、どうしていいのかわからないまま、私もおじさまの背中に手を回して抱きつき、「すごい、すごいです」「素敵」「幸せです」「感じちゃう」と囁いていました。自分でそう言っていると自身もどんどん気持ちよくなって、自分のおちんぽもおじさまのお腹に擦れて気持ちよく、「あっ、ダメです!だめ、あっあっ」と、いくとも言えずに私のほうが射精してしまいました。

どくどく出る精液で気づいたおじさまは「いったのか?」と尋ねてきました。恥ずかしいのと嬉しいので、答えられないままさらにおじさまにしがみつくと、おじさまもそのまま腰を振り続け、「うーっ」とうめくようにして動きが止まりました。熱い感じがお腹に伝わってきて、おじさまもいってくれたのだと分かりました。

おじさまが私でいってくれたことがものすごく嬉しくて、「嬉しいです、嬉しい。幸せです」と何度も言いながらおじさまにしがみついていました。ようやくおじさまが起き上がると、2人ともお腹が精液でベトベトになっていて、おじさまがティッシュで後始末をしてくれました。

その後、おじさまがシャワーを浴びて出てきてから、またおちんぽをいたずらしてくれたのですが、今度は「オナニー見せて」というので、足を広げて自分でおちんぽをしごき、おじさまにの目の前で二度目の射精を見てもらってから、私もシャワーを浴びて身支度をしました。

待ち合わせ場所にまた車で送ってもらい別れたのですが、その後はずっとこのことを思い出しながらオナニーし、次に会ってもらえたらどうしよう、という妄想に浸る日々が続きました。まるで恋してるみたいで、自身の快感より、おじさまが喜んでくれることが気持ちよくなると気付いたため、ああ、やっぱりなんとか我慢して、アナルでおじさまのおちんぽを受け入れたかった、自分の中でいって欲しかった、と悔しくなり、また次に会えたらキスでもフェラでもなんでもしてあげたい、と思うようになりました。

その後メールのやり取りをしながらこうしたことをおじさまに伝えていたのですが、残念ながらおじさまとの関係はそのまま流れてしまいました。お互いに既婚者のため、仕事や家族との行事などなかなかタイミングが合わないでいるうち、メールに書くこともなくなってきて自然消滅となったのですが、あんなにも「女」にしてもらったことが初めてで、何年か経った今も、また会えないものかなあ、と思い出しています。

それからさらに2年ほど経っています。今は映画館はあまり行かなくなりましたが、ときどき公園で痴漢してもらう一方、この時に会ったおじさまのような、女になることの幸せを感じさせてくれる方を求めて、ときどき掲示板に投稿することを続けています。
24
2017/03/08 15:38:30 (XawzvLyu)
久々上野の発展場に行ってきました。
そこは尺専門の発展場で尺好きには人気。
まずは一人からアプローチがあり、尺しあっていたらもう一人が乳首を攻めてきました。
下では尺され、上は乳首舐められかなり気持ちよくなってきたところで2人立っているとこにしゃがんでダブルフェラ。
すると一人が僕の口にドロドロのザーメンを放出。

それを見てたもう一人もドロドロのザーメンを口に放出。

2人分のザーメン臭くて美味しかった〜

この文章書きながらまたウズウズしてます。


25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕