ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

ゲイ体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
削除依頼
2017/11/11 13:38:07 (pg2wpOwO)
公衆浴場での出来事を二度ほど投稿したが、そこでの異様な体験は山程ある。何せもうそこには五年以上通っている。
そんな中でも取り分け記憶に残る男がいる。もちろん名前は知らない。
年は40過ぎだろう。痩せたロン毛の日サロ焼けした男だ。私は心の中で、彼の事をヒサロンと呼んでいる。
彼はスチームサウナの中で私の正面に座った。座った瞬間に私は彼と目が合ってしまい、彼の異様な眼光に私は目をそらし俯いた。俯く瞬間に彼の股間が目に入ったのだが、彼は既に勃起していた。そして、そこには光るステンレス製のリングがはまっており、その変態的な珍しさからマジマジと彼の股間を見てしまった。
彼はそんな私の事を勘違いしたようで、何げなく立ち上がり、スチーム噴出部を覗いたあと私の隣に座った。
私は気持ち悪く思い、外に出て2階にある露天風呂に入って。
彼は私の後を追ってきて、露天風呂の正面に置いている白い樹脂製の椅子に大股開きで浅く座り、勃起した股間を見せつけてくる。
気持ち悪くて、また場所を移動するのだが彼はトコトン付いてくる。最終的には元いたスチームサウナへと戻った。その時スチームサウナは無人で、結局彼と二人きりになってしまった。
対面に座った彼は自分でシコリだした。
しばらくして彼はゆっくり立ち上がり、シコりながら私に向かってくる。
「一緒にやって。」
恍惚とした表情でハァハァ言いながら私に話しかけてくる。私は無視して正面を見つめた。
「精子飲ませて」
私は無視を続けた。
「精子飲ませて。アッ、アッ、」
そう言って、私の足元に射精した。
私は怖くなり、そこを出てシャワーを軽く浴びて慌てて着替えて銭湯を出た。

その日、彼のおかげで全く風呂を楽しむ事が出来なかった。
頭のおかしい奴のせいでスチームサウナから慌てて出てきたので、かえって身体も汗臭く、全く風呂屋に行った意味が無い。
迷惑な話だ。風呂では変態行為をしてはならない。それぐらいの事は判断して欲しいものだ。



21

これもゲイ行為?

投稿者:はる ◆arsA1I1.tk
削除依頼
2017/11/11 09:47:39 (AcTJB63P)
田舎の我が家(父、母、小学6年の僕)に、毎年夏休みや冬休みに、叔父さん家族(叔父、叔母、小学5年の従兄弟)が泊まり掛けで来ていました。
我が家は古い家で、納屋があり、そこで僕と従兄弟は良く遊んでました。
ある日、従兄弟がブリーフをさげ、自分のチンコを弄りながら「ほら!大人のチンコみたいに、こんな出来る?」と皮を剥いて見せてきました。
「いつも剥いてるよ♪」と言ったら「ホント!見せて!」と言われました。
しつこいので、トランクスを下げ、チンコの皮を剥いて見せました。
「ホントだ!お父さんのと同じみたい!」とニコニコしながら見てました。
「こうすると、硬くなって気持ち良いよ♪」とシコリながら勃起してきたチンコを見せ付けてきました。
僕も同じ様にシコって勃起させました。
すると「わぁ♪硬くなったね♪ね!擦ると気持ち良いでしょう♪」と自分のチンコを擦りながら言ってきました。
「うん♪気持ち良いよ♪けど、ずっとしとくと気持ち良くなって精液でるでしょ?」
「?、精液ってな〜に?」「まだ出ないの?チンコの先からオシッコと違う、白いもの!」
「うんん?知らない♪どんなの?見せて♪」
興味津々で聞いてくるので、自分のチンコを擦り続けました。高ぶってきて「出るよ!出る出る!」射精しました。精液が飛び、まだチンコからも垂れていました。
従兄弟は、その仕草を見てて「凄〜い♪気持ち良い?僕もでるかなぁ?♪」
「同じ様にしたら、出ると思うよ♪」と言ったら、自分で擦り出しました。
暫くして「やっぱり出ないみたい♪」と言い、疲れたみたいで、止めてしまいました。
「繰り返しやってたら、出る様になるよ♪」と言うと「じゃ♪そうしてみる♪」と、その場は終えました。これが、きっかけで続いていきます♪
22
2017/11/11 02:49:08 (44HYNnAW)
少額後半のころ近所に同級生が越してきて学校やら近所の案内とか何かと面倒見る内に自然と仲良くなりましたがちょっと変わったヤツでした。
仲良くなると秘密を打ち明けてきてそれが小さい時からチンコを触るのが好きでいつも弄ってると自慢気に話してきた。
その日からどちらかの家で会うと必ずチンコを出しては弄りながら遊んでました。
自分も当然、興味が有りましたから直にその遊び?にハマリ一緒に見せ合いして触り合いになり時には外でも人気の無い処を探しては触りっこしてました。
もう少しで卒業って頃に自分が先に初めて射精して俺もとせがむみいろいろと触るがなかなか逝けない友達 が可哀想だった。
自分のチンコを触ると勝手にビクッとしては残りの精液が出てきて手がベトベトになってその手で友達のチンコを触ると凄く興奮してガクガクしながら初発射してました。
それからは前にも増して触り合い次第にコツを掴み最後には射精する様になりました。

しかし卒業と共にその友達は引っ越してしまいその遊びは出来なくなり専ら自分で擦り毎日数回、出してました。

半年後の夏休みに友達の家に親と行く事がありどうしてもまたあの遊びがしたくて無理言って自分だけ泊まらせて貰いました。
友達も同じ気持ちと判ってたので夜、寝る時間になると一応、布団に入ったけど直ぐに下半身を脱ぎ触ってると友達が下から入ってきてチンコを握ってきた。
久々の気持ち良さに委ねてると逆向きになった友達のチンコが灯りに照され目の前にあって自ら触ってたので代わって擦ってあげました。
布団から出てお互いのを触り合ってたら射精癖が憑いてたのか二人共に直ぐ逝ってしまいお互いの顔に出してしまいました。
ティッシュで拭いてるとチンコがヌルヌルとして声が出る程、気持ち良くて見れば友達が頭を舐めてた。
驚くも余りの快感に動けずにいるとまたもや射精が始まり顔中を精液だらけにしてしまった。
でも友達は夢中で舐め続けてていつまでも射精が終わらないかと思ったくらいだった。
友達も舐めながら自分のを擦ってた様でまた出してました。
後で聞いたら越してからは自分でした後に時々出した精液を舐める様になり今日、久々に○○のチンコを触り精液を顔を受けたら自然と舐めてたそうです。
翌日も家に自分達だけになったので早速、触り合いを初めた。
先汁が流れてくるとまた舐めてくれて直ぐに出してしまうので交代して初めてチンコを舐めました。
違和感も無くてちょっと塩気の先汁も舐め取り頭を食わえて全体を舐め回したら呆気なく射精してきたので口で受けましたけどさすがに飲めませんでした。
感激した友達もシャブってくれて自分も直ぐに出してしまい友達も口を離さずに受けてくれてしかも飲んでくれた。
でも口に残ると言ってジュースを飲んでましたね。
それからは69になりずっと舐めシャブリ捲って逝きまくりましたのでジュース片手に何れだけ飲んだか判りませんが最後には射精しても出るのは透明に近く粘度が低い液体でした。

これが自分の初チンコ弄りに初発射の思い出でした。
23
2017/11/10 23:38:32 (RrQQzeRD)
20年前、大学を卒業して地元に帰り臨時として働いている時でした。掲示板で、10歳くらい年上の人が募集していたのを見つけてメールをしてみました。何度かやりとりをしているうちに、会ってみることになり、コンビニで待ち合わせしました。
ドキドキしながら、待っているとメールで教えてもらった車が入って来ました。メールで確認をして助手席のドアを開けると、一重のキリッとした目で優しい感じの人がいました。

車に乗り込み、ドライブをしました。車の中で簡単に自己紹介をお互いにして、話しをしていてもなんとなくウマが合う感じがしました。やがて、太腿を軽く撫でられて「いいかな?」と言われ、うなずきました。

そのままラブホに入って、キスを激しくしているうちに、相手のモノを触ると僕は驚いて手を止めました。今までに触ったことがないくらい大きかったのです。思わず「デカいですね〜」と言うと、「そうかなぁ、ちょっと大きめかもしれない」と、あまり気にしていない感じでした。

改めて、一緒にお風呂に入ってみると本当にデカいモノでした。勃つと20cmくらいありました。太さも結構あって、親指と中指で届くか届かないくらいでした。どうしようかと思っているうちに、ベッドで優しく丁寧にされて、いつの間にか受け入れていました。痛くはなかったのですが、圧迫感はモノ凄くありました。

こうして、一年近く月に2回ほど会っていました。でも、お互いに忙しくなって、だんだん連絡を取らなくなっていました。

やがて、僕も正採用になり仕事を頑張っていました。ところが、4月に上司が異動でやって来たのですが、その上司がその時の相手だったのです。初めて職場で会った時に、すぐにお互いにわかったのですが、知らん顔をしていました。しばらくして歓迎会があり、三次会で、ちょうど2人で話すチャンスができ向こうから「久しぶりだなぁ。元気だった?それにしても、まさか同じ職場になるとはなぁ〜。」と話して来ました。僕も「本当に久しぶりです。なんとか頑張ってます。改めて、どうぞよろしくお願いします。」と伝えました。

ちょっとドキドキしましたが、普通の上司と部下として接していましたが、6月くらいに「時間がある?」と聞かれて、またラブホに行ってしまいました。

月に一度くらいの関係が続いていますが、周りにバレないかヒヤヒヤしながら会っています。
24

想い出

投稿者:しん ◆VIQ0s033jg
削除依頼
2017/11/10 12:04:34 (OJoDOYah)
幼い頃は、よく父が添い寝してくれて、身体を擦って貰って眠ってました。うたた寝気分というか、何とも言えない気持ちで眠れました。
ある日、いつもの様に添い寝で擦られている時、太ももからペニスまで擦ってきました。いつもの単なる気持ち良さから、変な気持ちになり、ペニスがムクムクと大きくなり始めました。それが恥ずかしくて、大きくならない様にガマンしようとしましたが、気持ち良さの方が勝り、完全に勃起してしまいました。
父に「恥ずかしい〜よ♪」と言うと、「でも気持ち良いだろう♪男は誰でも気持ち良いと大きくなるから♪大丈夫♪」と言いながら、そのまま擦っていました。まだ包茎で精通の経験もない、オナニーも知らない子供でしたから、そのまま眠ってました。
日が経ち、添い寝でペニスを擦られる時は、勃起する様になりました。
父がペニスを握り「痛くなったら言いなさい♪」と、父が包茎ペニスを剥き出しました。
ゆっくりゆっくり、上下に剥いたり被せたりを繰り返してました。痛くなかったので「痛くないよ♪変な気持ち♪」と言いながら、父に「お父さんも、僕みたいに大きくなるの?」と、父が「大きくなるよ♪」
「触っても良い?」と聞くと黙ってブリーフのところに、俺の手を持っていき「触って♪」と言われ、父のペニスを握りました。
硬く勃起してました。ブリーフの中に手を入れ直に握りました。「ホント!大きくなってるね♪僕のも、こんなになるの?」と言いながら父の手の動きを真似て、同じように父のペニスを擦ってました。
父の耳元で「お父さんも気持ち良い?」父は「うん♪」と答え、父が俺のペニスを速い動きで上下させてきました。
暫くしたら下腹部が熱くなり「何かオシッコしたくなった!」まだ父は手を休めません。「あ!オシッコが…!出そう!ホント!出そう!やめて♪ホント出そう!」
手を休めず「良いぞ!漏らして♪オシッコじゃないから!」まだ擦ってます。「出る!うあ出る!うあー」始めての精通です。ペニスが脈打ってます。父の手に射精した精液が!
父が起き上がり、枕元のティッシュで手を拭いたり、俺のペニスや腹を拭いてくれました。
二人で風呂に行きました。身体やペニスをシャワーで洗ってくれてる時に「ね♪出たのはオシッコじゃなかっただろ♪」と触りながら精液の事やオナニーなどを教えてくれました。
「お父さん!さっきから大きいまんまだよ♪」と言いながら触ると、父のペニスはギンギンになりました。「お父さんも精液出る?」「出るよ♪」とペニスをシゴキ出しました。その姿を見ていたら、俺のペニスも勃起したので、父の真似してシゴキました。
父の「出そう!」手の動きが速くなり「あ出る!」と精液が風呂の壁まで飛びました。握っているペニスからも精液が滴り落ちてました。
「ふう♪」とため息ついたので「気持ち良かった?」と聞くと「うん♪気持ち良かった♪だけど、お母さんには内緒だよ!男同士の約束!」。
その後、日を追う毎に、段々過激になって、今もたまにやってます。

25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕