ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

ゲイ体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
2018/07/15 23:58:18 (5QsErGsY)
シャワーをして、アナルをきれいに洗い流し、戻りました。
大人たちはビール片手にバーベキューを食べ、交代で子供の見守り番。
裕紀君も、はよ飲めよ、と義父さんからビールを渡され、
その時、ニヤッとした義父さんの顔から、ギラギラする眼差しを感じました。
酔いも回り、おなかも満たされると、眠気に襲われます。
眠気を払いのけるように、子供達と一緒に海に入りました。
それが余計に眠気を誘いました。
冷房を効かせた車の中では、義父母が寝ていましたが、
義母さんが目覚め、駐車場からこっちへ歩いてきます。
裕紀さんは、運転してきたから眠いでしょ、
車の中でお父さんも寝ているから、少し寝てきたら。
はい、とよろよろと歩いて行き、運転席のドアを開けました。
おお、来たか。こっちへこいよ。とシートを倒した後部座席からの声。
眠くて、なにも考えずに、サイドドアを開けました。
うん?何か変だな? 全裸の義父さんに手招きされ、
義父さんの横に寝ころぼうとすると、ほれ、しゃぶれ!
義父さんの肉棒に顔を近づけると、テカテカと黒光りしていました。
うちのババアのや、えーやろ?
準備や。ちょっと突っ込んどいたら安心やろ、といいます。
聞けば、私は運転で疲れているし、明日の帰りの運転もあるから、
子供達と一緒では眠れないだろうという話になり、義父さんと私がツインの部屋。
ババアもたまには、突っ込んでおかんとなっと言いながら、
頭を掴まれ、無理やり咥えさせられました。
義母さんの愛液をぬぐうように唾液をたっぷりと含ませ喉の奥まで。
おお、ババアよりもえーなあといいながら、義父さんの指がアナルを刺激します。
う? ううーん、う?と腰を動かしていると、
ローションの入れ物の先がアナルにグイッと差し込まれました。
とたんに、おなかの中に少し冷たい感覚が走り、
それから、指2本で広げるようにかき回され、すぐに指は3本に。
口の中は義父さんの肉棒でふさがり声も出ませんでしたが、
いきなり、お尻を平手打ちされ、思わず、飛び上がってしまいました。
あかん、出てしまやろ。お楽しみは、夜にとっとかなな。
アナルに指が4本入るようになり、乳首を責められていると義姉の声がしました。
食事の後、子供達とトランプをしていると、義父さんに呼ばれました。
裕紀君、そろそろ風呂にいってきたらどうや!
俺も、ビール買うから、ロビーまで一緒にいくで、とエレベータに乗ってきました。
ほいと、イチジクを2本渡され、風呂の前にきれいにして来いと。
義父さんは、彫り物のせいで、大浴場には入れませんから、
急いで、イチジクを2回して、大浴場で清め?て部屋に戻りました。
部屋では子供たちが義父さんとテレビを見ていましたが、
私の顔を見ると、おじいちゃんは寝るからな、みんな部屋に戻れよ。
私に部屋のカギを締めるように言いました。
私は、浴衣のまま、義父さんの上に重なり唇を重ねました。
すぐに、私が下に、義父さんは上に覆いかぶさってきました。
唇を吸われ、唾液が注がれます。浴衣の胸元から義父さんの手が乳首を責めます。
ドンドン、ドン、おじいちゃん、あけて!
姪っ子の声がして中断。私は布団にもぐりこみ、義父さんがカギを開けます。
なんや、おじいちゃん、ねむたいんや、どないしたん?
忘れたバスタオルを取りに来た姪っ子に、もう、寝えやあと釘を刺します。
ガチャ! ベッドの端に座る義父さんが、こっちへ来いと呼びます。
私は跪いて浴衣の裾をかき分け、義父さんの股間に顔を埋めようとしたら、
パシッと、平手打ちが飛んできました。あとや!
先にケツを出せと言われ、義父さんの前で四つん這いになりました。
昼の間に緩んでいたアナルは、すぐに指が3本入りました。
5分もしないで、4本が入るようになり、4センチはあるディルドが差し込まれました。
ディルドをゆっくり抜き差しされ、肉ひだがめくれそうな感覚に声を我慢。
20センチぐらいのディルドを根元まで押し込まれ、おなかの圧迫に耐えていました。
ビールを飲み始めた義父さんが、口移しでビールを飲ませてくれます。
私の好きな、男の匂い。すかさず、裕紀君、うまそうに飲むなと、見透かされました。
缶ビールを2本開けたところで、刺さっていたディルドが抜かれました。
よし、わかってるな! これが、ほしいか・?
はい。ほしいです。義父さんを仰向けに寝かせるように上半身を押し倒します。
そのまま、股間に頭を沈め、義父さんの肉棒をやさしく丁寧に、
でも、早く硬くなるように唾液を充満させた口に含み、
唇をすぼめながら喉奥に導きました。1分もしないうちに、3倍ぐらいの大きさに。
我慢できない私は、自分から義父さんにまたがり、腰を沈めました。
ウッウッ、おなかの圧迫感が脳天まで突き上げてきました。
まだ、根元まで入っていません。深呼吸して息を整えました。
息を吐きながら全身の力を抜き、義父さんのおなかの上に体を預けました。
ウウ、ハァーー、ハァーーー。入口が裂けたのではないかと思うぐらいの痛み。
30秒ぐらいで痛みが消えてくると、義父さんが、きついなあと。
ババアのマンコよりも気持ちええなあ、嬉しい言葉です。
ゆっくり腰を突き上げる義父さんのリズムに合わせて、
前後に腰を動かし、内臓がかき回されるような感覚に幸せを感じました。
裕紀、もっと、力を入れろ!
入口にギュッと力を入れると、アホ!ちゃうやろ!とお尻を叩かれました。
もっとな、おなかの中に力を入れるんや!と言われても………、
そんなことはできないと戸惑っていると、またしても、お尻に平手打ち。
そうや、その感覚や。ケツを叩かれると力が入るやろ! その感覚や。
なんとなく、アナルをすぼめるように力を入れるのかなと思いながら、
腰の動きに合わせるようにお尻に力を入れていました。
義父さんがベッドの端に、背中をもたれさせるように起き上がり、
駅弁スタイル風になると、ちょうど、乳首に唇があたります。
強く吸われ、乳首を噛まれて声を上げそうになり、
腰の動きがとまっていると叱られ、平手打ち。
乳首を噛まれるたびに身体がガクガクと震え出し、
腰の動きに理性がなくなり、感電したように腰が震え、
思わず、義父さんにしがみついた時、義父さんのうめき声が。
裕紀、いくぞ! もっと締め付けろ!
回された義父さんの腕に抱えられ、すごい力でお尻を前後に揺さぶられ、
少し膨らんでいる敏感な右の乳房を義父さんが勢いよく噛んできました。
アッアーーッ、と私も義父さんの首に回した腕に力が入り、
義父さんも、私の腰を強く抱きかかえてくれました。
二人の身体が密着した状態のまま、義父さんの腰が小刻みに震え、
おなかの中の圧迫感がさらにきつくなった瞬間、
なんとも温かい液体をお腹の中で感じ、私は、寒気のように、
腰から肩にかけて、ブルブルっと震えてしまいました。
義父さんは、私の乳房から口を離し、止めていた息を吐き出すように、
ウウッォ―オーと、声を上げました。
その声に、私がお尻に力を入れると、もう一度、全身がブルブルと震え、
義父さんも、もう一度、大きな息を吐きながら雄叫びを上げてくれました。
トイレで力を入れると、ピンポン玉ぐらいの塊がドボッと出てきました。
今度は、どこに出してもらうか、じっくり考えることにしました。
26
削除依頼
2018/07/15 18:53:01 (2Trat9d4)
滋賀県在住の大学生です。
彼女とよくアナルセックスを楽しんでいた。本当に気持ちよさそうによがる彼女を見ている内に、自分も挿れられたいと思うようになったから、ワクワクメールで相手を募集してみる事にした。
募集で来た初めての人は30代の方で、僕は興味本位で会いました。
最初は小さなローターを入れられて、次にエネマグラでした。
大分慣れてきて、じゃあ入れようかってなり初めて、その人のものを見ました。
初めてだったのでこちらからは、全く何もしてなかったですが
すごい反り返っている事以外は、大きいわけでもなく割と普通でした。
でも、入れられて正常位でしばらくされてる内に快感とともに射精感がこみ上げてきて発射。
何回も勢い良く発射しました。ちなみにすごい飛びました。
今は住んでいるとこが離れているので、近くに行った際に会うしかないのでトータル初めてを含めて2回しかしたことないですが、2回ともトコロテンしました。
2回目の時は、1回トコロテンしたあとに、そのまま掘り続けられて、さらに2度目のトコロテン。
相性がたまたまよかったのかクセになり連絡していますが、遠くの事で既婚者なのでなかなか会えずじまい。今は近くいてすぐにできる人が欲しいです。しかし、相手はなかなか見つけられず。
やっぱり新たに新しい人に会うとなると恐いですし。
でも、したいって気持ちはこみ上げてくるもんです。
27
2018/07/15 16:23:45 (5QsErGsY)
盆休みを利用して海水浴場へ出かけるのが恒例です。
はじめての夜から半年ほどが過ぎていました。
仕事の忙しい義兄家族は不参加。義妹の旦那も出張で不在。
参加者は、義姉家族と義妹家族、我が家、義父母です。
当日になり義姉の旦那が宿泊せず帰ることに。
義父母のためにツインを1部屋と、20畳の和室が予約されていました。
渋滞を避けて、朝6時に出発。8時半には海水浴場に到着。
義父母と私と義兄はバーベキューの用意。子どもたちと女たちは砂浜です。
義母さんが野菜を洗ってくると言うと、義父さんが義兄に手伝うように促しました。
裕紀君、お疲れさん、と言いながら義父さんが近づいてきます。
ああ、何度も何度も妄想していた義父さんの腕が伸びてきました。
Tシャツの裾から腕が入り、乳首を責められます。
車の陰に移り、乳首を吸われ、久しぶりのキス。ああ、この匂い……。
いきなり唾液を注がれ、こぼさないように飲み込みました。
あとでな!と言われ、準備を再開。
義父さんの股間が気になりながら、冷静を装いました。
肉が焼ける頃に、子どもたちが戻ってきました。
炭をおこしていた義父さんが、暑いから身体を冷まそうといい、
裕紀君もあとは任せて、海に入ろうと誘ってきました。
子供の浮き輪を借りて、義父さんが溺れてはいけないということで、
私がサポート役で、海に入ります。でも、なぜか、義父さんが私の後ろ。
腰のあたりの深さになると、義父さんが密着してきて、乳首を刺激されました。
浮き輪を掴んでいるので、どうすることもできず、されるがまま。
もっと声を出せ、聞こえんから大丈夫や、と言われ、
義父さんーー、気持ちいい、もっと強くしてくださいと頼みました。
15分ぐらい責められて、シャワー室へ行こうと耳打ちされました。
私は、いろいろな期待を込めて、頷きました。
11時過ぎのシャワー室には、誰もいませんでした。
2人で同じブースに入り、ひととおり身体を流します。
義父さんの前に跪き海水パンツを脱がせて、丁寧に洗います。
もうええ!と、軽く平手打。それを合図に、むしゃぶりつきました。
小さなシャワー室には、規則正しく流れる水の音に混じって、
ジュボ、ジュボッ、ジュル〜ルルッジュル〜〜と卑猥な音が響いていました。
親子の会話が聞こえ、一時中断。後ろ向きに抱きしめられ、口を塞がれました。
子供の大きな声が響くなか、乳首を責められ、声を出さないように我慢していました。
義父さんがゴソゴソしている気配を感じながら、じっとしていると、
石鹸をつけた義父さんの指が、私のアナルに。
ええ?っとたじろいでいると、ぐいっとお腹を引き寄せられました。
ううっ、ううーーと体に力が入ってしまい、力を抜け、口をあけて息を吐けと。
肩の力を抜きながら息を吐いた時、義父さんの指が入ってきました。
一瞬だけ、アアッと声が漏れてしまいました。
足に着いた砂を流しに来た親子はすぐに出ていきました。
扉が閉まるか閉まらないかのタイミングで、お尻に平手打ち。
3発目で、声を出してしまい、義父さんに、声を出すなと責められました。
アナルを刺激され、もよおしてしまい、義父さんに伝えると、
ちゃんと、きれいにして来いと言われました。

28
2018/07/15 16:12:56 (6FjZaoCe)
友達の家で3人でゲームをしていて、その日は寒くてコタツに入ってた。
上半身だけ出してテレビを見ていたら、股間に友達の手がぷるんと当たった。
まぁ悪ふざけだろうと思って何も反応せずゲームをしていると、今度は足が股間の下に入ってきた。
ビクッ、とびっくりしてそいつの方を見ると、知らんぷりをしてテレビの方を見てる。
「やめろ」と言えば良かったけど、もう一人の友達に見られたくないと思って何も言わなかった。
その間も足の指で股間をぐりぐりと遊ばれてしまい、勃起してしまった。
すると「おいっ、こいつ勃起したぞw」といきなり言いだした。
「まじで、見して見して」ともう一人もコタツに潜って僕の股間を触りだした。
何が起こっているかわからず急いでコタツから出ようとしたけど、
背の小さい僕はすぐ二人に押さえつけられて、仰向けに固定された。
一人は僕のズボンを下ろし、パンツの上からしこり始め、もう一人はにやにやしながら僕を押さえつけていた。
「やめろ」と抵抗しながら、無常にもパンツは我慢汁でベトベトになっていく。
次第に「はぁはぁ」と吐息を漏らすようになり、パンツも脱がされ、露わになった亀頭を責められ射精してしまった。
そこからはやりたい放題で、
僕を立たせてもう一人のやつが股間をしごき射精させられたり
膝と肘がついた格好で、後ろから玉とおしりを触られ叩かれながら射精させらたりして
足のガクガクと汁が止まらなっかた。
それからは度々呼び出され、ペットとして二人に遊ばれた。


29
2018/07/15 11:55:41 (bK.c.2Ed)
昨日、正確には今日午前1時に神戸の発展公園の大〇山公園の展望台に行ってきた。
土曜の深夜はいつも4〜5人のお仲間がいる。
昨日も3人のお仲間がいたが、3人ともけん制しあうだけで何もしていない、自分は展望台に上っていく前からチャックからチンポを出して上っていったのですが、ひとり
が自分のチンポに気が付いて関心を示している、その関心を示している人を見ると、下着のみでズボンをはいていなかった。
自分がその人の2メートル横のベンチに座ると、その人もベンチに座った。
よく見ると若専の俺のめがににかなう20代のおにいちゃんだ。
すっと横に寄っても嫌がらない、下着に手を伸ばして触っても嫌がらない、思わず下着からチンポを取り出すとすでに8分勃起、「洗ってきた?」と聞くと、「はい」と答えた。
すぐにしゃぶりつくとギンギンにフル勃起、久しぶりに若い硬いチンポをフェラできた。
思いきりフェラをして太いが長さはそうでもないチンポを根元まで咥えて舐めまわす、にいちゃんは声を出してあえぎだした。
それを見ていた2名の仲間のひとりがにいちゃんのバックにまわりパンツの後ろから手を入れてアナルをまさぐりだした。
にいちゃんがアナルを閉めていやがったのかすぐに手を抜いてバックからにいちゃんの両乳首をいじりだした、その間もうひとりの仲間は横で見ている。
自分はフェラとテコキを交えて10分くらいチンポを攻めたんだけど、感じてはいるけどいっこうに射精にいたらない。
雰囲気でまだまだ逝きそうになかったので時間がなかった俺は「おいしかったわ」と言って、残った2人に後はまかせて帰りました。
30
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕