ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

レズビアン体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
2017/04/26 17:08:01 (F9a8T0s6)
女性同士に興味があります。優しくしてくれるお姉さん いませんが?真剣なので よろしくお願いします。
16
2017/04/18 15:46:06 (OTfAaSTH)
はじめまして。
タイトルの通り、私の恋人は、私のかつての同級生の娘です。

30年以上前、私は地元の商業高校を卒業しました。
その学校で親しくなったのが、同級生のBでした。
大人しく無口な私と違い、Bはいつもクラスメイト達の中心にいるような、賑やかな性格でした。
正反対の性格の私たちでしたが、卒業後もよく連絡を取り合っていました。

商業高校だったため、ほとんどの同級生は県外の都市部や地元で就職したのですが、私はそのまま東京の女子大に進学しました。
一方、Bはと言うと、地元の旅館に就職し、そこで知り合った同僚の男性と、20歳で結婚・出産をしました。早いように思われるかもしれませんが、田舎ではよくあることでした。
そして、その時に生まれたBの長女が、今の私の恋人であるユカです。

私が大学を出て働き始めて4年ほど経ってから、夫の転職に伴い、B一家が東京に引っ越してきました。
すでに3人目を出産したばかりのBに頼まれて、何度かユカを預かっているうちに、だんだんとユカは私に懐いてきました。私自身寂しい一人暮らしだったので、ユカを預かるのが楽しみになっていました。
ユカの弟や妹が大きくなってからも、よくユカは一人で私の部屋に泊まりがけで遊びに来ることが多く、私も姪っ子のように可愛がっていました。

あれは、ユカが思春期に差し掛かった頃でした。
ある日、部屋で私と二人でテレビを見ていたユカが、「サキちゃんって、女の子が好きなの?」と聞いてきました。驚いて「どうして?」と聞き返すと、ユカは「別に。なんとなく、テレビの女優さんとか見る目とかがね」と含み笑いを浮かべていました。
実を言うと、私自身にその自覚が芽生え始めていた時期でした。
ネガティブな性格が災いしてか、30代になっても男性と性的な経験どころか交際したこともなく、きっと自分には恋愛は縁がないものなのだろうと思う一方、そもそも男性ではなく女性の方が好きなのではないかという疑問を抱くようになっていました。
なので、ユカの一言は強く心に残ってしまいました。

それからひと月ほど経った週末でした。
いつもと同じようにわたしの部屋に泊まりに来て、居間のソファで寝ていたはずのユカが、寝室の私のベッドに入り込んで来ました。
寝ぼけているのかな?と思っていたら、ユカは聞いたこともないような艶かしい声で「サキちゃん、エッチしたい…」と囁いてきました。
驚いて、「どうして、そんな言葉知ってるの?」と問うと、「だってしたことあるもん」との答えが。
聞けば、相手はユカが通う習い事教室の女性の先生で、ユカの方から告白をしたとのことでした。
「OKしといて、エッチしてから振るなんて酷いよね?」冷めた声でそんなことを言うユカは、昼間のあどけない女の子とは別人のように見えました。
その後の記憶はとても曖昧です。
私は抵抗することもせずに、ユカの慣れた指使い、舌使いをただ受け入れることしかできませんでした。
人生で初めてのセックスの相手が、同性、しかも20歳近くも年下の幼馴染の娘だとは予想もしませんでした。しかも、幼い頃からよく知っている子です。
「サキちゃんもやっぱり女の子がいいんだね」そう言ってユカは笑っていました。

その後もユカは私の部屋に遊びに来るたびに、私の体を求めてきましたが、自分でも生真面目だと思ってたはずの私は一切抵抗せず、ユカに身を任せてしまいました。
ユカの与えてくれる快楽に身を任せ、自分はやはり女性でないとダメなんだと実感する一方、いずれユカも成長したら私のことなど忘れて、もっと若い素敵な恋人を作るのだろうと思っていました。
しかし、そうはなりませんでした。
その後、やはりBの夫の仕事の都合でB一家は地元に戻ることになりましたが、その時もユカは、お小遣いを貯めては、買い物や観光を口実に飛行機で私の元にやって来ては、滞在中ずっと私を抱いていました。
ユカが大学進学で上京してからは、私の部屋でほぼ同棲状態で暮らしていました。

その後、月日は流れ、ユカもアラサーの立派な社会人ですが、二人の関係は一切途切れることもなく継続中です。
ユカは細身の美人で結婚適齢期ということもあり、職場では「本当に彼氏いないの?」とよく言われるそうですが、まさか同僚の人たちも、20歳近くも年上のおばさんと交際しているとは夢にも思わないのでしょうね。もちろん、田舎のユカの家族たちも…。
一時期はセックスレスに陥りかけたこともありましたが、アラサーを迎えてユカの欲求は再び高まったのか、ここ数年でセックスの回数は急増しています。
私の体調でどうしてもできないときは、こっそり一人でしているほどです。
ユカのPCの中に、ハードなレズビアン調教モノのアダルト動画があったので、私にもそういう風にしたいのかなと好奇心と抵抗感の両方を感じているところです。

長い文章にお付き合いいただきありがとうございました。感想をいただけたら幸いです。
17
2017/04/07 16:44:08 (UZCU8.J.)
♂セフレから、54歳ふくよか女性だけど、僕の部屋でレズしてみない?とLINE。セフレも同室でのレズ&3Pをしての帰宅。
初めましての私達でした。シャワーを借り、バスタオルを巻いて、二人がいるベッドにお邪魔しました。
満子さん(みつこ)は、身長もあり、体重もある、朗らかな人妻さんです。セフレとは、たまにセックスしてる、私の同類さんでした。なので、話は早い。
満子さんは、私を食べたかったみたいです。
すぐに、ベッドに寝かされ、キス、セフレはなぜかすぐに参戦しクンニ、そして私のアナルをほぐしている。満子さんとは、初めましてのキス。受け入れる私。舌を深く差し入れられたら、オマンコがジュンて、濡れました。唾液を流し込まれ、私はもうナスガママ。今日は、テーブルの上に色々玩具が、並んでいます。満子さん私の顔にオマンコを押し付けてきました、私は頂きますと、舌を使い大きく舌を動かして舐めました。満子さん、私のオマンコを見ながら、顔にゆっくり擦りつけてくる。セフレと何やら言いながら、アナルにローションが塗られたゴム製の何かがゆっくり入ってきました。
18

私は熟女好み

投稿者:明日香 ◆KnF/PIolEY
削除依頼
2017/03/29 15:27:10 (rTTbvncb)
私は28歳のバツ1です、現在は元夫からの慰謝料と別のお小遣いで生活をしてます。

そのお小遣いの元が、現在のお付き合いをしてる熟さんです

同じマンションで、顔馴染みになって良く話す様になったA子さん48歳

私のお部屋でコーヒーでもと誘うと、お昼は暇してるからと

何度かそう言った感じで遊びに来られる内に、A子さんが肩こり症と言う事を知って

昔は、エステシャンと言ってマッサージをして挙げた。A子さんは凄く気持ちが良いとすっかりリラックスされて

いたずら気分で、性感のツボをマッサージすると声が・・A子さんは恥ずかしそうにしてたけど

他の女性も、皆んな感じてくれてましたし 恥ずかしい事では無いですよ! 私も以前はエステでは教える立場になって

受けたりしてたけど、私も感じてましたから!と話し「もっと、気持ち良くなって下さい」と

続けて、A子さんを数回 逝かせて擧げると A子さんとの関係が段々と変わって行くと

私の中のSの気が騒ぎ始めて、A子さんは旦那さんとはレス状態だそうで 私に虐められて悦ぶM女に

今では、フィストまで遣られて逝き狂い もう少しで両手まで入りそう!

「何時かは、アナルまでフィストが出来る様な変態にして擧げる!」と言うと喜んでます。

熟女を、私好みに変える事に今はの私の悦びかな!
19
2017/03/26 17:33:29 (WqzayJkV)
それは姉がレズだかだ。
姉がレズであることを知ったのは、俺が高校生のときだ。
俺が学校から帰宅すると、大学生だった姉の部屋から変な声。
俺の帰宅に気づいたようにドタバタする姉の部屋。
俺がリビングでくつろいでいたら、姉と多分三十代と見える女性が、一緒に二階から降りてきて、その女性は俺に軽く挨拶して帰って行った。
姉は友達と言ったが、二十才姉と熟した女性が友達?違和感を覚えた。
後日、姉の部屋を家捜しして、バイブ、ローター、双頭バイブなどを発見、姉とその女性が何をしていたか、高校生俺でもわかった。
姉が男性を近づけないような態度をしてるのは、俺が小学校のころからわかっていた。
俺や父はともかく、親戚のおじさんや、親戚のお兄さんみたいな人とも、なるべく関わり合いを持とうとしない、そうゆう態度が顕著だった。
姉がどういった理由でそうなったかは、よくわからない。
大学を卒業すると、姉は東京の会社に就職、一人暮らしを始めた。
俺が大学時代、東京に出た友達に会うため上京、姉に泊まらせて欲しいとお願いするも、断られた。
不審に思った俺は、姉の住まいを訪ねてみる。
姉はまだ仕事から帰宅してない様子、だが隣の女性からあることを聞けた。
友達と同居してますよ。
そう、やはり姉には彼女がいて、だから俺を泊めるわけにはいかないのだ。
姉は美人だ。
俺の結婚式のとき、独身友人は皆姉にアタックしたいと言ったくらいだ。
その姉、もう四十になる。
まだ独身で東京にいる。
年数回帰省する姉に、両親は結婚をと言うが、姉にその気配はない。
おそらくまだレズ、いやレズから抜けようとも思ってないのだろう。
姉がそれで幸せなら、それはそれでいい、俺はそう思っている。
俺の姉であることには変わりないから。
姉は俺の子を可愛がる姿は、まるで母親、姉に何か心境の変化でもないかな、そう思う。
20
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕