ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

レズビアン体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
2017/11/30 04:19:13 (Wo96KARP)

年上お姉さんの名前はまみ(仮名)ちゃんとはビアンサイトで知り合ったのがきっかけですぐにLINEを交換して連絡をとるように

既婚者のまみちゃんだったがレズにも興味があったらしく、、

旦那さんとはどんなセックスをするのかと聞くと
『SMプレイが多い』とのこと。
『旦那さんに縛られてクリには電マ、中にはバイブを入れられて責められるの、、すぐ濡れちゃうしすぐ吹いちゃうのw』
あたしもレズプレイは責める方なのでそういうプレイも好きと伝えると意気投合。

次の日会うことに、待ち合わせ場所に行くと細くて可愛いまみちゃんがいた

ご飯食べに行って速攻ホテルに、、

私は責めのスイッチが入っていたので部屋に入るやいなや
激しめのキスと同時にまみちゃんの下を触ると もう濡れていた

『もう濡れてるのー?早くない?』

まみちゃんは恥ずかしそうに

『興奮しちゃって、、』

そこで一旦お預けにしてお風呂へ

お互いキャッキャ言いながら洗いあいっこしてベットへ


『私、女の子とするの初めてだから緊張するけどさぁちゃんにだかれると思うと興奮する、沢山いじめて?』

あたしはそこでスイッチオン

続く→


(実体験を書くって初めてて難しい)
16
2017/11/26 10:01:05 (OH6wfhS3)
女子校時代からのレズの私。

社会人になって困るのは相手探し。

今は年下のセリナがいる。

出会いはスポーツクラブ。(おきまり!)

絶対数が少ないので難儀はするが見極めはできる。

相手に寄ってはバイでも妥協する。

私もひとりの特定の相手だけじゃなく、あちこちつまみたいというタイプだ。

妖しい関係で健全により、妖しい関係でありさらに背徳的に…
これがモットーかな…

セリナと一泊で出掛けた。
観光地とはいえない静かなだけが取り柄の山あいの町。
つられたのは、ロッジを一棟まるまる借りられるとこ。
セックスしかしないんだから、こんな適した場所はないと、ふたりで張り切って出掛けた…

私達の特色は、ボーイッシュなタイプと可愛い女の子タイプみたいな感じではない。どっちがタチでどっちがネコとか想像つきそうな…
ふたりともわりと肉感的で似た感じ…
スポーツチームの仲間程度にしか見えないだろう。
そうやって周囲を欺くのも醍醐味のひとつ…

私達は着くとすぐにシャワーを浴び、ジャージやスパッツに着替えて周辺を散策に出掛けた…

正確には野外でも愛しあえる場所を吟味するためだ。

幸い平日で当日客は私ら以外一組のみ。

その父娘と早速すれ違って簡単な挨拶をした。

精悍な父親と利発そうなおませっぽい娘。
(小学生の高学年と思われる。)

私達は今流行りの女子旅を匂わせる。


ロッジに戻ると、私らはお互いを裸にひんむきそくソファに倒れこむ…カーテンが開きっぱなしだったが、覗こうと思わなきゃ覗けないので気にせず愛しあった。

器具類はなし…
ただ、カメラは回した…
カメラ目線はさけて意識せずに乱れる。

結局、夕飯前には寝室以外の場所を裸で移動しながら制覇した。

夕飯後は外に出るつもりだった…

女同士の良いところはテンポにズレがないところだ。

夕飯はいちゃつきながら下着だけでとった。
下着といっても私はマイクロビギニのYバック。
セリナは極小のGストリングス…
ともにはだか同然である。

このまま、何百メートル先の野外休憩スペースまで行ってみようか?…
旅先は人を大胆にさせる。

行きはともかく帰りは余裕でできそうだ。

私らはいいとこ見つけたとご満悦だった…

続く
17
2017/11/20 14:54:03 (jhmzC5/A)
母との行為が忘れられなくて、母の寝室へ行きました。
「あのね、ママ…」
次の言葉が出てきません、なんて言ったら良いのか…
「どうしたの?」
母は優しく微笑んでいました。
「黙ってちゃわからないわよ」
「ママ、あのね…この前みたいに…」
私には、精一杯の言葉でした。
「この前みたいにって?」
母は笑っていました。
「わかってるくせに…イジワルしないで…」
私は泣いてしまいました。
「ゴメンね…サーちゃんが、あまりにかわいいからついイジワルしちゃった」
母は優しく抱きしめてくれてキスしてくれて母のベッドで…
何度も何度もイカされてしまって…

「サーちゃんにイケナイこと教えちゃったね…ママね、サーちゃんくらいの歳の頃に女の人と、お付き合いしててね…この前、泣いてるサーちゃんを抱きしめてたら、その頃のこと思い出しちゃって…後戻りできなくなったら困るから、これっきりね…」
「これっきりって、そんな…ママが好きなのに…ママともっと…ママは私のことキライ?ママは私と…イヤ?」
「サーちゃんのこと大好きよ…私だってサーちゃんと…」
母を抱きしめてキスして…
母の体を貪りました。
母も私の体を貪りました。
「アッ…ママ…イっちゃいそう…」
「ママも…イっちゃいそう…いっしょよ…いっしょに…」
「ママァッ…」「サーちゃんッ…」
一緒にイってしまいました。
「アァァ…ナニかヘン…」
「ママも…」
ふたり同時にシャァって…汐を吹いてしまいました。
18

セックスレス

投稿者:蘭子 ◆kQBuZp0h86
削除依頼
2017/11/18 22:17:47 (f.H/1br.)
旦那とは子供が出来てからセックスレス。
それを知った旦那のお母さんが、気を使ってくれ、私を抱いてくれます。
義理の母の指と舌が気持ち良くて、週末は子供を連れ旦那の実家に泊まりに行ってます。
子供を寝かせ、2人で少し晩酌した後に2人でお風呂に入り、義理母が全身を手で洗ってくれます。
子供が寝てる隣の部屋で、義理母の愛撫に声を殺して、感じてます。
19

観光ツワーで

投稿者:栄子 ◆lNe0/yR3ms
削除依頼
2017/11/13 12:04:32 (x4xtgPqR)
私(38)は夫(42)から頼まれ、お姑さん(65)の観光ツアーに随行する事になりました。
お姑さんが、前々から行きたかった観光地らしくて、凄く喜んでおられました。
当日の観光地巡りも終わり、宿泊宿のホテルに着きました。
そこは、温泉施設だけでも利用出来るくらい大きく、日帰り客も居て、館内を浴衣姿やムームー姿で行き来する人がいっぱいでした。
お姑さんは、早速、部屋で用意されてる浴衣に着替えられ、私はムームーに着替え、二人して大風呂に行きました。
いろいろある温泉にも、たっぷり入り、お食事処では軽くお酒も頂き、美味しい料理で満腹になりましたので、部屋へ引き上げました。
部屋には、もう二組の蒲団が敷いて並べられ、座卓と座椅子は隅の方に移動してありました。
お茶を飲んだりして、観光の話などをしていたんですが、お姑さんが疲れた様子だったので、「今日は、よく歩きましたね♪お疲れでしょう♪肩でも揉みましょうか?ささ♪蒲団の上へ!」と誘ったところ、お姑さんは、「じゃ♪お願いね♪」と自ら掛け布団を畳まれ、敷き布団の上に正座されました。
後ろに回り、首筋から肩をゆっくり揉んでいると、気持ち良さそうに首を回されたり前後したりしていました。
「腰も揉みましょうか?」と言うと「お願いして良い?貴女も疲れているでしょうに♪ご免なさいね♪」と言われました。
「い〜え♪大丈夫ですから♪さぁ♪寝てください♪」と促しました。
お姑さんは、両腕で枕を包み顔を乗せ、俯せになりました。
私がお姑さんの腰を揉むのに、股がる訳にもいかず、横に添い、身体を捻った正座で揉んでました。
腰から肩甲骨の方へ揉んでいて「お義母さん♪腕を下げられた方が肩や首筋を揉み易いです♪」と言ったら、お姑さんは枕を包んでいた両腕を腰の方へもってきました。私も正座で揉んでいましたので、体勢を変え、揉み易い様に片膝立てに変えて揉んでました。
暫く揉んでいて、片膝立てていた足を元の正座に戻そうとしたら、お姑さんの腕を挟む格好になり、ちょうどムームーも捲り上がっていて、偶然にもお姑さんの手のひらをオマンコで乗った状態になりました。
「あ!ゴメンなさい♪お義母さんの腕を足で挟んだ上、変なとこを押し当てたみたいで!ゴメンなさい♪」と、あわてて退こうとしたら、お姑さんが「良いよ良いよ♪女同士だもん♪気にせず、そのままで良いよ♪」と言われました。気になり、少し腰を浮かせて、触れない様に、揉み続けてました。
暫く揉んでいたら、お姑さんの指が下着のクロッチ部分に当たります。「?」と思い、触らない様にして揉んでたんだけど?と、又お姑さんの指が下着のクロッチ部分に当たります。今度は擦って来ました。
少し指をずらされ、クリトリスをなぞってきました。「……」私は黙ってお姑さんの肩甲骨から首筋を揉んでました。暫くしたら変な気持ち良さで、下着が濡れてきていて、お姑さんが
「DDさん♪感じてるみたいよ♪濡れる♪」と小さい声で言われ、恥ずかしさのあまり「もう♪お義母さんったら♪悪戯はダメですよ♪」と身体を退かそうとしたら「ダ〜メ♪そのまま♪そのまま♪揉んでて!」と擦られ続けられました。
私はお姑さんを揉み続けたんですが、途中から力が入らず、肩を揉んでるつもりがただ擦っていたみたいです。お姑さんが「ジュックリ濡れてるよ♪」に「もう!お義母さん!誰だってこんな刺激されれば、濡れます!もう!」と拗ねました。「DDさん♪ゴメンね♪さっきDDさんがオマンコを押し付けてきたもんだから♪欲求不満かなぁと思い♪酔ってて気持ち良くて♪変に悪戯したくなって♪ゴメンなさい♪」と
「もう!偶然です!偶然!欲求不満ではありません!」と返すと、お姑さんが
「でも感じたんでしょう♪可愛い♪」と「もう!」
そこでお姑さんが仰向けになり、浴衣の帯を解いて
「私もね♪悪戯しててね♪貴女が感じて濡れてるが分かるとね♪変に興奮してきて♪濡れてきたの♪久しぶりの興奮で♪夫が死んでからずっと無かったから。」「ここを触ってみて♪」と浴衣をひろげ、下着を指差しました。「えっ♪」と言いながら身体を添え、そっと手で下着のクロッチ部分を触りました。「濡れてるでしょう♪分かる?この歳でも濡れるのね♪ね♪濡れてるでしょう♪」
「そうですね♪濡れてます♪お義母さんはまだ若いから♪」と「ね♪横に来て!ね♪触り合いしよう?ね♪ね♪」と催促され、お姑さんは自ら下着を脱ぎ、手招きされました。
私はムームーを着たまま、下着だけ脱ぎ、添い寝しました。
お姑さんのオマンコに直に触り、腟付近を撫でると、グッショリ濡れていました。私も自分以外のオマンコに触るのが初めてで、変な興奮でした。
その後、お姑さんのリードで、お互い舐め合いまでいき、二人とも絶頂を迎えました。
「絶対、息子には内緒よ!」
「分かってます♪内緒です!」
「でも♪たまには二人で♪」
明くる日家路につきました。
20
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕