ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

レズビアン体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 ... 200
2017/07/15 17:29:35 (IL0BG52n)
1カ月ほど前に主人と飲みに行っった帰りに健康ランドに行ってかました。その時の事です。
脱衣所で服を脱いでいると30才位の女性が隣にやってきました。
その人はシャツを脱ぐと鍛えているのかかなり筋肉質でした。。
私は筋肉フェチなのでついチラチラと見てしまいました。スガートを脱ぐとトランクス?というかボクサーパンツでした。?と思っているとその人と目が合ってしまい、ドキッとして思わず目をそらし俯いてしまいました。
するとその人がニコっと微笑んでから「こんばんは、お姉さん可愛いですね」と話しかけられました。
私は顔を赤くして俯いたまま黙っていると、突然私の腰に手を回して引き寄せられてキスをされてしまいました。
すみません、来客なのでこのへんで。
よければ続きはまた書きます。
6

舐め

投稿者:
削除依頼
2017/07/04 10:06:29 (VlC3RbCM)
舐めたい
舐められたい
私のいやらしく濡れたとこを女の子の柔らかくて優しい舌がねっとり隅々まで絡み付く
剥かれて拡げられて私の気持ちいいとこをずっと舐めてくれるの
私も同じように舐めるわ
舐めた直後のキスはお互いの愛液を吸って口に含んでからするの
すごくいやらしくて興奮する舌を絡め合うキス
私のとちょっと違う味がするの
69で卑猥な言葉を言い合い一緒にイク
お互いの愛液はその時に口移しで混じり合う
もっともっととお互い求め合うすごくねっとりした興奮する甘い時間なの
7

お義母さんとの秘密

投稿者:智美 ◆qIYKkyK6xE
削除依頼
2017/07/01 13:42:07 (fiKkgZLw)
私は昨年の初めに主人と結婚をした25歳の主婦です。

結婚して主人の家に入って、義父母との同居が始まりました。

結婚前から、主人の家には時々 行って ご両親も優しくて 同居には抵抗は有りませんでした。

義理の父は現在 71歳で、義理の母は現在58歳です。年が離れているせいか義父母はHの方は無かった様です。

私は、リバで 学生の頃には女子校だったのも有って 一年の時に先輩から仕込まれてレズの世界を知ってしまいました。

その後は、短大の時にはどちらも経験してました。

結婚して半年が経った頃に、お義母さんから「私にPCが動かないから見てくれる」と言われて 調べて見ると

色々な物を読み込み過ぎてただけで、軽くしてやると 又 サクサクと動く様に成りました。

PCを見てる時に、お義母さんは夜の食事のお買い物に行ってて

なんと無く、履歴をみると 何とHなサイトが殆どで それもレズ物の動画だったのです!

幾つか見てると、お義母さんが帰って着て「あっ、治ったの?ごめんなさい!有難う 助かったわ〜」と

喜んでました、その日は それで終わって 数日が経って お義父さんが兄弟の所へ数日間行く事になったのです。

お義父さんが出掛けた翌日に、私は用事で少しの間 出掛けた時に 先方の事情で早めに帰宅すると

お義母さんが、自分たちの部屋でPCを見ながら 下半身を露わにしてオナニーを遣ってたのです。

今は知ってますけど、その頃は お義母さんはずっと お義父さんともHが無くて欲求不満の状態でした

だから、自分で慰めて居たそうです。 でも、何故レズ物の動画で?ろ 思いました

イヤホンをしてー、夢中でオナニーしてる お義母さんの所に行って 抱き締めて挙げると

最初は驚いてましたが、私が「大丈夫ですよ、誰にも言わないから」言ってキスをすると

お義母さんも、自然に応じてくれて 後は 緊張だったのか悦びだったのか震えてました!

時間を掛けて、ゆっくりと お義母さんを逝かせ ました。

その日から、お義母さんとの秘密が出来て 今でも続いてます。

私はリバで、女性にはS的な所が有って 現在 お義母さんは私の可愛いM 華です。

お義父さんとは、全然 Hは無い為に 見えない所には何時もクッキリとロープの痕が残って居ます!

それに、これは お義母さんからの要求で 下の毛は綺麗にツルツル状態になって居ます!

M華が食後の洗い物を始めます、主人は居なくなったので そろそろ後ろから虐めて挙げる事にします!
8

先輩に

投稿者:ゆい ◆XbJTJczTWA
削除依頼
2017/06/30 04:06:09 (neuBx5yn)
調教されたっていう方に書こうか迷いました

22歳でレズ歴1年半
会社の飲み会で酔って、10歳年上の先輩(女です)の部屋に行ったときでした
こたつの台で二人で缶ビールで乾杯して
あれこれ会社の愚痴とか男のこととか・・
先輩ってすごく胸が大きくて、すごくスタイル良くて
すっごい美人というかかわいい
男性社員にも当然モテモテで
独身でいるのが不思議
男性社員の間では誰かの愛人になっているんじゃないかって噂もあった

で、それなりにビール開けて酔っ払って寝ちゃったみたいでした
ふと目が覚めると
服脱がされててブラも取られてパンツだけ、手を後ろで縛られてた
え?って思った
先輩がお風呂から出てくると
「目が覚めた?」って聞くとキスしてきました
「ん・・・・」っていきなりディープ
顔をがっちり押さえられて歯茎まで舐められたの
「ゆいちゃん、かわいいねっ」って
「ちょっと・・やめてくださいよ。女同士ですよ」って言ったのに
「わたし、女の子しか興味無いの」って
そのまま胸を揉まれて乳首つままれて
あそこに先輩の指が

今まで経験にないような刺激があって
指の這わせ方とか、体の舐められ方
男の人と全然違うの
「ここなんてどう?」ってあそこ刺激されて「あっっ」ってなって
「じゃ、こっちはどう?」って「あっっ!!」って感じになって
最後は先輩が持っている何種類ものバイブ
二股バイブ、あそこの奥を刺激するやつ、三つ叉バイブ
根元にボコボコがあって入り口刺激するヤツとか
その使われたバイブの数だけいかされました
「ゆいちゃん、写真と動画とっちゃった」って言われました
「言うこと聞いてくれないと男性社員にながしちゃおっかな」とも言われ
わたしは先輩の言いなりになりました

週末になると先輩の部屋に行って
わたしは先輩の言いなりでした
3ヶ月くらいで部屋に入るなり「脱ぎなさい」と言われて全裸になって
四つん這いになりました
手を後ろで縛られることもあれば四つん這いのまま
後ろから舌やバイブであそこやクリちゃん、お尻を責められて

もちろんお尻の穴も開発されました
いままでお尻の穴なんて触ったことも無かったのに
浣腸されて、バイブを入れられて
3ヶ月で先輩の拳が入る様になってしまいました
もちろんお尻が気持ちよくて一人でいじっていたのもあります
お尻に拳を入れられて、あそこに入れられたバイブを触られるのが
妙に気持ちいいんです

6ヶ月くらいたった日の休みの日に
先輩に誘われてあるお宅にお邪魔しました
家に上がるとわたしは先輩から服を脱ぐように言われて
首輪に四つん這いになって応接室に入りました
応接室では椅子に座ることは許されずに、床に座って
先輩が言うには60代の女性の一人暮らし
旦那さんに先立たれて子供はすでに独立しているお宅
先輩はソファに座ってコーヒーとケーキを
わたしは床にお皿に水とドッグフードをカラカラと入れられて
「全部残さず食べてね」って言われたの
先輩から「わたしから連絡するまで毎週末はここに来て彼女の言うことを聞くように」って言われました
「できなかったら今までのゆいちゃんの調教動画と写真売るからね」とも言われました
そして先輩が帰ってわたしは彼女に責められました

彼女は60代だけどとても60には見えません
30代と言われても納得するような感じ
「あの子をこの道に入れたのはわたしなのよ」って言いながら
わたしの手首を縛りつるすように、柱の梁に縛られて
じっくり身体検査されました

「ふふふ・・これから楽しみね」って
先輩以上の責めでお尻もあそこもすごく気持ちよかったの
そのまま1年経過するの

先輩からは会社で会う程度
まだ戻るようにという連絡がありません・・。
最近は彼女から平日でも朝早く来るようにという事を言われました
なので、平日は早く寝て早起きして
彼女の家に寄って、朝にめちゃくちゃに責めてもらってから
出勤しています

今日も今から行って来ます・・。
9
2017/06/28 20:40:12 (32rKAe7n)
自分が本当は男性より女性の方が好きなのだと気付いたのは中学生の頃でした。
周りの人の恋の話を聞いても今一共感できずに興味も持てませんでした。
でも別のクラスの受け持ちでしたが、ある女の先生がいて、その人に興味を持っていました。
一見地味な人でしたが胸やお尻が大きくて、男子にもからかわれているような人でした。
でも興味はありましたが、別に好きというのとは違う感じがしたので、自分がレズであるともお持つませんでした。
ある日部活の途中でトイレに行きたくなり、一度校舎に戻りトイレに行くと、前をその先生が歩いていてそのままトイレに入っていきました。
私も後に続き隣の個室に入りました。
和式のトイレでしゃがみこむと、隣の個室から勢いよく放たれるオシッコの音がしました。
私は隣の個室側に向いてしゃがんでいたので、仕切りが無ければ、先生の丸出しのお尻が見えることになります。
それを想像すると今まで感じたことのないほど興奮しました。
その頃は既にオナニーは覚えていたので、時々していましたが、この時ほど激しく興奮したことはありませんでした。
やがて先生はトイレを流し出ていきましたが、私はまだ用も足していないのに、そのまま自分の秘所に指を這わせていました。
それから暫くは私がオナニーのときに想像するのは先生のことでした。
先生と裸で抱き合いたい。乳首を、そして濡れたアソコを舐めてみたい。あの勢いのよかったオシッコを顔に掛けられたいとも思いました。
今までは然程でもなかった性欲が一気に吹き出したように想像はエスカレートしていきました。
でも勿論先生とそんな関係になることはなく卒業を迎え高校へと進学しました。
高校時代は自分の性癖を治したいと考え、言い寄ってきた同じ高校の男の先輩と付き合い初めてのセックスも体験しましたが、やはり男性と体を重ねることに嫌悪感を感じ、結局半年程度で別れてしまいました。
以降は男性と付き合うこともなく、また性欲をスポーツで発散させるように部活に取り組んでいたのでしばらくは女性のことも考えなくなりました。
大学も似たようなものでしたが、怪我で部活を辞めざるをえなくなり、再び同性としたいという欲望がぶり返してしまいました。
まだインターネットも無い頃でしたので同じ趣味の方との出会う方法も分からず、ただ独りで同性との変態的な行為を想像しながら慰める日々が続きました。
やがて大学の4回生となり就職も決まり卒業まで残り数ヶ月となった頃、1ヶ月ほど一人で国内を旅に出ました。
就職すればこんなに長い休みを取ることは出来なくなるので、学生時代の最後の思い出として行くことにしました。
両親は心配しましたが言い出せば聞かない性格であることも知っているので、定期的に連絡を入れることで了承してもらいました。
今までアルバイトで貯めたお金がかなりあるとはいえ、1ヶ月を全て旅館やホテルで過ごす訳にはいきません。出来るだけ安い宿を素泊まりで泊まるといった感じで北は北海道から南は沖縄までほとんど全ての県を制覇するつもりでした。
そして某県の温泉郷に泊まったときのことです。
その日も安宿に泊まったのですが、そこでなんと当時中学生の頃憧れた先生と出会ったのです。先生はあの頃の地味な感じより、少し垢抜けた感じで、私のことも覚えてくれていました。
先生はもう教員を辞めたようで、私と同じように次の就職までの間に一人旅をしていました。
あまりの偶然に驚きながらも、再会を祝って二人で食事をすることにしました、
二人でお酒を飲みながら当時のことを話していると、やはりあの時の事が思い出されてきます。
お酒に酔っていたのと偶然に運命を感じていたこともあり、ついあの時の事、あのトイレでの興奮を、そして先生を想像しながら独りで耽っていたことまで打ち明けてしまったのです。
先生は軽蔑することもなく私の話を聞いてくれました。話しているうちに段々と私の秘所が潤ってくるのが分かりました。
先生はもう30半ばの歳になっていましたが、あの頃の色気が更に増していました。
それから店を出ると先生から、宿に戻ってお風呂に入ろうと誘われました。
本当は私から誘おうと考えましたが、こんな話をしたあとですから嫌がられると思って言い出せませんでした。
ですから逆に、いいんですか?と聞いてしまいました。先生は、あの頃より体型崩れてるからショック受けないでねと笑っていました。
宿のお風呂はお世辞にも広いとは言えませんでしたが、一応温泉を引いて露天もありました。
でもその時の私はそんなことより目の前で脱ぎ始める先生の身体に気が行っていました。
一枚一枚服を脱いでいく先生を見ながら、あの時以上の興奮を味わっていました。
先生が全て脱ぎ終えても、その姿に釘付けだった私はまだ服を何も脱いでいませんでした。
先生の裸は想像通り、いや想像以上でした。
確かに肌の張りは若いそれではありませんでしたが、だからこそ余計に卑猥な匂いを放っていました。
先生は、ほらあなたも脱いでと服を脱がせ始めました。
服を一枚ずつ剥ぎ取られ、ショーツだけの格好にされると股の部分がぐっしょりと濡れているのを先生に見咎められました。
それも剥ぎ取られて、これ、お風呂で洗おうねと取られてしまいました。
この時にはもう先生も同じ考えだと気付いていました。
二人で手を繋いで浴室に入ると掛け湯もせずに抱き合い唇を重ねました。
溢れ出した欲望を突きつけるように舌を絡めあい互いの手は胸や秘所をまさぐりあいます。
先生のアソコも私と同じくらい濡れていました。
立ったままいかせ合い、ようやく浴槽に浸かりました。
そこでも体は先生から離せずにいました。
先生もなんですか?と聞くと頷き、再び舌を絡めあいます。
お互いの気持ちが重なりあい、そこからは二人とも欲望の権化のように欲望をぶつけ合いました。
あの頃想像したほとんど全てのことをしました。勿論先生のオシッコも顔にかけてもらい、飲み込み、そして私も先生に同じことをしました。
部屋に戻っても尽きない欲望をぶつけ合い、疲れて眠りについたのは夜も明け始めたころでした。
翌日からは勿論先生と一緒に行動しました。そして旅を終えるまで先生とセックスし続けました。
そこからはもう先生が居なくては生きていけない体になり、それは先生も同じようでした。
それから20年一緒に暮らしました。
でも幸せな時間は永遠には続きません。それは私でなくても生きている人は皆同じです。
昨年先生は旅立たれました。でも私も先生も他の人よりきっと濃密な時間を過ごせたと思っています。

10
1 2 3 4 5 6 7 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕