ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

レズビアン体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 ... 200
2016/12/12 20:00:07 (ROtv0uvE)
誰にも話したこともバレたこともありませんが、実は結婚して子供が出来た今も友達とのエッチな関係が続いています。
その友達(仮名ですが「美樹」としておきますね)とは高校からの付き合いです。
元々凄く仲が良くて高校の頃はほとんど毎日彼女と一緒にいました。
卒業後は私が大学、彼女は専門学校と進路は別れましたが、それでもよく会っていました。
でもやはり進路が違えば新たな友達が出来たりして、中々以前のように毎日一緒という訳にはいかなくなりました。
私が会いたい日に彼女に予定があったり、その逆もあったり。
別に恋人同士でもないのに、互いにそれが不満になりました。
ある日彼女の部屋でその話になり、私が会えない不満を口にすると、彼女は「会えない日が出てくるのは仕方ないよ。でもその分会ったときはもっと仲良くしようよ。」と言ってくれました。
凄く嬉しかったのですが一つ疑問があり、それを口にしました。
「もっと仲良くってどういうこと?」
そう聞くと「う〜ん、じゃあ恋人みたいにキスでもしてみる?」と言いました。
驚きましたが元々彼女とは買い物の時に手を繋いだりしている仲だったので、ちょっと彼女に顔を向けると唇にチュッとしてくれました。
それからは会うたびにキスしてくれるようになりましたが、それ以上のことはなかったし求めませんでした。
それから互いに恋人が出来て、会う回数はもっと減りましたが、やっぱり会うときはキスもしていました。
あれは多分私が大学3年位の頃だったと思います。
彼女の両親が旅行でいない日に彼女の部屋に泊まりにいきました。
その頃には二人ともお酒の味も覚えていたので、彼女の部屋でお酒を飲んでいました。
酔ってくると互いに恋人の話から、恋人とのセックスの話にまで及びました。
私は彼女が恋人に好きなようにされていることに軽く嫉妬心を覚えていて、彼女もまた同じだったようです。
口火を切ったのは彼女の方でした。
「なんか洋子の身体を彼氏が見てると思うと少し悔しい。」と言いだしました。
酔っていたのと、昔からそうしたかったのと半々だったと思いますが、私は「じゃあ、美樹にも見せようか?」と冗談混じりに言いました。
「全部だよ。全部見せてくれる?」と言う彼女に対して頷き「でも私だって同じ気持ちなんだから、お互い見せようよ。」と言うと彼女もそれに了承しました。
これまでも一緒に旅行したりして彼女の裸を見たことは何度となくありましたし、彼女にも意識的でないにせよ裸を見せていた訳ですが、それでもお風呂場でもない所で裸を見せるのは恥ずかしくて中々脱げませんでした。
先に脱いだのは彼女の方で、目の前で服を脱ぎ下着まで脱いで素っ裸になりました。
私もそれに続くように服を脱ぎ全裸になりました。
「なんか恥ずかしいね」と言いながらも、実はずっと夢見てきたことでした。
あまりにも興奮してアソコも濡れていたと思いますし、何より乳首が自分でも驚くほど固く勃っていました。
彼女に「ねっ、見せて。」と言われても濡れているのが恥ずかしくて中々足を広げることができません。
「ほら、約束だよ。次は私が見せるから。」そう言うと彼女は強い力で足を開きました。
そして私の股の間に顔を突っ込んで間近で見てきました。
「あっ…すごいよ。何か垂れてる…。」恥ずかしくて顔を真っ赤にして足を閉じようとしましたが、彼女が押さえつけて閉じることが出来ません。
「なんか美味しそうだよ。」そう言うと彼女は私の割れ目を舌でなぞってきました。
舌先がクリトリスに達したときに、私は今まで感じたことがないほど激しく感じてしまい、身体をビクビクと痙攣させてしまいました。
今まで彼氏とのセックスでもこんなに感じたことはなく、むしろ自分が不感症ではないかと悩んだこともある位なのに、彼女にされたらこんなにも感じてしまうなんてビックリでした。
多分これが本当の意味で初めて知ったエクスタシーだったと思います。
それから今度は彼女のを見せてもらいました。
彼女もやっぱり凄く濡れていて、それを見ていたら、いてもたってもいられなくなって、夢中で彼女のアソコに口を付けて舌を使っていました。
そこからは恋人同士のように抱き合い、深いキスをして互いの唾液を絡め合い、また互いの陰部を貪りあいました。
その日は体力が尽きる朝方まで、何度も絶頂を迎えました。
朝、二人とも裸で起きたときは少し恥ずかしかったけど、大好きな彼女と普通じゃ考えられないほど深く仲良しになれた喜びの方が大きかったように思います。
それからは会う度というほどではありませんが、身体の関係は続きました。
勿論互いに男性との付き合いは普通に継続しつつ、時々男性とでは味わえない快感を求めて身体を重ねました。
今は彼女も私も結婚して子供もいますが、特に私は出産後に旦那との性交渉もなくなったので、彼女に性的な充足を求めています。
会うのは2〜3ヶ月に一度程度ですが、彼女も私から会いたいと言うと「またエッチなことしてほしくなったの?」と意地悪を言いつつ、何度も絶頂に導いてくれます。
そんな関係なので最近は彼女との主従関係も出来てしまい、彼女のエッチな命令に従うM女のようになってきました。
11
2016/12/11 02:19:11 (BV8vUW/x)
私と娘は娘が19歳になるまで同室で寝ていました。
夫が単身赴任の為、娘が小さな頃から一緒に寝ていたのです。

娘が12歳くらいの時だと思います。
夜、私は寝ていたのですが、胸を触られる感覚を覚えて目を覚ましました。その時、娘が私を胸を触っていたのです。甘えたいのかな?と思ったので私は寝たふりをしました。
毎日ではなく時々このような事がありました。
その度に私は寝たふりを続けていたのです。このような行為が数年間続き、ある時娘は私の胸を触るだけではなく、乳首を口に含み舐めたり吸ったりしてきたのです。ずっと寝たふりを続けてきたので今更怒るワケにもいかず、私は寝たふりを続けました。

行為は段々エスカレートして、私の乳首を口に含みながら娘は私のショーツの中に手を入れるようにもなりました。
私は寝たふりを続けながらも感じてしまい、娘の指を愛液で濡らしていました。そしてまた行為はエスカレートしショーツを横にずらし私のクリトリスを舐め始めました。

ある日69のような姿勢になった時、私は思い切って娘のクリトリスを触ってみました。娘の体は一瞬ビクッとなりましたが、娘のクリトリスは愛液でいっぱいに…。そして私も娘のクリトリスを口含み、大人のクンニをしてあげました。

ずっと寝たふりを続けてきた私に娘は「ママごめんね。でもしたかったの。ママが私に触ってくれて嬉しい」と、言いました。
この時娘は16歳くらいだったと思います。

私は娘に「お返しをしてあげるね」と言い、娘の唇にキスをし、胸を優しく揉みながら乳首を口に含み、吸い、舐め、娘のクリトリスも指で愛撫し愛液でいっぱいになったらクンニをする、など、娘を感じさせてあげました。

本当ならこんな事をしてはいけないのに…

娘は私の愛撫で何度も何度も気持ちいい、と言っていました。
懐かしい昔の出来事です。


そんな娘も現在は結婚し家庭を築いています。
近距離に住んでいるので時々我が家へ来ては「ママしようか?」とお互いの肌を合わせています。
娘は28歳、私は53歳になりました。


12
2016/11/23 17:44:53 (OmzZsifJ)
今朝も東横線祐天寺駅にお集まりいただいた皆さん、
ありがとうございました。休日早朝とはいえ、人も
いくらかいる車内で信じられない恰好にさせられて
後藤、喜んでましたよ。

三十路をすぎても変態がとまらず、前の出版社もクビ
になったくせに今もキャミなしで透けたまま会社に行
って私からの外線電話に濡らしている後藤におしおき
です。

調教プレイチャットの002chでチャットさせてます。
りこって名前で入ってるみたいだから、本名の後藤さんっ
て呼んでやってね。晒されて喜ぶ露出マゾびあんだから、
きっと喜ぶよ。五本木ではかなり有名な変態露出マゾび
あんです。同性のいうことは何でも正直に答えるよう命
じてあるから女性歓迎です。質問責めにしてあげてね。

この掲示板は後藤には内緒ですよ。
13
削除依頼
2016/11/19 19:49:07 (TmYngt4Q)
ここで皆さんの初体験について読ませたいただいていたら、私も誰かに読んでほしくなりました。

香織さんという女性との思い出です。

私は今は都会に住むアラサーですが、元々は人口数万の山あいの街で生まれ育ちました。
その街で、両親は小さな会社を営んでいました。
決して酷い扱いを受けたわけではないのですが、親の愛情はもっぱら私の兄に向けられていました。

家の中で、いなくてもよい存在として扱われたいた私は、学校でもうまく溶け込むことができず、孤独な存在でした。

そんな私の身に変化が起きました。
今はもっと酷いでしょうが、当時の地方は深刻な不況で、父親の会社は経営困難に陥っていました。
いよいよ廃業も視野に入れ始めた頃、都内の同業者から提携の話が持ち上がりました。
詳しくは後で知ったのですが、その会社も決して大企業というわけではなく、10数年前の先代の頃は下町の小さな工場だったそうです。
先代の娘である現社長が、亡き母に代わり大学生としての学業の傍ら、父親を支え経営に携わり始めた頃から急成長を遂げ、数年前にはその娘が新たな社長となっていました。
当時もまだそこまで大きな会社ではないものの、業界内では注目される存在だったそうです。
前置きが長くなりましたが、その現社長こそが香織さんでした。

提携に関する話し合いの中で、香織さんは「この機会に娘であるゆきさん(私)を自分の養子に貰いたい」という話を両親に持ちかけてきました。
当時30台半ばに差し掛かったばかりの香織さんでしたが、結婚の予定はなく、他に兄弟もいないので、ぜひこの機会にという話でした。
しかし、後になって知ったのですが、決して提携のついでの話などではなく、地元で行われた家族同伴の同業者内でのパーティーで私を見かけた香織さんが、最初から私を目的に持ちかけた話だったのです。

突然の申し出に両親も驚いたようですが、結局は先方の要求を飲むことに。
元々兄ばかりが可愛がられていましたが、そんな中での両親の絵に描いたような申し訳なさそうな態度に嫌な気分だったのを思い出します。
「やっぱり自分はいらない子だったんだ」と落ち込んだり、養子になったら、アニメやドラマで見るような酷い扱いが待ち受けているんじゃないかと暗い気分になっていました。

しかし、初めての都会での暮らしは予想と全く異なるものでした。
高層マンションの中にある香織さんの家には、大きな私の自室が用意されていて、そのクローゼットは、普段着からよそ行きの服まで、可愛らしい洋服で埋め尽くされてました。
兄のお下がりや量販店で買ったような服しか着たことのない私でも、それらが高価なものだと一目で分かりました。
「ゆきちゃんがうちに来てくれるって決まったら、ついつい出かけるたびに買っちゃうの」
「やっぱり、ゆきちゃんは可愛いね」
香織さんの態度もこっちが萎縮してしまうほど優しいものでしたが、それは、新しい親としての愛情でも、よそから迎えた人間に対するもてなしの心でもなく、それ以上の何かがあると、まだ何も知らない私もうっすらと感じていました。

おしゃれな家具で埋め尽くされた広い私の私室には、ベッドがありませんでした。
家の中にベッドは、香織さんの寝室にある大きいベッドが一つだけ。
最初の夜から、私は香織さんと同じベットで並んで寝ました。
数日経った頃から、起きてる時も寝てる時も、スキンシップの延長のように、香織さんは私の体に触れて来るようになりました。やがて、それは日に日にエスカレートしていきました。
不思議に思われるかもしれませんが、嫌だったり怖い気分にはなりませんでした。そんな風に誰かから大事にされたり、求められたのは生まれて初めてだったから、むしろ嬉しかったのを覚えています。
香織さんの一緒に暮らして、二ヶ月経ったある夜、戯れるように初めての口づけをされてからもそれは変わりませんでした。
ふざけるような態度でしたが、香織さんの手は震えていて、暗闇の中の顔も紅潮していたように記憶しています。

性器に触れるような本当のセックスをしたのは半年ほどたったある夜。
もうすでにお互いの体に触れ合うのが当たり前のことになっていましたが、それでも、そこまでをするのには、香織さんも意を決する必要があったのでしょう
まるで恐る恐る花を扱うような、優しい指使い、舌使いでした。
そしてやはり、私は少しもそれを拒むような気分にはなりませんでした。

まだまだ性についての知識が乏しかったからかもしれません。
周りの同級生たちは、セックスやエッチという言葉はなんとなく知っていても、ほとんどは、まだ異性と付き合ったことも、手を繋いだこともないような、そんな年頃です。
結局、早いうちからの香織さんとの関係が影響したのか、それとも私自身が最初からそうだったのか、アラサーの今に至るまで、男性に興味を持ったことはありません。

香織さんとの行為はさらにエスカレートしていき、それはもう、血は繋がらないとはいえ、親と娘との関係ではありませんでした。
行為を重ねるたびに、私も彼女を求めるようになっていきました。
そして私もいつしか、彼女を、ぎこちない「お母さん」ではなく、「香織さん」「香織」と名で呼ぶようになっていきました。

この後のことも描きたかったのですが、前置きが長すぎたせいで長文になってしまいました。
今回はこのあたりで。読んでいただいた方、ありがとうございます。
14
2016/11/15 13:30:29 (AfaF72cv)
私は後天的なレズだと思います。初めての相手は私が小学校5年の時に5歳上の従姉。けっこう恐いイメージの人だったけど、他の人が留守中に裸になるように命令され、服を着たままの従姉からおもちゃみたいに弄りまわされました。それで少しMの要素を覚えてしまったみたいです。2回目は中学3年の時に学習塾の先生から。私だけでなく、同じ年のゆりなと二人で個別指導をするからと先生の自宅に連れていってもらっての事です。裸になるように命令した口調はとても恐かった。ゆりなは泣き出したくらい。それでも二人とも裸になって先生から愛撫というより調教じみた変態行為をされました。高校に入っても継続的に関係させられ、私とゆりなが東京の大学に入学することでやっと先生との関係が 切れました。私もゆりなも今は結婚して子供もいて、いまだに会うこともありますが先生とは連絡がつきません。
15
1 2 3 4 5 6 7 8 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕