ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

調教体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
2018/08/25 20:18:23 (WHNJvLE7)
そう、お隣のご主人の事で頭がいっぱい。
次は何が起こるの?何をさせられるの?

そして今日も
ベランダに出たら直ぐにご主人出てきて
『奥さん 明日昼から時間空けて下さい』『はい』
ご主人の誘いを待ってたみゆ
『1時に駅の近くの××で』
『チョットミニのワンピでね』『下着はつけてきてね』
『あー明日楽しみだ!』

みゆ、もう興奮で濡れてきてるの

当日『どこ行くんですか?』『内緒だよ』
ご主人の車に乗って30分位、駐車場に車
『映画館?』『そうHな映画』
平日昼間でそんなにお客さん居ないけど、男性ばかり
視線が痛い!でも、2人位女性も

一番後ろの角にご主人、その横にみゆ
映画始まるとワンピの胸ボタン外し、ブラの上からおっぱいを
片方の手ワンピの裾から大腿部、パンティを
画面では女性の喘ぎ声、みゆも声が
『奥さん いっぱい感じていいんだよ映画館で』
『下着の上から弄るご主人』
目にはHな画面、身体にご主人手で感じるみゆ

あ!見られてる『前の人たちこちら見てるよ』『恥ずかしい』
ご主人耳元で『そう奥さん見られてますよ』
『この映画館カップルは覗かれるの暗黙の了解なんだよ』
『絶対嫌がる事はしないよ』『ルール守らない男はみんなに追い出される』
『女性だけの場合は、脱がされたり、触られたり、でも女性が断れば絶対しないよ』
『いっぱい見せつけようね』『彼ら見ながらオナニーもするよ』
『必ずゴム着けてね 館内が汚れるからこれもルール』
あー前席でこちら向いて3人の男性が・・・
26
削除依頼
2018/08/25 19:49:51 (X.NaH/C6)
最近、SM倶楽部の隠れ家の居心地が良くて、プレイをするでもなく何かと入り浸ってたら、向こうは冗談半分で言ったのかもですけど、「もう、いっその事ここに住んじゃう?(笑)」って言われて、今の派遣先にも近いしいいかもって思わず飛びついちゃったら、隠れ家の掃除や管理等をする代わりに、家賃や光熱費もタダで住まわせて貰える事に♪ (#^ー°)v

但し、他のメンバーもプレイや寛ぎに来るので、殆どプライベートがなくなるけれど…。(^-^;) 実質、SM倶楽部の奴隷兼ペット扱い?(笑)


そんなこんなで、今居る所の契約が切れるまでに、少しずつ引っ越しの荷物を纏めて行けばいいかって頑張ってたら、今年赤ちゃんが産まれたばかりの友達から珍しくお茶に誘われて行くと、育児やお姑さんとの愚痴やらと相談事を聞かされたり、ちょっと育児ノイローゼ気味に陥ってたのでカラオケに誘って、私が代わりに赤ちゃんの面倒を見てる間に、思いっきり歌ってスッキリして貰って来ました!(旦那さんがいい人でも、お姑さんとかが口煩いと色々と大変みたいですねぇ〜。 私は当分、結婚とかはいいかも…)

で、途中で赤ちゃんがぐずって友達が授乳をする時に、ポロンって簡単におっぱいを出してる姿を見て、今までマタニティーなんかの服は碌に見たりしてなかったけど、思わず此れだ!!って友達に授乳服の事を聞いたり、どんな構造になってるのかって見せて貰っちゃいましたw

友達と別れた後、そのままの足で授乳服を見に行って、案外簡単な構造で自分で作れそうだったけど、見本にワンピースの授乳服を買って駅のトイレでNBNPの上に着替えてから、駅ホームの自販機の影に隠れながら胸元の布をたくし上げて、向かいのビルに向かっておっぱいをポロリしたり、人でぎゅうぎゅうな満員電車の暫く開かない側のドアの隅に立って、隣の人に気付かれない様にこっそりと胸元の布をたくし上げて出した片乳を、電車のドアの窓に押し付ける様に露出しながら帰って来ました。( 〃▽〃) これ、結構いいかも♪

すぐ隣に居る人にバレるかもって緊張感と、通り過ぎる窓の外の人達に見られてるかもってドキドキ感が堪らなく興奮しましたw(実際、踏み切り待ちをしてた何人かと一瞬目が合った様な気がする度に、お腹の奥がキュンって軽くイっちゃってました!)

この本来なら露出しちゃ行けない場所でする背徳感とスリルは、いつもとはまた違った感じで堪らないですねぇ〜♪
27
削除依頼
2018/08/25 19:25:46 (ujTgxpYC)
はじめて書くので、おかしな点などあるかと思いますが
小話程度に読んでいただければと思います

一気に読めるように、まとめて投稿します


 話は6〜7年ほど前に遡りますが、当時は20代後半で住宅設備の設置やメンテナンスをする会社に勤めており、いろいろと部署のある中、ガスの定期点検や修理などの委託を請け負う部署に配属されていて、日々与えられる定期点検と修理に従事していました。
要は技術営業です。
たしか訪問件数のノルマがあったので、当時は月に200軒ほど回っていたと記憶しています

読んでる人の中に、ガスの点検員って訪問先の奥さまとイイ関係になることなんてあるの?
と疑問に思う人もいると思いますが、普通にあります
20〜30代で、人当たりがよく、仕事もそこそこ熟せて、不潔感がなければ、相手から寄ってきます!
仕事っぷりや人柄を評価されて、とても気に入られることもあれば、それが発展して仕事外でお逢いする機会が、なんてことも珍しくない職場環境でした

今回はそういった中で、後に搾精器となる、当時24歳のA子との話をしてみようと思います


 季節はちょうど初夏で、彼女の家は生活に余裕のない人が多く住んでいる地域にある平屋の戸建てでした。戸建てと言えば響きは良いですが、断熱材入ってるの?というような安普請な木造平屋です

彼女とはじめて顔を合わせたのは、ガスの法定点検でした
第一印象はふっくらした印象の色白で、もっさりしたゴワつきのある黒髪の、目の細いすこし根暗な感じのちょいブスちゃんという感じです

ただ、挨拶と同時に目に飛び込んできたのは
「デカッ!!」
と思わず心が叫んでしまったほどTシャツの下から強調された胸と、その後ろのゴミの山でした

挨拶もほどほどにまず外の点検からはじめましたが、作業をしながら頭から離れないのはデブの巨乳よりゴミの方です
汚部屋に平気で住んでいる時点で人間性を疑ってしまうので、どんな女性でも地雷にしか見えません

外の点検が終わり覚悟を決め室内に上がると、部屋は物であふれているけど単に物が多いというだけで、食べ物系のゴミだったり刺激臭を発しそうなゴミが無かったことに救われました
目に付くのは、週刊誌やマンガの山とダンボール、アニメグッズに使い古された衣類の詰まったビニール袋など、汚染度の低いゴミが大半を占めていました

「部屋が汚くてごめんなさい」と顔を少し赤くしていましたが
「(ムダなことは言わず、)気にしないでください!」とだけ答え、室内の点検を済ませている最中にも、無意識に横目で胸元をチェックしている自分がいました

 点検も終わって、完了確認のサインも頂いて、最後に困っていることがないか通例の確認をすると、エアコンが全て壊れているとのこと。。。
これから夏本番を迎えるのに、クーラー無しは死に直結するので取替をすすめるも、やはりお金がネックになっているみたいで、二の足を踏んでいました

結果的に、会社の倉庫で長期在庫になっていた一度取り付けた行き場の無いエアコンが一台あり、それを格安で取り付けることになりました

ただ、会社の工事部も馴染みの電気屋さんも夏は予定がパンパンとのことで、自分で取り替える意外に選択肢がありません

そこで、会社には、エアコンの取り付け先は友人宅ということにして、お金が無いから取替は休日に自分で施工していいか?の許可を取る。→ 社長は不良在庫が片づくなら何でもOK
自分は休日に半給1万円のお小遣いをGET
A子は格安&最短でエアコンのある快適生活に

ということで、Win-Win-Winが成立しました

相談の結果、その週末に早速作業することになり、作業当日の天気予報は、最高気温30℃以上の真夏日で外作業する人には地獄みたいな予報だったので、朝8時から作業に取りかかりましたが、取替が終わる頃には熱中症寸前でした

作業の合間、A子は私の作業をジーッとひたすら見つめていましたが、30分もすると観察されながら作業することに限界が来て、どうせだったら作業の間に一緒に部屋の掃除でもしない?と提案したところ
「掃除のやり方が分かりません」
と地雷発言が飛び出してきたので、処分したい週刊マンガや新聞、ダンボールなどを、ヒモでまとめて玄関の外に積み上げるよう指示してみました

それと、この頃からすこしづつ身の上話をしてくれるようになっていて

・家庭内の事情でずっと母方のお祖母ちゃんと二人暮らしだったこと
・そのお祖母ちゃんは数年前に亡くなったこと、
・家はお祖母ちゃんの親戚が家主だから格安で住める代わりに設備は自分持ちなこと
・ゴミの収集はお祖母ちゃんの趣味で、片付けると怒られたから片付け方を知らないこと
・アニメの絵描きになりたくて専門学校に通おうとしていた矢先、お祖母ちゃんが倒れて介護が必要になり、学校へは行けず介護中に自分は鬱病になってしまったこと
・今は保護を受けながら生活しつつ、ネットで依頼されたアニメの絵をお小遣いにして生計を建てていること
・年は24歳、年齢=彼氏いない歴

などを話してくれたと思います

地雷女というより、社会に出る前にその芽を摘まれ、何も知れず経験もできず身体だけ見事に成長してしまった真っ白な女の子という感じが近いかもしれないです


汗だくになって取替作業が終わった頃、彼女も鼻に汗の玉を作りながら、ひたすら片付けに没頭していました

進捗を確認してみると、玄関と台所はだいぶ片付いたみたいで、外には山がいくつも出来ていましたが、リビングと個室(計3部屋)が残っているので、終わりはまだまだ

ただ、教えればちゃんと出来るみたいでほっとしたのを覚えています

「作業終わったよー、休憩入れながら、確認よろしく」
と声を掛けると、A子は汗だくでへばっていましたw

ただよく見ると、着ていたワンピースが汗で身体にペタペタへばり付いて、身体のラインがはっきり目視できる状態でした

そのときになって初めて、お腹に肉がない!という驚愕の事実を知ることになります!!
今まで体型の分かりにくい服を着ていたから気付かなかったけど、よく熟れたメロンが2つありました

このとき、彼女に対する目線が完全に変わったのを覚えていますw


クーラーの効いたリビングに入ると、涼しい空気に包まれた彼女は初めて笑顔を見せて、ハイタッチを求められるほどテンションが上がっていました!

これであとは代金を頂いて作業は完了ですが、もちろんこのまま帰る気なんて毛頭もありません!!

話し合った結果、休憩がてら早めの昼食の食べて、午後は掃除を手伝うよ?と提案すると、快諾してくれました

100均で掃除道具を一通り揃えて、コンビニで買ったそばを一緒に啜り、この頃には呼び名も「ガス屋さん」から「お兄さん」に変わって、冗談もはさみつつ良い会話のキャッチボールができるようになっていました

後半戦は私が古紙をまとめて、A子にはカビだらけの風呂場とトイレ、台所の掃除方法を教え、徹底的に汚れを落とすよう命じます!

結局、一段落つくまでに夕方近くまでかかったけど、水回りはこれでもか!というほど綺麗にさせたし、リビングも床がしっかり見えるようになって、外の古紙の山は馴染みの廃品業者に引き取ってもらうことになりました

完璧にはまだほど遠いけど、一日でここまでやれば十分でしょ!
というところまでやることができたので、満足です

ただ、二人ともあきらかに汗臭かったから、帰る前にシャワーだけ借りられないかお願いすると、すぐ脱衣所へ通されました
「一緒に入る?」
と冗談交じりに聞くと、目が泳ぎまくって顔を真っ赤にさせていました

そんな会話を楽しみながら、シャワーを浴びていると、背中から「ガチャッ!」と戸の開く音がして、振り向くととそこにはバスタオルを巻いたA子が
「背中流す」と立っていました

急に展開スピードが早くなって不意打ちを受けたけど、かなりウエルカムな展開です!

ここで欲を出して、ボディーソープを泡立てて素手で優しく洗って欲しいと注文を出すと、言われた通りに首から肩、背中と、撫でるように洗われるのが気持ちよくて、愚息もガチガチ!
手の平のプニプニした肌触りなのも相まって、洗い心地は天国でした!

後ろが終わり「前もお願いしていい?」という言葉に返答がなかったので、無言の了承とばかりにイスの上で身体を180度回転させました。
目を伏せたA子でしたが、一度目に入ってしまってからは、視線を外せなくなったのかしばらく凝視していました。
「見るのは初めて?」
「A: 勃ってるは初めて」

おもむろに手を伸ばして触ろうとするのを止めて
「そこは最後」と優しく諭すと、首から足の先まで手抜きなく洗ってくれました。
初めこそぎこちない手つきだったけれど、触られて気持ちいいところは
「そこ、すごく気持ちいい。触り方すごく上手」 
と合いの手を入れながら最後に到着です

手でシャンプーをよく泡立たせて、根元→袋→竿→頭と順番にやさしく丁寧にマッサージさせると、頭に到達するころには快感の反射で身体がビクッと激しくねじれるような、強烈な反応に襲われました
やっぱり、いきなり敏感なところを刺激されるより、周りから責められる方が感度が上がります

ガチガチに充血して張ったカリを、上下から手の平で優しく包んでなでるように動かされると、頭の中は真っ白になりつい声を発してしまうほどです

極めつけは、手の平でお団子を作るように、上下・左右から頭を挟んでコロコロと転がされると、快感に逆らえずイスからずり落ちてしまいました

これだけで逝かさそうだったので、攻守交代です

恥ずかしいみたいで少し戸惑っていましたが、バスタオルと下着を剥ぐとビックリ!
ロケットおっぱいに、ピンク色の先端が上を向いてツンツンしていました!
ネットで存在の噂は目にしていたけど、実際に見るのは初めて

そして何よりその大きさ!
サイズを聞くとHeavenのHカップ!
で、やっぱりお腹にはそれほどお肉があるわけではないから、身体の比率が最高にエロいことになっています!

そんな都市伝説のような200点満点のおっぱいが現れて、単純でバカな私は簡単に舞い上がってしまいました!
先汁ビンビンもいいところです。男の人って何でこんなにおっぱい大好きな人多いですかね?w

反撃を開始して驚いたのが、私も敏感肌ですが、彼女は超敏感肌だったことです。
首から背中をひと撫すれば、甘い声を出して身体をクネクネさせ、全身どこを洗ってもその状態です

おっぱい以外の上半身を洗い終わる頃には、足はガクガクだし身体は自力で支えられないので、私の内股を両脇に挟んで、何とか支えられています

そこからおっぱいに突入すると本物のヘブンが待っていました。
下から持ち上げると、ものすごい重量感!!肉質もプルップル・ふわふわなのにしっかり反発があって、質感も超上級!!
触れば触るほど、もっと触っていたくなる魔力みたいなモノがあります!!

洗うというより、指先が触れるか触れないかくらいのタッチで首上から胸部全体をゆっくりなで回し、乳首に到達すると声を我慢しきれなくなり、泣きわめく様な声が浴室中に響き渡りしました

乳首を弄り始めて数分で
「もうダメ、ダメ!」
と首を横に振るので、両乳首を指で高速で弾くと、身体を反らしながら簡単に逝ってしまいます
「乳首だけで逝っちゃうなんて、エッチなんだね。本当は初めてじゃないでしょ?」
「A:男の人に身体触られるの初めてです」
「本当に? オナニーはどの位の頻度でするの?」
「A: ………、1日に2回か3回します…」
「そんなに!?ドスケベじゃん!ww まだ足りないだろうから、後でもっと気持ちよくしてあげる」

下半身に移って、足の指の間までしっかり洗っている間も、逝って敏感になった身体からは甘い声が絶えません。
最後に残った茂みは、泡をたっぷり使って洗って終了です。
え?もう終わり?みたいな顔をしていましたが、泡まみれの指を挿れると良くないので、お湯でよく洗い流してから、風呂を出ました

まだ完全に拭ききれていないままの身体でリビングの3人掛けソファーに移動して、タオルを敷いて彼女を寝かせてから、まずは洗っているときに反応のよかった、腰とお尻を舌を柔らかくしてゆっくりと移動させると、A子は暴れるように感じはじめました

特にお尻の穴は
「ダメダメダメダメダメダメ!!!!」
と猛烈に感じるようで、転げ回る身体を押さえ込んで続行すると、唾液と膣液が混ざった染みをタオルに作っていました

仰向けにさせて股を開かせると、陰毛までベトベトです
茂みをかき分けてクリに吸い付くと、良い声でまた鳴き始めて、皮の上からトントン舌を当てると、それに合わせて身体が同じリズムを打ちます

皮を剥いてみると、そこには小さなかわいいクリが顔をのぞかせました
もしや?と思って
「普段、どんなオナニーしてるの?」
と聞くとハアハア言いながら
「A: 指とかで…中をいじるの」
「とか、ってどういうこと?指以外にも何か挿れるの?」
「A: おもちゃ…とか?」
「どんなおもちゃか出して」というとソファーの下の手を入れて、小さな巾着袋を手渡してきました

中を開けると、細身のスティックタイプのモノや10cmにも満たない小ぶりなディルドがある中、平均サイズの私のモノとほぼ同じサイズのディルドが入っていました
「これを挿れてるの?」
「A: 大きいから全部は入らないけど」
「それじゃあ処女なのに、処女膜がないんだ!w どれが一番好き?」
「A: 最近は大きいのしか使ってない槌」

どうやら彼女はクリよりナカ派みたいなので、舌先を下の穴に向けると、待ってました!と言わんばかりの甘い声で鳴いてくれるので、こっちも攻め甲斐があります!

ドロドロの入り口付近を一通り舐めまわしてから、中指を第一関節→第二関節→第三関節と順番に挿れながら刺激する箇所を移動させると、声のボリュームも段々と上がり
「自分の指と全然違う〜」
と喜んでくれていましたが、最後は話しかけても息をするのがやっとで、返答もおぼつかない程、良い感じっぷりに仕上がりました!!

そこで薬指も加えた2本の指で同じことをくりかえしつつ、クリに吸い付いて舐め回すと
「イグ〜!イグ〜!!ハァァ〜〜!!!!」
と身体を丸めながら、激しく痙攣がはじまりました。

ここまで反応が良いと、責める方もやりがいがありますw
これは決して私にスキルがあるとかではなく、単純にA子が敏感過ぎるだけですww

そろそろ挿入の頃合いかな?
と考えているときに、ゴムを持参していないことに気付きました。。。
そもそも、このタイミングでゴムを持っていたら怪しまれる可能性もあったけど、裏目に出てしまいました

深い余韻から戻ってきた彼女に
「ごめん、ゴム持ってないんだけど有るかな?」
と聞くと
「A: 持ってない…けど、お薬飲んでて、生理来てない」
「ピル飲んでるの?」
「A: 心のお薬飲んでる」
どうやらお祖母ちゃんが亡くなってから、薬の影響もあって、生理が止まっているとのこと

「病気も持ってないし、このまま挿れるよ?」
それ以外の選択肢が考えられないので、正常位で愚息を入り口に擦りつけ始めると、彼女も好きにしてと言わんばかりに目をつむりました

普段よりも大きく太くなったモノを、A子の液でベトベトにして入り口にあてがうも、全然入りません
かなり緊張していたみたいで、そういうところだけは処女らしい一面でしたw

先端が入っても痛がることはなかったけれど、締め付けがかなり強かったので、ゆっくりと奥に押し進みます
ようやく全てを飲み込むと、A子を覆い被さる様に抱えて、押し付けるように奥へと振動を与えていくと、彼女は何も思考ができないただ快感に反応するだけの人形のようになってしまいました
話かけてもほぼ反応はないけど、乳首を舐めると声が出る人形です!


ふと冷静になって上から眺めても、すさまじい破壊力のあるおっぱいです。
おもむろに両手で鷲づかみすると、手が離れてくれませんww ずっと揉んでいられるし、揉んでいたいと思う魔力が詰まっています!
そのまま谷間に顔を押しつけ両腕でパフパフしていると、身体の内側が猛烈に熱くなり、自分でもびっくりするほど興奮がわき上がってきました

おっぱいでこんなに興奮する自分がいることを知りませんでした…

根元まで入った愚息をコツコツ奥に押し当てていると、大して動いてもいないのに射精感が込み上げてきて、それはすぐ我慢できないものへとなりました

谷間から顔を上げて、今度は覆い被さるように抱きしめると、A子の手と脚が私の身体をホールドしてきて、密着度の一番高い体勢になります

自分の興奮も限界に達しつつあったので、我慢していた強めのピストンを奥に打ち付けると、下の口からはグチャグチャやらしい音を響かせ白目を剥きながら逝きましたが、ここで腰が止まるわけがありません!

逝ったことでさらに圧の高くなった穴の中を、叫ぶ彼女を無視して無心に突きます
ひとしきり突いて限界に達すると、密着度の高い体勢のまま彼女の一番奥に激しく射精しました

ドクドクと精子が注がれるたび、脳内麻薬が大量に分泌されているのを自分でもはっきり感じる、最高に気持ちの良い一発でした!

頭の中が真っ白で何も考えられず、勃ったままの愚息を奥に押しつけて余韻を楽しんでいると、A子がうわ言を発しながら、時間差で連続逝き

射精後の敏感になった愚息が、ふいに強い圧力に包まれたことで、脳のキャパをオーバーした暴力的な快感が襲ってきました

逃げようにも大好きホールドされてて動けないし、処理しきれない快感が頭の中で行き場をなくしてぶつかり合い、火花を散らしているみたいです

膣の収縮がもうすこし長ければ、危うく潮を吹かされたところだったけど、身体の力が急に抜けてその場から身動き取れなくなり、何も考えられなくなりました

……腕の中でガサゴソする気配に目を覚ますと、A子の意識が少しずつ戻してきているようでした
どの位の時間その体勢だったのか分からないけど、萎れた愚息は彼女の中に入ったままで、栓のように入り口を塞いでいます

「重かったね!すぐ退くよ」
と起きようとする身体を抱き寄せて
「A: もうちょっとこのままがイイ」
と甘えてきます
「気持ちよかった?」
「A: とっても槌」
なんてピロトークを交わしながら、達成感と満足感に浸りつつおっぱいを揉んだり舐めたりして遊んでいると、愚息が彼女の中で復活してそのまま二回戦がはじまりました。

ただ、二回戦と言ってもはじめの余韻が残る中で、朝からの重労働後の抜かずの二発となるとこっちも体力の限界で、ただひたすら腰を動かし続ける、セックスというより交尾してる感覚ですw

強弱を付けたりストロークを変えたりリズムを変えたりする余裕なんてなくて、両手でおっぱいを揉みながら愚息を根元まで押し付けて、ただひたすら鬼のように腰を振り続けて、逝くまで止まることはありませんでした

一旦切ります
28

お婿はつらいよ

投稿者:婿殿 ◆ddzQTLdXns
削除依頼
2018/08/24 21:39:51 (zhWjYykK)
次男坊の私は、望まれて婿に入りました。
一人娘の妻の実家は母子家庭で、私が跡取りになりました。
妻は清楚な和風美人、義母もかなりの美熟女、そんなハーレムのような家庭に婿入りした私の実態は、妻と義母の性奴隷です。

特に、妻が妊娠中は、義母の専属奴隷でした。
「チンチン出して、扱いて射精してみて・・・」
お淑やかな美熟女からは想像もつかない命令口調です。
陰茎を露出して数回扱くと、美しい義母に見られているという興奮であっという間に勃起します。
「まあ、すぐにおっきくしていやらしい。ほら、ここにお出しなさい。」
紙コップを陰茎の前に差し出され、私は義母に凝視されながら紙コップに射精しました。
「今度は私が扱いてあげるわね・・・」
一度射精しているのに、美しい義母に扱かれてギンギンになります。
イキそうになると焦らされ、切ない声が出てしまいます。
「イカせてください・・・」
「いいわよ、じゃあ、ここにお出しなさい。」
義母はスカートとパンティを脱いで、濡れそぼった膣口を拡げました。
亡くなった義父が愛用していたその膣口に、私は陰茎を挿しこんで腰を振ります。
義母の膣に包まれて、僅か1分で大量に射精してしまいました。
「あら、早いのね・・・じゃあ、きっちり締めてもう一度・・・」
義母は、陰茎と陰嚢を締め付ける樹脂製の三連リングを私の陰茎に装着して扱きました。
血流を止められて強制的に勃起していく私の陰茎に跨って、腰をグラインドさせて、三度目の射精をさせられました。
「ご馳走様・・・」
やっと解放された私は、寝室で今度は身重の妻に陰茎を検査され、勃起しない陰茎に、
「お母さんで射精したでしょ。お仕置きよ。四つん這いになりなさい・・・」
清楚な美人がエネマグラを持って不敵に笑い、私の肛門に挿し込んだエネマグラで前立腺を責めます。
三度も射精した陰茎が、少しずつ勃起してきて、フル勃起にならない状態でダラダラと精液を垂れ流しました。
手コキされることなく、前立腺を責められて射精するという恥ずかしい姿を妻が眺めて、満足そうに布団に入りました。
私は、妻の寝息を背中に聞きながら、床に垂れ流した精液を掃除するのです。
こうして私は、変態マゾ婿として、亡き義父の跡を継ぐのです。
29
2018/08/23 18:40:47 (.lWdMw9T)
マンション5階ベランダで洗濯物を干してた時
お隣との境板の隙間から少しお隣の部屋の中が
お隣のご主人がソファーに座ってテレビを見てる感じ
???ご主人、下着が無い!あー弄ってる

みゆ、動けなくなりその場に立ち尽くしてると
ご主人と目が合っちゃって!
固まったご主人!固まったみゆ!

ご主人、そのままの姿で窓の近くに
おもむろに窓を開き、境板の隙間の前
『変な姿見せてごめんね!』
『家内居ないのでAV見ながら一人で・・・』
みゆ『あーいえ、見ちゃってごめんなさい』
そして部屋へ入ろうとした時
『奥さん 嫌じゃ無かったら見ててくれないですか?』

どこかに主人以外の男性の物、オナニーに興味が有ったんだと思います。
『あーはい、嫌じゃ無いです』そう返事したみゆ

『あー有難うございます。嬉しいな!』
そう言ってご主人、その場にしゃがみ、境板の隙間から私に見えるよう
オナニー始めちゃったんです。

結婚してから主人以外男性の物見るのは初めての私
もう心臓が弾けそうなぐらいドキドキ興奮しちゃって
頭の中が真っ白!目が点でお隣のご主人物を
あー凄く大きく、硬そう
『奥さん 見られてると凄く気持ちいいです』
『こんなオナニー初めてです』
『ほら先っぽからお汁がいっぱい出てるでしょ』

『あーはい』そう答えてご主人の顔見ると凄く気持ちいい顔してる

『奥さん お願いがあります』『はい、なんですか?』
『おっぱい おっぱい 少し見せて頂けませんか?』

ご主人のこんな姿見ちゃってるみゆ、自然に
『あーはい』そう答え、タンクトップ上げ、
ブラも上にずらし、おっぱいを

『あー奥さん 奥さん 凄くいい おっぱい綺麗です』
『もうもう出そう!』『奥さん 隙間から片手出して下さい』

『あーはい』少し前に行き隙間から出した手
ご主人も前に寄りみゆの手を取り、ご主人の物を握らされ
その手の上からご主人の手で上下に動かしてる。

『奥さん 奥さん 凄く感じます』『もっと早く動かして下さい』
言われるままご主人の物を握り早く動かしてるみゆ
もうその手の上にご主人の手は無く、みゆの手だけで

『あー奥さん もうもう出ちゃいます』
そう言われみゆ、一層早く動かしてたら

『あ、あ、出る』瞬間ご主人の物、そうチンポから勢い良く射精!
ピクピク動いてるチンポ!
みゆのおっぱいまで届いた精子!

『奥さん 気持ちよかったです。最高です。こんなの初めてです』
『実は前から奥さんの事に興味あったんです』
『時々ベランダで干し物する姿拝見してオナしてました』
『凄く嬉しい有難う。二人の秘密にしましょうね』

『はい、秘密にお願いします』
タンクトップ下し『部屋戻りますね』そう伝え部屋に

おっぱい、お腹に飛び散った精子!
みゆ、ご主人のチンポ触った手で弄りお腹に塗ってる。
まださっきの余韻に酔ってるかな!

許してね!旦那様

30
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕