ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

調教体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
2018/06/15 17:12:31 (U62pGAO4)
「花と蛇」でおなじみの団鬼六のフアンが集まった同好会に入っています。
妖艶な美女をヒロインにして小説の一説を芝居形式で辱める、
そんな目的で作られた同好会で既に30年ほどなります。
残念ながら目的の美女が現れず時々水商売の女性に金で口説いて
出演して貰うのが精一杯の状況でした。

メンバーも還暦を迎え現在は形だけの10人。幸い、経済的に
余裕があるので若い美女は何とか調達出来ますが未だに
満足の出来る芝居にはなりません。

最近は私はsmのサイトを良く見ることが多くなりましたが
特に素人の女性がチャットで調教されているのに興味を持っていました。

2年程前からチャットで良く見かけるある女性に注目しだしました。
そしてその女性のメアドをあるサイトで頂戴し、メールで
お付き合いしだしたのです。


団鬼六の小説を読むよう薦めると次第に彼女もその世界に惹かれ始め
このチャンスを逃してはと必死に口説き会員のある精神科医の
診察を受けさせたのです。


医師と私、そして静子、3人だけの診察が始まりました。
遠山静子、40歳、、5年前に離婚、子供なし、自宅で生け花教室で生計を立てる。

チャットで彼女は相手の男にメアドを教え男の注文に答え
裸の写真を顔付きで送っていた。
そしてその男によると相当の美人らしい。

待ち合わせ場所で初めて静子を見た時、その美しさは想像以上であった。
団鬼六の短編小説の中にも被虐趣味の美女が加虐趣味の
精神科医の元を訪れるシーンがあるので恐らく
彼女もことの成り行きに期待しているはずだ。

時間をかけ静子を医師は静子を催眠状態に落としていく。
「別れたご主人とのことを話してくれますか?」
「若気の至りだったと思いますわ。学生時代にお坊ちゃまで
背も高く男前の彼が好きになって24歳で結婚。
彼はまだ子供をいらないと言ってました。まだ遊びたかったんでしょうね、

28歳の時に彼のお父様の会社が倒産しましたの。
はじめは心配しなくてもお前一人位食べさせて行けるって
調子の言いこと言ってましたけど、やっぱり、そんな行動力の
ある人ではありませんでした。

私の親の援助で垣根と庭の付いた家を買って貰い生け花のお教室を
その頃から始めまたのはその頃です。
親も生け花教室していていずれ継ぐ予定でしたわ。

肩身の狭い思いをしたのか彼の夜遊び、そして女遊びも始まりました。
私が貯めていた貯金も持ち出し始めもしましたの。
彼の事を愛していましたし何とか立ち直って貰いたいと
私も努力しました。

彼を怒らせないようある日、肩身の狭い思いをさせてすまない
土下座して詫びると彼は私を裸にしました。
そしてもう一度土下座しろと

彼が喜んでくれるならって思い私は従いました。
そのままお尻を掲げるようにも言われ、従いました。
後ろに回った彼に今まで見られたことのない部分まで覗かれ
情けない気分になりましたがじっと耐えましたの。」


「その部分を見られあなたは感じましたか?」
「いいえ、恥ずかしいだけでしたわ。。。。でも
その部分を見られ彼に征服されたようなあるいは彼に服従しているような
そんな気分になったように思います。」

それがあなたのもって生まれた被虐心に火を付けたのですね。」
「そうかもしれませんわ。始めは素手で私のお尻を打ってましたが
その内スリッパでも、その度に私はごめんなさいって
何度も謝りました。」

「それで彼の加虐趣味に火が?その時性交渉はありましたか?」
「いいえ、ございませんでした。多分外で浮気してたので
でもその時私が求めると彼は私の恥ずかしく濡れだしたその部分に指を
掬い取った後、お尻に塗りそこに入れて来たのです。」

「アナルセックスですね、感じましたか?
「いいえ、驚きと痛さだけ。体の疼きは止めらることは
出来ません。でも身も心も征服された気がしました。
そして彼の要求を受け入れ続けたのです。

ある夜いつものように裸で玄関にお尻を掲げ彼を待っていました。
扉が開き彼の愛撫を待っていたのですが触れない彼に
じれた私が振り返ると水商売らしき女の人と一緒に
大笑いで私を貶したんです。それが彼と別れた原因です。
5年前のことですわ。」


つづく






21
2018/06/14 15:42:33 (4Rv2riv6)
JSの女王様が欲しい。
この、へんたいおじさんの上に股がって、おしっこ掛けてもらいたい!出来ればパンティー履いたままお漏らしして、おじさんの顔の上にべちょべちょおしっこを垂らして欲しい。そのおしっこを飲んでシコシコしたいです。
蒸れた足裏で顔やチンコを踏んでもらいたい。
「足の指舐めろ!」とか「おしっこ飲んでる〜汚い!」とか「気持ち悪いね〜」とか言われたいです。
足の指の間も、おしっこで汚れたマンコもキレイにナメナメしたいです。
22
2018/06/10 17:49:17 (1ptY.p5P)
10年ほど前のことです。
私は関西のあるsmクラブに入会していました。

プレイとは別にsmラウンジの店も経営していて親の残してくれた
財産で裕福に暮らしているわたしはその店でも上客でした。

ショーも開催していますがm女はパンティは脱ぎません。
それでも時折ハプニング、たとえばお客さんが絶世のm女を
連れてくるとかあって度々店に行っていました。

その夜は単独の男の客が私を含めて4人くらいいました。
「12時回ったら、1万円で特別ショーするけど見ていきや。
店のママからささやかれました。

県名を出すとその女性の身元がバレル恐れがあるので明かせませんが
とりあえず近畿地方ではありません。

この店まで数時間かかりそうな地方から仕事のストレス発散のため
もうじきこの店にくるそうなんです。キャリアウーマンらしいです。

どんなショーになるのか大いに期待を持ちました。
若いころから道楽をしていた私は当時、既に50歳を回っていました。

プレイもイメプレが主体でそういう女性を辱めるプレイが主体でした。
その女性が店に入って来た時は正直言って失望しました。

化粧もそれほどしてませんでしたしビジネススーツを着ていませんでした。
それはいつもスーツ姿の極上の美女しか妄想していた私のでいでもありました。

あとで知ったんですがその時、彼女は35歳でした。
失望したといっても私の理想が大きすぎただけでまあ、顔もスタイルも
人並ではありました。それと緊張のせいで少し暗く見えたのも
原典要素になったようです。

それでも素人のキャリアウーマンの浣腸ショーとか見れるかもしれないと
期待していましたがありませんでした。

残念ながら私も酒が廻っていたのかいつ、彼女が裸になったのか
よく覚えてません。

記憶に残っているのは拘束用の椅子に乗せられバイブで滅ばれていたことと
私も含め、4,5人の男性器を順番に口に加えさせられていたことだけです。

少しがっかりした初めて彼女との対面でした。
しかし、普段、風俗の女とばかり接触していた私にとって
素人の彼女は新鮮でした。

激務を終え、一人暮らしのアパートに帰り、男に嬲られるのを夢想しながら
自ら慰めるエリート女。そんな光景が頭から離れませんでした。
翌週、、その店に行くと彼女の話題も出ました。

なんとあの夜の翌日、尻のほうは紐状で前の大事な部分だけ
辛うじて隠すことができる極小のパンツ一枚で長時間店で
晒されていつぉうです。そして鞭一回100円という字の書いた
プラカードを首からぶら下げていたそうです。
何人もの客に叩かれて「パンツ、びちょびちょ、」と
女の子が言っていました。そして「きれいな人」とも」
女の子が言ったので益々私の興味は募りました。

ママに頼んでも彼女の詳細は教えてくれません。
2,3か月くらい経ったころでしょうか。ママから日曜日に
秘密ショーの連絡がありました。
時々10人ほどの客を集めて日曜日に開催してるようですが
今回は大掛かりなショーで、あの女も来ることを教えられました。

実は彼女も前回は初めてということで緊張して遠慮してしまい
思い通りの発散が出来なかったそうです。

ママが聞き出したところ男に奉仕したり鞭でたたかれるより
羞恥攻めにあいたいとのことです。

私のぴったりのプレイですしママもそのことは良く知ってました。
「xxさんの好み入れたげるわ。」

そしてその日がきました。
ほとんど面識のない人ばかりで随分マニアックな集まりでした。

10分ほど遅れて彼女がママに案内され私のテーブルに来ました。
やっぱり緊張しているようでしたが上手に化粧したのか以前より
美人に見えました。私の命令は守ってきたようです。
スーツも着てきました。
「どんな、羞恥攻めが好みなんですか、」
アルコールも勧めながら気持ちをリラックスさせ話を持ち出しました。
返事はありませんでした。

「今日のプレイ、気にいらなかったらトイレで出してきてもええねんで、」
小声で囁きます。真っ赤になってやはり返事はありません。

「せっかく、遠いところから来たんやから今日は自分の願望みんな
さらけだして楽しまんと、またストレスたまるで、」

肩に手をまわしてやさしく囁きました。
「どや、出来るか、」私にしな垂れながらオーケーしたようです。

ステージでは私の好みでないm男のパフォーマンスが始まってます。
ママがテーブルに近づいてきました。

ママと話している隙に隣のテーブルの男が彼女にチョッカイを出してきました。
どこかの社長らしく水商売風の10代にも見えるギャルを同じテーブルに
侍らせて「姉ちゃん、マゾか」
興味深々です。
少女たちも興味深々に騒ぎ始めました。

「こっち来て挨拶せんかい。」
マゾと決めつけえらそうに言います。
「彼女も招待された、客ですよ、」
そう言いかけたところでママが止めました。

「さあ、早くお客さんに挨拶しな、この変態女。」
突然の大声に全員の視線がテーブルに集まったようです。
「「今日はわざわざお前の恥ずかしい恰好を見るために集まってくださったんだよ。
早く挨拶しな、」

まあ、官能小説ではありませんので長くなりそうな話
簡潔にすすめます。

その男の命令で素っ裸になった彼女は私の命令通り剃毛していました。
そして3日前に最後のうんちを済ませた後、そこを拭うことを禁止し
今日まで小便の後始末をしないように命令しました。
そして入浴の禁止も。
じつは私は匂いフェチでして。

白いパンティにはべっとり尿と便と恥垢がこびりついていました。
もちろん彼女のそれらの部分にも。
もちろん私がその匂いを堪能したのはいうまでもありません。

それともう一つの命令は自然排便です。
プレイではいつも女に浣腸してましたが殆ど浣腸液だけ放出され
本物のそのシーンは見たことがありませんでした。

はじめに恥ずかしかったらトイレに行ってもいいよ、って言いましたが
彼女はこの命令が気にいったようでした。

2つの穴も責められ尻のほうには便もついていて恥ずかしがってましたが
実際はそいう恥も喜んでいたように見えます。

何人かの男のもに口で奉仕させられた後、私のテーブルに落ち着いてくれました。
シャワールームは無いのでそのまま裸でした。
アルコールを勧め時折愛撫しながら知りたいことを
彼女に聞きました。
職業とどんなストレス、どんな妄想してオナニーしているとか。

言い忘れましたが了解されないと思ってましたが例の男や少女たちは
スマホで撮影しだしたので私もちゃっかり撮らせて頂きました。

実はママもうっかりしていたそうです。
顔も映っていてどこかに投稿でもされたら心配でしたが
「この写真で脅迫されて奴隷にされるのってどう思う?」
「職場に知れ渡ってみんなの奴隷とか、、、。」


いろいろ話すと酔いもまわったのか目が虚ろになりこちらの返事に
答えはじめました。

少女たちに揶揄われるとその部分が濡れてくるのがよくわかりました。
「こんなのが好きなんや、」

そして私は彼女が私立大学の昇進したばかりの准教授、
教授と一部の問題ある学生たちに困っているということを
聞き出しました。

私の最も好みのパターンです。この年になると自分がプレイするより
小説など活字で興奮したりショーを見るように他人のプレイを
客観的に見るほうが興奮しやすくなったようです。

その時から私はどうしてもこの女性が教授や学生に
例えばこのパーティーで観客の前で大便している写真が
彼の手元に入るとかそういう妄想にとりつかれてしまいました。

そして私はそれを実行できないものかと考え、悩んだ末
実行する以外ないと決断してしまいました。

長い前ぶりになってしまいました。
一旦、休憩します。



23
2018/06/10 15:22:27 (FYA.pv9D)
もう少し話を続けさせてください。

一度目の浣腸を受けた数日後、私は先輩に対して自分の性癖を正直に打ち明けました。当時はLINE も無かったので、携帯メールだったと思います。

女性に優しく厳しく浣腸されたい事。
浣腸されて苦しむ姿をみられたい事。
バイブやアナル栓をして欲しい事。
等々…。

それから先輩は私の希望を受け入れてくださり、会う度に浣腸をして下さいました。

通販でナース服まで購入してくれて、診察風に浣腸して下さった事もあります。感激でした。
ベッドでお尻を突きだし、浣腸を注入されたままバイブを挿入され、先輩の全身を奉仕する…最高のご褒美です。

時には、お風呂で何本も浣腸され、先輩のオナニーを見ながら排泄をしたことも。

シャワーをしていないのに、私のアナルの奥まで舌で綺麗に舐めて下さる事もありました。
女性の舌がアナルの奥で動く感触、堪らず声をあげ、許しを乞いました。

もちろん私も先輩のアナル大切な部分にも、奉仕します。
舌や唇でねっとりと舐め、先輩の上ずる声を聞くと…また浣腸されたくなります。

そんな関係も2年程続いたでしょうか。
お互い仕事の都合もあり余り会う事も出来ず、いつしか遠退いてしまいました。

最後に私から「会いたい」と送った時には返信なく、やはりこのような行為には辟易されたんでしょうね。

今でも、先輩から浣腸されてる事を想像して自分の手でします。
いつかまたこのような女性が現れのでしょうか。
と、妄想する日々です。
24
2018/06/10 14:50:04 (FYA.pv9D)
もう、10年程昔の出来事。

新入社員の頃、同じ職場で勤務した2歳上の先輩がいました。
国体出場経験もあるその先輩は、体育会系の素敵なボディの持ち主。
私は、秘かに憧れを抱いていました。

出会った時点で既に既婚だった先輩、私もその後結婚し、年賀状のやり取りくらいで何事もなく時間は過ぎていきました。

同じ会社に勤務していた関係で、時折顔は合わせます。
更にある時、その先輩から、社内専用メールでお手紙を頂いたような記憶があります。
そこには…
「毎年家族の年賀状が届くけど、拝見するのが少し辛い」と言う主旨の事が書かれていました。
先輩は、私の事を好意的に思ってくれていた?驚きました。
何故なら私はそれ以上に先輩が好きでしたから。

それがきっかけで、私から会いたいと返信し、その日に先輩と結ばれました。
ここまでは、ごくごく普通の話。

私には、女性に浣腸されたい、アナル栓をされて我慢させられたい、排泄をみられたい…と言う、恥ずかしい性癖がありました。
誰にも言えず、打ち明けられず、時折独りで妄想しながら、浣腸をする日々。

何度か先輩と関係を持つうちに、この先輩なら打ち明けられる…と思うようになりました。

そしてある時、私はバックにイチジク浣腸を忍ばせ先輩と会いました。
ホテルに入り、ベッドに腰かけていつも通りの抱擁。
その時に勇気を出して、先輩に打ち明けました。とても顔を見れない程の緊張…。
「して欲しい事が…」
「何?」
「先輩に浣腸されたい」
「え?…」
「どこにあるの?」
「バックに…」

先輩は黙って私のバックを開け、「これして欲しいの?」と。
私は、自ら全裸になり、本当に恥ずかしい事ですが、ベッドに四つん這いになって、お尻を突きだし、自らの手でお尻を開きました。
「浣腸してください」
初めて告白した瞬間でした。

少し戸惑いながらも、先輩は私のアナルに浣腸を注入。そして私は夢中で先輩の大切な部分を舐め、排泄を懇願しました。

先輩は私の手を引いてトイレに。
やがて限界が訪れ、私は先輩の胸に顔を埋めながら震える思いで排泄。

先輩は、嫌な顔ひとつせず、私のアナルを拭いて、更にシャワーでアナルの中まで洗ってくれました。

これが1回目の出来事です。
25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕