ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

調教体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 ... 200

知らない人に達と

投稿者:ゆき ◆yNlw8TzHjk
削除依頼
2018/10/31 15:23:35 (yOaPxWBW)
輪姦レイプごっこの話です。


私が唯一信頼している大学の先輩に、相手を用意して貰いました。


少しグレードの高いホテルを用意して、私は先にシャワーを浴びて、先輩に目隠しをされて待機。


男性達が入ってきて、シャワーを浴びてる間は、裸でドキドキしながら、待機。

最初は優しく、クンニされながら、フェラ。
そこから、そこから挿入、顔の見えない相手に興奮しました。


中出しされると、構わず次のひとが挿入。
3回くらい中出しされた後、お尻でも中出し。

途中から2週目に入ったのか、精液やら、ローションやらがついたチンポをフェラしたりしながら、何度も犯されました。



今朝終わる頃には、私の股間は、ドブみたいな臭いになっていて、今も不意に立ち上がろうとしたりすりと、穴から、垂れてきて、しみます。
11
2018/10/28 15:49:39 (fQGjLmTJ)
金曜日の仕事が終わり食事を済ませたあと
ネットで知り合った方に誘われて
駅横のホテルに向かう
指定された部屋を訪ねると
かなり広めのツインルーム
すでに10人くらいの男性がくつろいでいる

男性に促され服を脱ぐ
ブラを外し下着一枚になり窓際に立たされる

後ろを向け
足を広げろ
自分で乳房を揉んでみろ
言われるがままに従う

男性が近づき
両手を後ろでつかまれると
もう片方の手でわたしたの乳房をひねりあげる

痛みをこらえ
口をつぐんでいると
乳房から乳首へと変わり
親指と人差し指で力任せに乳首を捻り潰す

耐えきれずに
あぁ〜と漏らしてしまう

男性はわたしの喘ぎを楽しむかのように
乳首をひねりあげ引っ張って楽しむ

すると回りで見ていた数人が近づき
わたしの身体を弄ぶ

乳首を口に含み吸い出す人
わたしの口に舌を入れディープキスをする人
下着の横から指を入れクリをつまみ人
アナルに指を入れる人

明るい部屋の中で立たされたまま弄ばれる

身体中が唾液にまみれると
ベッドに押し倒される

男性が馬乗りになりわたしの乳房を叩く
乳房が赤みを帯び乳首は腫れ
痛みが大きくなってくる

もうダメ〜
やめて〜

口からそんな言葉がでたころには
わたしのアソコは下着の上からわかるほど
ビショ濡れでシーツを汚してしまう

下着を剥ぎ取られると
ビショ濡れのアソコに一気に挿入される

乳房をつかまれ

感じてみろ
乳首を立てろ

と罵られながら犯される

悲鳴が喘ぎに変わり
イイ〜
たまらない〜
壊して〜

ヨガリ声をあげてしまう

部屋中にいた男性達が全員ベッドにあがり
わたしの口にねじこみ
乳首を吸って噛み
裏返しにされアナルに無理矢理挿入される

全員がわたしの身体のどこかの中に精液を注ぐ

窓の外が明るくなるまで繰り返され
太陽が昇ると数人が部屋から出て行く

しばらく過ぎると
違う男性達が部屋に入ってくると
服脱ぎわたしの乳首に噛み付く

グチャグチャ
ネチャネチャと卑猥な音だけが響く

窓の外が暗くなり
男性達がセックスに飽きると
精液まみれのわたしの身体が縄掛けされる
口には猿轡をかまされる

縄で絞り出された
叩かれて揉まれ噛まれた乳房は真っ赤になり
乳首はドス黒く変色し肥大化している

仰向けに寝かされ
大きな剣山を乳輪を覆い尽くすように置かれる

左右に置かれた剣山を踏まれると
わたしの目から涙が溢れて出す

勃起した乳首は剣山に埋め込まれ
鮮血が溢れ出す

剣山を外されると乳房に無数の穴があき
血が流れだす

そんな乳首に吸引器で吸い出されると
吸引器が献血の注射器のようになる

自分の身体に起こっている現実に失神しそうになる

吸引器を剥がされると
血塗れの肥大乳首を摘まれ
安全ピンやマチ針、縫針、注射針と
それぞれの男性が持ってきたあらゆり針を
乳首に貫通され飾られる

これだけの人数がいると
もうやめたほうが良いと言う人がいなくなる

せっかく乳首マゾ美鈴と出会ったのだから
今までできなかったような乳首拷問を
するチャンスだと思うようである

わたしもその覚悟を決めて
この部屋に来ているのだから
抗うことはしない

ただ激痛に自然と涙が吹き出してしまう

針だらけにされた乳首乳輪に
醤油やタバスコをまぶされると
焼け付くような激痛に悶え苦しむ

そんなわたしの姿に興奮したのか
腰を持ち上げ挿入し
セックスをはじめる人が現れると

泣き叫ぶわたしを次々と犯す

針を外され
蝋燭で焼かれ
鞭で叩かれ
乳首に拷問をされながら
興奮した男性に犯され続け
二度目の夜明けを迎えた

ベッドのシーツは汗と精液とわたしの噴き出した潮
乳房にまぶされた調味料とわたしの血液で汚れてる

わたしは縄掛けされたまま
動くことも出来ない

乳房はドス黒く変色し
乳首は変形し乳輪と乳首の違いがわからない
身体中の穴からは精液が溢れ出ている

もう
こんな身体の肉体を犯したい人はいないと思う

金曜日の夜からはじまった複数プレイ
今回は日曜日の午前中には修理しました








12
2018/10/21 08:00:23 (BsHGT7L7)
主様、昨日も奴隷を調教して頂いてありがとうございました。
ご一緒させて頂いた皆様も、私の身体をたくさん鑑賞して頂き、ありがとうございました。

掘りごたつの中からおま×こに悪戯されたことを思い出して、午前の会議で、会議室のテーブルの下に誰かいるんじゃないかと想像してしまい、頬が熱くなってしまいました。



昨日は、都内某歓楽街の居酒屋で、みなさまに奴隷の恥ずかしい姿を鑑賞して頂きました。

主様から「会社から出たらすぐに下着を取るように」と言いつけられていましたので、会社の最寄駅のトイレで下着を脱ぎ、ガーターストッキングに履き替えました。
決まりごとのように主様にその姿を写真で送るのですが、今朝ヘアを小さく整えてきたので、見られたくない部分がはっきりと写真に写ってしまいました。
化粧を整えてホームに立つと、秋になって風が冷たいせいか、自分が下着をつけていないことを夏のときよりも意識させられます。

運悪く、電車の両隣の席も前も男性で、それだけでも居心地が悪いなぁと思っていると、もう主様の悪戯が始まっていました。
以前に主様が撮った、私の恥ずかしい画像がLINEで突然送られてくるのです。
いやらしい顔で男性器を咥えている写真や、全裸で開脚させられてる写真が携帯に映し出されるたびに、脈が急に速くなるのを感じます。
周りの男性は全員素知らぬ顔で自分のスマホを見ていますが、本当はこっそり覗き見していて、私が変態女だということが全部知られてしまったかもしれません。
それでも携帯を伏せることは許されず、じっと動かずに駅に着くのを待ちました。

駅について主様と落ち合い、お店のエレベーターの中で主様にワンピースの中をチェックして頂きました。電車の中で濡らしたことも知られてしまいましたが、すけべな格好を褒めて頂いて、お店の中に入りました。



掘りごたつの個室があるお店は、会社の飲み会なんかでも使うような、普通の個室居酒屋です。
個室の入り口のふすまは、一部が細長いガラスになっていて、私の席から店員さんや他のお客さんが通るのが分かるのですが、廊下からも見ようと思えばこちらの様子が見えてしまう、そういう席でした。
こんな場所で何をさせられるのか想像がつかず、他の男性が到着する前に身体がこわばっていくのを感じました。

みなさまが席に着くと、主様から「みなさまにご挨拶するように」と命じられました。
主様に教わった通り、立って自分でスカートをめくり上げ、単男様お一人お一人にご挨拶し、おま×この味見をしていただきました。
指で掬い上げたものを口に入れてにやにやとした表情をこちらに向けられると、今日は私はみなさまの奴隷としてそこに居させられるんだと、自分の立場を自覚させられ、泣き出したい気持ちになります。

主様がスマホを単男様に渡しました。多分、私が男性に口奉仕をしている動画が再生されているものです。食事を進めながら、全員の手に回されていきました。
私の肩のすぐ横にスマホを並べられ、私の顔と見比べるように交互に見られました。
服はまだ着ているのに、その場で服を脱がされているような恥ずかしさを感じて思わず目を伏せてしまいます。
小さな音量で再生されている自分の喘ぎ声が聞こえると、平気な顔をするのは難しくて、ごまかすのに少しお酒の手が早くなりました。

単男様のお一人が、プレゼントがあると言います。
ピンク色のレースでできたワンピースでした。

当然のように、その場で着替えるように命じられました。
早くしないと店員さんが来ちゃうよ、と急かされ、その場で服とブラジャーを自分の手ですべて脱ぎました。私以外の誰もが服を着ている場所で一人で裸にさせられるのは、本当に惨めで恥ずかしく、まさに奴隷の扱いです。
頂いたワンピースを身につけると、レースがピッタリと身体のラインに張り付き、肌はすべて透け、裸でいるよりも恥ずかしい格好にされてしまいました。
その場で立ってみなさまに前も後ろも見て頂きました。
こんな格好ではお手洗いに立つこともできず、この個室に私だけ閉じ込められてしまったようになりました。

脚をM字に広げて座らされ、おま×こは全員から丸見えです。
もっと近くで見えるようにと、主様が男性を掘りごたつの中に促しました。携帯のバックライトで照らされて、おま×こを指で広げられ、近くでじっくりと見られ、匂いを嗅がれ…自分でも恥ずかしいくらいに濡らして匂わせているのが分かります。
指でくちゅくちゅといじられると、思わず腰を動かして指を自分から咥えこんでしまいました。

店員さんが料理やお酒を運んでくる時だけ、羽織っているカーディガンで胸を隠すのを許して頂くのですが、掘りごたつの中でおま×こに鼻先を突っ込まれている状態で店員さんと普通に接するのは難しく、何かおかしいと思われていたかもしれません。

コース料理がおおむね運ばれて、店員さんが来なくなると、全員から辱めを受ける時間がしばらく続きました。
いやらしく尖った乳首を弄ばれ、おま×こをいじめられ、恥ずかしくてうつむいてしまうのですが、顔を上げて表情を見せるように何度も命じられ、いく時の顔も見られてしまいました。

座席を汚さないようにと、男性の1人がタオルハンカチを貸してくださったのですが、オナニーを命じられると、その上で潮を吹いていってしまいました。
居酒屋の個室でオナニーなんて、命令されたら何でもする恥ずかしい奴隷だと主様に恥をかかせてしまったかもしれません。
それでも、お酒の力で少しは大胆になっているのでしょうか、脚を広げ、みなさまの視線に身体を預けていくと、この状態をたのしんでいる自分にも気づくのです。

男性に手首をギュッと押さえつけられ、感じるところをあちこちから触られ、主様の手で視界を塞がれてしまうと、どうすることもできずにただ痛みと快感に耐えるしかありません。
いま店員さんも一緒に見ているんじゃないか、他のお客が隙間から覗いてるんじゃないかと想像が膨らみ、余計に濡らし、声をこらえながら何回もいってしまいました。



奴隷の恥ずかしい汁が染み込んだタオルハンカチやピンクのワンピースは、その場でみなさまに匂いを嗅がれ、、、その後それぞれお持ち帰り頂きました。
持って帰った方がどんなふうに使っているのか分かりませんが、オナニーに使われてしまってることを想像すると、なんだか変な気持ちになってしまいます。

今まで主様に受けてきた調教の中で、もっと難しいことはたくさんさせられたはずなのですが、今回のただ見られて匂いを嗅がれるだけの調教でこんなに濡らすようになってしまった自分が信じられません。

でも、主様によろこんで頂ける身体にどんどん変わっていくのが嬉しくて、もっと受け入れられる身体になりたくて、調教が終わったあとなのに、早く次の調教を受けたくてたまらなくなっています。
また私の身体で遊んでください。

調教ありがとうございました。
13
2018/10/20 22:11:23 (C0hI5oIA)
優しいご主人様に可愛がってもらっています。

初めて首輪をつけて頂いたのは今年の夏くらいでしょうか、、、。
ナンネも今年知りました。
はずかしい格好でアダルトショップへ行ったり、
ハダカでお散歩したり、成人映画館で露出したり、
恥ずかしいことが自分の快感であることを教わりました。

ご主人様からニップルクリップを頂き、
乳首が感じることもわかりました。

はじめて口枷も付けて頂き
よだれが垂れてしまう恥ずかしさと
言葉の不自由さにまた感じてしまいました。

これからもいろんな辱めを受けると思うと、
それだけで濡れてしまいます。

オナニー禁止なので、
早くご主人さまに可愛がってもらえる日が
待ち遠しいです

まだこちらの世界未経験ですが、
ご主人様が私が他人棒で感じているところを
見たいというので
今後の目標にしたいと思います。

ご主人様は奥様も彼女もセフレもいらっしゃり
嫉妬する心もありますが、
ずっとおそばに置いて可愛がってもらえるように。。。

ご主人様愛しています。


14

ハプニング

投稿者:みき ◆0B3kO9yvJw  bdsm5433
削除依頼
2018/10/14 20:55:59 (m.ODZk1g)
ある日の深夜、飼い主とアダルトショップへ行った時の事。

その日の奴隷の格好は、
下着が紺色のブラとTバック、
黒ストッキングに黒エナメルハイヒール、
網タイツと同じ素材でできたホルターネックのミニワンピ。

その上に黒の革ジャケットを羽織り、
たまたま持っていた、白地にグレーのゼブラ柄のストールを、パレオの様に腰に巻いた状態で、飼い主とお店に入りました。


店内を見て回ってしばらくすると、ナンネットで知り合い、何度かプレイさせて頂いた事のある単独さんとバッタリ!

あまりの偶然に皆驚きながらも、飼い主から、
「せっかくだしどっか行く?」
とのお言葉が。

お買い物もそこそこに、急きょ場所を移してプレイする事になりました。


飼い主が見ている前で、単独さんにご奉仕させて頂き、単独さんは手マンと、奴隷が持っていた巨大ディルドを激しく出し入れしてくださり、便器も使ってくださいました。


私とプレイしてくださった事がある方はご存知かと思いますが、プレイの時に飼い主が立ち会う事はまずなく、ほとんど奴隷1人です。

その為、たまに飼い主が立ち会ってくださる時は緊張と興奮と恥ずかしさでいっぱいになります。


もちろん飼い主にもご奉仕させて頂き、最後は単独さんのものを咥えながら、便器を使ってくださいました。


思いがけない展開に驚きましたが、とても楽しい夜になりました。

ご一緒してくださった単独さんに感謝感謝です。


15
1 2 3 4 5 6 7 8 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットID PREMIUM 初回300円のお得なキャンペーン!【70%OFF】