ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

ノンケとの体験告白 RSS icon
※口説き落としてノンケ食いしちゃった同性愛者の体験談

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2
削除依頼
2019/05/20 14:04:41 (gHLdzIHQ)
昨日、以前こちらに書き込みが有った池袋の北口の地下に有る成人映画館に初!行きました。
最初は映画を観てたらサラリーマンの方が隣に座りジワジワと脚を触ってきて自分は既に映画を観てた為、勃起してしまい、ズボンのファスナーから肉棒を取り出してもらいゴム付で手こきやフェラで気持ちよく射精できました。1回目の射精から時間をあけて2回目もゴム付で射精出来て気持ちよかったです。自分は一切相手には何もしなかったけどそれでも良いみたいで風俗に行くのならこちらで済ますのが良いのではと思いました。癖になる気持ち良さが最高です。エキチカの北口の成人映画館最高な体験でした。
1

ノンケな親友

投稿者:(無名) ◆5uuuy/T11.
削除依頼
2019/05/09 10:55:51 (rH8mqYL5)
ノンケの親友をついに落としました!
Tは昔柔道で鍛えた筋肉に、脂肪が乗ったガチムチで、胸毛がやらしいヤツ。
顔はさっぱりの一重の醤油顔で、さわやかな笑顔が柴犬みたいで、こっちの人にウケそうな感じです。
出会いは3年前、不思議と気が合い、すぐに仲良くなった。
もちろん、おれはゲイ。
Tがいいヤツってのもあるけど、見た目がもの凄いタイプだった。
2人でよく飲みに行ってはふざけてキスしたり、イチャイチャしたりした。
もちろんTはノンケ、しかも既婚です。
可能性はゼロに近いと知りながらも、『やりて〜』とずっと思ってました。

そんなTがある日、

「おれ、週末に出張あんだけど、夜暇だから、そっちが何もなければ、旅行感覚で行かない?」
と誘ってきた。
おれもその日は暇で、Tと一緒にいるのが楽しいから、行くことになりました。
「ホテルは一緒の部屋にするよ? それならホテル代かからないし」
そう言ってきたので初めて一緒に寝れることが嬉しかった。

出張の日が来て、おれは夕方にはその街に着いてからしばらく街をぶらつき、Tの仕事が終わるのを待った。
『今終わったから、ホテルで待っててな!』
とメールが来て、泊まるホテルへ向かい、合流して居酒屋へ。
その日は知らない土地ってこともあって、2人はテンションが上がり、結構な量の酒を飲みました。
その時に悩みとか話し合ってると、こんな事言ってきた。
「最近、奥さんが全然やらしてくれないんだよ」
「風俗とか行けばいいじゃん?」
「小遣いが少ないから行けね〜」
「じゃあどうしてんの?」
「自分でするに決まってるだろ(笑)。でも、最近満足できないんだよ」
「大変だな〜」
と口では言いながら、『なら、おれが!』と心で思ってました。
「そろそろ行こうか?」
「おー」

ホテルへ着いて、缶チューハイを飲みながらテレビを観てる時、
「テレビ番組つまんないなー有料で映画とかやってないかな?」
とTが言ったんで、カードを買って観ることに。
しかし、そのホテルの有料番組は全部AV(笑)
「あちゃーお金もったいない」
とおれが言うと、
「2人でAV女優を評価しよう」とTが言い出しました。
かなり酔っ払ってることもあり、
2人でかわいい、かわいくないを言い合ってるけど、おれは男優をチェック(笑)

ふとTの股間を見ると、完全に勃起中。
Tはスーツを脱いでパンツ一丁だったんで、すぐわかりました。
それを見て、めちゃくちゃドキドキしました。
「やばい、ムラムラしてきた」
Tがこっちを見て言いました
「ここで抜いちゃえ!」
と冗談で言ったつもりだったけど、
「1人は恥かしいから、一緒にやらない?」
とTが言ってきた。この時ここに来てよかったと本当に思いました(笑)
「じゃあやるか!」
Tはパンツを脱ぎシコシコと始めた。それを見て、一瞬で勃起しました。

少し時間が過ぎて、
「やっぱりオナニーはダメだ!」
とTが手を止めました。
え? 終わるの?と心でショックを受けつつも、こんなチャンスはもうないと思い、手をTの股間へ…
「おい! 何すんだ?!」
「満足できないんだろ?(笑)」
いつもの冗談な感じで言うと、Tが
「2人の秘密だぜ?(笑)」
やった!と心で何度もガッツポーズ。
男との経験はもちろんあるおれは、あの手この手でTのチンポを扱きました。
Tのチンポは大きくて太い!
理性を失いそうになりながら、必死に冗談っぽくやってましたが、
それが続く訳もなく、
「しゃぶってみていい?」
と思わず口走った。
「まじー? やばくない?」
とTが言ってる途中で、既に口に含みました。
「うわっ! 汚くないか?」
まだ風呂に入ってないTのチンポは、少し汗でしょっぱいけど、無我夢中でしゃぶりました。
「はぁはぁ…うっあっ」
と恥かしそうに声を出すT、もう冗談な空気は消えてました。
おれは、“今までしてきたエッチは、今日のため”だったかのように、知ってるテクを全て注ぎました。Tも完全にエロモード。

するとTが、
「や、やばいイキそう! やばい! やばい! やばい!」

口の中に熱いものが広がった。口でキレイに舐めてあげて、
「気持ちよかったか?」
って聞くと、
「まじでやばかった! でも、まだやれる!」
前にTから聞いてた絶倫の話は本当だったみたいだ。
「一生のお願い! ケツに入れさせて!」
Tが真顔で頼んできました。
ケツは痛くて、普段は全然やったことなかったけど、ノンケ、ましてやTとエッチができるならと、
「いいけど1回だけだよ?」
とOKしました。

Tが早速
「じゃあ、後ろ向いて」
と言ってきたんですけど、そのままやると、おれのケツが壊れます(笑)
「入れるよ?」
解して欲しかったけど、さすがにノンケだからケツに指入れるのは嫌だろうと思って、
「ちょっと待ってな」
ユニットバスのトイレに行ってウォッシュレットでアナルの掃除をして自分でほぐす。
「おまたせ」
「待った」
とまるで犬がおあずけ食らったような顔をしていた。

そしてカバンにローションが入ってるのを思い出して、Tに渡しました。
「何でこんなの持ってるの?」
って聞いてきたけど、
「これはマッサージので、乾燥を防ぐヤツ」
と誤魔化しましたが、多分その時でバレたような気が(笑)だけど、Tは興奮しきってて、気づいてないみたいだ。

ローションを渡すと自分のチンポにたくさんつけました。
「うわーこれで扱いても気持ちよさそう」
と言いながら、おれのケツにもたくさん垂らしてきました。
「ゆっくりな」
と言ったのに、我慢できなかったのか、勢いよく入れてきました。
「い、痛い!!」
声に出したかったけど、Tのために我慢。
「やばい。めっちゃ温かい」
と言いながら、ゆっくり腰を振ってきました。
Tのはデカマラなので、痛くて最後までは無理だと思ってたら、していくうちに凄く変な気分になって、段々と快感に変わりました。
「んっ、んっ、うっ」
と、中に出入りする度に声が出てしまいます。
それに気付いたTは、
「気持ちいい? さっきのお返しするよ」
と言って、いろんな体位でしてくれました。
「どの体位が気持ちいい?」
本当はバックが一番気持ちいいけど、Tのイク顔が見たくて、
「正常位がいい」
と答えると、すぐに体位を変えて正常位へ。

TはAVを観ながら激しく腰を振ってきました。
「やばい! イッていい?」
と声を荒げて言ってきたんで、
「中に出して!」
と要求すると、Tは完全なエロモードで、
「中に欲しいのか?」
「あっ、あっ、T! 気持ちいい!」
腰が激しく動いて、
「イク! イク! 出すよ?!出る! あっ!…」
汗だくでおれの上に覆い被さった状態で、
「すごかった。男も気持ちいいな。もう1回いい?」
「本当に絶倫だな(笑)」
そのまま第2ラウンドへ。


それからTは2回イッてから裸のまま同じベッドで眠った。
朝になって、気まずい雰囲気になるかなと思いきや、朝風呂に入っていたTが裸のまま出てきて、
「帰る前にもう一度していい?」
結局朝からチェックアウトするまでやりました。
2
削除依頼
2019/05/07 18:51:52 (mXHNYDIX)
社宅に転勤で直属の25歳の部下が越して来た。
不覚にもその部下に一目惚れしてしまい、ワザとらしく部屋へ行き飲む機会が増えていた。
部下は170cmの中肉中背体型ながらやや筋肉質で、軽く日に焼けた肌が俺の目を釘付けにしていた。
たまに洗濯機から彼のボクサーパンツを拝借し、家に持ち帰って観察してみると、端整な顔に似合わず黄色い染みに酸っぱい匂いが付着していて私をひどく興奮させた。

彼に対する俺の気持ちは日に日に抑えられなくなり、この連休についに酔った勢いを借りて彼の部屋へ訪ねて行った。
彼が少し嫌がっていたのは感じたが、半ば強引にお邪魔した。
普段職場での彼はいたって真面目だが、酒の方は結構イケる口だったので、真面目な話をしつつも彼の仕事覚えの早さなどを褒めまくり酒を飲ませ続けた。
直属の上司だし、普段からお邪魔している俺には警戒心を和らげ、徐々に彼の意識も朦朧としてきた所で、スケベな話を聞きだした。
それでも抵抗されそうだったので、睡眠導入薬を酒に潜ませ飲ませてみた。

しばらくすると彼は座っても居られない状態に成ったので、抱き寄せ服の上から胸を責めたりズボンを脱がせても抵抗もしないようなので、念願の彼の全てを頂く時間が来た事を悟った。
乱暴にキスをし、端整な顔を舐めまくり、シャツを剥ぎとると、綺麗なピンク色の乳首が現れた。
ボクサーパンツを剥ぎ、縮れた陰毛の間にそのスリムな体に似合わない立派な肉棒が現れる。
それだけでも鼻血ものだがそれを擦るとムクムクと膨張する巨根をしゃぶり尽くす。
両足を開くと念願の彼のオマンコが、匂いを嗅ぐとまだシャワー前らしく、男の汗の臭いが余計俺を刺激しムシャブリ突いた。
足の先から舐め回し改めて彼の全裸を隅々スマホのカメラに収めた。
寝ている彼にローションを垂らしオマンコをほぐしていく。
睡眠薬がほどよく効いているのか、上の空でもまるでオンナのような喘ぎ声をあげる彼。
私は我慢できず、いきり立ったチンポをゲツマンコに無理矢理ねじ込み深く浅くじっくり激しく何度もピストンした。
彼は半狂乱のごとく悦びの声を上げつづけ、そのあまりの淫靡さに私も彼の中にあっという間に子種を放出してしまった。

そのまま裸で佇んでると、又興奮し、寝室のベットに彼を抱え寝かせそこでまた犯した。
しばらくして意識を戻した彼は、裸なのに驚いていたので私は嘘を付き、お互い酔った勢いで愛人関係を結んだみたいだね!と言うと彼は泣き出した。
私は意識があって泣いてる彼がいとおしくなり、彼を押さえつけ乱暴に愛撫をした。
彼は泣きながら腰をくねらせMの本性を現わせた。
お互い内緒にしようと言い聞かせ、再び彼のオマンコに挿入した。
その日は朝まで彼の若い体を堪能した。

次の日は妻の用事で買い物に付き合うために家に帰ったが、彼との魅惑的な行為を思い返してその日はずっとムラムラしていた。
買い物から帰り、ひと眠りしてから夜の10時ぐらいに、妻に
「また彼の部屋に行く」
というと
「上司だからってあまりしつこいと嫌われるわよ」
と言われたが、もう遅い。嫌われているかもしれない。
そして部屋へ行く。
鍵のかかっていないドアを開けて入ったら、中で彼はいたが、かなり落ち込んでいた。
しかも服装がハーフパンツとTシャツの姿で呆然としていた。
「誘っているのか?」
俺は彼の近くに立ちそう言うと、
「いやっ勝手に入らないでください、もうやめてください」
止めれるかよ。
俺は嫌がる彼の手を掴み、俺の勃起したモノを掴ませる。
「これが欲しくて泣いていたんだろ」
「いやっ違う」
そのまま押し倒してキスをすると抵抗がない。思った通り、自分の性癖に気づいて戸惑っていたのだ。
抱き寄せて太股を擦ると。
「ううんっん」
俺の様なオッサンにでも、犯されることで感じてしまうドMの彼は、もう俺のモノになっている。
「服を脱げ」
もう余り抵抗が無いので自分で服を脱ぐように命令した。
「…………はい」
そう言うと恥じらいながら全裸になった。すでに若い彼のモノはいきりたっていた。
「犯されることに興奮してんのか!しゃぶれ」
「はい」
俺は服を脱ぎ、彼の前にチンポを差し出して、しゃぶるよう促すと咥えてきた。
初心で世間知らずの彼は、俺の風呂にも入っていない、まだ萎えている汚いチンポを情けない顔をしながら舐めていた。
「美味いか」
そう言うとコクンと頷く。
そのまま精子を飲ませ、次の興奮が始まるまで彼を妻の様に扱った。
そしてケツマンコに指を入れて感じさせると、それからも要したので、バスルームに連れてきて。彼に『小便を飲め」と命じた。
するとそれは頑なに拒否した。俺は彼を後ろ手にタオルで縛り、ケツマンコに指を3本ねじ込みこね捲くると、彼は泣き叫びながら喘ぎ俺に懇願した。
そのうち俺は彼の顔に黄金水を放ち彼の口に突っ込み無理矢理飲み干させた。
ご褒美に彼にホンモノの雄交尾を仕込んでやった。
そのころには彼の私を見る目がもう雌犬のそれになっていた。

今度は自宅に彼を呼んでどうやって妻と3Pに持ち込もうかと考えている。
3
2019/05/02 18:29:54 (JqIxHxwg)
GW中ですが、特に予定も無くmrmrしていたので
札幌の東の方にあるポルノ映画館へ行ってみた。
こちらでは有名なハッテン場です。(年配の方が多い)
住宅街に突如と現れる黄色い壁の建物。なんでこんな
ところにポルノ映画館?な場所にあります。
ここには食われノンケ?もたまに来るので、ノンケが利用
しているエロ掲示板にダメ元で書き込みしてから行って
みた。

内容は「フェラや手コキで抜くだけなら男でも女でも気に
しません。同じような感覚の人いませんか?映画館の
後ろの通路で立ち見していたら、隣に人がきて、
チンポ触ってくるので逃げないでジッとしていると、
ズボン下ろして扱いたり、しゃぶったりしてもらえますよ!」
的な内容です。

夕方4時頃に映画館に到着、入り口の自動ドアが大きな
きしみ音を立てて開き、中に入るとすぐに小窓があり、
入場料を支払う。(入場料は毎月1日は1000円、通常1200円)

そして、館内に入るドアを開けると後ろの通路で立ち見して
いる人が二人、座席に座っている人が5、6人ぐらい。
私は後ろの通路の一番奥まで行って、様子を伺うことにしました。
しばらくすると離れて立ち見していた二人が横並びになって
いて、モゾモゾし始めました。スポーツウェアを履いた男が
ズボンを下ろされてチンポを丸出しにされ、チンポを扱かれ
始めました。扱かれている男は気持ち良さそうに体をピクンピクン
させて感じています。すると、ズボンを上げて人が少ない
前方の座席へ移動。扱いていた男もその後に続き、
隣に座り少しモゾモゾした後に男の頭が隣の男の股間に沈んで
いきました。その後20分ぐらいしゃぶられていたのかな?
射精した様子で二人は離れて行きました。

今日はハズレかな?と思っていたら50代ぐらいのガッチリした
体型の男が入ってきました。
その男は最後部座席の中央通路横に座り、足を組んで映画を
観ていた。
私は斜め後ろに立ってその男の様子をうかがった。
ハッテン目的のゲイのようなギラギラ感がなく普通のオヤジが
入ってきたのかな?って感じでした。

しばらく観察していると、映画がHな場面になると腕組みを
していた手を股間に持って行く様な仕草をしはじめました。
ムムム?

オヤジの真後ろに立って様子を確認すると、確かにスケベな
シーンで股間に当てた手でズボンの上からチンポを揉んで
いました。

これはやれるかも?と思った私は通路を挟んだ一つ前の座席に
座り映画を観ながらスケベなシーンになるのを待った。
映画の内容が男と女が濃厚なキスをしはじめたところで、
ズボンの上から、その男に見えるようにチンポを揉んで勃起させた。
そして、ベルトを外してパンツの上から扱いたり、亀頭を
刺激したりした。
映画がSEXシーンになったところでズボンとパンツを
膝まで下ろしてチンポを丸出しにして扱いてみせた。
ノンケなら近くにそんなヤツがいたら、席を移動しそうな
ものだが、その男はこちらをチラ見しながら映画を観ていた。
そしてしばらくすると、最後部座席の一番奥の席へ移動した。

その場所は館内で一番ひと目に付きにくい場所です。
これはイケると判断した私はすぐにその男の横に一席開けて
座り、チンポを丸出しで扱いて見せると嫌がる素振りを
しないで、私のチンポをガン見している。
すぐに隣に移動してチンポを至近距離で扱いてみせた、
そして男の太ももに軽くタッチして抵抗しないのを確認して、
男の股間に手を伸ばした。
男のチンポはチノパンの中でガチガチに勃起していた。
そして男の手を私のチンポを位置まで持ってくると自分から
私のチンポをにぎり扱きはじめた。

男のズボンのベルトを外そうと手をかけると腰を浮かせて
外しやすい体勢をとり、この男は求めているのだと確信した。
ベルトを外してファスナーを下ろすと黒っぽいトランクスを
履いていた。ボクサートランクスとは違い、ノンケっぽい
野暮ったさを感じた。トランクスを腰まで下ろしてチンポをさらすと
仮性包茎気味の赤黒いチンポが顔を出した。
チンポを触るとすでにガマン汁で先っぽがヌルヌルになっていた。
軽く扱くと「あっダメッ!」と小さな声を出して、扱いている
手をつかんでくる。乳首をいじったりして少し治まるのを
待って、またチンポを扱くとガマン汁を垂らしてイキそうに
なるのを堪えている。
そしてこちらの手をつかんで刺激を止める。

それを数回繰り返してから、「後ろで立ってやろう」と耳元で
ささやくと男は軽くうなずき、チンポを出したまま後ろの通路へ
移動した。
お互いにチンポ丸出しで扱きあいや乳首を舐めたりして、
またイキそうになると私の腕をつかんで「出ちゃいそう」と
小さくささやいた。
キスをしようと顔を近づけたら体をのけぞって拒否したので、
余計に興奮した。そろそろ射精するところが見たくなったので
少し強めにチンポを扱くと体をピクピクさせながら「ダメ、ダメ、出ちゃう!」
とささやいた。

私は「どうする?いま出す?出したい?」と耳元でささやくと、
コクンとうなずき、体をくねらせて感じはじめた。
そして数秒後「出る!」小さい声と共に、かなり濃いめの白濁した
精子をドバドバと床に垂らして果てた。

そして、チンポに付いた精子をティッシュで拭こうとしたが、
急に沸き起こる羞恥心なのか、そのままトランクスを上げて
ズボンのベルトを締めてすぐにその場から立ち去りました。

彼は食われノンケだったのかな?
薄暗い成人映画館で普段は女性が好きでも映画観て興奮して、
男でもいいからチンポ扱いて射精したいって思う人って
どれぐらいいるのかな?

そんなGWの出来事でした^^

長文乱文お許しを!
4
2019/04/19 11:30:34 (QnR97IDT)
こちらから何も出来ないけど良ければしゃぶって!
掲示板で良く見かける 喰われノンケさん達。

初めてのプレーでは、タップリ時間かけて焦らして焦らしてから濃厚なフェラで口内射精させてから、口元から垂れる精液を両手で掬って匂いを嗅いでエロさを強調させます。

また思いっきり厭らしくフェラチオしたげるから溜まったら連絡して!とメアド書いたメモを渡してリピート待ち。

早い方は3日目には、しゃぶって!と。


5
1 2
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
削除パス()
投稿ミス募集の締め切り等のご自身の不注意や都合による削除依頼はお受けしておりません。削除パスを設定してご自分で削除下さい。
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM