ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

中出し体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
削除依頼
2017/03/12 01:47:35 (8O8ryROu)
前置きが長めです。慣れない文章書いてますので読みにくかったらごめんなさい。

先月のこと…23歳にして初の中出しを体験しました。

地元の配送工場で働いている自分の楽しみは友人のF、Yと3人で休日に遊ぶこと。1円パチンコしたりドライブしたり、カラオケやたまに海釣りなどしてます。正月にFを遊びの迎えに行くとFのお母さんに会いました。Fのお母さんはドラッグストアで働いていてFが高校に入るときにFの父と離婚しました。正月の挨拶などを交わしてFが出てくるまで世間話してましたら
「うみくん、今度おばさんをパチンコに連れてってくれないかな?」
とのこと…。Fは一応パチンコしますが誰か友人と一緒じゃないとしません。以前教えてと頼んで断られたので僕に遊び方を教えてほしいらしい。
「良いですよ。来週土曜日早速どうですか?」
OKの返事を頂いたところでFが出てきたので2人でドライブしました。
そして土曜日、Fも来るのかと思いきや今日はFの弟とで午後から隣県の友人宅へ一泊ツーリングとのことでFのお母さんと2人で出掛けることに。正直緊張しました。実は僕は熟女好き。相手は友人の母とは言え今年49の少しぽちゃ気味な熟女と見事なストライクゾーン。

ともかく落ち着け落ち着けと自らに言い聞かせ車を走らせて隣町のパチンコ屋へ。昼過ぎに入店して夜まで2人並んで1円パチンコで遊びましたが終始隣が気になってあまり集中できませんでした。そしてその後2人でパチンコ屋の隣にあるレストランで早めの食事にしました。2人で向かい合い僕は水、F母はビールで乾杯。そして2杯飲まれ食事を終えて帰宅することに。するとここで事件発生。なんとF母鍵を無くしてました。すぐにレストランとパチンコ屋に電話するも見つからず、そもそも今日は家を出るときまだFとF弟がいたため鍵を閉めなかったので持ってでなかったかもとのこと。とにかく置いて帰る訳にもいかず僕の家に連れ帰りました。僕の家はそこそこ大きい家で母屋と離れがあり僕は離れに住んでます。離れとはいえキチンと小さいながらもキッチン、風呂、トイレあります。とりあえず上がってもらって風呂を入れます。ちなみに祖父母は2人とも他界して父は少し遠くへ長期出張中、母は遅れた正月休みで旅行に行ってます。
つまりこの家には僕とF母だけ。変なこと考えるなと戒めつつもとりあえず風呂を用意してF母にお風呂をすすめる。遠慮していたがパチンコ屋のタバコの臭いや慣れない遊びに疲れてるでしょ?ともう一度すすめるとお風呂へ行きました。
覗くような真似はせずに交代で風呂に入り何の気なしに見ていたテレビから時計をみれば11時過ぎ。
「そろそろ寝ますか?」
 と言いつつ布団を敷いて母屋へ行こうとすると
「うみくんもここで寝たら?」
「いや、さすがにそれは…。」
「それはもなにもこんなおばさん相手に無いでしょ。」
と何故か布団を2枚並べて寝ることに…。しかしやはりどこか僕に下心があったのだろう…隣に好みな熟女が無防備でいる。それだけで異常に興奮してしまった自分は布団に入って間もなく決心した。
「おばさん…。」
身体を起こして僕は隣の布団へと視線を向けて言った。
「何?」
 オレンジ色の豆球の明かりの中でおばさんがこちらに顔を向けたのを確認して僕は立ち上がった。
「どうしたの?」
おばさんも上半身を起こして僕を見上げる。
僕は無言で上に着ていたジャージを脱いだ。
「えっ?」
僕の行動が理解できないのかおばさんはポツリと言った。そして一気にズボンとパンツを脱いだ。
「ごめん、おばさんが隣にいると思うと…興奮しちゃって…。」
僕のペニスは完全に勃起していた。薄明かりの中でおばさんは固まっていた。
「おばさん…。」
そして僕は固まっているおばさんを押し倒した。
「ちょっ…たんま。えっ暖」
などと言って抵抗する素振りを見せるおばさん。しかし僕はお構いなしにおばさんの服(拝借した母の寝間着)を無理矢理脱がした。
「や、やぁ…待って…。」
そう言われたものの僕は止まれなかった。おばさんの両胸を揉みしだき、交互に乳首へ吸い付いた。
「んは…。あぁ…。あ…。」
強く吸い付く度におばさんの口から声が漏れる。 「うみくん…。やめて…。」
甘い声を出しながらもおばさんは僕にそう言う。僕はお構いなしにおばさんのショーツを脱がして股間に舌をはわせた。
「えぁっ!あぁっ!」
一際高い声になって部屋に響く。
「だめぇ!いやぁぁぁ!」
クリの辺りを刺激するとおばさんはびくびくと震えた。
「はぁ…はぁ。」
息の上がったおばさんに僕は覆い被さる。そしてペニスをおばさんの性器に突き立てた。
「くぅ…。うっ…。」
「ああ…。ああん…。」
今まで2人の女性とセックスしましたが何だか馴染んでると言うかぴったりな感じでした。
「あはっ…あっ…。」
腰を突き入れる度におばさんは反応する。そして間もなく僕も限界を迎えた。
「ああ…おばさん!!」
僕の精液がおばさんの膣内へと放出されました。初めての中出しでかつてない興奮を感じているとまたペニスが固くなり始めました。そのまま計4回(全部中)放出して2人一緒の布団で寝ました。
朝になると夢じゃなかったと思い僕は再び眠るおばさんに覆い被さりました。

ちなみに今月無事生理が来たそうです。
26
2017/03/06 15:41:46 (dSMwIYAb)
以前定期的に会ってたセフレのユリちゃん、24歳
なんとデキ婚してました
時期的にお腹の子はその男の子供で間違いないらしいけど
まさかピル飲んでなかったとは・・・
一歩間違えば危なかった^^;

子供はまだ1歳で
どうのこうの話してきたけど
子供の話なんかどうでもいいから
とりあえず会おうよーって誘ったら
じゃご飯行こーって返ってきたのでご飯に

旦那は一回り年上で土建って
きっと単細胞みたいな野郎なんだろうなって思って
お酒飲んで誘ったら
「え、無理 やだぁ」て言いながら
結局
「ちょっとだけね」ってカラオケでしゃぶってくれました^^
なんかめっちゃ店員通る部屋でソワソワしたけど
そのまま乗っかってもらって合体
チンポには自信あるんで
旦那のより良いっしょって下から突いたら
「ん、ん、ん、」てしがみつかれて
どうしようもない変態だな^^って
ソファに寝かせて正常位で突いて中出し
終わったあとに
「やん、中だめぇぇ、、」って
遅い^^;

エッチ好きな子ってやっぱ意思弱いね
強めに押したらそのまま流されちゃう
だから好きだけど

その日の夜に、LINEで
すごい臭いキツいんだけど(怒)って笑
27

アナル中出し

投稿者:くぅちゃん ◆a8OlYnKeUo
削除依頼
2017/03/02 10:26:10 (Vcd3KaQ6)
先日初アナル中出ししました
はじめは指で出し入れされ気持ちよくなり
次はおちんぽを出し入れ
痛かったのがだんだん快感になり病みつきになってしまいました
最後は温かい精子を中に出され
出されてる瞬間に気持ちよくなりイッちゃった
その後ピクピクが止まらなくなったあ
またしたいなー
28
2017/02/27 12:58:21 (oDwiN/dE)
15年前の話

当時はガングロギャル(ヤマンバではない)の全盛期。

うちの高校にも当然いた。

その中に群れずに周囲をガキ扱いしてるのが1人いた。

名前はしほという。

たまたま席が隣だった事もあり授業が一緒の時はそれなりに話していたが特別仲が良いことはなかった。

ただ、背が170近くあり、声も低かった(スタイルは悪くない)ので女というより男として接してた感じだ。

ある日学校帰りに渋谷に寄るとたまたましほがおっさんと腕を組んで歩いていた。

これはと思い当時出たばかりの写メ機能を使って何枚か撮った。

そしてしほとおっさんはそのままラブホに入っていった。

その様子まで写メに撮ると俺は買い物を済ませて家に帰った。

そして、1学期のテスト最終日の放課後、俺はしほを呼び出した。

しほはかなりウザそうで「何?早くしてよ。」と半ギレだった。

俺は写メをしほに見せた。

しほの顔はみるみる青くなった。

俺は「これを先生の所に持っていったらお前どうなるか当然わかるよね。」

というとしほは「何?私を脅す気なの?」と言ったので、

「ドラマじゃねーんだよ。今脅してんだろ?」と言うと「どうすればいいの?お金?」って聞いてきたので「とりあえず付いてこいよ。」と言って壊れて鍵がかからない柔道場に連れてった。

体育の器械体操はここで行うので壁にマットが立て掛けてあった。

そのマットを引くとしほが「何?私としたいの?」と言ったので「あぁ、とりあえずさせろ。」と言った。

しほは舌打ちをするとマットの上に寝転がった。

あとは完全にマグロだった。

キスをしても抵抗せず、下をいじって濡れても眉ひとつ動かさなかった。

ただ、頑なにフェラだけは拒否した。

なのでさんざんいじるとしほに挿れた。

その瞬間「ゴムは?」と聞いてきたので「あるわけないじゃん。」と言うと「最低」と言ってまたマグロに戻った。

ただ、俺は運動部でかなり鍛えていた(この頃は現役引退してたけど)し、背もでかく、アレも同じ部活のやつらよりは大きかったのでさすがのしほも動くと「うっうっあっ」とうめきとあえぎが混ざったような声をあげた。

俺はしながらまた写メを撮った。

しほは音に気付き「何撮ってんの!?」と言ってきたが、そのまま写メを撮り続けた。

しほは顔を隠すのに必死になった。

たぶん挿れてから30分くらい経った頃ようやく射精感が出てきた。

しほも日頃の円より長かったのか「まだいかないの?」と反抗的だったので今度はバックから突き上げた。

しほは後ろ付きみたく、今までよりさらに深くまで刺さった。

俺は腰を打ち付けると「そろそろ奥に出してやるよ」と言うと「え?それだけはやめて、お願い!」

と必死になったが、バックの姿勢では抵抗も出来なかった。

俺はラストスパートで腰を打ち付け、しほの奥の奥にぶちまけた。

しほは「あぁ、ダメ」と言った。

しほから抜くとドロッと流れ出てきた。

俺はそれも写メに撮って「この事言ったらばらまくぞ。」と言ってしほを隣にある更衣室のシャワールームに連れていった。

しほはうなだれながらシャワーであそこを洗っていた。

そして、テスト休みに入りそのまま夏休みになった。

どうやら妊娠はしなかったみたいだが、しほは俺の目を気にしながら学校生活を送っていった。
29
2017/02/24 00:51:10 (0DqYf252)

態度が悪いサポJK

逢った時から期限が悪くて最低

フェラダメ、キスダメで美人だからといってそりゃ

生で入れたら「ゴム着けろよバカ」と言われてぶちギレて
まだ我慢してたが
「あー顔みたくない」と枕で顔を隠した時に外れたふりをしゴムを取り生で入れた

「早くイッてくんない」と言われて激しく突きいれて中で発射した。

「(*゜д゜*)?何?」と起き上がり「中で出した? 」と睨まれてシャワーに

「ふざけんな!」と出て来て言われて、さらにイラッと

生で入れて「ちょっと!何すんの!やめろ!」と話すJKに激しく突きいれて二発

二回目の最後に「お願いだから出さないで!」と懇願する姿を見ながらの最後はたまらなかった。

泣き出して「大丈夫」と話すと「最低」と弱気な顔がゾクッとした
30
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕