ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

中出し体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200

一泊四発

投稿者:しゅん ◆i38e2DBj6k  yaeno1974 Mail
削除依頼
2017/05/22 10:02:31 (B9kEowGY)
先日、今の不倫相手と初のお泊まり。
金曜日の昼過ぎに待ち合わせ、二人とも好きなパチンコを堪能し、ロングステイで予約したホテルへ。
ラブホではないので、特別な防音効果も無い部屋で、ドアの内側に手を着かせ、乳首中心に虐めると、アソコは濡れ濡れ。
立ったままバックで挿入し、軽くイッた所で今度は窓側に移動させ、カーテンで顔を隠しながらも、乳房を揉まれている所を、向かいのビルの階段の踊り場でタバコを吸ってたオジサンに見られながら、立ちバックで責め続け、そのまま中出し。
夕食がてら飲みに行き、ホテルに戻り、ベッドで正常位でもう一発中出し。
朝起きて、どちらともなく求め始め、騎乗位で搾り取られ三発目。
ブランチを取り、またパチンコをうちに行き、早めの夕飯を取り、ホテルに荷物を取りに戻り、チェックアウトまでゆっくり寝転がっていたら、おもむろにフェラをされ、最後は口にと思っていたら、また騎乗位で跨がってきて、絞り出すような腰のグラインドに応戦。
四発とも、精子を受け止めた瞬間に体を震わせイク体質のエロい人妻。

セックスは人妻に限るし、中出しに限りますね。
次回は、どっかの野外とかトイレで中出しを計画中です。
1
2017/05/22 08:05:37 (ltClzc64)
ご主人様による、露出調教第2弾。
都内に、大きくて(6階まであるのかな?)観光客も沢山くる有名な大人のオモチャ屋さんがあります。まだ肌寒い春先にご主人様と駅で待ち合わせしました。ご主人様の指定はNBNP。私はパイパンにスケスケのミニスカートを履いて駅に向かいました。
8〜9割のお客さんが男性という中で行われるハレンチな行為への期待に、電車の中で既におまんこがうずき濡れていました。

今回の目的は、店内でハメる事。
ご主人様と合流後、本当にNBNPかを服の上から確認されました。最初に、R2-D2やドラゴンボールなどが陳列された雑貨屋に寄り、お尻を露出させたり防犯カメラの死角で、指でクリを擦られ、軽くイカされました。

オモチャ屋に着くと、階段で6階まであがります。その間も、後ろからスカートを捲られたり尻肉を拡げられたりしました。

露骨で無骨な形から、洗練された一見それとはわからないオシャレな大人のオモチャを見ながら、テスターで服の上から、ブラを着けてない乳首をコリコリと刺激され、乳首がビンビンに固くなっています。私は胸だけでイケるように既に調教されているので、すぐ隣にひとがいる状況で胸を揉んだり敏感な乳首を虐められ、感じてしまってとても恥ずかしかったです。

ご主人様はポケットに忍ばせている小さなシリコン製のローターを出して、ほぼ男性だらけのオモチャ屋で、ローターを胸やクリに当てて責められ、ただでさえ気持ちが昂ぶっていたためか、すぐに何度もアクメしてしまいました。

「またイッちゃった?イク時はちゃんと言わないとダメだよ。ほら、もうこんなに音がしてる」と、おまんこを指でぴちゃぴちゃと音を立てます。「いやらしくてだらしないおまんこだね、自分で言ってごらん」と言われ、「いやらしくてだらしないおまんこをもっといじめて下さい」と言わされた後、ご褒美だよと、中に指を、クリにローターを当てて繰り返しイカされました、何人かはこっちを見ていたので、何をされているのか気がついてたと思います。見知らぬ男性の視線が突き刺さり、乳首もクリもビンビンに勃起してずきずきと痛いくらいです。

その後、有名な商業施設に移動して、人が途切れた瞬間や物陰、防犯カメラの死角になるところでスカートをめくっておまんこやお尻を露出させたり、またローターでせめられ、その度にアクメしてしまい愛液が足にしたたるくらいビショビショにされました。

ご主人様は店内での挿入を望んでいて、何度か試したものの、そのたびに人が来たりスタッフが来たりしてなかなか挿入出来ず、おまんこが疼いてしまい早く早くとひくひくうずうずしています。「ここで挿れたいなあー」とご主人様が呟き、私もここでハメて欲しくて人気を伺いました。一瞬人が居なくなり、隙を狙っておまんこの入り口までおちんぽを当てたものの、また人が来てしまい、どうしてもタイミングが合わなかったのです。

結局店内ではご主人様のおちんぽを味わう事が出来ず、やはり焦れていたご主人様は、上階にある多機能トイレに私を連れ込み、おちんぽを出してお口に咥えさせました。硬くなったご主人様のおちんぽは、少し独特の匂いを放ち、その匂いで脳内までしゃぶらされてるような、犯されているような感覚になり、くらくらします。甘じょっぱい先走り液を自分の舌に絡めながらご主人様のおちんぽを堪能します。

「ほら、もっと奥までしゃぶって」と言われ、できる限り喉の奥までおちんぽをじゅるじゅると音を立ててしゃぶります。
「そんなにおちんぽ美味しい?」
聞かれて、
「はい、美味しいです」
と言わされました。
「おまんこにおちんぽ欲しい?挿れて下さいって言わないと」と言うので、
おまんこが疼いて仕方なかった私は思わず
「おちんぽ挿れて下さい、だらしないおまんこにおちんぽハメて下さい」
と懇願していました。

そうするとご主人様は私を壁に向かって立たせ、立ちバックで挿れてきました。たまに腕を掴まれて動けなくされたり、外に人の気配がしたら声が出ないように口を押さえられたりしました。そしてそれがまた、強引にされているようで、普段声が出てしまう私も、声が出せない状況にとても興奮していたらしく、
「あー、締まる。おまんこすごい締まってるよ」
ご主人様が言いながらすぼすぼと抜き差しを繰り返しました。「このおまんこ最高。最高のおまんこ」などと言われながら。

そして、腟内のおちんぽが粘膜を擦り続け何度もイカされてるうちに、子宮孔が降りてきてるのがわかります。おちんぽが子宮孔に当たり、深く突き上げられ子宮孔をグリグリされるたびに痺れる快感が脳まで達し、身体中が犯されてる感覚に頭が真っ白になって足が痙攣し、このままじゃ立っていられなく、出して、中に。全てを破壊して犯して欲しいと思った時、ご主人様は「中に出すよ」と言って、数回強く打ち付けると私の中に精液を放出しました。その瞬間、深い深いオーガズムを感じ、全身でおちんぽから放たれた精液を受け止め、もう私ははご主人様のおちんぽの虜なのだ、逃れられないのだという事実に打ちのめされました。

おちんぽを抜くと、腿にご主人様の精液がしたたる感覚があります。私の愛液とご主人様の精液が混じったおちんぽをお口で丁寧に舐めとりました。おまんこから漏れてくる精液をティッシュで拭いました。ボーっとして、歩くのもやっとな状態で持って来ていた下着を履いて、おまんこに畳んだティッシュをあてがいます。

「あー、店内でハメたかったなあー」ご主人様は少し残念そうに言いました。「次、また挑戦しようね」という言葉に、「はい、ハメて下さい。中に下さい。見られながら出されたいです」と私ははしたないお願いしていました。

ご主人様は駅まで送ってくれて、また改札口で別れました。電車の中でもおまんこに出されたご主人様の精液が漏れ出てくる感覚が良くて、支配され征服された喜びと肉体を奪われコントロールされた幸せに囚われ、精神的快感と身も心も犯された快楽に喜び、ふわふわとした感覚でした。
2

トラックの中

投稿者:mari ◆Izf/GpLNhI
削除依頼
2017/05/21 16:31:34 (2yEl98fA)
出会い系のチャットで長距離の大型トラックの運転手さ
んと話しが弾んで会おうって事になりました。その彼は
お仕事中だったのですが、荷物を運んでいる最中で途中
のコンビニの駐車場で待ち合わせしました。トラックに
乗って、コーヒーを飲みながら話。バツ1の40歳の人
で、坊主で少しお腹が出てるけど腕とか太くて大柄な人
でした。そこから移動して、道の駅まで行きました。
道の駅で止めてしばらく話してると、肩を抱き寄せられ
てキスされました。タバコ臭い口で舌を絡められている
うちにボーっとなっちゃって・・・

彼は助手席に移動してきてズボンを下げて「しゃぶれ」
と低い声で言われて、私は彼の臭い股間に顔を埋めて必
死にしゃぶりました。
「よし、後ろのベットに行って」
座席の後ろに狭い寝るスペースがあってそこに行くと
「四つん這いになって、ケツ上げろ」
と言われ、威圧感があって逆らえない雰囲気で下だけ脱
いで四つん這いになりました。彼は私の後ろに回りこんできて
「もっとケツ高く上げろよ。時間あまり無いから」
と言って、私のお尻を強めにパーンと叩きました。
「ヒィ・・・すみません」
私は出来るだけ高くお尻をつき出しました。
「へへ、いい眺めだな」
「マンコ結構いい感じに濡れてるぞ」
いやらしい事言いながら、先だけ出し入れされて焦
らされて・・・恥ずかしさで顔が熱くて
そうしているうちに一気に奥に入れられました。
「はぁぁ・・・」
それだけでイッてしまって言葉が出てきません。身
体は震えていう事ききません・・・
「おお、締まるぞ。よしよし、可愛がってやるからな」
後ろからお尻鷲掴みされ、浅く深く突かれます。乱暴に
胸を揉まれて乳首つねられながら激しく突かれ
私は頭真っ白になります。狭いので身動きも取れず、運
転手さんの激しいSEXにもう限界でした。
「よし、そろそろイクぞ」
そこで私はハッとして
「外に・・・外に出して。赤ちゃん出来ちゃう」
と言ったんですけど
「SEXってのはなあ、やられた男のモノになります、
子供産みますって事なんだよ。安心しろ、出来たら責
任とってやるから」
と言われて激しく突き始めます
「ダメ、ダメよそんなの」
「出来たらちゃんと結婚してやるから」
「私まだ大学生だよ、そんなのダメだよ」
でも、気持ちとは裏腹に身体は痙攣してしまいます
「おお、ギュウギュウ締まるぞ。よし、子作りだ」
彼はさらに動きが激しくなって、奥深くに射精しました

「ホントに出来ちゃうかもな、ハハハ」
彼はニヤニヤしながら言い、「ちゃんと掃除してよ」
と再びしゃぶらされました。

最初待ち合わせたコンビニまで送ってもらい別れました。

幸い、子供は出来なかったのですが、この出来事以来、
逞しいトラックの運転手さんを見ると思い出してしまって
また同じ体験をしたくなってしまいます。

3

孕ませ好き

投稿者:蝦蟇 ◆PYENbZfXGU
削除依頼
2017/05/13 13:33:38 (nYRu9Ocr)
はじめまして。僕は台湾人ですが、2年前から諸事情があって日本に住んでいます。

台湾にいた頃は、中出し好きが高じて、5人の女性に子どもを産ませました。(孕ませただけならもっと多いですが)

女性を孕ませて自分の子どもを産ませ、子孫を残す事は、男にとって最高の喜びなのではないかと本気で思っています。
ここの人は同じ事思ってる人も少なくないのではないでしょうか。

僕が孕ませた子の履歴としては、

18歳〜19歳の頃、高中の後輩だった子たち3人が妊娠するまで中出し。3人とも堕ろしてしまう。

24歳の頃、ナンパしたシングルマザーと金髪ギャルを孕ませ、産ませる。

25歳の頃、メンヘラ女を妊娠するまで中出し。産ませるつもりだったが死産。

26歳の頃、職場の事務バイトと、ナンパしたぽっちゃりギャルと人妻会社員を孕ませ、産ませる。
同時期にナンパした韓国人女性と、ぽっちゃりギャルの友人のギャルを孕ませるが、堕ろしてしまう。

28歳の頃、ぽっちゃりギャルに2人目の子を産ませる。

29歳の頃、ぽっちゃりギャルに3人目の子を産ませる。子だくさん万歳!(笑)


中絶や死産は気が重くなるので、ちゃんと産んでくれた女性達とのことについて、レスで書いていきます。
4
2017/05/13 09:50:33 (8KxfZ2qR)
ご主人様による、露出調教第1弾です。ご主人様とするときは、ゴムは使いません。東京の某街のネットカフェに入店し、NBNPミニスカートに着替えて指定された本棚に向かいました。

待ち合わせした本棚のところで適当な漫画を読んでいたら、後ろにひとの気配を感じました。チラっとみるとご主人様が居ましたが、気がつかないふりをして漫画を読んでいました。そうしたら、背後から軽くお尻にタッチされ、徐々に大胆になっていき、次第に胸やお尻肉を掴まれたり拡げられたりします。

ご主人様の手は身体をまさぐり、服をはだけさせ胸やお尻を丸出しにされました。いつ誰がくるかわからない場所で、胸もお尻も丸見えの状態です。その状態でおまんこに指を這わせ、わざと音を立てます。「ほら、もうこんなに濡れてるよ」とご主人様は言って、わざとぴちゃぴちゃ音をたてます。強引な感じは全くなく、もっと欲しくなるように仕向ける言葉や行為はたまらなく痺れます。私はそれだけで軽くイッてしまいます。
ご主人様はポケットから小型のローターを出してクリに当て、同時に弱い乳首を器用に指先で転がしたり先っぽを擦ったりします。

「あ、あ、あう」言葉にならない声が出てしまい、ご主人様に「声出しちゃうと周りに聞こえちゃうよ?いいの?見られたいの?」とさらに責められ、クリと乳首の同時責めで数回イカされました。

「ほら、舐めて」
本棚に挟まれた通路で、胸とおまんこを露出させたまま、ご主人様はおちんぽを出して私をその場にしゃがませて、お口にねじ込みました。私は無我夢中でご主人様のおちんぽを舐め、口に含み奥までじゅぷじゅぷとしゃぶります。お口に出されるかと思ったのですが、
「ああ、我慢出来ない」
ご主人様は私を立たせて本棚に手をつかせ、バックで挿れてきます、粘膜と粘膜の擦れる感覚。あ、きもちいー。と声をもらすと、ご主人様は「おまんこビショビショにして、これが欲しかったの?」「声、聞こえちゃうよ」と言って突き上げてきます。

おまんこは濡れてじゅぽじゅぽと卑猥な音をたて、快感がのぼってきて、深くイッてしまいました。このまま中に欲しかったけてれど、ご主人様は、場所を変えようといい、近くの男子トイレに誰も居ない事を確認し、私をを連れ込みました。男子トイレの個室でしゃがまされ、目の前におちんぽを差し出されてしゃぶらされ。そこにひとが入ってきて、放尿したり手を洗う水音がして、その音や気配を感じながら再び立たせられ、後ろから挿れられました。

かなり敏感になっていた体はすぐに反応し、おちんぽのカリの部分がGスポットを擦り上げ、膝ががくがくして支えられないと立っていられないくらいです。おまんこにはご主人様のおちんぽを、右手はクリを擦り上げ左手は乳首を摘み、激しいオーガズムが何度も襲いかかります。倒れそうになった私を、ご主人様は優しく支えてくれました。
そしてひとが居なくなったのを見計らい、ご主人様は私を男子トイレからネカフェの個室に連れ込み、全裸に剥き、おまんこをひろげさせるさまをじっくりと眺めます。

「こんな卑猥でいやらしいおまんこつけて」とご主人様の指がクリを擦り騎乗位でおちんぽハメられて下から何度も突き上げられ、子宮孔をぐりぐりと刺激され、それまで声が出せない状況から解放されたからか、私はおかしくなるくらい声をあげて鳴きました。「イクイク、イッちゃう、おまんこ気持ちいー、あー、いい、イクイクイク」と叫ぶと、「だらしないおまんこ、こんなに卑猥でいやらしいおまんこ最高」とご主人様が言い、身体が全部性感帯になったような感じで、イッてもイッてもやめてくれず、小さなガラス窓がついているドアに向けておまんこを開げてみせ「ほら、今誰か通ったよ、おまんこ見られたよ、おちんぽハメられてるの見られたよ」と言われながら昇天し続け、ぐったりとなった頃、ご主人様は私のおまんこに精液をどくんどくんと吐き出し、おまんこからおちんぽを抜いて、「舐めて」と言います。

さっきまで自分のおまんこに入っていたおちんぽを舐めて綺麗にしている間も、おまんこからは精液がどろっと流れ出てきます。ご主人様は満足そうに笑い、やさしく服を着せてくれ、「大丈夫?」と言いながら駅まで送ってくれ、駅で別れました、私の身体はおとこに犯された匂いを放ち、火照った身体は独特の香りと雰囲気をにおい立たせます。わかるだろうか。この電車の同じ車両に居合わせた乗客達は、私がついさっきまで男に組み敷かれ、おちんぽに支配され、男の精を中に受け止め堕ちた事が、わかるだろうか。窓際に立っていると、おまんこからご主人様の精液がまたもぬるっと流れ出てきます。多分、沢山出されたんだと思います。現実とかけ離れたようなぼんやりした記憶の中に酔いながら、私は帰宅しました。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕