ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

中出し体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 ... 200
2017/05/09 05:56:23 (.B2P20S0)
今日はgw中のお話〜
観光地に旅行行ってきました
夜が待てないりゅーくんは 時折わたしのお尻とか胸触ってきて、私も冗談でお股触り返したら ちょっとおっきしてるw
ホテル行ったら、ね?ってほっぺにちゅーしたら う〜〜って唸って抱きついてくる かわいい彼氏

そんなこんなでその晩は背後からのローション責め。
ヽ(^ω^)ノ
ベッドで わたしが枕に寄りかかり、その上から私に彼が寄りかかり、後ろからローションだらけの手で乳輪の周りをゆ〜っくりなでなで。
うなじや、首筋にねっとり舌を這わせて 触手に犯されてる風なえっち。
みみたぶをやわらかく、やさしく、ゆっくりちゅぱちゅぱ吸うと 体をビクビク震わせながら鳥肌たてて 息がだんだん荒くなる彼
つばで彼の耳をねちょねちょにしながら ゆっくり、ソフトタッチでそ〜っと耳の淵を舌でなぞり
耳の穴にくちゅっと舌を埋め込んでは ちゅぱ、と音を立てながら引き抜いて すきだよ ってやさしくちいさく囁く
両手は彼の乳輪をゆっくり丁寧に撫でたまま。ちくびの先っぽにはまだ触れてあげない。
彼のおちんちんがもう完全に勃起するころには、トロトロしたお顔で 完全に快楽に身をゆだねてる
がに股で おちんちんの先っぽをぴくぴく揺らしながら、たまにぷくっと先走り汁を溢れさせては とろーっと おへそあたりに糸引いて垂らしてる
ローションのついた手を、玉にヌルッと滑らせて 持ち上げるようにやさしく包み込んで撫で上げてみる
「はぁぁっ…」
細いため息みたいに息を吐いて、耳を犯されっぱなしのまま 腰を突き出す彼
もっとさわって、の合図なのは知ってる。
おちんちんの先っぽが大好きなのも知ってる。
でも、まださわらない。

男の子用のアナルバイブにローションを垂らして、突き出した腰から ゆっくりお尻の中へ埋めていく。
体型の問題があって ちょっとしっかり手が届かなかったんだけど(笑)、彼が待ちきれなくて自分でぬぷっと一気に奥まで突っ込んだ。
「ぁあっ、、あああぁ…!」
お尻の中まで満たされて幸せそうに身体を反らすと ちくびを差し出してるみたいでかわいくて、わたしは両手で両乳首を根元からキュッとつまむと先っぽをスリスリこすりはじめる。
あくまで、ゆっくり丁寧に。
「あんっ、あんっ、女の子みたいになっちゃうっ」
舌を口からつき出してだらしない顔で ろれつが回ってないままそんな事をうわ言みたいに言ってる。
かなり気持ちいいみたいで、お尻のバイブがにょきにょき動いてる。アナルがヒクつくのかな?
おちんちんは、まだローションぬってないのに がまん汁でぬるぬるだらだら
自分のおちんちんをシコシコしたがる手を ダメだよって 耳元でささやいて止めながら、アナルバイブ差しっぱなしでちくびだけをひたすらぬるぬると責める
「あひ、あひ、、」
我慢できなくなってひざを開いたりとじたり 身体を震わせたりしながら 興奮して浅い息継ぎをくりかえす彼
「自分のえっちなおっぱい さわってごらん」
彼の両手を、ぬるぬるの乳首に誘導すると
こねこねと指先でいじりだす
「えっちだね?ここももうさわってほしいでしょ、?」
ガチガチのおちんちんにぬるぬるの手で触れる
亀頭を上からぬるっと包み込むと ひざを震わせて
「あぁぁぁあ! ぎもぢぃっっ…!」
カリの裏側を指先でスリスリ撫でる。裏筋とのつなぎ目も、丁寧に擦ってあげる。
わたしの舌は彼の耳や首筋を犯しながら、手でおちんちんのさきっぽを気持ちよくしてあげる
たまに 力の入れすぎで出てきそうになっちゃうアナルのバイブを深く埋め込み直したりしながら、気持ちいいトコだけをただただ気持ちよくしてあげる
「あっ、、く、、うぁっ、ぎもぢぃよぉお …!」
角度的に顔はよくみえないけど きっといつものとろ顔なんだろうなとおもう。
一切の理性を遮断してもっともっと と、貪欲に性欲だけを好きなだけ楽しむ ただのオスになってる時の彼は本当にかわいくて愛しい
彼が自分で乳首を擦ってる指が、少し早くなってきた。
「出ちゃうぅぅ、あぁあ、もう出したいよぉっ…!おまんこ、オマンコで吸い取ってお願い…!」
彼を寝かせるようにして後ろからずれて、私はいつものようにまたがる。
「ほら、バイブ自分でスイッチ入れて?」
おまんこの入り口にぴたっとおちんちんをあてて、上から乳首をいじるのを交代する。
彼はこくこくと頷いて、自分の開いた脚の下から腕をくぐらせてぎゅっとバイブを深く埋め込んでスイッチを入れる
「くぁぁぁっ、、あぁあーー!」
彼の前立腺に一気に振動が加わって、部屋にブーンって機械音が鳴り響く
わたしはぬるぬる乳首を指でスリスリこねこねしながら、腰を下ろして固くなりきったおちんちんをおまんこの中に一気に深く埋め込む
「ぎもぢぃいいぃいいい…っっ!!!!」
自分のよだれで口の周りべたべたにしながら、りゅーくんはちかちか白目になりながら 唸るみたいに大きく喘いで おちんちんから勢いよく射精しはじめた。
びゅるるるるるー、びゅーって 中でかたいおちんちんが子宮の中に精子を詰め込むのがわかる。
「かわいい、りゅーくん…だいすきだよ」
彼の頭をおっぱいで埋めるようにして抱え込んで、膣のなかでおちんちんを吸い上げるようにギュウギュウ脈に合わせてしぼり上げる
彼の膝が大きくガクガク震えてる。けど、腰はわたしのおまんこに押し付けるように突き上げたまま。
「ああっ、あぁ…ぁ…」
そのまま徐々に体の力が抜けていって、幸せそうに眠りだす彼。
ティッシュであちこちふいてあげて、最後にちゅっと キスして 突き刺さったおちんちんを抜く。
おなかの中で、精子がパンパンなのがわかる。
わたしは入口にちからいれて それが出ていかないように彼の隣に寝そべって、そっと手を繋いで眠りましたとさ☆
11

淫らな私

投稿者:peach ◆injDWb1Jls
削除依頼
2017/05/03 05:35:48 (.7Zmn2EF)
彼と会うのは2度目、大学生の細マッチョイケメン君。体の割に大きなアソコ。バイト上がりの彼を誘ってホテルに行きました。
ホテルに入りシャワーを浴びて1回目は普通に終えました。
ベッドでフェラしてあげると直ぐに元気になる彼、おじさんとは違う回復力、そして硬さ大きさ。
そのまま入れてみたい、私は彼の上に乗ると腰を沈めました。初め彼は困惑していましたが私の腰の動きに合わせて下から突いてきました。生ですると興奮する私、彼と繋がっている部分はびしょ濡れです。体勢を変えて彼に足を拡げられると奥の方まで入ってきました。彼の動きが早くなり私は彼の体に足を巻き付けました。彼は出ちゃうよと言いましたが私は「出していいよ」と自らお願いしてました。私の中で彼が脈打ち私も頭が真っ白になりました。
12
2017/05/01 14:17:02 (cPrKxoEM)
前にキャバで知り合った20歳の女。
女は処女では無いが男性経験が全くないレズだった。
男には多少興味があったらしく懸命に口説いた結果、俺が相手がなる事が出来た。
決して美人とは言えない女だったけど、スタイルは良いしブスでは無かったので俺は心躍った。
当日、女と昼間からホテルに入った。
互いにシャワーを浴びた後、とりあえず女に男の体を知る為に好きにさせてみた。
女同士のエッチではタチ寄りの女。
愛撫や舌遣いはそこらの風俗嬢よりも上手い。
俺は堪らずガッチガチに勃起してしまった。
すると女は初めて見る実物の勃起チンポの大きさにとても驚いていたけど、俺はタップリと濡らしてやった女のマンコにぶち込んでやった。
挿入する前にゴムを着けるように頼んできた女だった
けど、初マンにどうしても生チンを挿入したかった俺は、ゴムを着けるフリしてぶち込んでやった。
女のマンコは締まりはソコソコだったが、俺の動きに合わせて腰を動かす女のおかげでハンパなく気持ち良かった。初めてのチンポの感触に女は喘ぎ声すら出さなかったけど、小声で「キモチイイ・・キモチイイ・・」と呟いていた。
直ぐさま射精感が込み上げてきた俺。
どうせ中出しの経験が無い女にバレる事はないと考えた俺は、腰を突き上げ女の膣奥に思い切り中出し!
身震いがするほど大量にぶっ放してやった。
イッタ後、俺がチンポを抜くとポッカリと空いた膣穴からドプッとザーメンが溢れ出てきた。
しかし女は天井を見上げながら放心状態。
その隙に俺はザーメンを指で掻き出し何事も無かったかのように振る舞った。
それからもう一度風呂から出た後に一発中出しし、ついでにとフェラでゴックンもさせてみた。
だけど、女はその日のsexで満足してしまったのか?それからはいくら俺が誘っても会ってくれなかった。
やっぱ男より女が良いのかな?
13
2017/05/01 04:07:12 (lQsFr7rW)
今日はちょっとお話半分で。。
一人暮らしのメル友のユリの家にいって、メールの通り、、ドアがあいてるのを確認してから、
お風呂に入ってる間に部屋の中に入りました。。
ユリが気を抜いて身体を拭きながら座ってたときに、後から抱き締めて、首と耳にキスして、ちょっと噛んでさ、胸を両手で包み込むようにして 乳首をつまんだんだ。

ユリは彼氏がいて、口に手を当てて”今日は、、レイプっぽくしよっか??”
ものすごくビクンってしてたから、そのまま乳首をきゅってつまんだままおっぱいをさわりまくってさ、今度は正常位の形にして 上からおさえつけたんだよ

うるさい口にディープキスして、胸やあそこのクリトリスをさわって、ちょっと濡れてるの確かめた後、俺は ペニスをだして、はいている服やスカートを脱がさずに、ショーツの横から強引に奥まで つきたてたんだ。

ユリはいやがって いやっていいながら、ずりずり上に逃げたけど、腰をつかんで いっきに いれたら えびぞりになっちゃって 声がでなかったよ。

”毎週彼とエッチしてるんだろ?あそこがすんなりとおちんちん受け止めてるぞ”

最初いれたときはすごくきつくてさ、動かすといたそうだから、今度や優しく愛撫してあげたんだ。唇にちゅってしたり、乳首を舌でころがすように舐めたり。

” いやあ 抜いてえ ゆるして うう”
ユリは犯されながら、じたばたしてるんだけど、奥までペニスをつきたてられながらされたから、だんだん あそこがぬるぬるになって 自
分で腰を動かすようになってきてさ、さらに子宮にあたるくらい奥までいれて じっと冷たい目でみながら、じらしてあげたんだ。

奥までつきあげたまま、子宮の入り口でおちんちんをびくびくさせて、感じる耳たぶから首筋、おっぱいにかけてキスしていじめて、
卑猥な言葉でユリの心の奥まで犯してると

ユリは涙目になって ”もうゆるして お願いします。”可愛いユリの顔を見てたらすごく興奮して、服きたままで、お互いにあそこだけつながってるのも忘れて、相手の手を上でおさえたまま 何度も奥までつきたてちゃった。

音がするくらい 激しくして ユリの体が疲れるたびにびくんびくん痙攣するのも考えずにつきたててさ、そのまま 腰をつかんで、ちょっといやがるユリのあそこの中に 出しちゃったんだ。
”ユリ たっぷりと中に出してやるよ 俺のいやらしい精液で孕ませてやる”

ユリは中だしされて、僕の熱い精液が子宮にびちゃびちゃかかっただけで
”くうううっつ” シーツを両手でつかんで 感じないようにしてもあそこがおちんちんを締め付けて、精液をしぼりとろうとする。。

最後の一滴まで中に出したあと、
“良かったろ?ユリ まだ中で受け止めてもらうよ”
あそこがどろどろになって愛液と俺の熱い精子があそこのなかでたまってて、それでも 中に出したまま2回戦目突入したんだ。
“あうんっ もうっ ひどっいっ”
もう ぬるぬるしてるから、どれだけでも動けちゃって おちんちんが出入りするたびに
にちゅ くちゅって卑猥な音がユリのあそこから響くんだ。
”ユリ いやらしいおまんこの音だな”
入り口でまわしたり、奥でぐりぐりしたり。ユリはあそこから身体までびくびくしちゃって 話が聴けなくなるまで感じてて、

3回目のときに 彼から電話かかってきたから、とらせたんだけど、声を抑えて 話すときの目がいやらしかった。ピンクになった唇とか、とろーんとした目つきとか。
彼と話してるときにも ゆっくりとおまんこの奥まで感じさせる動きをしてるから
ユリは顔をふるふると横に動かして 目だけで動かさないでっていうんだけどね。
興奮した僕は、電話の向こうで彼が結婚式の話をしてるのを聞きながら、ユリのおまんこに3回目の中だしするんだ。
ユリの口に手をあてて、声が聞こえないようにね。
ユリは ”んんんっ” 彼が電話の向こうにいるのに、僕の中だし受けただけで背中をのけぞらせて感じてるんだ
だから、電話が終わった後、腰だけつかんで 身体を揺らすように ペニスを出し入れして、ぶちゅぶちゅいいながら つきたてたあと、服をきてるのもかまわず、顔とか髪の毛に4回目の射精、精子を びゅっ って 外に出したんだよ。

ユリは 熱いのが 顔にかかった瞬間また、痙攣させていっちゃってさ、そのあと とろとろ精液が出てる俺のペニスを舌で ぺろぺろ綺麗にさせました。

あそこが二人の体液でどろどろなので、デンマをあてると、ぶちゅチュチュってすごい音して、、ユリは背中をのけぞらせて最後のいく姿をみせてくれました。





14
2017/05/01 03:10:37 (XrrY7wyQ)
昨日某出会い系サイトで援希望の二十歳前の子に会いました
ゴム付き二希望と言ってきたのでいちごならOKと送るとアッサリ承諾
待ち合わせに現れたのはスッピンの幼い感じの子、すぐに近くのホテルに行き脱がせると細身なのに弾力のあるムチムチボディ、しかもアソコはまさに縦筋一本のキレイなアソコ
これは大当たりだとベッドに入ると・・・ずっとスマホを触り続けてる、それで「いいよ、入れて」と全くこっちを見ない、しかも舐められるの苦手とか言ってくるので仕方なく指で割れ目を開いたりして刺激する
それでもスマホをいじりつづけてるのでアソコを弄りながらナマはムリ?と聞くと絶対無理と
でもピル飲んでるでしょ?と聞くと飲んでないから絶対付けてと言う
仕方なくゴムを付けようとした時にチラリと彼女を見ると全くこっちを見ないので悪戯心がムクムクと湧きゴムの先端を歯でガリガリと
更に穴が開いたかと先端を吸うとスウスウと空気がぬけてる
ヨシヨシと思いそれを付けて彼女のアソコに、さすがに二十歳前のアソコは締りもよく暫くすると射精感が・・・
一番奥深くでたっぷり発射、抜く時もしっかりゴムを押し出して精子を流し込んだ、その後すぐに彼女はシャワーに、待つ間パンティをチェックすると程よくいい匂いが、そこにも残り汁を擦り付けてすぐにバイバイ、後でアソコから逆流して分かったかな?
最高でした。

15
1 2 3 4 5 6 7 8 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕