ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

中出し体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200

毎日

投稿者:ゆう
削除依頼
2017/08/31 05:04:27 (7Ec9FSnZ)
毎日朝と夜に中出しされてます。
夜が無理なときでも、絶対に朝だけは中出し。
中に精子入れたまま会社に行ってます。
トイレに行くと精子がポタポタと落ちてきて、朝のエッチ思い出しながら少しおまんこの中に指入れたり。
精子の匂いに興奮してイキたくなるけど、我慢して焦らしたまま仕事に戻り、ムラムラしながら帰宅します。
ご飯作ってる間に旦那が帰ってきて、キッチンで入れたり、夜までおあずけされたり…。
夜も中出し。
もう中出しじゃないと、興奮できなくなりそう。
書いてたらムラムラしてきたから、少し早いけどそろそろ旦那をフェラで起こしてまた今日も中出ししてもらってきます。
16
2017/08/30 10:51:43 (ibyAeMKx)
娘の友達 2

赤黒くガチガチに勃起した浩太くんのチンコをシゴきながらいつの間にか前旦那と比べてしまっていた私。

目の前で激しく勃起したチンコをシゴく度に強烈な匂いが鼻をつきます。
普通なら嫌な匂いでしかないのでしょうがこの時の私は違っていました。

その匂いが物凄くいやらしく生々しく感じられていたのです。
すると浩太くんは『口を開けて…』と言いました。
私は言われるままに口を大きく開けると浩太くんはゆっくりとデカチンコを口の中に挿れて来ました。

正直、亀頭だけでもかなりの大きさなのでビックリです。
浩太くんは私の頭を優しく支えるとゆっくりと腰を前後に動かしました。
大きな亀頭が前後にピストンされるとその拍子に大量の汁が先っぽから出て来ます。
そして汚臭が口の中いっぱいに広がります。
この汁の量と汚臭で私の理性は一発で吹き飛んでしまいました。

自ら汁を吸いだそうと大きな亀頭を一生懸命に口でシゴきます。
ベロで舐め回し手で根元から絞り上げると更に汁が出て来ました。
あまりの量に咽せてしまいましが浩太くんは再度私の口の中にデカチンコを挿れて来ます。

最初は優しく動かしてくれていた浩太くんでしたがその内そのデカチンコを奥へ奥へと挿入して来ます。

ジュル… ブボッ ジュルルッ… ブボボ…と音がとてもいやらしく私も必死になっています。

すると浩太くん更に激しく腰を前後にピストンして来ました。
両手で私の頭をガッシリと掴み奥へ奥へとピストンするスピードを上げます。
さすがにこれ以上の挿入は無理と私も頭を離そうとしますがガッシリと押さえつけられ逃げれません。
『ちょ…グボッ…く、苦し…ズボッ…グボボ…や、やべて…グボッ…これ以上…入らな…グボボ…』
と抵抗しますが浩太くんはピストンをやめず更に奥へと挿入して来ます。

すると浩太くんは『ほら、美味めぇだろ?俺のチンコ! 久々にしゃぶるんだろ? もっと奥までしゃぶれよ!』と口調がいつもと全然違います。
『おら!もっと奥まで挿れろよ! まだ半分も入ってねえぞ!』と正直怖いくらいでした。
私は『も、もう…グボッ… これ以上無…理…グボボッ…』と目からは涙、鼻からは鼻水を垂らしながら浩太くんのデカチンコのこれ以上の挿入を阻止しようと必死でした。

そして浩太くんは最後にピストンしたデカチンコを一旦引き抜く素ぶりを見せてから一気に喉奥へ突っ込んで来たのです。
そしてそのまま静止すると私は息も出来ず物凄く苦しくなりました。
そして『ちょ…オ、オエ〜ッ』と嗚咽すると胃から何かが込み上がって来ました。

デカチンコを抜かれると私の胃液なのでしょうか? 酸っぱい匂いのする粘着液がデカチンコから糸を引いて垂れています。
涙、鼻水、ヨダレを垂らしてソファに座らせるとその汚くなった顔を浩太くんは舐め回して来たのです。
涙も鼻水もヨダレも浩太くんは舐め回します。
すると浩太くんは『ちょっと苦しかったかな?ごめんね。』と急にいつもの優しい口調に戻り私にキスを繰り返して来ました。

そしてあっと言う間に上半身の衣服は脱がされると私のおっぱいを鷲掴みにしてこう言ったのです。
『俺の彼女になってよ…。』
私は触られて感じてしまいましが
『私なんかおばさんだから駄目よ…。それに娘にバレたら怒られる… 浩太くんにはもっと良い人が居るよ…。』と答えると更におっぱいを揉む力が強くなり私の唇に吸い付いて来ました。

ソフトパンツの中に手を突っ込んでパンティ越しに触られて感じていました。
その間も浩太くんのデカチンコは萎える事なくガチガチに勃起しています。
やがてソフトパンツを脱がされパンティ一枚にされると浩太くんはマンコ部に顔を近づけてクンクンと匂いを嗅いできました。

赤色のパンティには大きな染みが出来ています。
クリトリス部に鼻を当てながら匂いを嗅ぐものですから時折ビクン!っとしていまいます。
『それにしてもひろみさんのマンコって臭いねwww 尿と腐ったチーズの匂いがするよ。もしかして匂いがキツイ体質なのか? 』とパンティを剥ぎ取られるとソファの上で足を広げ少しずり落ちるように座らされて両手で足を押さえました。
その姿の私は垂れたおっぱいに弛んだお腹、処理をしていない陰毛に汁を垂れ流す穴に肛門まで浩太くんからは丸見えです。

『本当に臭えなぁ! 』と指で穴を広げて中を見ています。
死ぬほど恥ずかしいのですがそれよりも汚い中年おばさんの局部を若い男性に見られている快感が優ってしまいます。
私も負けじとビンビンにクリトリスが勃起しています。そこを浩太くんは舌先でチロチロと舐めるものですから卑猥な声を上げてしまいます。
クリトリスの皮を剥かれコリコリされるとまた、だらしのない穴からは大量の汁が流れ出ます。
すると今度浩太くんは私の肛門辺りの匂いを嗅ぎ始めました。
クンクンクンクンと肛門辺りの匂いを嗅ぐと『ひろみさんの糞穴、ウンコの匂いが凄いね! 糞穴の周りにウンコ付いてるしwwwちゃんと洗ってる?』と顔が真っ赤になる事を言うのです。
『ご。ごめんなさい…。ちゃんと拭けてなかった…かな?あまり嗅がないで…。』とお願いすると浩太くんは汚物が付着した肛門を舐め始めました。
肛門なんて舐められるのは初めてだったのでビックリして足を閉じてしまいましたが浩太くんに開かされます。
肛門の周りを舐めると今度は舌先を肛門の穴に挿れて来ました。
私は恥ずかしさのあまり『そこはやめて…』とお願いしましたが一向に止める気配はありません。
『しかし、ひろみさんの糞穴は臭いしウンコは酸っぱい味がするねwww 一体何を食ってるんだよ?』なんて言うので『ごめんなさい』としか言えません。
肛門、膣穴、クリトリスを散々舐めまわされ下半身はもうガクガクです。

浩太くんは舐めるのを止めると私の横に座り直すと肩に腕を回し顔を引き寄せキスをしながら右手でクリトリスをこねくり回します。
キスをすると多少ウンコ臭はするもののそれも感じてしまいます。
クリトリス、膣穴、肛門と指を挿れて掻き回したりするものですから堪りません。

ビンビンに勃起したクリトリスを更に強くこねくり回されると絶頂に近づきます。
大きな声で喘いでしまいますが浩太くんはキスで塞いでしまうのです。
『あぁ、気持ち…いい…。 逝きそう…もう、逝きそう…』と後少しで絶頂を迎える瞬間でした。

本当に後数秒の所で浩太くんはピタッと指の動きを止めてしまいました。

一気に盛り上がった気持ちが銷沈してしまいます。 少し間を開けて浩太くんは再び触り出すと体を仰け反らせながら感じてしまいます。

『あぁん、あぁ…』と卑猥な声を上げて一気に逝く寸前まで登り詰めますが…

ピタッ

っと浩太くんは再び指の動きを止めてしまいます。逝く寸前で指を止められるのは正直地獄です。 私はその時 逝きたくて逝きたくて我慢出来ない状態ですが浩太くんはそれをさせてくれません。
すると浩太くんは『逝きたいだろ?逝かせてほしいだろ?』と意地悪な口調で聞いてきます。
『…。逝きたい…。』と小さい声で答えます。
『んじゃ、逝かせてやるから俺の女になれよ?なるなら逝かせてやるから…。』と言って来ました。
浩太くんは中指と薬指の二本を私のだらしなく大量のヨダレを垂らしている膣穴へ挿入するとGスポット付近を刺激します。
『おら、どうする?女になるのか?』
の問いに『あぁん!あぁん!私なんかは無…理よ…。 む、娘に怒られ…あぁん!』と必死に抵抗しました。

中々逝かせてもらえなく体はもう我慢の限界です。
逝きたい!逝きたい!逝きたい!
とそれのみでした。
『そか…。んじゃ最後の手段しかねぇなw』
と浩太くんは立ち上がり私にデカチンをしゃぶらせてタップリと唾液を付ける様に言いました。
相変わらずパンパンに赤黒く腫れた亀頭を目一杯咥えありったけの唾液を付けました。

ソファの上でずり落ちるように座らされ足を全開まで広げられて浩太くんはその大きな亀頭を私の膣穴の入口に擦り付けました。

私は最後の抵抗と『そ、それだけは駄目よ!挿入しちゃ駄目!これまでなら良いけど中に入れちゃ…』と言った所で大きな亀頭を穴の中に挿入して来たのです。
亀頭が入った瞬間に穴は押し広げられます。
『ぐぁぁん!』
とまた声にならない声を出すと浩太くんは『ゆっくりが良い?一気に入れるのが良い?』と聞いて来ました。
私は『ゆっくり…』と言ったのですが次の瞬間!

ズボン暖

と一気にデカチンを刺し込んで来ました!
物凄い衝撃と快感に全身に強烈な電気が走りました。
1番奥までデカチンを刺し込むとピストンを開始です。
前旦那もそれ意外の男性も届いた事の無い領域に浩太くんのデカチンは入って来ました。
あまりの気持ち良さに半分悲鳴を上げてしまいます。
ピストンする度に私の膣穴の行き止まりまで届くデカチンはそこでドン!ドン!とお腹に響く様に子宮口をノックします。
少し痛いのですが気持ち良さの方が多いので仰け反りながら声を上げます。

そして大きな亀頭が更に大きくなったのかピストンする度に膣穴の壁に引っかかる感じで膣肉が外へ飛び出そうな感覚が更に私を狂わせます。
『ひろみさん、身長が145センチと小さい割には膣穴が深いねw4分の3以上入るよw 気持ち良いだろ?』
大きな亀頭が壁をえぐりながらピストンされ子宮口をノックされると挿入から30秒経っていないのにまた昇天しそうになります。

実際、前旦那、その他男性でクリトリスを刺激以外で逝った事はありません。
そうなんです。膣穴のピストンで逝った事は一度もありませんでした。

ブボッ、ブボッっとピストンされる度に頭の中が真っ白になります。
『あぁ…もう…逝く…逝く…』といよいよ頂点に達しそうになる時またもやピタッと動きを止められました。
『やだぁ!止めないで!逝かせて!逝かせて!』と息子並みに年の離れた浩太くんに懇願してしまいました。
浩太くんは『逝かせてやるから女になれよ!ならないなら絶対に逝かせないからな!』と言われまたゆっくりとピストンを始めます。
『おら!どっちだよ?俺の女になるんか?ならないのか?大きな声で答えなよ!』と更にスピードピストンになるとまた昇天しそうです。
これでOKしなければ逝かせて貰えない!
逝きたい!逝きたい!逝きたい!このデカチンで逝きたい!と逝く事以外考えられなくなった私は…
『なる!なります!浩太くんの女になります!だからやめないで!逝かせて!女になるから逝かせて下さい!』と大きな声で叫んでしまいました。

『よっしゃ!んじゃ逝かせてやるよ!』と浩太くんは少しピストンする角度を下から突き上げる角度に変えて高速ピストンを始めました!
Gスポット直撃の高速ピストンで『あぁ…逝く〜!逝く〜暖 イグゥー暖』と溜まりに溜まった欲求を満たす事が出来たのです。

体がビクンビクンと痙攣しながら涙と口からは叫び過ぎたのかヨダレを垂らして初めて膣穴で逝かされました。
それも年齢差のある息子の様な男性に…。
生まれて53年ですが浩太くんに膣穴で逝かされ初めて女にされたのです。

逝かされた後は浩太くんもピストンを緩めました。『やっと俺の女になったね! ひろみ!随分と子宮口が下がって来たねw もう、逝きたくて逝きたくて我慢できなかったんだねwww』とニヤニヤしながら逝った後の私の顔を見て口の中に舌を絡ませて来ました。

私は『ハァハァ…こ、こんなおばさんだけど彼女で…良いの…?中年体型の弛んだ体だよ…。 』と言うと浩太くんは『初めてひろみを見た時から顔も身長も体型も全てが欲しくなったんだよ!顔はとてもタイプな顔立ちだし身長がミニマムなのに巨乳だしな。 乳輪も大きく突き出た乳首も理想通りでドス黒いしな。大きく垂れた尻も大好きだよ。 1番嬉しかったのがキュッと締まった綺麗な糞穴と半端なく臭いマンコだな。普通、こんな臭いマンコは誰も舐めたりしないだろ?腐ったチーズ臭に小便臭もキツイしな。んで、だらしなく汁を垂れ流す膣穴も好きだよ。 まぁ、糞穴はこれから躾て行くけどな。』
ととても恥ずかしい事を言われて褒められているのか蔑まされているのか分かりません。
とにかく、初めて会った時から私を犯す事を決めていてその機会を伺っていた事、私を浩太くんの女にする事を以前から決めていたと知りました。

それだけ言うと浩太くんはピストンスピードを上げました。
逝ったばかりだと言うのにまた快感が体を貫きます。

ブボッ! ズブッ!ブボッ!ズブッ!

っとピストン音が聞こえてきます。
突かれる度に声を上げました。
逝ってから3分後にはまたも昇天寸前です。
『あぁ、また…逝き…そう…』
ブボッ!ズブッ!
『逝く!逝く!イグゥー暖』
と連続で2回目です。
また軽い痙攣を起こすと今度はソファの上で四つん這いにされました。

『それにしてもデカい尻だなぁwこの尻なら良いガキが産めるわなwww』

と私のお尻を2、3度パシッと叩きながら穴に亀頭を擦り付けてきます。
狙いが定まると一気に ズボンッ! と突き刺さして来ました。

『ギャワン!』と悲鳴を上げた私。
犬の交尾スタイルでデカチンを挿れられると正常位とは全く違う感覚です。
半端ない大きさの亀頭がピストンをする度に膣壁に引っかかり押し込まれる度に子宮口をドンドン!とノックします。

その度に卑猥な声を上げる私を浩太くんはスローにピストンします。
そして浩太くんは挿入する角度を変えます。
すると…
『ブブ〜ッ! ブボ! ブボ!』とマンコから音が…。
『ひろみ〜!あまりに気持ちが良いからってオナラしちゃ駄目じゃんwww』

『ち、違う…の…。 く、空気がぁぁ… ンァ!』
そう、浩太くんはわざと挿入角度を変えて空気を入れるものですから突く度に空気が漏れオナラの様な音が鳴るのです。

『あはは! 冗談だよwww ひろみのマン屁は音が良いなぁw 』

ものすごく恥ずかしいのですがデカチンが私の膣穴を出入りすると頭が真っ白になるほど気持ち良いので恥ずかしさより快感が優先してしまいます。

すると浩太くんは『ちょっと穴が緩くなって来たかな?』

と次の瞬間…

ズボ!っと手の指を肛門に挿入して来ました。
私はビックリして腰を引いてしまいました。
『ひろみ!お前の糞穴に指を入れたらマンコの締まりが良くなったぞ!もっと入るかな?w』
と指を根元まで挿入されます。
その指を中で掻き回したり、出したり入れたりと指ピストンされたり。
デカチンの快感と肛門を掻き回され熱くなっているのが相まって気が狂いそうでした。
『ひろみ! 糞穴も気持ちよいのか? マンコと糞穴のダブルで気持ちよいのか?』
と聞かれ『気持ち良い…です!』

さっき逝ったばかりなのにまた逝きそうです。
マンコに入ったデカチンピストンが次第に早くなり肛門に入った指ピストンも早くなると…

ブボ! ブブ! ブボ! ブブ!

っとマン屁を鳴らしながら…
『あぁん、また…逝きそ…う。 逝く…また逝く…イグンァ〜!』
と3回目の絶頂に達しました。
わずが20分の間に連チャンで3回も逝かされました。
こんな短時間で3回も逝ったのは人生初です。

お尻を突き出したままビクン!ビクン!と痙攣。
『ちゃんと逝けたみたいだなwww 糞穴が脈打ってるぜ!』と逝き確認を肛門の脈打ちでされます。

さすがに連チャンで逝かされると体力の消耗は半端ありません。
硬いデカチンを挿入したまま浩太くんは私の肛門に挿入していた中指を抜くと…。
『おぉうw ひろみの糞が指にベッタリ付いちゃったよw しっかし、臭えなぁw なに食ったらこんな匂いになるんだよwww まぁ、以前に便秘ってたから糞も熟成されてんのか?』
と私の汚物の匂いを嗅ぎながら私に言って来ました。

逝った後の満足感と疲労感でグッタリとしていました。 さすがにこれ以上の性交は無理だと腰を引いて浩太くんのデカチンを抜こうとしました。

続く
17

生意気

投稿者:イクゾウ ◆hIdwdvrul2
削除依頼
2017/08/28 11:30:10 (P5ws8DDO)
ホント生意気すぎる奴ら。
円光やってる奴。
自分に何万も価値があると思っている奴が多過ぎる。
それを払っている男の方が可哀想だ。

とある掲示板で変な募集があり、よくよく聞いてみるとお後輩を生贄。
割愛するが、そいつをいろいろな手を使って呼び出したところ、とんでもないお嬢様学校。
自分が頭いい語りタイプで、煽ててのってやったら、トントンとのせられ最後まで軽い抵抗はあったが、結局貫通。タップリと中出しの感触を味あわせてあげた。
お初が君と同じ最低な俺で良かったね。
との事で、次に繋げる形にしました、
18
2017/08/27 17:58:26 (5rI.6Oox)
夏休み最後に公園で遊ぶ女の子2人の膜を貫通させた!1人の子の前で、友達の膜が貫通するところを見させた!泣きわめくも中でフィニッシュ!
血まみれのチンコを次の女の子の処女マンコに挿入!で、中にフィニッシュ!1日で2人を貫通&中出し!最高の夏休みになった。
19
2017/08/25 14:14:10 (k2SlSAvR)
娘の趣味友達と関係を持ってしまいました。
私は今年で53歳になるひろみと言います。
10年ほど前に離婚し娘は今年30歳になりました。
娘も2年前に離婚して息子が1人います。
まだ4歳児と小さい子供なので娘の趣味には連れていく事が出来ず1ヶ月に1回の趣味日の時は私が子供の面倒を見ています。

SNSで趣味のコミニュティに入りたまたま隣町の男性と意気投合したらしくその男性と趣味を楽しんでいました。
その彼は趣味日になると娘を自宅に迎えに行き、孫を私の家まで預けに来ます。

その時も挨拶はしっかりとしていてなかなかの好青年でした。
歳は娘より若く28歳。
彼は独身でキチンとした勤め人で人当たりも良く爽やかな本当に好青年。

私は娘が再婚をするのであればこんな好青年が良いなと勝手に思っていたのです。

ある趣味日の帰り私の家まで孫を迎えに来た時でした。
彼は『もしよろしければこの後みんなで食事に行きませんか?』と誘ってくれました。

娘も是非一緒に行こうよ!と言ってくれたので簡単に支度を済ませ少し離れた しゃぶしゃぶのお店に行きました。

そこでも彼は私や娘、孫にも良く気を使ってくれてとても美味しく食事を頂くことができたのです。

彼は運転もあるのでアルコールは一切口に出来ませんでしたが私と娘は彼の勧めもありお酒を飲んでいました。
軽く酔ってしまった勢いで彼に『娘とお付き合いしてるの? もし、そうなら結婚とかも?』
何て聞いてしまったのです。

すると娘は『やだ! 全然そんなんじゃないよ! 例え私が浩太(彼の名前 )君を好きだとしてもバツイチ子持ちなんて浩太くんは嫌だよね(^^;)』なんて言ってました。
浩太くんはその話を恥ずかしそうに聞きながら照れ笑いをしていました。

その時はお互いに満更では無いと思いました。
しばらくすると娘がトイレで席を外した時に浩太くんは私に『もし、良かったら宏美さんとL〇NEの交換したいのですが大丈夫ですか? 趣味の時に何かあったりしたらすぐ宏美さんに連絡が取れたりしたいし…。』
なんて私も全く疑いを持たずに浩太くんと交換し友達になりました。

その日、私を自宅に送ると娘達は浩太くんの車で帰って行きました。

その日の夜遅くに浩太くんからメッセージが入りました。
今日の食事の件と趣味日に合わせて私が孫の面倒を見ている事の慰労の言葉、次回の食事の誘いも書いてあり本当に私のお気に入りになってしまったのです。

その日から浩太くんはメッセージをくれる様になりました。
なんて事はないメッセージで寒いから暖かくしてくださいとか仕事からの帰宅時は安全運転でとかそんなメッセージです。
なんて事の無いメッセージ内容ですが独り身で男性の友達と呼べる人も居ない私にとっては浩太くんからの何気ないメッセージはとても嬉しい物でした。
数日に1回程度のメッセージが段々と短くなりやがて毎日浩太くんとのメッセージでのやり取りが始まりました。

朝、起きてからのおはようから日中の何気ない出来事、夕ご飯のおかずからおやすみまで会ってはいなくとも一日中一緒にいるような錯覚に陥ります。

最初は娘にもメッセージの内容などを話していたのですが…
『私にはそんなに頻繁にメッセージ来ないなぁ(^^;) 』と言っていたので少しおかしいかな?なんて思っていましたが浩太くんとのやり取りが楽しくて次第に娘にも隠すようになってしまいました。

娘も娘で『最近は浩太くんからメッセージ来てるの?』なんて聞かれても来てないよなんて答えてしまいます。
私の中で浩太くんとの楽しいメッセージ内容を娘にも知られたくなく私だけと独占欲が出てしまったのです。

そんなある日の事、私の職場で怪我をしてしまいました。
棚の上段にある資料を取ろうと踏み台に登って降りようとした時に資料が重くバランスを崩してしまいました。
踏み台から落ちる感じで転んでしまったのです。
幸い体には打撲や骨折などの怪我はありませんでしたが手の甲をどこにぶつけたのか2センチ位スパッと切ってしまいました。

会社の方でも病院に行くと言っていたのですが傷口も深く無く少しすると出血も止まってしまったのでとりあえず応急処置だけで大丈夫と病院に行きませんでした。

その日は傷口が開いて重症になると困ると会社から言われお昼で早退する事に…。
帰りにカフェでお昼ご飯を食べようと入店し浩太くんに事の事情を話しました。

すると浩太くんはすごく心配してくれて私を気遣ってくれます。
とても優しく心配してくれました。
何度かメッセージのやり取りをしていると浩太くんは『今、今日の営業回りは終わったので今から少し会えませんか?』

私は浩太くんに自宅でお茶しない?と告げると浩太くんは了解ですと言いました。
しばらくすると浩太くんは自宅やって来るなり私の怪我をとても心配してくれました。

傷も深くない事、他には怪我をしていない事を知ると浩太くんはホッとしたのかいつもの優しい笑顔に戻りました。
長椅子のソファーへ2人で並んで座っているとまるで恋人か夫婦の様な感じがしました。

お茶を飲みながらテレビを見て世間話をしていた時に私はふと聞いてみました。
『浩太くんは娘の事をどう思っているの?恋愛感情とか無いの?』
すると浩太くんはうつむきかけて『…。』
何か悪い事を聞いてしまったと私も無言になってしまいました。

が、浩太くんは『自分は… その… 自分の好きな人は…います。 それは…ひ、ひろみさんが好きなんです!』といきなりの告白。

私は急な告白に驚いてしまいました。
『えっ?何言ってるのよ! こんなおばさん相手に冗談言わないで! 私は孫もいる50過ぎたおばさんよ(^^;)』と言いました。

それから浩太くんは娘と初めて趣味に行った日に子供を私に預けに来た時から私に一目惚れしていた事。毎回僅かな時間だけど私に会える事。 SNSで私と会話する事など想いを伝えて来ました。

その間、浩太くんは私の怪我をした手を優しくさすりながら一生懸命伝えます。
私はその間、胸がドキドキしてしまい若い時に戻った感覚です。
息子の様な若い男性に口説かれてる…。

すると浩太くんはもう片方の手で私の頭の後方に手を添えると優しく引き寄せます。
次の瞬間、浩太くんの唇と私の唇は重なり合いやがて浩太くんの下が入り私の舌と絡まり合います。
『だ…ダメ…。』なんて言いながらも男性との久しぶりのキスに私は感じていました。

浩太くんは更に強く引き寄せると更に奥へと舌をねじ込ませ唇を強引に吸いながらキスをして来ます。
卑猥な音と口の周り中唾液まみれになり唾液の乾いた匂いが一層私は感じてしまいました。

すると浩太くんは私のおっぱいを鷲掴みにすると力任せに揉みしだきます。
『えっ?いや…。 こんなおばさんの…。』と抵抗してもやめる気配はありません。
それどころかあっという間にシャツを捲られブラから強引おっぱいをさらけ出されると吸い付いて来ました。

私の大きめの乳首を音をチューチューと出しながら浩太くんは吸い付いています。
『やっぱり、ひろみさんは乳輪も大きめで乳首も出てると思ったよ。 そしてこの黒ずんだ色がまたやらしいです!』と恥ずかしい事を言っています。
ある程度舐めると浩太くんは両乳首にタップリと滴る位唾液を付着させます。
片腕を後ろに回し両手で突き出た乳首を摘むと唾液のローションで乳首攻めです。
その間も私の唇は浩太くんに強引に座れ舌をねじ込まれ犯され続けます。

浩太くんは『ひろみさん、好きだよ!好きだよ!』と告白されながら犯されました。
私は我慢出来ず声を漏らし悶えます。
『このデカ乳をいつか吸い付きたいと思ってたんだよ!』と少し乱暴な言葉使いで浩太くんは言います。

駄目!駄目!と思いながらも強引な浩太くんの吸引に体は熱くなるばかりです。
すると浩太くんは部屋着のソフトパンツの上から股を弄り始めました。
この時点でかなり自分でも濡れているのは分かりました。
さすがにこれ以上は!と今度は強めに抵抗すると更に強い力で体を押さえつけようとします。
私は『娘…娘に怒られちゃう…。駄目よ!これ以上は駄目よ!』と言うと浩太くんは『もう、我慢出来ないよ! もうこんなんだよ!』とスクッと立ち上がるとスラックスの股間部分が異常なまでに盛り上がっています。

浩太くんはスラックスのベルトを外しチャックを下げズボンを脱ぎました。
可愛らしく好青年の顔からは想像も出来ない様な小さくいやらしいブーメランパンツを着用していたのです。
色は青ではあるものの意図的に股間の部分を強調する様なデザインでガチガチに勃起した浩太くんのチンコパンツを今にもパンツの生地を破りそうな勢いです。
先端部が当たる生地部は色が濃くなっていてそれはカウパー液だとも分かります。
『ほら、ひろみさん触ってよ!』と手を持って行かれるとその硬いチンコに触れました。

物凄く熱く、物凄く硬くそしてパンツの中に隠れているのにもかかわらずとても大きそうなチンコ…。
『ほら、パンツを下げてみてよ』と言われパンツを下げた瞬間!
物凄い勢いで浩太くんのチンコはバネで跳ねるかのように飛び出て来たのです。

私は驚愕しました。
あの可愛らしく好青年な浩太くんのチンコは長さ、太さ共今まで見た事の無いような大きさです。
立派に剥けあがり亀頭も大きく所謂、カリ高と言うのでしょうか?
色は赤黒く照明でテカついています。
先っぽからは透明な汁が大量に出ていて糸を引いています。

そして尿臭、汗臭に混じりなんともイカ臭い匂いが鼻をつきます。
私はそのデカチンコを握らされるとゆっくりとシゴく様な言われました。
浩太くんのデカチンコには皮の余裕があまり無いのかゆっくりシゴいても亀頭に全然皮が被りません。しかし大量のカウパー液のおかげかそれがローション代わりになりシゴく度にヌチャヌチャといやらしい音を立てています。

浩太くんのデカチンコをシゴきながら前旦那のチンコを思い出しました。
初めてセックスをした時からサイズが小さいなとは思っていましたが段々と慣れてしまっていたのです。
亀頭の大きさも先細りの小さめで勃起をしても半分以上、皮が被り剥くと綺麗なピンク色でした。
通常時などは全部皮が被っていて子供みたいに可愛いチンコでした。
セックスも弱く挿入しても30秒も持たずに射精で一度射精してしまうと皮が全て被って使い物になりませんでした。

当然、前旦那とのセックスで逝く事は一回もありませんでした。セックスが早々に終わると寝てしまうのでその後1人でクリトリスを弄り逝っていたのです。

続く

20
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕