ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

中出し体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
2017/02/22 18:24:50 (fkkq9iri)
私は今52歳、専業主婦です。
夫は小さな会社に勤めていて、二人の子どもは独立して
いるので、いつも昼間は私一人で「主婦の時間」を
過ごしています。
こんな状況になってもう7年になりますが、
お習字を習ったり、近くの温水プールに行ったり、
気の合ったお友達と日帰り旅行や温泉を楽しんでいます。
そんな私ですが、数年前からお付き合いしている男性が
います。
40代後半になってきた時に、子どもも手が離れ、
夫とは趣味や考え方が違っているので生活は
共にしていますが気持ちの上で満たされません。
あちらの方ももう随分ご無沙汰していて、私の人生、
この先これでいいのかな・・・と漠然とした不安に
駈られていたんです。
そんな時に時折プールに行った時に会う私よりちょっと
上かな? と思われる男性が気になっていました。
175センチくらいで、結構イケメンで胸板が厚く、
クロールで500mくらいを一気に泳いでいました。
私はあまり泳がず水中ウォーキングしていましたが
冬のある日、プールで歩いていたら、
彼と偶然ぶつかってしまいました。
「あら、ごめんなさい」「いや、こちらこそ・・」
という話から彼が「よくお会いしますね、お近くですか?」と聞いてきました。
それから少し話ができるようになり、
彼も私の事が気になっていた事を知りました。
何だか嬉しくなって、会う度に話が弾むようになりました。
そして春になった頃、彼が「尚子さん、お時間有ります
か? もし良かったらお茶でもしませんか?」
と誘われました。
私は26で結婚してから今まで男性から声を掛けられた
事もなく、貞淑な妻としてやってきたので、
正直ドキドキしましたが結局うなずいて、
近くのコーヒーショップに行きました。
開口一番彼が「尚子さんは均整の取れたいい体型を
していますね。見ていて自然に見取れてしまいます」と言われ「えぇ? そんな事ないですョ」と答えましたが嬉しくなりました。

当時48歳でしたが毎月のお客様は来なくなっていて私はもう女ではなくなったという寂しさの中だったので、女として見てくれた彼に気持ちが傾いていきました。
彼は技術サービスマンで、既婚者でしたがウィークデーでもお休みの日があるとの事でした。
その日のお茶の最後に彼が「今度はどこかへドライブしに行きませんか?」と誘ってきました。
とても気さくな感じだったので、自然にうなずいて携帯番号、メルアドも交換してしまいました。
何だかドキドキした一日でした。
数日して彼から「今度の水曜日、どこかへ行きません?」とのメールが入りました。
私は自由時間がたっぷりあるのですが、ちょっと夫の事が気になりました。
でも彼の誘いの方が上回って、しばらくして「OK」の返信をしました。
そしてその日、9時ころプールの駐車場で待ち合わせして、彼の車に乗りました。
江ノ島の水着で入る「エノスパ」に行くとの話で、二人は水着を持って行きます。
エノスパは海に張り出していて広い海と向こうには富士山が見えてすごいパノラマです!
哲平(彼の仮名)さんと自然に手を繋いでしまい、彼は景色を見ながら私の腰に手を廻してきて抱き寄せられました。
何だかウットリしていると不意に彼の顔が私の前にきて、軽くキスされました。
スパには他にも人が沢山いましたが、私は何も気にならずそれを受け入れてしまいました。
その時はそれだけでした。
そして、そこで食事をした後、1時頃エノスパを出ました。これで帰るのかなと思っていたら、彼の車は江ノ島のラブホに吸い込まれていきました。
何となくそんな事になるのかなと想像していましたが、私は結婚以来、夫以外の男性と手を繋いだりした事も、ましてやラブホなどに行った事もありません。
いざ現実が目の前に来ると期待と不安で胸はドキドキ、喉はカラカラに渇いてしまっています。
しかし、彼はお構いなしにラブホのドアを開け、中に私を押し込むと、後ろから抱きしめられ、うなじや耳にキス攻撃をしてきました。私はその瞬間、息を吸い込んで快感が溢れてのけ反りました。
彼は私をクルッと廻し、軽くキスをしたと思うと舌を差し入れてきてもう、私は快感で目が開いてしまい、ディープキスをされながらも嬉しさで笑ってしまっています。
彼は私をお姫様抱っこしてベッドに運び、私に覆い被さってキス攻撃です。
キスをしながら私の胸を触り、なで回します。
もう私もすべてを忘れ、彼にしがみついて、彼のなすがままにされています。私のワンピースの背中のジッパーを降ろし、脱がし、私をブラとパンティだけにして胸をいたぶります。
もう乳首はピンと立ってしまい、ブラをハズしてお乳を舐め回します。アァ・・・と自然に声が出て、もうからだは緩んだままです。
彼は乳首、耳、うなじ、と舐め回し続け、私は深い深呼吸をしながら彼の頭を抱いてしまいました。
それから彼は乳を舐め回しながら右手で私の割れ目に指を這わせてきました。時々自分でオナニーをする事もあるのですが、彼の指先の動きはそれ以上の快感で、自然に声が大きくなってきます。
もうパンティは濡れて透き通ってしまい、クチュクチュ音を立てています。
自然に私の足はM字型になってしまい、彼は段々下がってパンティの上からクリや膣口を舐め回します。もうダメ、ダメ、こんな快感、生まれて初めて味わいます。
私の頭はもう真っ白、何を言ったのか覚えていません。
彼の右手は左乳首をこね回しながら、彼はやおら私のパンティを脱がしました。
脱がす時私は自然に腰を浮かし、脱がしやすいように手伝いました。
そして、彼は自分の服を脱いで上半身裸、トランクスも脱ぎました。
ちょっと薄目で彼のモノを見ましたが、太くて長くて、上を向いてそそり立っています。
二人共生まれたばかりの姿になってしっかりと抱き合いました。
「尚子、好いとうよ」と九州弁で言われると、何だか返ってウットリします。
それから、彼は「生でいいかな?」と聞いてきたので、「大丈夫よ」と答えました(と言うか、もうゴムなんか要らないカラダです)。
それを聞いて彼は嬉しくなったみたいでその長くて太い肉棒をゆっくり私の膣口に入れてきました。
もう愛液が垂れるほど滲みているので、その太さ、長さも問題なく、スルリと入っていきます。
最初はゆっくり、試すようにちょっと入れては引いて、またちょっと入れては引いての繰り返し。
これが何とも心地いい。
最後に彼の肉棒全部を私の膣が飲み込みました。
そのスッポリ入っている肉棒の根元を私はしっかり見ました。(アァ・・夫と違う肉棒が入ってる・・。夫と比べものにならない!・・。ウゥ・・・。カリが子宮口に当たる・・。どんどん大きくなってくる・・・。)
正常位で彼が入ってきます。彼が両手を私の脇に立てて、私は彼の首に手を廻し、足は彼の腰に巻き付け踵で彼の腰をおさえます・・・。
後で彼から「尚子、スゴイよ、『もっと入れてぇ・・、奥まで入れてぇ!』と絶叫してたよ」と聞きましたが、覚えていません。
もう、記憶が遠のいてしまっていますが、それからそのまま私が起き上がって座位に移り、そして私が上の騎乗位になってズンズンとしました。
もう私の膣は痙攣しまくりで、彼の肉棒を締め上げたそうです。
特に膣口の締め付けが強く、根元を締め付けられるので、益々肉棒は大きく、太くなるそうで、彼は喜んでいました。
しばらく激しくピストンをしたかと思えば、ゆっくりペースになって肉棒で膣をかき回す・・・。
そんな女のからだを知り尽くしたような所作をされて、私は何度も逝ってしまいました。
セックスってこんなに素晴らしいんだ・・・と48歳になって初めて知りました。
夫以外の男性から教えてもらいました。
2時間くらい、ズッと繋がったまま、いろいろ体位を変えて交わりました。
もう、ベッドのシーツは濡れて滲みてしまいました。
最後に彼は正常位に戻り、「尚子、行くよッ、一緒に行こぉ!」と言い「私も行くぅ!」と答え、彼は野獣のようなうなり声を上げて猛烈ピストン運動をしてます。
私ものけ反って白目になって膣は痙攣し、彼の「アァ−ッ」という絶叫と共に肉棒が膣の奥まで突き入ってきて二人一緒に逝きました。
しばらく肉棒が膣の中でドクドクと脈打って、温かい精子が発射されました。
私の膣は5分くらい彼の肉棒をきつく咥えたまま二人は抱き合っていましたが、自然に肉棒は抜けて彼は横になって寝てしまいました。
私は起き上がってバスルームに行き、カラダを洗って、膣口から垂れてくる精液を指ですくって舐めました。
ちょっと苦い感じです。でもいい臭いです。
それから、ベッドに戻り、30分ほど彼に添い寝してから、ラブホを出て帰りました。
家に着いたのは5時頃でした。腰の周りは腫れ上がった感じで少しヨタヨタした感じで家まで歩きました。次の日くらいまでそんな感じでした。
夫が帰るのはいつも7時頃なので、それから晩ご飯の準備です。
これが初めての不倫でした。
夫が帰ってきましたが私はいつものように「お帰りなさい、先にお風呂?」と聞き、まったく普段通りで、夫は何も気が付きません。
その日の夜遅く彼から「尚子さん、今日はありがとう! すごく良かった! これからもよろしくね!」というメールが入りました。
次の日もその次の日も私はあのラブホでの情事を思い出すと自然に顔がほてってしまい、あそこが濡れてきてしまいました。
そんな事から自然に彼との関係は深くなり、互いの都合を合わせて、月2回くらい目くるめくような逢瀬を繰り返しています。
何度か一泊旅行もしました。
でも、私はまったく後悔していません。
家庭を壊すことはお互いできませんが、子どもを育て終えて、まだこれから数十年の第二の人生が始まる50前後の時に、このような第二のパートナーと知り合えて本当に私は幸せだと思います。
彼は単に精力絶倫というだけでなく心やさしく知識も豊富で教えられる事ばかりです。
今、52歳で、彼とのお付き合い(お突き合い?)はもう4年になり、二人で交わった回数は百回を超えました。
彼が私に放った精液の量も濃さも夫を超えたと思います。
私は夫にも親類にも近所の人にも貞淑な妻と思われていて、二人の関係は誰にも気付かれていません。
これからも秘密のパートナーとしてからだも心も深く繋がっていきたいと思います。

その年の初秋の頃だったかと思います。
もう何度も逢瀬を繰り返しているのですが、
さすがにいつもプールの駐車場で待ち合わせすると目立ってしまうので、
3回目くらいから彼から連絡があると私が家を出てしばらく行った
あまり人も車も通らない道を歩いている時に、彼の車が私を拾うことにしました。
何だかそんな秘密の行動そのものがドキドキする感じで、
もうその時から気分が高潮してきてからだが疼いてしまい、あそこが濡れ始めます。
だいぶ慣れてきたせいもあって、車に乗った時、ご挨拶のように、私は彼の股間に手をやり、ズボンの上からオチ〇チンを握ります。
彼もお返しに私のスカートの上から左手でアソコをスリスリします。
互いに目を合わせてほほえんで軽くキスをして、車は発車します。
その日は少し遠出して伊豆の網代にあるひなびた旅館の日帰り温泉旅行に行くことになっています。
彼はネットでいろいろ調べて連絡してきます。
そこは温泉の屋上に小さな温泉プールがあって、そこを貸し切って海を見ながら・・・・しよう。
という企画だそうです。
そこまでは高速を乗って、135号線に出て行きます。
網代辺りは波打ち際に松が茂っていてひなびた感じが出ていてそれだけでゆったりした気分になります。
その旅館に11時ころ着きました。
仲居さんが私たちを個室に招いてくれ、そこで一休みです。
まず浴衣に着替えて、お茶をいただきました。
布団を使うのはOKですが、経費節減でセルフサービスでお願いしますとの事です。
早速彼は布団を出して、マットレス、敷き布団を井桁に組みました。
ダブルベッドのような広さになり(なーるほど)、早速二人は服を脱ぎ捨てて布団に入りました。
もう最初の時から、二人でする事は決まっているし、二人とも相手をジッと見て微笑み、
気持ちの高ぶりを覚えつつ、抱き合って舌を絡めたディープキスから始まります。
もうそれからは、二人の官能のおもむくままに進んでいきます。
彼はいつものように私のカラダの隅々まで舐め回してきます。
もうこれだけで私は逝ってしまいます。
乳首を甘噛みされて耳に息を吹きかけられて舐められるともうダメです。
もう、膣口から愛液が流れ出します。
彼の肉棒もいきり立ってきています。
それから、彼が私のクリや膣口を舌で舐め、
クリを口をすぼめて吸ったり舌で転がされるともう我慢ができなくなり、
「あなたのオチ〇チン咥えたい」と言って69にしてもらいます。
でも、私が彼の大きな肉棒を咥える間もなく、彼のクリニングスが勝って、
私は(アァー・・)と声を出して肉棒を離してしまいます。
これもいつものようです。
そんな事をしている内に私が我慢できなくなり「入れてぇ・・!」と叫びます。
「エッ?何を入れて欲しいの?」
「・・・・」
「黙ってちゃ分からないよ、言ってごらん?」
「あなたの・・・」
「・・・じゃ分からない、何?」
「あなたのオチ〇チン・・」
「どこに?」
「私のオマ〇コにィ・・」
「最初から全部言ってごらん?」
「・・・あなたのオチ〇チン・・を・・私のオマ〇コにィ・・入れてくださいィ」
・・・最初は恥ずかしくて言えなかった言葉も言えるようになり、その言葉でまた興奮してきます。
そして、彼が入ってきます。
もうそれからは二人の官能のままに夢の世界に浸っていきます。
深呼吸しながら、アァ・・、ヒィ・・、とか大声を出してしまいます。
多分、仲居さんにも聞こえているでしょうけど、もう構いません。
そしていつものように私がコアラのように彼の首や腰に私の手足を絡めて
ディープキスをしながら正常位で二人一緒に天国に逝ってしまいます。
愛液と精液が混ざってシーツを濡らしてしまいました。
そしてしばらく肉棒を入れたまま抱き合っています。
彼はもう50過ぎなのに、衰え知らずで萎えません。
でも、今日の目的は屋上のプールです。
しばらく休んでから、彼が仲居さんを呼んで、屋上のプールを使いたい事を告げます。
お茶を飲んで一休みして、屋上のプールに行きます。
鍵を開けて早速浴衣を脱いで裸になります。もう最初から下着は着けていません。
元々二人が知り合ったのがプールですから、
二人とも温水の中で陽の光を浴びながら、子どものようにじゃれ合います。
私は潜って彼のオチ〇チンを咥えました。
水の中で肉棒を咥えるのはまた違う感覚で興奮します。
1分くらいは息継ぎしないで大丈夫です。
そして次は駅弁です。
水の中では浮力があるので、駅弁スタイルの結合が楽チンでできます。
旅館の屋上は他からは見えないので、海を見ながら私はコアラスタイルで彼に抱きつき、
彼は私の腰を両手で支えて再びいきり立った肉棒を突き刺してきます。
水の中でズッコンバッコンするとプールにさざ波が立ちます。
時折ディープキスしたり、彼が乳首を甘噛みしたりでイチャイチャしまくります。
もう自然に夢心地になってきます。
プールで新鮮な感覚でカラダをつなげましたが、
そこでは最後まで逝かず、40分の制限時間を終えて、
また部屋に戻り、ダブル布団で更に最後まで逝きました。
結局、お昼も取らずに過ごし、旅館を出たのは3時過ぎでした。
帰る途中、海の見えるレストランで二人でステーキを食べました。
激しい運動をしてきたのでいい栄養補給になりました。
そして、来る時と同じ場所に帰ってきて、
帰りのご挨拶も行きの時と同じように互いに股間を探り合い、
軽くキスをして別れます。
そて5時頃に腫れた腰でヨチヨチしながら家に着きました。
充実した一日でした。

大切な事を書き忘れていました。
最後に一緒に逝くタイミングを、いつも合わせられるようになってきています。
前の投稿で書きましたように、彼は(アァッー・・・)という獣のような声を出し、
腰をこれでもか、と言うほど強く押し付け、
私はのけ反って膣痙攣を起こしながら一緒に逝きます。
彼の肉棒の先からは精液が脈打って
ドクドクと私の子宮口に放たれます。
この瞬間が、私にはたまらないのです。
そして、二人抱き合って、天国の花園にいるような甘美な瞬間と
ふたりのカラダとこころがひとつになっている充実感・・・。
そして、その後しばらくの静寂の中、
重なり合いながらどちらからともなく
舌を絡めたり、軽く唇を重ねるだけのキスをしたり・・・、
フフと互いに見つめて笑ったり・・・。
ヒシと強く抱き合ったり・・・。
この甘美なひとときがあるから、セックスが本当に悦びなんだ!
と思います。
それぞれの生活は別々ですが、
あたかもその悦びのために普段の生活があるような・・・。
私のカラダは彼のモノ、彼のアソコは私のモノ・・・そんな感じかなァ?
どう表現していいか分からないのですが、そんな気持ちで過ごしています。
16
2017/02/20 19:05:24 (2Jk8ynxW)
お兄さんは射精とザーメン切り替え出来る暖今までウチは17人の大人と会ったよキンタマにザーメンタンクあって精子混ぜたのが射精でキンタマで精子まぜなければザーメンで今まで会った大人がザーメン中だしヌポヌポしてくれたよ中だしザーメンヌポヌポゆっくりピストンめちゃくちゃ気持ちいいよ
17
削除依頼
2017/02/19 05:43:04 (466Rk3F0)
あたしはかなりの変態ドMで、自分なんてセックスで肉便器として扱われるくらいしか価値がないと思ってるし、実際こんなあたしで男の人が気持ち良くなって精子をだしてくれるのがこの上なく幸せなのだ。
もし叶うなら入れ替わり立ち替わりで精液便所として扱われる壁穴まんこになりたいくらい笑
こんなあたしを飼ってくれてる優しいパパとはもう2年目。
パパとはいつも生半で、あたしが欲しい時にはいつもおまんこの奥に種付けしてくれる。


今日はパパと、パパがあたしのお願いを聞いて4Pしてくれた時のことを書きます


その日はあたしとパパと、四十代のデカチンAさんと、二十代ハーフのBさん。
Aさんはかなり鍛えていて、細身なのに下半身の筋肉すごかった笑
ホテルでシャワー浴びたあと、裸になったあたしにまずバックからAさんが挿入。
もちろん前戯なしがあたしの希望だから、濡れてないまま笑
とはいえ、数時間前までパパに使われていたから比較的入れやすかったと思う
軽く抜き差しを繰り返しながらすぐに子宮口まで侵入されちゃった
一気にデカチンに押し込まれ、慣れないチンポサイズに広げられたあたしのおまんこはそれだけで感じて、動かしてもいないのに濡れ始めちゃう笑

Aさんは「いいね、キツくて拒むような締まり方だ」って、子宮をズンズン虐めながら満足そう
あたしはパパとBさんのおちんぽを交互に口で、舌で、喉奥で吸い上げ扱きながら「精子ください!危険日のるなのおまんこに種付けください」って叫んでた笑

Aさんは「今日のために一週間溜めてるからね、濃いヤツで一発妊娠しちゃうかもなあ」
あたしはその言葉にゾクゾクきて、いけないことであればあるほど興奮してしまう
「いいの、妊娠させて!パパとAさんとBさんの精子で妊娠させて!父親のわかんない子を孕ませてください!」

パパも興奮してあたしの頭を抑えて、喉奥にズンズンチンポを押し付ける。
Bさんはあたしの手を取って扱かせて、Aさんはピストンを早める。
「オレの形に馴染んできたね。オレの精子欲しいか?種付けほしいか?」
「ほしい!ほしいの、ちんぽ汁子宮にぶっかけてえ!」
パパのちんぽを口にしながら、くぐもった声で絶叫。
Aさんの腰の動きに合わせて早く精液を子宮に貰えるように腰をくねらせる。
「あー、イク!イク!精子出すぞ!一週間溜めた特濃精子で孕め!孕め!」

Aさんの射精を膣口と子宮口に感じる。
びゅくびゅくとおちんぽが脈打って、あたしを孕ませる為だけに作られた精液があたしの中を満たしていくのを感じて、あたしも絶頂。
精子をゴクゴク飲むようにヒクつくあたしの子宮口をひとしきり堪能して、ようやくAさんはちんぽを引き抜いた。
ぬぽっと滑りのある音と、どろどろの精子をまとわりつかせたちんぽを、あたしは幸せな気持ちでお掃除フェラ。

パパはその間手でしごいていて「るな、おまんこを指で広げて」
あたしは言われるまま、Aさんの精子でどろどろのおまんこをM字になり、両手で広げてみせた。
パパはそのおまんこにちんぽを近づけて激しくオナニーして、決して一度も挿入せずに、精子だけを子宮にめがけて射精した。
あたしのおまんこを、精子ぶち込むだけの痰壷か小便器みたいに使ってくれた。
二人の精子でグチョグチョになったあたしのおまんこをBさんは何枚か写メしてから、挿入。

グポグポと下品な音を立てながら、大きいけどハーフだからか柔らかめのBさんのちんぽが出入りする。
あたしは硬いちんぽで子宮口をいじめられるのが好きなので、ちょい物足りない。
でも硬いちんぽとは違う密着感もあり、これはこれで楽しめました。
最後はBさんも子宮にたっぷり射精してくれて、種付け4Pは終わり。
三人分の精子でおまんこはでろっでろで、いくらシャワーで流してもぬるぬるがなかなかとれません笑


Bさんとパパは先に帰り、残ったあたしにAさんが一晩中種付けしてくれました。



帰りにはパパからもらったアフターピル飲んで、終了笑
18
2017/02/18 04:06:24 (Kpe04rhY)
中出ししてくれる人はいないでしょうか?

私は旦那も子供もいますが、
知らない人に中出しされたい願望が昔からあります。

35歳で、もう少ししたら誰にも相手にされなくなっちゃうから
その前にどうしてもしたかったことをやってみたいんです。

避妊しないので妊娠するかもしれませんが、
絶対にご迷惑はおかけしませんので
他人の妻を妊娠させたい悪い人は連絡お待ちしてます。

あ、でも主婦でお金がないので、
ホテル代と交通費を頂ける人が助かります。

よろしくお願いします。
19
2017/02/17 12:52:05 (WT.BaCWm)
年末年始に独りでスキーをしに行って泊まったホテルにたまたま混浴が着いていた。

男湯はあるがそこまで広くないので夜中に混浴の大浴場に行った。

人が多い時間に行くとババァばっかりで嫌気がするので人のいない夜中に行くと貸し切り状態で広い浴場を満喫してた。

露天風呂で雪見風呂をしていると後ろの扉が開いて女の子(大学生くらい)が入ってきた。

普通男がいたら出ていくかと思いきや自然に入ってきた。

お湯は乳白色でそのままだと何も見えないが、俺は息子を見せたりする性癖もなく、その子を視姦するわけにもいかず、その子に背を向けて縁石にあごを乗せて浸かっていた。

そうするとその子が
「あの〜その背中どうされたんですか?」
とまさかの話しかけてきた。

俺は小学校の頃背中にケガで大きな傷ができてしまった。

俺はそのまま応えると
「痛くないんですか?」
当然痛くない。

そしてまさかの
「触ってもいいですか?」
と言ってきたので驚いて
「は?」
と言ってしまった。

その子は俺の気分を害したと思って物凄く一生懸命謝ってきた。

俺は
「いや、初対面の知らない男の背中をまさか触りたいって言うと思わなかったから驚いただけだよ!でも、ずいぶん積極的なんだね!」
と言うとお風呂でのぼせたのとは別に照れてるようだった。

話を聞くと名前は「あゆみ」、まだ高1で彼氏はできたことなく、バレーボール部、女子高で彼氏が欲しいけど先生はおじさんばかり、兄はアニメオタクで太ってて醜く、父親も中年太りでたまたまキレイに締まった筋肉を見たから思わず触りたいって思ったらしい。

俺は(ようは欲求不満なだけか)と思いまず背中を触らせてあげることにした。

しばらく触らせたタイミングで
「俺にも触らせてよ!」
と切り出してみた。

意図がわかったようで無言で頷き背中を向けてくれた。

最初は肉付きを確かめるように触ったが、すぐに首筋など感じるところを触ると
「あぁ」
と声をもらした。

そのまま湯船に浸かりながら脇の下から胸を揉んだ。

まだ硬めだけどそこそこしっかりしたサイズがあり揉みごたえがあった。

乳首をコリコリすると完全に俺に身体を預け上を向いて喘いでいた。

俺はそのままキスをすると一瞬ビクッとしたが、すぐに受け入れてくれた。

まだ未経験だけどディープの仕方は知ってるようで積極的に舌を絡めてきた。

とはいってもファーストキスだったのでお世辞にもうまいとは言えなかった。

そのまま右手を下に持っていくと自分から脚を広げてくれた。

高1で運動部なので適度に絞まっていてあそこも広がりすぎていないようだった。

筋をさすって第一関節まで入れると少しビクッとした。

痛いか聞くとまだ大丈夫と言っていた。

ここで意地悪をして
「もし誰か来たら大変だね」
と言うとハッと現実に戻ったようで俺から離れて少し近くに移動した。

俺は「続きしたい?」
って聞くと
「ここだと人が来るかもしれないから…」
と言うので
「なら俺の部屋に来なよ。」
と言うと
恥ずかしそうにコクンと頷いた。
20
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕