ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

義家族との体験 RSS icon
※義父母・義兄弟・義姉妹等との体験

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
削除依頼
2017/07/26 11:51:47 (s/sFycoi)
体験ではないのですが、10歳ほど歳の離れた義姉がずっと気になってしょうがないです。
義姉は、170センチ超えの身長に推定Fカップの巨乳で、グラマラスな体型。大好きな体型なんです。
あまり、二人きりで会話をする機会がないですし、個人的に連絡することもありません。
しかし、会って話をするとムラっときてしまい困っています。干してあるブラをくんくん嗅いだことがあるくらいです。言葉責めされながら、テコキとかされてみたかったり、授乳プレイしてみたかったり。。 はぁ、どうにかならないかなぁ。。
1
2017/07/26 05:17:19 (8yrB3lgR)
私は婚約中の恋人を不慮の事故で亡くした後、本来なら、自分の義母になっていた筈の女性と結婚したのです。
18年前に亡くなった私の婚約者の洋子は一人娘で、彼女が小学生の時に両親が離婚して母親に引き取られて、それ以後、母親の京子は再婚しないで女手一つで娘を育てたのでした。
私と洋子の結婚が決まった時、彼女の母親の京子は本当に喜んでくれて、私たちはそれまで苦労して娘を育ててくれた母親に二人で十分に親孝行しなくてはならないと言っていたのですが、その矢先に…
ある日、洋子は交通事故に遭い、帰らぬ人に…
恋人を亡くした私と一人娘を亡くした京子。
私も京子もあまりにも突然の残酷な出来事に、気が狂わんばかりの物凄いショックを受けて、まさに涙が枯れるまで泣き続け、悲しみの次には例えようもないほどの大きな虚脱感に覆い尽くされて、生きる気力を失くしたのでした。
立場こそ異なれども、自分にとっての最愛の人を亡くした悲しみに暮れていた私と京子。
共通の悲しみ、淋しさを抱いていた私と京子はお互いの傷を舐め合うように慰め合っているうちに、私たちの間に洋子が生きていた時には二人ともただの一度さえ抱いた事がなかった、否、考えも及ばなかった気持ち、ほのかな恋愛感情が芽生え始めたのです。
私と洋子は2年間の交際を経て婚約したのですが、付き合い始めて3ヶ月後に肉体関係を結んだ間柄で、すでに婚約前から夫婦同然の性生活を送っていました。
精神的に強く堅い愛で結ばれていたのは無論ですが、肉体的にもお互いの体、性器の相性が頗る良く、2年間で数え切れないほどに何度もセックスして、いつも男女にとっての最高の悦びを感じながら、愛し合っていた私と洋子で、いよいよ結婚して幸せな夫婦生活を迎えようとしていた時に起きた予期せぬ不幸。
その時期の私は亡くなった洋子が忘れられなくて、もはや彼女以外の女性と恋愛して結婚するなんて事はまったく考えられなくなっていたのです。
そんな私にとって唯一の慰めは洋子の母親である京子の存在でしかなかったのでした。
京子は20歳の時に結婚して21歳で娘の洋子を出産したので、その頃、まだ42歳で私より16歳上ですが、年齢よりもかなり若く見えて、顔立ちも洋子に似ています。
亡くなった洋子に対する申し訳ない気持ちはありましたが、私は次第に彼女の母親の京子に魅かれて行き、本気で結婚したいと思うようになったのです。

ある日の晩、私は意を決して京子の家を訪ねて、遂に彼女へ自分の気持ち、愛を告白しプロポーズしたのでした。
娘の恋人だった私の突然のプロポーズに京子は驚きましたが、段々と頬が赤らんで来て、彼女も私に好意を抱いている事がわかったのです。
京子は自分の本心を隠そうとして私のプロポーズを断りましたが、私は彼女に抱き付き強引に唇を奪ったのでした。
私の強引な“プロポーズ”に京子は必死で抵抗しましたが、私は「ぼくにはもう“お義母さん”しかいないんです」と言って、力づくで彼女の体を押し倒し仰向けにして衣服を剥ぎ取って行き、私自身も衣服を脱ぎ捨ててお互いに全裸になると、年齢よりも若々しい京子の体に自らの体を重ね合わせました。
私は京子の体を強く抱き締め、嫌がる彼女の唇に無理矢理、吸い付いて狂ったように激しくキスしまくって、「愛してます」「結婚して下さい」「ぼくの子どもを産んで下さい」と懇願したのです。
「お願い… 乱暴にしないで… 優しくして…」
私の強引な行為に京子は目を潤ませながらも、私の顔をじっと見つめてそう言ったのでした。
その目はもはや明らかに異性、愛する男性を見る女のそれになっていて、京子が娘の恋人だった私を男として受け容れてくれた事を確信した私は本当に嬉しくなって、初めて「お義母さん」ではなく、名前で
「京子さん…」
と呼んだのです。
「洋子の代わりで良かったら、あたしを愛して…」
京子は真剣な眼差しでそう言うと、左腕を私の首に右腕を私の背中に回して、初めて私の体に抱き付いたのでした。
「愛してます… 京子さん…」
「愛してるわ… 明憲さん…」
私と京子は抱き合ってお互いの顔をじっと見つめ合って愛の言葉を発すると、磁石で吸い寄せられて行くかのように唇を合わせ、激しく濃厚にキスし始めたのです。
キスの後、私は京子の年齢を感じさせない若々しくて弾力性のある乳房を激しく揉みしだき強く吸って、硬直した乳首を舐めて愛撫しまくりました。
初めて男と女として体を許し合うので、お互いの性器の愛撫、クンニとフェラは行なわず、キスと乳房愛撫の後、性器を結合する事にしたのです。
「あたし、主人と別れてからずっとしてないけど… 挿入(い)れて…」
京子は恥ずかしそうにそう言って両足を左右に拡げ自らのヴァギナを露にして、すでにビンビンに勃起していた私のペニスを興奮と羞恥心の入り混じった目で見つめていました。
夫と離婚して以来、男性経験が皆無で、実に10年ぶりにセックスする京子のヴァギナは若い洋子のヴァギナのような瑞々しさこそありませんでしたが、10年もペニスと交わっていなかったせいか、ほとんど黒ずんでいなくて、まだまだ若々しさが感じられるピンク色の美しいモノだったのです。
10年もセックスしていなかった京子ですが、本当に久しぶりに男性と交わる事になって自らの中で女としての本能が目覚めたのか、彼女のヴァギナはすでにかなりの愛液が湧き起こって濡れていて、私のペニスが挿入されるのを今か今かと待ち望んでいるかのようでした。
私はかなり興奮しながら、自らのペニスを京子の膣口に押し付け、真っ直ぐに彼女の膣内(なか)に挿入(はい)って行ったのです。
「あっ… は… ああ…っ!」
「おっ… お… おお…っ!」
私と京子、二つの肉体、ペニスとヴァギナが一つに結合した瞬間、お互いに思わず、歓喜の声を発してしまいました。
遂に私と京子は男と女として結ばれたのです。
その時の私は洋子と初めて体を許し合った時と同じような初々しい気持ちになり、京子と一つになった事にこの上のない大きな悦びを感じていました。
私と京子はお互いに我を忘れて、男と女として本能の趣くままに獣のように激しく愛し合いました。
驚いた事にさすがに母娘だけあって、京子の膣の感触は亡くなった洋子のそれにそっくりで、私の性運動に対するヴァギナの反応、ペニスを締め付けるキツさも本当によく似ていたのです。
また、女として発する歓喜の声も快感に満ち溢れた表情も京子と洋子のそれはそっくりそのもので、私は洋子とセックスしているような感覚に捉われたのでした。
「おお… 京子さん… すごい…っ! すごいです…っ! 京子さん、すごくイイです…っ! 最高です…っ!」
京子とのセックスに強大な快感を覚えた私は思わず、そう言ってしまい、彼女も
「ああ… イイ…ッ! イイわ…っ! ああ… 明憲さん、すごくイイわ…っ! 素敵…っ! 素敵よ…っ! 明憲さん、最高に素敵よ…っ!」
と言ったのです。
「京子さん、洋子にそっくりです… オマンコの感触も締め付けのキツさも… 声も表情も本当に洋子にそっくりです… 洋子とセックスしてるみたいです…」
私が自分の正直な気持ちを伝えると、京子は
「ああ… 恥ずかしいわ、明憲さん… あたしと洋子がそんなに似てるなんて… ああ… 洋子、すごく幸せだったのね… 明憲さんのこんなすごいオチンチン、オマンコに挿入(い)れられてたなんて… こんなに大っきくって太くって硬い逞しい素敵なオチンチンで突きまくられてたなんて、きっと物凄く感じてたんでしょうね…」
とちょっと恥ずかしそうにしながらも、女としての正直な気持ちを口にしたのでした。
その時、私も京子も亡くなった洋子に対する後ろめたい気持ちは持っていましたが、でも、もう洋子はいなくて、自分たち二人は男と女として愛し合っていたのです。
私は京子に自分の子どもを妊娠して出産してくれるようにと懇願すると、彼女は私の申し出を快く承諾してくれました。
その日は初めて体を許し合った男女であったにも関わらず、私と京子は翌日の明け方近くまで6回も交わり、お互いに性獣と化して本能の趣くままに濃厚なセックスで精も根も尽き果ててしまうまで激しく愛し合ったのです。
精神的に強く魅かれ合っていた事は無論ですが、私と洋子のセックスと同じく、肉体的に私と京子はお互いの体、ペニスとヴァギナの相性が物凄く良くて、二人でとてつもないほどの強大な快感を覚え、男女にとっての最高の悦びを感じ合ったのでした。
お互いに洋子が亡くなった悲しみ、淋しさから少しでも解放されたかったせいもあったからだと思いますが、一晩中、セックス三昧の時間を過ごして、6回とも二人でまったく同時にイッてしまった私と京子なのです。
6回目のセックスが終わった時には私も京子も体力をすっかり使い果たして、ヘトヘトな状態でしたが、私たち二人は全裸の体をピッタリとくっ付けて抱き合って、お互いに男と女として愛し合った悦びを感じながら、深い眠りに就いたのでした。
自分たち二人にとってその夜が新たなるスタート、第二の人生の幕開けになる事を期待して…
男と女として初めてお互いの体を交えて、愛し合ったその夜は私と京子にとって事実上の初夜だったと言うべきでしょうか…

私と洋子は婚約していた当時、まだ役所へ婚姻届を出していなくて正式な夫婦になっていたわけではなく、私と京子は戸籍上の義理の親子関係にはなっていなかったので、その後、私たち二人は結婚して私と京子の間に娘が誕生したのでした。
夫婦になった私と京子は自分たちの間に生まれた娘は亡くなった洋子の生まれ変わりだと思っていて、名前は同じ洋子にしたのです。
私と京子は結婚して以来、何らかの重要な用事がある時以外は亡くなった洋子の月命日には必ず墓参する事にしているのです。
私たち夫婦の娘の洋子へは昨年、両親である自分たち二人が結婚するに至った経緯、彼女の名前の由来について包み隠さずに全てを話しました。
最初は意外な事実にかなり動揺した様子を見せた娘の洋子でしたが、後に気持ちが収まり、今では理解してくれています。
私と京子の娘の洋子は今年で16歳になって、名前だけではなく、顔立ちや声も亡くなった洋子によく似て来ました。
まるで亡くなった洋子が生まれ変わったかのようで、否、もしかすると、本当に生まれ変わりなのかも?と思ってみます。
私は今年で44歳に。
京子は還暦を迎えましたが、年齢の割にはすごく若々しくて、とてもそのようには見えません。
無論、今でも私たち二人の間には性生活は存在していて、若い頃に比べたら、回数は減ったものの、週に1、2回は初めて男と女として体を交えたあの日の夜のように、濃厚なセックスで激しく愛し合っています。
2
2017/07/25 18:34:15 (7WTnDErT)
まだ、結婚はしていないけど、彼氏の実家に住んでいる。
彼は私より7歳上のとっても優しくて本当にいい人。家族もみんな穏やかで上品でとっても親切。
5歳年下の彼氏の弟も一緒に住んでいる。シートベルトの刺すところになかなか刺さずにいると、刺すところを持っててくれたりする優しい。そして、かわいい^_^
元彼も5歳年下だったこともあってなんだか懐かしい。
お皿を渡す時、手が触れることがありなんとなくドキッとしてしまう自分がいたりして、混乱。
エッチな妄想は最近性欲が落ちたせいであまりないが、ギューって抱きしめたい。触れたい。
そんなこと考えてる自分気持ち悪い。
3
2017/07/25 15:38:40 (3w159K97)
義父の精液がまだオマンコの中に残っているまま、寝室でSEX後のオナニーをしながら体験記を打っています。子供らは部活で夕方まで帰らず、たいてい平日の今の時間は義父と2人。義父と午後のSEXをして過ごしています。今日は、生理が終わった後なので、義父もペニスを硬くして、義父の和室で待っていました。お昼の片付けをし、サッとシャワーを浴び、白檀の香が焚かれた部屋へ行くと、すぐに布団に寝かされます。毛が無いオマンコをゆっくり開かれ、
生理の間は我慢するのが大変だったと、義父はゆっくりと舐めてきました。
生理後のオマンコはまだメスの香りが残るようで恥ずかしいですが、自分から両脚を大きく開いていました。自分でクリを剥き出しにし、義父に舐めての仕草。義父がペニスを私の口元に持ってきたので、1週間ぶりに激しいおしゃぶりをしてあげました。義父は、激しいと出てしまうと、ペニスを抜き、べっとり濡れきったオマンコに、入れてきました。
主人と変わらないくらいの、ペニス。腰は、鐘をつくような挿入、単調だが、なぜか感じる。四つん這いにならされ、お尻を高くつき出す、義父はアヌスを舐めてくる。いや、いやです、と抵抗する。バックでオマンコに挿入してもらい、オマンコをキューと締めたり、弱めたりを私も繰り返すと、義父は、出てしまう、出てしまうと、オマンコに精液を時間かかりながら、ドピュドピュドピュと。エッチな顔をしたまま、自室へ戻りました。が、まだもう少し、オマンコをいたぶられたく、自分でオナニーを始めました。
4
2017/07/25 04:25:51 (vKlB.ucz)
2人だけの秘密で墓場まで持っていくつもりです。
私が19の時に、姉の旦那が職場の大学生と駆け落ちしました。
姉はかなり落ち込み精神的にまいってました。旦那さんの両親と大学生の両親は申し訳ないと家の門の前で土下座で謝罪しました。
両親は激怒して離婚させると言ってましたが、失踪者との離婚には時間がかかって、すぐに離婚は出来ないとのことでした。
とりあえず、旦那の両親と大学生の両親は連絡があれば、こちらにすぐに伝えるとの事で、居場所がわかれば縄で縛ってでも連れてくるとの約束で別れました。
姉を1人にして何かあったらと、暫くこ間、私が姉と一緒に住むように両親に言われて、姉の家で住み始めました。
旦那が失踪したので生活費は旦那の両親が出してくれてました。
私は学校が終わると直ぐに姉の家に帰ってました。私が学校の時間は母が家に来ていました。そんな生活が3ヶ月程たった位から姉も落ち着いてきました。
そんな時に大学生の両親から娘から連絡があった「お金が無くなって水商売で働かされてる、風俗で働けとも言われた。助けて欲しい、お金がないから逃げれない、迎えに来て欲しい」みたいな連絡があったとの事でした。
とりあえず話し合った結果、旦那の両親と大学生の両親と私が行く事になりました。旦那と大学生が暴れたら、しばき回して良いとの事前に了承してもらいました。
高校の時にボクシングでライト級で県1位で中国大会で3位ですので、旦那が暴れても大丈夫です。
部屋に踏み込むと、酔いだれた旦那と手や足に痣を、つけて泣いてる大学生がいました。それを見た瞬間切れてしまい、気がつくと顔面血塗れの旦那が倒れてました。さすがにやり過ぎたので、旦那の両親に謝罪しましたが、「こんな奴は殺されても仕方ない、謝る必要はない」とのことでした。
逃げれない様に、結束バンドで後ろ手にして親指、小指、手首と足首を拘束してワゴン車に乗せてかえりました。
離婚届に署名捺印させて離婚、後は大人の話だと両親達の話合い。
とりあえず、姉も実家に帰る事を了承し引越し。姉の荷物だけなので私のワゴン車で運ぶ事になりました。
姉が衣服をカバンや段ボールに詰める時に下着を見てしまい、その後はつい姉の身体をいやらしい目で見てしまい、下半身を勃たせてしまってました。
ひと段落ついて休憩してると、「色々と迷惑かけたね、なんかお礼をするから」と言ってきたので、身体でお礼してもらう想像してると「さっきから、私の胸やお尻見てるけど溜まってるの?」と言われて恥ずかしくて無言で下を向いてると、2人だけの秘密だからねと抱きしめられました。姉は下着姿になり、したい事をして良いよ。して欲しい事もしてあげる。でも、子供が出来たら困るからゴムはつけてね。と言ってくれてました。
無我夢中で姉の身体をむさぼり、入れたくてゴムをつけ様とするも焦ってうまくつけれなかったら姉が優しくつけてくれました。
初体験の時より気持ちが良かった。出した後、ぐったりしてたら姉がお口で綺麗にしてくれました。
人生で初めてで一度きり経験でした。

実は初体験は旦那のお母さんです。息子が大学生と失踪した弱みに付け込みました。小さくて可愛い感じで前からやりたいと思ってたんです。「あんたの息子の所為でバイトも辞めたし彼女にも振られた!責任とれ!」と玄関で犯しました。



5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕