ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

禁断の木の実 RSS icon

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
2017/10/03 13:58:07 (psXulgoB)
クリトリスを楽しみながら敏子にくっ付いていると、お姉ちゃんも
僕にくっ付いてきた。お姉ちゃんも僕のちんぽに手を伸ばした。
敏子の手にはっとしていた。
「お姉さんごめんなさい。剛君と仲良しになりました。これはもう、
うちの物ですから」とはっきりした声で言い切っていた。
「なによ!これは剛が小学校の頃からうちのものよ」
「いいえ、今からうちのものになりました!」
はぁーと心の中でため息。こんなになる事など想像も付かない事だった。
お姉ちゃんのおめこも、敏子のおめこもどっちも気持ちよかったし・・・。
二人の手でちんぽを掴まれていた。いきなりお姉ちゃんが起き、
ちんぽを銜えた。舌先で舐めまわす。今したばかりなのに俺はやりたくなる。
「お姉さんずるい!」敏子はちんぽを離さない。
お姉ちゃんは急にちんぽから口を離し、「はい、次は友達の番。お口でする?」
と、けろっとした。敏子にかぶりつかれたと思うくらいに、
ちんぽは敏子にしゃぶられた。敏子はお姉ちゃんと舐め方はちょっと
違うなと感じた。ふーみたいに離れた敏子だった。
 お姉ちゃんは敏子に手をだし
「はい握手。一つしかないんだからあ仲良くしようね」
えっと言った敏子、握手をしていた。
「うちとこに何時来ても良いからね」
お姉ちゃんと敏子の愛情一杯のものが僕のちんぽの周りに
へばりついてるのに気が付き「シャワー浴びる」と
何かに宣言するように言い立ち上がり、風呂場に向かった。
2人とも僕の後についてきて、三人一緒にシャワーを浴びた。
敏子がとっさに僕のちんぽを洗った。「友だちぃ〜乳でかいなあ〜」
「いやーんお姉さんもぅ〜」と打ち解けてるような会話をしている。
僕一人と2人とおめこする事は時間に関係なく、心を許せるもの?
2人は僕を置いてきぼりにして楽しく話していた。
 そんな2人の乳を片方ずつ掌に包んでぎゅっと握った。ハモるように
「いたー」僕は何も考えてはいなかったのに「2人、後ろ向いて」と
言うと、言うとおりに僕に背中を見せた。脇に手を入れ、横並びに
くっつかさせた。2人の真ん中に立ち、後ろか手を回して2人の
片方の乳を揉んだ。黙って立ってくれている。お姉ちゃんが
「そんな事をしたらしたくなるやん」と言う。乳を触り
おめこにも指を運んだのだ。自然にというか、風呂の淵に両手を
2人ともに付かせていた。お姉ちゃんからおめこにちんぽを
突っ込みながら、敏子のおめこを弄る。
「あ〜」とお姉ちゃん。その声を聞いて敏子のおめこにちんぽ
を突っ込んだ。「剛君!」入れた時に何かを感じたのか?と思った。
ちんぽを入れたり出したり。二人にするのはとても楽しくなりだした。
それぞれにおめこをして三人で洗いっこして風呂を出た。
二人が僕を拭いてくれる、バスタオルの刺激で勃起のちんぽ。
ちんぽを2人して刺激するんだった。

 それからと言うものは、ほぼ週3回は敏子が家に来た。
そんな時はお姉ちゃんが買い物に行って来ると僕らを2人にした。
敏子に四十八手をパソコンで見せたら顔を赤くしていた。
「どんなのがしたい?」顔を真っ赤にしてパソコンの画面を
指差す。[後ろやぐら]と書いてあった。
二人でそれをじっと見て頭に叩き込む?そして体をくっつけ
あった。この体位は2.3回お姉ちゃんとしていた。やり方は
大技的でやってて楽しめる。敏子もそれなりに楽しんでる風だった。
「そこもっと入れて」とか敏子。もっと腰低くしてとか僕。
そこ、そそと、敏子。2人で良いこと悪いことを言い合って、
気持ちよくなっていた。そんな事は今まで姉とやってきた事だった。
やり方に慣れると体を一旦離して、一からやってみるのだった。
そんな一からを何回も繰り返して楽しんだ。解ってくると、
ちんぽをつるんと言う感じでおめこと繋がるようになった。
 「上手にできたね〜」と先生の様に言い楽しむ敏子がいた。
2人で言い合ってする事が敏子には新鮮でとても良いと言った。
48手を半分以上こなしていた。僕も敏子とのセックスは楽しかった。
僕は人が入れ替わるとこんなに楽しい気持ちになるのかな?
姉と違う楽しさを発見していた。答えは解らない。

 竹子と・・・。変な考えが頭をよぎった。
その後ろやぐらを堪能して帰り際に敏子は
「竹子の事気になってるんやろ?」俺は見透かされていたのか!?
動揺していた。「急になに言うんじゃ?」「女の直感よ」と笑う。
「一回だけ協力してあげる、後は剛君しだい。何時とはっきり言えないけど。
チャンスと思ったとき急にね。だから今日は今、もう一回して」と
パンツをずらして壁に両手を突いた。玄関での話だった。
言うとおり今後ろやぐらをしたら武子の事を認めることになる。

「解った解った」僕は座ってスカートを捲って股を大きく開かせて、
おめこに舐りついた。べろべろ、べろーんと舐めた。そしてパンツを
元どうりに履かせてやった。「敏子のココが良いんじゃ」と
壁手を突いたままの敏子の股を思いっきり撫で上げた。
「ココが好き」と撫で上げた手をぐいっと力一杯おめこに擦り付けた。
「うん、ごめん。嫌な事言って」「僕もごめん。そんな思いにさせたこと」
壁に手を突いたままの敏子を僕のほうに向けだせてキスをした、
ぶちゅーーっと。「このちんぽのばか」と小さく言って帰っていった。

21

ディスコ

投稿者:無名 ◆ekZKOZbv9o
削除依頼
2017/10/03 02:31:35 (l1nkVIwq)
またまたディスコができた さっそくいくと一昔のお姉さんたちがいた ボデコンやドレス姿の人たちパンツが見えてもへいきみたいでチィクタイムのとき40すぎの人にお願いしておれの首に手を回しておれは女の人の腰に手をまわしたおっぱいがおれの胸にあたり興奮してしまい 背中のあいたドレスに手を入れてやりおしりをモミモミしてやり終わるとキスをしたら支配人に掘り出された 〔うちはそんな店じゃないので)といわれた おれの楽しみがなくなった
22
2017/10/02 20:57:36 (HCrozX/y)
ボクちゃん

ほ〜ら
ボクちゃんのだあ〜いすきな
ママのおまんこよ

よ〜く見えるように
ママがクパァしましょうね
ニュルニュルしてるでしょう?

ボクちゃん
真っ赤なお顔して どうしたの?
あらあら
オチンチン がまん汁でベトベトね

ママとしたいの?
じゃあ ちゃ〜んと ママにお願いしましょうね
ママのおめめ しっかり見て言うのよ

なあに? 聞こえないわ おっきな声でね
うん うん わかったわ

「ボクはマザコンで包茎で
 ママでないとおっきできなくて
 ママのパンティでオナニーばっかりしてるへんたいです
 ママとしかできないへんたいです
 だから ママのおまんこに中出ししたいです」
 って言ったのね。

 ホントかな〜
 本当はボクちゃんは
 オチンチン ママの中に入れると
 お皮 ペロンって剥けて
 ママのおまんこのヒダヒダにピッタリ当たって
 ママ ママって叫びながら すぐにぴゅっぴゅしちゃう
 そうろう ほうけい まざこん へんたいぼうやでしょう?

 このごろとっても濃くなったお精子
 ママの中にい〜っぱいだしちゃう へんたいぼうやでしょう?
 中だししたママのおまんこ パックリひろげて
 ママのおまんこからドロドロ〜って出てくるお精子見るの大好きな
 超へんたいぼうやでしょう

 へ・ん・た・い ま・ざ・こ・ん ほ・う・け・い 

 ボクちゃん
 もう一回正直にいいなさい
 

ボクちゃん

とってもいい子ね
ママ うれしいわ

ママとだと 何回もおっきしちゃうのね
同級生の女の子だとダメなんでしょう?
ママはボクちゃんのこと 大好きよ

ほ〜ら
よ〜く見て
ママの中に入ってるでしょう?

ボクちゃんが動くと
オチンチンにくっついて ママのおまんこがめくれ上がるのわかるかな?
ボクちゃんの可愛いタマタマさん パンパンって当たるわね
ニュッチュニュッチュ パ〜ンパン パンパンパン

なあに? ボクちゃん 
聞こえるように ママの耳元で言ってごらんなさい
うん うん そうなの
チュッチュしたいのね

じゃあ ぼくちゃん あ〜んして
今 いっぱい入れたり出したりしてるところだから のど渇いたでしょう?
ママのだえき いっぱい飲もうね
ママのあったか〜い舌 だいすきでしょう?
ママのお口とボクちゃんのお口と にゅるんにゅるんしようね
ママのだえき おいしい?
いっぱい ゴックンするのよ

ボクちゃん
がんばろうね
ピュッピュすこしがまんして
おもいっきりママの中に出そうね
ボクちゃんは おりこうさんだから できるわね
そしたら ママ ご褒美あげるからね

ボクちゃん
ママの言うこと きけるかな?
お返事 しましょうね
23
2017/10/02 15:01:26 (5RkB7Hn5)
僕もお姉ちゃんも妊娠する様な原因となる結果はまだ起こらない、体が発育してないのだろう。僕は射精しないし、お姉ちゃんは生理がまだ始まらなかった。それは僕らにとって良いことだった。もし射精できる僕になってたら何せ、中だしが出来るのだから。お姉ちゃんと交わり始めて外に出したりは思いもしないことで、知らずに居た。幼い頃からセックスをしたからだろうか?と思ってる。
敏子とのおめこは気持ち良い。敏子と反対の組(僕の組の右隣)の竹子の乳のでかさに気が付いたというか、廊下ですれ違った時目に入り触ってみたい、おめこは?と思ってしまった。敏子の様に告ってくれたらと勝手なことを思っていた。
休み時間になると竹子が居る教室の廊下をゆっくり歩く。竹子を探しながらだ。偶然目が合う時があり恥ずかしいが目線を外さすに見つめていた。そんなことを繰り返してると竹子も俺を待ってる?隣の組の廊下を歩くようになって、竹子との目線はよくかち合っていた。そんな僕をいぶかしがる敏子。
 放課後教室に入ってきて「剛君」と呼ぶ。皆帰るのは早くいつも放課後は誰も居なくなる。何が用事あるわけでなく、僕は最後まで教室に居た。そんな時に敏子が来る。なんか恥ずかしそうに僕を見るのである。目はしてと言っている。今まではそんな時、たまに教室でするが今日はしなかった。「帰るで」と学校の校門を出て行く。何時もの分かれ道、お決まりのようになったキスもしなかった。えっといった敏子だった。僕は敏子の家の方に歩く。気が付いただろう、隣に寄って歩く敏子。「今日は一緒の宿題をしよう。数学教えてくれ」「うんうん」と楽しそうな声。
敏子の家に着き玄関に入った。いきなり抱き、キスをぶちゅっとして舌をねじ込み、ぷはーっと離れた僕だった。「ば〜かぁ〜」と上がって行く。後を付いて行く。二階の敏子の部屋は女の子女の子の部屋だった。猫の縫いぐるみが一杯本棚とか窓際に所狭しと。「子猫の敏子〜」と抱きしめて服の裾から手を入れて生乳を掌で包み込みそのまま押し倒した。僕は立ってズボンパンツを脱いだ。そんな僕を寝転んだまま見ている敏子のスカートを捲りパンツを剥ぎ取っていた。足を広げて覆いかぶさり、股にちんぽを擦り付けながら上の制服を脱がす。半分くらい脱がすと自分からも脱いだ。乳が目に飛び込んできた。こうやって見たらお姉ちゃんと同じくらいと大きさにびっくり。こんなに大きいとは思ってなかった。「敏子可愛い」と自然に言った僕。「学校でするより部屋が良いな。落ち着いていられる。放課後の教室は誰か来るといつも思いながらだったよ」「うちも同じだった」「今日、今は・・・」「うん。一杯して」乳を吸いながらクリトリスを触る。クリトリスは硬くなりピンと尖る。おめこの穴に指を突っ込むとジュルゥとしていた。そこにちんぽの裏を当て数回こすり付けて、腰を浮かせてちんぽの先を当てると下の敏子からおめこを突き上げてきた。「としこーすっきやな〜」と言うと顔を赤くしていた。「僕もココが好きや」とドンとちんぽを押し付ける。おめこの穴の中はジュルジュルで気持ち良い。もう感じてるのか敏子は?うーん・・うーと聞こえた。「敏子大丈夫か!」そんな後いきなりすごい力で抱きしめられていた僕。え?!訳の解らない僕だった。ほんとにすごい力。ちんぽも強く挟まれていた。体の自由が利かない。背中に手を回して力を入れて敏子の腕を解いた。そんな敏子を見ると目線がなかった。すごい遠くを見てる感じで意識は飛んでいる風だった。僕に気が付かない。目はパチッと見開いてるのだった。「おい!敏子」 
大きな声で呼んでも気が付かない。平手打ちを思いっきりしたら、はっと言った感じで気が付いた。「剛君?」「としこおー」「剛君どしたん?」「どうもこうもないわ!敏子が死ぬかと思ったゎ。気絶してたんぞ」「嘘、うちはーとても気持ちよかったのに?」「ふーん。まあ気が付いてよかった」「今日はしたことないことするね」と僕を押しのける。そして僕の股座に顔を近づけてちんぽをぱくっと頬ばった。「敏子!」ちんぽをぺろぺろと舐めまわす敏子の舌。初めての事だった。お姉ちゃんともした事ないことだった。おめこの穴の中より、物理的にこすられて刺激は強くたまらなかった。気持ちはとても良かったお口での事。「としこお〜気持ち良い!」ちんぽ舐められてるとおめこに突っ込みたくなり「おめこに入れる」と言いながら、まだちんぽを舐めようとする敏子を押さえつけてちんぽをねじ込むようにおめこに突き刺して、気持ちよさを求めた。ジュルジュルのおめこだった。「敏子の口でとても良かったし、おめこに突っ込みたくなったんや」「そう?うち、何回しても気持ち良いわ。剛君やからよ。アイラブユー」「オンリーユー。アイラブユーソー」と僕。オンリーユーと言いながら敏子とくっ付いていない時は、竹子の事を思ったりしてだ。敏子と居る時は敏子の事しか頭にはなかった。そして右足をやや垂直に持ち上げて、おめこをする。「や!恥ずかしい・・・一杯見てるやろ」「うん。一杯おめこもちん毛も見えた」「いややん〜見ないでぇ〜」「見ながらしてたらわくわくしてちんぽも気持ち良いと言うわ」「うちも見られてると思ったら興奮するわ、とても良い」腰を振り続けている。体位を変えると、ちんぽは違った所が当たって気持ちよさが違う事にはっきり気が付いた。「気持ち良い〜気持ち良い」何回も言った僕。
射精がないから終りがない。姉との時も終りがなく、お母ちゃんが帰るまでおめこをしていたのだった。「あの、数学教えて」とおめこしながら言った僕。「もう一寸このままが良い。気持ちよくて離れとうないんよ」と顔を赤くした。そんな敏子から離れておめこを舐めてやった。「ばかあ〜もっとして居たいのにぃ〜」敏子の言う事を聞いてやり、おめこにちんぽを戻した。やはりおめこの中は気持ち良い。「おめこ暖プラスちんぽYが解らなくてえ〜」と言うと答えはあ〜と言いながらおめこがちんぽを!「敏子―何したん!答え!」確かにちんぽは締め付けられた。「敏子さっきちんぽ気持ちよかった!おめこが締めつけた!」うふと笑った。「気持ちよかった?」「うん、もっとして暖Yを」「あはは暖Yって良い呼び方やわ」と言うと又ちんぽがきゅっと締め付けられた。「それ!気持ち良い!」
「気持ち良いと言っても自然になるからしてと言ってもどうしたら良いか解らんのよ」これは嘘なのだった。意識してすればできる事と後々はなした。「剛君・・あのね・・射精はしないん?妊娠したら困るし」「今まだ射精 
するほどになってないから」僕は射精はできない事が恥ずかしかったから嘘を言った。「射精しないほうが良いやろ?聞いた話やけど?射精したら後から精子が流れ出ていやなんやろ?」「よく知ってるね」と笑う。「うん。中学生の頃聞いた気がする」「へー中学の頃からエッチだったんやあ〜」と笑う敏子。「そうやあ〜」とちんぽをより押し込む。「気持ち良いちんぽ」僕は乳を掴みながらおめこをしていた。「乳も柔らこうて気持ち良いで」乳首を吸ったりもした。乳首を吸うと、うふとかあ〜と声を出す。「僕は射精せんから妊娠は大丈夫や。心配センで良いからおめこ一杯しような」「うん、危ないと思ったら中に出さんといてよ」「うん。おめこ気持ち良い。そろそろ数学のおめこ教えて「あはは数学のおめこね」と楽しそうに言った。僕は敏子から離れておめこをべろべろ舐めた。「もぅ〜そんなことしたらもっとしたくなるやんかぁ〜」嬉しそうに言った。
数学の解らない所を教えてもらい家に帰った。お姉ちゃんは遅かったなーと睨む。「友達の家に寄って」全部言わないうちに「おめこしてきたんね」「ち、違うわー」内心ばれた?と慌ててる心だった。「ああおめこ一杯してきたわ。気持ち良かったわ」と開き直った。「ほんまかな?ちんぽ出してみ」ばれる!と思った。「明日小テストがあるから教えてもらった所を復習するから、今無理」「フーん・・・珍しくお勉強家かあ〜」と理解?助かったと胸をなでおろす気持ちだった。ちんぽをお姉ちゃんが見たらきっとちんぽは敏子のねばねばとかおめこの匂いがするやろ・・。ほんまに教えてもらった所を復習したら頭に入った。シャワー浴びて敏子のおめこのねばねばを奇麗にせんと・・・。と風呂場でシャワーを浴びてたら「一人デー」とお姉ちゃんも裸で入ってきた。「こら、ちんぽ出してみ検査や」「あほかあ〜何の検査や」僕はちんぽを洗っており内心自信たっぷりに言ったのだった。後ろからお姉ちゃんは僕の背中に密着してきて、手を前の回しちんぽを掴んだ。掴んで自分の方に僕を向かせた。「掴んだら解るやろ?」と僕。「あ、検査やな?舐めたら解るやろ?一番解るやろ?」あっと言った表情のお姉ちゃんがいた。お姉ちゃんはこれまでちんぽを舐めた事がなかった。「ちんぽしっこでるところやん」「僕お姉ちゃんのおめこ舐めたで?」お尻を抓ったお姉ちゃん。上半身を屈めてちんぽを一気に口へ押し込むようにした。「お姉ちゃん気持ち良い!」お尻を下げてウンコすわりのようになり「ほんまか?そんなに?」「うんとても気持ち良い」と言うか言わないうちにちんぽを銜えた。お姉ちゃんに口でする知識はあった?誰かにどこかで聞いたりしてたんだろうか?舌でちんぽを舐めまわしたそれがとても上手いと思った。誰かにしたんやろか?色々頭の中で思った。「お姉ちゃんとても気持ち良い。誰かにしたことあるやろ?絶対!気持ち良過ぎるし」ちんぽから口を離して俺を見上げた。「何いうん」顔が赤くなったお姉ちゃん。「僕・・お姉ちゃんとだけやったのに」とすらすらと嘘を言ってる自分にびっくりだった。「お姉ちゃん誰としたんや!誰となん
や!」しつこく聞いた僕。「剛だけや!」「嘘!」「僕を疑ったくせに!嘘まで!」お姉ちゃんは黙ってしまった。アイラブユーと言い僕を抱きしめてキスをぶちゅっと長い時間してきた。僕もそのキスに合わして舌を入れて貪った。「おねえ!ちゃん僕以外の男としたら・・・」「解った!」お姉ちゃんが僕を押し倒して僕のズボン、パンツを脱がし、キンキンになってるちんぽを跨いでちんぽにうんこ座りをした。「剛のこれが一番いい、大きいのが」小学校の低学年からおめこしてたから大きくなったのか?自分でははっきり解らない。敏子も大きいと言ったなーと思っていた。「お姉ちゃん僕のが大きいとなんで解るん?比べる何かあったんやね?」それにはなにも言わずおめこを動かし続けた。「お姉ちゃん気持ち良い!もっと」「うちも今気持ちいいんよ」おめこを押し付けてぐりぐりとちんぽを揉む様にしていた。ちんぽの付け根とおめこが密着した感触は気持ちよく、僕はそんな事が大好きだった。そんな格好で乳に手を伸ばして、二つのものを掌で揉み乳首を吸った。


 長くなりそうなのでいったんココまで^^:::
文字数数えて書いたが こんなに・・・うまくいくかな?
24
削除依頼
2017/10/02 13:33:44 (65rMSPWe)
四十年程昔の事なので記憶が曖昧なのはご勘弁、当時私は小学生.姉は中学生(3歳違い)..いつの頃からかは定かではないが親が居ないときは姉の胸を揉むのが姉弟の秘密事になっていた、ただ揉む...ペロペロとか無し...マッサージといったほうが良いのだろうが...そして、いつの頃からか姉のマンコをペロペロ、指を入れるとか無し.イジルのも無し、ただペロペロナメる...姉の卒業と同時に終焉...
まぁそれだけだ
25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕