ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

禁断の木の実 RSS icon

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
2019/01/06 22:08:53 (MCem62QB)
40人程の小さな寮です、其の内の6人は女の子で去年に入寮した去年入社を
したばかりの新入社員です、2人は年齢的に新入社員という感じでは無いの
ですが後の4人は未だ年齢も若いです。
1人の女の子は今でも未だ高校生にしか見えないぐらい可愛く幼く見えます。
1人は自分と同じ会社の社員で別の所の寮に行っています。
1人はお姉さん系でとても綺麗な女の子です。
問題はの1人ですが其の女の子は入って来たときから他の女の子とは少し違っ
てましたが年の瀬の30日で会社を辞めて出て行きました。
以前から会社を辞めたい嫌だモウッ無理など嫌になっていた様で、良く愚痴を
言うのを聞いてなだめたりもう少し頑張れ等と言ったりしていましたが限界の
様でした。
良い子とは思いますが我が儘な所もあり如何にもB型という感じの女の子です。
お風呂に入れば他の女の子は絶対にしない事をします。
当然ながら寮なので掃除やゴミは管理人や掃除の方がしますが、時折どうして
も管理人である自分がしなくてはならない時が出て来ます。
自分が変わって掃除をすると良くお風呂にパンティーを忘れて置いた儘になっ
ている時が3度程ありましたが、何故か多分自分は其の女の子の忘れ物と分かり
ました。
其の侭にしておけないので自分は手洗いで洗い綺麗にたたみ小さな袋に入れて
ご飯を食べに来たときに手渡しをすます、一言声を掛けますが「コラッ」「ま
た忘れている」「洗ってあるからね」と言い渡しますが「最初の時はヤダ見た
の?」と言われましたが2度目の時は「へへっ」「ありがとう」ついでに部屋も
掃除をしてと全く悪気もありません困った女の子です。
その子は見た目は悪くありませんと言うより可愛くロリ系で一寸おデブな女の子
です。
やっぱり辞めると12月の初めに声を掛けられた、少し女の子に話があると言われ
誰もいない所がいいと言われたので自分の部屋で良い?と聞くと「大丈夫」です。
と言われた。
部屋で話をすると、以前に飲み屋さんでバイトをしていたと言うのは本当は少し
だけで、飲み屋さんで実はVA女優に誘われたから内緒でアルバイトをしていた。
お金を一杯貰えるからね。
今の給料の何倍もねと教えてくれた、自分は最初に見た時に何となく何処かで見た
事があると思ったと伝えると。
何だ見た事あるんだ、「ジャァ名前も知っいている?」と聞かれたが流石に名前ま
では覚えていない、但し出演しているメーカーは分かりました。
パイパンのロリ系で動画や画像をアメリカを通してネット配信をしている会社です。
教えると当たってました。
お世話になったから何かお礼を上げると言われたが自分は「いらないよ」と言った。
良いんだよ「あげたい」結構お気に入りなんだよネ「だから」と言われた。
自分は何をくれるの?と聞くと「何が好い?」と聞かれたジゃ〜当時のDVDとか写真
とかあるの?と聞いてみたら無いと返された。
その代わりに今此処で見せてあげるとまさかの返事だった。
その代わり見るだけだよ、触るとかセックスは無しだからねと言われた、自分は全然
それでも満足だった。目の前で裸になってくれた。
確かにネットで見た女の子に間違いなかったロリ系でパイパンで髪の毛はピンク系に
染めた女の子だった、教えるとそうだよ「可愛い?」と結構ちゃっかりしている。
気を悪くするといけないので「可愛いよ」「本当に」と伝えた。
気を良くしてポーズまでもしてくれた、ベッドに座りM字開脚や横になり足を大きく広
げたり思った以上のポーズを見せてくれた。
写真を撮っても良いかなと聞くと「絶対にダメ」と言われたが諦め切れないのでお願い
を改めてして見た「可愛い絶対可愛い」と褒めまくったら「良いヨ」と返された。
写真と動画もパソコンに保存してあります。
年が明けて先ほどまたAVの仕事をするとお金になるから言って出て行きました。
話しは少し掻い摘んではあります、乱文乱筆、誤字脱字、文才ありません。
21
2019/01/06 13:14:14 (LsAA/xcn)
続きです
かなみとりなと毎週末楽しんでるがある日かなみから電話来た、仕事帰り寄って言うから
その日は定時で帰らしてもいかなみの家に寄った
かなみ、ゆうや
俺、なに
かなみ、あのね
俺、うん
かなみ、私とりなね
俺、うん
かなみ、ゆうやの子供妊娠したの
俺、えーなんて
かなみ、だから妊娠したの
俺、かなみ子宮無かったじゃないの
かなみ、あれね嘘ついたの
俺、まじかよ、りなもかよ
かなみ、うん
俺、あちゃーだから中は辞めようと言ったのにどうするのよ
かなみ・りな、ごめんなさい
俺、やぁー謝れてもな
かなみ、とりあえず姉に話に行こう
俺、そうだな
かなみは俺のお袋に電話して親父が帰ってくるころに家に戻った
かなみから全て話した、親父なんてあきれて言葉も出てこなかった
お袋はなんとなく気づいてたらしい、毎週末俺は帰ってこないしかなみの家に行くと俺の車が止まってたりとしてたから
かなみ、姉さんごめんなさい
お袋、もうどうするのさぁ、〇〇さんにも悪いしょ
親父、出来てしまったものどうにもならないはな
お袋、そうだけど
親父、ゆうやお前が責任もって一緒に暮らして育てれお前の責任だ
俺、わかった
お袋、お父さんの言う通りよ
俺、わかった
次の日曜日、かなみの家に引っ越した
かなみ、ゆうやごめんね
俺、いいよ、これで念願の一緒に暮らせるだから
かなみ、うん
りなは泣いてた
そり日から三人暮らしが始まった7か月後かなみもりなも子供を生んだ
二人とも女の子
1か月後セックス解禁になるとりなは体調がはっきり戻らなかったがかなみはもうその晩からおねだりしてきた
俺、かなみ
かなみ、だって我慢出来ないたもん
俺、仕方がないなぁ
かなみ、バック好きなのバックで
俺、よし
とゴム付けて入れた
かなみ、えーゴム付けたの生がいい
俺、もうわがままだな
ゴム外し入れた
かなみ、これがいいのこれが気持ちいいの
俺、そろそろでるーから
かなみ、中に欲しいのちょうだい
俺はヤバイと思ったがかなみの中で果てた
俺、ヤバくないかぁ
かなみ、大丈夫
その後かなみは生理が完全に終わったらしくかなみには全て中だし
りなとはかなみと再開してから3日後再開した
今はと言うとかなみは亡くなった、りなとは妊娠だけは気を付けてセックスしてる
かなみの子もりなの子も今は中学2年生
実はかなみの娘と関係を持った、名前はかな
かなは俺の事パパと呼んでる、かなみはかなが6年生の時に死んだ
かな、パパ
俺、なに
かな、ここ変なのとあそこ触った
俺、どれ横になりな
かなを寝かして下着脱がすとツルツルのまんこに俺は大興奮してしまって舐めてしまった
かな、パパ汚いよ
俺、大丈夫だよ
かな、気持ちいい
俺、かなは一人でするの
かなはうなづいた
俺、エロいなぁ
それからかなにフェラを教えて1か月後かなと合体した、りなも公認だぁ
そのうちりなの娘も奪うつもりでいる
22
2019/01/06 13:00:33 (LsAA/xcn)
叔母と関係を持ったのは叔父の49日の法事が終わった晩だった
法事終わり会食の時に俺はあまり酒飲めないのにバカみたいに飲んでしまい寝てしまった
起きたら親戚達も親も帰り叔母と叔母の娘しかいなかった
俺、やぁー寝てしまったは
叔母、飲みすぎたよ
俺、あれうちの親は
叔母、先に帰ったよ
俺、まじかよ
時間みたら18時過ぎ
俺、あー飲みすぎたは頭いては
叔母、今日泊まっていきなさい、それじゃあ運転も出来ないしょ
俺、そうするは
娘は夜勤らしく出掛けた
俺は風呂に入り早めに休むことにしたがでも寒く毛布でももらおうと叔母の部屋に行くと部屋の前に行くと泣いてるような声がした
静かにドア開けると叔母が仏壇に向かって泣いてた
俺、叔母さん大丈夫
叔母、あらどうしたの
俺、やぁー寒くて毛布でも出してもらおうかと思って
叔母、あらエアコンつかない
俺、えーエアコンなんてあるの
叔母、うん、全部の部屋にエアコン付けてあるけどと叔母は立って俺が寝てる部屋に入ったがリモコンが見当たらない
叔母、そうだ旦那死んだ時ここに寝かしたから全て片付けたからどっかにやっただは
俺、えーまじ
叔母、うん困ったね、叔母さんの部屋で寝る
俺、やぁー俺は別に布団あれば何処でも寝れるから
叔母、いいからおばさんの部屋で寝ようと無理矢理腕引っ張られ仕方がなく叔母の部屋で寝ることにした
俺、叔母さんさっき泣いてたけど
叔母、うんちょっと寂しくなってね
俺、そうなんだ
叔母、ゆうやは彼女いるの
俺、おれかいいるよ
叔母、いいね若いって、おばさんなんてもう年だから出会いもないよ
俺、えーそんなことないよ、うちのお袋とたいした年変わらないよね
叔母、うん、3つ下
俺、ならまだまだいけるしょ
叔母、そうかい
俺、うん
叔母は布団に入ると俺にくついてきた
俺、おばさん40代後半に全然見えないよ
叔母、あら嬉しいは
あっと叔母の胸元見たらノーブラだった、結構デカくみえた
叔母、何処見てんのよ
俺、やぁーデカいなぁと思って
叔母、もうエッチなんだから、あらここ立ってるじゃないの
とスボンの上から触ってきた
俺、やぁー恥ずかしいことに
叔母、もう凄いしょ
俺、やあーやあー叔母さん触ってくるから
叔母、だよね
とパンツ下して直に触ってきた
俺、おばさんダメーだよ
叔母、おばさんね性欲強くて
俺、そうなんだでも
叔母、ゆうや抱いて
俺、俺は別にいいけどおじさんに悪いよ
叔母、いいの
俺は叔母を寝かしてゆっくりと叔母のパジャマのボタン外した
俺、ずげぇーデカいよ
叔母、Hカップだよ
俺、へー
俺はゆっくりと乳首舐め始めた
叔母、あーゆうやの舌が
俺、気持ちいいかい
叔母、気持ちいいよ
俺はゆっくりと右手を下にやり下着の中に手を入れるともう大洪水状態
俺、おばさんすごいよここ
叔母、かなみって呼んで
俺、かなみなんだこのベトベトは
叔母、見ないで恥ずかしいから
俺、かなみやらしいなぁ
俺は尻をかなみの口元のほうに向けてまんこにしゃぶりついたするとかなみはしゃぶってきた
俺、かなみ上手いね気持ちいいぞ
叔母、ゆうやも上手いしょ
しばらく舐めあったすると
叔母、もうゆうやのちょうだいよ
俺、えーなんて
叔母、もう
俺、聞こえなかったよ
叔母、もうゆうやのチンポちょうだい
俺、えへ口にさっきまで咥えてたしょ
叔母、いじわる、かなみのグチャグチャのまんこにちょうだい
俺、へー欲しいのかい
叔母、欲しいの
俺、仕方がないなぁ
俺はバックで思いっきり突っ込んだ
叔母、すごーいゆうやの奥に当たってる
俺、これが欲しかっただろう
叔母、欲しかったの硬いのが欲しかったの
叔父の写真に向けて叔父に見えるようにガンガン突っ込んだ
叔母、あーあーいいわあなたごめんなさいでも我慢出来なかったの
俺、ほらほらもっともっといくぞ
叔母、あーもうダメーいくってー
俺、いけよおじさんの前でたくさんいけよ
叔母、あーもういくーいくーいくーいってしまった
正常位に戻り
俺、よしもうでるーぞー
叔母、いいわ中にだしてー
俺、よしでるぞー
かなこの中で果てた
俺、かなみ凄いなぁ
叔母、ゆうやの凄く硬くて気持ちいいんだもん
それから何回して裸で寝た
朝、かなこの娘に起こされて起きた
娘、えーお母さんとゆうや何してるの
叔母、りな、ゆうやとエッチしちゃった
娘、なにしてるのよ
叔母、ゆうやの硬くて凄いだもん
娘、えーそんなに
叔母、うん、お父さんよりすごいよ、りなもしてみなよ
娘、ゆうやしょう
俺、仕方がないなぁ、でも仕事だから終わったら来るよ
娘・叔母、絶対にだよ
俺、おー
俺は一度家に帰り親に今日は友達のところに泊まると伝え着替えを車に乗せて出勤したが仕事やるきなく上司に体調に悪いと言って早退した
途中でドラックストアーによりゴム買って真っすぐかなみの家に向かった
家に着きチャイム押すとりなが裸で出てきた
俺、りなどうしたの裸で
りな、だってお母さんがー
俺は寝室に行くとかなみはバイブでオナニーしてもうイキマクッタと言う感じで布団のシーツは凄いことになってた
俺、かなみー
かなみ、だってもう欲しい
俺、仕方がないなぁと俺は裸になりいきなしかなみのまんこに突っ込んだ
りな、お母さんずるいよ
俺、りな時間はたっぷりあるだから待ちなさい
りな、待てないよー
俺、仕方がないなぁ
かなみからチンポ抜きりなのまんこに突っ込んだ
かなみ、もうー
りな、ゆうやの凄い、ママの言うとおりだ
俺、そうだろう
ガンガン突っついた、かなみはりなの乳首舐め始めた
りな、あーママダメー私こういうの弱いの
俺、ほらほらりなどうだ
りな、気持ちいいすごいゆうやの中でまだまだ硬くなってる
かなみ、そうでしょういいしょ
りな、お父さんよりすごい
俺・かなみ、えーりなお父さんとしてたの
かなみも知らなかったらしい
りな、うん、初めてもお父さんだったし
俺、いつから
りな、中3だったかな
かなみ、あーお母さん子宮がんで入院した時だぁ
りな、うん
俺、えーかなみ子宮ないの
かなみ、うんだから中だしって言ってるしょ
俺、なるほどね
俺は続けてバックで突っつきりなの中で果てた
りな、すごい奥に出した
俺、いいだろう
かなみ、りな妊娠したらどうするの
りな、だって中に欲しかっただもん
かなみ、仕方がない子ね、ゆうや早くちょうだいよ
俺、かなみまてよ疲れたから椅子に座り一休みとタバコ吸い始めた
かなにチンポ丸見えのように
かなみはもう今にでも泣きそうな顔して指咥えてチンポ見つめてる
俺、かなみそんなに欲しいのか
かなみ、うんほしい
俺、もう一本吸ったらなぁ
かなみは我慢の限界にきたらしく俺にまたがり入れてきた
俺、もうたばこもまともに吸えないのかよ
かなみは激しく動いた
俺、おいおいそんなに激しく動いたら出ちゃうぞ
かなみ、いいの欲しいのゆうやの欲しいのちょうだいよ
俺は駅弁になり
俺、りな下見てみな出入りしてるところ
りなは寝転がの見始めた
俺、どうだいいだろう
りな、ママのあそこから汁垂れてきてるよ
俺、そうだろうそれ舐めてやれ
りなはかなみのまんことチンポ出入りしてるところ舐めた途端かなみは潮吹いたそれがりなの顔にもろにかかった
りな、ママ潮吹いた
かなみはもう騒ぎまくってた
ベットに横になり正常位で突っつい舐め続けてたかなみは何度も潮吹きまくった
俺、よしかなみでるぞてーるぞー
かなみの中で果てた
かなみはもう死んだようにイキ果てて言葉も出ない状態
りな、ママすごい
俺、りなもやってみるか
りなはうなづいた
しばらくしてかなみは落ち着いたのか
かなみ、もう死ぬかと思った
俺、じゃあ今度はかなみがりなの舐めろと正常位で入れたらかなみはあそこを舐め始めた
りな、わーすごいーすごいー
俺、いいだろう
りな、うん
それを続けたらりなも潮吹きまくったまたりなの中で果てた
俺、疲れた続けてやめと疲れるは、休憩
りな・かなみ、えー
俺、体力が持たんそんなにしたければ二人でしれ
そしたらりなとかなみは勝手にオナニー始めた
俺、まじかよ
りながかなみのバイブ出し入れしたり出し入れしてるところ舐めたりともう部屋中凄い臭いになってた
そのうち疲れ果てて3人で寝てしまった
起きたらりなは寝てたがかなみはいなかった
下に降りていくとかなみはシャツだけ着て夕飯の支度してた
俺、かなみ大丈夫かぁ
かなみ、うん
俺はかなみに使づきキスした
かなみ、お腹空いたしょ
俺、おーかなみのやらしい汁だけでもいいぞ
かなみ、もう
俺はかなみの下着脱がし膝ついてかなみまんこ舐めた
かなみ、ゆうやダメーいっちゃうよ
俺、勝手いけよいきたいだろう
かなみはいってしまった
かなみ、もう座ってまってなさいよ
俺はソファに座りわざとかなみの方に向かってシコシコ始めた
かなみはジロジロ見てたが我慢してた、りなが起きてきた
りな、ゆうやなにしてるの
俺、あーシコシコしてるよ
りなはバスタオル巻いてたが裸だった
俺、ほらりなここに座れよ
りなはうなづいて俺にまたがり入れて座った
俺はわざと動かなかった
りな、ねーえ動いてよ
俺、自分で動けよ
りなは動き手出した
りな、ママ気持ちいいよ
かなみの方に向けて下から思いっきり突いたするとかなみは近づいてきてあそこを舐め始めた
りな、ママ気持ちいいよ
俺、あれかなみどうしたのよ、お腹空いたよ
かなみは無視して舐め続けた
りな、ゆうやもうダメーでちゃうよと潮吹いた
俺、りなおねしょするなよ
そのままりなの中で果てた
夕飯食べるときも変わる変わる俺にまたがりなんとか夕飯食べた
俺も体力に限界きてた
俺、よし今日はもうおしまい疲れた
かなみそうだね
その日は三人で寝た、かなみはチンポ握ったまま、りなは俺の後ろから抱き着いて寝た
その日から週末になると今も3人で楽しんでます
23
2019/01/04 13:52:47 (.S3DBDHW)
大親友の奥さんと、一線を越えた
家に招待されて、はしゃぎすぎた 飲み過ぎた親友はダウン 奥さんも俺もかなり酔っていた ボディータッチしながらの会話からイチャつきだして…キス 胸を触ると奥さんは股間を触る 固くなったと言うと、見せてと頼むから出した 舐めていい?思い出した事が、酔うとエロくなると聞いていた その通りで、舐めてからフェラになった 我慢出来ないから奥さんに、やりたいと頼むと 少し離れた場所で羽目た 最後は中に ゴメンな やってしまったわ
24
2019/01/04 03:07:31 (H9eejRhd)
新しいパパが来たと思ったら今度ゎママと死別
中2から私の家にゎ血の繋がらないパパとパパの連れ子兄弟
昔から1人でお風呂はいるの怖いから一緒にお風呂入りたい
そー願ってたけど気がひける
パパの飲み会帰り酔ってるし機嫌いいし勇気を出して声かけたらお風呂で欲情させちゃった
これも自己責任ってわかってる
でも一緒に入るようなって罪悪感が一切なくなった
仲良い親子だしお風呂くらい普通だよねって言い聞かせてたのが馬鹿らしいくらい今ぢゃ普通ですわら
25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM