ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

禁断の木の実 RSS icon

1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
削除依頼
2017/04/05 20:49:44 (8Xd1krFd)
寝てる友達のマンコにパセリを添えたら殴られました
16
2017/04/04 17:03:58 (J.uFaUtO)
すごく恥ずかしい思い出ですけど、小学校5年生だった頃、水泳教室の先生に、罰として大事なとこを指で突かれたことがあります(>_<)
25mクロール練習の時、指先が開いてたらカンチョーするよーって言われてて、最初は気をつけてたけど、途中から気が緩んでたみたいで…
プールサイドで、ピストルみたいに指組んで、足の付け根のところを、正面から指先で、えいってやられて。めっちゃ痛かったし、男子もいる所だから本当に恥ずかしかったです。
17
2017/04/01 01:04:14 (CT5l3Doh)
わたくしの幼い時分のことでございます。
学童疎開で田舎に行きました。
旅館に寄宿しました。
食い物もなく苦しい日々でしたが
国民学校5年生でしたが
女湯を覗き
旅館の年増女中が真っ裸になって
体を洗っている姿を見ながら
せんずりをしておりました
ある日それがばれまして
女中部屋に引きずり込まれ
裸に暖かれました
年増女中3人に
幼い逸物をしごかれ汁を絞られました
わたくしはそれから大人物になりました

みなさま
夢をもってください
ボイズビイアンビシヤスと申します
ではおやすみなさい
18
2017/03/31 18:40:57 (/h5tf1in)
昨日はドタキャンでお店も暇になり…
私の出番は無く早々に閉店ガラガラ(^^;
電車も動いてたから、知り合いのNHさんのお店へ。

「あぁ^〜、来たな変態!」
「はぁ?なにいきなり!」
「溜まってる時しか来ないじゃない(笑)」
「まぁ、言われてみれば(◎-◎;)」
「ボトル入れないと遊ばないわょ!」
「じゃぁ、ハニーで(^^;」
「かわい子ぶってんじゃねーよ、レミーちょうだい!」

盛り上がってかなり飲んで…
そろそろ閉店だし、トイレ行って帰るかな…
すると、トイレの前に酔った彼女が(゚o゚
「もう帰るの?」
と、いきなり私を抱きしめた。
やっぱ男、抱かれると動けない!
「パパ、この子変態なの。苛めてあげて!」
突然、トイレから出てきたオヤジに声をかけた。
「えぇっ、ちょっとヤメテ-!!」
ミニスカをめくられ、彼女の太い指が私のアソコに…
「ほら、メッチャエロいパンツでしょ(笑)」
「ドンピカ入れてくれたら触らせてあげる」
オヤジは即OK!
すると、オヤジの冷たく湿った指が前後から…
クリを摘まれながら、アソコに指が入ると
「あぁ、イクぅ(〃▽〃)」
「あんたってメッチャ変態、興奮したぁ」
店の裏に連れ出され、強引に私の口の中に…
シゴキながら、私の頭を押さえると
「あぁ、イク!」
久々のごっくん、美味しかった:-P


19
2017/03/27 06:47:11 (c4Ux6pqz)
祖父母、両親、俺の五人家族でした。
祖父が亡くなったのは俺が中学二年の夏休み中、厳しさの中にも優しさと思いやりが詰まっていた祖父が大好きで、亡くなったときはショックだったし、悲しかったです。
祖母、両親、俺の四人家族になって、半年も立たない冬、学校で風邪やインフルが流行り、俺は登校したものの、忘れましたが学年閉鎖か学校閉鎖かになったんです。
家に帰ってもやることない、ちょっと友達の家で遊んでから帰宅したのが昼近くです。
お腹がすいた、いるはずの祖母の姿が見当たらない、部屋で寝てるのかな?
祖母の部屋を開けました。
見えたのはパコパコと動くお尻、知らない男性でした。
そしてその下敷きになっていたのは、裸の祖母、だったんです。
祖母の変な声も耳にしました。
少し呆然としていたとこに、祖母が悲鳴のように、俺の名前を叫んだんです。
「て、哲男」
男性は慌てて振り向き、バタバタととりあえず衣服を着て、猛ダッシュで俺の横をすり抜け、出て行きました。
取り残された全裸の祖母も、急ぎ衣服を着て、よく覚えてませんが、確か絶対両親には秘密を約束させられた、と思います。
家庭内に波風を立ててはいけない気持ち、大好きだった祖父を裏切る行為をしていた祖母に対する怒りのような、悲しいような複雑な気持ち、祖母の女の部分を見てしまったモヤモヤした気持ち、俺はその気持ちを胸の奥底にしまい、生活していかなければならなくなりました。
もうその男性とは切れたんだろうな、そう思っていた俺でした。
春休み、友達の家で遊んだ帰り、祖母が車から降りてるとこを見ました。
運転席を見ると、あの男性だったんです。
俺にあんなとこ見られて、まだ続いてたのか。
怒り、悲しさ、モヤモヤ、胸の奥底にしまっていた気持ちが、グツグツと煮えたぎっていきました。
まだ祖父が亡くなって一年もたっていない、喪中なはずなのに、とんでもない不良婆さんだと思ったんです。
翌日、俺は部活に行く予定を変更、休むことにしました。
祖母は俺に、具合でも悪いのかと気を使いました。
その妙な気の使い方に、俺の鬱憤は爆発したんです。
あんなとこを俺に目撃されたにもかかわらず、まだあの男性と続いていたことを祖母に言いました。
祖母は何も言い返さない、はなっから白旗状態、ならばと思い、俺は祖母を俺のベッドに押し倒しました。
着ていたトレーナーを肌着ごと捲り、祖母の乳房に吸い付きました。
20
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕