ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

禁断の木の実 RSS icon

1 2 3 4 5 6 7 ... 200
削除依頼
2017/07/18 18:03:14 (23od.7Pg)
スローセックスに入るのかな?
ゆっくり入れて1番奥のコリッとしたところを押し上げたまま動かないやつ。
それでもお互いキスしたり、中でぴくっとしたりはするから、その度にコリッていうのを微刺激しちゃって、お互い我慢できなくなるまで待って。
そしたらゆっくり数回動くだけでふたりして絶頂。
激しく動くのもいいけど、エッチな気持ちを乗せるだけのセックスも絶頂は深いですね。
6
2017/07/16 13:23:37 (QLjE1eUD)
みんなすごいね!( ; ゜Д゜)
てか、やっぱ本番ってあそこに全部入れなきゃダメですよねぇ?

うちのお兄ちゃんは年離れてるからチソチソがむっちゃおっきいくて、、痛くて中にはちょびっとしか入らんの…(ノ_・。)
でもぐりぐりされるだけでもまじ気持ちいーね。毎回ドキドキするし。ハマるのわかるぅ(*''*)
7
削除依頼
2017/07/16 09:56:31 (iDAtxML4)
先月…
キャバクラで働く友達が飲み過ぎて階段から落下、小指を骨折した。
シンママで子供が2人。
チャリに乗れないって事で、私に毎朝の保育園までの送りを頼んできた(ーー;)

ママチャリ乗ったこと無いし、アシストあっても子供2人はめっちゃ大変!
何とか保育園まで行ったけど、子供を降ろすときに倒れそうになった。
その時、子供を送ってきてたパパさん2人が助けてくれたの、ホッ…

「あれっ、いつものママさんじゃないね」
「ちょっとのあいだ、私が代わりに送るんで…」
「だよね!他のママさんみたいにやつれて無いし(笑)」
「私、子供いないんで…」
「いやぁ、薄着だよね!」
「チャリめっちゃ暑いんで(^^;」

すると翌日からパパさん2人が私を待っていて、子供2人を降ろしてくれるようになったの…
送りが1週間ほど続いたときくらいから、1人のパパがハンドルとサドルを抑えて、もう1人のパパが子供を降ろすコンビプレイをしてきた(笑)
私はチャリに乗ったままだから、サドルを抑えられた時はマジ焦った(゚o゚;;

最初は軽く抑える感じだったけど、だんだん手がアソコにあたるように…
今は保育園の駐輪場からも少し離れた所にチャリを止めてる。

ミニにTバック、1人づつ子供を降ろすたび交代にパパさんの指が入ってきます…


8
2017/07/16 06:14:14 (dAEoTIrA)
俺は小学生ハンター小学生を見るとむらむらしますあれは一週間前の日曜日の事近くの公園で女の子1人が遊んでました服そうは上が半袖シャツで下は足が全部見えるホットパンツにスニーカーソックスと言う服そうでしたそしてその女の子の前までいきいきなり女の子の背中にスタンガンをやったら女の子が気絶してしまいました、それから女の子を抱っこし拉致しましたそして山小屋に監禁し手首には手錠をし足はスニーカーソックスを履かせたまま足枷をしその時上は裸にし下はホットパンツとパンツはそのままでスニーカーソックスも脱がさないままで最初はスニーカーソックスの上から足を太ももまで触りそして舐めしゃぶりつきましたそして女の子のホットパンツにハサミを入れ切ってしまい後はスニーカーソックスとパンツと言う格好です後はパンツスニーカーソックス履かせたまま何度もマンコ、お尻に出し入れしおまんこ、お尻に中だししました。その女の子は俺が性奴隷として今でも飼ってますちなみに女の子のスニーカーソックスだけは拉致した時のまま履かせたいつも後は裸です。
9

目覚める前の・・

投稿者:美奈子 ◆M2clACoxQA
削除依頼
2017/07/15 20:37:25 (KDcwtLjR)
主人とは夫婦の営みの時だけベッドを供に
します。
営みが終わると私は息子のベッドに潜りこ
むのですが、乳離れしない息子は寝ぼけて
私の乳房をさわったり乳首を吸うことがあ
ります。
息子の乳房愛撫は授乳行為のようなもの、
性的興奮はありません。

最近、主人の性癖を知り、それを理解し夫
婦の営みに取入れたのです。
私は童顔、小柄、貧乳でスリム、見ため中
学生のようです。
主人はロリコンでした。
私との結婚も私のロリコン外見を見初めた
ようです。
現実は大人の女性です。妻としての威厳も
あるので主人には毅然とした態度で接して
いました。

主人はそんな私に萎縮していたようです。
ある事実の発覚。
バカンスで出かける南洋の島で少女買春し
ていたのです。

ひたすら頭を下げる主人。離婚も考えまし
たが再構築する事になりました。
二人で話して主人の性癖を私に向けて、私
とのセックスで性欲を満たす事が主人を更
正させる事と考えました。

幸い主人は三日間に一度、精液が貯まると
私とのセックスで放出していたのです。
私のカラダには勃起する。後はセックスを
充実して主人の性欲を満たすだけ・・

主人が私を抱く日が来ました。
「美奈子、お前・・」
私は髪型を三つあみにして、中学生の頃の
制服を着ていました。
「いいのか?汚しちゃうぞ?」
「うん。好きにして・・」
主人は私の唇にムシャブリ付きます。
乳房をもみ、スカートをめくると木綿のパ
ンツです。
「おお、可愛い、可愛い暖」
主人はパンツの上から性器を愛撫するので
す。
クンニ自体、結婚してから初めての行為。
今まではキスして乳房を揉んで、挿入後3
分で射精で終わり。
それが・・
「ああ、すごい、可愛い暖興奮する・・」
木綿のパンツを脱がすと性器を思いきり吸
うのです。
これには私も感じてしまい、
「ああん、いやん・・」
少女のように喘いでしまいました。そして
セーラー服をめくると乳首を吸いながら硬
くなったぺニスを挿入して来ました。
「うむふう、ああマンコ気持ち良い、おお
興奮する・・んふんっふう・・」
私も結婚して初めて主人とのセックスで快
感を覚えました。主人が思いきり腰をふり
いつもの倍くらい持続しています。
再び乳首を吸われ私も、
「あああ、あなた、すごい、すごい、イク
イックゥ〜」
とイク事ができたのです。
主人も私を突き上げながら膣内に射精した
のです。
そして、なんと私にキスして、
「ああ、ありがとう。嬉しい、美奈子ちゃ
んと結婚して良かった・・」
て言うんです。私は嬉しかったのと性器の
快感の余韻で涙を流しました。
「あなた、こういうセックス好きでしょう
?」
「うん。今までしたくても言えなかった。
君に申し訳なくて・・」
「バカね。私達、夫婦でしょう?」
「そうだな。ありがとう。お願いしていい
かい?もう一回したい・・」
「うん。いいよ!」
私は主人のぺニスをフェラチオしました。
「おお、美奈子ちゃん、気持ちいいよ」
「ンッグ、チュバ〜」
再びカチカチになった主人にまたがり、主
人のぺニスを楽しんでいると、今までは20
分で終わった夫婦の営みが1時間を越えて
いました。
私はある視線に気づきました。
息子です。息子が夫婦の営みを覗いていた
のです。
夫婦の営みは悪い事ではありません。
不自然に中断せずに最後まで主人のぺニス
を味わい射精され、振り返ると息子の姿は
ありませんでした。

息子のベッドに戻ると息子は眠っていて仄
かに涙を浮かべていたようです。
可愛いくてほっぺにちゅうして眠りました。

主人のロリコンセックスは主人のぺニスに
大きな影響を与える事になりました。
私が女児用のスリップやスクミズをつけて
セックスすると10分以上も私を犯す事がで
きるのです。
私自身、ロリコンセックスは興奮して快感
を得ることができるので主人とのセックス
が楽しみにになり、必然とセックスの時間
が伸びました。

ある日、主人が息子の覗きに気がついたよ
うで私に、そろそろ息子に性教育をするよ
うに進言して来ました。

私はいつも息子とお風呂に入ります。
その時に息子とのお喋りやスキンシップは
楽しみで至福の時間でした。
息子のカラダを洗うと当然、ぺニスも洗う
し亀頭を覆う包皮も剥きます。
ぺニスが勃起した時は数回擦ると萎えるの
でそのままにして洗ってあげました。

私は息子に、
「お母さんが戻るまで一人でいられるかな」
「一人でいられるよ。なんで?」
「最近、お父さんの部屋に夜、来るよね?」
「だって、最近、お母さん、戻るの遅いよ!
前はすぐ戻ってお話しできたのに。何してる
の?」
「あれは・・」
私は夫婦の営みは別に悪い事ではないので正
直に教えました。
「あれはセックスよ。」
「セックス?」
「そうセックス。お父さんとお母さんが仲良
くするためにセックスするの」
「だって今まではすぐ終わったのに最近は遅
いよ」
「最近はちょっと多く仲良しなの、ごめんな
さい」
「じゃあ、僕もセックスする。そうすればお
母さん早く帰ってくれるよね?」
「セックスは恋人とか夫婦でするものなの。
だからあなたも将来、そういう人ができたら
セックスできるの。わかってね?」
「・・うん。僕だけ仲間外れは寂しいけど」

そして・・
10
1 2 3 4 5 6 7 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕