ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

寝取られ体験談 RSS icon
※彼・彼女・旦那・妻を寝取られた体験談をお待ちしています。

このBBSに投稿下さった内容は雑誌、書籍などに掲載される場合があります。 ご承知のうえ投稿してください。当サイトに投稿された文章の著作権は、すべてNAN-NETに帰属するものとします。
短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 581

伯父

投稿者:淳志
削除依頼
2018/11/04 05:56:52 (TtQB5pYA)
ほんとの寝取られ聞きたいか?
エロはないぞ!

自営の会社が立ち回らなくなり家も追われ
実家からも借金していて頼れず
当時3歳の子供と妻と私で夜逃げ同然の状態に
彷徨った後にたどり着いたのは、
成人してからは縁が遠のいていた伯父の家に
伯父は当時4年ほど前に離婚していたが
9人の従業員がいる建設会社を経営していた。
伯父は心良く母屋から10mほど離れた、離れに住むところを段取りしてくれた
そこはベトナムからきた外国人研修生たちも寝泊まりしており
ベトナムから来た2人と4LDKの家に同居することに
このベトナムの子達は良い子達だった

妻はベトナム人の子達と伯父の、まかないをすることになった。
料理は伯父の家の母屋で作ることに
そのうち母屋の掃除、洗濯も妻がするようになった
そんな妻に特別な感情を抱き始めた伯父から飲みに誘われた

離れの家をくれる条件に妻を定期的に抱かせて欲しいという
話だった
妻が納得しないと言ったが
妻は伯父が自ら説得するからと強引に話をまとめた
数週間妻と話し合い、
妻の方から私に「そうしようと思う」の一言で始まった
避妊だけは第一条件で
始まって2ヶ月したくらいから妻はピルを飲んでいる
聞く気にもならなかった

直ぐにベトナム人研修生は引っ越しをして離れは私達家族だけに
名義も私の物になった
その後妻は母屋と離れに2人の旦那がいる
子供は伯父も含め全員で育ている
なんとなく子供も気づいているようだ
妻に言わすと「2人とも愛していると比べられないと」
私ともするし伯父ともしている
回数は伯父の方が絶倫なのかかなり多いみたい

私も今は浮気をしている
妻は気づいているが何も言わない
今日は泊りがけで妻と伯父が子供を連れて旅行に行っている
こんな生活が5年も続いている。
16
2018/11/03 11:27:18 (rLvs/jab)
今、嫁を単独さんが待っているホテルに
送り届けて来ました。

今日の為にパイパンにしてあります。

夕方迎えに行くので内容を詳しく聞き出します!


17
2018/11/03 07:47:38 (EDrxS8CF)
ネットで知り合った男性のご協力のもと、先月、念願だった妻の寝取られを実行したので記録として投稿させてもらいます。

私と妻ともに20代後半の子無し。
夫婦仲は良好な方だと思っておりますし、矛盾してるかもしれませんが、私自身妻をとても愛しています。
妻の希望もあり、現在子作りに専念中です。

結婚以前、妻(当時はまだ彼女でしたが)が一晩だけの過ちを告白してきたことをきっかけに、私自身寝取られ性癖を自覚することになりました。
彼女が会社の新人時代に、上司の誘いを断りきれず、一度だけホテルへ行った、というありがちな内容でしたが、この話をきっかけに、妻を寝取られるなら、絶対に歳上男性に、と決めていました。
妻にも私の寝取られ性癖はカミングアウトしており、「私が他の人としちゃってもいいんだ〜?」と茶化しはするものの、一つの性癖としては認めてくれていた状況です。

とは言っても、いざ実行に移す勇気はなく、妻を貸し出す妄想で抜いたり、妻には申し訳ないところですが、エッチ中に妻が他人に抱かれる妄想をして、なんとか寝取られ願望をセーブしていました。

転機があったのは今年の7月。
ネットで知り合い、連絡を取り合う仲になったAさんは、私とは逆に寝取り性癖を持つ男性で、過去にも何度か依頼を受けての寝取り経験があるとのことでした。
また、既婚・40代前半と、私が妻を寝取られたい属性ど真ん中だったこともあり、Aさんの協力のもと、妻の寝取られ実行計画を図った次第です。

ただ、私もいきなり妻を他人に差し出すのは気が引けますし、勇気もないですし、そもそも大前提として、妻の同意もないし、ということで、始めは妻に内緒でAさんとの擬似的な寝取られを行うことにしました。

妻の下着姿や際どい写真をAさんに送り、ぶっかけるところを動画に収めてもらい、それをこちらへ送り返してもらうというものです。
私も当初はこれだけで大興奮で、学生の頃に戻ったように抜きまくりました笑
そこから徐々に段階を踏み、妻の不要になった下着を郵送し、オカズにしてもらったりもしました。

8月の中頃、それまで内緒にしていたAさんとのやりとりを妻に告白。
ありのまま話すとさすがに刺激が強すぎると思い、小出し小出しでAさんとのやりとりを妻に打ち明けていきました。
告白当初、妻にはだいぶ怒られましたが、私が面白半分でやっているのではないことや、寝取られ願望について再度打ち明けると、渋々ですがAさんとのやりとりを継続するお許しがでました。
この頃から、ぶっかけ動画やAさんとのやりとりを妻とシェアするようになります。
妻も私や寝取られそのものにかなり理解を示してくれ、Aさん側からの希望に沿った妻の写真を撮影したり、動画を撮ったりもしました。

9月に入り、一度妻を交えてAさんと会うことにしました。
正直、直接会うのは私も迷いがありましたし、ここまでくると、本当に妻の寝取られが現実味を帯びてくる恐怖心がありました。
しかし、Aさんとのやり取りを通じて、誠実な方だということだけは確信していました。
また、Aさんとは互いに県をひとつまたいだ比較的近い場所に住んでいたこともあり、妻の了承のもと、三者面談のような形でAさんにお会いしました。

直接お会いした印象は、こざっぱりした中年男性といったところで、私も妻も一安心。
この日はこれまでの経緯もあり、私も妻も恥ずかしさからうまく話せませんでしたが、Aさんが気を遣ってくれたこともあり、結果的にはよい関係を築くことができました。

その後もAさんとは連絡を取り合い、9月末には寝取られ実行という目標のもと動きました。
念のため条件を設け、必ずゴムは着けることや、妻が嫌がることはしない等々、当日の流れも含めて打ち合わせを進めました。
しかし、やはり妻の説得に時間がかかり、なんとか同意の取れた今月の初旬、ついに寝取られを行いました。

実行場所のホテルで、妻をAさんへ託しました。
私は興奮と後悔と恐怖心が入り混じった感覚で、寝取られ中は別室待機で動画を撮ってもらうかと迷いました。
しかし、Aさんからは寝取られるところを見ていたほうが興奮できますよ、との話があり、妻からも同じ部屋にいてもらったほうが安心できると言われたため、現場に留まることに。

情けない話、直前になってやっぱり辞めたくなってしまったのですが、二人がベッドの上で抱き合い、軽いキスの音が聞こえ始めた時には、興奮以外の感情が吹き飛びました。
二人のキスと、Aさんがゆっくり妻の服を脱がしていく音が部屋に響き、実際の時間にしてはたいしたことないのでしょうが、妻が下着だけになるまでに、えらく時間が過ぎたように感じました。

ブラが外され、パンツを脱がされるのを確認しながら、私もズボンだけ脱ぎました。
Aさんが妻の胸を弄って、子供みたいに必死に乳首を吸う様子を眺めながら、私は興奮からかだんだん苦しくなってしまいました。
それでも、それまで声を出すのを我慢していた妻が、いつも私とエッチをする時の声色で喘ぎ出すころには、私の下のほうもすでにガマン汁でだらだら、大変なことになってました。

興奮しっぱなしで記憶が不鮮明なので、細かい描写までできないのが残念ですが、その後もしばらくAさん側の愛撫が続きました。
Aさんもパンツを脱ぐと、それなりに立派なアソコがすでに臨戦態勢。
サイズ的には私のとさほど変わらないものでしたが、そこが妙に現実的で、寝取られへの期待感がさらに高まります。
Aさんからは事前にプレイ内容への希望を聞かれていましたが、私よりも歳上の方ということもあり、お任せで、妻を仕込んで欲しいと伝えていました。

Aさん指導のもと、妻がパイズリで奉仕します。その後Aさんのクンニで妻がイクような素ぶりを見せ始めた時には、自分でも気づかないうちに、射精してしまっていました。

妻が仁王立ちのAさんにフェラし、再び臨戦態勢となったところで、いよいよ念願の他人棒挿入です。
念のためゴム着用だけ確認させてもらい、Aさんを妻のもとへ送ります。

妻の脚の間で、Aさんがもぞもぞと動きました。すると、妻は声を小さく上げながら、徐々に徐々にAさんのアソコを飲み込んでいきました。
理性飛びまくりで、ほとんど記憶がありませんでしたが、この瞬間が、言葉では言い表せないほど興奮したのは覚えています。
妻がAさんのアソコを全て飲み込みきり、完全に一つになるまで、私は緊張と興奮で身動きがとれませんでした。

二人のキスと、妻の中をAさんが出入りする音がしばらく続きました。
これまで、ずっと寝取られを夢見てきたはずばったのですが、この時はなぜか、妻をはやく取り戻したい、私が妻を抱きたいという気持ちが大きくなり、Aさんになるべく早く射精してほしい旨を伝えました。

失礼なお願いになってしまいましたが、Aさんは快く受け入れてくれ、ラストスパート。
ゴム越しではありますが、最後は妻を抱きしめながら、彼女の奥のほうでしっかりと射精していただきました。

妻を味わってもらい、そして彼女の中で気持ちよくなってもらったAさんは、なんだか妻を共有する仲間のような、妙な感覚でした。
Aさんとはそこでお別れし、今度は私が思いっきり妻を抱きました笑

途中かなり端折ってしまいましたが、ひとまず初寝取られ成功ということで、書かせてもらいました。
妻もたまになら付き合ってあげてもいいかな、とは言ってくれてますが、ひとまずしばらくは二人で楽しみながら、子作りに専念しようと思ってます。
18
2018/11/02 16:52:03 (9LFMpYg2)
スペック
山田智樹 48歳 商社勤務 主に海外渉外畑で過ごし5年前から欧州中東統括 月半分以上は留守 若い帯同美人秘書が実質性処理担当
妻 君代 41歳 結婚14年目 専業主婦 未経産婦 酒処出身酒豪 性格陽気 呑む程に押しに弱くなる ボブカット童顔 T145 自称Gカップ 肌色白 乳首・性器はピンク

帰国期間中は基本的に土曜は君代と旅に出るか旧友が経営する居酒屋にお邪魔している
旧友の居酒屋は所謂2号店で雇ったスタッフに任せているが自宅から徒歩5分の場所なのでオープン初日からの古株常連と位置付けられている
8席あるカウンター席の一番奥が雇われ親方の正面なのでほぼ指定席状態で隣が妻の指定席
家庭料理を売りにしている関係か常連の大半は単身赴任サラリーマンで殆どが男性客
君代は若く見られ大抵20代後半に勘違いされていて君代も大層ご機嫌でいる
君代の隣に座る客は初対面の際カップルでなければ必ず口説かれ潰されて撃沈させられ客観的にワンパターンの喜劇を観ている様で笑いが絶えない
君代は明るく言葉遣いは丁寧なので完全オバドル扱いにされ調子に乗っている
殆どの単身男性は君代とLineで連絡を取れる状態になっていた様で常連客同士のグループができていた(自分は混ぜて貰っていない草)

単身赴任客が多いせいか毎年春になるとそれぞれの会社の異動で客層が入れ替わる店でもある
昨年春から割りと大手の土木会社の叩き上げ社員・大曽根が顔を出す様になった
多分に漏れず君代にチョッカイを出してきた
ゴッツイ体格の大曽根は相当いける口だったが君代の敵ではなかった
大曽根の凄い所は酔う程に露骨に君代を口説く事だった平気な顔をしてポンポンと下ネタを口にできるタイプだった
何度も大将から注意を受けても酔いのために飽きずに懲りずに君代を口説き続ける
笑えるセリフが
「こんな処で酒を飲むより奥さんのマン汁飲みてえなあ」
「俺のピンポ咥え甲斐があるぜ」
「中出しして孕ませてえ」
と毎回何度も大声で口にする
所が君代は箱入り娘だった上自分も性的なワードを教えた事がなかったので大曽根の発言の意味が通じていなかった
なんせ自分と交わっていて絶頂を迎えても「イク!」と言う言葉さえ知らずワーワー喘いでグッタリするだけの女性だった

暫く経過した梅雨明け間近の頃別の常連客の後藤さんと言う男性から
「今山田さんの奥さんを大曽根さんが口説き落とせるか賭けが始まっているんですよ一口1,000円ですけど山田さんも混ざります?」
いつも君代に潰されカウンター席で爆睡している大曽根さんに口説き落とせる訳がないと思いつつも遊び心が沸いた
「じゃあ落とせる方に一口」
「エッそれで良いんですか?賭けが成立しないじゃないですか俺落とせない方に鞍替えしますね」
と言って1,000円を受け取っていった
その晩も大曽根さんは一人で盛り上がって潰されて寝入ってしまった

実はその頃から君代のセックス中の何かに違和感を覚えだしていた
何か?と言われても漠然としていて誰にも話す事が難しいレベルの違和感だった
胸騒ぎを取り敢えず信じて君代に気付かれない様に自宅へカメラとマイクを各部屋に設置しパソコンで遠隔操作できる様に別の旧友に依頼した
特に寝室とリビングには4台づつ取り付けた

思い過ごしだった様で留守中の自宅には君代の友人女性数名以外は招かれていなかった
意外だったのは結構近くに住んでいる学生時代からの親友の真子さんとは頻繁にレズっていた
長身でスレンダーな真子さんがタチで君代がネコだった
絵に描いた様な淑女タイプの真子さんの痴態を見る事ができたので盗撮費用は決して無駄にはならなかった

ある日帰宅すると君代が通うスポーツジムのテニスコースに大曽根さんが入会したと楽しそうに言いだした
大曽根さんはド素人で全く話にならなかったらしい
それにしても何と言う執着心だ君代は根っから天然で大曽根の下心に全く気付いていない
ジムで大曽根さんと会った日の晩は決まって笑い転げながら報告をしてくれた
しかし夏が終わろうとした頃から大曽根さんの話題がなくなった
辞めたのかな?サボり出したのかな?
そんな程度に思っていた

天然の君代はスマホをリビングのテーブルに放置するのが常だった
決して隠し事をしないタイプではない
現に今でも続いている真子さんとの性的関係は知らされていない

ある晩君代は疲れたと言って早々に寝室へ行った
1人酒を飲んでいると君代のスマホが光り出した
何度も何度も光る
通話着信ではない様だが着信がひっきりなしに続く
画面のお知らせ表示が目に入った
大曽根さんからのLine着信だった
夥しい数の動画が送られてきた
最初の動画の静止画像には見知らぬリビングで椅子に腰かけている君代が映っていたが続く画像からは大曽根さんの姿が映っているモノや君代の衣服が乱れだしたもの胸が露わなモノ・・・
仕舞には修正されていない広げられた両脚の付け根から白濁した汁が大量に流れている画像だった

すかさずその全てをパソコンに取り込み消去してパソコンで動画を確認した
どうやら大曽根さんはテニス上達のコツを教えて欲しいと言う感じで自宅に連れ込んだ様子で天然君代は意気込みを買って訪ねた雰囲気だった
大曽根さんにすればテニスなんかどうでも良かったに違いない
最初は座学的に基本のセオリーを説明している君代だったが大曽根さんはソローな動きで説明通りにラケットを振り始めた
君代は大曽根さんの背後に回り密着して指導し始めてモノの数秒後大曽根さんに抱き付かれた
大柄で筋肉モンスターの大曽根さんに抱きしめられた小さな君代は通じない抵抗を試みているモノの直ぐに唇を重ねられ
着衣全てを脱がされたわわな胸を吸われながら股間の伸ばされた手を振動された
「ヤメテ」
と叫ぶ声に悩ましい吐息が混ざり出しやがて君代にもスイッチが入った
口では嫌がり涙を流す君代だが必死に大曽根さんにしがみ付き腰を大きくくねらせて徐々に喘ぎ声が漏れ始めた

長文になりそうなので続きは後で
19
2018/11/01 23:43:36 (JUDd/hf/)
私が妻を寝取られたいと思い始めたのは、二年前にI県に単身赴任となり、同僚のノンさんと飲みに行くようになってからでした。彼は私より10歳年上で、転職されたばかりでしたが、役職者であり、子供さんも成人しているので、生活に余裕があるらしく、いつもおごってくれました。行きつけのスナックで女性を交えながら下ネタになったとき、
「奥さんとどれくらいのペースでしてるの?」
「半年に一回くらいですかね」私には3歳下の妻と二人の娘がいます。下の娘が生まれしばらくは次は男の子をと思い頑張ってみましたが結果が出ないまま三年がたち、以後は半年に一回のペースになっていました
「その年で半年に一回は少ないよ、刺激が少ないんじゃない?」隣にノンさんのお気に入りの女性が座り、私たちの会話に加わりました
「そうかな、夫婦ってそんなもんですよね〜」酔った私はノンさんに同意を求めました
「ノンちゃんは月一回だよね〜」ゆうこと呼ばれるその女性はノンさんに腕をからめて嬉しそうに言いました
「おい、その話はよせよ」ノンさんはゆうこさんの頬を軽くつねりました。二人の親密さがうかがえます。
「いいじゃない、ねぇみなみさん、夫婦ってだんだん刺激が無くなってきちゃうけど、だからってエッチしなくなると男として枯れて来ちゃうよ。ノンちゃんなんかエッチだから、お肌とかすべすべだよ」ゆうこさんはノンさんに頬擦りして見せた
「確かに女性に肌を見せると思うと、スキンケアとかするよ」ノンさんは真面目に応える
「そうだ、みなみさん、わたしと浮気してみない」ノンさんがトイレに行ったすきにゆうこさんが小声で言った
「ちょっと、待ってよ」
「だってあなたカッコいいし、奥さんとしてないなら貯まってるでしょ。それにノンちゃんって変な趣味あるから、わたしとあなたがしたって聞くと喜ぶかも」
「えっ?」私は当時は理解できなかった
「寝取られって知らないの、奥さんや彼女が他の男に抱かれると異常に興奮する人らしいよ。」
「まじで」
「なんかね、ノンちゃんは旦那の前で奥さんを抱いてあげるのが好きみたい。あれ凄く大きいよ」そう言って私の股間をさわった。妻がノンさんに抱かれたら…始めて異様な興奮が私の股間を襲った。
「もう、なに元気になってるの〜、もう」ゆうこさんは勘違いして私の股間を握り返した。私は妻がノンさんに抱かれることを想像し、全身が熱くなり、胸が痛くなるほどの動機を感じるほど興奮していた。
「おい、何してんだよ」ノンさんが戻って来て笑顔でゆうこさんに話しかけた
「ノンちゃんこうゆうの好きでしょ、変態だから」
「おいおい」ノンさんはすでに察しがついているのか余裕の笑顔だ
「あたしとみなみさんがエッチしたら興奮する?」いたずらな笑顔のゆうこさん
「するだろうね」
「やったー、じゃあ、あたしたちがしてるとこ見ててね。そのあとノンちゃんともする〜」ゆうこさんの過激な発言を私は妻に置き換えていた。妻がノンさんとしているところを見たい…

それが妻寝取られ計画のきっかけとなった


20
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 581
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットID PREMIUM 初回300円のお得なキャンペーン!【70%OFF】