ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

寝取られ体験談 RSS icon
※彼・彼女・旦那・妻を寝取られた体験談をお待ちしています。

このBBSに投稿下さった内容は雑誌、書籍などに掲載される場合があります。 ご承知のうえ投稿してください。当サイトに投稿された文章の著作権は、すべてNAN-NETに帰属するものとします。
短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 510

俺K、妻M、友人Y

投稿者:K ◆0jh5kQhfUA
削除依頼
2018/02/14 12:46:13 (qy2BQbII)
皆さんの体験談から比べるとまだまだ軽い話しですが、自分の記録として何かしら残したくて投稿します。

俺はネトラレ属性です。妻にも打ち明けましたが、断られています。
俺(K)妻(M)とします。俺とMは高校からの付き合いで、彼女から告白されました。彼女は身長が170近くあり、俺より少し高くてやせ形です。スポーツが得意で、性格も体育会系です。高校時代は男子人気ランキングの上位にいるモテ系でした。ちょっとしたことから話すようになり、仲良くなり、告白されました。彼女の処女をもらい、結婚しました。
俺の友人(Y)は中学の頃からの付き合いで、特に意識はしてませんが、弟分みたいな関係です。当然、Mとも高校からの知り合いです。Mと付き合いだした時は、羨ましいと良く言われました。俺とMが付き合う前に、YはMに告白して、フラれていました。まあ、それには触れない様にするのが、俺とMの暗黙の決まり事となっていました。
俺は、高校を卒業して就職して、Mは大学、Yは家業を手伝い始めても、3人でよく遊びました。
Mが大学を卒業して、就職したきっかけで、俺達は結婚しました。

俺が自分の性癖に気付いて、一番に考えたのはYにMを抱かせたいと思いました。Mに相談すると、当然断られました。Yに身体を触らせる、拒否。Yに裸を見せる、拒否。Yに下着姿を見せる、ギリギリOK。

という訳で、Yに下着姿を見せる事になりました。Mの希望として、
自分から見せるのは恥ずかしいのでNG。
自宅でお酒を飲んでのノリでやりたい。
という事なので、ウチで宅のみ会をする事にして、Yを招待しました。
事前に、Mとは打ち合わせをしてMが酔い潰れた演技をして、俺が服を脱がしてYに見せる作戦でした。
飲み会が始まり、途中でMが風呂に入っている間に俺はYに
「お前、まだMの事好きか?」
「何、言ってんだよ。そ、その、Kの嫁さんだろ!」
「まぁ、いいや。今夜、イイコトあるかもしれないよ。」
「何だよ。イイコトって。」
「期待してろよ。頑張ってMに酒を飲ませるんだ。お前が潰れたら意味ないからな。」
「それって・・・・」
Mは風呂から出てきて打ち合わせ通りパジャマ姿で飲み会に加わります。風呂上がりの女性の雰囲気と俺の意味深な発言にYはどぎまぎしていました。俺も、これから起こる事態を想像して、興奮していました。
Yも頑張って至って普通にMに酒を薦め、飲み会は楽しく俺も少し多めに酒を飲みました。酔っているけど、酔っていない不思議な感じでした。途中で、何回もMに合図を送りましたが、Mもやっぱり怖いのかなかなか酔い潰れた演技をしてくれませんでした。
やっとMが心を決めたのか、
「眠くなった。」と言って俺に膝枕をする様に寝転びました。ついに始まった!そう思うと興奮のボルテージが、レベルアップしました。
しばらくはその状態でYと雑談をしていましたが、Yの方から、
「な、なぁ、Mちゃん、大丈夫かなぁ。」
なんて言ってやっぱり期待している様子。チラチラ寝ているMを見ているのも気付いていました。
「あぁ、多分、もう、朝まで、起きないよ。」
俺はゆっくり寝たフリをしているMに合図を送るようにYに返事をしました。
「ちょっと、パジャマ脱がしてみようか。」
「な、何言ってんだよ。」
「お前、期待してるだろ?俺も少し、興奮してきた。」
本当はかなり興奮していたのですが、Yには嘘をつきました。
「ただし、下着までな。それ以上はだめ。」
「下着って。・・・いいの?俺が、見ても。」
「下着くらいなら、いいよ。なんだよ、見たいんだろ?」
16

俺の嫁さん

投稿者:佐々木のぶ ◆IlHPyCv2FA
削除依頼
2018/02/14 06:56:44 (/17eH26U)
俺と嫁さんのユキと知り合って30年近くになるけど
二人だけの秘密にしてた事があります。
それは嫁さんと付き合ってすぐに
まだ高校生だったユキが帰宅途中に
暴走族に拉致され輪姦されました。
海の近くの松林の中のキャンプ場
秋の季節には誰も使用してなく
叫んでも助けてもらえなくて
トイレの中で10数人レイプされたそうです。
数日後にユキから告白された時は耳を疑いショックでしたが泣きながら告白するユキを抱き締め
「忘れよう。」 
と励ますのかいっぱいだったのを覚えてます。
それからは事件の事は触れずに過ごし
数年して結婚もして子供も授かり
普通に生活してたのですが俺はユキに言えない
事がありました。
実はユキがレイプされたと聞いた時は
可哀想だと思う気持ちでしたが
少し時間がたってくるとユキがレイプされてる姿を
妄想してオナニーのネタにしてました。
大好きなユキが見ず知らずの男達に裸にされ
俺がもらうはずだった処女を奪われ
精子まみれにされてる姿を想像すると
たまらなくなってたのです。
でも傷ついたユキに話せる訳もなく
過ごしてきました。

子供も就職や進学で夫婦だけになり
40代の私達は夜の方もマンネリ化して
ほとんどレス状態となった今も
隠れてオナニーする時はユキがレイプや
寝取られる事がネタでした。
ある日嫁さんとTVを見てると
某大学生が起こしたレイプ事件のことが
流れてました。
俺が嫁さんがされたレイプ事件を思い出し
「可哀想にね。お前も昔されたよな」
と長年タブーだと思い触れなかったレイプの事を
ふとつぶやいてました。
嫁さんは
「そうね。この子も可哀想だよね」
なぜか俺は、この事件と嫁さんをダブらせて
想像して突然モヤモヤした気分になってきてました。
「お前ぶっちゃけ何人にされたん?」
つい勢いで聞いてました。
「そんな事聞くの?ハッキリ覚えてないよー」
不思議そうに少し微笑って答えました。
怒った表情では無かったので調子に乗って
「だいたいでいいからさ!」
少し考えて嫁さんは立ち上がって
「たぶん14人だったかなぁ」
と言うと洗い物を始めました。
もう俺はこの際だと思い俺もキッチンについて行き
質問攻めが止まりませんでした。
俺「じゃぁー中に出された?」
洗い物しながら少し面倒くさい表情で
嫁さん「覚えてないーたぶん中かも」
俺「マジかよーどんな感じだった?」
嫁さん「感じって怖い恥ずかしい痛いぐらいだよ」
俺「そっかー口はしたの?」
少し黙って
嫁さん「えぇーした」
少し不機嫌顔になってきてる嫁さんでしたが
俺の方はたまらなくなって来てて
嫁さんを後ろから抱きつき乳を揉みました。
嫁さん「なに?こらーだめっ」
洗い物の手を止め口では文句言ってましたが
ブラをずらして乳首を摘んでやると感じてるのが
分かりました。
そのまま立った状態でオマンコを触ると
ヌレヌレ状態でクリを触り逝かせてやりました。
嫁さんは座り込み俺はチンコをフェラさせ
たまらなくなるとリビングのソファーに連れて行き
挿入しました。
俺「レイプされた時感じたんか?」
嫁さん「そんなことないよ」
俺「ほんまに?」
嫁さんは答えることなく快感に身を任せていて
俺も久しぶりのSEXで思ったより早く出してしまいました。
事が済むと嫁さんは服を着ながら
嫁さん「なぁ?なんで昔のこと聞くの?」
俺は迷ったけど昔からの思いを言いました。
嫁さんは驚いて
嫁さん「私がレイプされてよかったの?」
俺「そうではないよーレイプされてショックだったのは同じだから!でも大好きなお前が汚されると思うと反応してしまって。」
嫁さん「なんかショック」
俺「ごめん。でも性癖なんだろ仕方ないよ。」
嫁さん「私にはわからんわ」
とリビングから出て行きました。

話た事に後悔してました。
それからはレイプのことには触れずにいました。
でも後日でした。
嫁さん「あんたの性癖ネットで調べたよ」
突然言われました。
嫁さん「色んな性癖あるのね!なんとなく理解したわ」
俺「そうなんだ!どう思った?」
嫁さん「変態だよね」
俺「そう?お前からしたら変態だと思うやろね」
嫁さん「変態でしょう?奥さんが犯されて欲しいなんて」
俺「まぁ…」
嫁さん「あんたも変態ね」
俺「でも女性でも犯されたい人おるやん」
嫁さん「変態でしょうね」
俺「変態か…お前また犯されたいとか思わない?」
嫁さん「思うわけないわ!」
俺「じゃぁー俺以外としてみたいとは?」
嫁さん「したくない。」
俺「じゃぁー俺が誰かとして欲しい言えばする?」
嫁さん「やっぱり変態やな!して欲しい?」
俺「浮気は嫌だけどプレイならして欲しい」
嫁さん「プレイって?」
俺「3人でとか」
嫁さん「誰と?」
俺「誰かと!知らない奴かな」
嫁さん「ふぅーん!どうしてもしたいの?」
俺「できればしたい!して!」
嫁さん「好きにすれば」
俺「ほんま?絶対?」
嫁さん「うん。」
こんな流れで嫁さんを3Pに誘うことに成功しました。

嫁さんの許可はもらえたけど
普通に3Pするだけでは何か物足りなく思ってました。
そこで考えたのはいつも妄想する嫁さんがレイプされたキャンプ場のトイレでしたいと思い
嫁さんに言うと
嫁さん「あんたの好きにすればいいけどキャンプ場のトイレ昔と違って綺麗になってるから」
と微笑って言いました。
反対されると思ってたけど意外でした。
ネットで1人募集して決めた人Nさんとlineで
話を詰めました。
俺は嫁さんが犯されるようにされてるのが
見たいと言ったのでNさんの提案で
嫁さんをトイレの中で目隠しして立たせて
二人で責める事にしました。

当時までに嫁さんには相手が決まったとだけ伝えました。
不安そうに嫁さんはしてましたが
何も言いませんでした。
でもキャンプ場に行く時間になってくると
嫁さん「本当にするの?」
俺「うん。無理なら止めていいからさ!とりあえず相手が来るから出掛けよ」
嫁さん「そうね。恥ずかしいし緊張するよ」
俺「俺も緊張するよ!でも長年の夢が叶うからうれしいよ」
嫁さん「変なの」
微笑ってました。
深夜11時過ぎにキャンプ場に着きました。
俺らだけしかいなかったので安心しました。
俺「ここに来たら思い出す?」
嫁さん「思い出すよ。トイレだけ変わったけど他は変わってない気するもん」
二人で車から降りると
嫁さん「トイレでレイプされたって言ったけど本当は最初はこの辺で押し倒されたの」
嫁さんは指を指し言いました。
嫁さんは鮮明に思い出したのか
事細かく話ました。
外で制服も全て身ぐるみ剥がされ
大勢見てる前で一人目にレイプされ
裸が見えないからとトイレに連れ込まれ
全員に犯されたと言いました。
嫁さんは少し寂しそうにしてたので
俺「止める?」
嫁さん「どっちでも。したいの?」
俺「まぁしたいけど無理にとは言わないよ」
少し考えてた嫁さんだけど
嫁さん「いいよ。まだ来ないの?」
笑顔で聞きました。
lineするとすぐに
Nさんからlineで10分ぐらいで着くとの事で
先にトイレに入りました。
嫁さん「えぇー男用なのー」
恥ずかしがっている嫁さんを抱き締めキスしました。
抱き合って
俺「本当にいい?」
嫁さん「うん。大丈夫。少し寒いね」
10月とはいえ夜は少し肌寒く感じました。
その時Nさんが着いたのか車の音が聞こえました。
俺「来たのかな?」
嫁さん「本当にその人?違ったらヤバいよ」
と恐がってか俺から離れドアを半ドアにして個室に隠れてました。
俺「大丈夫だよ」
と俺も個室に入り
俺「恥ずかしいと思うからこれ付けようか」
と用意したアイマスを嫁さんに掛けました。
嫁さん「こんなの怖いよ」
視界を奪われ焦ったようでした。
Nさんがトイレに入ってきて
Nさん「あのーNです」
との声に
俺「はい、いますよ」
個室のドアを開け嫁さんを先に出しました。
嫁さん「ちょっと…」
嫁さんは少し震えてるようにも思いました。
Nさん「小柄で可愛い感じの奥さんですね」
俺「さっそく触ってやってください」
と後ろから嫁さんと俺の両手を繋ぎました。
Nさんは近付くと嫁さんのブラウスのボタンを
上から外し始めました。
嫁さん「えっ待って」
嫁さんの手に力が入ったのが分かりました。
Nさんは容赦なく嫁さんのブラウスの前を開け
ブラジャーから乳房を出すと
Nさん「綺麗なおっぱいですね」
乳首を摘んで懲り懲りしたり引っ張ったりすると
嫁さんは身をよじらせて感じてるようでした。
もう40も半ばの嫁さんのおっぱいは垂れ
乳首も伸び伸びなのにNさんは褒めながら
乳首を弄り続け舐めたりしてると
嫁さんは微かに息が荒れ始めてました。
Nさんの手が嫁さんのスカートの中に伸びて
大事な部分に触れると嫁さんは腰を引き
嫁さん「いやっちょっとダメ」
恥ずかしそうにしましたがNさんは強引に
パンストの中に手を差し入れクリを触ってるのか
嫁さんの腰は一層引きくの字になりましたが
俺が邪魔で逃げれないようでした。
Nさん「あっ濡れてるねーいやらしい」
嫁さん「いゃ…」
俺は嫁さんのブラウスを脱がせブラジャーも
外すと嫁さんは手でおっぱいを隠してたけど
払いのけ後ろから手にして俺が力強く握り動けなくしました。
嫁さん「あっあっぁ、あ、だめ」
腰を引いた状態でしたが感じてるようでしたが
俺「気持ちいいんか?」
と聞いても答えず微かに喘いてるだけでした。
Nさん「奥さんはヌレヌレですよ」
そう言いながら嫁さんを触ってた手を抜き
指先を見せました。
指先はヌルヌルの汁がついていたので
俺「濡れてるんやーいやらしいー犯されたいんやろ」
意地悪く言うと
嫁さん「やだよ」
Nさん「奥さんのオマンコ見せてくださいね」
嫁さん「いゃっ」
嫁さんの言葉なんて無視でNさんはスカートを脱がし
パンストとパンティを一気に下げ取り上げられました。
もう嫁さんが身につけてる物はアイマスクだけになりました。
Nさんは脚を開かせ指でオマンコを開いてのぞき込んで
Nさん「ヌレヌレだよー」
と指を入れてみたりしてました。
嫁さんは何も言わず恥ずかしさに耐えてるようでした
Nさん「これ使ってもいい?」
ポケットからローターを出し俺に見せ聞きました。
許可するとスイッチを入れ嫁さんのオマンコに当てました。
嫁さん「えっ?いゃっそんなのだめ」
俺「だめ?家でも使ってるのに?すぐイクからかい?」
Nさん「使ってるんだー」
俺「クリに当てて指入れてやって!すぐイクよ」
俺も言ったようにクリにローターオマンコに指を
出し入れし始めました。
嫁さん「いゃっあぁんいっー」
俺「いいのか?」
嫁さん「あぁーいっちゃうー」
身体を反らしイッたと思うと膝をついてしまってました。
それでもNさんはオマンコの中の指を動かしていたのでクチャクチャと音がしていて
嫁さん「もう止めてー止めてー」
イッても続けられついにシャーシャーと音を立て
潮を吹いてました。
Nさん「あーあ奥さん手がベタベタになりましたよ」
笑ってました。
Nさん「舐めてもらってもいいですか?」
俺「いいよな?」
嫁さんに聞いてもすぐに答えなくて2度聞くと
嫁さん「うん」
とだけ言いました。
Nさんはパンツを脱ぎチンコを出したので
嫁さんの手を取り握らせると嫁さんは
しばらく握ってましたが自分の口に運び
咥えました。
その姿が可愛くてたまりませんでした。
俺も後ろからNさんのローターを取り
クリに当ててやると呻きながらもチンコを
舐める事を止めませんでした。
でも当て続けたら
嫁さん「いゃんだめーイクー」
とチンコから口を離しイッてました。
俺「またイッたのかーもうこれいいな」
とアイマスクを取ってやりました。
嫁さん「恥ずかしいよ」
Nさん「あぁ奥さん可愛いですねーもう入れてもいい?」
俺「どうする?入れる?」
嫁さんは俺を見て
嫁さん「どっちでも…」
俺「じゃぁー入れてもらいなよ」
Nさん「ありがとう」
と言って嫁さんを立たせてバックから入れようとしたので嫁さんが立ってやすくするのに洗面台に
手をつかせました。
洗面台は入り口に近く外からも見えなくはないので
俺「外から丸見えだよ」
と言ってやると
嫁さん「恥ずかしいー止めてー」
と言ってましたがNさんにバックから入れられると
気持ちいいのか洗面台に顔を埋めるようにしながら
激しく突かれる度に大きな喘ぎ声を出してました。
Nさん「いいよー奥さん気持ちいい!」
と嫁さんとのSEXを楽しんでました。
嫁さん「あぁいっちゃうよー」
ついに嫁さんは他人チンコでイキました。
嫁さんはイッてしまうと
嫁さん「お願い抜いてください」
と言ってNさんから離れ座りこみました。
俺「もう終わりかい?」
嫁さん「ちょっと待って…」
Nさん「奥さんまた入れさせてくださいよ」
俺も少し立ってたのでファスナーを下げ
チンコを出して嫁さんの顔に近づけ
俺「舐めて!」
と言ったその時でした。
ヘッドライトの明かりが見え車が来る音がしました。
俺「誰か来た」
言うと嫁さんも気配を感じ取ってたので
焦って服を取ってましたが
Nさん「奥さん隠れて」
とNさんは嫁さん個室に入らせ自らも入って扉を
締めました。
俺だけ残されてしまって迷ってると車は止まり
人が降りてきました。
俺はトイレを済ませた素振りで車に戻ってると
釣り人みたいな服装の2人組で1人だけトイレに
入っていきました。
しばらく戻って来ないので大便だとすると
嫁さんらが入ってる隣なので気づかれないか
心配でした。
Nさんと嫁さんは続きをしてるの?かと思い
どうなってるのか心配より見たい!と思い
早く釣り人2人組が帰るのを待ってました。
すると釣り人が戻って来て車の釣り人に
何やら話てるようでした。
嫁さんとNさんが気づかれたと思いました。
釣り人ら2人はトイレに歩いて行き俺の方を
チラ見してトイレに入って行きました。
俺もいてもたっても要られず釣り人の後を追いました。
トイレの入り口からコッソリ見ると釣り人達は
トイレの個室の前に立って声を聞いてたり
扉の下から覗いたりしてました。
俺は嫁さんはNさんと続きをしてるんだろうと思い
トイレの中は釣り人がいるので
外の個室の窓に回り込みました。
「あっあっあん」
と嫁さんが喘ぎ声を我慢しながらも感じてる声が
聞こえましたがトントンと扉がノックされると
声が聞こえなくなりました。
釣り人がノックしたみたいで
このままでは嫁さんが心配で表に回ると釣り人達は
笑いながら車に戻ってきて乗り込み
嫁さん達が出て来るのを待ってるようでした。
5分ほどすると二人はトイレから出て来ると
釣り人の車を見て嫁さんは慌てて俺の車に乗り込み
Nさんは自分の車に戻りました。
すぐlineで「移動しましょう」
とNさんからあり出発するNさんの後ろをついて行きました。
釣り人達は嫁さんをジロジロと見てる視線を感じました。
嫁さん「もう焦ったよ」
俺「あいつ等覗きに行ってたよ!」
嫁さん「マジでー」
俺「またしたん?」
嫁さん「えっうん。覗かれたのかなぁ」
俺「さぁ?俺裏から聞いてたけど」
嫁さん「そうなん?知らなかったー」
俺「声聞こえてたからあいつ等も聞いたんやろ」
嫁さん「恥ずかしいね」
俺「Nさん逝ったの?」
嫁さん「うん。」
俺「中?」
嫁さん「ちがうよ!お尻に掛けられた」
俺「そっかーたまらんわー」
俺はチンコを嫁さんの手を取り触らすと
嫁さんは軽く擦りながら
嫁さん「硬くなってるね」
笑ってました。
Nさんはローソンに入ったので真横に停めると
こちらに歩いてきました。
Nさん「びっくりしましたよー」
俺「ノックしなくてもねー」
Nさん「奥さんびっくりしたよね」
嫁さん「うん!」
少し雑談してNさん「また、次もよろしく」
と帰って行きました。
俺「なぁーもう一度トイレでしない?」
嫁さん「えぇーさっきの人いない?居ないならいいよ」
と言うので戻ると誰も居なかったので車の中で
チンコを出すと嫁さんはフェラを始めてくれ
たまらなくなったので嫁さんをシートに倒し
全裸にすると
嫁さん「やめてーここだと誰か来たら見られちゃう」
と焦っていてもお構い無く車から引っ張り出すと
そのまま車に手をつかせ後ろから犯してやりました。
嫁さん「恥ずかしいーやめてー」
俺「さっきの来るかもよー見られたいんやろ」
嫁さん「いゃーほんとにいゃー」
嫌だ嫌だ言っても感じていて逝ってました。
でも嫁さんが一番好きな正常位でも
逝かせようと車に戻して正常位でしてやると
2度ほど逝ってました。
俺も嫁さんの腹の上に出しました。
俺「今日どうだった?」
嫁さん「恥ずかしかったー疲れたし」
俺「またしたい?」
嫁さん「えぇーわからんよ」
嫁さんには2度目を!とお願いしてる日々です










17
2018/02/14 01:05:40 (tuXMfV0q)
仕事で大変お世話になってて妻のこともよく知る人物が
初の貸出し相手だったんで
思った以上に妻(47才)もすんなりと寝取られてくれたんですが
エロ社長は終始妻に
前から好きだっただの
抱きたかったと言いながら全身舐め回して
バックスタイで突き上げた尻(完全アナル!)を必要以上に舐め続け!
妻も汚いと言いながらももの凄く感じてました
生理的に出来ない私は敗北感いっぱいで心まで寝取られた感じでした、、
18
2018/02/14 00:28:33 (07YyfcHQ)
貸し出しが成功しますように(//∇//)

妻が複数の男性に廻されると興奮する、寝取られ夫です。妻も複数の男性に抱かれるのが大好きなので、当日は妻を皆様にお貸し致します。私の目の前で寝取って下さい(私は撮影係をやります。)

19
2018/02/13 21:49:18 (Wc4J2gs4)
だいぶ下がったので続きはこちらから書きます。
20
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 510
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕