ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

寝取られ体験談 RSS icon
※彼・彼女・旦那・妻を寝取られた体験談をお待ちしています。

このBBSに投稿下さった内容は雑誌、書籍などに掲載される場合があります。 ご承知のうえ投稿してください。当サイトに投稿された文章の著作権は、すべてNAN-NETに帰属するものとします。
短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 440

ブス嫁

投稿者:ライト ◆zX5uXn2dWk
削除依頼
2017/05/29 19:30:59 (HxgfuNmI)
彼女にするにしても、結局は見た目が大事かと思いますが
私の嫁は、”ブス”です。 ブス女を嫁にした理由があります。
実話、嫁と知り合った時の私の年齢が40歳でした。 一方、嫁は
22歳で歳の差がありました。 私は、結婚もしないまま遊んでいる内に
こんな歳になってました。 行きつけの店に嫁が入ってきました。
店の中でも一番のブスでした。 しかし、なぜだか仲良く話をしていました。
ブスな女に下心も湧かないためか気軽に話が出来たからかもしれません。
当初は、店の娘達と店が閉まった後に飲みに出かけたりもしました。
決まって最後は、ブスな嫁が皆を車で送る役目でした。 そんな状態で知り合ってから
1年が経った頃だったと思います。 顔はブスでしたが仲は一番良かったかもです。
何時もの様に送ってもらいました。 ムラムラしていた私は相手は誰でも良かったのです。
皆を送った後に二人で飲みに行きました。 それまで店でも飲まなかったブス娘が初めて
飲みました。 ブス女には私も格好付ける事無くエロ話をしました。
話をしていて、なるほどねっと思う話になりました。 ブス娘は処女だと告白しました。
そこで、私のムラムラにも火が付き加速しました。 ブスでも処女。
そのまま、ホテルに行く流れになりました。 そこで、私がブス娘だった子を嫁にする話になります。
処女という理由だけで興奮しブス娘を抱く気持ちになった私でしたがブス娘のとのギャップに愕かされました。
なぜなら、顔を覗けば最高の若い娘だったからです。 その瞬間は直ぐにやってきました。
恥ずかしがってタオルで顔を隠したまま風呂に入って来ました。
顔と裸体が大きなバスタオルで隠されていました。 冗談で、下からタオルを捲り上げました。
顔をタオルで押さえていた為か、裸体だけが露わに私の目に飛び込んできました。
脚も細く、腰もクビレており巨乳でした。 その光景もつかの間。 顔を出すとブス娘でした。
その日は、複雑な気持ちのまま処女をいただきました。 その後も間が差せばブス娘を抱いていました。
1
2017/05/29 17:58:09 (cj3Dtylz)
先週末、ついに念願かなって妻の貸出しに成功しました。話は多少長くはなると思いますが興味のある方はお読みいただいて出来れば今後私達がどうしていけば良いのかアドバイス頂ければ幸いなのですが…。私には常々、上記の様に妻を他人に貸出したいという願望があり…。というのも私と妻は比較的に晩婚で、私が32歳、妻が29歳の時妻の友人の紹介で異性の友人として複数のメンバーでつるむ様になり、妻と他愛のない会話をしている内に交際に発展しそうな兆しがみえた時に私から告白を試みましたが、あえなく撃沈…と申しますのも当時妻は付き合っていた方と破局したばかりの傷心の身で、男性が怖いという事からしばらく時間が欲しいとの事でしたので、私は時間をかけてアプローチする事にしました。その後はもっぱら、妻の恋愛遍歴の話しを中心に私の恋愛遍歴を交え話しする機会も増え互いにより近い関係になり半年後に交際にこぎつける事に、この頃から、誰からともなく体の関係をもち暫くは私にとっては、可愛らしくていやらしいその裸体をむさぼる様な日々がつづきました、以前付き合っていた女性とは比較的淡白な行為が多かった様に今は思います、妻の様に積極的でみだりに悶えるHは初めてで…潮を吹くなんてAVかななんかの演出だとばかり思っておりましたが、妻は現在に至るまで必ずといっていいほど潮を吹きます。絶叫とともに…。そして息もたえだえに…。むろん私もそんな妻の事をいとおしく思うがゆえに虜になるのに時間はかかりませんでした。そうこうしている内に妻が妊娠、結婚という運びになり交際から8ケ月で結婚をしました。妻のからだの事もありましたので、式はあげませんでした、新婚生活は
妻の妊娠もあり、夜の方はめっきりなくなり生まれてくる我が子を楽しみにする幸せな日々に。そんなさんなか、妻の知人から聞いてしまったのです。妻が以前付き合っていた男性の中に私の友人が含まれていた事を私の良く知っている友人です。以前ほどではないですが今だに付き合いはあります。妻の恋愛遍歴は耳にしていましたが、彼の名前はいっさい聞く事はありませんでした。それを聞いてから私も悶々とした日々が続き、勇気を出して彼に事実を確認する事にし彼と会いました、最初は話しをはぐらかしていた彼でしたが、観念したのか淡々と話し出したのです。付き合っていたのは私が妻と出合う前で期間は1年弱で、最初はうぶな妻が彼好みになっていった事から彼も妻の事が好きになっていった、しかし彼は仲間内でも有名な女性関係にだらしがなくその時にも妻をよそに、浮気を重ねていたらすく、そんなさんなかに妻が妊娠!しかし定職にもついていなかった彼には結婚の選択しは無く、妻に堕胎を強制、互いにばつが悪くなっていくなかで浮気ばれして、お別れする事になった、その後私と付き合っている事を聞いて複雑な心境だったでも相手が私である事で良かったと思っていた、妻との事は一生黙っていようと決めていたそうですが、私から話しがあったので仕方なく話す事を決めたそうです。こういう彼ですから、当然今だに結婚をする事もなく一人身をおおかしているわけなんですが、今でも妻の事が好きだというのです。妻を越える女性はなかなかいないのだとか、その話しをすると私の事がその実、憎かったのか付き合っていた時の妻との話しをし始めて、あの時は最高だとか、私でもやった事のない行為をあられもなく話し始めたのです。私への当て付けなのは当然わかりました。私は好きな妻の話しですから内心、彼に憎しみを覚えながらも愕然と彼の話しを聞いてしまいました。でも、最後にそれっきり妻とはあってはいない、彼女も自分の顔は見たくはないだろうから、安心して幸せにしてくれと話しでした。それから帰宅し、妻の顔を見ますがまともに見る事が出来ず妻もその時いぶかしそうな顔をしていたのは今でも鮮明に覚えています。また暫くは悶々とした日々がつづきました、しかし妻に問いただす事はしませんでした。体の事もありますし、互いにばつが悪くなるのはだれが見ても明らかでしたから。それからというもの妻の体にことかけて夜の方は全くありませんでした。私も当然の事ながら、例の件を私に黙っていた事もゆるせませんし、彼のあられもない話が頭の中から消える事はありませんでしたのでとてもじゃないですがそんな気にもなれませんでした。それから半年後に妻の出産、無事に生まれてきてくれました、私も子煩悩なものでいつの間にか例の事も忘れて家族3人での大変ながらも新しい生活が始まりました。そんな最中、ついに妻からお誘いが、妊娠期間中、出産、子育てとずいぶんとお預けにして申し訳ない旨の話しもあり、例の話しを聞いてからおおよそ一年近い時間が早くも過ぎていました。私も例の件を忘れて事におよび久しぶりの妻の体を官能しました。妊娠で少しふっくらしてしまった体でしたが、母乳のせいか一回りは大きくなった乳房と黒ずんだ乳首がより一層淫靡な余韻を醸し出し私もリクエストをしながら、妻も健気にありとあらゆる事をしてくれました。思いもよらず興奮と絶頂の中、妻の中にたまっていたものを吐き出しふと我に返った時、例の件が頭をよぎり興奮からか余韻に浸りぼーっとした頭の中で腕枕で寝る妻に無意識に聞いてしまいました、例の件を…。それを聞いた妻は今まであんなにあえぎ疲れきった体を私の腕枕に預け余韻にひたっていた妻が、身軽に身を起こしたかと思うと、ベッドからするりと抜け出し私が脱がせた下着や服を鷲掴みにして裸のまま寝室から出て行ってしまいました。決して大きくないアパートの部屋、何処からともなく妻のすすり泣く声が聞こえてきました。ベッドに一人残された私は改めてて自分の愚かさ、ふところの狭さを痛感しなが天井の一点を見つめながらいつの間にか眠ってしまいました。気付いたのは子どもが夜泣きした時でした。慌てて起き出しベッドの隣を見ましたが妻はいない事が分かり、リビングのベビーベッドへ寝かせた(いつもは夫婦の寝室のベッドの脇においてあるベビーベッドでしたが、妻の申し出により今晩だけはリビングへ移動させていた)我が子の下へ急ぎます。そこには目をはらせた妻が子どもをあやしながらだっこをして授乳をしている姿でした。授乳を始めたとたんに子どもは泣き止み暫くして深い眠りに落ちる様に再び眠りに付きました。暫く沈黙の時間が部屋中に広がります。たまらず私が妻に声をかけました、『さっきは、変な事聞いてしまってごめん、お前と○○が付き合っていた事を○○ちゃんから聞いた、そして○○とあって話しをしたよ、よせばいいのにとわかっていながら辛くなるのはわかっていたのに聞いてしまった、お前がどうして俺に黙っていたのか?この一年子どもが生まれるのは楽しみだったが、お前との事はどうしていったらいいのかわからなくなってきて辛かったよ。』っとポツリと話した、そして暫く黙っていた妻が静かに話し出した。『黙っていてごめんなさい…。』沈黙…『彼との事はあなたと出合う3年くらいまえの話しでいろいろきいたんでしょうけど、その時は本当に彼の事が好きだった、仕事もフリーターで定職につく事もなく、ふらふらしていてどうしようもないやつなのは分かっていたし彼は浮気がばれていないと思っていたのかも知れないけど、私、彼と付き合いはじめてから直ぐに分かっていた、彼の浮気の事』『酷い奴だとは分かっていても、彼はとても優しくしてくれた、もちろん、他の女性にも同じ様にしていたんだろうけどね』……『彼ね、女の子の事良く知っているんだと思うの凄く上手いのよ、今、彼に逢いたいと思っている時にふと連絡をよこしてきたり、突然あらわれたりして…』『そして抱かれるんだろ?お前のいう他の女性達もみんな、○○に…』不機嫌そうに私はいいました、『他の女性の事はわからないわ、でもね彼は私の事いつまでも愛してるっていってくれるの…んで、聞いたの?その辺の事も?』……否応もなく重いふいんきにつつまれる…。『うん、聞いた…○○はまだお前の事が好きなんだと、俺への当て付けの様に話したよ。○○…』妻はまた泣きだした…。何故泣いているのか?妻は今でも○○の事が好きで、久しぶりに彼の好きだという気持ちを聞いて泣いているのかわからなかった…。暫くして妻がポツリと『最低ね、○○は相変わらず』…『私聞いたんだ、いつかあなたがふさぎこんでかえって、暫く私と口きいてくれなくなった事があったじゃない?必用最低げんの会話しかなくて、変だなって思って、貴方を紹介してくれた○○ちゃんに相談したの、んで彼女からきいたわ、彼女がばらしちゃったって、彼女は私達のなかでも話しが通っていると思っていたみたいで、貴方の反応に驚き、しまったと思ったみたい…凄く謝っていたわ、でもね、いつかは貴方の耳にはいるんだろうなぁーって思っていたわ、だって○○は口軽いし、いやらしとこあるし、絶対に私達に嫌がらせしてくるだろうと思っていわ、本当に最低な奴…。』…。『彼の事は本当に好きだった、彼の浮気ぐせもあったから、彼に捨てられたくない一心で彼の求めには出来るだけ応じてきたわ日常の生活でも、あの時も…。』『んでね、彼はこうも言ったわ、男が一緒懸命に愛してやっている時は気持ちを入れてそれに答えろって、まな板の鯉みたいな女は最低だって…。』『最初の内は演技も含めてよがったふりをしていたわ、でも次第にそうではなくなっていくの演じているつもりが、体が反応するのするようになったの…。頭ではあり得ないこんなはずじゃないって思いながら…。』『彼もね、凄く喜んでくれた、そして何度も何度も愛してるって言いながら私を求めて来るの時間の許す限り何度も何度も。』…。少し開き直り気味になった妻は…吐き出すかの様にせきららに語りだした、どこか諦めた感じに、『彼も喜ぶから私もどんどんスケベでいやらし女になっていったわ、大抵の事は彼からおそわった、男を喜ばせるための技?っとでもいうのかしら?男性は女性性器だけにはあきたりず、排泄物を出す穴まで興味が有るようね、そう彼も例外じゃなかったわ、もちろん私経験済みよ、今はわかんないけどあの時はそっちの穴でも感じる事ができたわ、でもね貴方も含め彼と別れた後に何人かの人とお付き合いしたけど大抵の男は興味はあっても強要はしなかったわ、あとにも先にも○○だけ、貴方も喜ぶけど私の潮吹きは彼からよ、もちろんだけど、男の人って自分のテクニックに酔いしれている女性を見ると興奮するんでしょ?でもね誰とでもって訳じゃないのよ。潮吹きってもちろん相性はあるわ、正直にいうわ○○と貴方だけよ、これだけは信じて…。貴方は知らないかも知れないけど、私、実家のタンスの奥にその当時彼に買ってもらった、コスプレ様の服とか、いやらし下着とか、あの時に使ういろんな道具だって有るんだから、最低な女よね、私』…そして妻は泣きだした。『もういい、もういいよ。』『わかったよ』『奴はすべてにおいて俺より上の様だ、んで?どうすんだ?奴は今だにお前の事が好きらしいぞ?今からでも奴とよりをもどしたいのか?』投げつける様にいいました。妻は涙が止まらない顔をあげぎろっと私をにらみつけると『貴方きいたんでしょ?私、彼の子を彼に言われるままに、堕胎したのよ!○○とよりを戻すなんて絶対にあり得ない!私は絶対に彼を許さない!私は堕胎したあの子に申し訳ないと今でも思っているし、この子にも申し訳ないと思っているわ!兄弟になっていたかもわからないのに。』妻は嗚咽をあげてまた泣きだしました。そして『私の過去はこれが全てよ!それともまだ聞きたい事がある?』といい、ソファーにうつ伏せになりより一層大きな声で泣きだしました。『私と別れたいなら、どうぞ貴方の好きにしたらいいわ!私はこの子と二人で生きていくんだから!もういいのよ。私の方こそ黙っていてごめんなさい!んでも、これだけは本気よ貴方の事愛している、今がとっても幸せなの!貴方に会えて本当に良かったと思っている』といいました。私をこの一年近く苦しめられてきた"例の件"がこの妻の言葉で解放されていくのが分かり自然と私の頬を涙が伝わって落ちるのが分かり改めて、この妻をいとおしく思えソファーにうつ伏せになる妻の背をさすりながら、涙声であっただろうが、『本当ぉの事を話ししてくれてありがとう、俺はお前を、この子を絶対に幸せにする』といいました。妻は私のをみて改めて『好き』といって二人でだき締めあい、いつしか外は明るくなり朝なんだとわかりました。   つづく。
2
2017/05/29 14:12:21 (2zUPiE8m)
最近、キャバクラで知り合った女の子が
なんでも言うことを聞いてくれます。

僕のことがタイプらしいです。

今までしたことは、
オナニーの動画を送ってもらったり
キャバクラでノーパン営業(2時間限定)してもらったりです。

当然、SEXはしています。
何か興奮するアイデアありましたら教えてください。
3
2017/05/29 11:34:53 (qARbwzxF)
こんにちわ。
先日から彼女に某人気出会い系サイトで自分好みの男性を選ばせていました。
今日その男性と会う事になり、今待ち合わせの場所で車に乗り込み近くのラブホにチェックインした所です。
これまで同室での寝取られは数回ありますがこれから初めての貸出しです。
男とのエッチが終わったらそのまま挿入するつもりです
4
2017/05/29 08:12:26 (tEYlpIGN)
二日後 妻のセフレ三人と また、カラオケボックスで、集まりました。 初めは、高橋と児島は、バツが、悪そうでしたが〜すぐに慣れてきて、妻のエロ話で、盛り上がります 斉藤が、[や〜奥さんの性欲は、凄いよね〜一週間やらないと、イライラして気が、おかしくなると言ってたよ〜]すると、高橋が[昼間プロパンボンベの交換に行くと 高橋さんお茶でどう?玄関に入ると、いきなり脱がされ フェラされて 立ちバックはめて〜だよ]そして、私からの 提案です わざと、妻を禁欲させて欲しいと言いましたと 三人に、なんだかんだと言って妻の誘いをはぐらかして欲しいと 期間は、1ヵ月です〜そしてよいよその日が来ました。  私は、現場が、遠いので、帰りは、遅くなると言いました。 妻は、普通に、私を送り出します。 おそらく、妻は直ぐにシャワーを浴びて、すみずみまで綺麗にするでしょ そして私は 高橋の倉庫に向かいます 倉庫の二階は、8畳と6畳の二間で 8畳の部屋には、ブルーシートがひいてあり 椅子が1つ置いてあります 私は6畳の部屋に隠れて居るように指示されました 30分後下のドアが開き、階段を、上がって来る音がします よいよ始まりです 妻と三人の男達
5
1 2 3 4 5 6 ... 440
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕