ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

寝取られ体験談 RSS icon
※彼・彼女・旦那・妻を寝取られた体験談をお待ちしています。

このBBSに投稿下さった内容は雑誌、書籍などに掲載される場合があります。 ご承知のうえ投稿してください。当サイトに投稿された文章の著作権は、すべてNAN-NETに帰属するものとします。
短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2016/02/12 14:21:20 (BOtPFexi)
私達は結婚12年になる夫婦です。
出会いは、妻の会社は私の会社の取引先で、知り
合い私からの猛アタックが実り、付き合い始めて
結婚しました。

妻は現在39歳です。
美人ではありませんが、可愛い系で愛嬌があり、
笑顔が素敵な女性です。

体型は、出産を期に少しふくよかになりましまが、
もともと痩せ型でしたので、今はいい感じで胸も
大きくなりました。巨乳ではありませんが…

昨年の4月から妻は働き始めました。


妊娠を期に退職していましたが、子供も小学生に
なったので、以前勤めていた会社に再就職したの
です。

寝とったのは、そこの営業部長である佐藤とい
う男です。

佐藤は、私が担当していた時、うちの窓口だっ
た男で一緒に仕事をしていました。
よく飲みにも連れて行かれました。


その時、酔った私は佐藤に自分の性癖である
寝取られ願望がある事を話してしまいました。

佐藤は、私の話を聞いて、妻とやらせてくれ
と言ってきましたが、
当時は、まだ結婚もしていなかったですし、
特に何もないまま、私は当時の会社を退社
しました。


妻が働き始めると、久々に佐藤から連絡が
ありました。

佐藤『聞いてるかもしれないけど、昔の
実績もあるし、俺の下の営業部で働いて
もらうことになったから宜しくね。』

仕事を始めようと言い出したのは妻から
でしたが、再就職を進めたのは私でした。

もしかすると、こんな流れになるんじゃ
ないかと淡い期待を抱いていたのです。

思うように話が進んでいました。

佐藤からは言いにくいと思い、私は佐藤に
チャンスがあれば寝とって欲しいと伝えま
した。

もちろん、妻が嫌がることはNGです。

佐藤もそれは了解しており、佐藤の寝取り
作戦が始まりました。


営業とはいえ、パートに近い雇用体系でし
たので、私が帰る前には妻は帰宅していて
、特に進展はありませんでした。


しかし、夏過ぎ頃から人手がたりないと、
妻が借り出され、帰宅時間も遅くなり
始めました。

佐藤の作戦かと思いましたが、単純に
忙しかっただけでした。

ただ、この忙しさが好機になりました。


大きな取引があるみたいで、妻と佐藤が
一緒に動く時間が増えていきました。

そして、宿泊出張まであるようになって
きたのです。

妻は、私に気を使い、今の仕事を辞めて、
違う仕事を探すと提案してきましたが、
私は心配ないと伝えて、励ましました。



そして、3回目の宿泊出張の時でした。

その日は、大きな取引がまとまったみたいで
した。

いつも、ビジネスホテルに着くと妻から電話が
ありましたが、その夜はありませんでした。



翌日、帰宅した妻に異変はありませんでした。

でも、私は佐藤から聞いていたのです。
昨夜、佐藤に寝取られた事を。


佐藤から聞いた話です。

仕事終わりに祝杯を兼ねて、居酒屋に二人
で行ったそうです。
取引がうまくいったからか、妻は普段飲ま
ないお酒を飲んだそうです。


ホテルに帰ってからも部屋で飲み直そうと
佐藤が誘うと、最初は断っていたみたいで
すが、何度か誘い、部屋で飲みなおす事に
なったそうです。

会話が切れた瞬間に、佐藤から妻の唇を
奪うと、少し顔を背けましたが、そのま
まキスを続けました。

佐藤が舌を妻の口の中に伸ばすと、妻は
舌を受け入れて、自ら佐藤の舌に自分の
舌を絡ませました。


服を脱がせて、胸を愛撫をしながら、手
を下着に伸ばすと、妻のあそこは既に
グチョグチョに濡れていたみたいです。

部屋に行った時から、妻も佐藤とこう
なることを期待していたのでしょうか?

私の気持ちは高まりました。

酔っ払っていることもあり、フェラは
なかったそうです。

佐藤は避妊具の準備をしていなかった
らしく、妻に生でも良いかと尋ねると
、妻は生でも良いと答えたそうです。

妻は佐藤の生チンを受け入れて、何度
も逝っていたみたいです。


最後は妻のお腹にフィニッシュしたそ
うです。



その後は、仕事も落ち着き、宿泊出張
もなくなり、佐藤とのセックスもあり
ませんでした。


次のチャンスが来たのは、今年初めで
した。







































1

投稿者:  a147147147
削除依頼
2016/02/11 13:42:56 (pWWkvf72)
この板で知り合った男に妻を寝取らせてみたい。
よく有る間違いメールを切っ掛けに仲良くなって、
最終的に寝取りまでを計画してみた。

妻のメールアドレスを伝え、計画を開始。
今夜、私の在宅中にメールを入れてもらう予定。
PTA関係のネタを書き込み、関心を得ようと画策した。

22時、予定通り妻の携帯から着信音がする。
真剣な顔をしてメールを読み込む妻に疑いはないようだ。
これからの出来事を思うと興奮してしまう。


2
2016/02/10 21:30:51 (RF6B4JzN)
数年前から寝取られに興味がありましたが、中々実行には移せずせ単独さんを募集しては性感マッサージをお願いする繰り返しの日々でした。
しかし最近になって嫁の様子に異変を感じました。
まだ確信がないのでわかりませんがそこに至ったまでの経緯とこれからどう進めるかを書いていきたいと思います。
長くなってしまうかもしれませんが、もし良いご提案や感想でもありましたら宜しくお願い致します。

簡単なプロフィールから、私39歳、嫁38歳(仮名、法子)、子供2人学生、共働き世帯です。結婚前から性に関してはオープンな部分はありましたが、せいぜい露出や青姦程度でスワップや3Pにはお互い全く興味ありませんでした。ごく普通のカップルでした。結婚生活も同じでした。
しかし私がこのようなサイトなどで寝取られの話を読んでいる内にもし自分の妻がなどという妄想をして興奮した事と昔嫁が別の男性と付き合っていた当時の話を聞き出しながらのsexにやたらと興奮していた事、以前旅行で健全なマッサージをホテルの部屋で受けている姿を見て妄想した、など色々な条件が重なり我慢出来ず軽めの内容から実行に移したのが事の始まりです。

最初は旅行で関西地方に行った時でした。
私どもは関東からなので絶対に知り合いに会う事もないだろうし、当時は何年ぶりかの二人での旅行だったので気分が開放的だったので、きっと部屋にマッサージを呼んでも嫁さんは全く抵抗はないだろうと思い、私は密かに計画を立てていました。
事前に募集してとある方とメールにて打ち合わせをし、あわよくば3Pまでと考えていました。
正直どこまでいけるか未知の世界でしたので不安も大きかったですし、嫁には内緒での計画なのでこれから先も全て拒絶されてしまうリスクもありました。
よくあるパターンですが嫁のためにオイルマッサージをルームサービスで呼びその後私が風呂や寝落ちのふりなどで嫁を性感マッサージにという計画を念密に打ち合わせて、さぁ実行です。

確かに当日は結構歩き疲れてチェックインしました。
俺「今日は朝から歩きぱなしで疲れたでしょ?だからマッサージでも頼もうよ」
妻「いいね〜たまには贅沢もいいね」
俺「じゃあ、サイトで調べて電話してみるよ」
もちろん事前にメールで打ち合わせていた方に電話しました。
俺「すぐにだったら一人来れるって、でも二人同時は厳しいって言っていたから俺は明日でいいから今日は法子だけやって貰いなよ」
妻「えっ、一人だけじゃ悪いじゃん」
俺「気にしないで、どっちみち明日は俺がやって貰うから。それに今日のはオイルマッサージもあるって書いてあったから俺はオイルは痒くなるからいいよ。だから今日は存分に気持ち良くなってね」別の意味で下心アリアリですが(笑)
妻「わかった、じゃあシャワー浴びとかないとね」自分から準備に取り掛かってくれるなんて有難いです。
僕「そうだね、あとオイル使うから下着はつけないでバスローブだけで準備しておいて下さいって言ってたよ。今の内にビールでも買ってくるから準備しておいてね」と言い切りなぜバスローブの下は全裸なのかの突っ込みすら受け付けず、逃げるようにとりあえず部屋から出ました。実はもう偽マッサージさんはホテルに着いてまして最後の打ち合わせと私もまだ会った事がない人なので怖い人(笑)じゃないか確認をしておきたかったので、自販機でとりあえずビール1缶だけ買ってロビーに電話しながら向かいました。すると50歳位の少し中年太りのおじさんがいました。はっきり言って嫁のタイプではありませんでしたが話をしてみたら流石の関西人、話が上手い。私自身もこの人ならノリで何とかしてくれそうだなって思いここまで来たらゴーサインでした。
あまり遅くなると嫁に怪しまれるので打ち合わせそこそこに急いで部屋に戻りました。
俺「今着いたって連絡あったよ」
妻「じゃあ上がるね〜」
まだ風呂の中でしたが、普通にマッサージを受ける気満々です。
妻「この格好でいいのかなぁ」
バスローブの下は完全に全裸です。
俺「いいと思うよ〜」と言いつつ嫁の尻を撫で回し、乳首もコリコリった
妻「ちょっと何してるの、終わったらね」と笑いながら拒絶されました
俺「こんなタイミングで悪いけど、こんなになっちゃった」これからの展開を妄想した私はもうギンギンになっちゃっていました。
俺「チャイムなりまででいいからちょっと咥えてよ」
妻「えっ、駄目だよ」
俺「いいじゃんよー」もうすでにチャックは降ろして全開です。ちょっと強引に嫁の頭を掴んで張り裂けそうなちんこを嫁の口に持っていきました。因みに嫁はドエムで強引にやられる事に抵抗はなくむしろとろ〜んとした目で、はいってスイッチが入ったかの様に答えます。この時ももうジュポジュポ咥えていました。と、その時です
ピンポーン
俺「ヤバいヤバい」笑
妻「今開けまーす」
妻「宜しくお願いしまーす」普通の挨拶ですが特に偽マッサージさんに対してもパッと見の嫌な印象もない様です。私も適当に挨拶をして世間話をしながらも手際よくベットにタオルを敷いたりして準備が完了しました。
男「そうしましたら、最初はうつ伏せから始めますね。奥さまこちらにお願いします」
まずは普通にマッサージからスタートです。背中や腰、足など普通に指圧ですが、この方普段からこういう仕事らしく(本当かわかりませんが)しっかりマッサージされてます。私はまだかまだかと焦る気持ちばかりで酒が進みあっと言う間に1缶空けてしまいました。でもまだ指圧です。更に仰向けになってもまだ指圧のままです。私はいい加減限界でとりあえずビールを買いに行こうと思いました。逆に後で考えたら指圧を長くやって頂いたお陰ですんなりオイルに移行できたんだなぁと思いますが、私は期待して期待し過ぎて待ち切れませんでした。
俺「すみません、ビール買って来ますがお茶でいいですか?」
男「ありがとうございます。この後オイルになりますからその前に有難いです」どうやら手がオイルまみれになるからその前にという事みたいです。
俺「じゃあ行ってくるね」この時はごく普通に買いにコンビニまで行ってきましたが、後で聞いたら仰向けになって暫くしたらバスローブの上からですが時々乳首に触れていたそうです。脇のリンパをと言いながらやたらと胸を揉まれ乳首にもさりげなく当たったりで私が戻ってきた時はもう乳首は固くなっていたそうです。
私が戻り買って来たお茶のペットボトルを少し飲んで貰い私はもう1缶始めるところで
男「それじゃ、オイルを始めますので奥さままたうつ伏せでバスローブの帯を外して腕を抜いて下さい」そうしたらまるでマジックの様にバスローブを抜き取り代わりにバスタオルが一枚うえにかかっている状態に。
男「まずは足から始めますから、奥さま気持ちよかったら寝ちゃっても構いませんのでリラックスして下さいね」
妻「はい」もう少し眠そうですがかなりリラックスしている模様でした。
足裏から徐々にオイルまみれになり内腿や足の付け根付近に差し掛かった時、何やら少し嫁のお尻をモジモジする様な、お尻をピクンと上がる様な感じになって来ました。ひょっとしたらもう徐々に性感に移行しているのかなぁと思い、私はこのタイミングで一回席を外そうと思い
俺「すみません、シャワー行って来ますね」とマッサージさんに一声かけてそのばから離れました。といってもバスルームなのでわざと扉を閉めないで音が聞こえるようにしてシャワーを浴びていました。実際私がシャワーを浴びている間はシャワーの音がうるさくてベットとでは今どうなっているのかわからない状態でしたが、同時に湯船も貯めていたのでシャワー後ゆっくりお湯に浸かりながら音だけでも堪能しようと思いました。
シャワーで一通り洗っている間も私のあそこはビンビンでそろそろかなと思いシャワーを止めた時です。
何やら怪しげな吐息というか声が微かにきこえます。私はそーとお湯に浸かり聞く耳をたてます。
男「奥さん、身体の力を抜いて下さいね」
妻「は、、、い」
男「そうです、私に身体を預けて下さいね。もっともっと力を抜いていいですからね」その間も嫁の息遣いが、
妻「はぁ、はぁ、はぁ、あ〜ん、あっ」
明らかにヤラシイ声を出していました。私は音しか聞こえていないので、どのようになっているのか想像しか出来ず、今すぐ覗きに行きたかったのですがまだもう少しエスカレートするまで待とうと湯船でじっと待つ事にしました。

3
2016/02/07 15:30:39 (F.xjFOQG)
寝取られた。しかも家で。嫁は40。相手は50前後。
って言っても俺の浮気が原因で別居、離婚の話し合い中。
俺が家を出たが、家には俺の荷物が残っているので、取りにいけるが、事前に連絡したりしなきゃなんないので、面倒だからチョッとしたものなら、昼間、嫁が仕事に言ってる時間帯に裏口のカギを持っていたのでこっそり入っていた。
先日、家に帰ったら運悪く嫁が帰ってきた。慌てて3階の子ども部屋に逃げ込み机の下に潜り込んだ。
車が車庫に入れられシャッターが下ろされた。今までシャッターを下ろしてなかったので用心深くなったと思ったが、このまま嫁が居るならマズイとおもった。靴も、使っていない裏口とはいえ、見つかるかもしれないし・・。
と思ってたら、どうも車庫に面した窓から出入りする物音が聞こえた。しかも二人。男だ。
いきなりしばらく静かになったあとで何やらコソコソ話していたり、嫁の吐息が聞こえてきたり・・・やばい

ここ2年ほどレスだし、愛情ももうないが、嫁のカラダのことを知り尽くしていて、驚きで心臓がバクバクしている。
階段を上がってる。しまった。子ども部屋の扉が半開きになっている。寝室から見えないにしろまずい。しかし、二人は3階の寝室にコソコソ、イチャイチャしながら入った。
服が擦れる音、妻のあえぎ声、男のミットモない吐息。ベットが軋む音。ピちゃピちゃする音。俺との時とは違って、明らかに新婚時代のような、嫁のあえぎ声。俺は怒りも少しあったが下半身は反応しまくっていた。
2〜30分、愛撫をしていた。嫁がよがっていた。そのうち、嫁がぶち込まれたみたいだ。
そのうちに明らかに音が単調に、激しくなった。
俺はたまらずそっと覗きにいった。ベットの軋む音が激しく、こちらの床が少々なっても大丈夫だったが慎重に扉の隙間から見るとベットが見えた。
セックスだ。男と女が絡み合ってる。
セックスだ。嫁の足が二つに伸び、知らない男がその間に入り、嫁の足がそれを抱えている。男の体の下に、男の腕に抱えられた妻の頭が見えた。
男の背中を抱え込む嫁の細くてきれいな手が見えた。少し切なくなった。
俺はもう机には隠れず、扉のこちらで待った。覗かれたら見つかるが、賭けに出た。
見つからなかった。そして二人は出て行った。
怒れない俺が居たことがショックだったし、嫁と男の関係が不倫以上の思いを感じたし。
弁護士にもまだいってない。


このことは未だ相談してない。
4

バツあり同士

投稿者:欲望 ◆dTHUcGXX7g
削除依頼
2016/02/07 14:38:21 (QIaeCdjA)
2人はバツ1再婚の夫婦です。
出会いは、嫁が飲み屋で働いていました。
再婚同士で2年が経ちました。現在私は、35歳。嫁は、30歳になりました。
飲みやでの出会いもあり、下ネタの話は普通にされてました。 
そんの当時は、嫁には彼氏もいませんでした。 嫁と店で出会いバツ1同士、過去の話をしました。
お互いに、素性も理解しました。 嫁の離婚の原因は、自分の性癖が原因と言っていましたが、元旦那の
私生活にも原因が有るとおもいます。元旦那の原因はさておき今の嫁の性癖を暴露され興奮しました。
元旦那は、嫁より年下でした。 離婚後も色々な男性とも経験が有ることは話で理解しました。
ただ、嫁曰く自分の性癖を暴露出来た事は無かったとの事です。
離婚後も、飲み屋のお客と私も下ネタの話をしたが、ありきたりな話だったみたいです。
嫁は、22歳で離婚し離婚後は3人の男性と交際したらしいです。4人目の男として私でした。
今もですが、当時から私はSMプレーに興味がありました。(初心者レベル)
私は、前妻には願望を実現出来ませんでした。 嫁も同様でした。(お互い離婚後も、そういったパートナーは無し)
そんな中、酒の力もあってかお互いが興味を持ったみたいです。
店に嫁が勤め出し、数回話をしました。 次第に話す内容は、お互いの性癖につてでした。
当時は、私もそんな女性とは巡り会えないと思い、今の嫁との話も興奮の材料としてしか取り合っていませんでした。


5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕