ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

寝取られ体験談 RSS icon
※彼・彼女・旦那・妻を寝取られた体験談をお待ちしています。

このBBSに投稿下さった内容は雑誌、書籍などに掲載される場合があります。 ご承知のうえ投稿してください。当サイトに投稿された文章の著作権は、すべてNAN-NETに帰属するものとします。
短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 ... 472
2017/09/18 13:48:47 (Os/7f06y)
昨年妻が初めて寝とられてから早いもので、一年が過ぎました。今ではその方に貸し出してます。同じような性癖や体験された方、色々個別に話しませんか?よろしくお願いします。
6

院内性活A

投稿者:P次郎 ◆KxSTbvSq1o
削除依頼
2017/09/18 11:35:00 (45.dP/Vh)
お一人、おしまい言われてますが、3人の方にリクエスト頂いたので書きます。
シコシコよろしくです。

続き

守衛のおじさんAとBにみーちゃんを触ってもらいだし、
あれよあれよと脱がされて、黒いTバック1枚の状態に。

ジュルジュルジュルルル。

Aはものすごい音を立ててみーちゃんの乳首を吸い尽くし、Bはピチャピチャとみーちゃんのオマ○コをパンツの横から舐めたり触ったり。


カチャカチャカチャカチャ。

ベルトのバックルを外す音。

Bがいきり勃つ大きなナニを露わにしてこちらを見た。

私は迷わず頷いた。

それを確認してAもズボンを脱いでナニをみーちゃんの小ぶりな胸に擦り付けたりしていた。


み「ん、んん〜、はぁぁ。。あん。」

みーちゃん、やっと気がついた。

み「やん。なによ〜。気持ちいいと思ったら…エッチなことしてるぅ。あん。ぺいちゃんはシコシコぉ?」

ぺ「はぁはぁはぁ。う、うん。」

み「やだ、おじさんたち脱いでるし勃ってるし、アンっ。えっちー」

守B「お、奥さん、凄く綺麗ですよ。い、いいですか?」

み「えぇー、どーしよっかな〜暖先っちょだけは?ダメ?気持ちよくしてくれる??」

守B「は、はい!」

み「あん暖いいよ暖ぺいちゃんのまたエッチな癖だ〜」

もう私は私で先っちょから光るものを垂れ流しながらひたすらにシゴいていました。


その時、


ヌチュ。

み「あ…あぁん。入ったぁ。あ、キツっ」

守B「あぁ、最高です、気持ちいい。」

守衛Bのモノが生でみーちゃんに挿入されました。

と同時に守衛Aが自分のモノをみーちゃんの口に運びました。


み「んぐんぐんぐ。あぁ…」

凄い興奮でした。

目の前で別れた妻がおじさん2人と3Pしている。

何度も訪れる射精感を我慢して、代わる代わる犯されるみーちゃんがイク時に一緒に果てました。

結局2回ずつおじさんたちはみーちゃんの体で気持ちよくなり、みーちゃんのお腹はおじさんたちのザーメンで真っ白になっていました。


こんなに興奮するシチュエーション、あったのですね。


その後、目覚めたみーちゃんをタクシーで見送り、私は病室に戻りましたが、なかなか休むことは出来ず、余韻でもう一発出して少しばかり仮眠しました。



今現在、私はまだこの病院で入院しております。


次はどんな事が起こるのか、何も起きないのか。

みーちゃんが来るか来ないか。


楽しみに待っていようと思います。



お付き合い頂き有難うございました。

抜いていただければ、みーちゃんも喜ぶでしょう。
7
2017/09/18 08:17:46 (a3u3NQbn)
初めての投稿です。
文才無いので読み辛かったらすみません。
俺:40歳 美容師 既婚
お客様:42歳 エステティシャン 背が高く、ウエストくびれて大きなお尻。誰もが振り返る様な美人さん。
お子さん2人。仕事は自宅の一室で女性限定の完全予約制、2〜3週間先まで予約いっぱいな感じ。
女性が憧れてしまうような女性。
来店して会話してても趣味や仕事、お子さんやご主人に対しても完璧で隙なんて全くなし!人妻好きな俺も完璧過ぎて逆にノーマークな方でした。
話しは一旦飛びますが、元々女性の下着が好きな俺。盗んだり、そんなことまでして欲しくは無いけどセフレのショーツのクロッチ部のシミに興奮している小心者。
最近、使用済み下着販売サイトが沢山有ることを知ってちょくちょく覗いて綺麗な女性のマ○コに密着していたショーツ。その上オナニまでした宝物がお金さえ出せば手に入るなんて〜♪
そこで出会ったのが旬香○党ってサイト。主に人妻専用な感じ。
暇さえあればよく見ていたんです。
皆、自分に目が留まる様に写真も工夫してて、目線だけ消したり口元だけ隠したり。お尻のアップだったりM字開脚してたり。
そんな女性達を『いつか手に入れたいな〜♪』って見ていたら…。
ん?んんん?
何となくピン!とキタ♪
薄〜くモザかけているけど知り合いならハッキリ認識出来る顔!!
もちろん何回も何十回も確認しました。
彼女のサロンのホームページに映るシャンデリアとショーツを履いてM字開脚したときに映りこんだシャンデリアが同じ。
彼女の身につけているペンダントネックレスとショーツ販売の顔写真掲載している時のペンダントネックレスが同じ。
ネイルが先日俺のサロンに来たときと同じ。
ヘアースタイルはもちろん。俺が切ってるから分かる。

どうでしょう?買い!ですよね!
興奮してます。
今度来店した際にカラーリングの待ち時間中にクロッチ舐めちゃいそうです♪
その後、上手く話しが運べば彼女自身を頂くことも!

駄文で申し訳ありませんでした。
これからも続きをお伝え出来たらと思います。
沢山のメッセージお願いします。
 
8

院内性活

投稿者:P次郎 ◆KxSTbvSq1o
削除依頼
2017/09/17 20:15:51 (nxblYtt0)
初めて投稿します。
長い駄文かとは思いますが、みなさんのオカズになれば嬉しいです。


私33歳♂ぺい次郎 以下→ぺ 元妻27歳♀みーちゃん 以下→み
の最近のお話です。


みーちゃんと離婚して数ヶ月。
連絡も取らずに呑んだくれる日々を送っていました。
ある週末、私はいつものように繁華街に繰り出しお酒を飲んで帰りの電車。
いつもはそんなこともないのですが、仕事の疲れからか、電車で眠ってしまい気づけば終点。
駅員さんに起こされ、とっさに立ち上がった時に…
足が、グギッ!!!
動けなくなりまさかの終点の駅から救急車搬送。。

靭帯損傷で急遽入院に。

看護師さんの
「どなたかご家族の方は…?」

の問いに、

ぺ「いや、離婚した元妻くらいしかいないのですが、連絡も取れていなくて…」

看「あー、もし差し支えないのであれば保証人とかの問題もあるので、ご連絡していただければ…」

ぺ「あ、わ、わ、わかりました。」

いやだなーと思いながらもら数ヶ月ぶりに電話をかけました。


み「はーいー?なに〜?ど〜したの〜暖」

(あれ?酔ってる?)
(あ、そだ、離婚してラウンジでバイトしだしたって聞いたな。。)

ぺ「あ、久しぶり、ごめん。ちょっと不注意で怪我しちゃって入院することになっちゃって、お金とか大丈夫なんだけど、一応保証人の欄、書いてもらえないかな?」

み「え!?大丈夫なの?どこ!?どこの病院!?すぐに行くわ!」

ぺ「いや、今すぐじゃなくても大丈夫なんだけど。○○病院。」

み「なに言ってんのよ!すぐ行くわ!○○病院でいいのね!?」

ガチャ!!


意外なことが2つ。
結構酔っ払ってたのと、結構心配してくれてた。

弱ってるのもあって少し嬉しかった。

先生と看護師さんの処置も終わって、処置室から病室に移動しかけた頃。

み「すみませーん!ヒクッ、誰かいますかー!」

ラウンジで働いたまんまの格好でタイトなミニのドレス姿で登場した、みーちゃんを見て私は、苦笑いしながら、

ぺ「あ、すみません。元妻です。」

この時には先生は退室され、看護師さんと夜間対応の守衛さん2人と私、の4人でみーちゃんが到着したのを確認。

ぺ「すみません、、少し酔ってるみたいで…。」

守A「あぁ、構いませんよ、とりあえず来てもらいましょう」


み「あー!大丈夫なの!?も〜急に連絡きて怪我して入院だなんて心配したじゃない!でも顔見て安心したわ〜暖意外と大丈夫そーね!はぁ〜暖」
バタン!

久しぶりの対面で一安心したのとお酒の酔いが重なったのか、処置室のベットに倒れ込んだみーちゃん。。

守B「あぁ!奥さん!」
守A「あ、、困りましたねぇ」

看「もう。仕方ない、とりあえず、入院するお部屋の案内もありますし、少し横になっていてもらいましょ。その後、手続きだけしてもらってタクシー呼んでもらえます?」

そう言ってとりあえず私は病室に案内されました。

ピリリリリリ!

院内PHSが鳴り、

看「はい!あ、すぐ降ります!」
看「ごめんなさい!また急患が!車椅子動かせます?とりあえずお部屋はここなので元奥さんの様子見て大丈夫そうなら、ここに戻ってお休みください!」

そう言うと、私を置いて看護師さんは慌ただしく1Fへ降りていきました。

ぺ「ふぅー。疲れた。みーちゃんの様子見に行くか。。」

エレベーターで1Fまで降りる間、色々なことを思い出していた。

だらしない所もあるし、気も強くてワガママだけど、意外と尽くしてくれて、毎朝見送りは欠かさずやってくれたりと、可愛い所もあったり。
帰りが遅くなると、何度も電話がかかってきてヤキモチ妬いて帰宅すると直ぐに浮気してないかチェックしてきて、キスしてセックスなんて日常茶飯事。笑

更に…
私たちは元々、寝取られ3Pや寝取られマッサージなどの少〜しばかりですが変態ロードを進みつつあった。

そこで、久しぶりの再会なのに、良からぬ妄想が…。

ぺ(あ、今みーちゃんは酔っている状態で処置室のベットに守衛のおじさん2人に介抱されている。もし寝ているのをいいことに、あんなことやこんなことされていたら…)

そんなことを考えて股間が硬くなりそうな時に、、

チーーン。

1F。


先ほどの良からぬ妄想を期待してか心配してか、少しドキドキしながら処置室の前に着いた。
ドアが少し開いていて、夜の病院の薄暗い廊下に漏れる光の中からヒソヒソ声が…。

守A「おい。おい、、この奥さんすげーいい匂いしねぇか?」
守B「あぁ。確かにな。格好もエロい格好してるしホステスさんだろ?」
守A「いいよな〜こんな女抱けるなんてよ。」
守B「いかにも男好きって顔してるしよ。やべ。勃っちまうよ。」

ゴクッ。。

この会話を聞いて、生唾を飲み込んだ時、私は股間が完全に硬くなっているのを確認した。


ぺ(やっぱりだ。こいつら、みーちゃんに反応して興奮してやがる。どうしようかな。クソっ。腹立つけど、見たい。酔っ払って寝ぼけてるみーちゃんがおじさん2人にイタズラされているところが見たい!)

もう完全に頭の中で、スイッチがカチッと音を立てて入るのが分かりました。


私は車椅子を押して半開きの処置室のドアを開けた。

ぺ「どーも、すみませんでした。」
ペコリと頭を下げ、みーちゃんの元へ。

守衛のおじさん2人はバツ悪そうに顔を見合わせ、白々しくなにか作業に取りかかろうとしていた。

ぺ「おーい、みーちゃん。起きなきゃここ病院だよー。」

み「う、うーん。このベット気持ちー。このまま寝ちゃいたいくらい〜。ヒックっ。」

ぺ「ほらほら、そんなこと言わないで、守衛さんたちも仕事戻れないからさ〜」
ぺ「本当にすみません。何の為に来たのやら…お恥ずかしい。。」

守A「いえいえ、もう少し構いませんよ。奥様もお疲れの様ですし、安心したのでしょう。」

守B「ええ、そうですよ、まぁ朝までなら我々の仮眠室の方で休んで帰られても構いませんし。。」

守AB「ね、ねぇ。」

ゴクリ。

ぺ(こ、こいつら何考えてんだ?俺の頭の中分かってんのか?それならいっそ…)

正直この時、左の胸から心臓が飛び出すんじゃないかと思うくらいバクバクしていた。
なんなんだこの展開は。
と。

(もういけるところまで、流れに身をまかせるか)

その答えしか私には導き出す事は出来なかった。



処置室のベットのまま守衛さんの仮眠室に運んでもらう途中、私は緊張と興奮でどのように着いたのか覚えていない。
気がつくと、そこは整理整頓された六畳ほどの和室に布団が1枚敷かれた仮眠室だった。

守AB「よいしょ!」
ドサッ!

守衛のおじさん2人がベットから畳に敷かれた布団にみーちゃんを移してくれていた。
そのドサッ!という音で、ハッと緊張の金縛りのようなものが解けた私は、

ぺ「すみません。こんなことまでお願いして。」

守A「いえいえ、ただ、本当はダメですから、内密に頼みますよ。」
ニヤニヤしながら言った。

ぺ「あ、はい。もちろんです。すみません。ご迷惑をおかけして。」

守B「まぁまぁまぁ、朝になって奥さんの目が覚めたらタクシー呼ぶか、近くのバス停まで案内しますよ。」

ぺ「なにからなにまですみません!」

車椅子のまま深々と頭を下げた。

チクッタクッチックタック。。
少しの沈黙の間、妙に時計の音が大きく聞こえた。


時刻は午前2:30を回ったところ。

(このまま病室に戻るべきなのか?どうなんだ?ヤラれるよな?だとしても見れないってことか?いいように2人にヤラれた上に見れないのは…)

私は勇気を出して妙な沈黙を破った。

ぺ「すみません。お恥ずかしい格好で。」
ぺ「さ、さ、さ、さわ、触って、み、み、ま、す?」

守AB「え?い、いいんですか?」

守A「だ、旦那さんでしょ?」

ぺ「いえ、今は別れてますし、実は何度かこういうことは、ない訳ではなかったので…。」

ゴクッ。

守衛のおじさん2人が同時にツバを飲み込む音が部屋中に鳴った。

次に沈黙を破ったのはBだった。

守B「すみません。ではお言葉に甘えて」

そう言ってこちらに会釈をすると、スヤスヤ眠るみーちゃんの足を広げ、太ももを撫でだした。

守A「お、おい。。。じゃ、わ、わたしも」

そう言うとAは、みーちゃんの上半身を少し横に向け、ドレスの背中のファスナーを下まで下ろした。

Bが足を広げたせいでタイトスカートは自然に腰まで上がり、タイツはもう脱がされ生足の太ももを撫でられていた。

上半身はAが、既にブラを外して、みーちゃんの小ぶりな両胸を鷲掴みにし、乳首をチュッチュッと音を立てて吸い付いていた。

気づけば私は自分のズボンをズラしイチモツを露わにし、携帯のムービーを起動させていた。






ーー※ーーー※ーーー※ーーー※ーーー※ーー
すみません。
少し疲れたので休憩。
需要あれば続き書きます。
なければ、おしまい。
9
2017/09/17 18:47:47 (sp1iOVVC)
29歳ポッチャリでクジラです暖
これから夜子浜で一緒に遊びたいなぁ。彼氏の前で犯してくれる方募集です( ^ω^ )刺激的な連休を過ごしたい方、是非是非…待ってます(*´-`)
10
1 2 3 4 5 6 7 ... 472
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕