ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

寝取られ体験談 RSS icon
※彼・彼女・旦那・妻を寝取られた体験談をお待ちしています。

このBBSに投稿下さった内容は雑誌、書籍などに掲載される場合があります。 ご承知のうえ投稿してください。当サイトに投稿された文章の著作権は、すべてNAN-NETに帰属するものとします。
短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 ... 565
2018/09/18 15:40:24 (Sdgnl0XJ)
以前より私は「おねショタ」ジャンルがかなり好きで、一人でする際はよくネタにしており、あわよくば彼女とさせたいと一人思っておりましたが、この度ついにそれが現実になりました。
若い男の子は年齢はかけませんが、彼女の弟の友人で、彼女の家によく遊びに来るため、私も彼女の家に行く際に何度か顔を合わせていました。何度か話もしたことがあり、控えめですが笑顔がかわいい男の子でした。
決定的な出来事は、彼がこっそりとしていた行為を見てしまったことにあります。彼女の家に遊びに行った際、彼女と弟が出掛ける機会がありました。私は彼女のベッドで寝ていましたが、ふと足音が聞こえます。洗面所に入り、すぐ出ていった音。弟の友人にしては怪しい動きだったので、だいたい何をしたかは察知できました。忍び足で一回におり、その子の居場所を探します。トイレに鍵がかかっており、なかなか出てきません。洗面所に行くと、彼女が昨日脱いだ服が乱れ、下着が無くなっておりました。薄々感じてはいましたが、あの子は自分の彼女をオナネタにしている。嫉妬心と、同時に若い男が自分の彼女を狙っていることにかなり興奮している自分がいました。
15分ほどで彼はトイレから出て、洗面所に戻りました。下着を戻したのでしょう…行為のあとを調べるため、こっそりと再び洗面所へ。
家族の洗濯物の奥深くに小さく丸めて彼女の下着は突っ込まれており、取り出した瞬間には濃い雄の臭いが。下着でシコったのだろう、彼女のショーツのクロッチ部分には彼女のものではない生暖かい染みが。濃すぎて吸収できないゼリー状の精子がこびりつき、濃厚な精子を大量に射精した形跡が。写メで急いで痕跡をとり、もとに戻す。帰ってくる時間なので、あまり時間をかけてチェックはできなかった。
リビングには何食わぬ顔で彼がゲームしており、彼がさっきまでしていた行為を考えるとたまらなく興奮した。
6
2018/09/18 14:13:26 (498OjefA)
こちらの板では
初めまして…になります。
以前夫婦生活の板で『最終的には肉便器に』『公民館で』『カーセにて』を投稿した、香川在住の私(48)嫁(38)ですが、今回は寝取りの話しなので、こちらに投稿します。誤字脱字、表現の乏しさ、地方独特の方言等々でも気になさらない方は、是非お読み下さい。

今回は『嫁を寝取ってください』という、同じ香川在住の旦那さんJ(24)奥さんS(22)のナンネによる募集を見た私。(JとSはご夫婦のお名前です。因みに私はMです)寝取りは数回経験がある為、早速自分の経験と性癖+職業+顔写真、そして旦那さんがどんなシチュエーションの寝取りを希望しているのか?またNGは何か?という、自分のプロフとプレイの詳細を問うメールを送りました。

すると旦那さんから、プレイ内容とNG行為の詳細が送られてきました。その詳細はと言うと…募集にも記載していた

@嫁を優しくリードしてもらえる、35〜45歳までの経験豊富な、容姿に伴った清潔感のある男性(髭とハゲNG)

A嫁を言葉巧みにリードし、M気を上手く引き出し、いやらしい言葉を言わせるようにしたい。

BNG行為は痛みや汚い事、夫婦の片方がOKでも、もう片方がNGならNGを優先する。

C今後お付き合いに発展しても、秘密厳守は勿論、旦那の僕抜きで嫁とは決して会わない事。

※@からCの細かな詳細はお会いした際に、口頭で説明します。

との事。なので@で引っ掛かる、私の年齢(48)と髭はどうかと返信したところ、旦那さんからの返信では、最初に私の応募メールで年齢はオーバーしていたが、経験が豊富なのと、写真の雰囲気で年齢と髭はOKで『こんな年上の男に嫁が抱かれると思うと…』と興奮して私に返信をしたとの事。なので早速旦那さんと日時と場所を決め、後日お会いする事になり、車内で詳細等を聞き、私と旦那さんの関係を、奥さんが自然に思えるように名刺交換もして打ち合わせをし、関係性を作りました(笑)

旦那さん曰く、子供が早く欲しいが、妊娠から子育てとなると、数年先まで寝取られ願望は叶わないので、出来れば今のうちに叶えたいとの事。なので寝取られ願望を奥さんに伝えたところ、最初は全く相手にされず、他の男に自分を抱かせる気持ちが解らないと、喧嘩になった事も。それでも旦那さんは諦めず、あらゆる寝取られ系のDVDを見せながらHをしていた時、旦那の上司に寝取られるというシチュエーションのDVDで、奥さんが異常に濡れている事に気付き、それ以来そのシチュエーション系でのDVDを観ながらHをしている最中に、年上男性との絡みを想像すると興奮するのか聞いてみると、恥ずかしそうに頷いたので、ここぞとばかりに寝取られる事を了解するまでイカさない責め(よくあるパターンですね)をすると、年上で条件付きならと言う事で、了解を得たそうです。そして奥さんの条件が@〜Cとの事で、今に至ったそうです。なので私は条件等+更にご夫婦に安心を与える為の事項、且つ自然にプレイを奥さんが受け入れ易いプランを旦那さんに話し、また日時を決めて後日ご夫婦と会う事になりました。

そして当日、私は予約してあった個室のある居酒屋へ行き、ご夫婦(奥さん)とお会いしました。旦那さんは打ち合わせ通り、私との関係を奥さんに紹介しました。関係性は以下の通りです。


【※旦那さんと私との関係は…旦那さんはコピー器関係の営業(メンテナンス)で、今回私が無理を言って夜遅くまで修理をしてもらった(夜遅くまでとは初めて旦那さんに会った日の事)その御礼に居酒屋で御馳走…との流れです】


そんな紹介も終わり、私と旦那さんはお酒も入り、日常会話に話しが弾みだしました。そして話題はお互いの嫁についてです。予定通り旦那さんは奥さんの日常の言動を軽く貶したりする中、私は奥さんの日常の言動を褒めるという飴にムチ的な方法で、奥さんの味方的な立場で会話をし、更に話しの途中で奥さんの容姿を褒めたりと、3人が和気あいあいになったところでカラオケへ。そしてカラオケボックスでは奥さんを挟むように3人で座り、選曲では年齢差を感じながらも私も歌いました(笑)そして旦那さんが歌っている時に、私は不自然さがないよう奥さんの手を取り、奥さんの耳元で『このネイル上手いなぁ〜どこの店なん?』と言うと『○○って店で○○製麺所の近くです』と言うので『今度嫁に教えてやろ〜』と言う会話をし、日頃旦那さんに小バカにされているネイルや服装等を褒め、若い旦那さんには無い細かな気遣いや思いやり、そして褒め言葉を会話にちりばめました。

そしてお酒のせいもあり、私はトイレに行きました。ボックスに戻ろうと店内を歩いていると、今度は奥さんがトイレに行こうとしていたので『ニーハイが似合う足やねぇ〜』と言うと『旦那からは太ももが太いけん、ゴムが食い込んでみっともないって言われるんですぅ〜』と苦笑するので『うちの嫁もそうやけど、女の人はそれくらいがええで、細かったら鶏ガラみたいで魅力ないわ。ってか、さっきから思ってたんやけど、居酒屋から出る時、オッサン連中がめちゃめちゃ足見てたで、それだけ魅力的って事なんで〜』と言うと『そうやって旦那に言ってやって下さい』と、野呂佳代ちゃん似の奥さんは照れ隠ながらトイレに行きました。

そんなこんなでカラオケは盛り上がり、私の印象付けも上手くいき、その日はお開きにしました。そして後日、旦那さんから本番の用意が出来たので、その打ち合わせがしたいとの事。なので旦那さんと会い、先ずはどうやって奥さんを説得したのかを聞き、その後はプレイ当日の打ち合わせをしました。

旦那さん曰く、奥さんとHの際に、ゆっくりと前戯をしながら年上に寝取られる話しをし、ネットで募集して厳選するか、知り合いで安心出来る人がいいかと訊ねたところ、知らない人で安心出来るのが一番いいけど、知らない人は知らないとは言え、他人に言いふらされて、どこでどうやってバレるか解らないし、何よりその時だけの嘘で、夫婦共に騙されて盗撮等されるかも知れないのが怖いとの事。なので旦那さんが、Mさん(私)は条件より年上で髭はあるけどどう?って奥さんに聞くと、奥さんは、Mさんなら奥さんがいるし、J(旦那さん)と仕事の付き合いもあるから言いふらさないだろうし、何より優しいから安心出来るとの事。でも奥さん曰く、そんな寝取られなんてMさんが聞いて自分たち夫婦を呆れたりしないか心配との事なので、後日、旦那さんが何気なく私の様子を伺いながら寝取られの話しをして、私も喜んで了解したと奥さんに話したとの事。なので、何の問題もなく寝取って下さいと言ってきたので、当日の打ち合わせをしました。

そして当日。某レンタルショップの駐車場で待ち合わせをし、私の車に乗ってきたご夫婦。居酒屋やカラオケではしゃいでた奥さんとは打って変わって、やはり緊張するのか、挨拶もそこそこで目も合わしてくれません。なので、こんな事もあろうかと思い(旦那さんに万が一の為に話していた)少し作戦を変更し、カラオケに向かいました。そして旦那さんには少しだけ車で待機してもらい、カラオケボックスで奥さんと私の二人きりにしてもらいました。そして奥さんの緊張や怖さ、恥ずかしさを和らぐ為、ホテルでのプレイを話し、今日は取り敢えず寝取られは止めて、奥さんの気持ちの整理やタイミングで次回プレイするか、もしやっぱりダメだと思ったら、プレイは止めてもいいよと提案しました。すると奥さんはホッとした表情になり、前回の奥さんに戻りました。やはり、いくら知り合いとは言え、身体を委ねる訳ですから、不安や怖さはあるはず。なのでそんな奥さんの気持ちを考慮する事で、更に安心感は植え付けられ、次回のプレイで怖さは多少ですが軽減する、そう思ってこの日はお二人に帰ってもらいました。※これは本当に奥さんの不安を取り除く為と、本当に覚悟してもらう為に計画していた事です。が、これで奥さんが、やっぱり無理…って可能性もあります。なのでその時は諦めましょうと、旦那さんとは話していました。やはり無理強いは出来ませんし、強引にプレイして、夫婦仲が悪くなっても困りますしね。

そして旦那さんからの返事を数日待っていると、旦那さんからメールがきました。奥さん曰く、あそこまで気持ちの整理やタイミングを考慮してくれた事が安心に繋がり、旦那の願望(約束)と、恥ずかしいけど自分の性癖(年上とのプレイ)を思いきり出してみようと踏ん切りがついたとの事。なのでまた日時を決め、当日同じ場所で待ち合わせをし、前回と同じように私の車にご夫婦が乗ってきました。すると前回の奥さんとは全く違っていて『お久しぶりです〜。って笑いよるけど、内心めちゃめちゃ緊張してます。』と、吹っ切れた様子です。それを聞いた私も安心し、市外のホテルへと向かいました。

そしてホテルに到着。ご夫婦は自宅でシャワーを浴びてきたとの事なので、私は一人シャワーを浴びてきました。そしてシャワーから出ると、奥さんは着替え、私好みの20デニールくらいの薄さの黒ニーハイ。そして脱がし易そうなウエストがゴムでチェック柄のフレアミニスカート、そして上はセーラー服っぽい前開きの白いシャツで、奥さんはまるでパチンコ屋の店員のような服装です。体型は少しムッチリ系、とは言っても私好みのムッチリで、黒ニーハイのゴムが太ももに少し食い込み、それが緊縛感を醸し出しています。

さてプレイの開始です。こんな親子ほど年の離れた女の子(奥さん)を、私のような中年に執拗に責められ、それを悦びに感じている奥さんを、旦那さんに見せびらかせ、思いっきり嫉妬勃起させるのです。あらゆるシチュエーションのパターンを、旦那さんとは事前に念入りに打ち合わせをして承諾してもらっているので、私もやる気満々!なので普段はあまり使わないED薬のレビトラを服用済み(笑)私のチンポは既に痛いくらい勃起しています。それを奥さんには悟られないよう、ご夫婦の隣に座りました。

そして奥さんに『緊張しとる?』少しはにかみながら頷く奥さん。なので『寝取られでよくあるパターンが目隠しなんやけど…してみる?奥さんがしてもええんやけど、旦那さんにしてもらうパターンもあるけど…』と言うと『ん〜うちのスイッチが入るまで、Jに見られるんは恥ずかしいけん、Jに目隠ししてもらう』との事。これも想定内なので、私は条件を守り『旦那さんがNGならいかんけど、旦那さんどうする?』と言うと、旦那さんとはあらゆるパターンを想定していたので、このパターンは快くOK。なので私は旦那さんに『少しの間我慢してな』と言って旦那さんに目隠しをし、バッグから更に縄を取り出し『勝手に旦那さんが目隠し外したらいかんから、両手縛っとくな』と言いながら、旦那さんの両手を後ろ手に縛りました(実際は縛ったふりです。)

そして私は奥さんを後ろ向きに私の目の前に立たせ、シャツの中に手を入れブラを外します。そして私の膝の上に後ろに向いたまま奥さんを座らせ、奥さんに『見てん、旦那さんもう勃っとるで。今から自分の嫁が中年チンポに掻き回されるんが興奮しとんかいの。奥さんも中年チンポ期待しとん?』と旦那さんに聞こえるように奥さんの耳元で囁くと『J勃つん早すぎやろ〜』とはぐらかすので『この中年チンポに期待しとん?僕も旦那さんみたいに興奮しとるわ、ほら…』と、奥さんの手を取り、トランクスの脇からはみ出させたチンポを握らせました。旦那さんからの情報では、旦那さんは長さ12.3p竿の幅3.2pカリの幅4.1pで先細と、標準よりは少し劣る大きさなので、私の長さ15.4p竿の幅4.6pカリの幅5.6pの標準?少し大きめ?のチンポを握った奥さんは『ヤバッ!太っ!』と言い、私が『旦那さんのより大きいん?これ、後で痛くないように入れてあげるけんな』と言うと『Jのより大きい、ほんま太っ』と振り返ってマジマジと見てます。なので『旦那さんのチンポより感じたらどうする〜?ってか、旦那さんのチンポよりいいって言わすけどな』と旦那さんの嫉妬を煽ります。

そして私は奥さんをお姫さま抱っこをして、ベッドに向かいました。奥さんはキャーキャー声を出して楽しそうにしています。そして私は奥さんのスカートを覗こうとすると、奥さんは『いきなり〜?恥ずかし恥ずかし』とキャッキャッと笑っています。たぶん旦那さんからすると、奥さんが他の男性とイチャついて楽しそうにしている…そう嫉妬していると思い、更に嫉妬させてあげようと、私は『そろそろ本番にしよか〜』と言って表情を一変させ、ベッドに腰掛けている奥さんの後ろに座りました。そして奥さんの背後から手を回し、両方の人差し指の先で、ノーブラになった胸の乳輪だけを、シャツの上からゆっくりと円を描くようになぞります。そして旦那さんは、いきなり部屋が無音になったので、首を傾げ音を拾おうとしています。私は『声出したら旦那さんに聞こえるで。旦那さんが、俺以外に触られても嫁は感じるんや〜って思うで』と言いながらも、私は乳輪を指先でランダムな早さにして、円を描きます。そして時折、コリコリになった若い乳首を人差し指で数回弾いたり、人差し指と親指で乳首を軽く強弱をくわえ摘まんだり。すると奥さんは声が押し殺せなくなったのか、弾いたり摘まんだりする度に『あっ…あぁぁ〜ん、あんっ…あぁぁ〜ん』と、それでも喘ぎを押し殺そうとしています。

そこで私は『奥さんの感じよる顔が見たいけん、正面に座って眺めさせてな』と言い、ベッドの端に座っている奥さんの股を開き、床に座りこみました。そして奥さんに『感じよる顔見られるんは恥ずかしい?』すると頷いたので『んじゃ目隠ししよか?でも旦那さんも目隠ししとるし…どないしようか…あっ!いい事思いついたわ、今日は奥さんが初めてで緊張しとるけん、旦那さん今日は奥さんの気持ち考えて、旦那さんも目隠しをしたまんまでいい?』と言うと旦那さんは『少しずつ慣れてほしいけん、今日はSの声だけで我慢するわ』と計画通りの返事をしたので、私は奥さんに『これなら恥ずかしさも半減したやろ』と言って奥さんに目隠しをして、更に縄で奥さんの両手を後ろ手にしながら『ちょっとSMっぽくて興奮するやろ』と言いながら痛みがないよう軽く縛ると、奥さんも怖さは無いのか、頷きながら少し笑い私に身を任せました。そして私の『痛くない?』を合図に、旦那さんは本当は縛られていない両手で自分の目隠しを取りました。ここまでは全て計画通りです。

私と旦那さんからすれば、ここからが本番です。旦那さんは今から私が奥さんを責める様子が全て見えます。奥さんには若く経験の乏しい旦那さんにはない、中年のいやらしい責めにどっぷりハマってもらいます。そんな中年中毒になっていく奥さんを見て、旦那さんはきっと興奮して嫉妬勃起させ、それを味わう為にまた私に依頼してくるでしょう。なので私は、いやらしさ満々のド変態中年になり、奥さんを責めだしました。



続きはまたレスにて投稿します。


7
2018/09/18 11:59:47 (PKw5Ymho)
妻、理恵43歳、私は15歳年上の58歳です。
妻は現在、某高校で英語教師をしています。
仕事柄、清楚で根っから真面目な性格です。
妻が某国立大学に通っていたとき
ボランティで知り合い、交際しました。
高校までは女子校で門限も夜9時までで、携帯電話も持たせて貰えなかった
くらいのお嬢さんなのです。
ただ、体は中学生の時に生理が始まり、オナニーも覚えたそうです。
高校時代はオナニーを毎日するのが日課でかなり性欲が強かった見たいです。
でも、人見知りする性格と超恥ずかしがり屋なので初体験もできなかったそうです。
私と出会った時は年が離れていたのでしゃべりやすかったそうです。
そんな性格というか生きる道を歩んできたためでしょうか、妻が夫以外の男性とセックスすることが、

どんなに大胆なことだったのかと、後で考えるとよくやったなと思います。

当時妻の年齢は30代の後半でした。

後輩のS君は慶應義塾大学法学部を卒業後大学院に進み、現在は私が経営する会計事務所で働いております。

本来なら、一流企業に入社してるはずだったのですが、大学で遊び過ぎたのかもしれません。

S君は大学4年生の時に人妻にはまってしまい、勉強がおろそかになったのも原因の一つだと思ってます。

S君は同年代の彼女とお付き合いしていたのですが、あそこが大きくのと遅漏だった為

彼女とのセックスが原因で別れてしまったそうです。

それ以降は年上の女性しか興味がなくなり、特に人妻にもの凄く興味があります。

大学の時に人妻と出会い人妻の良さが解り、今では人妻を寝取るのが趣味になったそうです。

S君から「是非、奥様を寝取らさせて頂けないでしょうか?」という願い事を聞いて、

公私ともに真面目な妻の淫らな面を見たいという不純な動機から、
妻を慕っていた会社の後輩のS君に寝取らせる計画を練りました。
しかし他人棒の説得にはかなり時間が掛かりました。
最初は「変態」って言われてました。当然ですが!
普段は教師で真面目でお堅い妻が、夜になると別人で
毎日しないと欲求不満になるくらいセックスが大好きなんです。
ある時、S君を私の自宅に招き、妻もかなり打ち解けてきたところで、

共通の趣味(私が情報を流したものですが)の映画の話しで盛り上がらせ、
妻とS君とで映画を観に行くまでの関係になりました。

私はセックスの最中に説得しようと試みました。

後輩(S君)が妻(理恵)を好きで、一度でいから抱きたいと夢見ていること、
私もそんなS君の夢を叶えてあげたいと思ってること、
私とのセックスでは決して得らていない満足を味わえるかもしれないこと、
等々説得し続けました。

S君からの報告でも、何度かホテルに妻を誘い、あとひと押し、
罪悪感を拭い去れれば行けそうとのことでした。

私は夜な夜な、私の性癖とS君の長年の夢を叶えてあげるために、
たったの2時間でいいから我慢して付き合ってあげて欲しいと頼み込みました。

そして夫公認なのだから浮気ではない。
堂々と行ってきて良いことを伝えて、真面目な妻の罪悪感を拭い去り、
女性としての優しさと本能に期待しました。
私がS君に「ペニスを抜かず何時間できるか挑戦し てみなさい」って言いました。

前日、理恵が「明日実家に行くから泊まりになる」っていい訳をしてました。
私とは30分位のセックスでも満足する妻が、S君とは1〜2時間は当たり前で

初めてのお泊まりセックスで8時間も抜かずのセックスをしたそうです。

妻の性欲はかなり凄いですが、S君も凄いですね?

見た目も性格も真面目でおとなしそうな男の子なのですが、セックスの時に別人格になる のですかね?

S君のおちんちんは、亀頭部分は大きく開き、竿は太く弓のように反り返り、バネのような反発力があるグロテスクな持ち物で

それで膣をかき混ぜられられたら妻じゃ無くても、夢中になってしまうのが解ります。

理恵とS君は、まるでセックスが好きな人妻と絶倫青年の組み合わせですよね?

音声を聞いていても、理恵がもて遊ばれているのが解ります。

そしてお酒の勢いも借りて、ついに真面目な妻が後輩に寝取られたんです。

寝取られ体験の撮影など許可されたはずもなく、
妻には内緒でS君との携帯を通話中のままにして僕は聞き耳を立てていました。
はじめの5分ほどは妻の声はほとんど聞こえず、
部屋の照明をもっと暗くしてほしいとのやり取りぐらいでした。

S君の感激したような上ずった声とシーツの擦れる音ばかり聞こえてくる中で、
S君が妻にクンニをしようとし、照明を真っ暗にするように求める妻の声がしました。

それから長いこと、たぶん10分ほどはクンニをしていたようです。
その時、ずっと無言だった妻の喘ぎ声と言えるのかどうか微妙な程の小さな声が聞こえました。
そこから更に5分ほど、妻の声は明らかな喘ぎ声になっていました。

それは私とのセックスで妻が達する前の声に似ていました。

私はクンニをそんなに長時間したことがありません。
だから当時の私は、クンニだけで妻が達するなどとは考えもしませんでした。

「もう、、もう、舐めるのはやめて。。。」
そう哀願するように言った妻ですが、S君は止める様子はありませんでした。

そして間もなく、妻のオーガズムだろうと思われる艶めかしい声。
しばらくの沈黙の後、

「理恵さん、逝った?」
「ごめんなさい、わたしだけ。。」

聞き取りにくい短い会話の後、じきに動きがありました。

妻がS君にフェラをしてあげてるようです!

私は早漏気味のため、妻に口でしてもらったことがほとんどないのに。。
S君の夢を叶えてあげるための場で自分だけ逝ってしまった妻の罪悪感からの行動とはいえ驚きました!
S君がクンニで妻を逝かせた理由はこれだったようです。

S君の気持ち良さそうな声、大げさに感動してみせる声に混じって、
妻がS君のチンポをしゃぶっている音がリアルに入ってきます。。

そしてS君の気持ち良さそうな呻き声の後に
「気持ちいい?」と興奮気味に尋ねる妻の声。
S君が大げさに快感を伝えると、しゃぶる音が大きくなります。

そして「理恵さん!もう入れたい!」
S君の興奮した声。
妻の声は聞こえませんでしたが、おそらく頷いたのでしょう。

アッ!という声を合図にしたようにベッドの軋む音が連続的に響き、
S君の気持ち良さそうな声と、断続的な妻の切ない喘ぎ声。。

その後もベッドの軋む音とS君の喘ぎ声は同じように続きましたが、
妻の喘ぎ声だけはどんどん大きく、どんどん切なく艶っぽくなっていきました。

「理恵さん、気持ちいいですか?」
何も答えずに喘ぎ続ける妻。

「先輩と僕とどっちのエッチが気持ちいいですか?」
妻はもちろん何も答えませんが、気のせいか喘ぎ声に艶を増したような。。。

「気持ち良くないんですか?」
落胆したような(たぶん演技)S君の声に、
「いいよ、、気持ちいいのよ」
そう優しく答えた妻。

「先輩とどっちが気持ちいいですか?」
「いじわるしないで、、」

「じゃのチンポとどっちが大きいですか?」
「こ、こっち。。」

そう答えた後、妻の喘ぎがギアチェンジしたように大きくなりました。
甲高い艶っぽい妻の喘ぎ声に、今まで私が聴いたことがない獣じみた声が混じります。

「ああ、ねえ、また、また私だけ、、、」
「逝きそうですか?」
「お願い、逝って!」
「一緒に逝きましょう!理恵さん逝くとき教えてください」
「もう、もう、いい?」
「まだ、もう少し我慢して」
「うん、、でも、もう、もう」
「イク?」
「来て!逝っちゃう!」
聴いたことがない妻の喘ぎ。

想像がつかない妻の痴態に、携帯を耳に押し付けて私が射精していました。

また妻だけが逝ってしまったようです。
S君はピストン運動を続け、妻はまた喘ぎ声を漏らし始め、
そしてまた追い詰められていくような切羽詰った喘ぎ声になっていきます。

「お、お願い、逝って!わたし、もう。。また、また逝っちゃう」
「先輩より気持ちいいって認めてくれる?」
「い、いいよ」
私を興奮させるためのシナリオとは言え、この時はもう答えを聞くのは私には辛すぎました。
「理恵さん、もう逝きたい?」
「逝きたいんじゃないの、でも、すぐ逝っちゃうから、ね、一緒に!」
「僕の名前呼びながら逝ってくれたら一緒に逝けそうだよ」
「ああ。。。○○さんごめん。。Sくん、いい!イクっ!」
○○は私の名前です。
正直これは聞きたくありませんでした。
私のことなど頭から消えてしまって快感に身を任せている方が救われました。

妻がお泊りエッチして帰って来たとき。洗濯機の中の下着(画像)を偶然見て臭いを嗅いだら

精子に臭いが。。。。

明らかにS君に中だしされた証拠だと写真を撮っておきました。

S君に生填めされて、精子を妻の子宮に放出されてしまったのは

理恵も承知のうえだったのか?

もし理恵が「中に出して、中にちょうだい」って言ってたとしたら

かなり危険な香りです☆=>=>=>( _+。)

それにしれも、初めての他人棒であんなに妻が淫乱になるとは思ってませんでした。
妻はS君とは数回のセックスで終わりになりました。
私は続けて欲しいような終わりにして欲しいような、
嫉妬と興奮の狭間で揺れていましたが、妻がのめり込むのを恐れたようです。
私はお仕置きとして妻のエッチな姿を撮らせてもらいました。
8
2018/09/17 22:18:04 (Kq.I5TS3)
昨日は妻と久しぶりの外出。と言っても共通の友人の結婚(二回目)笑 披露パーティー。
ナイトウエディングの為、昼過ぎから準備する妻。
美容院に行き髪の毛をUPしフォーマルな服装に
着替えるのをみていたら妙にそそる。笑
後ろから襲いかかるも「ヤメテ」と冷たく拒否。
ワタクシ涙目_| ̄|○ この時誓った!帰ったら
ヤッテヤルッテ笑 夕方五時禁酒中のワタクシの運転で出発
現場到着。酒好きの新郎新婦の計らいで高級な酒
大盤振る舞い。普段飲めない(高くて)飲めない
シャンパンをガブ飲みする嫁。裏山〜。そのまま、
二次会迄お付き合い。11時ようやくお開き。
まだ飲み足りないと言う嫁と二次会で知り合った家が
同じ方向の男性2人を車に乗せいざ。確信犯 笑
道中、嫁、案の定爆睡。さあ続きはまた後で。
9
2018/09/17 19:22:58 (/y46lzik)
結婚して21年の時、3歳年下の45歳の妻が浮気をしていた。
それは、一人娘が大学進学で家を出た1年前から始まっていた。
小さなクモが妻のタンスの下の僅かな隙間から侵入したのを見つけ、一番下の引き出しを抜いてクモを取ろうとしたその時、そこに紙袋を見つけた。
とりあえずクモを処理して、紙袋を開けた。
そこには雑誌が一冊・・・そしてDVD-Rが3枚・・・

雑誌は素人投稿雑誌で、目と股間にモザイクがかけられていたが明らかに妻で、モザイクの陰で妻の肉穴に刺さっているだろう肉棒の持ち主は俺ではなかった。
全部で5枚の写真は、結合部をカメラに向けて交わる妻と見知らぬ中年男だった。

DVDには、妻と男の生セックス動画が録画されていた。
俺だけのものだと信じていた唇、乳房、肉穴が、見知らぬ男の唇、手、肉棒で汚されていた。
敗北感と失望・・・哀しみと嫉妬・・・妻は、この男に抱かれてきた日も、何食わぬ顔で俺に抱かれていたのだ・・・

「あの時はキスまでだったけど、今はこうして・・・」
妻は男を君付けで、男は妻をちゃん付けで呼びながら、本気で愛し合っていた。
そして、男は学ラン、妻は公立中学のセーラー服を着ていた。
つまり、妻とこの男は中学の同級生・・・キス止まりの恋人だったということか・・・

かつてキス止まりで終わった中学の同級生だった恋人と、中年になって再会してセックスする妻の痴態は、俺に嫉妬と興奮を与えた。
俺以外の男の肉棒を受け入れ、甘いヨガり声をあげる愛しい妻・・・
妻を問いただすと、
「覚悟はできています・・・」
と予め用意していた離婚届けを出した妻・・・

後日、男が慌ててやってきて、土下座して謝った。
しかし、妻は俺に申し訳が立たないと離婚する構えだった。
男の奥さんも加わっての修羅場・・・
結局、俺と男の奥さんが仕返しの浮気セックスをする事になった。

奥さんは43歳、スレンダーな妻とは対照的なムッチムチ体形。
肉裂は妻より綺麗で使用頻度が少ないことがわかった。
「あの人、月に1〜2の淡泊な人だと思っていたら、昔の恋人と・・・」
ムチムチの身体を揺さぶった。
「アアン・・・アアァアアァン・・・いっそ、中に出して・・・孕ませて・・・」
奥さんの中にタップリと出した。
次の日も、また次の日も、48歳なのに毎日他人の奥さんに中出しができた。
俺に、毎日セックスする精力があったことに自分で驚いた。
約1か月の連日中出しをしたら、奥さんに生理が来なかった。

昨年、奥さんが43歳で俺の子を孕み、堕胎したことでこの不倫騒動が終結した。
「あなた・・・妊娠させるなんて・・・」
「彼女が望んだことだ。一度も外には出さなかったからな・・・イイ女だったよ、あの奥さん・・・マンコも綺麗だったな・・・よっぽどだンアに構ってもらえてなかったんだろうよ。」
1年前、寝取られ妻が戻ってきて、俺は寝取られていた屈辱に狂いながら貪るように妻を抱いた。
寝取られて戻ってきたというシチュエーションが、異常なまでの興奮をもたらし、それは今でも続いている。
そして、
「あなた・・・私たちは再構築したけど、あの人と奥さん、離婚したのよ・・・」
他人の妻に手を出すくらいだから、元々うまくいってなかったのだろう。
一方俺達は、以前にも増して、性生活が盛んになったが・・・
10
1 2 3 4 5 6 7 ... 565
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕