ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

寝取られ体験談 RSS icon
※彼・彼女・旦那・妻を寝取られた体験談をお待ちしています。

このBBSに投稿下さった内容は雑誌、書籍などに掲載される場合があります。 ご承知のうえ投稿してください。当サイトに投稿された文章の著作権は、すべてNAN-NETに帰属するものとします。
短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 524
2018/04/03 20:24:12 (uhFgDyFa)
下の子供が小学生になって1年過ぎた頃から、女房の様子がおかしいのに気付き始めた。
2度の出産を経て37歳になっても、女房は若々しさを失わず綺麗だった。
その女房が浮気しているような気配なのだ。
興信所に依頼して調査したら、女房は毎週火曜日の午前中に裏のお勝手口から若い男を引き入れていることがわかった。
そして、その男が家に入ると、六畳の客間の縁側のカーテンが閉められることから、興信所から客間へ隠しカメラを仕掛けるように言われた。
隠しカメラには、女房と間男の情交の一部始終が映っていた。

間男に乳房を揉まれて吐息を漏らす女房。
仰向けで間男に両足を広げられ、肉ビラをめくられ恥ずかしがる女房。
間男に肉芯を舐められ、喘ぎながら間男の不貞肉棒を咥える女房。
勃起させた間男に股がって、乳房を揉まれながら腰をクイクイ振って喘ぐ女房。
四つん這いでヒクつく尻穴を間男に見せながら後ろから不貞肉棒を捻じ込まれて喘ぐ女房。
大股開きにされて不貞肉棒を出し入れされながら喘ぐ女房。
間男のピストンに合わせ腰振る女房。
抱き合って唇を重ね、獣のようにお互いの肉体を貪り合う間男と女房。
引き抜いた不貞肉棒からほとばしる精液を全身に浴びる女房。

なぜだろう、悔しくなかった。
なぜだろう、興奮していた。
なぜだろう、勃起していた。

その夜、間男に抱かれて喘いだ女房を抱いた。
ほんの10時間前に俺以外の肉棒が挿し込まれた肉穴を舐めた。
ほんの10時間前に俺以外の肉棒が挿し込まれた肉穴に肉棒を挿し込んだ。
あの男より感じさせてやる、あの男より喘がせてやる、乳房よ揺らして喘ぐ女房を見て、やっと悔しさが滲み出た。
嫉妬の意味を噛み締めた。
21
2018/04/03 08:08:18 (26P6pgCC)

♂40歳 ♀28歳のEカップ夫婦です。

一昨日念願の初寝取られ体験をし興奮が収まらないので、文章下手くそ、誤字脱字などあるかもしれないし、複数プレイを沢山やってる方に比べるとプレイ自体も過激じゃないので、面白くないかもしれませんが書いてみたいと思います。


当初は狂ったようにハーフの美人な嫁とえっちばかりしてましたが、さすがに現在に至るまで8年もなるとえっちに新鮮さがなくなってしまい、半年ほど嫁とえっちをせず嫁の要求にもそれとなくズラしてました。

他の男性が愛する嫁に欲情し、ねっとりといやらしく嫁の乳房と性器を指と舌で愛撫し私と出会ってから私以外の肉棒を挿れた事のない嫁の蜜壺に他の男性の肉棒が突き刺さるとこを凝視するというそんな興奮を味わいたいと思ってました。


私が変態っぽいという事は出会った当初から嫁は知っていて、今までには、ミニでのノーパンでデートから始まり、人通りの多い昼間の駐車場で全裸にさせフェラしてもらったり、薄明るい夕方に素っ裸で助手席にのせてドライブしたり、全裸でプリを撮る、加えて今までの一番は私の友達と3人で宅飲みし泥酔した嫁を素っ裸にして友達に視姦させるなど渋々ですが私のいう事をきいてくれて実行してくれてきた私の性癖に理解を示し実行してくれた良い嫁です。


しかし数年前に寝取られ性癖を嫁にカミングアウトしたところ「それは無理」と一蹴され続けていたのですが、私があまりにえっちしない為に嫁が「他の男の人交えたらえっちするの?」と・・・


嫁とマンネリしたからといって他の女性とヤりたいとかまったく思いません。


ただこの歪んだ性癖のせいでどういう訳か自分が心底愛する嫁が他の男性に突かれている所を見て嫉妬し興奮したいというおかしな願望があるんです。


そして遂に先日、ナンネで単独さんを募集したところ思っていた以上に沢山の方から嫁の蜜壺に肉棒を挿入したいというメールを頂きました。


その中から私の理想の単独さんと嫁の条件など考慮して、ついに初他人棒挿入してもらう人を選考し実行しました。


アップしていた動画が嫁がパイパンに剃っていたので、それを観てメールしてきてくれた単独さんもパイパン大好きっていうので、嫁を気に入ってくれた要素でもあるんだろうなという事で、久々に実行前日は嫁を風呂場の縁に開脚して座らせて、明日単独さんに貸し出す愛する嫁の色素の薄いピンクに近い性器が綺麗によく見えるように私自ら陰毛を剃って綺麗にパイパンにしてあげました。

その時剃りながら、嫁に明日の事をきいてみると「めちゃくちゃ緊張する」っていってました。


私が、「嫁さんみたいな超タイプな女性で童貞捨てれるなんて夢のようですーなんて言ってるくらい気に入ったみたいだし、その人の思い出になるよう頑張ってね」と言ったら
「ボカしかけてる画像見てハードル上がってんじゃないの?でも車で4時間かけてくるし、我慢してでもちゃんとやんないとダメなんだよねぇ…」と、とりあえずですがドタキャンしそうな性格の嫁が相手を思いやる発言もしてるのでドタキャンとかはなさそうです。



22

(無題)

投稿者:ドン
削除依頼
2018/04/01 18:55:43 (zeKm7B.7)
つづき
また襖がそっと閉められると、里美が二階から降りてきて旦那がリビングの電気をけした。奥のキッチンだけの明かりがエロさを増した。リビングの電気が消える前に里美の顔が見えたが、雌の顔になっていた。旦那は里美のてをひっぱり無言でカウンターの前に連れて行き激ししいキスを始めた。里美の手も、しっかりと旦那を抱きしめていた。こんどは旦那の手がパーカーの上からでなく下から中に手が入って揉みしだく。キッチンの明かりで顔の感じている表情ははっきりわかった。旦那はパーカーを捲り上げると里美はノーブラだった。旦那わ吸い付くようにむしゃぶりついた。久しぶりに見た里美のオッパイ。大きくはないが、エロさを主張するかのように上を向いている。今度はだんながスボンからイチモツをほりだし、咥えさせた。下のほうはあまり明るいくないがシルエット的にデカマラを咥える様子がみえた。かなり大きくなり反り返りった愛する旦那のイチモツを愛おしそうにほうばる姿はバツグンにエロかった。
旦那は里美を立たせカウンターに手を突かせロングスカートをまくりあげ、顔をうずめた。里美が顔を振り、必死に我慢してるのがわかった。次の瞬間、里美が二階に上がっていった理由がわかった。ビリビリっとおとがした。パンストを履きにいったのだ。しかもノーパン。旦那はパンストを破るとそそり立つイチモツをねじ込んだ瞬間、里美は思わずウッと声がでた。慌てて2人がこちらを見たが、ゆっくりグラインドしはじめた。里美は我慢しているようだが、時々声が出る。だんだん旦那の動きが早くなり、二人で絶頂を迎えた。中だしだ。2人はまた激しくキスをすると、見つめ合って微笑んでいた。
すると旦那が慌てだした。6時を過ぎていたので、あわてて仕事にでていった。
俺はと言うと、寝取られた気分と、2人のラブラブなエッチをみて、心臓がバグバクで布団に潜り込んだ。
つづく
23
2018/04/01 08:40:07 (zeKm7B.7)
俺には彼女がいた。大学に入学してこの地方(田舎の農業大学)に下宿して大学で知り合い付き合いはじめた。俺は一回生、彼女の里美は一つ年上の2回生の時、どちらから告白したでもなく友達になり、お互いが好きになり付き合う感じだった。
里美はこの地方で実家から大学に通っていた。
もっぱらエッチは俺の下宿先のアパートで、お互いが初エッチの相手だった。とくに変ったこともすることもなく普通のエッチだったがお互い愛しあえていた。
そして今年、俺は卒業して地元に戻り実家の農業をてつだう。
里美との別れは昨年の今頃、里美が卒業する少し前に。
実は里美が大学に入ったころから、なんとなく親からすすめられていた話だったみたいだが、里美の家系は子宮ガンになる確率が高いらしく、早く子供を産んで、子宮全摘することを勧められていたらしい。里美はあまり本気に考えていないみたいだったが、やはり親は娘のことを思うあまり本気で心配していたようだ。
里美が4回生の時、卒業したら結婚をすることを勧めてきた。もちろん俺とではない。お見合いみたいな感じだ。農協に勤める一回り以上も歳の離れた41歳の人で、里美の実家の婿ではいり、いずれは里美の実家の農家の跡取りとして農業も手伝ってくれるそうだ。
里美はその話を悩んだあげく。断るつもりで俺に話してくれた。最初は断るつもりでいてくれる事に嬉しくおもっていたが、俺も将来の事を考えるようになると、俺は卒業したら地元に戻り、就職して、いずれは実家の農業も手伝うかと感じで、里美と結婚して子供をつくるとなると、まだまだ先の話で、俺の実家も農家なので、里美の実家に婿入りするのも難しく。里美の両親と会ったことはないが1人娘の里美の幸せを考えての勧めであろうことに、俺から里美に別れをきりだした。
ただ、別れるまでに、かなりお互い悩み話し合い、そしてその間も愛しあい、お互い好きな気持ちで別れたが最後はお互い納得して気持ちよく別れたのが1年前の話しだ。
つづく



24
削除依頼
2018/04/01 01:18:53 (QMvnO.Mq)
文章力がありませんし、誤字脱字もあるのでご了承下さい。
結婚生活は3年目になる最近の夫婦の話です。

僕は28歳になる既婚者です。
嫁は2つ年下の26歳で153p42`と細身で可愛く綺麗な嫁です。
そんな嫁に複数したいと今までずっと言っていました。
当たり前ですが全く相手にされず今を向かえていました。
このサイトで知り合った方にセックス中に頼めばもしかしたらとアドバイスを頂き実行しました。

僕『なあ複数したいんだけど?』

嫁『無理!』

僕は嫁が責められると弱い電マを使いアドバイスをもらった通り逝きそうになったらやめて逝きそうになったらやめてを繰り返していました。

嫁『もう無理ー。お願い逝かして』

僕『駄目。俺の言うこと聞くならいいよ』

嫁『複数は絶対に無理!』

僕『じゃ逝かせない』

そんなやり取りと逝きそうになったらやめてを繰り返していると嫁の方から『言うこと聞きます。逝かせて下さい』と言われたのでようやく逝かせました。

その後は言うこと聞くのか?と何回も嫁に確認しながら嫁を責め続けました。
勿論答えはYESでした。

僕は複数が出来る事を想像しその日は果てました。
25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 524
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕