ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

先生と生徒体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 ... 200
削除依頼
2018/12/29 10:16:24 (2EdTXFBZ)
もう、既に10年以上前の話になる。

教育関係者が生徒と関係を持つという話は、私も聞いたことはあった。
当時、新任の塾講師として教室に赴任したばかりの私は、自分に限ってそんなことはないだろうと思っていた。
指導の対象が小学生ばかりだったこともあって、生徒は決して恋愛の対象に成り得なかったのだ。

そんな私も、過去に2回ほど過ちを犯してしまったことがある。
今回の話は、その1つだ。

彼女の名前は、ユイ(仮名)と言った。
入塾当初は既に高3年で、大学受験を控えてはいたが、国語も英語も成績は下から数えた方が早い方。
典型的なアニメ・ゲームオタクで、友達はいるが根は暗め。
母親に連れられて教室に来たときは、前髪で目元を隠し、ダサい眼鏡にダサい服といった、およそ年頃の少女としての可愛らしさは欠片もない格好だった。

そんなユイは、当然のことながら集団の授業になど付いては来れず、私が個別に面倒を見ることになった。
勉強嫌いなのかと思っていたが、以外にガッツだけはあり、宿題の量や問題の難しさに不平を言うことこそあれど、サボるということは決してなかった。
夏休みくらいになると、ユイは完全に私に懐いてしまい、よく甘えて来るようになった。
聞けば、家では長女で弟の面倒を見なくてはならず、父も母もサバサバした人間で、学校でも後輩に頼られることが多いので、甘えられる人間がいないのだという。
いつもおとなしく内気な感じの彼女だったが、どうやら塾の外では気丈に頑張っているらしかった。

そんなユイと私が関係を持ってしまったのは、夏も半ばに近付き、塾がお盆休みを控えた時だった。
その日、教室はお盆休み直前で、夏期講習の授業もなく閑散としていた。
自習に来たい生徒がいれば来てもよいことになっていたが、さすがに夜になると大半の生徒は帰ってしまい、気が付けば私とユイしか残っていなかった。

教室の閉めを任されていた私は、2時間後に教室を閉めることをユイに伝えた。
ユイは肩を大きく回し、「先生〜、肩凝った〜」と、いつものように私に甘えて来た。
この頃になると、ユイは私と1対1のときにに背中を押してもらうなど、妙にスキンシップを求めて来るようになっていた。

「どれどれ……うわ、こりゃ酷いな!」

「でしょ〜♪ 5時間も座りっぱなしだと、さすがにキツくて……」

 そんな他愛もない会話をしながら、私はユイの肩を押してやった。
 当然、この時点ではやましいことなど何もなく、肩と首筋を中心にほぐしているだけだった。

「しっかし……これ、腕や脇の方まで凝ってるぞ、たぶん。少しは家でストレッチしろよ」

「え〜、面倒臭い〜。先生、そっちも揉んでよ〜」

 この台詞を言われたときは、さすがに少しドキッとした。
 ユイは決してスタイルの良い方ではなかったが、それでも女生徒の、しかも女子高生の胸回りなど、さすがに解すわけにもいかなかった。

「さすがに、そんなとこ触れないよ!」

「別に、私は気にしないし〜。……っていうか、マジで痛い。腕、上がんないかも……」

 そう言って、ユイは私の手を取ると、まずは自分の二の腕を、次に脇を触らせた。

「おいおい……でも、確かに酷いな。仕方ない……ちょっとだけだぞ」

 この時点で、既に私は彼女のペースに乗せられていたのかもしれない。
 まだ罪悪感はあったが、それでも言われるままに腕や脇を解していたが、服で滑ってどうにも指圧が上手くいかない。

「先生〜、もっとしっかり押してよ。肩とか首みたいに、直接触ってさ〜」

「いや……さすがに、それは駄目だろ。下手すりゃ胸に手が当たるし……」

「だから、別に気にしないって! それに私、胸なんて全然ないしw」

 揉んだら大きくなるかも、等と冗談を言いながら、ユイは私の手を自分の襟元から胸元に差し入れた。

「……っ! ほ、本気か、お前!?」

 危うく胸に触れそうになり、私は思わず手を固めてユイに尋ねた。
 先程までとは違い、ユイは軽く頷いて、私のされるがままになった。

 ここから先は、正直なところ、よく覚えていない。
 とにかく彼女の胸に触れないよう、私は首元のリンパと脇を中心に指圧した。
 もはや理性など完全に吹っ飛んでいたが、それでも最後の最後で、性欲に任せて彼女を襲うようなことだけはしなかった。

 しかし、それも時間の問題だった。
 やがて胸回りが解れ始めるにつれ、ユイは「気持ちい〜♪」と言って、なんともいえぬ笑顔を私に向けて来た。
 
 はっきり言って、ユイは決して美少女ではなかった。
 鼻は低く、化粧気もなく、髪も無造作に降ろしているだけだ。
 それでも、眼鏡を外して恍惚の表情をしているユイをみると、もはや私の理性も限界だった。

「……ゴメン。これ以上は、本当に無理だ」

「え〜、なんで? 折角、気持ち良かったのに〜」

「お前が気にしなくても、俺が気にするよ。一応、俺も男だしさ……我慢できなくなって、襲っちゃうかもしれないぞ」

 情けないことだが、既に今までの行為を通して、私の息子はギンギンになっていた。
 それを知ってか知らずか、ユイは屈託のない笑顔を向けると、「だから、大丈夫だって〜♪」と言って、服の中に入っている私の手を胸元に誘導した。

「なにやってるんだよ! こんなことしたら……本気で襲っちまうぞ!?」

「もう、ここまで触っちゃったんだし、今更でしょ〜♪ 嫌だったら言うから、大丈夫だよ〜」

 その一言で、完全に私の理性は飛んだ。
 今までのオタクっぽい雰囲気は今の彼女にはなく、未熟ながらも『女』としての彼女がそこにいた。

「よ、よし……。でも、嫌だったら本当に、直ぐに言えよ!」

 それだけ言って、私はユイの胸に手を這わせた。
 外から見ると小ぶりな胸だったが、以外に張りはよく、押すと心地よい柔らかな弾力が指先に伝わってきた。

「どうだ……気持ち悪いだろ?」

「そんなことないよ〜。気持ちいい〜♪」

 マッサージを受けている時と同じ顔で、ユイは私の行為を受け入れていた。
 我慢をしているといった感じはせず、私はそのまま彼女の胸を優しく揉みしだいて行き、やがて頭頂部の膨らみ付近に指を這わせた。

「……ここは? 嫌じゃないか?」

「……うん、気持ちいい……」

 だんだんと顔が紅潮しているのが、私にも解った。
 指先で蕾を優しく摘まみ、転がし、弾き……刺激を与えて行くと、どんどん固くなっていった。

(こんなに感じるものなのか……?)

 自分のテクニックには、決して自信があったわけではない。
 それでも、気持ち良さそうに身を委ねているユイを見ていると、もっと色々としてやりたくなってきた。

「悪い……俺も、もう我慢できそうにない。胸、見ちゃうかもしれないけど……いい?」

 親指と人差し指で蕾を摘まみ、残る指で胸を揉みながら、私は尋ねた。

「うん、いいよ……。こんな感じ?」

 そう言って、ユイは服をたくし上げ、ブラを外して胸を見せた。
 やはり、胸そのものは小さかったが、思った以上に綺麗な肌と先端の蕾を見て、私の理性は今度こそ完全に飛んだ。

「ちょっと、口でしていいか?」

 ユイが小さく頷いた。
 ここまで来たら、もう最後まですることも覚悟していたのだと思う。

 私はユイの胸に舌を這わせ、そのまま先端を口に含み、舌先で転がした。
 途中で甘噛みや軽い吸引で緩急を付け、もう片方の胸にも手と指で刺激を与えて行くと、ユイの口から今までになく甘い吐息が漏れ始めた。

「……もしかして、感じてる?」

「解んない……。でも……変な感じだけど、気持ちいい……」

 お腹の方もジンジンすると言って、ユイは再び私に身を委ねた。
 私はそっと彼女の太股に手を這わせ、スカートの中に差し入れた。
 もはや彼女は抵抗せず、私にされるがままだった。
 下着のラインに沿って指を這わせて行くと、奥の方がしっとりと濡れていた。

「……こっちも、触っていいかい?」

「……うん……いいよ……」

 指先で股関節を優しく押しながら、私は彼女の緊張をゆっくりと解し、やがて下着の上から花園に触れた。
 先程よりも更に濡れており、私はそっと彼女の下着の隙間から指を入れ、突起を探しだして優しくはじいた。

「……あっ……」

 自分では、直接触れたことさえ少なかったのだろう。
 今までになく身をよじるユイだったが、それでも抵抗はしなかった。
 私は彼女の突起を優しく弾きながら、やがて下の穴へと指を滑りこませていった。
 痛がるかと思ったが、思った以上にすんなりと中へ入ってしまい、私の方が驚いた。

「痛かったら、言えよ」

「……大丈夫……。気持ちいい……」

 指先で奥のひだに触れ、撫でるように刺激しながら、時折、軽く指先を振動させる。
 そのまま中指だけをゆっくりと奥に入れ、残る手と口で彼女の胸を刺激する。

「……こっちも、いいかな?」

 そっと顔を近づけると、ユイは私の服を握り締めながら、軽く頷いた。
 顔と顔が重なり、自然に唇が触れ、やがて深いキスになっていっても、彼女は拒むどころか自分でも口を不器用に動かして私を受け入れた。


 夜の指導室に卑猥な音が響き、ユイの身体がどんどん火照ってくる。
 いつしか、私はユイの下の口に舌を這わせ、突起を舐めながら指で奥を優しく刺激していた。
 残る片方の手は胸に這わせ、人差し指で先端を軽く転がす。
 やがて、口で下の突起を吸いながら奥の方を刺激する中指を腕ごと電マのように震わせると、ユイは全身を軽く痙攣させて、そのまま力無く崩れ落ちた。

「……もしかして、逝った?」

「わかんない……。でも……なんか……凄く気持ちよくて……。先生……ごめんなさい……」

「おいおい、なんでお前が謝るんだ? むしろ、悪いのは俺の方だよ。こんなことして……先生、失格だな」

「そんなこと……ないよ……。私がお願いしたんだし……」

 だから、自分にもなにかできないかと、ユイは私に抱きついて来た。
 今から思えば、一線を越えたことにより枷がなくなり、互いに興味が理性に勝っていたのかもしれない。

「それじゃ……ちょっとだけ、触ってみるか?」

 スーツの上から、固くなった自分のモノへと私はユイの手を導いた。
 最初は驚いていたユイだったが、それでも嫌悪の表情を浮かべることなく、私のことを受け入れた。

「すごい……。私なんかでも、男の人って、こんなになるんだ……」

 自分に自信がないのか、ユイは時折、そう言って自虐的な台詞を言う。
 私は徐にズボンを降ろし、下着の上からユイに息子を触らせていたが、やがて我慢できなくなり、とうとう下着も降ろして直に握らせた。

「そのまま、上下に動かしてくれる? ゆっくりでいいから」

「うん……。マンガで読んだことあるけど……こんな感じかな?」

 ユイのセックスに対する知識は、主にレディースコミックやBL本から仕入れたものだ。
 しかし、男性向けの青年誌やAVとは違い、女性向けに描かれたそれらには無茶な体位で激しく何かをする描写は少なかったようで、優しく包み込むように動かされると、却って私も興奮した。

「ねえ、先生……。これって、口で舐めたりしてもいいの?」

「えぇっ! いや……確かに、それは気持ちいけど……さすがに、そこまでは……」

「うん……。やっぱり、私じゃ下手だよね……」

「いや、そういうことじゃなくて……」

 気持ち悪くなったら、絶対に怒らないから直ぐに吐け。
 それだけ言って、私はユイの口に自分の物を咥えさせた。
 さすがに奥まで咥えるのは苦しかったようだが、慣れないながらも頑張って先を舐めたり強く吸ったりしながら、ユイは手も使って私のモノを刺激した。
 大味に激しく咥えられるよりも刺激が強く、程なくして私は彼女の口の中に果ててしまった。

「……っ! ご、ごめん! 不味かっただろ! 吐いて、早く!」

 私は慌ててティッシュを取り出し、ユイに精液を吐き出させた。
 直ぐに水を持ってきてうがいさせ、二人とも慌てて身形を整えた。

 それからというもの、ユイとはしばらく、セフレのような関係が続いた。
 もっとも、本番をすることはなく、私も彼女も手と口で互いを逝かせ合うだけだったが。

 私は責任を取って何でもすると言ったが、彼女にも負い目はあるようで、おまけに受験が近いということも相俟って、恋人のように出掛けたり遊んだりすることはしなかった。
 それでも、ユイは私に今まで通り甘えて来ては、時にエッチなことをお願いするようにんなってきた。
 この頃には私の罪悪感も吹っ飛んでおり、また彼女もエッチな気分が解消された後は自信が持てるのか、模試の成績が目に見えて向上し、勉強すればするだけ結果が出せるようになってきた。
 受験勉強中に恋人を作ると、男は失敗し、女は合格するとは、こういうことを言うのかもしれないと思った。

 やがて、受験が終わったところで、どちらからともなくホテルに誘った。
 彼女は無事に第一志望に合格し、その御褒美ということで。

 ベッドの上でも、ユイは相変わらず慣れていない様子だったが、それでもしっかりと感じて反応を示してくれた。
 全てのストレスから解放されたからか、彼女は髪も茶色に染め、薄くメイクもするようになり、眼鏡もコンタクトレンズに変えていた。
 その姿が私の心を更に煽り、私とユイは、その晩でとうとう一つになった。

「痛かったら止めるから、無理するなよ」

 それだけ言って、私はユイの中にゴムで覆われた自分のモノを入れた。
 彼女の中は今までに私が抱いたどの女性よりも温かく、そして狭かった。

「平気だから……動いて……」

 やがて、中が私のモノに慣れて来たところで、私はユイに言われるがままに腰を動かした。
 最初はゆっくり、とにかく優しく、少しでも痛みを与えないように。
 それが幸いしたのか、ユイは特に痛みを訴えることもなく、出血することもなしに、どんどん奥を濡らしていった。

「先生……駄目……。なんか……来る……!」

「俺も……ヤバい……。そろそろ……イク……!」

 先に指と舌で何度も逝かせておいたことで、ユイの身体も感じ易くなっていたのだろう。
 信じられないことに、彼女は私と同時に達し、そのまま二人ともしばらくは動けなかった。

「……大丈夫か?」

「うん……。凄く……気持ち良かった……」

 そこにはもはや、入塾当初のオタク少女の姿はなかった。
 私と彼女はしばらく抱き合ったまま唇を重ね、その後も互いに力尽き果てるまで、若さに任せて何度も交わった。

 そんな私とユイだったが、彼女の大学生活が本格的に始まってから、程なくして関係は解消された。
 ユイは相変わらず私に好意を抱いており、私とのセックスも好きだと言ってくれたが、どうやら他に好きな男ができてしまったらしかった。

「ごめんなさい……。私、先生に酷いことしてますよね……」

「そんなことはないさ。それに、歳の差を考えると、お前だって歳の近い男を好きになるのは当然だろう?」

 関係を解消することに、罪悪感を抱く必要は無い。
 ただし、その男と交際するようになったら、私との身体の関係も終わりにすること。
 何か不満があっても、決して私に甘えないこと。
 お互い、一般的な恋人のようにはなれなかったけれど、だからこそ、ここでしっかりとけじめを付けた方がいい。

 そのようなことを私はユイに伝え、彼女もそれを承諾した。
 互いに人としても嫌いではなかったことを伝え合い、私は彼女の本当の恋が成就することを祈って送り出した。

 あれから10年近く経った今も、私は塾の仕事を続けている。
 さすがに妻帯者となった今となっては妻以外に欲情することもなく、女子高生を見ても自分の娘のようにしか思えず、当時のような感情は欠片も湧いて来ない。
 ユイも、稀に教室を訪れてくれるが、当時のことは二人だけの秘密である。

「あの時、先生に出会えなかったら、私はず〜っと自信がないオタクのままだったよ〜♪」

 だから感謝しているとユイは言ってくれるが、私としては複雑な心境だ。
 タブーを犯し、彼女を少女から女にしたことは、傍から見れば決して許される行いではないだろうから。
 
 そんな彼女も、今では1児の母。
 外では肝っ玉母さんで通っているようだが、旦那とは家でラブラブらしい。
 私とユイの関係は、互いに青春時代の甘酸っぱい思い出として、ぼんやりと残っているだけだ。
11
2018/12/22 20:10:54 (CmIbcull)
中学生頃の英語教師に声を掛けられました。五年ぶりってことで同僚らと帰りに寄ったみたいでした。懐かしく同僚の先生らに俺の事を話して盛り上がってたみたいらしかったと同じバイト仲間より聞かされました。俺としては中学教師って思いだけでした。それが頻繁に友達等を誘って来店され接客の合間を縫っては話し掛けられ交わすようになり数日後に、食事をご馳走になった日に、流れで男女の関係になりました。20歳大学生の俺には、大人の魅力を感じさせる理沙先生にはMAX状態に直ぐ様なりましたからね。俺に股がって恥ずかしながら腰を前後にくねらしながら悶え喘ぎっぷりは最高ですからね。俺も負けず劣らず下より突き上げれば嬉しさMAX状態になり淫乱女と化しますからね。8つ年の差はありますがね。プロポーションもモデル並みですからね。言うことありませんよ。以上。
12
2018/12/09 18:07:33 (GHzCunZE)
私は中、高とバスケ部でした、部活の他に社体のバスケの練習にも行って居ました。
今では体罰なんて酷い事と言いますが昔は日常的に体罰がありました。

私の高校の頃は試合に負けた時部長の責任だって言われ体育準備室でセックスさせられてました。

確かに避妊はしていたけど…監督とコーチに負けた試合の後…。
13
2018/12/03 18:14:02 (TAqvvIgz)
高校の恩師の先生(彩)とのことです。

彩先生は、私が高校入学と一緒に新任として着任し、担任ではありませんでしたが、部活の顧問としてお世話になりました。

私は先輩が引退した2年の後半から部長をやらせてもらい、彩先生とは、二人きりで話す機会も増えました。

3年に上がる前の春休み中、部室に二人きりで居ると、ふと彩先生から恋愛の話しになり、こちらから彩先生にエッチな質問したら、逆に、

彩「君は、もう、エッチした?」

とか、ストレートに聞き返してきましたが、

私「そんな…彼女もいませんし…」
彩「あら、まだなんだぁ。」
私「…」
彩「私なんて、中学で、しちゃったよ。」

教師とはいえ、なんて、ざっくばらんなんだと思いつつ、いきさつを聞くと、中学の部活の先輩との初体験を聞かせてくれました。
先輩の高校卒業まで続いて、大学の時は、同級生と付き合って、それも卒業と同時に解消。
今はフリーで、何故私にそんな話をと思ったら、最初の相手だった先輩が、私と似てたらしいです。

彩「年上でも良かったら、教えてあげようか?」
私「えぇー?」
彩「でも、ぜ〜〜たい、秘密だからね!」

チビで、あまり色気の無い人でしたので、それまで全然そんな気が湧きませんでしたが(むしろ別の女の先生に興味あったので)、急に意識してしまいました。

流石に学校では無理なんで、2週間後の土曜日に、彩先生の家に呼ばれました。
エントランスのインターホンを鳴らし、オートロック解除してもらい中に。
エレベーターで上がり、彩先生の部屋に。
胸元の緩めのルームウェアで、いつもは少し濃いめのメイクですが、この日は、ほぼスッピン。
でも、むしろ私はそっちが好みで、

私「先生、俺、今のほうがいい。」
彩「もう…恥ずかしいよ…」

エッチより、スッピン見られるほうが恥ずかしいって…と思いながらも中に入ると、整理されたワンルームで、いかにも女性らしい部屋でした。
コーヒーを入れてくれ、しばらくして、私の横に来て、

彩「覚悟は出来たかな?」

と言われ、頷くと、彩先生はキスしてきました。
最初は、唇どうしを重ねるだけでしたが、彩先生が舌を出してきて、

彩「あなたも出して…舐め合うの。」

と言われた通りに。しばらくしてると、

彩「上手いじゃない。気持ち良くなっちゃった。」

と言って、一旦離れ、

彩「シャワー、浴びようか。」

と言って、服を脱ぎ始め、私も服を脱ぎました。
初めて見る女性の生の裸に興奮して、既にぺニスが勃起し、彩先生は、

彩「元気ね。綺麗にしようか。」

と、ボディーソープで洗ってから、浴室で早速咥えてきました。
あまりに気持ちよく、

私「ああっー…」

と、急に来て、腰を引いた瞬間、彩先生の顔に出してしまいました。
彩先生は、指で精液を拭いながら、

彩「いっぱい出ちゃったね。」

と言って、シャワーで流して、タオルで身体の水滴を拭いてベッドに。
彩先生は、足を拡げて、

彩「ここに、オチンチン入れるんだよ。見て。」

と言って、私は顔を近づけ、更に、手を取って、

彩「ここを触るとね…女性は気持ち良くなるの…」

と、クリトリスを触らせます。しばらく刺激してると、

彩「ああーいいわぁ…」

と、感じていて、

彩「今度は、舐めてみて…」

と言われ、しどろもどろしながら舐めてると、

彩「いい…あぁーイクー」

と、逝ってしまったようです。
しばらくして、彩先生は私のぺニスを咥えて、大きくなったところで、自ら乗ってきて

彩「じゃあ、入れるね。」
私「先生…あの、コンドーム…」
彩「大丈夫。だから今日にしたの…あなたの初めてのを、私の中に出して欲しいの。」

と言って、腰を下ろして入れていきました。

彩「入ったよ…気持ちいい?」
私「はい…とても…」
彩「うれしい…」

そう言いながら、自ら腰を動かします。
しばらくして、抜いて、

彩「今度は後ろから突いて…」

と言って四つん這いになり、私は後ろから入れました。
先程とは違う感じで締め付けてきたので、思わず、

私「先生…出る…」
彩「あっ…いいよ…出して…」

と言った瞬間、先生の中に射精。
しばらくして抜くと、彩先生の中から精液が出て来ました。
彩先生は私のぺニスを舐め、

彩「おめでとう。これでもう大人だね。」

と抱き締めてくれました。

夏休みまでは、何回かさせてもらいましたが、部活を引退して受験時期になると、お互いにそういうのは言い出さなくなり、無事、大学に合格。
少し離れた地方大学に行くことになりました。

引っ越しする前に、お祝いと言ってラブホテルに行って、しばしの別れと抱かせてもらいました。

それからは、サークル活動もあり、地元に帰れなくなり、彩先生とは、たまにLINEメッセージするくらいでしたが、先月、彩先生が教員の研究会の全国大会がこちらであり、会わない?ってメッセージが来ました。
もちろん断ることも無くて、ついでに金曜日の夜から日曜日の昼まで泊めてと。

当日になり、彩先生と待ち合わせ場所に行くと、スーツ姿で立ってました。
近くで買い物してから私のアパートに。
彩先生は、

彩「彼女、出来たかな?」
私「いや…まだ…」
彩「ダメじゃん。」

と言って、抱きついてキス。
しばらくしてから、

彩「またキス上手くなったね。」

と言って、部屋の奥に。

彩「案外片付いてんじゃん。ちょっと食事の準備するね。」

と言って、スーツを脱ぎ、更に下着まで脱いで全裸になり、食事の仕度を。
その姿に、勃起したまま、食事。
途中、彩先生が私のズボンを脱がせ、

彩「そのまま、食べてて。」

と言いながら、ぺニスを咥えてきました。
激しい動きに、私も思わず、彩先生の口の中に射精。
しばらく咥えたまま、吸い上げるようにして口を離し、精液を飲み込みました。

彩「全裸なんとかってAV見て、やってみたかったんだよねー。興奮した?」
私「何やってんすか。興奮しないわけないでしょ。」

と言って、彩先生を四つん這いにさせ、左手で彩先生の乳首をつまみながら、右手でお尻を叩きました。

彩「ダメ…痛い…」
私「教え子に悪いことしたお仕置きです。」
彩「あっ…嫌…」

元々、色白な彩先生の肌で、お尻は私の手の形で赤く腫れ、

私「もっとお仕置きしてやる。」

と言って、バックスタイルのまま、彩先生のアソコに指入れすると、既にアソコは凄くヌルヌルになって、グチュグチュ鳴らしながら掻き回すと、

彩「あぁん…いい…もっと…」

と感じていました。
そして、バックから挿入しながら、両尻を叩きました。

彩「ああー、いけない先生を、もっとお仕置きしてー…」

と、教え子にイジメられるシチュエーションに感じていました。
もちろん、最後は彩先生の中に。しばらく入れたままで、抜くと、彩先生は私のぺニスを舐めてきました。

彩「久しぶりに気持ち良かった。」
私「僕も、先生がますますエッチになって、興奮しました。」
彩「でも、あんなにSだった?」
私「やってみたかったんですよ。」
彩「そうなの?だったら、もっと、いじめて。」

結局、彩先生が帰るまで毎日、シチュエーションを変え、色々楽しみました。

名残惜しかったですが、彩先生は部屋を出る間際、

彩「これ、あげる。」

と言って、穿いていた自分のパンティーを脱いで、私に渡していきました。
駅まで行き、また正月に会おうと約束して、彩先生の電車を見送りました。

貰ったパンティーは、もちろんオナニーに使っています。

14
2018/11/10 15:25:05 (.wLVCMNx)
僕(31歳)は水泳指導員をしていますが、今、付き合ってSEXしている子がいます。その子は中1(13歳)のEちゃんという子で、僕が勤めているスポーツクラブのスイミングスクールの生徒です。Eちゃんは丸顔に鼻ぺちゃなお世辞にも可愛いとは言えない顔で、身長は150cmちょっと、体型はぽっちゃりでムチムチという感じです。胸は膨らみかけでまだ大きくありませんが、お尻はかなり大きくて完全に大人並みです。
 うちのスクールにはEちゃんよりもずっと可愛くてスタイルの良い子たちが普通にいますが、なぜ僕がターゲットをEちゃんに絞ったかというと、まずEちゃんは小4の時から僕の指導を受けているので僕に慣れているのと、性格もおとなしくて引っ込み思案なタイプなので、うまくSEXまでいけた時に、Eちゃんがそれを周りの人間に話してしまい、関係がばれてしまう可能性は低いと思ったからです。
 僕のEちゃんへのアプローチは、Eちゃんが中1になり携帯電話を持った頃から始まりました。その頃にちょうどスクール生全員参加の大会(記録会)があり、僕はその日のどさくさに紛れて、こっそりEちゃんと携帯のメアドを交換しました。それ以来、メール交換で親しくなった僕とEちゃんは、月1ペースでこっそりデートするようになり、9月には付き合うことになりました。もちろん水泳コーチと生徒という関係なので、付き合っていることは誰にも秘密にするよう、Eちゃんには強く言ってあります。
 付き合ってすぐのデートで僕は「たまには僕の部屋でまったりDVDでも観て過ごさない?」とEちゃんに言ってみました。それはもちろん、Eちゃんを自宅アパートに連れ込んでSEXに持ち込む為の作戦でした。Eちゃんは僕の下心には全く気づかず「うん、いいよ。」と快諾してくれました。
 Eちゃんを連れて自宅アパートの部屋に戻り、Eちゃんの好きなディ○ニーのアニメ映画のDVDを一緒に観ました。観ている間中ずっと寄り添っていたので、観終わった後は良い雰囲気になり、Eちゃんと初めてのキスをしました。いきなりガツガツとディープキスをしてEちゃんに拒絶されてはいけないので、唇が触れ合う程度のキスを時間をかけてしました。それでもEちゃんは生まれて初めてのキスにかなり興奮しているようで、Eちゃんの荒くなった鼻息が僕の顔に当たり、とても良い匂いでした。僕も興奮してきたので「Eちゃん、エッチしてみよっか?真面目に付き合ってるんだから、いいよね?」というと、Eちゃんは「え…!私、そういうことしたことないから…、わかんない…」と曖昧な返事が返ってきました。僕は「僕もEちゃんみたいな若い子とは初めてだから、一緒に頑張ってみよう?」と言って、なんとかEちゃんに「うん…」と言わせることができました。
 その後、お互いに下着姿になりベッドに寝ました。Eちゃんの下着は真っ白で、上はスポーツブラ、下はヘソまで隠れる大きめの女児ショーツでした。Eちゃんはオシャレをするようなタイプの子ではないので、下着はまだ小学生時代から変わってないんだと思います。まず僕はEちゃんのスポーツブラをずり上げました。プルンとあらわになったEちゃんのオッパイは、決して大きくはないのですが、乳輪はボコッとイチゴのように大きく膨らんでいて、先っぽの乳首は小さく陥没していました。中1の生乳に興奮した僕はスポーツブラを取り去ると、鏡餅のようなEちゃんのオッパイにむしゃぶりつきました。Eちゃんの大きなイチゴ乳首(乳輪)はすごい弾力で、僕の舌を跳ね返してくるような感触です。僕の口はEちゃんの左右のオッパイを忙しく行き来しました。あまり夢中にしゃぶりすぎても体目当てだと思われると思い、「Eちゃん、大好きだよ。愛してるよ。」と時々話しかけるようにしました。
 オッパイをひとしきり味わった後、僕はEちゃんのショーツを脱がせ、太ももをつかんで大股開きさせました。僕が一番見たかったEちゃんのオマンコが丸見えになりました。Eちゃんのオマンコはクリトリスの包皮がちょっと見えているくらいで、余計なビラビラも無くすごく綺麗でした。陰毛もオマンコの上の土手にうっすら生えているくらいで、まさに発育途中という感じでした。大興奮してしまった僕はすぐさまEちゃんのオマンコにしゃぶりつきましたが、この体勢ではクンニしにくいので、シックスナインの形にしようと思いました。僕は一旦Eちゃんから離れてトランクスを脱ぎ、シックスナインの体勢になるようにEちゃんを導きました。僕の目の前にはEちゃんの中1オマンコと肛門がドアップで現れ、Eちゃんの前には僕の勃起したペニスが現れました。「この格好、恥ずかしい…」と言うEちゃんに僕は「僕のオチンチンはもうEちゃんのものだから、好きに触ったり舐めたりしていいんだよ」と言いました。でもやはりその日が初体験のEちゃんは恥ずかしさでフェラチオはもちろん手コキさえできず、僕のペニスを握るのがやっとという感じでした。一方、僕はEちゃんのオマンコをじっくりと見たり触ったり舐めたりしました。Eちゃんのオマンコはオシッコとお酢とチーズが混ざったようなツーンと鼻を突く匂いがします。この匂いの強さはちょっと意外でしたが、13歳の若い子の匂いなんだと思うと逆に興奮させられました。Eちゃんのオマンコを広げ、クリトリスの皮を剥いて舐めたり、尿道口を舌先でいじったり、膣口が処女膜でかなり狭められている膣に指を入れたり、僕はやりたい放題でした。オッパイを吸われている時はあまり反応の無かったEちゃんも、僕の濃厚なクンニにはさすがに「あ〜…は〜…」と声を上げていました。特に尿道口を舐められるとかなり感じるようで、一番声が大きくなっていました。
 Eちゃんのオマンコはずっとクンニしていても飽きませんが、僕はそろそろペニスを挿入したくなってきたので、体勢を正常位に変えました。そして、フル勃起したペニスのはち切れんばかりの亀頭をEちゃんの膣口に当て「Eちゃん、オチンチン入れるからね。」と言って、挿入を開始しました。処女なので指一本が入るのがやっとのEちゃんの膣はかなりキツく、Eちゃんも痛がるので、だいぶ時間は掛かりましたが、なんとか僕のペニスを根元まで膣内に挿入することができました。しかし腰を動かすとEちゃんが痛がるため、僕はペニスを膣内深くずっぽり入れたままEちゃんに覆いかぶさり、オッパイを吸ったりディープキスをしたりして楽しむことにしました。僕の口はEちゃんの唇、右乳首、左乳首、唇…という順番で三角形を描くように移動し、Eちゃんの体を舐め回しました。ディープキスをしながら、僕はわざとEちゃんの口の中にツバを流し込むようにしていたのですが、Eちゃんは嫌がらずに時々口の中に溜まった僕のツバをゴクッと飲み込んでいました。僕が今まで付き合った彼女たちは皆、ツバを入れると嫌がりましたが、何もかもが初めてのEちゃんは、きっとそれが普通なんだろうと思ったのでしょう。僕は、ツバをいくらでも飲み込んでくれるEちゃんに興奮して、ディープキスをしながら腰をピストンさせてしまい、中に出してはまずいと思いましたが、腰が止まらず、そのままEちゃんの膣内でドクドクと射精してしまいました。毎日やっているオナニーをこの日のために3日ほど我慢していたので、かなりの量の精液を膣内に放出してしまいました。本当は膣外射精して、大量の精液がペニスから発射されるのをEちゃんに見せつけようと思っていたのですが…。
 SEXが終わって、僕はEちゃんに「初体験はどうだった?」と聞くと、Eちゃんは「何かもう、凄かった…痛かった」とだけ答えました。僕が中出ししてしまったことについては、Eちゃんは何も言わなかったので、僕も何も言いませんでした。僕としては念願だったローティーンの女の子とSEXできたので、とにかく満足感でいっぱいでした。
 その後、月1だったデートも付き合ってSEXをしてからは2〜3週に1回になりました。ですがデートのたびにSEXという訳にはいかず、僕は何とかSEXする状況になるよう知恵を絞っています。とにかく中1女子とのSEXは最高ですね。特にEちゃんは、僕が今まで付き合った彼女たちがさせてくれなかったことを、嫌がらずにさせてくれるので、エロいことを色々教えこんでいます。
 だらだらとした長文になってしまい、失礼しました。

15
1 2 3 4 5 6 7 8 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM