ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

先生と生徒体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200

クラブの顧問と 2

投稿者:any ◆7nhvdN3STA
削除依頼
2018/07/18 06:48:28 (xO3YgjxB)
続きです。
登場人物など前と同じですので、気になる方はお手数ですが
「クラブの顧問と」
をお読みください。


―――――――――――――-


初体験をしてからの俺はオナニーを覚えた猿のようにやりまく・・・りたかった。
でも場所は相変わらず整骨院しかなく、クラブもあるのでそうそう時間は取れない。
それでも会える時はりさ先生にお願いして二人きりにしてもらい、時間が許す限りやりまくった。

まきちゃんは俺に自分が感じる場所、好きな体位などいろいろ教えてくれた。
俺は必死にそれを覚え、組み合わせ、まきちゃんを気持ちよくしようと頑張った。
その成果が出たのか、セックスをする度にまきちゃんはすごく感じてくれてキスと手マンとクンニでイク時もあった。
それが嬉しくて、昼休みには簡易更衣室で弁当そっちのけでまきちゃんを責めた。

ある昼休み、簡易更衣室のカーテンを閉めいつものようにイチャつきながら昼飯を食べていた。
初めはキスから始まり、ペチャペチャと唾液の交換をしながらディープキス。
服は着たままブラのホックを外し乳首をいじる。
まきちゃんはだいたいTシャツにジャージを着ていたので、この辺まではいつでも出来た。
バックに周ってTシャツの上から乳首をコショコショ。
まきちゃんはこれが好きなので、すぐに乳首がピンピンに立った。
また前に周って服の上から乳首をつねってキス。
呼吸が荒くなってきたところで、膝をそっとまきちゃんのおまんこに当てグリっとこねる。
「!!ふぅんっ・・・!」と声にならない声を出して全身がビクビクっと震える。
まきちゃんのパンツはビショビショだった。

まき「もう・・・パンツびしょびしょやん。どうしてくれんの?」
俺「脱げば?」
まき「昼からノーパンで授業しろってか(笑)」
俺「これからは替えのパンツ持ってこなアカンな(笑)」
まき「いや、濡れる前に脱ぐわ!」
俺「パンツ脱いだら入れんで?」
まき「いいよ^ ^」
俺「いや、学校じゃアカンやろ!(笑)」
まき「えー、でも最近できてないし・・・先っぽだけやったらいいやん^ ^」
俺「それは男が言うセリフや(笑)」
まき「とりあえずパンツは脱いどこ。」
俺「脱ぐんかい!」

まきちゃんは後ろを向いてパンツを脱ぐと

まき「ほーら、けいの大好きなおまんこやで(笑)」
と言ってお尻を突き出した。
小ぶりで締まったお尻と一本筋のおまんこ、薄めの陰毛が見える。
俺はまきちゃんの足の付け根に手を添えるとおまんこを舐めた。

「ふあっ!?」という声と共にまきちゃんのお尻がビクンッと跳ね上がる。
俺は犬が水を飲むように舌でまきちゃんの愛液をすくいペチャペチャと舐めた。
そして舌を尖らせおまんこにゆっくり挿入した。

まき「けい!?あっ!あっ!あっ!あぁっ!!」
舌が入るに連れまきちゃんの声が大きくなる。
俺は音を立てて思いっきり吸った。

「ジュルルルル!」
まき「はあぁぁぁんっ!!」

足の付け根に添えた俺の手を握りしめ、まきちゃんはイった。
腰がビクンッビクンッと痙攣し、その場に四つん這いの状態で崩れ落ちた。

俺のチンポは言うまでもなくバキバキで、先走り液が垂れている。
まきちゃんとセックスしてからオナニーするのがもったいなく感じ、一人では全く抜かなくなったので溜めに溜めた精子が今にも爆発しそうだった。
入れたい!それしか頭になかったが、ここは学校だし、まきちゃんがこのまま普通に話しかけてくれれば我慢できる気がしたので黙っていた。

そしてまきちゃんは・・・
片手でおまんこを広げ、こちらを見て

「お願い、入れてぇ・・・」
と言った。

俺「でも・・・」
まき「先っぽだけ、な?先っぽだけでいいから・・・!」

俺は何もかもすべて吹っ飛び、一気におまんこの一番奥まで挿入した。

まき「んんんーーーーっっ!!!!」

まきちゃんは脱いだジャージで口を塞ぎ、必死に声が漏れないようにしている。
一番奥まで突く度に
「んんっ!」「うぅんっ!」「ふぅんっ!」
という唸り声のような声がする。
俺はまきちゃんのおまんこが壊れるくらい思いっきり突いた。
そしてすぐイキそうになり、

俺「い、イキそう・・・!」
まき「出ひてっ!そのまま出ひてぇっ!!」

びゅるびゅるびゅる!!!

大量の精子がまきちゃんのおまんこに出た。

まき「んーーっ、んーーーっ!、あぁぁぁ・・・あっつぅい・・・」
息も絶え絶えのまきちゃんが呟いた。

一番奥で出したのでチンポを抜いてもなかなか出てこず、少しして臭くてドロドロの精子が溢れてきた。
まきちゃんは余韻に浸っているようなので俺は綺麗にティッシュで拭いてあげた。
しばらくしてまきちゃんが上体を起こしニコッと笑いながら

まき「とうとう学校でやってもーたね^ ^」
俺「バレても知らんで?(笑)」
まき「バレたら一緒に学校辞めよか?」
俺「それは嫌やから、バレへんようにいっぱいしよ(笑)」
まき「賛成^ ^」

そしてキスして教室に戻った。
1
2018/07/17 21:38:04 (KhdjPhDJ)
メールアドレスを交換したあと、夏休みに入り私は先生に「お家にうかがっていいですか」と送信しました。先生は「それはちょっと」と言っていましたが何度も頼むと行くことを許してくれました。先生と私は学校の近くの公園で待ち合わせをしました。先生は白色のマーチに乗ってやって来ました。先生は白いTシャツとジーパンでした。先生の車に乗って10分もしないうちに先生の家に着きました。車内では学校とかの話をしました。先生の家は二階建てアパートの隅でした。家に入ると軽く散らかっていました。先生は「どうぞ」といいテーブルに案内してくれました。先生に「来たいと思った本当の理由は」と聞かれました私は素直に「先生の方が好きです」と答えました。先生は頬を赤らめ微笑みました。それからトイレの時の話を聞くと「便秘だったの」と言っていましたがまだ疑っていました。先生に「何する」と聞かれたので、一言「H」と答えると、先生は隣の部屋に入りました。少し待つと先生はローターのようなものとディルドを持って出てきました。先生は「どっち使う」と言いました。私は普段使っているローターを選びました。先生は服の脱ぎ出しました。憧れの巨乳が目の前に現れ私は思わず「おっきい」と言ってしまいました。先生は「触ってもいいよ」といったので迷わず触りました。あの弾力は忘れられません。Eカップと先生は言ってました。私も脱ぎ2人でオナニーをしました。私はすぐにイッてしまいましたが先生はその3分後くらいでイキました。他人のオナニーを初めて見た私はドキドキが止まりませんでした。その後ベルトにディルドを取り付け擬似sexもしました。それが私の初体験でした。少し痛かったですが、気持ち良さに変わっていきました。その日は1回ずつで終わりました。終わった後に先生は「私も○○ちゃんのこと好きだったよ」と言ってくれました。帰等の車では先生の体験談を聞きましたが私以外に1人としかヤッていないようで驚きました。先生は家まで送ってくれました。先生とは今でも関係が続いていて月に1回ほど会っています。以上で終わります。
2
2018/07/16 22:37:14 (QIMr2SKR)
私は女性が好きないわゆるレズです。いまから5年ほど前の中学1年生の時の話をします。中学の社会の先生は当時30歳くらいで美しく胸がHくらいあったので私はひそかに好意を寄せていました。先生はよく噛むことがあって最初のオリエンテーションのときいきなり「くんにのクイズ」といい私はドキッとしました。そこから私のレズ癖が始まったのかもしれません。私は社会科の授業があった夜は毎日オナっていました。7月になった頃先生は上がスーツの白いシャツ下は膝上15センチくらいのミニスカートをはいていました。先生が黒板に字を書くときお尻のラインがくっきり浮き出ていて見とれていました。私は授業中ドキドキが止まりませんでした。学校が終わり先生に質問をするため職員室へと向かいました。普段私は質問がある時は授業がすぐに聞きに行くのですがその日は先生がすぐに出て行ったので質問ができなかったのです。私は先生に授業の質問をし終えたあとで連絡先を聞きましたが教えてくれませんでした。それから授業後は毎日聞きに行きました。1学期も終わろうとしていたある日の授業後先生のところへ行ったあと私はトイレに行きたくなったので近くの職員用トイレに駆け込みました。用を足していると足音が聞こえました。私はじっと息を潜めていました。その足音は止まりました。どうやら隣の個室に入ったようです。すると「ちょぼちょぼちょぼ」という用をたす音が聞こえ音が止まったと思うと「アッ、アッ」という息を漏らすような声になりました。私はその声で先生だということに気づきましたが声をかけずにじっと待っていました。オナニーをしているようでした。声が激しくなったところで私は「先生?」と呼びかけました。隣の個室からは「ハッ」と聞こえそれから「○○ちゃん?」という聞き覚えのある声が聞こえて来ました。先生は「このことは誰にも言わないで」と言いメールアドレスを教えてくれました。その後いろいろなことがありましたが今回はこれで終わります。長文失礼しました。
3
2018/07/15 14:42:15 (R9wGV3Ql)
その後の報告です。
麗は相変わらずの居候状態ですが、なんとか学校にはバレずに過ごしています。
部活のほうは、PRが良かったおかげか、例年の倍の入部者があり、賑やかな感じになったと、麗も喜んでいます。

先月は、中間テストの後、2週間後に文化祭があり、バタバタな感じではありましたが、麗も最後の文化祭ということで、作品制作とか当日の食品物販の準備に熱がこもっていました。

私も通常業務の傍ら、顧問として出来ることを手伝っていました。
その中で、食品物販では衛生管理のために、検便が必要でしたが、部長の麗が代表して行うことに。

実は、これまで緊縛とか、徐々にSMっぽいこともやっていたのですが、まだしてなかったのがアナル。
そこで、提出の前夜、私は麗を全裸にして縛った後、うつぶせにさせて、あらかじめ用意していていたシリンジにお湯を入れ、お尻に注入。突然のことに、

麗「あっ。。。。いやっいやーーー!」

と驚いていましたが、構わず500ml程入れました。
しばらくして、洗面器を用意して、そこに排泄。
麗は何も言いませんが、恥ずかしさで両手で顔を隠したままでした。
少し塊があり、それをサンプルにして検査用具に付けて、残りはトイレで処理。
その後、2回ほど再注入し、汚物が出なくなったところで、ローションをたっぷりつけて、アナルを指でほぐしていきました。
しばらくして、感じてきたのか、

麗「あっ・・・あっ・・・」

と喘ぎ声が。
初めてなのに、もう感じてるのかと思いながら、指を1本から2本に。
そろそろ大丈夫かなと、ペニスにローションを塗り、徐々にアナルに挿入。
ほぐしたのが良かったか、麗も痛がりもせず、すんなり入って行き、ピストンするたび喘ぎ声が。

麗「あっ。。。いく・・・」

なんと、麗は初アナルにして、逝ってしまいました。
私も、しばらくしてアナルに中出し。
興奮して、一旦シャワーして、続けてゴム着でアソコにも挿入し、発射。
麗も、アナルとアソコでそれぞれ逝って、しばらく起き上がれない状態でしたが、私にずっと抱き着いたままでした。

私は、お尻に入れられ恥ずかったのかなと私は思ってましたが、麗が言うには、学校ではあくまで先生と生徒の立場なので、皆の前ではこういうのが出来なくて我慢している分、一緒にいる時は、ずっとこうしていたいとのこと。

私も彼女が居ないので、麗に依存しているというのもありますが、教え子とこのままでいいのかと、悩む日々ですが・・・
4

クラブの顧問と

投稿者:any ◆7nhvdN3STA
削除依頼
2018/07/05 06:05:33 (E6YcB82L)
高校生の頃の体験談を書きます。

高2の時クラブの顧問と付き合ってました。
名前は高井まき(当時30歳)、未婚で彼氏はおらずサバサバした性格から男子部員の間では影でいきおくれとか無感情女とか呼ばれてました。

そんな顧問とそういう仲になったきっかけはクラブの練習中。
男子部員と顧問が口論になり、
うるさいババァ!とか、そんなんだから彼氏も出来ねぇんだよ!とか言われてました。
そこに自分が仲裁に入り結果男子部員に謝罪させたのがきっかけ。

その騒動があった数日後、体育館にある教官室(いつも体育の先生がいる部屋)に呼ばれました。
教官室に入ると顧問と数人の先生がいて、顧問の隣の机に座るように言われました。

顧問「この間はありがとう。ずっとお礼言おうと思っててんけど、なかなかタイミングが合わなくて。」

俺「あー、いいですよ。別に普通のことですし、悪いのはアイツらですから。」

他の先生「お、田中。(俺の名前)かっこえぇな!さすがモテ男は言うこと違うで(笑)」

俺「いやいや、全然モテてませんから(笑)」

みたいな会話をして他の先生は出て行き、顧問と俺の二人きりになった。
顧問は少し黙ったあと
顧問「影でいきおくれって呼ばれてんのは知ってんねん。でもさすがに面と向かって言われるとキツイな(笑)」
と言った。
顧問の顔を見るとちょっと涙ぐんでて、俺はビックリして慌てて
「俺は呼んでないですよ!」と言った。

ここからちょっと会話

顧問「知ってる。田中はいつも影ながら先生のことフォローしてくれてるもんな。感謝してんねんで。」

俺「いやべつにフォローなんて。思ってること言ってるだけです。


顧問「さすがモテ男はカッコいいな」

そう言った顧問の目からは涙がこぼれてて、無理して笑ってるみたいやった。

顧問「先生みたいな人フォローしてたらいろいろ敵も多いやろ?彼女とかになんか言われへん?」

俺「いやマジで彼女とかいませんから。おったらクラブせんと帰ってますよ(笑)」

顧問「おい!(笑)」

こんな感じでとにかく俺は顧問に泣き止んでほしくて時々ふざけながら会話をした。
しばらくの会話の後、

「田中のお陰で気分晴れたわ、ありがとう。田中みたいなんが彼氏やったらえぇのにな!」

と言うので俺が

「先生はもっとみんなの前で素を見せるといいですよ!普通にかわいいですもん。」
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕