ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

先生と生徒体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200

クラブの顧問と

投稿者:any ◆7nhvdN3STA
削除依頼
2018/07/05 06:05:33 (E6YcB82L)
高校生の頃の体験談を書きます。

高2の時クラブの顧問と付き合ってました。
名前は高井まき(当時30歳)、未婚で彼氏はおらずサバサバした性格から男子部員の間では影でいきおくれとか無感情女とか呼ばれてました。

そんな顧問とそういう仲になったきっかけはクラブの練習中。
男子部員と顧問が口論になり、
うるさいババァ!とか、そんなんだから彼氏も出来ねぇんだよ!とか言われてました。
そこに自分が仲裁に入り結果男子部員に謝罪させたのがきっかけ。

その騒動があった数日後、体育館にある教官室(いつも体育の先生がいる部屋)に呼ばれました。
教官室に入ると顧問と数人の先生がいて、顧問の隣の机に座るように言われました。

顧問「この間はありがとう。ずっとお礼言おうと思っててんけど、なかなかタイミングが合わなくて。」

俺「あー、いいですよ。別に普通のことですし、悪いのはアイツらですから。」

他の先生「お、田中。(俺の名前)かっこえぇな!さすがモテ男は言うこと違うで(笑)」

俺「いやいや、全然モテてませんから(笑)」

みたいな会話をして他の先生は出て行き、顧問と俺の二人きりになった。
顧問は少し黙ったあと
顧問「影でいきおくれって呼ばれてんのは知ってんねん。でもさすがに面と向かって言われるとキツイな(笑)」
と言った。
顧問の顔を見るとちょっと涙ぐんでて、俺はビックリして慌てて
「俺は呼んでないですよ!」と言った。

ここからちょっと会話

顧問「知ってる。田中はいつも影ながら先生のことフォローしてくれてるもんな。感謝してんねんで。」

俺「いやべつにフォローなんて。思ってること言ってるだけです。


顧問「さすがモテ男はカッコいいな」

そう言った顧問の目からは涙がこぼれてて、無理して笑ってるみたいやった。

顧問「先生みたいな人フォローしてたらいろいろ敵も多いやろ?彼女とかになんか言われへん?」

俺「いやマジで彼女とかいませんから。おったらクラブせんと帰ってますよ(笑)」

顧問「おい!(笑)」

こんな感じでとにかく俺は顧問に泣き止んでほしくて時々ふざけながら会話をした。
しばらくの会話の後、

「田中のお陰で気分晴れたわ、ありがとう。田中みたいなんが彼氏やったらえぇのにな!」

と言うので俺が

「先生はもっとみんなの前で素を見せるといいですよ!普通にかわいいですもん。」
21

おしり

投稿者:ななみ ◆YWU0Pk70NA
削除依頼
2018/06/30 09:27:16 (XCHhpMqP)
中学1年の時勉強について行けなくて悩んでました
なんか小学校のころ勉強なんかしなくても
結構いい成績とれたけど
中学では通じなくてどうやって勉強していいのかもわからなかった
一学期の中間テストで上位30位から出てしまって
それで落ち込んでいたところ
先生にいろいろ教えてもらったの
夏休みに部活帰りに教室に二人きりで教えてもらって
そのまま何となくステキに思えてしまって
夏休み明けに先生の部屋に遊びに行ってそういう関係になりました
初めてで痛かった
終わった後に先生に薬飲んでって言われて飲んだ
避妊薬だったと思うの
それから、月に1回から2回くらい
先生の部屋に遊びに行って
でも、妊娠が怖いからって言って
それからはお尻をいじられて、お尻に入れられてました
2年、3年と続いて
あそこは指やバイブで、先生のおちんちんはお尻の穴でって関係がずっと続いて

中学卒業して、高校卒業したら結婚するモノって思ってた
けど、先生は中学生しか興味無いみたい(小学生にも興味あるのかな)
高校卒業して、夏休みに遊びに行こうと思っていたら
新聞に載って、逮捕されたって
中学生とみだらな行為って・・・。
たぶん、わたし以外にも手をだしていたんだなって思います
それ以来先生には会っていません

でも、お尻でHしてたので
お尻を責めてくれる人じゃないと物足りなくて・・・。

Hの最初に浣腸してお尻をきれいにしてからやるのが普通って思ってた

22
2018/06/05 15:15:06 (2RnCxbnC)
筆下ろしお願いして受け入れてもらえ気持ち良かった暖あれから校内ですれ違う度に、僕のオチンチンが反応して固くカチカチに勃起してしまい、みたびお願いしたら丁寧におしゃぶりをしてくれました。
23
2018/05/27 20:08:56 (/KeKIop1)
この時期がくると、どうしても思い出してしまう。

学生時代、バイトでスイミングのコーチをやっていた。
夏休み前のある日、プールの循環装置が故障したとかで臨時休業となっった。
バイト代が出なくなったことを恨めしく思いながら駐車場の愛車オデッセイに向かおうとしてると、ジュニア組の教え子が一人、水着姿のまま、コーチ!コーチ!と追いかけてきた。
中一、12歳の愛里だった。
「せっかく着替えまでしたのにィ!平泳ぎの集中練習日だったのにっ!残念です!」
と屈託ない笑顔で話しかけてきた。
「そうか、愛里は平泳ぎだけが苦手なんだよな」
「そうなんです、まだ脚捌きが上手くできないんです」
愛里は俺に一番懐いてた女の子だった。
親が共働きで送り迎えのない子で、それまでも何度かこの車で送ってやったことがあった。
今日もそれをおねだりしにきたのだろう。
愛里は中一としては身長は高めで、胸は大きくはなかったが身体はそれなりにできているほうだった。
蒸し暑く薄暗い曇天の初夏。
むらむらとする思いがこみ上げてきた。俺は愛里の信頼を裏切る決意をした。
「どうだ愛里、俺の車、後ろが広いから、脚捌きの練習でもやってくか?時間もまだ早いし」
「いいんですか?やりますやります!」
愛里は何の警戒心も抱かず、俺についてきた。
俺は愛車の後部座席を、わざと時間をかけてフルフラットにした。
駐車場から他の車が全部いなくなったところで、リアゲートを跳ね上げ、愛里を寝転ばせた。
愛里は腹ばいになって無邪気に平泳ぎの脚捌きをしている。
俺は愛里の後ろから両脚を持って正しい動きに矯正する。
真面目な練習を装ってはいるが、俺のモノは既に大きく反り返っていた。
目の前にはピッチリした競泳水着姿で艶かしく大股を開き閉じしている女子がいるのだ。
股間に食い込む水着の皺が躍動する。
俺は我慢ができなくなった。猛々しい獣になったのだ。
そのまま愛里の背後から襲い掛かり、リアゲートを閉めた。
ここからのことは詳しく書くのが憚られる。

俺は愛里の悲鳴をBGMに、獣のように彼女の純粋無垢な身体を蹂躙し陵辱し、そして堪能した。
何度も何度も、一時間以上にもわたって…
全てが終わり、泣きじゃくりわななく愛里を助手席に乗せて、家まで送り届けた。
幸い親はまだ帰っていなかったが、流石に俺は自分のしたことの重大さを認識していた。
別れ際、愛里は、処女だった証の血痕が染みこんだバスタオルを俺に投げつけて叫んだ。
「絶対許さない!訴えてやる!」

俺は覚悟した。
バイトを辞め、ボロアパートの室内を綺麗にし、いつ逮捕されてもいいよう親と愛里宛ての詫び状を書き、蟄居した。
しかし、五日経ち十日経ち、そして夏休みが終わっても、何も起きなかった。

新学期になり程なく、夕刻にアパートのドアを威勢よく叩く音がした。
身構えて戸を開けた。
立っていたのは制服姿の愛里だった。俺は言葉がでなかった。
愛里はいきなり満面の笑みでピースサインをした。
「コーチ!やったよ!ヒラで二百、泳ぎきった!昇級できた!」
新しいクラス章を手にしていた。
「あ…う…、お、おめでとう…」
俺はしどろもどろになりながら何とか発声した。
「私、頑張ったもん。あの時教えてもらった脚裁き、夏の間ずーっと練習した。コーチのおかげだよ!」
俺を気遣って少し無理して明るく振る舞っているのが分かった。
俺は跪き頭を下げた。
「愛里、ゴメンなさい。お、俺は…最低だ…」
愛里も膝をつき目線を合わせてくれた。はにかんだ表情が眩しかった。
「許してあげない。これから聞くことに正直に答えてくれないと、許してあげない」
「え?…」
愛里はニヤリとした。
「どうしてあの時、私をレイプしたの?好きだったから?それとも誰でもいいからヤリたかっただけ?」
「愛里のことはずっと可愛いと思ってたし…好きだった…。そして溜まってたから…」
俺は正直に答えた。
「そうかあ、私にゾッコンだったのかあ…。で、どうだった?あのときの私の身体、よかった?」
「え…、その…」
俺には直ぐには言葉が見当たらなかった。しかし愛里は容赦しない。
「答えなさい」
俺は記憶を紡いだ。
「よかった…凄くよかったよ…、柔かい唇も、弾力ある身体も、キツいアソコも…沸き出でる愛液も…何もかも…。だからあんなに何発も…すまない…」
愛里は顔を真っ赤にした。

詳しく書くのは憚られるが、俺はもう一度獣になった。しかし今回は優しい獣だ。そして愛里もまた初々しい獣に憑依した。
捨てずにアパートにおいてあったあの時の血染めのバスタオルを床に敷いたが、今度は赤くはない愛里の液体が、しっとりとそれを塗らした。

大好きな愛里。今は俺の奥さんだ。
24
2018/05/20 05:42:41 (Iw0JWrAr)
4月より、現在の高校に赴任しております。

昨年度末に決まって、直ぐに学校より家庭科部の顧問の打診がありました。
前顧問が4月より産休になるとのことだったのですが、代わりの顧問が見つからず、私に話しが来たようです。
とはいえ、家庭科で教えられるような知識や技術もないので、最初はお断りしましたが、今の部長の子がしっかりしてるので、実技面は彼女に任せ、事務的なサポートだけならとお受けしました。

新学期が始まる前に、前顧問と部長の麗との3人で顔合わせし、今後の方向性とか話し合いをし、麗には前述の通りな感じになると言うと、快く承諾してくれました。むしろ顧問が居なくなると、廃部になる可能性もあったので、そこは喜んでくれていました。

新年度も始まり、他の新2・3年部員とも顔合わせし、皆で協力してもらって、はじめることになりました。
先ずは新部員確保に向けてどうするか、部活後に麗と打ち合わせ。
いろいろありましたが、私が前の学校の部活でやっていた、芝居風のPRを提案すると、面白そうとなりましたが、他の部員は塾とかでなかなか時間がないということで、麗と一緒に台本作り。

先ずは、基本コンセプトをどうするかとか、決まった時間内で、どう収めるかとか、あれこれ言いながら1週間ほどで大体の内容が決まりました。

この間、麗は私のすぐ横に寄り添っていて、中3にしては、なかなかふくよかな胸とかに少しムラムラしましたが、流石に赴任したての学校で問題になると、後のことが面倒になるので、そこはグッと抑えていました。

しかし、2週間経った週末の金曜日、ちょっと暗い雰囲気で、

私「どうした?なんか、顔色悪いけど。」
麗「ねぇ、先生・・・今日、この後、ちょっといい?」
私「どうした?」
麗「ここでは、ちょっと・・・先生の家、行っちゃだめかな?」

まぁ、私はアパートで独り暮らしなので、別に大丈夫なものの、流石に生徒を入れるというのは躊躇しましたが、切羽詰まった表情で、一応相談だけならということで、一緒に帰りました。

私「親御さん、大丈夫なのか?」
麗「お父さん、居ないから。お母さんも、夜は仕事だし。」
私「そっか・・・で、話は?」

ざっくり言えば、小学校の時に両親が離婚、それから母親は商売(パートから今は飲食店経営)で麗とはあまり一緒に居ませんが、昨年から母親の彼氏らしき男性がちょくちょく来るようになったそうで、次第に、麗の身体を目当てにしてきたようで、こないだも襲われそうになったとのこと。
母親にも言おうと思ったけど、なかなか言えず、先ずは私に相談したかったそうです。
内容は理解したので、とりあえず麗には待ってもらい、私だけ母親の店に。
幸い、他に客が居ない時で、母親と2人きりで聞いた内容を話し、今後このようなことが無いように、母親は彼氏と別れると言いました。
更に、麗が一人でいると、逆上した彼氏から何されるか分からないので、しばらく私のところで預かって欲しいと言われました。
しかしながら、教え子を我が家に泊めるのは気が引けましたし、学校に知れるといけないので、どうしようかと思いましたが、2人には絶対口外しないことを条件に、お受けしました。

翌日に、麗の服とか最低限の物を母親が持ち出し、私と学校からの帰り際に店に受け取りに行き、しばし麗は居候状態に。
夕飯は、麗は母親が仕事が居ないことがほとんどだったために自炊状態だったので、料理はお手のもので、家庭科部の部長にしても、いろいろ上手いと思ってた道理が分かりました。

ロフトは麗に使わせ、私は下のソファーで寝ることに。

1週間過ぎたくらいでしょうか。
寝ていると、なんか妙な感覚があり、目を開けると、麗が私の目の前にいて、胸元に手を置いていました。

私「えっ・・・どうした?」
麗「先生・・・ごめん・・・私のせいで、こんな・・・」

と泣いていました。
世話になり、時間が経つと、いろいろ思うところが出てきたのでしょうか。

私「いいよ・・・気にするな。」

といって、麗を抱き寄せると、私の胸元でしばらく泣いていました。
しかしながら、麗の匂いとかに思わずムラムラしてしまい、少しだけ離して麗の顔を見つめると、イケないことであることを忘れ、本能的にキスをしました。
麗も拒むことは無く、そのまま受け入れていました。
しばらくして、唇を離し、

私「キス、初めて?」
麗「ううん・・・同級生の男子としたことあるけど・・・でも、エッチはまだ・・・」
私「じゃ、・・・いや、いい・・・」

麗は、私がしたいと思ったと察したのか、

麗「先生となら・・・いいよ。」

と言って、また目を閉じました。
私は再びキスをして、前から気になっていた麗の胸をTシャツの上から触りました。
ブラはしておらず、ふくよかで弾力のある胸を揉んでいました。
しばらくして、Tシャツを捲り上げ、乳首を愛撫すると、

麗「あぁ・・・先生・・・気持ちいい・・・これがエッチなの?・・・」
私「そうだよ。一緒に気持ち良くなろうね。」

といって、すっかり大きくなった私のペニスをパンツの上から触らせると、

麗「男の人ってこんな・・・大きくて硬い・・・初めて見たよ・・・」
私「じゃ、いろいろ教えてあげようね。」

と言って、私も麗のパンツの中に手を入れて、アソコを触ります。
経験無いせいか、まだ濡れてるって感じは無く、でも生え揃った陰毛が手に触り、割れ目の感触もハッキリわかります。
クリの辺りを刺激すると、

麗「あっ・・・うぐっ・・・なに?なに・・・?」

と、経験したことない感覚に驚いていました。
しばらく刺激を続けていると、徐々に濡れてきたのが分かります。
更にしばらくすると、

麗「くぅーーー・・・・あっ!」

と言って、急に体が硬直しました。

私「気持ち良かった?」
麗「なんなの・・・?わかんない・・・」
私「これが、イクってことなんだよ。じゃ、次は私のを・・・」

と、私はパンツを脱いで、ペニスを彼女の顔のそばに。

私「ちょっと舐めてごらん。」

というと、舌でちょろちょろ舐める感じで、なんだかくすぐったい感じでしたが、初めてなんで仕方ないかと思い、今度は麗のパンツを脱がし、私は麗のあそこを舐めると、

麗「ひぃーーん・・・」

と、経験したことない感覚ながら、またアソコが濡れてきたので、上に乗って徐々に挿入。

私「しばらく我慢してね・・・これで大人になるから」

というと、軽く頷き、痛さを我慢していました。
すっぽり奥まで入り、

私「痛いか?」
麗「・・・うん・・・でも大丈夫・・・」

そういうので、しばらくゆっくり動かし、私は最後までいきませんでしたが、抜き取ると、シーツに赤い鮮血が付いていました。
ティッシュで拭く取ると、麗を抱きしめ、

私「これで、麗も大人の女性だよ。」
麗「うん・・・うれしい。初めてが先生で良かった。」
私「どうして?」
麗「いろいろ知ってそうだから。安心じゃん。」
私「そっか。最初は痛かったけど、これから気持ち良くなるし。」
麗「うん。楽しみ。」

結局、連休も私のところに泊まって、その間、いろいろ教えると、普通に感じるようになりました。
ただ咥えるだけのフェラも、それなりに上手くなりました。
避妊でゴムも買ってきましたが、麗の興味が強く、1週間で2箱無くなりました。

連休明けに一旦帰りましたが、この週末も打ち合わせと称して、私のとこに来て、生理直前ということで初めての中出しも体験させました。
気持ち良かったそうですが、タイミングを間違えると妊娠するからと告げ、これから彼氏が出来てHの時に注意することとか教えてました。

気を付けとくよ・・・とは言ってましたが、これからもいろいろ教えてと言いつつ、またペニスを咥えていた麗でした。
目覚めさせてしまったようで、ちょっとマズかったかなと・・・(苦笑)

長々となりましたが、ありがとうございました。
※一応、建前上はフィクションですので、ご承知願います。
25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕