ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 ... 200
2018/11/10 19:07:11 (IM6202qq)
私は小学3年生くらいから性に興味を持ち始めて、当時叔母(小4)と叔父(小6)と私(小3)と妹(小2)と母で暮らしていました。
家の間取り的には3LDKで母の部屋私の部屋妹の部屋があってそこに叔母と叔父が泊まっていたんですが、私の部屋の居心地が良かったのか叔母はよく私の部屋で一緒に寝る事があり、叔母を気に入っている妹も付いてきてベッドに私と叔母。床布団に妹が定位置でした。
ある日なんとなく夜寝る前に叔母の胸にぎゅーっと顔を押し付けてみたら頭を撫でられて服の中に頭を突っ込んだりし始めたのが始めの頃の内緒の遊びでした。
でも段々歳を取るにつれ知識が増えていき叔母のお尻にちんこを擦り付けたり素股をセックスだと思い込んでイけないのにやり続けたりと毎日して私が小学校高学年になってから偶々素股してたら叔母に挿入してしまい滅茶苦茶気持ちよかったのに叔母がその日はさせてくれず、日をかけて挑戦してついにセックスを始めました。
それからは妹がすぐそばで寝ていようが気にもせず布団の中でクンニして下手糞な手マンをちょっとしてすぐ挿入するを繰り返し、毎回中出し。ゴムなんて物知りませんでした。。笑
当然叔母は中3になって妊娠が発覚し私は降ろした後で事実を知りましたが相手の男性は皆知らない叔母が言わなかったと言っていて私は怖くなり叔母とは疎遠になりました。

その後は中高から今に至るまでセフレばかり増やし複数プレイもアブノーマルなセックスにも手を出し始めて今に至ると言った感じです。笑

あ、初投稿ですよろしく
6
削除依頼
2018/11/06 20:31:52 (qdTF4q8i)
今年の夏休み、伯母の体に溺れた。

受験対策の予備校通いで東京の伯母が住むマンションにしばらく下宿する事になった。
いとこはもう就職して1人暮らし、伯父は週の半分は仕事で関東各所に出向。
たくさんある伯母と俺との2人きりの時間。
母親の姉だけど…40代後半だけど…人生で最高の夏休みの始まりだった。

伯母は美容には金も時間も結構使ってるらしく、実際の年よりはかなり若く見える。
お尻と胸は平均より大きめだけど太ってるって訳じゃない。
身長も170の俺とほとんど同じくらいでなんか色々大きい人。
何よりも切れ長の目がエロい感じの結構な美人。
うちの母が言うには若い頃から今に至るまでモテ続けの人生らしい。
伯母自身も、去年まで働いてた職場で若い男に何度もデートに誘われたって自慢してた。

仕事を辞めて時間が余った伯母には俺は暇つぶしに丁度良い存在だったらしい。
下宿を始めた頃は受験勉強に集中できるように色々気を使ってくれた。
俺も普段と違う環境の中でも勉強に集中できたのは伯母のおかげだと思ってる。
変わったのは俺の模試の判定を見てから。
結果がかなり良かったので伯父も伯母もとても喜び、褒めてくれた。
学力的に結構余裕があると分かってからは息抜きにデートに行こうと誘われはじめた。
苦手科目を強化する為の予備校だったから毎日朝から夜まで、って訳じゃない。
自分への言い訳だけど、なんとなく息抜きしながらの方が捗る気もした。

成績を落とさないようにしながらも伯母の案内で色々連れて行ってもらった。
部活漬けで女の子とまともにデートした事なんてない俺にとって伯母との時間はとても楽しかった。
そんな中、何度目かのデートでなんとなく自然に手を繋ぎ、腕を組む感じになっていった。
地元じゃない、誰も自分を知らないっていう開放感から伯母にされるがままの俺。
柔らかくて大きな胸の感触が俺の腕に…キスすらした事のない俺にはその刺激はとても強かった。
温かさと柔らかさと良い匂いに頭がクラクラした。
後から聞いた話だと、伯母はからかい半分、残り半分は女に全く慣れてない俺に
免疫をつけてあげようという優しさだったらしい。
偶然を装って恐る恐る肘でおっぱいを押してたのもバレバレだった…。

その日から俺は伯母の事が頭から離れなくなってしまった。
家では駄目だと分かっているのに薄着の伯母をこっそり目で追い続けてしまう。
胸元が開いたシャツから見える谷間やスカートに浮き出る下着の線が気になって仕方ない。
薄手のワンピースを着た伯母は裸でいるのかと思うくらいに体のラインが出ていてつい凝視してしまったり。
欲望に負けて食事時のテーブルの下、膝丈のスカートを履いた伯母のパンツを盗撮してしまったり。
リビングのソファで転寝してる伯母のスカートの肌蹴た足や胸を動画で撮ってオナニーしてしまうほどに。
横向きに寝ている伯母の腕に潰された大きな胸、それを包むブラの端から見えた伯母の乳輪は薄い茶色で大きめだった。
毎日シャワーを出た瞬間の伯母と洗面所で鉢合わせようと落ちる水音を聞きながらウロウロした。
何度もドアノブに手を掛けたけど結局、洗面所の扉を開けるほどの勇気は無かった…。
シャワーは伯母の後に入るようにしていた。
日課のように洗濯機の奥に入れてある下着を取り出して匂ってしまうほどに俺は伯母の体に狂っていた。
それも全てバレバレだったみたいだけど。

必然と偶然の積み重ねの結果、伯母は俺を受け入れてくれた。
長くなるのでここは省略。
いつか書く気になった時にでも。


夏休みも後半に入った頃、俺は伯母のマンコの中に溜まりに溜まった精液を吐出しまくっていた。
朝から晩まで何度も何度も。
朝起きて伯父を仕事に見送った直後、無理やりキスをしながら伯母をベットに引きずり込んで服を剥ぎ取る。
伯母はいつも少しだけ抵抗した。
いつも笑顔だったけど。
嫌がってないのは顔に書いてあったし、何より伯母のマンコはいつも濡れていた。
脱がせた下着の中にある割れ目を指で少し開くだけでヌルヌルとした液体は溢れてきた。
俺のチンポは軽く擦り付けただけで吸い込まれるように入っていく。
ゆっくりと一番深くまで差し込んだ瞬間の満足感と幸福感は、何度しても飽きる事は無いと思えるくらいの快感だった。
伯母のお気に入りは正常位。
一番深くまで入ってくるのが感じられるからっていう理由らしい。
俺の下に穏やかな笑顔でいる裸の伯母の両足を俺の両腕で抱え上げ、いつも盗み見ていた大きな胸を思いっきり揉みまくる。
ひたすら柔らかく大きな胸を揉み、小ぶりな乳首を指先でこね回した。
柔らかくて滑らかな伯母の体の色んな場所を撫で回していく。
俺が伯母の体で触ってないところは無い。
俺のチンポが伯母のマンコの一番奥に届くようにと腰を振り、頭が真っ白になる快感を堪え続けた。
技術的には伯母にとって俺とのセックスは物足りないんだと思う。
でも俺と伯母の体の相性が凄く良いのは間違いないと思う。
初めての相手だから良し悪しなんて分かるはずないのに、不思議とそれは分かった。
伯母にとってもそれは同じらしく、必死に伯母の体に腰を打ち付けるだけのような俺とのセックスでも楽しんでくれていた。
そしていつも俺の我慢の限界を感じ取った時、上から覆いかぶさった俺の背中に腕を廻して両手で抱きしめてくれた。
その綺麗な長い足も俺のお尻に廻し、伯母のマンコの一番奥に俺の精液を出させようとするかのように強く抱き寄せてくれた。
全て吐出し終わるまで、そして出し終えた後の少しの時間、俺は伯母の体に埋もれ溺れ続けた。

伯母は何でも許してくれた。
初めてのキスも、初めてのフェラも、初めてのセックスも全部伯母だった。
唾液まみれになりながらひたすらキスし映画を一本観終わった事もある。
1時間以上、俺が出さないようにチンポを舐められ、しゃぶられ続けた事もある。
この時は舐められ続けて気が狂いそうになっていた限界間近の俺の上にいきなり跨ってきた。
爆発しそうになっている俺のチンポにヌルヌルのマンコを押し当てると一気に腰を下ろした。
一番奥まで入った瞬間の信じられないくらいの快感の中、俺のチンポからものすごい量の精液が吐き出された。
この時が初めて伯母のマンコに中出しした瞬間だった。
伯父に抱かれた後に俺の部屋に来てフェラしてくれた事もある。
シャワーを浴びながらの後ろからのセックスで、嫌がってはいたけどお尻の穴に指を入れさせてくれた事もある。
何をしても俺が一番好きだと言ってくれた。
俺にとって人生で一番幸せだと思える日々だった。

夏休みの終わり、俺は田舎に帰った。
失恋後のような半端無い喪失感と虚脱感だった。
立ち直るのに時間がかかった。
それからは伯母とそれに母とも色々あったがそれはまた書く機会があれば。
7

おじさん・おばさん

投稿者:龍一 ◆dF.2uOrLPs
削除依頼
2018/11/05 20:27:39 (h51.jF2l)
日曜に大学の公開講座に行くと二つ年上の姉瑤子がいた。姉とはここ十数年気まずい関係が続いていた。父が亡くなった後、母と同居する家を建て替えた際に、姉が異を唱えたことで、ぎくしゃくし最近は会ってもあまり話もしていなかった。車で来ていたので姉を乗せて帰る事になった。良い機会だと思い車の中で姉に改めて詫びを入れようとすると姉から話し始めた。
「なんとなく帰る家が無くなっしまう様で、寂しかったの。もう気にしないで。昔みたいに話そうよ」
一時間弱のドライブ中に二人っきりで話すと、お互い誤解もあったことが分かりすっかり昔の姉弟に戻っていった。私が結婚するまでは姉とは仲が良かった。次の週から姉を車で迎えに行き、講座が終わると一緒に昼食を食べ姉を送っていった。
 45歳と47歳のおじさん・おばさんが大学のキャンパスを歩き、昔のヒット曲を流しながらドライブすると二人とも学生時代に戻った気がした。姉と世間話から家族の話までするうちにお互いの夫婦関係にも話が及び姉夫婦がセックスレスなのは察せられた。若いころと殆ど変わらない細い体型と派手さはないが母方の血筋の整った顔は、年相応の品があり魅力的だった。週を追うごとに、姉に女性として魅力を感じている自分に戸惑った。
八回の講座の最終日に帰路につくと姉がボソッと言い出した。「楽しかった 龍一とのドライブも今日で終わりなのね。」
姉も同じ気持ちかと思うと、思うぬことを口にしていた。
「来週もう一回二人でどこか行こうか”特別講義”ということで」
「”特別講義”いいわね。」

次の週姉を同じ時間に迎えに行った。先週までブラウスにジーンズだった姉はロングスカートにニットのアンサンブルで華やいで見えた。
「姉ちゃん義兄さんに何て言って出てきたの?」
「”特別講義”」
「龍一は?」
「そりゃあ”特別講義”」
秘密を共有する者同士で顔を見合わせ笑うと今までになく姉との距離が縮まった気がした。紅葉を見に山の中へ車を走らせた。展望台へ続く長い石段を登っているときに姉に手を差し出すとギュッと握ってきた。他に人がいないことを確かめて、真下に広がる田園風景を眺めている姉の後ろから腰に手をまわした。
「瑤子を一人の女性として好きになった。」
「ありがとう。…私はずーっと前から龍一が好きだよ」
姉の言葉に戸惑っていると、姉は振り返り私の背中に手をまわし体を密着させた。
「龍一が結婚してから春香さんの言いなりになってるようで悔しかったの。昔から有り得ないことだけど龍一と一つになりたいと思ってた。こんなオバさんになったけど…オバさんだから言っちゃう…今日だけでいいから抱いて欲しいと思って今日は来たの。」
微笑んだ姉の眼にうっすらと光るものがあった。唇が重なると貪るように舌を絡め合った。

レースの真っ白なブラとショーツの姉は、私の上に跨ると私の全身を口と手で愛撫していった。姉との初めてのセックスは受け身で姉の愛をひたすら感じ取った。私が歓喜の声を漏らす度、姉は笑みを浮かべ更に愛撫を加えていった。姉は腰を降ろし私と一つになると前に倒れ込み体を重ねた、心が解け合うような姉との一体感に包まれた。二人の動きが自然にシンクロして強烈な快感を共有する禁断の関係が始まった。


8
2018/11/02 11:10:49 (P4OHytCp)
私は今64歳で孫が二人いる男性です。
8歳下の弟がいますが、一昨年この弟の末娘(姪)22歳と関係を持ちました。
スレンダーで身長は高め、顔立ちは彫が深く、ま、美人(?)の方・・・・と言う
より私好みの顔立ち。

就活中だったのですが、弟から相談に乗ったのがきっかけです。 中々内定が
貰えず焦っていたようで、私(営業部長職)の会社(上場企業)に何とかなら
ないか・・・と弟から言って来ました。 
我が社は女子社員は割と縁故採用が多い会社で、第1に身元がしっかりした娘
を採用する傾向にあります。
部長職同志のある槌み会で、人事部長に姪の就職の話をしたところ「◎◎部長
の話じゃ断れませよ、1度会ってみましょう」となって、トントン拍子に話が
進み内定を貰うことができました。
内定を貰ったその夜に、伯父さんにお礼を言うように弟に言われたと言って電
話をしてきました。
「良かったナ、就職決定のお祝いをしよう」。
次の金曜日に逢う約束をして逢うことになりました。
都内の某ホテルで待ち合わせ、最上階のレストランで食事をしてワインで 乾
杯をして、飲みながら仕事の厳しさを教え、姪の私生活状況の話になり二人共
酔ったせいもあり下ネタになり、「伯父さんは女の人はいるの?」「お前はどう
なんだ?」「私は今フリーだよ」とのこと。
酔いにまかせて会話は姪の男遍歴へとなりましたが、これが職場だったら完全
にセクハラの内容、伯父、姪だから聞ける。
「私、初体験は遅かったんだよ・・・初体験は大学2年生の時1年先輩と、前カレ
はバイト先の人・・・・」。「なに?二人も経験しているのか?」「ま、どっちも短期
間なんだけどね」。
たとえ姪でも二人も経験してたこと姪の口から聞くと生々しく感じ、ちょっと
「・・・・・」状態、弟も知らないことだろう。
「男の勉強だったんだナ」「男も色々だね」生意気な口をきいている。
私の乗り継ぎの終電が終わっていたこともあり、ホテルへ泊ることにして家内
に携帯でいつも接待等で遅くなる時の常套手段で泊ることを連絡。
「伯父さんは泊るけどお前はどうする?まだ終電があるだろ」と聞くと、「もっ
と話したいから一緒に泊っていい?」「××(弟の名)になんて言うんだ」「遅
くなったから友達の所へ泊るって言うよ」だと。 弟も甘く育てたみたいだな。
「帰らないって連絡した」とのこと。
フロントへ行き、ツイン部屋を確保して下のコンビニで缶ビ−ル、缶チュ−ハ
イ、つまみを購入してΑ階の部屋へ行きました。
9
2018/10/31 21:03:37 (nsH5lakJ)
お母さんや熟女は興味の対象外でしたが
結論から言えば やってしまいました。
自分は かなり炉系です。
さすがに 実行するのは不味いので
かなり高額でしたが炉のラブドールを買いました。
値段が値段なのでリアルだけど感動するより
買ったことに いつまでも後悔に近いような永遠の
悩みの中に居るような気分です。
ラブドールは 虚しいとか聞きますが
あまりにもリアルなため 行為中は夢中になれます。
ボタンの場合 ドハマりしてる感じですが
高額すぎて それに対して虚しいかも。
1人暮らしで そこそこ稼いでるので 少し無理した買い物でしたが お母さんにバレました。
見えないよう押し入れに片付けても体型もリアルだし
不自然な箱の大きさに 気になったお母さんが
わざわざ押し入れの奥から出したみたいで。
運悪く布団を干すために ついでに見つけたようで。
ラブドールは 正直メチャメチャ気持ちいいです。
ついでに リアルだし非現実的な行いを現実的に出来る錯覚に落ちます。
そんなラブドールを見つかってしまってました。
夕方 帰って初めてラブドールがないことに気付き
まさかと思うけど 無くなってることと見つかったのかと思うことでパニックになり頭の中は真っ白。
見つかった可能性は強大だけど 高額すぎる高額商品が無くなってること自体 信じられない衝撃のあとに親に性癖からラブドールの存在までバレてしまい
あげく 今頃はラブドールで なにをしてるのかまで詮索されてるのかと考えただけで 消えたくなる気分でした。
メモ書き程度に 本物の女の子が居ると思い驚いた。
どうするべきか 考える余裕はないので 持ち帰ることにした・・みたいな内容だけ書いてあり 電話するにも なんて言えばいいかも わからず 呆然。
なぜか 次の日 お母さんが来て 返してくれました。
なにを聞かれても 結局は性癖に対する言い訳を言わせたい以外ないような質問のような攻撃。
はっきり言って 炉のラブドールが実際 目の前にあり なにをしてるのかも 聞かなくても わかるようなことばかり言われて これは なにかの間違いですと言ってほしいのか わかりやすいくらいに これが性癖なんですと 早く認めろと言いたいのか わからないような質問ばかりで 結局 炉が好きで性癖ですと認めました。
なぜか ヒステリックに怒り出され これ どうするの!と言われましたが 買ったモノは僕のだし どうするつもりもないと伝えましたが 次に変態!と言われ 人形と言えども小さい子がモデルになったようなラブドールで 性欲を満たすなんて 犯罪と同じ!みたいな内容で 罵られ 挙げ句 捨てる!となり
僕は お母さん 好きな事言ってる!って怒りに。
こんな奴まともじゃない!って言われてから
プチって切れて どうせ そう思ってるなら
思い知らせてやる!つもりで 平手打ちして
押し倒し まだ その時は お母さんの怒りもピークで反撃してたけど 何回も平手打ちしてるうちに
お母さんの反撃がなくなり 言葉的には謝ってきたけど ラブドールが見つかり それを わざわざ表に さらけ出し 性癖を認めさせてからの罵声に許せなくなり 謝ろうが暴れようが 今まで その事で迷惑かけてこなかったのにって思いが強いから仕返し以外ない。
こんな人形で どんな性癖で なに考えてるわけ?って言われた以上の辱しめを与える以外 自分が救われない気がした。
下半身だけ脱がせてローションだけで
ラブドールの方が絞まりがいいと思うくらい
簡単に入る。上着を首の辺りで裏返しにして顔を包み込むようにして縛り 手も布テープで縛り
お前が代わりになれ!ってなり
グッタリなるまで暴れさせて ジックリ時間かけて
[犯す]って言葉を頭に浮かべながら やった。
なにこれ?ラブドール以下じゃん?
偉そうに言いやがって!って思える。
結構 大人しくなってるし 上着を取って顔を見てみたら 謝るばっかり。
こっちは 必要なく晒されたわけだし
射精するまで やめるつもりない!って。
熟年のは めくれあがって 気持ち悪い。
クリトリス舐めただけで 反応しやがって。
腰をクネクネしながら ゆっくりゆっくり
奥の奥まで腰を押し付けるように入れていくと
嫌がってたくせに反応してる。
乳首も痛いくらい摘まんでから優しく舐めただけで
痛みから快感に変わるのか?
お前だって変態じゃんかよ?
クリトリスを擦るよう意識した正上位で
息が止まってアワアワしたくせに。
自分の息子で感じてるくせに。
お母さんからすれば 信じられないくらいの
長い時間セックスしたと思う。
ラブドールに比べれば なにも感じないセックス。
長持ちすると わかるくらい絞まりがない。
奥の奥とクリトリスで感じてる? 見ていて笑う。
多分 2分くらいだろけど 全力で激しく出し入れ。
イヤイヤって なにがイヤなんだ?
後ろからする時 自分でもクリトリスを刺激してたクセに。
中で出すかも!って言っても ダメと言わなかったのは 生理がないからだけじゃないはず。
射精した後 絞るように膣をピクピク動かして。
ラブドールで 楽しんでる方がマシだろ。




10
1 2 3 4 5 6 7 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットID PREMIUM 初回300円のお得なキャンペーン!【70%OFF】