ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
2017/01/06 14:08:24 (.SzEG6oI)
事実は小説より記なりを地でいく体験です…
(そもそも苦労してそんな体験記を投稿する義務はないわけですしね)
一番迷ったのは、どのコーナーに投稿するべきか?
それだけバラエティーにとんでいるという訳ですが、興味の湧いた方はしばしお付き合いを…
長い年月に渡っての事なので、あまり長文にならないように端折るべきとこはポンポン端折ります。
拡張や嘘は一切排除し正直には書きたいとは思っています。

中1の夏休みの事でした…
ひたすら性に餓えていたこの時期。休みの日でも射精したくて目が覚める、それくらいの性欲をもて余していました…
(とはいっても、すでに初体験は同じマンションに住む、幼馴染みの娘の母親ですませていた)
新しいオナニーのネタをコンビニに調達した帰り(この頃は未成年でも平気で買えた)、自分のマンションから出てくる女性がいました。
年の頃はいってても30代前半?…遠目でもスタイルの良さはすぐにわかりましたが、すれ違い様に眺めるとまた凄い!最初はタンクトップかと思っていた上半身は、なんとレオタードなんです!それに下はマラソンランナーが履くような短パンですか…とにかくフィット感が凄まじく、振り向いてお尻もチェックしたほどでした。今、吟味して買ったエロ本がゴミのように感じました…(笑)
当然、部屋に戻っておかずにしました…

そのレオタードの女性、越してきたばかりのせいもあったでしょうが、謎の多い人でした…ちらほら入ってくる噂では、結婚はしてるが、夫は海外赴任だとか、子供はいなく一人暮らしだとか、せいぜいその程度…
あの衝撃的なカッコにすっかり虜になっていた私は、毎日のように彼女で射精しました。
いつかはあの女性を裸にしたい!
それが最大目標になっていたのです…

最初は挨拶…そして世間話…そして…
ついに部屋に招かれたのは、最初に目撃してから二週間後くらいでしょうか…ウォーキングを日課にしている女性と階段で一緒になった時です(一概に偶然とは言えませんw)
部屋を見ると暮らしに困っている人ではないのがすぐにわかりました。
彼女は私に飲み物を出してくれると、先にシャワーだけ浴びさせてね…そう言って、例の短パンをその場で脱ぎました!!
嘘っ、!あまりにあっさりこっちの熱望するものを見せてくれるので驚きましたが、レオタードがティバックになっているのにはもっと驚いた!なんて引き締まった綺麗なヒップライン!
逆に胸はかなりのボリュームがあり、今でいうスレンダーボインの走りみたいなもんだったんじゃないかと思います。
私の視線は当選釘付けです。もうそういう目で見ているのは、最初から向こうはわかっていたでしょうから、若者の特権とばかり、ひらきなおってガン見しました…
この手の大胆な女性にはむしろそのくらいの方がいい。それくらいは大人になりかけの私にもわかっていましたし、実際、それは正解でした…
結局、初訪問のその日に、簡単に一線を越えました…

見かけから想像していたとおり、ものすごくタフな女性でした…
思春期の猛烈な欲求すらも上回るほど、その女性の情欲は凄かった!
同じ人妻でも、子供がいる女性はどこか母の面が垣間見得たりしますが、この女性は完全に〈女〉でした…
私は女の方が本当は貪欲なのだと、この女性とセックスするたびに思うようになりました…

なにしろ二人とも時間だけはある…
会えばセックス!セックス!セックス!
人間はつくづく動物なんだなあ…そういう実感はいつもありました。

また部屋の中だけではなく、野外でのセックスも定番になりました…
特に好んだのは雨の日。
天然のシャワーが浴びれるからというのが彼女の言い分でした…それと近場の海にも行きました。海水浴場ではない海です。ある程度の深さにまで入ると、決まって水着を取って裸になり海中でセックスしました…
そんな風にして、私達の刺激を求め会う日々は、ドンドン過激になっていくのです。

元々、避妊はしてなかったので彼女はすぐに妊娠しました…
心配しなくていい…大人の女性の彼女がそう言うので、私は心配しませんでした。何事もなかったように、普段通り彼女とセックスに耽っていました…彼女自身のいやらしさにも拍車がかかっていたのは間違いありません。中○生の子供を身籠った事実を、逆に快楽に変えるエロさを彼女はもっていましたから…

でも、そんなある日。
プツっと関係が途絶えました…
彼女が突然引っ越してしまうのです。

何日か後、匿名で手紙が届きました…
今までのお礼やら何やらが書いてありました…
そして、追伸として、連絡先が変わる時は連絡してね、と、彼女の連絡先が書いてありました…

寂しくなかったと言えば嘘になりますが、物足りなさ…これがこの当時の私の心情を一番表す言葉ではないかと思います。
まだまだたくさんの女性と関係したいという気持ちは、彼女がいた時にも抱いていましたし、実際、隠れて他に会ってる女性も生意気にいました。ですから、悲観にくれる時間も自らの性欲はくれないのですw

彼女の事は徐々に過去の出来事の1つとして風化していきます…
ただ、最高のアバンチュールを与えてくれた彼女には感謝はしてました。

でも、今でも彼女の事を振り返って考えると、いまいち正体がよくわからないんですね…二人ともセックスに夢中すぎたせいもあったのだと思いますが、あんまり生活感みたいなものを感じない人でした…
妙にミステリアスな印象なのは、ついに最初から最後まで変わりませんでしたね…

レスの方で続きます…
16
2017/01/05 10:39:26 (d62wVPZv)
私、37歳シングル、詳しい事情は省きます。

幼い頃から入浴が共にしてあげ、私の裸は隠さず
小学校の6年までは一緒でしたが、息子がいやがり
別々の入浴となり、私はそのまま共に入り続けて
もいいとは思い、それで裸を隠さずにいたのです。

私は普段から入浴後、タオルは巻かず前を軽く
押さえる程度で、裸で出ていくと暖房が効いた
居間に入るのですが、息子が当然私の裸を見て
いるのも知り、私は息子の方に体を向かせ、
決まって何も着けず、ノーパン・ノーブラで
す。ヘアーはエステ通いで薄く、エステシャン
の方のマッサージとヘアーの手入れもお願いし
てあり、少しだけしかヘアーはありません。

「ここにきて」
裸でベッドにいた私は、布団を少し捲り上げ
息子を入れてあげてました。
「吸って」
乳首を含ませて吸わせ、まるで乳児のように
吸い付き、左右を吸わせてあげた後、息子を
仰向けに寝かせ、息子の顔を跨いでました。
「舐めて・・・ゆっくりね・・あっ・・・
そうよ上手・・・いっぱい舐めていいのよ・・・
愛液は吸っていいのよ・・・・お母さんの○○○
○よあなたにあげるから好きなだけ舐めたり、
吸ったりしていいのよ」
息子が夢中で吸い付き舐め上げ、気持ちよく
久しぶりの快感に痺れるような
「あー気持ちいいわ上手よ」
そして上になった私は息子のソレを、今度は口
に咥え、硬く早く入れて欲しく、騎乗位でした。
息子の両手を胸にあて揉ませ、後ろから教え
迎えいれ、座位で跨ぎオッパイを吸わせ、最後
に正常位を教え、激しく突き上げさせ、
「あーすごいわー・・・きて出してー」
熱い衝撃を子宮に感じて息子にしがみつき
一つに結ばれた状態で、挿入させたまま強く
しはみつき抱き合い、キスで舌を入れ吸い合い
大晦日の夜は幾度も挑ませ、絶頂に押し上げ
られ、裸で元旦の朝を迎え、また求め合い
初詣出もいかずベッドで愛し合いに燃え上がっ
てしまってました。
 左右のオッパイがキスマークだらけにされて
乳首が痛い位に強く吸い付かれてました。
今朝も登校前にオッパイを吸われ、元気に登校
していきました。
17
2017/01/04 04:51:40 (KipiAZn9)
いきさつはここの未遂に書いてます。

部屋の灯りをリモコンで点けると、母は両手で顔を隠します。
俺の知ってるワレメじゃないです。俺の知ってるのは....スジだったもん。
目の前のは、玲子のマンコ。
ヘアーは、オカンをの方が濃い?
鶏冠のように立ってる....ワレメの周りも、お尻にも生えてるもん。
僕はバイブを入れながらオメコのまわりを舐めて、クリに吸い付き舌で転がしだすと母は腰を浮かせて
「気持ちイイの」「イクゥ」って叫びました。
ほんと夢中だった。
バイブを入れながら乳首に吸い付き母は僕の顔を両手で持ってキスをしてきました。
そして僕のチンポを握ってきて、耳元で「これが欲しいの 、お願い」って言ってきたのでバイブを抜き、チンポを突き立て一気に挿入すると、母は狂ったように喘ぎ僕の背中に爪をたてしがみついてきました。
僕も興奮していたせいかすぐに出そうになり、母に言うと「このまま中にちょうだい、いっぱいちょうだい」って言って僕を離しませんでした。
僕も我慢の限界がきて母の中で果ててしまいチンポを抜くとドロッっとした精子が流れ出てきました。
母は小刻みに震えていて乳首を指で刺激してやるともう駄目よ感じすぎて動けないのって言って背中を向けました。



18
2017/01/01 07:04:41 (ePwgIltb)
今年大学に入って一人生活している娘の真紀が帰ってきました。
家内は10年前に亡くなっており、それからは私が一人で娘を育ててきました。
とは言っても当時の娘は8歳、なんでも私に聞きながら少しづつ家事をするようになり、中学に入るころには私が世話をされていました。
朝ご飯から夜ごはん、洗濯や掃除(平日は適当でお休みの日に徹底的に)をこなしてくれていた。
しかし妻が亡くなって一番困ったのは娘の女としての生理でした。
「お父さん、買いたい物があるの。お金頂戴。」
と初めて言われたときは怒ってしまった。
「何を買いたいんだ。」と何度も聞いても言わないから「だったらあげられない。」と言って怒ったら小さな声で生理用品と答えた。
そんなことも私は分からなかった。
そんな娘が芸術大学へ行きたいと言い出し、希望の大学は家から通えるところではなかった。
迷ったが「私もアルバイトをするからいかせて」と言われたときにはいつかは出ていくんだと思い行かせることにした。
今年の春に無事大学に合格し一人暮らししている娘が26日に帰ってきました。
「どうだ、勉強の方は、、」と聞くと、「ちゃんとやっているよ。」とそっけなく言っている。
しかし、久しぶりに見る娘はだんだん亡くなった妻に似てきてきれいになっていた。
彼氏でも出来たのか、そう思いながら日が経ち娘の洗濯物を何気なく見ると下着が派手になっているように思った。
私が結婚したころの妻の下着とは違い、最近に子はこんなの下着を着けるのかと思うと時代を感じた。
しかし、そんな娘が29日初めて「お父さん、一緒に寝よう。」と言って私の寝室へやってきた。
「なにバカなこと言っているんだ。」
そう言ったが娘はもうパジャマ姿になっていて笑いながらさっさとベッドの入っていった。
「もう出て自分の部屋で寝なさい。」と言っても聞く様子はなかったので娘の隣で横になった。
娘とは小学2年まで一緒にお風呂に入っていたがそれからの娘は知らなかった。
二人で天井を見ながらいろいろ話したが娘はいつのまにか私の肩に顔を付けて眠っていた。
困ったには私の息子の方だった。
私の意思とは関係なく娘の隣で大きくなって来るのだった。
娘には絶対気付かれてはいけないと思いながらなんとか寝ることが出来た。

娘は知らないが5年前に再婚を勧められ一人の女性と付き合ったことがあっと。
再婚までは至らなかったがその時女性と2度ほどエッチしたことがあったがそれから女性を抱いたことがなかった。

そして30日も31日も娘はやってきた。
(寝るのはいいが私も男、股間の物が大きくなって困るんだ。)そう思っていたが夕べの娘は違っていた。
いろいろ話をして私の方を向いて私の肩に頭を付けるとそっと私の股間へ手を差し出してきた。
「真紀、そこは、、」
「お父さん、私が横で寝ているとここが大きくなって困っているんでしょ。」
「お前、どうして」
「私だってもう19歳1回や2回経験があるわ。」
「えっ、2回もあるのか。」
「ごめん、本当はもっとあるけど、、」
「その彼氏っていい男か。」
「うん、いい男。お父さんに似て。」
「結婚はするのか。」
「そんなことわからないわ。お父さんだって5年くらい前に付き合っていたんでしょ。」
「真紀、それ、、」
「私が知らないとでも思ってた。」
そう言うと娘はパンツの中に手を入れて直接私のペニスを握って扱いていた。


19
2016/12/29 13:00:12 (NiCLTJcE)
母子相姦暖暖暖母子強姦暖暖
その言葉を聞くだけで興奮してしまう暖暖暖
そんな人は多いだろう。
特にこのサイトを観ている人達はそうではないか?
母親とのセックスを願う男達暖暖
または経験者がこのサイトを読んでいるんではないか?

俺もそうだからだ。
俺も数年前から母子相姦を夢いた一人だった。
その頃にこのサイトを知って毎日の様に観ていた。
そしていつかは俺も経験したい暖暖暖
そう強く思う様になっていったんだ。

母親とのセックス暖暖暖暖
それが禁断で普通では無い事は誰でも知っている。
現実にそんな事は有り得ないとも考えてしまうだろう。
世の中に母親とのセックスを妄想する男は多いと思う。
しかし大半は妄想だけで終わってしまっているのではないか?
そんな母子相姦予備軍が大半なのではないか?

そこへの入口は色々とあるだろう。
母親の裸を見たり、両親のセックスを見てしまったり暖暖暖
ましてや美人のの母親だったら余計では無いのか?
それは母親を女として見てしまう暖暖そこが入口では無いのか?

ただこれだけは言いたい。
予備軍で終わってしまったら勿体ないって事だ。
母子相姦は普通のセックスとは明らかに違う。
どんなに経験が豊富な男でもだ。
母親とのセックスは異次元のセックスなのだ。
最高の快感と快楽を与えてくれるのだ。
母親が美人でスタイルも良ければ尚更だろう。
もう夢中になり蟻地獄の様に抜け出せ無くなってしまうのだ。
他の女では絶対に体験出来ない快楽のセックス暖暖暖暖
それが母親とのセックスなのだから暖暖暖

余談が長すぎて申し訳ない。
しかしその魔力を知ってほしかったのだ。

本題に入りたい。
俺が母親とのセックスを妄想したのは3年くらい前だった。
きっかけはただ単純に母親が美しかっただけだった。
俺の母親は今44歳になる。
顔も綺麗で色気もたっぷりとある。
スタイルも良くて美熟体なのが想像出来る程だった。
家業が時計店と客商売の為に身なりはいつも綺麗にしていた。
髪や化粧をいつも整えていたのだ。
つまりは「女」をいつも全面に出していたのだ。

今年の夏に俺は念願の母子相姦を実行した。
ずっと機会がなくて時間がたってしまった。
それには理由があった。
自宅は3階建てで1階で時計店を営んでいる。
父親も一緒に居る事が多かったのだ。

その日は数年ぶりの商店街の旅行の日だった。
父親が居ない母親と2人だけの夜がやっと実現した日だった。
俺はそれを知った1ヶ月前から母子相姦ばかり考えていた。
色々な妄想を繰り返しては母親とのセックスを考えていた。

当日は朝早くに父親は旅行に行った。
店は休みだから時間は十分にあった。
しかし俺は朝から母親を犯す計画を考えていた。
美熟体であると思う肉体を存分に味わってみたかったのだ。

朝食が済んだ後だった。
俺は自室でオナニーを2度もした。
早漏では無いが念のために行っておいた。
このサイトでも最高の快感と良く書いてある為だった。
すぐに射精感が来ては楽しめないと思った為だ。

決意を固めて部屋を出ると母親は和室の掃除中だった。
短パンで見える白く綺麗な生脚に鼓動はすぐに大きくなっていった。
白いシャツだったが背中にはブラジャーの線が無かった。
(ノーブラなのか?暖暖暖)
すぐに体全体が熱くなり勃起もしていた。

俺は母の後ろから抱き着くと押し倒した。
驚いて大きな声を出す母親の口を手で抑えた。
母親からの抵抗は予想していた。
商店街のほぼ真ん中に家はある。
大きな声を出されては近所に聞こえてしまう暖暖暖
俺は用意したガムテープで母親の口を二重にふさいだ。

母親は声が出せずに呻き声を出していた。
そんな母親の両手もガムテープで巻いた。
バンザイの体制で母親は全身を揺らしていた。

俺は母親の上に重なりながらシャツを上に捲った。
目の前には小粒だが綺麗な乳房が見えた。
揉んでみるととても柔くて一気に欲情していった。

乳首を舐めながら激しく揉んでいった。
すぐに乳首は固くなり大きくなった。
歯で噛んでみると母親は一瞬動きが止めた。

レスに続く暖暖暖暖




20
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕