ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200

無題

投稿者:カイ ◆uxgD2i8GJs
削除依頼
2018/02/03 02:22:42 (I9G3u1pp)
だいぶ幼い日の記憶だけど、昼寝の際、母が胸を触らせながら寝かし付けてくれたのを今でも何となく覚えてる。それに加えて、俺は母子家庭だったから、銭湯に行くと幼稚園くらいまでは母と女風呂に入っていた。そんな幼少時代を経験したせいか、女の好みも落ち着いた歳上の方が好みだし、体型も少しムチムチの方が好きだ。

俺の実家は3LDKの市営住宅で、祖母は俺が生まれる前に他界、小4の時に祖父が脳梗塞で亡くなってからは母と二人暮らし。6畳の和室に布団を並べて寝ていた。ガキの頃、冬の寒い時季には、よく母の布団に潜り込んでいたものだ。母が熟睡しているのを恐る恐る確かめながら、こっそり胸を触っていたことも今となっては全てが成るべくして成った…と言えるのかもしれない。

俺が中学2年の頃、一丁前にオナニーを覚えて、母がいないタイミングを見計らっては、隠していたエロ本を観ながら毎日サルのように抜いていた。流石に中学にもなって母と同じ布団では寝られないので、胸を触るチャンスはほぼ無くなっていたが、その頃はまだ女の胸を揉む感触といえば当然母の胸以外知るよしもなく、チャンスがあれば……と毎晩のように企んでいた。

俺が高校に入った頃母は仕事の疲れのせいか、寝つきが悪く、軽い頭痛にも悩まされていた為、医者から軽めの睡眠改善薬を貰うようになった。まぁ……お察しの通り俺は母が眠剤を飲んで熟睡する日は毎回夜中に母の胸を好き放題していたわけだ。

最初は恐る恐るパジャマのボタンを外し、そっと揉む程度だったが、意外に起きないのことを覚えると日に日にエスカレート。乳首をクリクリと弄り始め、舐めたり吸ったり噛んでみたり(笑)。ついには歯止めが効かなくなって、母の胸をおかずにチンポを扱き、そのまま胸にザーメンをかけるのも当たり前になった。
16
2018/02/01 15:17:55 (5IK8C790)
31歳の会社員で独身です。
母は現在53歳。母子家庭で育ちました。
小学校の3年の時に離婚して以来です。

昔の話をします。
僕が小6の頃のある夜の話です。
母がオナニーをしているのを目撃しました。
その日から毎晩、母のオナニーを覗いて自分で扱いていました。
本当に毎日で僕も毎晩、母のオナニーをおかずにセンズリに励んでいました。
中学2年の時まで続きました。

ある日、その日の母のオナニーが余りにも激しく射精の瞬間、声が出てしまいました。
ばれました。
母が扉を開けました。
僕は叱られると覚悟しました。
ですが母は射精した僕のチンポを握りました。
そして「いつも見てたの?」と言って扱き始めました。
母の手で射精しました。

母の胸元に精液が飛び散りました。
母は手でかき集め口に含みました。
そして「ふふふ・・・おいしぃ」と言って微笑みました。
続けて「綺麗にしなきゃね」と言って咥えてくれました。

三度目だと言うのに、考えられない気持ちよさから再び勃起してそのまま母の口中に射精しました。

その日から毎日母が抜いてくれるようになりました。
母はしゃぶりながらオナニーをしていました。
2か月ぐらいが過ぎた頃に僕は母に言いました。
「セックスさせて」と。
すると母は「ダメ。これはちゃんとした人としなさい」と言って断られました。
僕は「せめてアソコ見せてよ」と言うと仕方がないと言わんばかりに「はいはい。見るだけよ」と言って69の体勢になってくれました。
僕は我慢できずに母のアソコを舐めました。
「もう!見るだけって言ったのに〜」と言って受け入れてくれました。

それからは毎日お互いに舐め合うのが日課になりました。


大学受験の時期にも机の下でしゃぶってくれたりして励ましてくれました。
僕は母にあることをお願いしました。
「しゃぶってくれるのもいいんだけど、オナニー見せてよ」と言いました。
母は「いいよ」と言って僕のベットでオナニーを始めました。
僕は母をおかずにセンズリをして母に精液を掛けました。
その日から勉強の休憩時間として母のオナニーショーが始まりました。

大学に合格した僕は母に合格祝いとしてセックスを求めました。
すると母は「いいよ」と言ってその場で全裸になってくれました。
そしていつものように舐め合って母と結ばれました。

その日から毎日するようになりました。
その関係は今でも続いています。

結婚する気はありません。
風俗にも行ったことがありません。
と、言うか・・・母以外の女性をしりません。

母が死ぬまで母に抜いてもらおうと思っています。
17

予想外

投稿者:ととろ ◆Mf1nWfjAb6
削除依頼
2018/02/01 12:34:34 (.k8a93YK)
母との経験を書きます。

母は46歳、僕は21歳。年齢=彼女いない歴の童貞でした。

母は絵にかいたような教育ママで、僕は幼いころから今に至るまで
母には頭が上がりません。

僕は顔もいまいちだし、勉強もスポーツも人並み以下。このまま一生童貞なんだろうなあ、
という悩みは常にありました。

性欲については風俗に行く勇気もなく、自己処理で解消するしかなかったのですが、ある日
〇〇書店というアダルトグッズを大量に販売している店の存在を知りました。
勇気を出して、人目につかない時間帯にその店に行きました。

そこは夢にまで見た女の裸、SEXをしている映像など天国のような場所でした。
アルバイトはしていたので、お金は多少ありました。
僕はDVD,雑誌,オナホールを大人買いし、レジに向かいました。

するとそこには「どんな女でもスグにやりたくなる!」というキャッチコピーのいわゆる媚薬が置いてありました。
全く信じることはできなかったし、使う相手もいるはずのない僕ですが、なぜかそれも一緒に購入してしまいました。

その夜は大変満足のいく夜となりました。

事件があった日はその2日後でした。

その日は日曜日でしたが、父は仕事でいませんでした。
前日夜もそのグッズで満喫したにもかかわらず、僕はその日も朝から自分の部屋に籠ろうとと近くのコンビニでいろいろ
買い出しをして、家に帰ってきたときのことです。

自分の部屋に向かおうとしたとき、母に呼び止められました。

「ちょっとそこに座って。」

母の顔は明らかに怒っていました。その理由は母の目の前にある見覚えのあるビニール袋を見て、すぐに悟ることができました。

本当にビビりました。怖かったです。

「これは何?」

僕は母とテーブルをはさんで向かいに座り、うつむいたまま何も言えませんでした。

母は怒るといっても怒鳴ったり手が出るようなタイプではありません。
ねちねちとイヤミを言うタイプです。

内心では「自分も20歳をこえた健康な男なんだからこれぐらい普通だろう。
いちいち説教するようなことかな?」なんて思ってましたが、
黙って母のイヤミを聞く以外に術はありませんでした。

そして問題のものに話が触れました。

「これは何なの?」

封を開けずにそのままにしていたため、その存在を忘れていたため、ビクッとしました。
本当に深い意味もなく興味本位で買ったものなのでなんと答えるべきかさっぱり思いつきませんでした。

ここからは心なしか母の口調が和らいだように感じました。

「彼女いるの?」
「そんなのいない」

なぜか正直に答えてしまいました。

母は僕が何か性犯罪に使うんじゃないかと心配したようです。
僕にはそんな勇気さらさらなかったのですが・・・。

ただここは母に余計な心配をかけたことに素直に反省しました。

母はよほど心配だったのでしょう。誰にどういう目的で使うつもりだったのか、しつこく
問いただしてきました。
ただ僕も使う相手がいない、ということがつまらないプライドからどうしても言えず、
しばらく黙るしかありませんでした。

それでも母は涙目になりながら、怒るような感じではなく本当に心配してくれてるように
問いただしてきました。

あまりにも母がしつこいので、ここで僕は自分でも思いもよらぬことを口走ってしまいました。

「もう一度聞くわよ。これは誰に使うつもりだったの?」
「・・・・・・お母さん。」

「・・・・・・えっ!」

「ななな・・何言ってんの?え〜〜〜・・・。」


母はパニックになっているようでした。
母とSEXをしたいなんて考えたこともない・・・、訳ではありませんでした。母は特別美人ではありませんでしたが、
女に全く縁のなかった僕にとっては十分ストライクゾーンです。実際母のパンティを使ってオナニーしたこともあります。
ただ、ありえないことだと思ってました。

その時は母とできるかも?という期待は全くありませんでした。
ただこの場をごまかすことに必死でした。

「僕、お母さんがすきだったんだ!」
「僕が彼女をつくらないのはお母さんのことがすきだったからなんだ。」
「ずっとお母さんとしたい、と思ってたんだ。でもどうしていいかわからなくって・・・。」
僕は土下座までしました。

「お母さん、ごめんなさい!」
僕はこの時初めて謝罪の言葉を口にしました。
顔を床にこすりつけて。


しばらくそうしてましたが、母は何も言いませんでした。
僕が顔をあげると母は僕を見ていませんでした。
母の視線はその媚薬の入った箱にありました。

僕は黙って母を見ていました。
そして母はちらっと僕を見た後、僕をそのままにして席を立ちました。

母はすぐ戻ってきました。コップに水をくんで・・・。

なんと母はその箱を開けたのです。
母は箱の中にあった説明書きをしばらく読んだあと、
パキッとその錠剤を開け、それを何錠か口に含み、水を飲みました。

もうびっくりです。僕は動けず母の行動を見るしかできませんでした。

母は僕を見ず、その場で座ったままです。

5分くらいたったでしょうか?
「なんか眠くなってきちゃった。」

母は僕を見ないまま再び席を立ち、部屋を出ていきました。

僕は思いもよらぬ展開にどうしていいかわかりませんでした。
でもこのままでいる訳にもいかず、母を追いかけました。

母は寝室にいました。
ベットで眠っています。

「お母さん。」

母を呼びましたが、返事はありません。

母に近づきました。
母は頭まで布団をかけ、僕に背中を向けた状態で動きません。
母をゆすって起こそうとしました。

「お母さん。」

母は反応がありません。

僕は布団をめくりました。


なんと母は全裸でした。
下着もつけてません。

情けない話、この直前まで僕は母はまだ怒っていると思ってました。
ここで初めて母が僕を許してくれた、と気づきました。

僕は布団をはぎ取り、母を仰向けにしました。

母の反応はありません。

僕が大人になってから初めてみる女の裸。僕にとっては十分魅力的でした。

母のおっぱいにむしゃぶりつきました。
母は無反応でした。

意外な反応にとまどいましたが、構わず母のおっぱいを堪能した後、僕の手は
母の下半身に向かいました。

びっくりです。

母のそこはぐっしょり濡れてました。それは布団までも濡らし、まるでおねしょを
してしまったようでした。
手を離すと僕の手もぐっしょりで糸をひくほどでした。

「薬ってこんなに早く効くものなの?」
そんな疑問もありつつ、僕は自分のズボンとパンツをおろし、すでに大きくなった自分のものを取り出しました。

でもここでも情けない話、僕は母の許可もなくこれ以上進むことをためらいました。
「お母さん、お母さん。」

僕は母を起こそうと母をゆすりました。

なかなか起きてくれませんでしたが、僕があまりにもしつこかったのか、母は目を開けると
キッと僕を睨みました。

僕はビクッとなりましたが、その瞬間母の手は僕の大きくなったものをギュッと握りました。
そして上下に動かすと母のヒヤッとした手の感触にうっとりとしていました。

すると母は怒ったように

「はやく入れてっ!」と。

僕は慌てて自分のものを母の中に入れようとしました。
もたもたしていると母はまた僕のそれを握り、

そしてもう待ちきれない、といわんばかりの母のそこにあてがい、
母は腰を僕に突き出すように僕のものを向かい入れてくれました。

僕のものは母の中にずぶずぶっと完全に埋まり、

「動いてっ!」

母は叫び、僕は母に言われるまま、腰を動かしました。

するとそれまでの無反応が嘘だったかのように母は

「ああああああ!」

と大きな声で僕の腕にぎゅっとしがみつき、母自らも腰を動かしました。

僕はあっさり母の中で果てました。




思わぬ形で僕の童貞は母にもらってもらいました。
実は今でもこの関係は続いています。

僕は母と二人っきりになり、母としたくなるとこの薬を母に渡します。
「また〜〜。」
と言いつつも母に拒まれたことは今までありません。

「今日もするの?」
母から聞かれることもあります。

母は以前より明らかに優しくなったし、ボディタッチも増えました。

薬はもういらないかなあ、とは思いますが、きっかけとしてまだストックを
おいてます。


















18
2018/02/01 11:54:23 (OHaKe.Ep)
皆さんみたいに行為まではしてませんが書いてみようと思います。
私は3姉妹の末っ子という事もあり、特に父からは溺愛されていたと感じています。
昔ながらの家に住んで居たので、小さい頃は布団を並べて皆で寝ていて、姉妹の布団に順番に父がふざけて入ってきたりしてきて、少し大きくなってくると姉達は「もぉ、お父さん止めてよ〜」ってじゃれ合ったりしてました。私もくすぐりあいっこをして「くすぐったい〜」って最初はこんな感じでした。

ある時父が私の布団に入ってきました。まだ6才位です。暖かくて、安心していました。その時の私はそういう変な事をされるとは思ってなかったので、単純に嬉しい気持ちだったと思います。後ろからぎゅっとされて足の間に父の足を挟む感じにされました。何となく寝ぼけてる私は頭でぼんやりと分かって居ても「なんだろう?」って感じだったと思います。
その瞬間後ろから父の手がパンツの中に入ってきました。まだ知識とかない私でも嫌な気持ちはあり、父の手を掴んで足を動かしましたが、抵抗するとより、父の力が強くて、クリトリスを何度も弄られました。その時は気持ちいって感覚は全然無くて、父の凄い力にただ、ただびっくりしてました。
その行為が何度か続いたある時、たまたま父と私だけ家にいました。「トイレに行きたい」と言った私をここでしなさいって布団に寝かせられて、パンツだけ脱いで父にクリトリスを弄られてしまい、「やだ、お父さんやだ、」って言っても止めて貰えず、漏らしてしまいました。私は凄く恥ずかしくて、おねしょは卒業していたのに6、7才でしてしまい、恥ずかしくて泣いてしまいました。そうすると父が「◯◯ちゃん、泣く事ないでしょ?着替えようね」って額にキスをされて、上の服を脱がされました。小さいながらに恥ずかしくて身体をぎゅってしてると、「お風呂がまだ沸かないから綺麗にしようね」って顔から順番に舐められました。時々、父が股間を私の身体にスリスリ擦り付けていたのは今でも覚えています。胸もあそこも舐められてやだって抵抗すると「大丈夫」って口の中に父が舌を絡めてくるのです。大丈夫って言葉と舐められ続けられて私の身体は麻痺していました。

19
2018/01/30 17:20:12 (/GDiYiUX)
日曜日、いつも仕事なのですが雪で出勤できない同僚の代わりに休日返上していたので、珍しく休みでした。
用事もないので一日寝て過ごすことに。
両親も出かけた様子でした。
我が家は両親と私、19才の弟と41才の父の妹と暮らしています。
叔母はとにかく根暗です。無駄に胸だけ大きい。
両親が出かけた後、叔母と弟が二階に上がって来ました。
叔母が
「何時に帰ってくるかわからないから一回だけだよ!」
弟が
「大丈夫!当分帰ってこないよ!」
そんな会話をしながら叔母の部屋に、ドアの閉まる音の後少しして
「あっあ〜ん…そこもっと…」
みたいな叔母の喘ぎ声が聞こえました。
ビックリしたけど、息を殺しずっと聞いていました。
そっとベランダをつたわり叔母の部屋を覗くと二人は全裸でした。
なんか怖くなり部屋に戻り布団をかぶり寝ていました。
その夜、私がいたことに気付いた叔母と弟は焦っていましたが、ずっと寝ていたとごまかしました。
私はどうすれば良いでしょうか?
20
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕