ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
2018/06/12 18:11:07 (UGI7WRId)
部屋に行ってみると母はテレビを見てた。
オレが話し掛けようとすると母の方から
「あんた、私のこと好きだと言ってたけど冗談よね?」と聞いてきた。
「いや、本気だよ」と答えると、ちょっと考えて
「私みたいなおばさんのどこがいいの?」と母。
「顔もかわいいし、カラダもエッチだしぃ」とオレが答えると母は苦笑いしてた。
そして、「エッチがしたいの?それとも付き合いたいの?」と聞いてきたので
「両方!」と答えるとまた苦笑い。
暫く考えて「ちゃんと若い彼女つくりなさいよ、
それまでの間、たまーになら彼女になってあげる」と母は言った。
オレは喜んで「分かった!」と答え、母を後から抱きしめた。
母は「ほんとに、たまーによ」と念を押してきたが、オレはもう胸を揉んでた。
母は後ろを振り返り「ほんとに分かってるの?」と聞いてきたが、
オレはすかさず厚目なクチビルを吸いにゆく。
それでも母は何か言いかけたが、オレが舌を入れると、母もそれに応えて舌を絡ませてきた。
ヌルヌル酸っぱく匂う唾液にまみれて激しくお互いの唇を貪り舌を絡め吸いまくった。
オレはスカートを捲りパンテイーの上からオマンコを触った。
パンテイーの上からでも濡れてるのがよく分かる。酸っぱいようなイヤらしいチーズ臭もする。
「すっげえ濡れてるよ・・」と言うと、母はすでに勃起しているオレのをズボンの上から触り始めた。
「あんただって…」と妖しく笑いながらズボンとパンツを脱がすと、オレのペニスをしごきだした。
指をたっぷり唾液で舐め濡らしての手コキである。おかしくなるぐらいに超キモちいい。
母はヌルヌル手コキしながらクチビルをさかんに舐め濡らしてオレにキスを求めてきた。
ブッチュッチュウ〜っブチュクチュチュッチュ〜っ
濡れて激しいキスのナマナマしい音が部屋中に響く。
母は長い舌に唾液をたっぷり乗せたまま積極的に吸いまくり高速で舌を絡めてくる。
唾液が飛び散り、太い糸を引き、なにより唾液の酸っぱいニオイが超エッチだ・・・
母の濡れたクチビルが俺に吸われていやらしく濡れてメクれて吸いついてくる。
母と唇を貪りあったままムチムチした汗臭いカラダを思わず抱きしめる。
切ないぐらい勃起したペニスを唾でたっぷり濡らした母の手の動きは激しくなり、
母の濡れまくった唇を激しく貪りながら3分ぐらいでいってしまった。
16

身近な穴

投稿者:P
削除依頼
2018/06/10 20:55:27 (MmdnIjFh)
一番近くに居て一番お互いの事を解ってる相手って言えば兄弟姉妹だよね?

俺と妹は家族内だけじゃなく世間的にも仲の良い兄妹で通ってた。

だから自然と妹が性の対象になってたんだ。

妹はどう思ってたかは知らない。

妹を犯す妄想で物足りなくなって、実際に押し倒そうと決めたのは14の時。

妹は12だった。

部屋に妹を呼び出してベッドに座らせた。

隣に座って肩を抱いて引き寄せ、何の脈絡も無くキスをした。

「え?何?お兄」

「ごめん、もう我慢できないからセックスしよう」

「え?んむ…」

もう一度キスして口を塞いで舌を捻じ込んだ。

そのまま押し倒してスカートの中に手を入れてマンコを愛撫する。

「んむ…ぷぁ…お兄…んん…」

顔を振ってキスから逃れようとするのを許さない。

次第にパンツが濡れてきてクチュクチュと音を立て始めた。

パンツの中に手を入れて直に触り始めると妹の抵抗は収まった。

「お前が可愛すぎるから他の女に興味持てないんだ。お前が大好きだ。」

ちょっと大袈裟だけど本気だと分かってもらう為に言った。

「お兄…」

今度は妹の方からキスをしてくれた。

両足は大きく開かれて『好きにして』アピールまでしてくれている。

マンコはすっかりびしょ濡れになった。

唇を離してパンツを脱がせにかかる。

程よく生えた陰毛が愛液でマンコに張り付いて光ってる。

股間に顔を埋めてマンコに吸い付き無我夢中で舐めた。

「お兄!お兄!」

お兄と連呼しながら両手で俺の頭を押さえつけてくる。

余程クンニが気に入ったらしい。

「んんん〜!」

頭を押さえつける力が強くなったと思ったら、更に両足で顔を挟み込まれた上にビクンビクンと痙攣しだした。

12歳がクンニで逝ったらしい。

力が抜けて顔が自由になったので、立ち上がってズボンを脱いだ。

パンツも脱ぎ捨てて妹の顔の前にチンコを晒す。

「フェラチオって分かるか?これを舐めたりしゃぶったりするんだ。」

妹の手がチンコに伸びてそっと握る。

恐る恐る顔を近づけてきてペロペロとチンコを舐め始めた。

「気持ち良いよ…今度は口に咥えてくれよ。」

まだ少し抵抗があったみたいだけど、それでも口に咥えてくれた。

「歯を当てないように気を付けて。そして吸いながら顔を前後に動かして。」

時々歯が当たるのは仕方ないけど、バキュームを効かせてフェラをしてくれた。

「上手いよ。あとは中で舌を動かしたり、疲れたらまた舐めてくれても良い。」

俺の希望に出来るだけ応えようとしてくれる。

「ありがとう。それ以上されたら出ちゃうからもういいよ。」

「出したくないの?」

「マンコに出したい。」

顔を真っ赤にして照れながら小さく頷き、膝をM時に抱え込んで受け入れ態勢を整えてくれた。

マンコの表面に何度かチンコを滑らせて焦らし、それから静かにチンコを挿入していった。

「うわっ!きっつ…大丈夫か?痛くない?」

「ちょっと痛いけどまだ平気…」

「じゃあこのまま奥まで入れるな?」

マン汁をダラダラ垂れ流してたから中の滑りはバッチリ。

でも初めてのマンコはキツくて狭くて大変だった。

強引に肉壁をかき分けながらチンコは進み、やっと全部を妹の中に埋める事が出来た。

「やべ…動いたら出そう…」

「私ももうちょっとこのままでいて欲しいかな?」

やっぱり痛かったのに我慢してたんだな…。

お互いに落ち着くまでジッと動かずに待った。

「そろそろ大丈夫か?」

「ん…多分…」

取り敢えず小さく腰を振る。

もう少し大きく動いても良さそうだったから、妹の様子を見ながら動きを大きくしていく。

「お兄のが出たり入ったりしてる…何か変な感じ。」

「俺はお前の中がスゲー気持ち良いよ。」

ちょとでも気を抜いたら果てそうだったけど、頑張れるギリギリまで耐えた。

「ダメだ!ゴメン!もう出る!」

言うのと同時に思いっ切り妹の中に出した。

「あ!凄い!中にドクドクって出てる。」

物凄い勢いで精子がチンコから飛び出していく。

「ヤバい…全然治まんない。今度はお前が上になって腰振ってくれない?」

何とかチンコを入れたまま体勢を変えた。

妹は犬がお座りしてるみたいな恰好で一生懸命腰を振ってくれた。

すぐに2度目の限界がきたから妹に完全に腰を下ろさせ、その腰を押さえつけてまた中に出した。

出しきってスッキリしたので妹に降りてもらい、もう一度チンコを咥えて奇麗にしてもらった。

「父さんと母さんには内緒な?」

「うん。」

「それで…これから毎日抱かせて欲しいんだけど…。」

「ん…お兄がしたいなら…良いよ。」

可愛くて気持ち良い穴をGETしました。
17
2018/06/06 18:32:27 (EZw3pfuZ)
高◯2年の時のすごく可愛い姉妹の話です。学年一モテてたと思うすごく可愛い彼女が居ました。その子にはそっくりな妹がいて、とても仲が良い2人姉妹でした。
彼女の部屋でHしている時に、当時中◯3年だった彼女の妹に真っ最中の所を見られてしまいました。妹は慌てて部屋を出て行き、彼女は「どうしよう…絶対お母さんにバラされる…」と言って心配していましたが、特に母親からは何も言われなかったそうです。
翌週に妹が家に居ない事を確認して部屋でHしてると、こっそりと帰ってきた妹が部屋のドアを勢いよく開けました。ビックリして慌てて毛布を被る僕達に妹は言いました。「お母さんとお父さんに言わないからちゃんと見せてよ」真面目だった妹の発言に固まる僕たち…。勿論2人でイヤだと言い、言わないようにお願いしました。当時高校2年でお金が無い僕達がHする場所は、両親が共働きの彼女の家しか無かったのです。しかし彼女の妹は見せてくれないなら両親に言って来れなくなってもいいの?と言われ、しぶしぶ彼女の妹の目の前でSEXしました。僕は見られながらのsexに異常に興奮して、あっという間に果ててしまいました。この歳で見られながらする事に快感を覚えました。彼女もシーツまで濡らして、いつもより明らかに興奮していました。
翌週ぐらいに彼女の部屋でまたHしようとしていると、彼女が「今日は妹が居るからダメ。」と言われましたが僕はむしろ妹にまた見て欲し買ったので、半分無理矢理にHしていました。すると期待通りにドアが開き、「言わないから私も混ぜてよ…」と下着姿で立っていました。流石に僕もビックリして彼女の方を見ると、「それだけは絶対ダメ!」〇〇には早すぎるし、俺くんは私の彼氏だもん!」しかし妹も引き下がりません。別に俺くんを取ったりしないからお願い!もうホントに邪魔しないから!と言われ彼女も渋々…僕は心の中でガッツポーズ!妹も自分から全裸になりベッドに入ります。しっかりと毛も生えてて、姉よりも少し大きな胸やお尻に大興奮しました。もちろん僕は彼女のご機嫌をとる為に基本的に彼女のほうを愛撫したりキスしたり。すると妹は硬くなったチ◯コに興味津々。触ったり僕の指を無理矢理アソコに持って行って触らせます。彼女の方はもう好きにしてって感じになってるので、調子に乗って2人を同時に触ったり、妹にクンニしたり、もう僕は天国でした。そして彼女に挿入し動いていると、妹が「私にもしてよ」の一言。彼女がそれだけは本当にダメ!と半泣きになって言いました。でも妹はもう邪魔しないからお願い!半泣きで懇願。
彼女は「俺くんはしたくないよね?」の問いに勇気を出して、少しだけしてみたい。一回だけしてあげよ?それにバラされたらもう会えなくなるかも。その方が辛いもん。と言うと、彼女「…絶対に1回だけだよ…入れたらすぐ抜いてよ!」
そして妹に挿入しました。痛がっていましたが、不思議と血は殆ど出ずに、調子にのって結構な時間動き、いきそうになったので、最後は抜いて、ゴムをつけ直して彼女の方で果てました。その後の空気がすごく気まずかったのを覚えています。
それからは邪魔されずに、彼女も妹といつも通りの仲良しになり、週一のペースぐらいで2人だけでHしていましたが、また妹がやって来て3Pを何度もしました。彼女の方も諦めたというより、興奮するようになっていきました。気付けば3Pが当たり前になっていました。
その1年後ぐらいに後に、妹に彼氏が出来て関係が終わりました。彼女とは卒業後にお互い好きな人が出来て別れましたが、都合よく妹も別れたので、妹からのお誘いで一緒に遊びに行き、その後妹とセフレになりました。姉の方は今でも知らないままです。妹の方が婚約する事で8年間の関係はついに終わりましたが、僕の見られながらのSEXや複数が好きな所はここから始まっています。今の妻はノーマルなままにしていますが、33になった今でも別の彼女との複数に今でもハマっています。
最後まで読んで頂きありがとうございました。ネタのようですが実話です。似たような経験お持ちの方が居たら是非ご意見聞きたいです。
18
2018/06/06 11:45:07 (pP/0MmLW)
とうとう
と言うか・・・
やっぱり
と言う感じか・・・

この歳になって妹と関係を持ちました。

俺が去年離婚して久しぶりに実家に帰った時。

幼い時から色々なエピソードがあるので順を追って書き込んで行きたいと思います。

妹は恭子
恭子との関係に罪悪感を持つほど初心じゃない俺
でも、旦那も子供もいる恭子の気持ちを無視してまで関係を続ける気はなく
恭子が嫌がるなら止めようと思ってます。

皆さんからの意見を参考にしたいので 賛否両論なんでもスレして下さい。
19
2018/06/06 07:34:14 (zCe.gqBN)
ある週末自宅に僕1人だったので友人から借りたAV(痴漢凌辱物)をみてオ〇ニーをしていたら姉が突然帰ってきてみられてしまいました。

「へえーあんたもそういうことするんだー」と言われ僕は「お願い!この事は内緒で!」と土下座して懇願しました。

姉は「わかった、じゃあ私の言う事聞きいて。」といい僕の手首をタオルで後ろ手に縛り僕のチ〇ポをフェラしたり手でしごいたりされてしまい最後は姉の口の中に精子を発射してしまいました。

僕は「もうやめて…」とお願いしましたが「ダメ〜まだ許さないから」といい手首の拘束をほどき服を脱ぎ捨て下着姿になり僕も全裸にさせられベッドに押し倒されるとキスをしてきました。

姉はブラジャーを外し僕の顔に姉の豊満なおっぱいを押し付けてきて僕はおっぱいを舐めたり手で愛撫すると姉は喘ぎ声を出しました。

姉は僕の手をアソコに持ってきて「ここ触って」といい手でいじるとアソコから液が漏れてきました。

姉は体勢を入れ替え僕はアソコを舐め姉はフェラしました。

姉は四つん這いになり「バックから犯して…」といい僕は姉のこしの辺りを掴みバックからチ〇ポを挿入して激しく動かしました。姉は「いい〜気持ちいい〜」と喘ぎ声を出しお互いにイッてしまい姉のお尻に精子を発射しました。

姉とは両親にバレない程度にいまもセックスしています。
20
1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕