ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200

1度きりの思い出

投稿者:兄妹 ◆e5vlMWNNNk
削除依頼
2015/03/28 04:05:07 (d.rpqVp2)
今から5年ほど前だったか、兄(自分)が30代前半の頃の思い出話です。
長文になるかもですがご容赦下さい。

昔から4歳離れた妹とは仲が良く、自分が社会人となり結婚した後もよく飲み友みたいに普通に遊んでいました。
妹は大会社に勤めており、一般的にも男性によくモテる感じで彼氏の話はよく聞くのですが、今だに結婚はしていません。

頭は良く人より優れるものが多くて、性格は明るく誰にでも好かれる良い妹は自分の中で今でも自慢です。
その昔たまに友達と女の話をする時、付き合うなら誰がいい?みたいな会話になった時、いつも『自分の妹が一番理想かな。妹で無ければな(笑)』と冗談ぽく言ってましたが、周りの人間も『そうやね』とさらっと認めるほどの妹です。
しかし、自分としては冗談ではなく本音でした。

10代の頃、一緒に家族として住んでる時は自分も思春期の頃で、妹にバレないよう脱いだ下着でオナニーしたり、裸を覗いた時もありました。
しかしそれは思春期のヤリたい勢い?のような迷いで、自分はずっと兄と妹として普通の関係で当たり前だとして接してました。

しかし自分が30代前半になったある夜…
いつものように妹のところへ行って飲み歩きました。
この時は妹が彼氏と別れ、次の彼氏がなかなか見つからないという話で盛り上がってました。

妹『私に合う男なんてなかなか見つからへんよ(笑)』
自分『望みすぎなんやって(笑)もう30歳近くなってきたら、良い男は先に取られて少なくなるんぞ!』
妹『でもな、私も兄ちゃんみたいに家庭も子供も欲しいわ…でも変な男はいやや(笑)』
自分『普通の男でええやないかい(笑)』
など、少し酔いもまわり冗談ぽくそんな会話をしていたと思います。
冗談ぽく話はしてましたが、その時は妹にどこか寂しそうな雰囲気もあり、寂しがらせないよう自分も擬似彼氏的に振る舞い元気づけようと努めていました。

帰りは自分が飲酒運転になるので、飲み歩いた時は妹のマンションへ泊めてもらっています。
泊まる時は、たまに妹と一緒にお風呂に入る事もあります。
妹が『別に兄妹なんやから全然気にならんやろ?』って提案から始まり、泊めてもらう度に何度か普通に入ってました。

でもその夜は一緒にお風呂に入っている時から自分の中の気持ちがどこか変でした。
どこか寂しそうな妹を見ながら、夫婦やカップルだったら背中を流したりするよな…と思いつつ『今日はおれが髪洗ってやる!人に洗ってもらったら気持ち良いんやで〜』なんて、擬似的にカップルのような一時を作り、妹を元気づかせようとした思いからです。
するといつもは性的に気にならないのですが、たまに身体に触れる妹の身体の感触が妙に気になります。
またいつもそんなに意識しないのに、おっぱいやアソコの毛が見えるとついつい見入ってしまっている自分がいます。
『いかん、いかん!』と思いつつ、美容院のような気持ちの良い洗い方に努め『どう?上手いやろ〜、気持ち良いやろ〜』みたいな普通のノリで接します。
一緒にお風呂に入ってもそんなボディタッチは一度も無かったので、妹も少し恥ずかしそうでした。

しかしこの一連のボディタッチが自分のアソコを刺激します。
かなり大きくなってきたので、見られたらマズイと思い湯船の中に半身入り見えないように…
洗い終わり、今度は妹が背中を流すと言うので、湯につかり自分のアソコが少し萎えたうちに洗ってもらいました。
しかし一度覚えた妙な興奮は消えず、妹の手が触れるたびまたどこか興奮してきます。
初めて洗ってもらった妹の手はとても柔らかくて気持ちよく、本当に幸せだなぁと思う半面、自分のアソコも次第に反応します。
気づかれないようにするため『自分で髪は洗うわ』と言い、先に妹をお風呂から上がらせました。
理性は保ってましたが、この時既にいつもと違う雰囲気の興奮と、妹が愛おしいという気分に覆われていたのだと思います。

風呂から出ると夜も遅かったので寝る事に。
妹のマンションには布団が一つしかないので、泊まるときはいつも一緒に寝ます。
布団に入ると先ほどの気分からか妹の身体に触れたくなり、しかしどうしていいかわからず手を少し握りました。
この時いつもと違う雰囲気を妹も察していたかもしれません。
手を握って更に気持ちが高ぶりましたが、どうしていいかわからなく少し迷うまま妹に軽く抱きつきました。
そしてキスをしようと顔を近づけた瞬間に、

妹『兄と妹でこんな事は変やろ?』と静かに言いました。
自分『そうやな。でもな、昔からおまえが一番好きな女やったんは本当なんや…』
妹『でも悲しむ人が一杯出来るかも知れんよ?』
自分『そうやな。これでおまえと何もなく普通の生活に戻っても(好きな)気持ちは変わらんやろ』
と興奮の勢いもあり、気落ちを告白してしまいました。

妹『多分ね、兄ちゃんは妹とセックスする事に興奮してるだけなんやで』
自分『…それだけでは無いと思うけど…』
しばらく沈黙が続き、その間も妹を抱きしめていました。
妹のドキドキしている鼓動と、妙な興奮感を感じている雰囲気が自分にも伝わってきます。
そのうち妹の手が自分の手を取り、自分のパンティの中へ。

妹『触って…私濡れてる…』
さわったアソコの割れ目はヌルヌル状態でした。
その瞬間一気に理性も迷いも飛んでしまったのを覚えています。

自分『本当や。濡れてる。おれ嬉しいで。』
それから近づいていた妹の顔のいろんなところへキスをしました。

自分『おれも起ってる。』
妹『ほんと…』
妹も自分のパンツの中に手を入れアソコを触ってくれました。
しばらく手で触り合いました。
そして妹の衣類を脱がせ、自分も脱ぎます。

お風呂から気になっていた、おっぱいにむしゃぶりつきます。
そして手でクリトリスを刺激すると妹は仰け反るように感じ始めました。
体中を激しく優しく舐めながらキスして、指を妹のアソコへ滑り込ませます。
もう妹は『はぁ、はぁ…あっ…あんっ!』と既に妹ではなく女の表情です。

妹『…兄ちゃんのしてあげる』
と言いフェラをしてくれました。
今まででこの時ほど気分の良いフェラはなかったと今でも思います。
69の体勢になり、自分も妹のアソコに顔を近づけ膣の中まで舐めました。
濡れ溢れる液も全部吸って飲みました。
すごくいやらしい匂いと妹の匂いが混ざった、とても香りの良い液でした。
この時に初めて大人になった妹のマンコを見て感動したのも覚えています。

薄暗い部屋に
『チュッ!ジュッっ!ジュ、ジュー!んぐんぐ…、ペチャペチャ…』
というお互いの音だけが響き渡っています。
5分間くらいそれが続いたでしょうか。

妹『も…う…、もう兄ちゃん、もう入れて…』
自分『うん』
と体勢を入れ替え、正上位で妹のアソコに自分のモノをあてがい、ゆっくり感触を確かめるように奥まで挿入しました。
とても暖かく柔らかな肉厚な中で、子宮に当たったのも覚えています。
そして何とも言えない感動が自分の気持ちを覆います。
『念願だった妹と結ばれた。妹の中に入った!』と自分の中で思ったのも覚えています。
性的に興奮したというよりは、すごく幸せな気分でした。

キスしながら突き上げるたびに、妹も感じます。
見つめあいながら求め合いました。
そして自分のモノが噴出す瞬間を迎えます。

妹『あっ!あっん!今日は大丈夫な日だから…中に出して…!』
自分『出る!イク…イク!』
妹『私…イク!!!』その他はどんな声を出していたのかよく覚えていません。

この時の射精は、今までの射精の中で気分も一番満ち足りた、気持ちの良い激しい射精でした。
妹のマンコから滴り出る自分の精液を自分で舐めてある程度綺麗にして、拭いてあげその日はそのまま朝まで寝ました。

翌朝起きるとお互い無言で自分は仕事に出かけ、妹は休みでマンションに。
その日以来、お互いにその時の話は一切しておらず、セックスもなく、普通に元の仲の良い兄妹に戻っています。
妹は妊娠しませんでした。
そしてお互いにそれを誰にも口外していません。
今ではお互いに理性も戻りこの先もセックスをする事はないでしょう。
ただ自分の中では、今まで生涯一番のセックスです。
妹もそう思っていてくれれば、自分としてこれ以上の幸せはありません。
自分にとって本当に唯一の思い出です。

長文になってしましましたが、お読み頂きましてありがとございました。
1
削除依頼
2015/03/27 23:09:54 (xTRlDKZY)
それはママがきれいなうちに

君を幸せにしてあげなければ果たせない

君はもうこうしてりっぱに男なのだからだいじょうぶ

ママが女としてきれいなうちにママが君を大人にしてあげる

明日の朝  君は男になってめざめるのでしょう

今までのような代用品ではない

女の味をを知って
2
削除依頼
2015/03/27 20:28:53 (xTRlDKZY)
その瞬間・・・

腹筋をきゅうっと縮めます

お尻をせり上げて泣くような鼻声で甘えながら

私の髪を両手で握りしめます

舌の奥へ・・・ 

それは次々と溢れ出るように私の口いっぱいになります

産毛がかわいい白いおなかを大きく動かして

どんなに気持ちがいいのだろう

誰にもわたさない

ほかの女なんかに絶対にわたさない

君はママの天使

ママの彼氏
3

義父との関係…

投稿者:shizuka ◆R0AumVpyG6
削除依頼
2015/03/27 14:01:18 (8vGkDtmV)

 私は32歳の主婦です。…同い年の主人と結婚して3年になりますが、子供は無く、65歳になる主人の父親との3人暮らしです。
 昨年の6月に突然の病で義母が亡くなり…それまで私も羨ましく感じるくらい仲が良かったご両親でしたので、義母を亡くした義父の落胆たる日々をみていると…凄く可哀想に思えて来て、私は何か少しでも義父の力に成れないかなと、いつも思っていました。

 前月の末に、主人に6ヶ月間の長期出張が入り、家には私と義父だけの生活になりました。
 1週間が過ぎた頃、夜、私がお風呂に入っていると…脱衣所に人の気配を感じ、風呂からあがってみると…洗濯機に入れた筈の私のパンティーが無くなっていました。
「…あッ!無くなってるし!…もぉ〜お義父さんたら…。」
 義母が健在な時は、ご両親共にお盛んで…夜の営みは現役である私達よりも激しくて、時々両親の寝室から聴こえて来る義母の喘ぎ声を耳にすると…義母の事が羨ましく感じる程でした!
 そんな義母が亡くなた今、私の下着が無くなる事事態、然程たいした問題ではないと思っていましたが、義父が私の下着を使って何をするのかが気になったので、次の日、義父が入浴するより先に、脱ぎたての下着を洗濯機に偲ばせておき、義父がお風呂に入ったのを見計らって、そお〜っと洗濯機の中を確認すると…案の定、私のパンティーが無くなっていました。
『えッ?…ってか、ここにパンティーが無いって事は…お風呂に持って入ったのかしら…。』
 そう思いながら…コッソリ脱衣所から出ようとしてると…突然!浴室内から義父の苦しそうな唸り声が聞こえてきたのです!
「…あぁぁ…あッ!…うぅぅぅぅぅ…!」
 それは義父の声で、お風呂の中で藻掻き苦しんでるような感じに聞こえた為、咄嗟に私は…お風呂場の扉を開けました!
「お義父さん!…大丈夫ですか?…開けますよ!」

…ガチャ!

「‥‥ええッ!?」
 すると…扉を開けてビックリしたのは義父ではなく私の方でした。
「…し、静香さん。…何だねいきなりッ!」
「ご、ごめんなさい!…お風呂場から呻き声がしたから…私、てっきり…。」
 義父は浴槽の淵に普通に座っていましたが、普通と違う点が1つありました。…それは、義父の股間から突き出たモノが…いつも見てる主人のモノより遥かに大きく、お腹に付くかのような勢いで聳え立っていたのです!
「お‥‥お義父さん!」


4
2015/03/27 06:17:53 (.6bukn0H)
僕の中学は二つの小学校から一つの中学に入学するので小学校時代の話しは本人から聞いた話しです。
一枝は小学校の時、ばい菌扱いされて、みんなから無視されていたそうです。
原因は片親で、母親が売春をしていると噂になったことからだそうです。
一枝には二つ上に兄貴がいます。
毎日いじめられ泣いている妹を何とかしようと思いついたのは、ヤリマンにすること!
一枝は小学校六年になった頃から、毎日のように兄貴とセックス。フェラからアナルセックスまで小学校時代です兄貴と練習していたそうです。
当然のように、中学に入るとヤリマンになりました。
例えば、今日20時に家に来いといえば来てセックスして帰ります。
男ばかり5人で遊んでいる時、一枝を呼んで全裸になれといえば、素直に全裸に。
順番に一枝とセックスしました。
中学時代だけで3回くらい中絶しています。
誰も一枝とのセックスでゴムをつけないので。
噂では岐阜のソープで働いた後、何本かAVに出演、現在は熟女ヘルスで働いているそうです。
ちなみに、僕は一枝と中学時代100回くらいセックスしました。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕