ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2018/02/25 13:56:20 (cseDyQ9H)
私は29才、従姉は31才
子供の頃はお正月、お盆休みとよく会っていましたが中学、高校生くらいになるとクラブ、アルバイト等で年に一度も会わない時もありました。そんな中、祖父が亡くなり葬式で久しぶりに会いました。
従姉はとても可愛く見えました。私は恥ずかしながら童貞、彼女がいた事も無くポンとボディタッチ、話し掛けてくれただけで一瞬で虜になりました。 従姉は背が低くぽっちゃり体形ですが胸が大きく、理想的な女性だった事も要因の一つでした。
その時はそれだけで終わったのですが帰宅してからの興奮が激しくしばらく妄想オナネタにしてました。そこで感情に歯止めがかからなくなりどうすれば抱けるのかずっと考えてました。程無く49日で再会した時に従姉が会社の人達へのお土産物が欲しいと買い物へ誘われ二人で出掛けました。その車内で彼氏が居ない事を知った時はやったーと思いました。従姉の住む所へ遊びにおいでよと誘ってくれラインを交換しました。
翌週の土曜日に遊びに行くと約束して張り切り過ぎて朝の9時に着くという今では笑い話です。私は告白しようと考えてました。それほど魅了されました。
デート?私はデートと思ってましたが意外な事に従姉から手を繋いで来ました。私は普通を装っていましたが心臓バクバクでした。後から聞いたのですがとても寂しかったそうです。随分前に彼氏と別れ、最近気になる人へ告白したら断られていたそうです。
丸一日過ごして夜も遅くなり従姉の家に泊めてもらう事にしました。
部屋の電気も消し、布団の中で喋ってました。横並びでは無く頭と頭が向かい合う状態です。そんな中で彼女居ない、童貞がばれてしまいましたが「好きな人はいるんやろ?」って聞かれ遂に答えました。従姉が好きって言いました。「凄いかわいい、見た目ドストライク。彼女になって欲しい」
少し沈黙があって従姉の方から手が伸びて来ました。その手を取り自分の方へ引き寄せました。どうしていいか分からず抱き合っていたら従姉がキスをしてきました。
「いっぱい男の人知ってるけどいい?」
もう止まりませんでした。AVの知識を総動員して従姉を舐めまくりました。パンツをずらされてチンポを見られた時は凄い恥ずかしかったです。「太い、大きいから自信持ちなよ」って言ってくれたのが嬉しかったです。騎乗位で挿入しましたが気持ちよくて中に出してしまいました。その夜はそれで終わりました。
興味ある人居たらその後書きます。
1
削除依頼
2018/02/25 11:01:27 (pDUhIUJk)
体験談を黄色にて語り合いたいです
ssq9
2

姉弟

投稿者: ◆xpSjw/uGKg
削除依頼
2018/02/24 16:50:55 (nzyiVAHq)
姉との体験書いてみます。

俺が中3、姉が高2のときの話。
気が強めの姉、負けず劣らず気が強い弟の俺。
ケンカは度々しとたけど基本はお互い口悪いけど仲は悪くない。
日曜日に両親が二人で朝から出かけ、夜まで帰らないことがあった。
俺は午前中ツレと遊びに行き、姉は家にいた。
昼飯は親が用意してくれてたから家に帰ってきた。時刻は11時半。
まあ、一人で食うのもなんなんでと、姉の部屋に向かい(家は一戸建て二階、姉、俺の部屋が隣で親の寝室が二階にある。)、『昼飯食わねーの?』って、ノックせずに部屋に入ると…

姉が素っ裸で手は股関に…モゾモゾ動いてた。

ここで、姉が顔を真っ赤にして怒りだす。
『ノックぐらいせいや!』
姉の感情はわからないがテンパってたのか立ち上がり裸のまま近づいてきた。
俺は、ボー然とドアに入ってすぐのとこで立ち尽くしていた。

姉は俺を部屋の外に押しだそうと肩を両手で押す。
ちなみに、姉は巨乳(サイズは知らないけど)でおっぱいブルンブルンしながら、

俺は肩を押されながら、徐々に冷静になり、
『悪かったよ。…飯食おうぜ、おりてこいよな。』

俺は颯爽と一階リビングへ…

なかなか降りてこない姉、あんなん見られたら降りてこれねえか、と先に飯を食って(カレーだった。)
食べ終わる頃に姉が降りてきた。寝間着にしているグレーのスウェットで、

『おせーから先に食ったぞ。』俺は行ったが、

姉は…『絶対誰にも言うなよ。』若干半泣きで強がりを言う。

俺は、『はっ?何が?』と答え、

姉は『さっきのだよ。わかってるくせに…』ともじもじしだした。

その様に、俺はからかうつもりで
『あー、一発やらしてくれんなら黙っててやるよー』
って、笑いながら言った。

ここで、姉が、下を向き、
『一回だけならいいよ…』

俺、唖然…しばし沈黙。
すると姉が『部屋に来て…』先に部屋に上がる。

俺、ちなみにその時童貞。オナニーはさすがにあるけど…色々悩んだ末…

姉の部屋に行くことにする。
びびってるのばれたらダサいと思い終始強気でいる決意を固め、
今度は、ノックしてから『入るよ?』
返事は聞こえなかったが部屋に入った。

姉は携帯みながらベッドに横になっている。
服は…着ている。ちょっと、裸を期待してたからガッカリ…と、同時に嫌な予感が…もしかして逆にゆすられるのではと…姉とエッチしたくて誘惑に乗った弟という弱味を鉾にするのかと…

心配は杞憂だった。

『突っ立ってないでこっちきたら。』姉が一瞬こちらに目をやり言う。
俺はスゴスゴ従い、ベッド脇で姉を見下ろす。

『ほんとに一回だけだかんね。これでお互い秘密。わかった?』

念を押され、
『お、おぅ。』と、情けない返答。

姉は、起き上がると無言で服を脱ぎ、下着も脱ぎ全裸になる。
『あんたも早く脱いだら、』
姉に言われて、俺も服を脱ぎ捨てる。

まあ、この時点で俺の息子は暴走状態のギンギン!なわけで

姉は、『私からはしないから好きにしていいよ。』とツンツンいい放ち、ベッドに横たわる。

俺は、『お、おう、』またしても情けない返事。
そこからはそんな長くなかった。

まず、姉の乳首に舌をあて、転がすようになめていく。姉は『ん、…ん…』とか、リアクションしてくれた、
ピンクのきれいな乳首でした。
次第にコリコリに硬くなってきた。

ここの乳首が一番長かった。
次は、お万個。足を無理やり開いて覗いてみた。
姉も抵抗せず、流れに身を任せている。

生でみた、女性器に感動した。
触ってみると割れ目が湿ってた、慎重に穴を探して指ゆっくり入れてみる、
中は生温かく粘液でみたされていた。
指を抜き指したりしていると姉の喘ぎ声が大きくなってくる。

ひとしきりおまんこで遊ぶと、俺のチンは爆発寸前。我慢汁を垂らして屹立している。

ここまで、ほとんど会話らしい会話はなかったが…姉に確認してみる。
『コンドームないとまずいよね?』

姉は正直、俺がビビって逃げ出すと思ってたらしい。
だから、挿入する準備はできてなかった、
『ダメだね…』

俺は、『今度、買ってくるからその時させてよ。』
頼むと、

姉はしばし考えて『しょうがないな。』となっとくしてくれました。
しかし、俺のチンはこのまま何もせず、撤退はできず。

『とりあえずここでしこる!』
姉に宣言すると、ほんとにすぐ射精。
姉のお腹に出す予定が、めちゃくちゃ飛んで…姉の顎辺りまで飛んだ。(まぢで)、髪にもついて姉に怒られたけど満足感でいっぱいでした。

とりあえずは今日はここまで、
関係は複数回あります。
もし、みてくれてるひといたら本チャン話からその後書きます。


3
削除依頼
2018/02/23 00:42:28 (awQzFeQB)
僕には5歳年上の姉がいます
中学に入りたてくらいのこと頃に、
まだまだ性的なことは経験がなく、
なんとなくちんこを触ったり、
、何かに当てると気持ち良いなと感じてるくらいでした

ある夜に、いつものように触ってたら、突然皮が剥けて、
白いカスがいっぱい出てきました

びっくりして、となりの部屋にいた姉さんに泣きながら
見せに行きました

そしたら優しく一つ一つとってくれて、
大人になり始めた証拠だよと、そのまま握りしめて
シコシコとし始めました
あっという間に射精しました
大人になったねと優しく抱きしめてくれました

出してすぐなのに、今度は自分でシコシコしました
何回したかは忘れましたが、いっぱいしました

その日はそれでおしまいでした
その時はまだ2人で
エッチなことをする感覚がまだなかったです
知識がなかったです

続きはまたそのうち

4
2018/02/17 12:33:33 (Swi.gxZ3)
朝、いつもより早めに目が覚めてしまいました。
とゆうより同日ですが
隣に母が寝ている
考えただけで大きくなってしまいました。
少し自信をつけた僕は母の胸を手探りしました。
とても柔らかく大きな母の胸
揉んでいる僕の方が気持ちよくなってしまいました。
どうしても母のオマンコに入れたくなりましたが童貞の僕はオマンコの場所もよくわからないし 見たこともない。
でも 無心に触り続けたら 指先が濡れてきて母が苦しそうな声を出してきました。
これが感じてるってことなのか?
もしかしたら やれるかもしれない!
なんか嬉しくなってきました。
そんな時 母が「入れて!」と言ってきました。
どうしていいのかわからず
困っていると母が上体を起こし
僕の上に乗ってきました。
温かい!
今まで味わったことのない温かさ。
あっ!
出ちゃった…
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕