ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2016/05/01 17:54:04 (jQl6godu)

 中学2年の時の話です。
 千繭さんは僕の母さんの母親で、54歳だったと思います。
 友達と2人で税理士をやっていて、バリバリのキャリヤおばさんです。
 顔はマラソンの有森さんに似てて、もうちょっと痩せてる感じです。
 母さんが「千繭さん」と呼ぶので、我家ではばあちゃんとは呼ばず、皆が千繭さんと呼びます。
 その千繭さんにセックスを教えてもらいました。
 僕がインフルエンザにかかってしまって、寝こんだときです。
 両親は共働きなのでそんなに休めなくて、寝こんで3日目の火曜日と水曜日の2日間千繭さんが昼間だけ来てくれました。
 千繭さんも暇なんじゃなくて、パソコンと書類を持って、家で仕事しながら、面倒を見てくれたんです。
 ずっと寝てて汗をかいたので、千繭さんが着替えさせてくれました。
 裸になって千繭さんがタオルで拭いてるときに、僕のおチンチンが固くなっちゃたんです。
 別にやらしいことを考えてたわけではないんですが、背中からお尻を拭いてもらってるときに固くなってしまいました。
 千繭さんは笑いながらパジャマを着せてくれたんですが、僕は熱が出てだるい上に恥ずかしくて真っ赤になりました。
 2時間か3時間くらいたってお昼を食べさせてくれるとき、千繭さんが起こしてくれたんですが、その時もおチンチンが固くなっていました。
 千繭さんはお昼を食べさせてくれた後、すぐに戻ってきてまた汗を拭いてくれました。
 それから、千繭さんが裸になりました。
 僕は裸のまま、びっくりして千繭さんの裸を見てました。
「みっちゃん、寝なさい。一緒に寝たげるから」
 布団の中で千繭さんが僕の身体を抱いてくれました。
 オッパイが僕の胸に触って、千繭さんの手が僕のおチンチンを握ってくれました。
 オナニーなんかよりずっと気持ち良かったです。
 僕はすぐ射精しました。
 千繭さんがティッシュできれいにしてくれてる間、千繭さんの裸を見てるとまたおチンチンに力が入って大きくなりました。
「あら」
 千繭さんは笑いながら僕の顔を見て、今度は僕の方にお尻を向けて僕のおチンチンをくわえたんです。
 すごい気持ち良かったです。
 千繭さんの口の中は温かくて、舌が僕のおチンチンを舐めまくってくれました。
 僕はだるいのも忘れて、目の前で動いてる千繭さんのお尻ばかり見ていました。
「みっちゃん、そこ、舐めて」
 千繭さんのお尻を掴んで、割れ目に吸いつきました。
 柔らかくて熱い割れ目に舌を入れて舐めました。
 すぐに千繭さんの割れ目もぬるぬるになりました。
 千繭さんが身体の向きを変えて、僕の方を向くと、ちょっとだけ迷ったみたいでしたが、僕のおチンチンの上にまたがると、ゆっくりお尻を下ろしました。
 10分か15分くらい千繭さんがお尻を上下に動かしてくれました。
 すごい気持ち良かったです。
 動いてる間、千繭さんはうめいてました。
 僕が射精する前、千繭さんがキスしてきました。
 キスされながら、僕は千繭さんのお尻を掴んで、千繭さんの中に射精しました。
 起きると、夜になってて、千繭さんはいませんでした。
 次の日、出かける母さんと入れ違いにやってきた千繭さんは、5分もしないうちに裸になって、僕の布団に入ってきてくれました。
 その日は口でしてくれた後、千繭さんの身体に触らせてくれ、ペッティングのしかたや、クンニのやりかたを教えてくれました。
 僕が上になってセックスしました。
 夕方、母さんが帰ってくるまでに2回しました。
 インフルエンザが治ってからも、千繭さんの家で週に3回くらいセックスするようになりました。
 ばあちゃんといっても、オッパイはそんなに垂れてないし、けっこう美人です。
 それにもう「妊娠」しないから、いくら中出ししても大丈夫だといってました。
 それからは千繭さんとやりまくりました。
 僕としては高校を卒業するまでお世話になるつもりの予定でしたが、セフレとして中2から高1まで付き合っていた中出し好きの7歳年上の知り合いのお姉さんが僕の子供を産んだので千繭さんを頼ってきた。
 千繭さんは事情を知り、「生活は面倒を見てあげるからみっちゃん、結婚してあげなさい」といわれた。
 特にお付き合いしている女性はいなかったので高校卒業後にお姉さんと結婚をしたのだが、嫁になったお姉さんの産後の体調はよろしくなく、(これが千繭さんを頼ってきた理由)セックスができないでいたので、大学1年になった今も千繭さんがお姉さんの代わりにセックスをしてくれている。
 ちなみにお姉さんはセフレ時代に僕と千繭さんの関係は話しているから知っているので、「みっちゃんに浮気されずにすみます」と千繭さんに礼を言っていた。
 千繭さん、不肖の孫ですみません。
1

(無題)

投稿者:可菜子 ◆K5Xb5cLrLM
削除依頼
2016/04/30 18:10:31 (/X1DpOH6)
年の離れた弟がいます。
昨日は二人だけでした。

弟がエッチな本を自慢げに見せてきました。
私はこんなもので興奮なんかするわけないと言ったけど。

二人で見てしまった。

弟があそこが変な感じって言うから見てあげると言ってパンツをずらしました。
皮の被ったアレがまっすぐに立っています。

触るとスゴク硬くて。。。

弟を黙らせるとアレを握って上下に動かした。

弟がなんか出ると言うとすぐに射精しました。
弟は病気かと不安がってるけど。

私は弟の射精をいただきました。

そして痛がるけど皮剥いて口で咥えてあげた。

弟は納得も理解もしてないけど黙れせてもう一度射精させた。

私は興奮状態。

私が裸になると弟はどうなるか試してみた。
性的に興奮してる。。。。

どうなるかわからないけど私のあそこに弟のアレを入れた。

弟はスゴク気持ちイイて言うからそのまま私が腰動かすとすぐに射精。

生で出された。

弟をいただきました。

今日も二人だけ。
2
2016/04/30 13:54:46 (bwGXhln9)
俺、初体験はお母さんだった・・・

俺のお母さんは17歳で結婚して俺を産んだ。

おやじは俺が小学2年の時に離婚していなくなった。

後から聞いた話だが、他に女が出来て離婚したらしい・・・

それからずーっと2人で暮らしてきた。

小さなアパートだったので一緒に寝てたし、一緒に風呂も入ってた。



中学生になった頃、生活が大変なので

お母さんはスナックで働くようになり

俺は1人でいる事が多かったが休みの日は一緒に風呂に入ってた。

中学2年になると、俺にもチン毛が生えてき恥かしかったし

女性の体にも興味が出て来たのでちょっと嫌でした。

でもお母さんはいつも通り一緒に入ろうと言ってきました。



一緒に湯船に入っていて、お母さんが湯船から出る時に

後ろからマンコを見てしまいました。

お母さんが体を洗ってる時も横目でチラチラ胸を見てた。

この時お母さんは31歳で、茶髪で結構綺麗だったので

俺は勃起するのを必死で耐えて、他の事を考えてた。

入れ替わって俺が体を洗ってるとお母さんは

俺にチン毛が生えてるのに気付いた。



お母さんは1人で育ててきたので、大人になりかけてる

俺を見て感動してた。

そして「そろそろちゃんと皮を剥いて洗いなさい」って言った。

俺は痛いからイヤだと言うと、お母さんが皮を剥いて

ぬるま湯をかけて洗ってくれてた。

痛いから湯をかけるだけだったが・・・・



それから週に1回の一緒に入る日はお母さんが洗ってくれた。

シャワーで洗うようになった時、なんとも言えない快感で

俺はお母さんの目の前で勃起してしまった・・・

お母さんは笑いながら「なに?気持ちいいの?」って言ってた。

そしてふざけながら「ほれっ・・・ほれ〜」なんて言って

ずっとシャワーをかけてくるので気持ち良くって

俺のチンポはピクッ、ピクッと痙攣しながら

腹につくぐらい反り返り勃起してしまった・・・



俺はもう最高に恥かしい気分だった。

完全に勃起したチンポを見たお母さんは、湯船から手を伸ばして

俺のチンポを握ると

「これはどうだ〜っ」と言いながら手を動かせた。

でも亀頭部分がまだ痛かったので「痛いよー」って腰を引いた。

すると「あっごめん、ごめん痛かった?」

そう言うと、お母さんは湯船から出てきて

手で石鹸を泡立てると俺のチンポに泡を付けて握った。

そしてゆっくりしごきながら

「これなら痛くないでしょ?」って言った。



お母さんは俺を湯船のふちに座らせると

俺の両足を開いてその間に割り込み、しゃがんだ・・・

そして泡の付いた手でチンポをしごき始めた。

俺は恥かしさと気持ち良さで複雑な気分だった。

お母さんの前で射精するのがイヤで、必死で我慢してた。

するとお母さんが

「イッちゃっていいよ、出しちゃいなさい・・」って言って

手の動きをはやくしたので俺は我慢できずに

「あっ・・あーっ」と叫びながらビュッ、ビュッ、ビューッと

すごい勢いで射精してしまい、腕や肩、髪の毛まで飛んだ。



お母さんは俺のチンポにお湯をかけると

体を洗うから先に出てて、と言った・・・

それからは週に1回の一緒の風呂が楽しみだった。

お母さんが言うには、父がいなくて俺に寂しい思いを

させているから・・・だそうだ。



ある日、体を洗う姿を湯船からじっと見てると

お母さんが見られてるのに気付いて

「オッパイさわってみる?」って聞いてきた。

俺は黙ってうなづくと、俺の手首を持ち胸まで導いた。

あまり大きくない胸をもむと、すぐに乳首が硬くなってコリコリした。

お母さんは黙って下を向いていた。

俺は思いきって「アソコも見たい・・・」ってつぶやいた。

少し戸惑っていたが、風呂のイスに腰掛けながら

体をこっちに向けて、大きく両足を開いて見せてくれた。

でも濡れた陰毛だけで、よく見えなかったので

「よく見えないよ」って言うと、少し浅くイスに座り

指で開いて見せてくれた。初めて見るオマンコに俺は興奮して

湯船の中でチンポを握っていた。



俺はアソコに手を伸ばしさわってみた。

ぷにゅぷにゅした感じで、すごくやわらかかった。

お母さんは何も言わなかったので、しばらくさわっていた。

すると急に立ちあがり、湯船のふちに片足を上げると

指でオマンコを開いて「ここさわってみて・・・」と

指でクリトリスを指差した。

俺は湯船につかりながら、目の前のオマンコをさわりまくった。

するとお母さんが俺の頭をオマンコの方へ押したので

舌を出してクリトリスを中心に舐めた。

クリを舐めながら、指でわさっていると中からぬるぬるした

液体が出てきてクチュクチュといやらしい音がした。

お母さんはずっと壁の方を見たままだった。



急にお母さんがイスに座ってまた体を洗い始めた

俺はお湯の中でチンポを握りながら見つめていた・・・

するとお母さんがこっちを見ないまま

「お風呂出たら、エッチしよっか?」と言ったのです。



俺は先に風呂を出て、そわそわしながらTVを見ていた。

アパートは風呂、トイレ、台所の他に6畳の部屋がひとつだけ

俺は自分の布団の上に座り「本気なのかな?」と考えていた。



お母さんが風呂から出てくるとTVの横で髪の毛を

乾かし始めた。俺は黙ってTVを見つめていた・・・

お母さんが立ち上がると、黙って電気を消して豆電球だけにした。

そして「TV消して」と言いながら近づいて来た。

立ったままパジャマを脱ぎ始め、下着も脱いで全裸になった。

そして「○○○も全部脱いで・・」と言いました。

俺は薄暗い部屋の中で全裸になり体育座りをした。

お母さんは俺の横に座ると俺の頭を抱き寄せ胸の方へ引き寄せた。

俺が乳首に吸いつくと、お母さんの体がビクンと反応した。

そしてそのまま布団にお母さんは倒れていった。



乳首を吸いながらアソコをさわると、もうすでにヌルヌルだった。

お母さんは両膝をかかえるようにして足を開いた。

俺はその間に入り込み、指でオマンコを開きながら舐めた。

甘酸っぱい愛液の匂いと、石鹸の匂いの陰毛

俺はクリの皮を剥いて、舌先を硬くとがらせ刺激した。

すると、お母さんは「・・っん・・はぁん・」とあえぎ声を出した。

お母さんが起き上がり、今度は俺が仰向けに寝ると

勃起したチンポをいきなり口にくわえ込んだ。

初めての快感に俺は背中をしならせ「あ〜っ・・・」と声が出た。



チンポをくわえながら頭をゆっくり動かせると

ちゅぽちゅぽって音が聞こえてきて

俺はそのまま口の中に射精してしまった・・・

お母さんは少し苦しそうにしながら、全部精子を飲んでしまった。



ぐったりしてる俺の上に69の形で、お母さんがまたがると

チンポをくわえながら、オマンコを顔に押し付けてきた。

俺は尻の肉を両手で鷲づかみしながら、オマンコを舐めた。

俺はすぐに口の中で再び勃起してビンビンになった。

お母さんは俺のチンポの上にまたがり、ゆっくりと腰を下ろした。

チンポを握り、オマンコに押し当てながら

「入れるよ」と言うとにゅるんって感じで中に入った・・・



すごくきつくて、あったかい感じだった。

俺の頭の両端に両手をつくと、ゆっくりと腰を動かし始めた。

俺は胸をつかみながら、結合部分を見ていた。

「んっ・・んん・・うっん・・気持ち良い?」

「・・・うん・・気持ち良いよ〜」と俺は叫んだ。

腰を動かしながら、お母さんは声を出しだんだん動きが速くなった。

「あ〜もう出ちゃうよ・・」

「いいよ、そのまま中に出して・・」と言い激しく腰を振った。

お母さんは俺にキスしてきて、キスしたまま腰を振った。

そして俺はオマンコの中に思いっきり射精した・・・



「どう?気持ち良かったでしょ?」

「うん・・・」

もう1度キスして、全裸のまま2人で抱き合いながら寝ました。
3
2016/04/28 15:16:15 (Q7NY4SSW)
高校生の弟と関係を持っています。

事の発端は昨年の夏、両親はお盆休みを利用して海外旅行に行ってしまい、私と弟で留守番をすることになりました。就職も決まって、夏休みは気楽にバイトの日々を送っていました。

両親が出かけた夜、バイトが終わって帰ると、夕食の支度もしてあり、一緒にご飯を食べていました。
二人で食事することがこれまでなかったので、何か変な気分でした。お互い無言でいたので、普段から気になっていたことでも質問しようと、弟にそろそろ彼女でもできたのか、など異性関係の質問をしました。しかし弟は恥ずかしがってかあまり答えてくれません。私も意地になっていろいろ質問を変えて聞いていると、弟は女性の身体に興味が湧いているようで、答えるための交換条件として、私に「胸のカップは?」と身体の質問をしてきました。
私も意地になってきたところだったので、胸のサイズを教える代わりに彼女の有無を聞き出しました。結果として、まだ女性と付き合ったことがないようです。

そんな受け答えから始まり、質問大会が始まり、私の異性関係や初体験などいろいろ聞かれ、徐々に下ネタな質問へと進んでいき、「アソコの毛はいつ頃から生えたのか?」など質問されました。
食事が終わった後も質問大会は続き、そこからは完全なエッチな質問ばかりになっていました。「乳首の色は?」と聞かれ、結局色がわからないから見せろという始末。そんなこんなでお互い見せ合いっこが始まり、最後は下半身をみたいと。当然「バカじゃないの!」って断っていましたが、いろいろ理由を付けて言われたので、私は弟のアソコを見せる条件でOKしました。

私が下着を脱いでチラ見せしたあと、弟がパンツを脱ぐと、オチンチンが反り返っていました。驚いていると弟が私に襲いかかってきました。
立っているモノを見ただけでも驚いていたのに襲いかかってこられて、何が何だかわからないうちに足を持ち上げられ、アソコを舐めてきました。抵抗しようとする前に快感が押し寄せてきてしまって、何もできず、ついには弟のモノを挿入されてしまいました。
弟は入れた途端、激しく腰を動かしてきて、あまりの激しさに私がイキそうになると、抜かれてお腹の上にいっぱい精液を出されました。

こんなことになってしまい、弟に腹立たしさというより、自分に対してショックが大きくて、無言のままお風呂に入ろうとすると、「たまには一緒に入らない?」と一緒に入ってきました。10年以上も一緒に入っていないので恥ずかしく、姉というより女としての立場になってしまっていました。
弟はエッチしてしまったことに謝ってきましたが、「昔から好きだ」「世界中で一番美人だ」と言われ、私もおだてられるかのように弟の身体を洗ってあげることに。結局、弟の性欲を掻き立ててしまいそこで2回戦が始まってしまいました。イク前に抜かれるのならそのまま中でイッてもいいからイクまで抜かないで、とお願いしてしまい、弟は私の中で抜かず2発射精しました。

その日から両親が帰ってくるまでの8日間。まるで恋人同士のように毎日エッチをしたり、海に行ったりしました。両親が帰ってきてからは、姉弟の関係ですが、あくまで両親がいるところでは。いない時は弟は身体を求めてきます。
私も弟が好きなので、お互い好きな人ができるまでこの関係は続きそうです。
4
2016/04/27 14:58:23 (lwM29Wdi)
父は45歳で入院中退院の可能性はないそうです。
父が僕宛の手紙を郵便で出していたんです。

その部分だけ告白します
「お母さんが子供を欲しがっている、お前がお母さん
と頑張って子供を作りなさい、お母さんが妊娠をして
も誰も不思議に思わない、無事産まれたらお父さんの
子供として育てなさい」

今夜は継母とラブホテルでセックスです。もちろん
まだ経験はありません継母35歳です。メール連絡で
「もうすぐ帰ります。外食してそれから・・・」
ドキドキしてます。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕