ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200

(無題)

投稿者:
削除依頼
2018/09/25 14:38:10 (8i2b8aEE)
父の実家で同居している叔母久美子36歳との話しです。
僕は20歳学生で、叔母といっても16歳しか離れていないので姉のような存在です。
学生の頃はおとなしい女性って感じでしたが就職してから少しづつケバく派手になって、性に目覚めた頃は叔母をオカズにしていました。最近は豊満むっちり巨乳巨尻のエロい身体になりました。
彼氏はいるようでお泊まりデートをしている様子ですが、日曜日、祝日、お盆や正月休みは彼氏に会えないらしく叔母はさみしそうでした。
先日の三連休前に叔母から
「お願いがあるの!今度の三連休、私と二人で温泉に行って!」
突然のお願いでビックリしましたが訳を聞いても後で話すの一点張り、しかしただならぬ様子だったので了解しました。
1
2018/09/25 09:36:49 (w9uYvQhi)
俺は20歳の学生
東京で 一人暮らし中

一人暮らしのための引越しは
母が手伝ってくれた
ほとんどは地元で買い 送ったが
足りない物を買うために
母は俺のアパートで2泊した

憧れの母
普段は父がいつも一緒だから
ただの憧れだったが
2人になると なんかいつもとは
違う空気が流れてる気がする

初日は夜12時まで片付けをし
シャワーを浴びた
母がバスタオルを身体に巻き
髪をタオルで拭きながら出て来た
母は身長150cmないくらいで
体重は わからないが40kgくらいだと思う
パッと見た目は俺より年下に見える
かなり可愛いほうだと思う
普段はパジャマで出てくるが
服や下着は持って来たが
パジャマは忘れたらしい
自分の親だからなのかドキドキは しない
ただ 勃起してしまった
2
2018/09/23 19:55:50 (zp6ueF5X)
大学生のかいとです。今年の4月から大学生になると同時に母とも男女の関係になりました。
僕にとっては小さい頃からの念願でした。
まだ父がいますが、いなくなったら僕の方から誘いにいき授業が始まるまで裸で抱き合ってます。
この数ヶ月で何十回もセックスしたけど、ますます母が好きになってどうやったら父と別れてくれるのかばかり考えてしまいます。
3
2018/09/22 05:56:51 (67xTzMZ5)
■この投稿は移動致しました。
移動先は下記リンクよりご確認下さい。

禁断の木の実

4

足湯

投稿者:雅之 ◆IZm9C5th3Y
削除依頼
2018/09/19 11:26:51 (GLwpPRsD)
春分の日に母方の墓参りに、叔母文子と出かけた。母と3人での予定が母は急用が入り二人で出かけることになった。44歳の叔母は痩せ型で背も高く子供の頃からきれいな叔母だと憧れていた。片道約一時間のドライブは、「士」の付くキャリアウーマンである叔母とは会話もはずんだ。
 帰り道に”道の駅”により休憩をとると小さな足湯があり、叔母が「入っていこうよ」と言い出した。叔母は、さっとストッキングを脱いでスカートを捲り上げ足湯につかった。叔母は透き通るように色が白い、あらわになった叔母の太腿を見ていると触りたい"という欲望が抑え切れなくなった。叔母の太腿に掌で触ると、叔母が体を大きく揺らし「キャッ」と小さな声を上げた。
「雅之、びっくりするじゃない。こんなオバさんの脚触ってどうするのよ」
「無茶苦茶、気持ちいい。すべすべ。お願い、もうちょっと触らせて」
「もーう。気のすむまで触ってなさい」
呆れたように甥の悪ふざけと受け流していた。近くに叔母と私以外いないことを良いことに、膝から太ももを何度もゆっくりと撫で上げていった。熟年の女のしっとりとした肌の柔らかさと弾力が堪らなく気持ちいい。
「ねえ、20も年上の女の脚触って興奮するの?」
「俺の初体験の相手は、高校の時バイト先のパートの人で、今の叔母ちゃんより年上だったから」
「え。なにそれ」
「で、今も会社の年配のパートの人と仲良しだし」
「雅之は独身でいいけど、向こうは不倫でしょ」
そんな話を続けながら、掌は太腿のつけね辺りをゆっくり撫で、徐々に指が布にかかっていった。化繊のつるりとした感触が伝わってきた。指先に神経を集中させ人差し指と中指で叔母の亀裂の上を軽く撫でるように動かしていく。叔母の呼吸があれてきていたが叔母は止めようともせず会話を続けた。
「若い子のほうが、肌がピチピチしていいでしょう。」
「俺は、同じ年ぐらいの子と付き合ってもダメなんだ。40過ぎのしっとりした肌が気持ちいい」
亀裂の上をゆっくりゆっくり指先でなぞり続けると、そこは湿り気を帯びてきた。叔母は目をつむり私の掌の動きに身を任せていた。叔母のショーツは思っていたのと違いローライズだった。思い切って掌をゴムの中に潜らせた。柔らかな茂みの中で亀裂に中指を当て動かしていく。叔母のうなじが赤みを帯び、叔母は押し黙ったまま目を閉じていた。話し声と足音がし数人のグループが近づいてきた。叔母はさっと立ち上がり「帰ろう」と言って速足で車に戻った。

5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!PREMIUMサービスの詳細はこちら