ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2018/10/19 07:21:58 (qT21GZCp)
13歳の秋に、私はお父さんと結ばれました。

お互いの寂しさと、ぽっかりと空いた心の穴を埋めるかの様に…

私もお父さんの全てを受け入れる覚悟もしていたし、私も望んでいたのかも知れませんでしたから、後悔はしていません。
痛みも感じました。

それよりもお父さんの私に対しての愛を感じました。

結果的にはお母さんを裏切った結果になっていましたが。

お母さんも天国で許してくれてたら良いんだけど。
1

姉貴と

投稿者: ◆9BnNU0q.vA  noktis Mail
削除依頼
2018/10/12 03:00:14 (LqL7nNTm)
まだ小学3年の頃
俺は小6の姉貴に誘われて2人で祖父が隠し持っていたエロ本を読んでいた
その頃まだエッチなこともよく分かっていなかったが、いつの間にか勃起してたらしい
その後2人で風呂に入った時大きくなっている俺のソレを見て姉貴は興味津々になって触ってきた
そして「ねぇ気持ちいいことしてみよっか?」と言ってきた
俺は姉貴にされるがまま上に跨られてそのまままんこに挿入した
それがお互いの初めてだった
姉貴は痛がっていたし俺もあまり気持ちよくなかったが、奥までズプリと入った時は暖かくて何故か気持ちよかった
2人で見様見真似で揺れていたら急にちんこがピクピクして腰が抜けた
今思えば初めてのオーガズムだった
それから姉貴の尻や股にちんこを擦りつけるのに半年ぐらいハマってしまった
いつの間にか忘れていた頃に姉貴も中学生になっていた
ある晩姉貴の部屋から喘ぎ声が聞こえて、その頃既に性の知識も豊富になりオナニーもしていた俺は部屋の扉を少し開け覗き見していた
すると姉貴もオナニーしていたのだ
俺もそれを見ながら必死にちんこを擦ってその場で3回果てたのを覚えている
この前大学生になった俺が久々に里帰りしていた時
姉貴も実家に帰ってきた、既に姉貴は結婚していたがある晩俺のベッドに潜り込んできてちんこを触ってきた
「ねぇ、手でさせて?」と言われたので承諾したらあまりに気持ちよくて俺は理性を飛ばして姉貴を襲った
今までのセックスで一番背徳的で気持ちよかった
2
2018/10/08 14:59:23 (nRiNWAnK)
俺のかあちゃんは俺を18歳で生んだ
だからばあちゃんも若かった
俺が通ってた高校はばあちゃん達の家のほうが近かったから3年間ばあちゃん達の家から通った
ばあちゃん55、じいちゃんも55
ばあちゃんの家に暮らし始めて2年たった時
じいちゃんは2年間だけ単身赴任した
ばあちゃんと俺と二人の生活
俺の名前はりょう
ある晩、暑くて寝付けなかった、パンツいっちょで寝てしまった
またのところが違和感感じて起きた
俺(ばあちゃん)
祖母(りょう起こした)
俺(なにやってるだよ)
祖母(ばあちゃんねりょうの様子みにきたらパンツ一枚で寝てて、りょうのこれ立ってて我慢できなかった)
fばあちゃんとじいちゃんは年にしては3日に一回はセックスしてた
俺(ばあちゃん寝ぼけてるのか、俺りょうだよ、じいちゃんじゃないよ)
祖母(りょうでしょう)
俺(わかってるならやめてよ)
祖母(いいしょと言ってしゃぶってきた)
俺は初めての経験だった
俺(ばあちゃんきもちいい)
祖母(りょうは経験あるの)
俺(ないよ)
祖母(一人ではあるよね、いつも除いてるもんね)
ドキッとした、毎回のぞいてはおかずにして一人でしてた
俺(一人ではある)
祖母(やっぱりね、じゃあばあちゃん教えてあげるから)
と激しくしゃぶりだした
俺(ばあーきもちいい、すげえー)
ばあちゃんは無言のまま玉袋舐めたりしてきた
俺(ばあーもうでるよ)
と言ったら一層激しくしゃぶってきた
俺(あーでるー)ばあちゃんの口に出してとまった
ばあちゃんは飲み込んだ
祖母(りょうは若いね、じいちゃんより量多いし濃いし美味しいは)
俺(ばあちゃんすげな)
祖母(ばあちゃん昔からフェラは得意だったからね)と言ってまたしゃぶってきた
俺の息子は痛いくらいピンピンだった
祖母(りょう、ばあちゃんも舐めて)
と言って桶のほうに尻むけてきた
俺はどうしたらいいのか困ってたらばあちゃん一度自分の部屋に戻ってDVDとデッキ持ってきて俺の部屋にふるテレビにつんげて再生押したそると裏DVDだった
俺(ばあちゃんこれ凄いね)
祖母(じいちゃんが隠し持ってたの昨日見つけた)
俺は夢中になってみてた
祖母(りょうみてないで舐めてよ)
俺(うん)
舐め始めたばあちゃんのまんこ少しおしっこ臭かったけど舐めた
祖母(りょううまいね、きもちいいもっと激しくだよ)
俺はな夢中になってまんこ舐めた
祖母(あーあーあーあーいいいいよ、ばあちゃんいっちゃうよ)
俺はDVDの真似してまんこに指入れた
祖母(ああーあーあーりょうの指入ってきた)
夢中で指出し入れした
祖母(あーあーあーいくー)
ばあちゃんはいってしまった
俺(ばあちゃん大丈夫)
祖母(大丈夫じゃないよ、りょう激しくするから死ぬかと思った)
ばあちゃんは、俺の上にのっかてまんこに息子入れてきた
祖母(あーあーりょうのすごく硬くて感じるはと上下に腰振りだした)
そしたらばあちゃんはすぐにいった
俺(ばあちゃん凄いな)
祖母(だった固くて気持ちいいんだもん、りょうお願いあるの)
俺(何)
祖母(ばあちゃんじゃなくて二人だけの時はけいこって呼んで)
俺(けいこわかったよ)
祖母(りょうちゃん嬉しい)
その時からけいこはおれのことりょうちゃんって呼ぶようになった
けいこはまた上下に腰振ってきた
けいこ(りょうちゃんDVDみたいに下から突っついて)
俺(わかった)
俺はしたから突っつき始めた
けいこ(もっと激しくして)
腰がおかしくなるじゃないかと思うくらい激しく突っついた
けいこはまたいってしまった
けいこ(りょうちゃん覚えるの早いね)
俺(DVDのおかげだよ)
二人して笑った
正常位になって
俺(けいこでるよー)
けいこ(もう生理こなくなったから中に思いっきりだして)
俺(いいの)
けいこ(うん出してー)
俺は激しく動いてけいこの中に思いっきりだした
けいこ(若いっていいね、りょうちゃんチンチンまだまんこの中でピクピク動いてるよ)
俺(すげぇ気持ちよかった)
一度漫湖から抜いたら恵子は口で綺麗にしてくれた
俺(けいこすごいな、じいちゃんにもしてるの)
けいこ(じいちゃんのことは聞かないでよ)
笑った、次の日は学校だったからそのまま裸で二人で寝た

起きて下に降りていった
けいこは朝の支度してた
俺(おはよう)
けいこ(りょうちゃんおはよう)
と近づいてきてキスしてきた
けいこ(早く食べないと遅刻だよ)
というから時計みたら7時過ぎてた
俺は慌てて着替えてパン一枚と牛乳だけ飲んで学校に出掛けた
家出るとき
けいこ(りょうちゃん昨日のことは誰にも言ったらダメだよ)
俺(けいことエッチしたなんて恥ずかしくて言えないよ)
けいこ(笑っていってらしゃいとキスしてきた)
その日は部活はほかの部活が体育館一面使いたいとのことで休みになった
夕方帰ってきたらお袋がきてた
俺(ただいま)
けいこ、お袋(お帰り)
俺(母ちゃんどうしたの珍しいね)
お袋(お前の様子みにきたんだよ、今月分の小遣いまだ渡してなかったし)
俺(そうかい)
お袋は小遣いいつもよの少し多めにくれた
俺(センキュー)
夕飯はお袋が俺の好きなチーズハンバーグ作ってくれて一緒に食べて帰った
けいこ(やっとりょうちゃんと二人になれたね)
俺(うん)
その日からけいこと一緒に風呂入ってけいこの寝室で寝るようになった
それもけいこはダブル布団買ってきてた
俺(ダブルじゃん)
けいこ(いいしょ)
笑ってしまった
それから毎日けいことセックスしてすべて中だし
大学もけいこの家から通った
けいこが65で天国に旅立つまで続いた
じいちゃんは、脳梗塞発症してずっと入院してたそのじいちゃんもけいこが天国に旅立って1か月もしないで死んだ
けいこが倒れる直前までセックスしてた3回も終わってけいこは水飲んでくると言ってフラフラしながら台所まで行って倒れた
けいこは意識が戻らないまま1週間後旅立った
消防や警察もきて取り調べみたいの受けた
けいこは自分で分かってたのか水飲む前軽くシャワー浴びたのか身体中濡れてたから、簡単に説明できた
警察も事件性がないと判断して病院では心筋梗塞と診断された
けいこはフラフラしながらも俺に迷惑かけられなって我慢してシャワー浴びたのかな
けいこありがとう、今もけいこのこと愛してるよと月命日には必ず納骨堂にお参りに行って言ってる


3
削除依頼
2018/10/08 07:52:09 (nRiNWAnK)
俺が高校1年の時だった、姉夫婦も実家に同居して姪は4歳だった
姪は俺と風呂に入るのが大好きで毎日一緒にはいってた
姪の名前はかんな
かんなはよく俺の部屋で遊んでそのまま俺の部屋で寝てしまってた
その日もかんなは俺の部屋で寝てた
姉 かんなまたあんたの部屋で寝てるは
俺 いいよ
姉 じゃあ夜中トイレに起こしてよ
俺 わかった
次の日の朝から部活の練習試合があったから10時過ぎには寝た
1時頃かんなをおしっこに起こしてトイレに連れて行ったら姉貴の部屋からヤラシイ声が聞こえてきた
かんなを寝かして姉貴の部屋に覗きに行った
姉 あーあーあ気持ちいいもっととかヤラシイ喘ぎ声がひびいてた
俺のチンコは大ピンチ
自分の部屋に戻って2回も抜いた
次の日もかんなは俺の部屋で寝てた、おしっこに起こしたてトイレに連れて行ったらまた姉貴の部屋からヤラシイ喘ぎ声
その日はかんなを寝かしてしばらくしてたからかんなのズボンとパンツ脱がした
ツルツルのあそこが丸見えで俺は大興奮
姉貴の旦那みたいなかんなのあそこを舐めてみた
かんなは起きる気配ない
右手でチンコをしごいた
その日からかんなが俺の部屋で寝た日は舐めて右手でシゴイタ
かんなが俺の部屋で寝た日は姉貴達はセックスしてた
かんなが小学校にあがり俺は大学生
それでもかんなは俺の部屋でよく寝てた
ある日、かんなのあそこ舐めてたら
かんなは起きた
かんな にいにい
かんなは俺のことにいにいと呼んでる
かんな 何してるの
俺   無言のまま舐め続けた
かんな にいにい怖いよ
俺   無言のまま
かんな にいにい辞めて
かんなは恐くなったのか泣き出した
俺   かんなごめん
かんな うーうーうーと泣いてた
俺   かんなごめんね
かんな にいにいママとパパの真似してたの
俺   知ってるのか
かんな うん、何回か見たことある
俺   そうか
かんな うん、妹が生まれてからないみたいだけどね
たしかに下の子が生まれてから姉貴達がセックスしてる気配が全くない
レス状態だろうな
俺   そうか
かんな にいにい舐めていいよ
俺   怖いだろう辞めるよ
かんな 違うにいにい何も話してくれなかったから怖かった
俺   そうか
かんな うん
俺   じゃあ舐めるぞ
かんな うん
また舐めはじめた
しばらくしてかんなは鼻息荒くなってきた
俺   かんなどうだ
かんな なんか変なかんじ
俺   それはきもちいいということだよ
かんな これがママがよく言ってた気持いいことなんだ
俺   そうだよ
かんな 小さい声できもちいいよ
俺はクンニが得意、彼女も大喜びするほど得意
かんの身体はピクピクしてきた
俺   かんな感じるな
かんな だってにいにい舐めると気持ちいいんだもん
時計みたら2時
俺   かんなそろそろ寝ないと明日学校だし
かんな うん、きもちよかった
俺   みんなに話すなよ
かんな 言わないよ
そのまま手繋いで寝た
それから毎日かんなは俺の部屋で寝た
姉貴達も親も別に疑うこともなくいつものことかとあきれてた
しばらくして
かんな にいにい
俺   何
かんな 男の子はこうしたら気持ちいいんでしょうとちんこ触ってきた
俺   そうだ、こうしたらもっと気持ちよくなるぞとかんなの手でシゴキだした
かんな ママもパパのやってたこうやったりとしゃぶってきた
完全にちんこはヤバイ状態に
かんなの手コキで俺はいってしまいかんの顔にかかった
かんな 臭いよーにいにい
俺   ごめん
かんなはティッシュで拭いてた
かんな 臭いとれないよ
タオル濡らして拭いてやった
かんな 少しとれたかな明日の朝シャワー浴びよう
俺   そうしたほうがいい
かんな うん、にいにい気持ちよかったの
俺   おーすげぇきもちよかった
かんな よかったね
俺   うん
そんなことがかんなが6年生まで続いた
6年生の夏休みにかんなは生理がきて姉貴がかんなにもうお兄ちゃんの部屋で寝の辞めなさいとと言ったから
終わった
俺も就職して4年目で一人暮らし始めた、実家の近くだったけど
かんなが中学に入り、俺の家によく遊びにくるようになった
かんな にいにい舐めていいよ
俺   かんなもう辞めたしょ
かんな 舐めて欲しいだもん
俺は彼女と別れたじかりで寂しいせいもあったのかかんなに言われるがまま舐めてしまった
かんな にいにい気持ちいい
俺   にいにいも気持ちよくして
かんな うんと言ってしゃぶってきた
俺   かんな気持ちいいぞ
かんな 私も気持ちいい
俺はかんなの口の中で出してとまった
かんな マズイねこれ
俺   あたりまえだろう
かんな 美味しいのかと思った
俺   バカかぁと二人で笑った
その日からかんなは学校休みで部活ない日は朝から部活の日は部活終わってからきて舐めあった
かんなと結ばれたのはかんなが中2の夏休みだった
かんな にいにい入れて
俺   いいのか
かんな うん
慌ててドラックストアーにゴムとローション買いにいって帰ってきた
かんな これ何
俺   コンドームと言って赤ちゃんできないようにする道具
かんな じゃあこっちは
かんなのまんこに入れやすいようにするための道具
かんな そうなんだ
まず舐めあってから息子にゴム付けてかんなのまんこにたっぷりローション塗って始めた
少しはいった
かんな イー痛いよ
俺はゆっくり動いた
かんな にいにい痛い辞めてー
俺   大丈夫かぁ
かんな 初めてってこんなに痛いの
俺   俺女じゃないからよくわからないけど痛いらしいなぁ
かんな ちょう痛いよ
俺   じゃあ辞めるか
かんなは考えた
かんな 我慢する
俺   我慢しなくていいよ
かんな 我慢するの
しばらくして俺はまた動いた、かんなは痛そうな顔してた
俺   かんなでるよと言ってかんなのお腹の上にだした
俺   かんな大丈夫かぁ
かんな 大丈夫なわけないしょと叩かれた
俺   だよな、でもずっと続けると気持ちよくなるよ
かんな そうかな
俺   そうだよ、だからかんなのお母さんだって気持ちいいとか言ってたでしょう
かんな そうだね
時計みたら6時近く
俺   かんなもう帰りな
かんな にいにい明日は
俺   明日は日曜日だから休みだよ
かんな 明日から部活休みだから朝からくるねと言って帰った
明日友達と海に行く予定だったけど断った
次の日7時頃かんなは来た
俺   お前早いなぁ
かんな いいしょ
かんなは部屋に入るなり裸になって俺のペットに入ってきた
かんな 入れて
俺   おいおいいきなしかよ
かんな うんにいにいに気持ちよくして欲しいだもん
俺   仕方がないなぁと舐めてゆっくり入れた
かんな 昨日より痛くないかも
俺   よかったじゃん
かんな うん
最初はゆっくり動いたがだんだん激しく動いた
かんな にいにい激しいとその頃にはかんなは痛いのも忘れて可愛い喘ぎ声出してた
その日は昼飯食べるのも忘れて夕方まで5回エッチした
終わった時には俺もかんなも疲れ果てヘトヘト、シーツはベトベトだし
3回目からはゴム付けるのも忘れてかんなの中に出してた
かんな、痛いのなくなって凄くきもちよかった
俺、ゴム付けないでやっちゃったな赤ちゃんできなければいいけど
かんな そうだね
大丈夫だったけど
かんなが高校卒業まで関係続いた、かんなが大学に入学した年に俺は結婚したから関係はなくなった
結婚式の何日前かに
かんな にいにい最後にお願いあるの
俺   なんだ
かんな 久しぶりに中に出して
俺   えー
かんな お願い
俺   わかった一回だけだぞ
かんな うん
それからいつものように舐めあってゴム付けずに入れた
そしてかんなの中に出した
終わったらかんなは泣いてた
俺   泣いてどうした
かんな にいにいのこと大好きだった
俺   俺もかんなこと大好きだったよ
かんな じゃあなんで結婚するの
俺   なんでって言われもな
かんな そうだよね、にいにい幸せになってね、それと私のこと忘れないでね
俺   当たり前だろう忘れないよ
かんな ありがとう
結局その日は3回エッチして全てなかだし
3か月後かんなから電話来て赤ちゃんできたみたいとか言い出した
俺   まじかよ、どうするのよ
かんな にいにいの子供とは言わないから安心して
かんなは2か月後彼氏と籍いれたが間違いなく俺の子供だぁ、彼とはゴム付けてエッチしてたらしいからどう説明したのかは知らないけど
大学も2年休学して育児に励んでた
何年かして久しぶりにかんなから電話来た、その頃俺は離婚して独り身だった
かんな にいにい元気
俺   久しぶりだな元気だぞ
かんな なににいにい離婚したんだって
俺   おー
かんな お母さん言ってた
俺   そうか
かんな 実は私も離婚したの
俺   おーいまじかよ、原因は
かんな 今度会える
俺   いいよ
かんな じゃあその時に話す
俺   わかった
日時と場所決めて電話切った
当日、かんなは一人で待ち合わせ場所に来た
かんな 久しぶり
俺   おー元気そうだな、子供は
かんな お母さんに預けてきた
俺   そうか、お母さんもお父さんも元気かぁ
かんな 元気すぎるよ
俺   そうか、ここで話すか
かんな にいにいの部屋行っていい
俺   ちらかってるけどいいぞと言って俺の部屋に来た
かんな 本当にちらかってるね、掃除くらしいしなよ
俺、うるせぇまぁ開いてるところに座れ今コーヒー入れるから
かんな うん
コーヒー入れて俺もベットに座った
かんな にいにいの子供だって旦那にバレたのと突然話し出した
俺   なんで
かんな 旦那が子供は俺に全く似てないからと言ってDNAで調べたの今年の正月にみんな集まったときににいにいの身の毛とったらしく
それも調べたらにいにいと一致したらしくて
俺   そうだったのか
かんな うん、みんなは知らないけど、みんなには旦那の浮気が原因って言ってある
俺   大変だっただな
かんな にいにいは離婚の原因なに
俺   おれの浮気だ、子供生まれてから一度もなくてよ会社の女の子と
かんな そうだったんだ
俺   うん
そしたらかんながベットに座ってきて俺のまた触ってきた
かんな これ
俺   いいのか
かんな うん
ベットに押し倒してお互い裸になった
かんな にいにいの舐めたかったのと言ってしゃぶってきた
俺、たくさか味わえ
かんな、美味しいよ
俺   俺も舐めてやるからお尻こっちに向けろと言って69になった
俺   おーいやらしいかんなのまんこ何年振りだろうな
かんな 10年振りだよ
俺   そうか
かんな もうダメにいにいいれてと言ってきた
俺   よしかんなはバックが大好きだったよな
かんな 大好き
バックで入れた
かんな、にいにいのこれが欲しかったのあーあーきもちいい
かんなすぐにいっちゃった
それから色んな体位して最後は正常位
俺   かんなでるぞー
かんな 中にちょうだい
俺   わかったと中に果てた
かんな すごく気持ちよかった
俺   俺もだ
それから夕方まで3回エッチしたすべて中だしだった
それから毎週末かんなと俺の部屋やラブホで愛し合った夫婦のように
2年後かんなはまた妊娠した
その時、隠さずに姉貴夫婦と親に話したがわかってくれた
お袋と姉貴はなんとなくわかっていたらしい
かんなが中学の時に俺の部屋によく出入りしてたところをお袋の知り合いによく目撃されてたらしく
その頃から疑ってたらしい
それから
法律上は結婚き出来ないが一緒に暮らしている、あれからもう一人子供生まれ子供三人と5人暮らし親父は死んだがお袋と姉貴夫婦はあきれてる
子供達は俺の養子として育ててる
今もかんなとは回数は減ったが月に数回愛し合ってる
4
2018/10/07 22:29:54 (YEiN1eMM)
うちは娘夫婦と孫娘と妻と五人暮らし
娘夫婦は共働きで夜も結構遅く帰ってくる日が多かった
俺は50過ぎると配置転換で暇な課に異動になり定時で帰れた
毎日、孫娘と一緒に風呂に入るのが日課になり楽しみだった
孫娘の名前はみき、小学1年の時だった
いつものように一緒にお風呂入って身体と頭洗ってやってお湯につかった
みき じいじい
俺、 なんだい
みき 昨日ね
俺  なに
みき ママとねパパね裸で騒いでだよ
たしかに昨日は娘夫婦の部屋から喘ぎ声聞こえてた
俺  そうなの
みき うんでねママねパパのちんちんこうやって触ってだよと言って俺の息子触ってきた
みきはママの真似ごとするのが大好き
俺  みきちゃん辞めてじいじい痛いよ
みき 痛いの
俺  痛いよ
みき パパきもちいいとか言ってたよ
俺  そうなんだ
みき、うん
みきと風呂あがって、その日は妻は夜勤でいなかった
俺  みきちゃん歯磨きして寝るよ
みき うん
半分寝かかってた、歯磨きさせてその日は寝かした
しばらくして娘が帰ってきた
俺  おーお帰り
娘  ただいま、みきは
俺  さっき寝たよ
娘  お父さんいつも悪いね
俺  あーいいよ、ちょっと話ある
娘  何
風呂場でのことすべて話した
俺  気をつけろよ
娘  お父さんごめんね
俺  いいけど気をつけろよ
娘  うん
そのうち婿帰ってきた、俺は婿とビール飲むのが毎日の楽しみだった
俺  お帰り
婿  ただいま
婿にも話した
婿  お父さんすみませんでした
俺  いいよ
二人で飲んでその日は寝た
次の日も風呂場でみきは触ってきた
俺  みきちゃんダメだよ
みき いいしょ楽しいんだもん
俺  ダメーと少しきつく叱ったら泣き出した
みき えーんじいじい怒った
俺  じいじいたって悪いことしたら怒るよ
みきは泣きながら体ふかずに妻のところに行った
妻  みきに何したの
俺  悪いことしたから怒っただけだよ
妻  みきが何したの
正直に昨日のことからすべてはなした
妻はみきにじいじいの触ったらダメだよと優しく怒った
みき うん
みきはもう一度風呂入りしばらくしてあがった
次の日からは妻がみきと風呂入るようになった
それから2年後もう一人孫が生まれた時だった
その前の年に妻はガンで死んだ
その日は娘は出産直後で入院してて婿は出張でいなかった
みき じいじい一緒にお風呂入っていい
俺  いいよ
一緒に風呂入ってみきはまた触ってきた
俺  みき
みき 急に泣き出した
俺  どうした
みき ママもパパも最近遊んでくれないから寂しかっただもん
俺  ママもパパも忙しからね
みき じゃあなぜエッチする暇あるの
俺はビックリしてなんて言ったらいいのか迷った
俺  みきエッチってなんだか知ってるの
みき うん、みきがじいじいのこれ触ったときじいじいやばぁばぁに怒られたしょ
俺  たしかに起こったな
みき その後ママが教えてくれた
ママとパパがなぜ裸で抱き合ったりママがパパのチンチン舐めのか、それはママとパパが愛し合ってるからだよ
愛し合うことをエッチって言うだよ
ママとパパが愛し合ってるからみきがママ達のところに生まれてきてくれたんだよ
だから真似したらダメだよって言われた
俺  そうだったか
みき うん
俺  ママの言う通りだよ
みき いいんだけど遊んでくれないもんエッチする暇はあって遊んでくれる暇はないの
俺  なんて言ったらいいのかわからなかった
そんなことしてるうちにみきは抱きしめてきた
俺  みき寂しかっただな
みき うん、じいじいとお風呂入ったらダメって言われてたし
俺  そうか、よしよしと優しく抱きしめてあけだ、みきそろそろ上がろう
みき うん
風呂あがって
時計見たら9時過ぎてた
俺  みき明日学校なんだからもう寝なさいよ
みき じいじいと一緒に寝たい
俺、わかった
一緒に歯磨きして俺の部屋でその日は寝ることにした
俺 みきおやすみ
みき おやすみ
みきが手握ってきたから軽く握ってやった、みきもまだ3年生だし甘えたい年だよなと思いながら俺も寝てしまった
娘が退院してくるまで一緒に寝た
婿は途中で向こうでトラブルがありしばらく帰れないって連絡きた
1週間くらいで娘は退院してきた
また普段の生活が始まり、みきとも風呂入ることなくなった
みきが高校に入り2年生の時だった
そのころには婿の転勤で遠くに娘夫婦は引っ越した
夏休みみきが泊りがけで遊びに来た
俺  みき大きくなったなぁ
みき うん。私ね体操やってるだよ
俺  そうか、やってみせてよ
みき じいじいに見せようと思ってたユニホーム持ってきたよと言ってみきは着替えた
みてビックリした、おっぱいがデカかった
みきは簡単な体操始めた
俺  みき上手いなぁ
みき じいじいありがとう
夜になり
みき じいじい昔みたいに一緒にお風呂入ろう
俺  みき一人で入りなさい
みき いいしょ別に
まぁいいかと一緒に入った
風呂場で
みき じいじいこうやって入ったよね、懐かしいい
俺  そうだなぁ
そしたら突然
みき じいじいのこれも触ったよねと触ってきた
俺はみきの裸みたときからピンピンだった
みき あーじいじいたってると言って握ってきた
俺  みき辞めなさい
みき いいしょ
俺  本当に怒るぞ
みき いいよ、今は恐くないもん
俺はあきれて言葉が出てこなかったそしたらみきがシコシコしてきた
みき 彼よりデカい
俺  みき彼いるのか
みき いるよ、エッチもしてるよ
俺  へーえ
俺は爆発して質問繰り返した
俺  いつ初体験しての
みき うんとね中3の冬休み
俺  最初痛かったしょ、彼氏とかい
みき 家庭教師の人と、痛かったよ
俺  そうか
みきはだんだん激しくシゴイてきた
俺  みきヤバイ
みき じいじいでるの
俺  おー
みき だしていいよ
返事する暇もなく風呂の中で出てしまった
みき 気持ちよかった
俺  おー
みき よかった
風呂あがってみきは寝た俺は興奮して寝れなく何十年振りだろう一人でシゴいた
その時部屋のドア開いてみきに見られた
俺  あーどうした
みき 暑くて寝れないエアコンのリモコンどこ
俺  みき寝たる部屋のエアコン壊れてるは
みき えー寝れないしょ
俺  じゃあこの部屋で寝るか
みき うん
みきの布団持ってきて俺の隣にひいた
みき じいじいエッチだね
俺  見られたか
みき 見ちゃった
二人して笑った
みき じいじい私に任せてと今度は俺のパンツ脱がしてしゃぶってきた
俺  みき上手いなぁすげぇ気持ちいいぞ
みきは無言のまましゃぶり続けてだんだん激しくなってきて
俺  みきでるー
みきは無言のまましゃぶっり続けてみきの口の中に果てた
みき じいじいまた出たね
俺  やぁごめん口に出すつもの無かったけどみきが離してくれなかったから
みき いいよ
みき じいじい今度私のここ舐めてよ
俺は我が身を忘れてみきのまんこしゃぶりだした
みき うわーきもちいい
69になって舐めあった
俺は我慢出来なくて
俺  みき入れていいかぁ
みき いいよ
ゴム無いから生でそのまま入れた
入れたら
みき じいじいゴム付けてないの
俺  ないもん
みき 赤ちゃんできたらどうしょう
俺  中に出さないよと言って動いた
みき、ゴム無し初めてだけど全然違うね
俺  そうだろう
みき うん、ゴムないほうが気持ちいい
俺  そうか
みき きもちいいよじいじい
俺  みきじいじいもだぁ色んな体位して最後正常位
俺  みきでるぞ
みき 中にだして
ヤバイと思ったけどみきの中で果てた
みき すごーく気持ちいい
俺  中に出したけどヤバイぞ
みき その時はその時だよ
妊娠はしなかったが
それからみきが帰る日までエッチした、冬休みも遊びにきた下の妹も一緒だったから激しくはできなかったが
みきは大学は都内の大学に入って俺の家から近かったから俺の家から通った

最初の1年間はほぼ毎晩エッチした、もちろんゴムありで
みきが大学2年の頃にはもう俺の息子はやくにたたなくなったがみきのまんこは舐めてやった
みきは大学卒業して都内の会社に就職して今も独身
今は関係が全くなくなったが、たまにみきとこんなことあったねと話す
今となればいい思い出です


5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!PREMIUMサービスの詳細はこちら