ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験とその経過報告はこちら(経過はレス推奨)

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2019/07/15 14:43:14 (XnottDWk)
ある晩、階下に飲み物を取りに行ったときに
薄明かりの漏れる両親の寝室のドアの隙間から
父と母の営みを見てしまった。
とはいえ、積極「的に動いているのは
日頃地味な普通の主婦である母親のほうで
シックスナインの体勢で上になり、父の半勃起を
しごきたてながら、唇をヌルヌルに唾液で濡らしながら
音たてて激しく吸いたて、亀頭を長い舌でせわしく舐め上げて
脂の乗った汗で光るデカい尻を左右に忙しく振って
父の顔に押しつけて甘い悶え声をあげている。
しかし父はどうもなかなか勃起には至らないようで
業を煮やしたかのように顔上げた母と目が合ってしまった。
慌てて部屋に戻ったが、思わぬ母の痴態と
両親の寝室に充満していた、なんともいえない、
酸っぱいような濃厚な淫臭にこっちが勃起してしまって
思わず自慰を始めてしまっていた。
そのときドアを開けて母が入ってきた。
「覗いてたんでしょ・・・」
「うん・・・」

パジャマ姿の母は普段とは違い色気が溢れ、女として強く意識した。
母親というのも忘れ、思わず立ち上がると、抱きしめた。
呆気に取られる母の唇を奪うと、ようやく我に帰った母の抵抗に合った。
が、もう僕は歯止めが利かなくなっていた。
父が階下にいることも頭には無く、抵抗する母をベッドに引きずり込んだ。
既に母を全裸にして、自分も全裸になっていた。
父よりも成長した肉棒は回復して、痛いほどになっていた。
「えっ・・・・・」
母の驚きの声は、僕の下半身を見たときに出た。
僕のいきり立った肉棒を見ると体の力が抜けたようになり、怪しい目になった。
僕はそれを見逃さずに、一気に攻めた。
愛撫もそこそこに母の中に強引に突きたて、腰を使って攻め立てた。
先ほどまでの余韻かすんなりと入っていった。
さすがに「ヤバイ」と思ったのか母は逃れようとしたが、
そのうちに快感に勝てなくなり、喘ぎだすと、僕に抱きつくように手足を絡めてきた。
お互い求めるようにくちびるを重ねた。たっぷりとくちびるを吸い合ってむさぼって
舌も思いっきり、激しく絡めあって
酸っぱいようなすごくエッチな母の唾液が鼻先に匂った。
初めて経験する激しいキスだった。
母は僕を抱きしめベロベロ長くてよく動く舌をエッチに絡めて腰を振る。
「ああ、入ってる。久しぶり、いい、おっきい、太い、硬い」
「ねえ、もっと激しく動かして、母さん滅茶苦茶にして、突いて」
「ああ、いやあ、だめ、激しい。こんなの初めて、きつい・・・」
「してっ・・激しく・してっ・・してよぅ・・・ねっ・・ね、お願い・・欲しいっ・・あはっ」
もう母親ではなく、一人の女になっていた。
母の膣はなかなか締め付けがきつく、僕も限界になってきた。
「母さん、おまんこ濡れて締まってたまんないよ!キッスも酢臭くてエッチで出ちゃいそうだよ!どこに出したらいい」
「ああ、出して、母さんの中にいっぱい出して。大丈夫、安全日だから・・・
 母さんめちゃくちゃにしてぇっ!・・いっぱい出してぇ!ああ、イクッ!イキそう」
積極的にムサボってくる母の唾液まみれの肉厚クチビルと長い舌を吸いながらやがて、同時にイった。
暫くして挿入したまま余韻に浸っていた母が呟くのが聞こえた。
「少し休んだらまた母さんを気持ちよくして・・ねっ・・したいだけしてぇ・・朝までやって・・」
僕の自慢の肉棒は、徐々に回復してきていた。母の中で、再び回復の兆しを見せ始めた。
「しよっ・・ねっ・・しよっ・・早くしてっ・・してぇ・・っ」
母は自分の中で回復している肉棒に再び感じ始めたようだった。
さっきは幾分の遠慮もあったようで、自ら攻めるような事も無く、
大人しくしていたが、興奮の方が強いようで、自ら動き始めた。
一端抜き、態勢を変えると、ムチムチのヒップを激しく上下させて攻め始めた。
汗だくの母のカラダのムチプリぶりにあらためてソソラれる。濃厚な汗とジュースの酸臭もエッチだ。
「ねっ・・あなたのモノにしてっ・・もうあなたの女よぅ・・っ・・ね、ねっ・・女にしてぇぇぇっ!」
もう狂ったように朝までやりまくった。
翌朝、目が覚めると母が隣で寝ていた。
父の姿を捜したが既に会社に出かけたのかいなかった。
その日以来、母は明らかに変化した。
家にいるときも服装がはでになり、僕の好みのミニをはくようになった。
元々セックスが好きな母は、父で満足できなくなってから押さえていたものが爆発したのか、
僕の求めに、いつでも応じるようになってきた。
というよりも自分から求めるようになってきた。父は知っているはずなのに、何も言わなかった。
さすがに、父がいるときは我慢していた母だったが、
それも慣れて僕に夢中になってくると、父がいるときでも露骨に誘ってくるようになってきた。
或る日の事・・・夕食の準備を手伝う僕は、母の姿に欲情した。
近くにテレビを見ている父がいるにもかかわらず、母に後ろから抱きついた。
肉棒を尻に押し当て母の反応を見る。「あはっ」と言う声がして、
驚いたように振り返るが、逃げはしない。逆に手を伸ばし、感触を確かめるようにする。
元気なのを確認すると母は笑いながらスカートを捲り上げた。ノーパンのムチプリヒップが匂い立つ。
僕はオッパイを揉みながら下半身を愛撫してやる。
期待してたのか既にヌルヌルで、指にチーズの匂いの愛液がまとわりついてくる。
どちらともなく当たり前のように唇を重ねると、母は積極的に吸い長い舌をベロベロ絡めてくる。
目を閉じクチを笑ったように開けて舌を絡める母の表情がたまらなくいやらしい。
素早く指を唾液たっぷりの舌で舐め濡らしてペニスをしごいてくる。
こっちもたまらず近くに父にいるのも気にせず夢中で濃厚なキスを味わいながら指マンする。
喘ぎ声を噛み殺すようにしていた母もついに、
我慢できなくなったのか、二人の時と同じように声を漏らし始めた。
さすがに気になり、父のほうを横目で見ると、こちらの気配が伝わっているにもかかわらず、
テレビの方を向いていた。肩が小刻みに震えていた。
僕は勝ち誇ったように愛撫を続けると、いきり立つ肉棒を母の濡れそぼった匂う穴に突き刺した。
「あっ、いいっ・・・んんっ・・あはっ・・やっ・・・」
言葉にならない母の嬌声が漏れ、崩れ落ちそうになる。
方足を抱え更に深く挿入してやると、部屋中に響き渡る声で喘ぎだした。
荒い息の合間に唾液が滴り飛沫が飛ぶように激しいディープキスの生々しい音が響く。
そのまま母の濡れた肉厚クチビルをたっぷり吸いながらクライマックスを迎え同時に果てた。
中出しの余韻を楽しみ、ふと、父を見るともうそこにはいなかった。
母は父の事など、気にもとめていない様で、グッタリとしていた。
その日以来、父の存在は二人の行為を妨げるものではなくなった。
その日以来、夫婦の寝室は僕と母の愛の巣となった。
と言うよりは、家の中でのセックスは自由に何処でもするようになった。
目が覚めると、母が僕の上に跨り腰を振っている。
自ら乳房を揉みクチビルを舐めまわして荒い息遣いで喘いでいるのだ。
僕が起きたのに気付くと甘く切ないい声で囁く。
「・・・・・してっ・・・」
その声に僕の肉棒は更に硬度を増し、激しいモーニングセックスが始まる。
母の激しいフェラチオ。
ツバを大量に含み糸も引いたりで、ジュルジュルと大きな音を出して、
母の髪が左右に揺れ顔が隠れるくらい激しくクチで愛してくれる。
朝から母親と貪りあい、すっきりと出して学校に出かける。
たまには母がしつこくて遅刻になる場合もあった。
あの大人しい母はセックスになると変身してしまうようになった。
僕にとっては最高のパートナーになっていった。
1
2019/07/15 11:23:50 (eXUTI8SO)
私の初体験は中2の父の日でした。
物心着いたときから母はいなくて、お父さんと二人暮らし。ずっとお父さんに甘えてました。

一緒にお風呂入ってる時が好きで、小学生のころはお父さんが帰ってるくまでにお風呂掃除して待ってる毎日。けども中学生なる前くらいから、そろそろ1人で入りなさいと言われてとても悲しくなりました。
理由も分かっていますが、けど一人のお風呂は寂しくもありました。
その寂しさ、募りいつしか恋のような感覚になっていたのです。
中2の父の日。日頃の感謝も込めていろいろやりました。最後は一緒にお風呂です。やる覚悟はできてます。お父さんのこっそり借りてきているエッチィDVDも見て勉強済み。

お父さんも恥ずかしがってました。私のちょっと大人になった身体を見て欲しかったけど直視はしてくれなくて。
まぁ、それでもこっちはやること決めてますから、お父さんの背中流す、その時に後ろから手を回して……。
当然、やめなさい、って言われました。それでもお父さんが好きだし、エッチィDVD見ているのも知ってるからいろいろな思いも込めて告白……しながら手コキしてあげちゃう。ボディソープでお互い泡まみれになり、お父さんの大きな背中に胸を押し付けて。どんどん大きくなるお父さんのアソコ……。モザイクでわからなかったけど、後ろからチラッと見たソレは凄い大きくて、ほんと亀の頭みたいって思いました。

シャワーで泡を流してからお父さんの前に座りちゃんとソレを見て、ゆっくり舐めてみました。もう、お父さんも何も言いません。DVDではこうしてた……と、見よう見まねでフェラ。すごくエッチィ気持ち…になりながら舐めて咥えてしてました。
しばらくしてお父さんが私をマットに寝かせて、脚を持って広げお返しとばかりにクリを中心に舐めてきて……。恥ずかしさと気持ちよさでエッチィ声上げちゃってました。自分で触るより気持ちいい。
そして……本当にいいのかと聞かれ、お父さんじゃなきゃイヤだと答えると……ゆっくりとお父さんのアソコが入ってきました。太いモノが入ってくる違和感、奥まで来たときの痛みは結構キツかった……キスされながらゆっくりと動いてくるお父さんの身体に抱きついて……痛いけど幸せな感じに包まれてました。

お風呂で一回してから、お布団でもう一回。今度はエッチィDVD見て分からなかったこととか教えて貰いながら時間かけてやっちゃいました。最近は頻度減ったけど、それでも月に二回はしちゃってます。


2
2019/07/14 06:44:43 (ydV2eoop)
僕が中学生の時に
父が交通事故で亡くなり
哀しむ母を慰めるつもりが
父が生きてた時にたまに父と母の夜の営みを覗いてた僕が
母を慰めるつもりが
夜のことを思い出して
母を女と見えてきて
母にキスをしてしまった。
母は、少し抵抗したが
僕は、母を抱きしめてキスをやめなかった。
そのうちに母の抵抗も弱まり
僕の舌を吸いだした。
長いキスをしながら僕の片手は、母の胸を
衣類の上から揉んだあと
抵抗しない母に衣類の中に手を入れて
じかに胸を揉み出した。乳首は、もう固くなってて
乳首を刺激すると
僕の口から離れて喘ぎ出してた。
僕は、母の胸を衣類から出して
片手は、そのまま乳首をさわり続け
もう片方の乳首を吸ったり
舌で乳首に刺激を与えてた。
乳首を吸いながら
片方の手を母の股間にずらして
スカートを捲ってショーツの中に手を入れた。
母のショーツの中は、もう濡れてた。
割れ目にそって手を進めると
母のクリが固くなってた。指先が当たると
母が反応した
僕は、母の反応を楽しんでしばらくクリをいじってた。
母の足が少しずつ開いていったので
クリから先に手を進めて
母の穴の中に指を入れた。
一本二本と増やし四本入れて
手のひらでクリに刺激を与えてた。
母の手が僕のチンチンを握ってた。
僕は、握られた時にもう一度射精してた。
でも母に握られてたから萎むこともないまま
母の口から入れてとおねだりされて
僕は、母にもっと足を開いて入れやすくしてと
母は、素直に足を開き僕が挿入しやすくして
でもうまく挿入出来なくて
チンチンの先でクリを刺激したりして
焦らすようになってた。
たまらず母は、僕のチンチンを握りしめて穴に誘導して
やっと挿入できた。
母の中の温まりの気持ち良さで二度目の射精を
射精しても気持ちよくて萎縮もしないままで
僕は、腰を動かして突いてた。
二回出してたから長持ちして母を逝かせることができた。
三回目が出るまでに
母が逝くのを何度かわかった。
そして三回目が出たときに
母が失神してた。
締め付けか最高だった。
その締め付けで萎みかけてたチンチンが
また固くなりだしてた。
そしてまた突きだすと母が気がつき
アンアンと鳴き出し僕にしがみついて
僕の腰の動きに合わせて
母も腰を振りだしてた。
二人が疲れて寝るまでに
僕は、何回母の中に射精してたか
その時の中だしで母が孕んでた。
でも父が亡くなってまだ日もたって無かったから
父が亡くなる前に母に種付けしてたことになってた、
しかも生まれて来たのは、三つ子でした。
男が一人に女が二人です。
母の排卵がおかしくなってたのか
受精卵は、別々で双子みたいに似てなかった。
3
2019/07/14 05:16:00 (OwkCoGSH)
思えば、私が兄を好きになったのは、いつからだったかな…

結婚してた兄が突然実家に戻ってきた
理由は、奥さんの浮気で別居
離婚が成立するまで、顔を見たくないから実家に避難してきたみたい。

ある日、両親は二人でお芝居を見に行った。
相変わらずの仲良しぶりに兄はあてられたのか
飲むぞ!!と誘われて宅飲みを始めました。

適当におつまみを作りつつ、兄の愚痴を聞いていると兄は床に転がったまま寝てしまいました。

風邪ひくよ?と何度か起こしてみたけど、全然起きなくて、後片付けをしてる最中、ちょっとだけ触りたい衝動に駆られました。

足をツンツン
様子を見ながら股間をツンツン

起きない…
調子に乗った私は、股間をスリスリ
舐めたい
兄にキスしたい

なんとか理性で抑えて、そこで止めて後片付けの続きをしました。
洗い物をしてると、兄が「風呂でもはいるかな」って起きたので洗い物をやめると
兄の視線を感じました。

「なに?」
「いや」
「へんなの」
悪態ついたけど、心臓はバクバクしてました。

居間でスマホゲームをしてると、お風呂から上がってきた兄が麦茶を飲んでました。
また、視線…

「あのさ、さっき」
「うん」
「触ってなかった?」
「何を…」
「体…」

「もし、触ってたらどうする?」
「お前なぁ」
「触ってないよ!」

兄の顔を見る事が出来ない。
恥ずかし過ぎて死にそうだった。

「お前、LINEやってる?」
「やってるけど…」
「教えろ。なんかあったら話し聞いてやるから」
「うん…」

たぶん、精神病んでると思われたんだな
この夜は、LINE交換して終わった。
4

お父さん

投稿者:エリカ ◆26mEXTEq7I
削除依頼
2019/07/14 00:39:12 (7pMIAW19)
大学生になる前にすでにずいぶん大人の人とSEXは経験済みでした。

誰もが綺麗で可愛いって言ってくれたけど私の身体が目当てだとわかっていました。

SEXが始めるまでは可愛がってくれるけどSEXが始まった途端激しく私の身体を弄びます。
私が狂ったように悶えさせようといろんなテクニックを試されたり、私の身体の芯に重厚長大なアレを激しく突いたり。。。
おかげで大学生になるまでにはずいぶんSEXを詳しく知ってしまいました。

でも本当はもっと子供扱いして欲しかった。
SEXはするけどまだまだまだ子供でSEXにはうぶな女子として優しくして欲しかった。
優しく私の身体に触って欲しかった。

でもそんなことだけでSEXが終ったら男の人はせっかくのSEXがもったいないとでも思うのかな?
私は精神的な満足をSEXから得たかったのに。

だから誰もがSEX中は私を大人として扱うんです。。。
子供と思ったら激しいSEXはできないよね?
でも、私はまだ子供ですって言いたかった。

SEXは好きだけど子供扱いされないことでSEXから遠ざかり始めた時。

ちょうど今頃の季節。
私が帰宅すると、お家に父一人だけの日がありました。

父はもちろん私がSEX体験済みとは知りません。
それどころか小6の頃からと同じ子供扱いをします。
私の身体を求める男の人とは真逆だけど父の子供扱いもちょっとうんざり。

その日は、男の人の視線を求めて、自慢の腕と足を晒すため、
ノースリーブのタートルトップと自分でチョキンってジーンズをカットしたショートデニムパンツを着てました。

父に私のエロ可愛い女子アピールを始めて試してみました。
精いっぱい大人の女をアピールしてみせたの。

目的は子供扱いされる年じゃなくて、私が大好物な男の人はけっこういるよアピールです。

調子に乗って。
私がするオナニーしてる行為を連想させるような仕草もそれとなくやってみせました。

父の緊張が空気越しに伝わります。
もしかして私を女として初めて見た?

そして。。。私は調子に乗って。。。

私の方からBカップの小さな胸を父の身体に密着させると。。。
あれ〜〜〜って思ってるうちにSEXが始まってしまいました。

でも、今までの男の人のSEXと違って、大事な娘の身体を心配するようにそっと優しく触れてくれるSEX。
子供の時遊んだお医者さんごっこみたいに私を子供扱いしながらのSEX。。。

コレが私の求めていたSEXなんだ〜〜〜って。

私への父の愛情に包み込まれてするSEX。
私は父のなすがままに身体を許しました。
このSEXは精神的な快感が私の身体に今までで最高の満足感を与えてくれました。

これが近親相姦の快楽なの?
大学生に今でも母に内緒で関係が続いてます。




5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM