ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
2017/03/29 02:22:58 (1CjtzS..)
42歳です。バツイチです。
私には17歳の息子がいます。

2年前に再婚して10歳年下の年の差夫婦です。
今の主人と息子は仲良くしてくれています。

私は息子と肉体関係にあります。
再婚する前からの関係ですが主人も私たちの関係を知ったうえで結婚しました。
息子との関係は今も続いていて二人一緒に私の体で遊びます。

少し人里離れた一軒家を借りて三人で暮らしています。
息子も主人も時間さえあれば私の体で遊びます。

前から考えていたのですが、二人とも共通して求めてくることは私のアソコとお尻を舐めることです。
どんな時でもできる時は必ず私の股間に潜り込んできます。

家事の時は後ろからスカートを捲し上げたりズボンを脱がしたり。
洗濯物を干しているときでも隙をついては舐めに来ます。
トイレで用を終えると必ず舐めにきます。
リビングでくつろいでいるときも舐めに来ますので私は舐めさせながらテレビを見たりします。
食事中も私がより早く食べ終えテーブルの下に潜り込み舐めにきます。

二人ともお互いを譲り合うかのように仲良く舐めに来ます。
一人の時でも二人の時でもお構いなしに私の股間を舐めに来ます。
三人でセックスする時は私は立たされ二人が同時にアソコとお尻の穴を舐めます。

こんな風に私の股間を二人はかなり好きなようでずっと舐めています。
ただただ舐めて満足する時もあります。
そのままセックスをするときもあります。

二人はしゃぶらせることが好きみたいで私の手が空いているときは舐め合いっこになります。
二人とも朝から舐めに来て出かける前に私に玄関でしゃぶらせてから出ていきます。

三人でセックスする時は大変です。
二本同時舐めは当然で二穴同時入れは当たり前です。

義理とは言え親子三人でセックスしています。

今の夫は私たちの関係を性の一つとして興味があったのでしょう。
実際に私から息子との関係を告白した時、驚きはしましたがすぐに会わせてほしいと言われました。
そして二人のしているところを見せてほしいと言われました。
主人とは職場で一緒でした。
主人から結婚を前提に付き合ってほしいと何度も言われていました。
私は息子との関係を断ち切ることができなかったので主人からのプロポーズを断るつもりで告白しました。
それが逆効果で余計に興味を持たれました。
一度見せたら満足するだろうと思い受け入れました。
息子は何のことかわからず私に流されて主人の前でセックスしました。

そのまま主人も参加してきました。
私は覚悟していました。
息子もなんだか妙に興奮していました。

それから間もなく結婚しました。
そして今の関係になりました。

初めて三人でセックスしてから今に至るまでほぼ毎日です。
その中で二人とも私の股間を隙さえあれば舐めにやってきます。
前の夫もそうでした。
何度かお付き合いした男性たちもそうでした。
私の股間を舐めた男性は好きさえあれば舐めに来ます。
セックスの時なんて長い時間ずっと舐めます。
共通して『美味しい』と言いながら舐めます。

分では舐める気がしませんので実際の味は知りませんので何とも言えません。
21
2017/03/28 17:46:51 (64W8iq7I)
夕闇迫る頃 麻美の部屋で俺は一心不乱に腰を振っていた
「はっ、、、はっ、、、ふっ、、、んっ、、、」
パン、パン、パン、、、
柔らかな麻美の尻肉に俺の身体をリズミカルに打ち付ける音がまた欲情を掻き立てる
「ちょ、、、待っ、、、激し、、、激しすぎ、、、だっ、、て、、」
枕に顔を突っ伏してる麻美からくぐもった声がするが止まらない
四つん這いになっている麻美の腰を掴み荒々しく責め立てる俺
「麻美、、、麻美、、、いい、、、いいよ、、」
「あっ、、、だから、、、激しいっ、、、て、、」
全体的にむっちりとした麻美の身体、柔らかくてすべすべでとても心地いい
腰を掴んでいた手を両の乳房に移す
浩介がもっとも好むスタイル、もうすぐフィニッシュが近い証である
更に激しく腰を動かす
「あっあっ、、、壊れちゃう、、、浩介〜、、、壊れちゃう〜、、あっ!」
「イク、、、イク、、、イクぞ、、、麻美、、、そのまま、、、イクぞ!」
「ダメ、、、だって、、、それは、、あっ、、あん」
「イク、イク、、、、うぅ!、、、うぅ〜〜!」
麻美の1番奥深くで動きを止め、浩介は自身の分身を麻美の膣内に放出した
「あ!あぁ〜〜!、、、ダメだって〜〜、、、」
力無い声を漏らす麻美、でももう出されたものは仕方ない
「はぁ、、はぁ、、、あ〜〜気持ち良かったぁ、、、」
全てを吐き出した浩介はそのまま麻美の背中に寄りかかり身体を預けた
枕に頭を乗せると突っ伏してた麻美が顔を向けた
「もぉ〜、、、ダメだって言ってるじゃん〜、、、妊娠したらどーすんのよぅ〜?」
怒ったような呆れたような声で言う
「いやぁ〜〜ホラ、生理でしばらくシテなかったからさ、なんか止まんなくて」
続けて「イイじゃん妊娠しても、そしたら産んでよ(笑)」
「バカ(笑)そんな事出来るわけないでしょ!?」
「でも、俺は欲しいよ、麻美と俺の子(笑)」
「もぉ〜(笑)バカなアニキなんだから(笑)」
「お前だってイヤじゃないだろ?、ん?」
「ん〜〜、、、それはそうだけどさ、、、まぁ、、、そう言ってくれるの、嬉しいケドね(笑)」
軽く微笑み合い、そしてキスをする兄妹
「あ!チョット!漏れてきた!早く拭いて!」
急に麻美が声を上げた
「わかった!わかった!ったく余韻もねーな、、」
枕元のティッシュを手繰り寄せ、麻美から抜き取ってすぐにティッシュをあてがい流出を食い止めた
「自分で出したんだからそれくらいしなさいよ(笑)」
「わかってるよ(笑)」

俺 浩介高3 麻美 高1の話です



22
2017/03/27 07:05:45 (TdBu9w2H)
僕が生まれてすぐ母親が離婚したらしく、祖父母の家で母親と叔母と僕の五人暮らしです。
母親は市立病院の看護師をしていて、休みは不定期でローテーションで夜勤もあり、祖父母と叔母に面倒を見てもらっていました。
小学校4年生くらいから叔母とお風呂に入ると勃起してしまうようになりました。しかし、何故勃起するのか解らずにいるとき叔母に尋ねると
「女の人のオマンコに入れやすいように硬くなるんだよ」と教えてくれました。二人だけの秘密と約束して
セックスについて色々教えてくれ、オマンコと乳を触らせてくれました。
しかし、挿入はおあずけで
「大ちゃんはまだ子供だから…子供のチンチンは皮がかぶっているからオマンコには入らないの!皮がむけるようにチンチンを自分でシコシコして…大人のチンチンになってからね!」
と、オナニーのやり方を教えてくれました。
それ以来叔母とお風呂に入ると叔母の裸を見ながらシコシコしていました。五年生くらいから精子が出るようになると叔母が手でシコシコしてくれ、精子を舐めてくれるようになりました。
そして、中1になった時、当時32才の叔母に夜中に部屋も来るように言われました。
「最初が叔母ちゃんでいいの?多分、ちゃんと話せばあなたのお母さんも…おばあちゃんもまだ、61才だから、大ちゃんとセックスしたいと思うけど…どうする?叔母ちゃんだと妊娠の可能性があるから…最初はおばあちゃんの方がいいと思うけど…今日はオマンコに入れないで舐めたりするだけにする?叔母ちゃんも舐めてあげるから…どうする?」
「おばあちゃん…やらしてくれる?」
「大丈夫だよ!おじいちゃん以外みんな大ちゃんがエッチしたいの知っているし、いつも話しているから」
23
2017/03/26 19:11:14 (inrmLzXq)

俺が24才、妹あゆみ18才間もなく高校卒業と言う時の出来事を聞いてもらいたい。
それまで長年一緒に暮らしてきた家族である妹に一切の女の魅力は感じなかった。
若くスタイルの良いミニスカJKが同じリビングでゴロゴロお行儀悪く横になっていても、
たまにパンツが見えていてもそれは妹であってそれ以外の何でもない。

 通勤の満員電車の中でJKが隣に立った時は股間を鞄で隠さなければ
完全にチカン間違えられる程勃起するのに。 
勤務中に新入女子社員のブラ紐が透けて見えていただけでトイレにヌキに行くのに。
考えると妹とは不思議な存在だった。

先日迄はこの板に張り付いている姉や妹にエロい考えを持つ変態と同じ感情など
俺に沸く筈がないと思っていたのに。
 ある日俺は自分の部屋でガンジャと呼ばれている大麻を吸ってさらに危険ドラッグもやっていた。
入手先や動機は省く。

そこへたまたま妹が部屋に入って来た。
<あ! それってマリファナでしょ? ダメだよ、お兄ちゃん!!>
前にも俺が吸っているところを見られた事があった。 独特の香りがするし、
勘のいい妹は俺の酔ったような喋り方や動作ですぐに気が付いた。

<これで音楽を聞いたら、どんな良いヘッドホンで聞くより気持ちいいぞ、やってみるか?>
俺がふざけて言うと<妹は頷き、チョットだけやってみようかな>
驚いた事にそう言った。 妹はタバコを吸えないので俺が吸った煙を顔に吹きかけそれを深く吸い込ませた。
<何にもならないよ、私、効かない体質なのかな?>
<ヘンだなァ、もっと深く吸い込んでみろ>

数回煙を吹きかけ、妹はその度にむせて咳き込んだ。
少し目がトロンとして来たかな? そう思った瞬間、妹が大笑いを始めた。
<キャーッハハハハハハ! アハハハハハ! > 完全に来た。 俺は舌を出し、寄り目にして妹に見せた。
妹は俺の顔を指さし足をバタつかせて笑い転げた。普段なら何一つ面白くもない事だ。

妹のそんな所を見た事が無かった俺は効き目は醒めてしまったが、つられ笑いと言うか
こっちまで一緒に笑い転げてしまった。
<オナラ プ〜> 俺が言うと妹はもう立っていられず、
<キャッハハハ!! ヤバい!オシッコ漏れちゃう!ハハハハハ!> トイレに笑いながら駆け込んだ。
なおもトイレの中から大笑いの声が聞こえて来ている。俺は少し心配になった。<やりすぎたか>

妹はやっと歩けるような感じで笑いながら俺の部屋に戻って来てベッドに横になった。
ハアハアと息を切らして涙を流しながらまた笑いだす。 
何度もそれを繰り返し少し笑いが収まってきたような気がした。 
俺は妹の足の裏をくすぐってみた。 またしても苦しい程の笑いが始まった。

調子に乗った俺は妹の脇腹や喉元をつついて
妹を笑わせていたが脇に指を押し当てた時に少し反応が違った。
なにかエロ動画で見るような色っぽい声を出した。
<あれ?なんか変だぞ> 

自分も少しキマっていておかしくなっていたのか妹のその反応に興味を持った。
 そして乳首辺りをこちょこちょとやってみた。
一瞬,<あ〜ん…>そう言って、そのあとまた大笑いしている。 
俺は何をしても怒らず笑ってくれる妹についつい調子に乗って
<これはどうだ?>と胸を揉んでみた。

子供の頃とは全く違って、こんもりと膨らんだその部分はあまりにもソフトで驚いた。
妹はのた打ち回って笑っている。 俺は妹のシャツの中に手を入れブラをずらして
乳首をつまんだ。 妹はセクシーな声を漏らした。

<あゆみ、気持ちいいのか? 感じるのか?>俺は必死に胸を揉み続け乳首を撫でた。
ここまで来るともう、この女は彼女や合コンで知り合ったやりマンの女と同じだった。
やがて禁断のスカートの中に手を入れ内太ももを触った。

そして下着越しに局部を触ると妹の躰がびくっと動き、かなり大きな声で
妹が喘ぎ声を出した。俺はもう我慢の限界に来て スカートを捲り、下着を剥ぎ取った。
 大人の体になった妹の性器を初めて目にした。

そっと陰部に口を付けるとさっき小便をしたばかりのソコはそういう匂いがした。
その瞬間、妹の躰がのけぞり <あーっ!>
と大声と言うより叫び声と言う方が近い声を出した。
 
妹の柔肉を掻き分けクリトリスを唇で挟んだ。 
AV女優のような声をあげている妹は、自分の中指と薬指で溝を擦りオナニーを始めた。
<あっ!あっ!私、ヘンになっちゃった>2人共完全に頭が変になっていた。
妹のオナニーを目の前で見せられ、俺はその姿に勃起している。

激しく股間を弄って恍惚の表情になっている妹の顔に
最硬になったペニスを寄せると妹はあわてた様に口に含んだ。
<お兄ちゃんもやって。早く早く!>

お互いの性器を口で愛撫し始めると俺はすぐに射精した。
ガンジャが効いているため射精している時間が30分にも感じ、
精液が100リットルくらい出たように思えた。
そして射精した直後なのに妹に挿入したくてたまらない状態だった。 
<あゆみ、入れるぞ!> もう、後の事などかまうもんか。

今考えると、なんでだ?と思うが薬の効果はとんでもない感情と感覚をもたらした。 
ついに俺は実の妹の性器に勃起したモノを突き刺し根元まで完全にブチ込んだ。
24
2017/03/26 01:51:36 (Fuq6xpE6)
夫婦共に41歳です。
早くに結婚し20歳と18歳の息子がいます。
次男は今春から社会人になります。

私は二人の息子の性処理をしています。
長男は高校一年生の時に。
次男は中学三年生の時から私が性処理をしています。
二人とも主人の目を盗んで私の体で遊んでいます。

主人は6時半に出勤します。
主人が出勤した後、二人を起こします。

時間的に長男からです。
長男の部屋に行きベットの足元から潜り込み朝勃ちしたおチンチンをしゃぶります。
しばらくすると目を覚まします。
日によって様々ですが大体はそのまま口の中に射精します。
時々、マンコを使って射精します。

長男を起こした後、大体40分後に次男を起こします。
長男の時と同じでしゃぶって起こします。
次男は毎回、長男が射精した場所を聞きます。
その反対を使って射精します。
長男が口に射精したのならマンコに射精しマンコなら口にと必ず反対側を使って射精します。
なので大体はマンコに射精します。

二人に朝食を取らせ時間が来ると玄関まで送ります。
二人とも必ず玄関でしゃぶらせます。
射精はしませんが『いってきます』の意味だと思います。

夕方帰宅するのは次男が先です。
次男は必ず私に玄関で待っているようにメールを送ってきます。
メールの内容は簡単で「あと5分ぐらいで着くから」と送ってきます。
私はそのメールを確認するとパンツを脱ぎ玄関でスカート捲し上げ四つん這いになり扉にお尻を向けます。
すると次男が帰宅しそのままマンコにチンチンを突っ込みます。
そして射精したあと自分の部屋に戻ります。

長男が帰宅する時は大体夕飯の準備をしています。
帰宅すると台所にやってきて立ったまま後ろからチンチンを突っ込んできます。
そして射精すると自分の部屋に向かいます。

主人の帰宅時間は大体0時を回ります。
主人が帰宅するまで二人に様々なことをされます。
当然、二人同時に私の体を使って遊びます。
二人とも歳を重ねる毎に性の知識も増え本当に様々なことをされます。

長男が高校三年生。
次男が高校一年生の時です。
二人にお尻を使わせてほしいと頼まれました。
経験がなかったのですが受け入れました。
二人がじゃんけんをし次男が最初に私のお尻の穴に入れました。
初めてだったのに感じました。いきました。
次に長男がお尻に入れました。
更に感じました。再びいきました。

それから二人の興味は私のお尻の穴になりました。
二人とも私のお尻の穴を頻繁に使うようになりました。
そして一か月が過ぎたころ、長男がお尻に次男がマンコにと同時に入れてきました。
私は全身に電流が走ったような快感に襲われました。

それからはほぼ毎晩、二人が代わる代わる同時に入れてくれるようになりました。
私は主人が帰宅した時には少々グッタリしますが、頑張って妻を演じています。

時々主人に求められセックスをしますが全く物足りません。
今まで通りに振る舞っていますが物足りません。
主人が寝静まった後、どちらかの部屋に行き使ってもらっています。

そな日の翌朝でも二人とも元気に朝勃ちしてくれていますのでうれしいです。
こうして私は二人の息子の精液を全身使って受け止めています。


25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕