ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
2017/01/01 07:04:41 (ePwgIltb)
今年大学に入って一人生活している娘の真紀が帰ってきました。
家内は10年前に亡くなっており、それからは私が一人で娘を育ててきました。
とは言っても当時の娘は8歳、なんでも私に聞きながら少しづつ家事をするようになり、中学に入るころには私が世話をされていました。
朝ご飯から夜ごはん、洗濯や掃除(平日は適当でお休みの日に徹底的に)をこなしてくれていた。
しかし妻が亡くなって一番困ったのは娘の女としての生理でした。
「お父さん、買いたい物があるの。お金頂戴。」
と初めて言われたときは怒ってしまった。
「何を買いたいんだ。」と何度も聞いても言わないから「だったらあげられない。」と言って怒ったら小さな声で生理用品と答えた。
そんなことも私は分からなかった。
そんな娘が芸術大学へ行きたいと言い出し、希望の大学は家から通えるところではなかった。
迷ったが「私もアルバイトをするからいかせて」と言われたときにはいつかは出ていくんだと思い行かせることにした。
今年の春に無事大学に合格し一人暮らししている娘が26日に帰ってきました。
「どうだ、勉強の方は、、」と聞くと、「ちゃんとやっているよ。」とそっけなく言っている。
しかし、久しぶりに見る娘はだんだん亡くなった妻に似てきてきれいになっていた。
彼氏でも出来たのか、そう思いながら日が経ち娘の洗濯物を何気なく見ると下着が派手になっているように思った。
私が結婚したころの妻の下着とは違い、最近に子はこんなの下着を着けるのかと思うと時代を感じた。
しかし、そんな娘が29日初めて「お父さん、一緒に寝よう。」と言って私の寝室へやってきた。
「なにバカなこと言っているんだ。」
そう言ったが娘はもうパジャマ姿になっていて笑いながらさっさとベッドの入っていった。
「もう出て自分の部屋で寝なさい。」と言っても聞く様子はなかったので娘の隣で横になった。
娘とは小学2年まで一緒にお風呂に入っていたがそれからの娘は知らなかった。
二人で天井を見ながらいろいろ話したが娘はいつのまにか私の肩に顔を付けて眠っていた。
困ったには私の息子の方だった。
私の意思とは関係なく娘の隣で大きくなって来るのだった。
娘には絶対気付かれてはいけないと思いながらなんとか寝ることが出来た。

娘は知らないが5年前に再婚を勧められ一人の女性と付き合ったことがあっと。
再婚までは至らなかったがその時女性と2度ほどエッチしたことがあったがそれから女性を抱いたことがなかった。

そして30日も31日も娘はやってきた。
(寝るのはいいが私も男、股間の物が大きくなって困るんだ。)そう思っていたが夕べの娘は違っていた。
いろいろ話をして私の方を向いて私の肩に頭を付けるとそっと私の股間へ手を差し出してきた。
「真紀、そこは、、」
「お父さん、私が横で寝ているとここが大きくなって困っているんでしょ。」
「お前、どうして」
「私だってもう19歳1回や2回経験があるわ。」
「えっ、2回もあるのか。」
「ごめん、本当はもっとあるけど、、」
「その彼氏っていい男か。」
「うん、いい男。お父さんに似て。」
「結婚はするのか。」
「そんなことわからないわ。お父さんだって5年くらい前に付き合っていたんでしょ。」
「真紀、それ、、」
「私が知らないとでも思ってた。」
そう言うと娘はパンツの中に手を入れて直接私のペニスを握って扱いていた。


21
2016/12/29 13:00:12 (NiCLTJcE)
母子相姦暖暖暖母子強姦暖暖
その言葉を聞くだけで興奮してしまう暖暖暖
そんな人は多いだろう。
特にこのサイトを観ている人達はそうではないか?
母親とのセックスを願う男達暖暖
または経験者がこのサイトを読んでいるんではないか?

俺もそうだからだ。
俺も数年前から母子相姦を夢いた一人だった。
その頃にこのサイトを知って毎日の様に観ていた。
そしていつかは俺も経験したい暖暖暖
そう強く思う様になっていったんだ。

母親とのセックス暖暖暖暖
それが禁断で普通では無い事は誰でも知っている。
現実にそんな事は有り得ないとも考えてしまうだろう。
世の中に母親とのセックスを妄想する男は多いと思う。
しかし大半は妄想だけで終わってしまっているのではないか?
そんな母子相姦予備軍が大半なのではないか?

そこへの入口は色々とあるだろう。
母親の裸を見たり、両親のセックスを見てしまったり暖暖暖
ましてや美人のの母親だったら余計では無いのか?
それは母親を女として見てしまう暖暖そこが入口では無いのか?

ただこれだけは言いたい。
予備軍で終わってしまったら勿体ないって事だ。
母子相姦は普通のセックスとは明らかに違う。
どんなに経験が豊富な男でもだ。
母親とのセックスは異次元のセックスなのだ。
最高の快感と快楽を与えてくれるのだ。
母親が美人でスタイルも良ければ尚更だろう。
もう夢中になり蟻地獄の様に抜け出せ無くなってしまうのだ。
他の女では絶対に体験出来ない快楽のセックス暖暖暖暖
それが母親とのセックスなのだから暖暖暖

余談が長すぎて申し訳ない。
しかしその魔力を知ってほしかったのだ。

本題に入りたい。
俺が母親とのセックスを妄想したのは3年くらい前だった。
きっかけはただ単純に母親が美しかっただけだった。
俺の母親は今44歳になる。
顔も綺麗で色気もたっぷりとある。
スタイルも良くて美熟体なのが想像出来る程だった。
家業が時計店と客商売の為に身なりはいつも綺麗にしていた。
髪や化粧をいつも整えていたのだ。
つまりは「女」をいつも全面に出していたのだ。

今年の夏に俺は念願の母子相姦を実行した。
ずっと機会がなくて時間がたってしまった。
それには理由があった。
自宅は3階建てで1階で時計店を営んでいる。
父親も一緒に居る事が多かったのだ。

その日は数年ぶりの商店街の旅行の日だった。
父親が居ない母親と2人だけの夜がやっと実現した日だった。
俺はそれを知った1ヶ月前から母子相姦ばかり考えていた。
色々な妄想を繰り返しては母親とのセックスを考えていた。

当日は朝早くに父親は旅行に行った。
店は休みだから時間は十分にあった。
しかし俺は朝から母親を犯す計画を考えていた。
美熟体であると思う肉体を存分に味わってみたかったのだ。

朝食が済んだ後だった。
俺は自室でオナニーを2度もした。
早漏では無いが念のために行っておいた。
このサイトでも最高の快感と良く書いてある為だった。
すぐに射精感が来ては楽しめないと思った為だ。

決意を固めて部屋を出ると母親は和室の掃除中だった。
短パンで見える白く綺麗な生脚に鼓動はすぐに大きくなっていった。
白いシャツだったが背中にはブラジャーの線が無かった。
(ノーブラなのか?暖暖暖)
すぐに体全体が熱くなり勃起もしていた。

俺は母の後ろから抱き着くと押し倒した。
驚いて大きな声を出す母親の口を手で抑えた。
母親からの抵抗は予想していた。
商店街のほぼ真ん中に家はある。
大きな声を出されては近所に聞こえてしまう暖暖暖
俺は用意したガムテープで母親の口を二重にふさいだ。

母親は声が出せずに呻き声を出していた。
そんな母親の両手もガムテープで巻いた。
バンザイの体制で母親は全身を揺らしていた。

俺は母親の上に重なりながらシャツを上に捲った。
目の前には小粒だが綺麗な乳房が見えた。
揉んでみるととても柔くて一気に欲情していった。

乳首を舐めながら激しく揉んでいった。
すぐに乳首は固くなり大きくなった。
歯で噛んでみると母親は一瞬動きが止めた。

レスに続く暖暖暖暖




22
削除依頼
2016/12/26 15:33:56 (6egPcDtG)
幼い俺を育児放棄した母、父は母と離婚、父の実家で祖父母と生活していた。
やがて父は再婚、継母は俺に非常に気を使い、優しい継母、俺は継母を信頼した。
父と継母の間にも子供が出来た、けど継母は俺も分け隔てなく接してくれた。
二十歳になった俺に父は、実は俺の実母と連絡を時々取っていたことを知らされた。
俺に会いたがっている、そう言われ実母の住所や職場、連絡先など書かれたメモを渡された。
会うつもりなかんか全くなかったから、そのままにしていた。
しかしある日、継母の説得を受けたので、俺は実母に連絡、会うことになった。
継母のお願いと説得を受けてのこと、渋々だった。
指定されたホテルの一室が面会の場だった。
ピシッとしたスーツ姿の小綺麗な熟女がそこにはいた。
手を握られたり顔を撫でられたり、抱きつかれたり、涙するその小綺麗な熟女を、俺は実母とは全く思えないでいた。
一方的にまくしたてるように話す実母。
俺は適当に聞かれたことに答えるだけ。
面倒くさいな、それが最初だった。
でもそれが時間と共に変わっていく。
この女、なかなかいい、やりたいな。
とにかくなにかのたびに、手を触る、抱きつくをする実母。
場所はホテルの一室、当然ベッドがある。
そんなに俺に触れたいなら、そう思った俺、俺は実母をベッドに押し倒し、抱きついた。
最初は俺に抱きつかれ喜んだ実母だったが、胸や足をまさぐられると、当たり前だが抵抗された。
直接肌で感じた方がいいんじゃないか、そんな言葉を俺が実母に投げかけると、実母の抵抗はあっさりと止んだ。
スーツの上着を脱がす、シャツのボタンを外す、スカートをまくり、ストッキングを脱がす、ブラをまくる、ショーツを脱がす、全く抵抗なく、ただ呆然とみたいな感じで、実母は抵抗を試みることすらしなかった。
乳首を吸う舐める、マンコを吸う舐める、全く抵抗なく、ただされるがままの実母。
ズボンとパンツを下げ、実母の上半身を起こし、目の前にチンポを差し出した。
無言でされるがままの実母が、口を開いた。
友明の気がそれで済むなら、そう言うとチンポを実母は口にした。
ゆっくりとしたフェラ、俺は勃起する。
実母を再び押し倒し、スカートをまくり、俺は実母のマンコにチンポを入れた。
実母は黙って目を閉じ、やはりされるがままだった。
声は一切漏らさなかった。
ビュッビュッビュッドクドク。
中で終わらせてもらった。
23
2016/12/25 00:25:07 (lsTKAImM)

まず最初に、これは実話でここに載せた事を姉に謝りたい。
俺が姉と性関係になってしまった時の事を思い出しながら書く。
事の起こりは俺が高3、姉が東京の専門学校に通っている時だ。

俺は東京に住む友人と遅くまで飲んだ後、
終電を逃し帰る事が出来ない為、姉の部屋に泊めて貰う事になった。

この時まで姉に女の魅力はなに一つ感じず、実家でたまに見る
ブラジャー姿やパンチラを等も嬉しくもなんともなかった。
 普通の姉弟とはこういうものだろう。

初めて姉の部屋に来てみると広くない部屋にベッドが一つ。
勉強机と衣類入れで残りのスペースはいくらも無い。
「姉ちゃん、泊っていいって言ったけど俺どこに寝るんだ?」

「そこ。ホットカーペットだから。毛布はあるよ」
「俺がベッドで寝たいよ」 
「ふざけんな、電話で屋根さえあれば、どこでもいいって言ったじゃない」

そんなやりとりがあって俺が風呂から出た時には姉はベッドで眠っていた。
 パンツいっちょの俺はふざけ半分で姉の寝ているベッドにそっと潜り込んだ。

 姉はベッドの揺れで目を覚まし、
「なんだよ、気持ち悪いなァ。絶対こっちに引っ付くなよ」
そう言うとまた眠ったようだった。

姉の隣に並んで横になった俺は有る事に驚いた。姉からすごく良い匂いがする。
この香りは何処からするんだろう。向こうを向いている姉のうなじやパジャマの
襟辺りに鼻をつけて嗅いでみた。

これが女の匂いなのか? ワキの匂いも嗅いでみた。
なんていい匂いなんだ。姉が目を覚まさない様に手を回して胸も触ってみた。
ノーブラだ。俺は知らぬ間に姉に興奮して勃起していた。

ついつい夢中になって乳首を触っていたら当たり前だが
姉が目を覚ましてしまった。

「あっ、なんだよっ。なにしてんだよ!」
「ごめんよ、冗談、冗談だよ」
一生懸命謝り姉は
「次やったら追い出すからな!」そう言うと、ふて寝のように背中を向けてしまった。
 だが、俺は初めて触った女の体の感触に興奮して酔いも眠気も吹っ飛んでいた。
再び隣で横になっていると変な勇気がわいてきた。

今度は姉が起きても構わないという気持ちでおっぱいを強く揉み
勃起したチンコをパジャマ越しの姉の尻に押し付けた。

姉は「いやっ!ヤメテっ!信じられない、大きくしてるじゃんっ!」
 そんな事を言っていたが俺はもう自分を止められなくなっていた。
殆どレイプだった。

パジャマの胸のボタンを引きちぎって乳首を舐め、パジャマの下とパンティは
一緒に男のパワーで引きずり降ろした。

薄明りの中で姉の陰毛が現れた。懸命にソコを抑え隠し、
逃れようと体をよじっていたが俺に両手首を掴まれ股の間に
顔を付けられると姉は泣き声で言った。

「自分が何やってるのか分かってるの!? 姉弟なんだよっ!!」
そんな風に言ったと思う。

だが、俺は子供の頃に見た時以来の姉の陰部に興奮して、
口を付けそこの溝から姉の何かをすべて吸い出そうした。
 「イヤっ、やめてって! どうして…?」

姉はずっと言い続けていたが、俺は姉の局部から
ヌルヌルの汁が出て来ているのを見逃さなかった。
話には聞いていたが女が濡れるというのがこれなのかと
初めて知った。

女の汁のせいで姉の秘密の穴へ俺の中指が根元まですんなりと
滑り込み、早い動きでかき回し、出し入れを繰り返した。 
ずっと「イヤ」だと言ってはいるものの気持ち良くなって
来ている事を俺は感じ取っていた。

「イヤ」という言葉の間にたまに「あっ! あぁ!」という声が混じり、
最初の頃は必死に避けようとしていた腰が逃げる事をしなくなり、
むしろ俺の指を深く迎え入れようとしてる感じがした。

俺は廻り込み姉の口元にチンコを近づけた。 姉はやはり「イヤっ!!」と
顔をそむけたが顔を抑えてむりやり口に入れ、一度入ってしまうと
観念した様におとなしく口に出し入れをさせるようになった。

俺はこの日初めてフェラチオを経験し、すぐに、口内発射をしてしまった。
姉は咳き込み、エヅき精液を吐き出した。なおも続けて姉にチンコを含ませ
勃起はすぐに回復した。

「姉ちゃん、入れるぞ」俺は姉のヒザの間に割って入り腰を近づけながら言った。
「ウソでしょ!? それだけはダメだよ!」

「悪いと思ってるけど、我慢出来ないんだ! ゴメン!」
挿入が始まった時、「いやー!」と叫び、姉は枕元にある目覚まし時計を俺に投げ、
それは俺の額に当たった。

相当痛かったはずだが、俺は痛さを無視できた。
そしてチンコを根元まで入れた。姉から女の声がでた。同時に女の液も溢れ出した。
 数分もしないうちに最高点に到達して、姉はそれを感じ取って

「ね、分かるでしょ、中に出したら大変な事になるの。だから…」
俺は「わかってる…、あっ、いくぞっ!」
天国の感触が襲って来た時、俺は穴から引き抜き姉の腹に射精した。

発射後、とてつもない罪悪感が襲ってきた。
「姉ちゃん、ごめん。ゴメンナサイ」 
姉は泣いていた。

どれ程怒られるかと思っていたが、思いもよらぬ言葉をかけてくれた。
「とにかくもう遅いから寝よう。 もう、やるなよ
」姉はシャワーも浴びず今度は俺の方を向いて、いや、俺の胸に
顔を付けて眠ろうとしていた。 

俺は全裸の姉を抱きしめた。 姉の身体がこんなにも
小さかった事を今、知った。
そして姉がこんなにも可愛らしい女の子だった事も。


外が明るくなるまでそれほど時間がかからなかった。
少しまどろんで、ふと気が付くと腕の中には若く可愛らしい
女の子が乳首をあらわに眠っている。

それが実の姉だとしても見慣れないオッパイを見ていると
また勃起してしまいそれを姉の下腹部に押しあててしまった。
 眠っていると思っていた姉は
「男ってしょうがないなァ」
そう呟くと俺のチンコを握りしごき始めた。

そして十分な大きさを取り戻すと自分の淫穴に
あてがった。今度は俺が戸惑った。姉は
「ゴムなしなんだから絶対、外に出すんだぞ」 

そう耳元で言われ俺は「はい!」と言って腰を振り始めた。
24
2016/12/24 08:54:45 (UEBFGji7)
今年ももう後少しとなった。
今年は俺にとって人生が変わる程の出来事があった。
まさかこんなにも生活が変わってしまうとは・・・

俺は21歳で大手通信会社の基地局での工事をしている。
それは今年の6月の終わり頃だった。
その日は切替工事で終わったのが夜の1時頃だった。
家路を車で走っていると白い服装の女が歩いていた。
普段なら気にもしないのだが・・・

埼玉の田舎町で夜は外灯も少なく暗い。
俺は何故か気になってユータンして女の近くに行った。
女は40代くらいだった。
白いワンピース姿で足取りはフラフラしていた。
(何でこんな場所で酔って歩いているんだ?…)
車から降りて[大丈夫ですか?…]と声を掛けた。
女は座り込み顔を隠していた。
[家は近いんですか?…]と聞いてみると・・
[家は…まだ…遠い…]と答えてきた。

俺は何故かふいに
[家まで送りましょうか?…]と言ってしまった。
[…じゃあ…送ってくれますか?…]と言ってきた。
(何だこの女…警戒心とか無いのか?…)
俺はそんな事を考えていた。

言ってしまった手前送らなくてはいけない・・
[送りますよ…]そう言うと女は立ち上がった。
顔を見ると綺麗なおばさん…そんな印象だった。

女を車に乗せると
[家までの道教えてくださいね…]
そんな事を言って車を走り出した。

しかしここからが難だった。
女は適当なのか酔っているのかいい加減だった。
グルグルと回るだけで一向に家に着かない。
俺もさすがに嫌になっていた。

俺は路肩に車を停めると
[俺仕事で疲れて早く寝たいんですよ…]
[これだといつまでも家には着かないし…]
と呆れる言い方をしていた。
すると女は
[今夜は帰りたく無いから…ホテルに行って…]
そう言ってきた。
[この近くにビジネスホテルなんて無いよ…]
俺はそう怒り気味で言っていた。
[……ラブホテルで良いから……]
[ええっ?…ラブホって……一人で?……]
[……あなたも泊まって…すぐに寝て良いから…]
そんな事を言ってきたのだ。
翌日は休みだから泊まれるは出来るが・・・

女を見ていると
(40代かな?…でも綺麗だし…スタイルも…)
俺の中に下心が芽生えていた。
結局そのまま国道沿いのラブホに入る事に・・

部屋に入ると女はすぐにシャワーを浴びに行った。
俺はベッドに横になっていた。
(これって…しても良いって事だよな……)
彼女は無くセックスは1年くらいはしていなかった。
熟女とだって経験した事も無い。
というか・・熟女に興味すら無かったのだ。
(40代でも…出来れば…まあ良いか…)
そんな事を考えていると女が浴室から出てきた。

女は体にバスタオルを巻きながら鏡を見ていた。
横から見える女の姿に驚いていた。
胸元は膨らみ体のラインも綺麗だったからだ。
そして真白い程の肌と綺麗に伸びている生脚にも・・
(こんな熟女なら…やってみたい……)と・・・
俺は次第に興奮していた。

[あら?起きてたの?…あなたもシャワー浴びれば…]
女がそう言ってきて俺は服を脱いだ。
しかし浴室に入らずに女に抱き付いてしまった。
[こんな姿みたら…俺興奮して…]
[解ったわ…良いわよ…でもシャワーは浴びてね…]

俺はシャワーを浴びながら
(こんな事ってあるんだ…得したかも?…)
そう思っていた。

シャワーが終わると女はベッドの中にいた。
(あれ?…もしかして寝ているんじゃ…)
近寄ると
[今夜だけ…一夜限りの関係だからね…]
女はそう言ってきた。
俺もその方が都合が良いとも考えていた。

ベッドに入ると女は裸だった。
真近に見る女の裸は綺麗で驚いた。
抱き合いながら乳房を揉んでいた。
何ともいえない触り心地だった。
肌も同年代の女とは違って手が吸い付く様だった。
女の出す喘ぐ声が色っぽくて一層興奮していた。

中に入るとその気持ち良さは一気に大きくなった。
肉棒を強く締め付けてきていた。
(熟女って…こんなにも気持ち良いんだ…)
俺は久々のセックスに夢中になっていた。

結局眠る事は無く朝までセックスしていた。
女のフェラチオも最高に気持ち良かった。
(もしかして前に仕事でやっていたんじゃ?…)
何度か行った店の女よりも上手かったからだ。
今までで一番気持ち良く興奮したセックスだった。
(これが…快感ってやつかも?…)
そんな満足感でいっぱいだった。

その後に女を送っていった。
今度は間違える事は無く行けた。
そこは大きな県営団地の入り口だった。
女が車から降りようとする時に
[あの…また会いたい…電話番号とか…]
俺はこの熟女とまたしたいと思っていた。
[一夜限りよ……それに私の旦那怖い人だから…]
[旦那いるの?……怖いって…]
[うちの旦那…ヤクザよ…ばれたら殺されるよ…]
女のその一言で俺は諦めた。
そんな危ない橋は渡れない・・そう思ったからだ。

俺は家に帰ってもまだ少し興奮していた。
(綺麗な熟女って…良いんだな…気持ち良かった…)
そう考えていた。

この経験がこれからの俺の人生を変えるきっかけだった。
本当に人生が変わるのはこの後だった。
本題までが長くなり申し訳ない。
この後の事はすぐにレスに書き込むので・・
ここまで読んでくれてありがとう。









25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕