ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
2017/06/18 14:42:23 (PSRQmah9)
俺は27歳でトラック運転手をしている。
2年前に3歳下の妻と結婚もした。
今は1歳になる娘との3人家族だ。

少し前にこのサイトを知った。
そして俺の今までの人生を書いてみようと思った。
長文になると思うが許してほしい。
余りに長くなったらレスに続きは書き込む。

俺が小4の時に両親は離婚した。
それからは父親と祖父母と生活していた。
原因は母親の浮気?だと聞いてはいた。

それが原因なのか?
中1くらいから熟女に興味があった。
妄想でのオナニーも熟女ばかりだった。
女教師や近所の主婦や友達の母親など…

多かったのは友達の母親達だった。
オナニーのオカズにした母親は8人もいた。
年齢的には40歳前後ばかりだったと思う。

特に多かったのは親友の二人の母親だった。
遊びに行く事も多く接点も色々あったからだ。
時には親友の家に母親と二人だけの事もあった。
内心は興奮して親友の母親を見ていた。
そんな日の夜は必ずオナニーしていた。
当時の俺は童貞だったので妄想しか無かった。
親友の母親を犯す妄想を頻繁にしていた。

高校に入り彼女も出来た。
そして本物のセックスの気持ち良さを知った。
彼女に夢中になり熟女への興味は薄れていた。

高校3年の時に人生観を変える出来事があった。
その時の俺の経験人数は4人で全員同年代だった。

ある日…熟女に声を掛けられた。
それは中学の時の親友の母親だった。
数えきれない程に妄想でセックスした母親だった。
親友とは別の高校だったので会っていなかった。
だから母親に会うのも2年半ぶりだった。

母親の方が誘って来て喫茶店に行った。
親友の事で相談があると言ってきたのだ。
親友の母親は前よりも魅力的になっていた。
一段と綺麗になり美熟女そのものだった。

相談は親友の交際についてだった。
彼女に夢中で受験勉強が進んでいないと…
その時はメール交換して別れた。

家に帰ってからオナニーした。
数年ぶりに親友の母親とのセックスを妄想して…
女の肉体を知ってのオナニーは最高だった。

その数日後に母親からメールが来た。
そして親友の家に久しぶりに行った。
母親と話していると次第に興奮していた。
もう身体も熱くなり理性も飛んでしまったのだ。

そして俺は親友の母親を犯してしまったのだ。
今までのセックスよりも数倍は気持ち良かった。
ずっと興奮したままで何度も犯した。
途中からは母親も積極的になっていた。
すると気持ち良さも増して行ったのだ。
熟女のテクニックにも魅了されたセックスだった。

この事が原因で俺は再び熟女好きになっていた。
その母親とはその後も関係は続けていた。

この母にはこんな事も言われていた。
[真弥君のは大きくて立派なオチンチンよね]
[これが入って来たら女性は皆メロメロになるよ]
自分のが凄いなんて考えた事も無かったのだ。

俺の頭の中には(これが入って〜)が残っていた。
だったら…女は皆感じてしまうのかも?
何故か妙な自信が俺の中に生まれていた。

俺はもう一人の親友の母親を思い出していた。
中学の頃に何度もオナニーした母親を…
思い出すと会いたくて仕方無かった。

俺はその親友の家に行った。
この親友も別の高校なので数年ぶりだった。
中学の時は母親は歯医者の受付をしていた。
今もそうなら…木曜は休みのはずだった。

俺は始めから犯す事を考えていた。
だから学校を休んで木曜に行ったのだ。

親友の家に行くと母親は居た。
木曜の昼間だから他には家族は居なかった。
びっくりしていたが快く家に入れてくれた。

そして簡単な会話の後に襲いかかった。
予想以上に抵抗されたが…
俺の肉棒が入ると表情は変わって行った。
激しく喘いで感じまくっていた。

前の親友の母親とは違うが気持ち良かった。
確かなのは同年代の女よりも気持ち良い事だ。
やはり熟女とのセックスは興奮すると思った。
そして興奮や欲情も全く違うという事も…

やはり長くなってしまって申し訳無い。
しかも近親相姦の話しでも無く…

しかし俺はこの後に義母や母親ともセックスをする事になるのだ。
それはレスに書こうと思う。

ここまで読んでくれた人達…ありがとう。
21
2017/06/18 10:36:30 (rX9gZvqu)
19の時に一人暮らしを始めた娘に、久し振りにあいにいきました。その時の話を。
18まで風呂に一緒に入っていた娘で、妻に隠れるようにキスをしたり、オッパイを揉み、オメコを弄り、舐め、そしてフェラまで…最後までは、やってなかったのです。
ある日、妻とのセックスの後
私「有未とやってみたいな、あいつのオメコどんなかな」
妻「変態(笑)。やってみたらぁ」
私「バカ、父娘だぞ」
妻「あら、知らないとでも?あそこまでましてたら一緒でしょ?」
妻は知ってました(汗)私も妻も変態で、娘が生まれた時に約束したことは、セックスの事やエロは見せる事にして、娘のいるとこでもキスやセックスをしてきました。
妻「あなたのチンポ入ったらどうなの?とか、大きい?とか聞いてたわよ。『フェラまでしといて』ってわらっちゃったわ」
わたしは、妻の言葉を聞きながら娘の体を思い出し、チンポがギンギンに
妻「あら、有未の体を思い出したの?でも、いまは私の」
と言って、上に乗り挿れてきました
妻「あぁ〜いぃ、いぃわぁ〜、このオメコが広がる感じ。奥まで来るわ〜たまんない!有未のオメコに入ると思うと興奮するわ!いぃ!あぁ!あの子もクセになるわぁ、もったいない!でもあなたにやられてるのみたい」
たいがい妻も変態です。
そして次の日、娘との約束です。
買い物に付き合い、ゴハンを食べ、酒も…
私「どうする?」
娘「ん〜パパにまかせる」
私「久し振りに一緒に風呂入るか?」
娘「うん!だったら、おっきいお風呂がいい!」
というので、バリ風のレジャーホテルへ(バレるな…)
娘「綺麗だなぁ。ママときた?」
私「いや、他のひと」
娘「あぁあ、娘の前で。まぁ、パパときてる時点で、私もか」
わたしは、後ろから肩を抱き、片手で胸をそしてこちらを向かせて、長くいやらしいキスをした。
私「今日は…」
言いかけると娘は
娘「うん、わかってる」
と微笑んだ
私「あ、ママに後で報告しろって言われたわ」
娘「やっぱ、パパもママも変態だ!」
と笑った。

続き、需要ありそうでしたら、レスにしようと思います
22
削除依頼
2017/06/16 11:09:54 (P55ThKbX)
夫は45歳、私は38歳です。
共に再婚で息子は夫の連れ子で20歳の大学生です。
私は子供に恵まれませんでした。

この親子・・・ハッキリ言って変態です。

私は息子と肉体関係があります。
きっかけは息子が高校受験の時です。
受験勉強に専念できるようにと口で抜いてあげていました。
高校にも無事に合格しお祝いにセックスをさせてあげました。

この事実を夫は知っています。
なぜなら全て夫に頼まれたからです。
ある日突然「あいつの性処理をしてやって欲しい」と言われました。
私は夫の命令には絶対服従なので「いいわよ」と言いそのまま口で抜いてあげたのが始まりです。
それから何度か息子にセックスを求められましたが夫の命令で受験に合格したらと言って我慢させていました。
ですが模試やテストで成績がよければご褒美に私の体で遊ばせてあげていました。
息子はご褒美欲しさに好成績を取るようになりセックス以外はほとんどのことをさせてあげていたと思います。

夫は生粋のド変態ドSで私は夫の性処理便器妻として生きていました。
特にオシッコを性に取り入れることが好きで夫のオシッコは私がほとんど口で受け飲んでいました。
二人でいる時はいつでもどこでも必ず私の口の中にオシッコを出します。
夫は女性の放尿姿が好きで一緒にいる時は必ず私の放尿姿を見て楽しんでいます。
他にもフェラ好きで用事がなければずっとしゃぶらさせられます。
毎朝フェラで起こし、そのまま浴室に行き朝一番の濃厚なオシッコを私に飲ませます。
出発前に玄関でフェラをさせます。口の中に精液を出してから出勤します。

オシッコやフェラ以外にもアナルセックスはもちろんのこと様々な場所でオナニーをさせられたりします。
息子との関係も夫からすればプレイの一環なんだと思います。

受験に合格した息子にセックスをさせてあげてからはほぼ毎日求められるようになりました。
夫がいる時は遠慮して大人しくしていますがいないときはずっと私にしゃぶらせたり私のお尻やマンコを舐めています。

ある日の夜、夫のオシッコをお風呂で飲んでいた時のことです。
夫に「あいつのは飲んだのか?」と聞かれたので「精液だけよ」と言うと「飲んでやれよ」と言われました。
私は「いいわよ」と言うと夫は息子を呼びました。
息子は夫に「母さんにオシッコを飲ませてやれ」と言うと息子は驚いていました。
ですが息子はためらいなく私におチンチンを向けました。
私は息子に向かって口を大きく開きました。
息子は遠慮なく私の口に向かってオシッコを出しましたので私はできる限り飲みました。

その後は夫の提案で3Pをすることになりました。
夫は息子に私の体を好きに使っていいと許可し自分がしていることを息子に教えました。
その時に「お前も母さんを性処理便器にしていいぞ。なぁ、母さん」と言いました。
私は「はい・・・母さんを便器だと思って使ってください」と私は言いました。

夫は「これからは父さんに遠慮せず好きな時に好きなことしていいぞ」と言いました。
息子は嬉しそうにしていました。
それからの息子は凄かったです。
本当に夫に劣らず私の体を使って性欲の全てをぶつけてきました。

夫はオシッコ好きですがウンチは求めてきませんでした。
ですが息子は求めてきました。
私は息子に言われ排便姿を見せました。
息子の排便後に呼ばれ拭いていないお尻の穴を舐めさせられました。
それから毎日舐めさせられ遂には浴室で私の口にウンチを出してきました。
私はできる限り口で受け止めましたが吐き出してしまいました。
そんな私の姿を見て息子は興奮していました。

夫に話すと大笑いして「俺も出していいか?」と言ってきました。
そのまま浴室に行き夫は私の口にウンチを出しました。

それからの私は二人のオシッコとウンチを口で受け止めるようになりました。
二人とも家のトイレを使わなくなりました。

私はこの変態親子の性処理便器として毎日排泄処理をし性欲処理をして生きています。

私は幸せです。
特にマンコとアナルを同時に入れられているときは快感の極みです。
何年か前から二人が同時に入れ中に精液を出した後そのままオシッコを出してくれるようになりました。

至高の極みです。


23
2017/06/15 20:46:51 (jK7wqFwh)
父が出張に行ってたある日、母親が親戚の飲み会に誘われた
俺は行きたくなかったので適当なことを言って行かなかった
母親は夕方出かけていき、俺は部屋で映画や本を読みながら気が付くと12時を過ぎていて、そろそろ寝ようかと思ってた頃には母は帰ってきた
泥酔して足元もおぼつかない状態で、すごく汗臭かったので風呂に入らせることにした
服も脱げなかったし、転倒してけがをしても困るので一緒に入れてあげようと思い服を脱がせてると
下着を脱がせたときにクロッチとまんこからどろりとしたものが出てきた
嫌な予感がしたが、匂いをかいでみると青臭くて精液だと直感で感じた
飲み会の最中にあほな親戚どもが襲ったんだろう…
嫌な気になりながらも風呂に入れて、膣内の精液を書き出してると
母親がつやっぽい喘ぎ声を出し始めた
思わずムラムラしてちんこを大きくさせてると親がむずがるように動いたせいで
二人してすっ転んでしまって、ちんこの先っぽが母親のまんこにキスするような感じになってしまった
これはチャンスだと思って腰を突き出すと
簡単に入って温かい感触に包まれてしまった
オナホにはない柔らかくて暖かさに、乱暴に動いてしまい
母親の膣内も締め付けるように動いて、一番強く締め付けられたときに
腰を一番深く入れて中に出した。急いで掻き出そうとしたが全く出てこず
仕方なく体を洗い、着替えをさせてベッドに寝かせた

翌日母が起きてきたが何も気づいてないようだった
2か月後に妊娠していたのが発覚するまでは
24
2017/06/12 18:44:50 (ounNmLXT)
今年の4月から息子と男女の関係になっています。
それは予期もしない事でした。

今年の4月から45歳の夫は単身赴任になりました。
家には私と20歳の息子と17歳の娘の3人です。
私は先月末に44歳になりました。

これは後で解った事ですが…
息子は以前から私とのセックスを望んでいたみたいです。
夫の単身赴任が決まり実行に移したみたいです。

それは忘れもしない4月8日の土曜日の事でした。
夫が不在になって1週間も経っていません。
その日は高校生の娘は大会で地方に1泊で留守でした。
この夜にまさか息子に犯される事になろうとは………

息子が私を女として見ていたなんて思いもしません…
まして…性的対象にもしていたなんて……

それは夕食も終わった後でした。
息子はいつもと同じく2階の自室に行きました。
夜の家事も済ませて私はお風呂に入ったのです。
それは何ら変わらない、いつもの夜だったのです。

お風呂が終わり私はパジャマに着替えていました。
そして毎晩している晩酌を始めていました。
ドラマを観ながらビールを飲んでいると息子が来ました。
「今夜は俺も一緒に飲もうかな?」
そう言うと自分でビールを持って来たのです。

夫が居る時は何度かありました。
しかし息子と二人だけは初めてでした。
私は嬉しくなり、ついペースが早くなったのです。
いつもは1本で終わるビールも2本3本と………
次第に私は酔って行きました。

気付くと私の隣に息子がいました。
息子は私の身体をじっと眺めていると…
「母さんはスタイルが良いよね……中も見てみたいな…」
そんな事を言ってきました。
「ええ暖……直紀……あなた…何を言っているの?……」
「パジャマの中だよ……母さんの…裸を見てみたいんだよ…」
息子はそう言いながら私に抱き付いてきたのです。

突然の事に私はパニック状態でした。
気付くと私は倒されてパジャマの上着は脱がされていました。
乳房を揉まれて息子の考えている事が始めて解ったのです。
「うう…直紀…止めて……あなた…何をしているのよ!……」
「ああ…母さんのオッパイ…すごく柔くて…気持ち良いよ…」
「うう…止めなさい暖……私は母親なのよ!……」
「母さんが悪いんだよ!…こんな身体しているから……」
「な、何を……あなた…気でも狂ったの?……止めて…お願いだから…」
私はもう涙が出ていました。
まさか息子が私の身体を求めていたなんて……

以前は夫とは週に2回はセックスしていました。
しかし転勤が決まってからの夫は忙しくて…
結局はここ2ヶ月はセックスしていなかったのです。

息子に荒々しく乳房を揉まれて身体の力が抜けていきました。
心では抵抗しなくては!…そう思っているのですが………
身体に力が入らなくなっていったのです。
それは息子も解っていたのかもしれません。
息子の私を押さえ付ける力が弱くなったのです。

逃げなくては!……
心はそう叫んでいても身体は動けませんでした。
息子にズボンも下着も簡単に脱がされてしまったのです。

「母さん濡れているよ……何だ、感じているんだね!……」
「違うわ……そんな事……ある訳無いでしょ暖……」
「嘘つき……ほら!…こんなに濡れているくせに……」
息子の指が膣穴に入ってきたのです。

「ヒヒヒイ……嫌よ!……直紀…止めなさい暖…指を抜いて…」
息子は指に強弱をつけながら出し入れしてきました。
身体の中を快感が駆け抜けていきました。
夫とは明らかに違う指での愛撫にもう気が遠くなりました。
そしてすぐに私は絶頂へとイッテしまったのです。

「母さん…イッタんだね……やっぱり感じていたんだね!」
息子は喜ぶ様な声で言ってきました。
私は……もう何も答える事も出来ませんでした。

「母さん…もっと感じさせてあげるからね…」
息子はそう言うと今度は舌で舐めてきたのです。
「ああああっ〜暖……ダメ〜暖……止めて…それは…嫌〜暖…」
夫は余り舐めるのが好きではありませんでした。
数年ぶりの舌での愛撫に快感が一気に襲ってきたのです。

息子の荒々しい舌使いにもう何も考えられなくなりました。
快感が何度も身体中を駆け抜けていきました。

「ああああ暖……ああ…ダメ…ウウウウウウ……クウウウウウ…」
思わず声が出そうになり必死で両手で口元を抑えました。

しかし私は……すぐに2度目の絶頂に達してしまったのです。
もう…頭の中は真っ白でした。
ただ身体は…喜びに満ちていたのです。

私は2度目の絶頂で動けなくなっていました。
夫とは違う快感に身体は反応していました。

「母さん……もう……入れるからね…良いだろう……」
息子の言葉に一瞬我に帰りました。
「ああ…ダメよ暖……それだけは……親子なのよ……絶対に……」
「そんな…母さんだけ感じて……もっと感じさせてあげるからね…」
そう言いながら息子は裸になりました。

私の前には…見た事も無いペニスがありました。
夫とは明らかに違う太くて硬そうな凄いペニスが………
それを見て私は動く事も出来なくなったのです。

「やっと母さんと……じゃあ……入れるからね……」
「ああああ……ダメよ……それだけは………止めて…」
もう私の言葉には力もありませんでした。
ただ母親としての拒否の言葉だけ………

「あああああああ暖……」
ペニスが入ってきた途端に始めは痛みがありました。
しかしそれは始めだけでした。
次第に痛みは快感へと変わっていったのです。

「あああ暖…母さん…凄いよ暖…何て気持ち良いオマンコなんだよ暖…」
「あああ暖…ああ…あっ…あっ………あああああ暖……ああああ……」

こんなに凄い快感は初めてでした。
もう何も考えられなくなり快感に溺れそうでした。
息子の硬くて太いペニスに何度も突かれて魅了されたのです。

「あああ暖…母さん…凄い…締まりだよ暖……こんなの初めてだよ暖…」
「はああ…母さんは…本当に良い女だよ暖…身体も最高だよ暖…」
夫にも最近は言われない様な言葉に私も女に変貌したのです。
「あああ暖…直紀…ああ…母さんもよ…あああ…凄く気持ち良いのよ暖…」

息子の性欲にも驚きました暖
射精してもすぐにペニスは復活するのです……
しかも射精の間隔も長くなっていきました。

息子が射精する間に私は2、3度は絶頂に達するのです。
途中からはもう快感と快楽の中で完全に女になってました。
「あああ…直紀……直紀……ああああ暖…直紀……」
何度も息子の名前を叫んでいました。

「あああ…母さん…これからは毎日…セックスするよ暖…この身体は俺の物だよ暖…」
息子はそう言ってきました。

それからは本当に毎日息子に求められました。
多い時は1日に何度もしました。

最近は娘が部活で先に家を出ます。
その後に息子に朝から抱かれています。
時々は腰が抜けそうで…仕事にも支障が出る事もあります。

家では娘の事もありますので……
週末は息子と郊外のラブホテルで愛しあっています。
この時は息子と激しいセックスをします。
どんなに大きな声でも大丈夫ですから。

でも今夜は……娘は友人の家に泊まりで留守なんです。
久しぶりに夜に息子の部屋で抱かれると思います。
25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕