ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
2018/05/23 12:27:12 (OG90OVPx)
ママがSNSを始めたって。
でもアカウントは僕には内緒って言われた。
ケチなママ。

どうせパパの愚痴をつぶやくか食べ物の写真でもアップしまくるだけのくせに。

でも僕はすぐにママのアカウントを見つけることができたんだ。ある日アプリを開いたら友達かもって出てきて、なんとなくタップしてみたらママ本人でビックリした。
アカウントは本名のままやってた。
おバカなママ。
自己紹介文に「見られたがりのドM」って書いてあった。

そのままスクロールしていくと、すごいのが出てきた。

鏡の前で裸を自撮りした写真とか、リビングのソファでオナしてるとことか、トイレでオシッコ中の写真もあったりして、本当にエッチな写真がたくさんアップされててビックリした。


僕はショックだった。
あの綺麗で優しいママがエッチで変態みたいなことしてるなんて信じられなかった。
家ではいつも通りで全然そんな風には見えないのに...

でも、それから僕は毎晩寝る前にママのアカウントを見ながらオナしまくるようになってた。心の中でママに謝りながら、でもやめられなかったんだ。
毎日アップしてくれるから、今日はどんな写真かなってどんどん楽しみになっちゃってた。
学校に行ってもそのことばっか気になって、我慢できないときは学校のトイレでオナっちゃうこともあったけどね...

いつも僕は、ママの写真を見るだけでいいねとかコメントはしなかった。しなかったというより怖くてできなかったんだ。アカウントをたどられたら僕だってバレちゃうしね。

僕はふとあることを思いついたんだ。
何かママがビックリするようなことをしたら、SNSでつぶやいてくれるんじゃないかって。

その日の夜中、僕はこっそり脱衣所に行って洗濯籠からママが履いてたパンティを持ち出したんだ。
昼間にSNSにアップされてたのと同じ黒いパンティ。
ママはこのパンティを履いてお股をグリグリしてる写真をアップしてたんだ。
お股のところに白いのが付いてた。
僕はまだ少しベトベトしてる股のところをチンコの先に当たるように包んで、アップされた写真を見ながらオナったんだ。
ママがオナったパンティでオナるなんておかしな気分。
僕はママのパンティに思いっきり出してやった。
精子がべっとりついたパンティをまた洗濯籠に戻してから寝た。

次の日の朝、ママと顔を合わせたけど何も言ってこなかった。まだバレてないのかな...

その日は学校で三者面談がある日。
僕は学校に着いてからもママのことが気になって、休み時間のたびにSNSをチェックした。
なかなかアップしてくれなかったけど、昼休みにチェックしたらアップされてた。
「息子にパンティ悪戯されちゃった。青臭くて元気な濃ゆ〜い味でした暖 今日はこれ着けて三者面談行っちゃお」
ママは僕が出した精子に舌を出して味見してるような写真をアップしてた。
しかも1日履いてさらに僕の精子が付いたパンティを履いちゃうなんて。
僕は我慢できなくってその日も昼休みにオナっちゃった...

放課後、三者面談の間中、ママのスカートの中ばっかり気になっちゃって面談内容はほとんど覚えてないや。
三者面談が終わった後、僕はママに先に帰るように言われた。
担任の先生と2人っきりで話がしたいんだって。
いったい何の話だろ。
僕の成績のことかな。まさか悪戯のことだったらどうしよう。

先に家に着いた僕は暇だったから、またママのSNSを見てみた。
そしたら、学校の教室で担任の先生のチンコをしゃぶってるママの写真がアップされてたんだ。
つぶやきに「先生のオチンポ、おいしかった♪」って書いてあってビックリした。
ママは2人っきりで話したかったんじゃなくって、先生のをおしゃぶりしたかったんだ。

それから、ママのつぶやきはどんどん過激になってったんだ。
ビルの階段とかでおっぱい出しちゃったり、公園のトイレで知らないおじさんのチンコおしゃぶりしちゃったりさ。

それを見ながらオナりまくる僕。
僕はとうとう我慢できなくなって、ママのSNSにコメントしちゃったんだ。
「僕のチンコもおしゃぶりしてください」ってね。

その夜、ママからレスがあって「やっとコメントしてくれたね。ママ嬉しいわ。パパとママの部屋においで暖」だって。

僕はおそるおそる部屋に行ったんだ。
パパが寝てる横でママにおしゃぶりしてもらっちゃったよ。
オナよりも全然気持ちよくってママの口の中にいっぱい出しちゃった。
ママは美味しいって全部飲んでくれたよ。

今ではママの裏アカに僕も登場させてもらってるよ。
恥ずかしいけど、見つけたらコメントください。
26
2018/05/22 02:13:09 (BTMYorGJ)
私は、中学生のころからお父さんと付き合っています。
初めての相手もお父さんで、ずっとお父さん一筋でした。

それなのに、この前(お父さんの命令で)親戚のおじさんとエッチしました。

相手は、お父さんのお兄さんです。
私は何度か会ったことがありましたが、話したこともそれほどなく、親しくはありませんでした。

この前、お父さんに「学校帰りに、この住所の家に行くように」とだけ言われて、スマホのナビでその通りに行きました。
着いた家は、お世辞にも綺麗とは言えない古い家でした。
怖いなあと思いながらもチャイムを押すと、おじさんが出てきました。

「おっ、久しぶり。俺のこと分かる?」

分かります、と答えると、家の中に入るように言われました。

家の中も散らかっていて、ゴミ袋が置いてあったり…とても汚かったです。
でも我慢して座っていると、おじさんが、「じゃあやるか」と言って顔を近づけてきました。

びっくりして手で押し返して、何ですかと言うと、

「えっ、お父さんから何も聞いてない?」とおじさんも驚いていました。

話を聞くと、
「お前とエッチしてもいいと言われた」
「お父さんの許可はもらっている」
とのことでした。

お父さんはたまに「エッチな命令」をしてくるので、これもそうなのだと分かりましたが、私はお父さん以外の人とエッチしたくないと断りました。

そうしたら「かなは言うことをよく聞くいい子だって言われたけど。お父さんの命令は絶対なんじゃないの?」と言われました。

私はすごく悩みましたが、
お父さん以外の人に入れて欲しくないから、フェラだけでもいいか聞きました。
するとおじさんもそれでいいと言ったので、フェラだけすることにしました。

おじさんのおちんちんは大きかったですけど、臭くて汚かったです。
それでも我慢して咥えました。

おじさんは、

「すげえ、JKのフェラ…」
「姪が俺の咥えてる…」
「うまいな」

と言って、すぐに私の口の中に射精しました。
私は、お父さんから精子は全部飲むようにしつけられていたので、おじさんのも全部飲みました。
そして、尿道の中の精子も吸い出して、お掃除フェラもしました。

おじさんは「あいつはいいしつけをしてる」と褒めてくれました。

私はフェラが終わったらすぐに家に帰りました。
そして、お父さんが帰ってきたら、お母さんに気づかれないようにすぐに問い詰めました。
お父さんはごめんごめんと謝りながら説明してくれました。

「おじさんはお父さんの大切な兄弟だから、これからも相手をしてあげてほしい」
「かながいい子だから、安心して紹介できた」
「かなが安心してエッチできるようになるまで、お父さんも一緒にその場にいてあげる」

と言って、優しくキスをしてくれました。
お父さんの「エッチな命令」は絶対だし、お父さんのことが好きなので言うことを聞きたいと思うのですが、少し不安もあります。
27
2018/05/21 19:43:02 (PAM0YXYP)
54歳のオバサンです。
昨日までは、近親相姦なんて考えもしませんでした。
でも昨日、、、23歳の息子とHしちゃったんです(*^。^*)。
誰にもいえないけど、誰かに聞いて欲しいので。
昨日はダンナが出張で、息子と2人だったので、
「ご飯作るの面倒だから、どっか食べに出よう」
ということで、近くの居酒屋へ。
お酒を飲んでいる内に、なんかいい気分になっちゃって、
ついムラムラと息子に若いオトコを感じちゃった・・・。
話題もついつい下ネタに・・・。調子に乗ってさかんにくちびる舐め濡らしたり
アイスキャンデーで模擬フェラとかもしちゃったら息子も興奮して見つめてきた。
帰ってきて、普通にお風呂に入り、床についたけど、何か悶々としちゃって眠れないんです。
オナニーしたけどスッキリせず、ふと、息子は何してるんだろう?
と思って息子の部屋に行くと、息子はベッドに横になりテレビを見ていました。
「あんた、まだ起きてんの?」と言うと、
「母さんと猥談したから眠れないよう」
つい反射的に「じゃ母さんとエッチしてみる?」
と言うと息子はキスしてきて、その後は、、、、私も興奮してヌルヌル、すっかり発情しちゃって
自慢の肉厚のくちびる舐めてたっぷり濡らして積極的に与え吸われ貪られます。
わざと唾液をタップリ乗せたよく動く長い舌をベロレロからめて濡れた肉厚くちびるで吸いつきます。
息子はもう夢中になって私のくちびると舌を猛烈に貪って酸っぱいツバの匂いに酔いしれてます。
私も全部脱いじゃいました。だってもうオマンコが濡れてるんです。今度は私がベッドで四つん這いになって
汗に濡れて湯気立ちそうな自慢のムッチプリヒップぷりぷり振って挑発♪
息子に濡れまくって欲しがってるピンクのオマンコを見せてあげました。
顔近づけて必死でみてるので「ニオイ嗅いでいいのよ♪」って鼻先に押しつけちゃいました。
「どう?匂う?どんなニオイがする?」「酸っぱくてチーズみたいな匂いがするよ〜エッチだよ〜」
もう恥ずかしいくらいに息子に匂い嗅がれてジュースが溢れて太ももをつたいます。
息子は夢中で吸いつくように舐め吸ってます。
激しく勃起してる息子を下にして、69でたっぷりお互いのニオイと味を貪ります。
激しく顔を振り舌を絡めながらクチビルで激しく吸いたてます。息子もヒップのニオイ嗅ぎながら耐えてます。
そしてもう我慢できません。息子は上に乗り、ヌルヌル擦りつけてからニュルっと挿入!
そして初めての結合… トロけるような感触…固くて太い息子棒が私の濡れマンに出し入れされます。
きゃー!はずかしい!!、、腰が抜けそうよ!父さんともこんな事しないわ! 
息子は私の濡れたくちびると舌を激しく貪りながら激しく突きまくります。
私は「もぉあなたの女よぉ〜、女にしてぇ〜っ!朝までやってぇ〜いっぱい中に頂戴っ!」と叫びました。
息子はビクンビクンと痙攣しながら何度もわたしのカラダの奥深く射精しました。私も同時にイキました。
私のオマンコで息子が射精した、そう思うと幸せでした。その夜は5回、激しく求めて愛し合い
朝まで私のカラダを求め貪り精液まみれにしたのです。「いいっいいわぁ〜抱いて抱いて抱いてぇっ!」
私も久しぶりの絶頂を味わいました。 そして今、私は毎晩息子とたっぷり交わっています。
結婚以来初めての浮気と20代のオトコを一度に堪能してしまいましたが、
よりによってその相手が息子とは・・・・(^^;)。
もうハマっちゃいそう!

いびきがうるさいという理由を付けて、主人とは別の部屋で寝るようになり
ました。もちろん夜中に息子の部屋に忍んで行くためです。
もう、家の中でも遠慮しません。まず、主人がお風呂に入っているときに速攻で
挿入して貰います。主人は長風呂なので、1時間近く楽しめます。
深夜も主人が寝静まった頃、息子の部屋へ忍んでいきます。
「いいっ、いいよっ!硬いの欲しかったわぁーっ!」
「ねえ、もっと激しく動かして、滅茶苦茶にして、突いてっ!」
「ああ、いやあ、だめ、激しいっ!きつい・・・」
息子の若い肉棒を唾液でヌルヌルにしてむさぼり、下のおクチで愛液まみれにして味わい尽くします。
汗と唾液とジュースのたまらなくエッチな酸臭を発散させながら若いセックスを楽しむんです。
息子ったらもう夢中になってキスを求めてくるの。
わたしもすっかり発情しちゃって自慢の肉厚のクチビル舐めてたっぷり濡らして積極的に与えちゃう・・・
「あはっ・・・!いいっ、いいよぅっ!すごいっ・・・突いて・・突いて突いてぇぇぇ・・っ!・・・」
息子のベッドで全裸で汗かいて激しく息子に貫かれている最中、主人がトイレに起きてきました。
汗ばんだ肌を重ねたまま動きを止めて息を殺していると(もちろんイレてヌルヌルのままです)、
ジョボジョボとオシッコをする音に続いてジャーと水を流し、
ぺたぺたと歩いて寝室に戻り、バタンとドアを閉める音が。
息子と見つめ合って、「うふふ」と笑い合いお互いの唇に吸いついて
舌をたっぷり絡めあって唾が匂う濃厚なディープキッスをして激しすぎるピストンを再開しました。
そして朝まで汗と愛液にまみれて激しく全裸で楽しみました。
ドキドキしましたが、怖いとか、悪いとかいう気持は全然ありませんでした。

28
2018/05/19 19:00:51 (8D4A5Nkn)
姉貴はさかんに肉厚のクチビルを舐めまわして濡れ光らせていた。
「クチでしてあげようか・・・」
「えっ?!」
「誰にもいうなよ!!」
姉は長い舌に糸を引きながら露骨に舌なめずりすると妖しく笑った。
濡れて長いよく動く舌をベロ〜っとペニスに這わせると
そのままクチビルをかぶせてリズミカルにしゃぶりはじめた。
肉厚のピンクのクチビルがイヤらしくめくれてひっつく。
亀頭のまわりをねっとりとした熱い舌がグルグル動き回る・・・
オナニーとは比べものにならない、いままでに感じたことのない快感だ。
「あぁ・・・ねえちゃん・・・」
思わず声が出る。チンポは痛いくらいに勃起し、体がよじれる、フェラ初体験だ。
粘っこいツバでクチビルをヌルヌルに光らせながらブチュブチュ音たてて激しくしゃぶる姉貴。
ときどき上目で窺いながら顔を激しく上下させてエッチすぎるフェラ。
太いツバ糸を引きながら、咥えたまま巧みに長い舌を裏側に這わせてレロレロまるでプロみたいだ。
それに立ち昇ってくる凄くエッチな酸っぱいニオイ・・・姉貴のツバのニオイがソソりまくる。
「ホラ、姉ちゃんのクチでイっていいから」「・・・だって・・・」
「いいから・・・ガマンしないで・・思いきり出して・・・」
「姉ちゃん・・・す、好きだよぉぉぉ・・・っ」
「あたしもよ、好きっ・・・ねっ、イっていいよっ・・クチに頂戴っ!」
姉貴は手コキのスピードを上げながら長い舌に擦りつけ
クチビルをヌルヌルに濡らして猛烈に吸いまくる。
ブッチュクチュクチュクチュブチュブチュブチュッチュッチュゥゥゥ〜っ!
「ねえちゃん・・・出る・・・もういきそうだよ・・・」
姉貴はその言葉にもかまわず、唾を一杯出しながら頭を上下に動かしている。
「ねえちゃん、だめだ・・・いくよ!!陽子〜っ!!いく!!」
尿道をえぐるように勢いよく精液が姉貴の口の中に発射された。その間にも姉貴の
舌は、グルグルと亀頭を刺激している。気持ちよすぎて気が狂いそうだ。
「気持ち良かった?」という姉貴の問いに「うん」と答えるのが精一杯だった。

29

もう 半年になります

投稿者:朋子 ◆Z8OAm7jjpI
削除依頼
2018/05/14 11:13:13 (Zyvo6ii0)
今の主人と再婚したのは12年前です、当時は主人には2歳になる男の子が居て
その頃は、私も前の旦那と別れて 主人の会社に勤めてました。
3月の会社の飲み会が有って、その日に主人との関係が出来てから
社内恋愛と言う形に、ただ主人との再婚は 私自身 ためらうものも有りましたが
主人の押しに負けて、OKしました。
子供はまだ幼くて 毎日がドキドキする事や 、幸せな気持ちも有ったりでしたが
どうにか現在まで やって来れました!
ただ、主人との夫婦関係は年々 減っていき 欲求不満が溜まる一方で
毎日の様に 自分で慰めてましたが、息子の学校が休みの日に 息子が出掛けたのを確認して
日課のオナを遣ってました!
どれ位、時間が経ったのか 私は気分が最高に達した時に 息子の声が、
私は慌てて 脱ぎ散らした服で身体を隠そうとしましたが 遅かったのです。
私の痴態を見ていた息子は興奮してしまって、私の抵抗なんて無駄な事です
胸を揉まれ、乳首を吸われたり噛まれたりされると身体中の力は緩んで
私から息子を受け入れる感じで 重なりました!
主人とは違って、若い息子のアレは硬くて 出しても 疲れる事が無くて
私は何度も逝ってしまいました!
その日から、息子との秘密が出来てしまって以来 毎日の様に息子との関係が
増えて行きました!
主人が朝早く 家を出ると、私が息子の部屋に行っては お口で目覚めさせて
朝から、美味しいミルクを身体の中に流し込んで貰ってます!
30
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕