ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
2017/08/16 18:15:28 (0btdYRbe)
細身の体型なのに胸元は大きく膨らみ…
脚はスラッと伸びている美脚…
ショートカットの似合う清楚な顔…
そして透き通る程に透明感のある白い肌…
男ならこんな女には興味を持つのが普通だろう。
そこに46歳という熟女の色気が加わっている。
美熟女……誰もがそう思う女なのだ。

その女とは…俺の母親だ。
例え母親であっても「女」として見てしまうのが普通だろう。

俺は今20歳になったばかりの大学生。
1年半前に東京に進学の為に引っ越してきた。

高校2年の頃には母親は性的対象者になっていた。
母親とのセックスを妄想してはオナニーばかりしていた。
妄想だが…母親を色々な演出で何度も犯していた。
しかし…それは現実的では無くただの願望でしかなかった。

東京で1人暮らしを始めてもほとんど変わらなかった。
変わったのは妄想では無くAVを観ながらのオナニーに成っていた。
近親相姦や母子相姦のAVを観ては母親と重ねてのオナニーに…
彼女が出来てセックスしてもだった…
目を閉じて頭の中では母親とのセックスを妄想するのだ。

そんなに美しい母親なのか?
そんな疑問を投げ掛けてくる人もいるだろう。
タイプや好みが有るから何とも言えないが……
母親は…女優の筒井真理子に良く似ていると思う。
筒井真理子は現在50代半ばと思うが…
彼女を10歳若くしたのが母親だと思っている。

経験者なら解ると思うが…
いつかはそれだけでは満足出来なくなってしまうのだ。
本物の母親の裸を見てみたい…
そして願わくば母親とセックスまでもしてみたい…
それを本気で思ってしまうものだ。
だが…普通ならばここで立ち止まるのも親子だ。
しかし俺はもうそれが出来ずにいた。

俺は3週間前に夏休みで実家に帰った。
実家に帰ったのは進学以来だから1年半ぶりでもあった。
地元の友人の父親が経営する会社でのバイトが目的だった。
従って滞在期間は1ヶ月を予定していた。

1年半ぶりに会った母親は相変わらずに美しかった。
会った途端に体が熱くなり鼓動も大きくなっていた。
(やっぱり母さんと1度だけで良いから…してみたい)
そう思っていた。

母親とのセックス……
普通ならば有り得ない事で間違っている事でもある。
お願いしても…了承される事など無いだろう。
だったら無理にでも犯すしか無くなるのだ。
冷静な気持ちで出来るはずも無い…
興奮するか…酔っているか…又は余程気が狂うかか……

実家に来て4日目の事だった。
もう忘れる事の出来ない…7月30日の日曜日。
起きてリビングに行くと母親は掃除をしていた。
父親は会社のコンペで朝早くに家を出ていた。
4歳下の弟も野球部の練習で朝から留守だった。
俺はバイトも休みで友人と昼前に会う約束があった。

朝でももう蒸し暑かったが冷房は点いて無かった。
だからだろう母親は汗をかいて掃除をしていた。
白いTシャツは汗で濡れていた。
俺の視線の先には母親の背中が見えていた。
(あああ……)
母親の背中を見て少し興奮したのだ。
訳は背中にブラの後が見えない事だった。
(母さん…ノーブラだったんだ…)

俺に気付いて近寄って来る母親は…
前も汗で濡れていたので乳首と乳輪が透けて見えていた。
乳首の位置で母親が美乳だと直ぐに解ったのだ。
俺は一気に興奮して股間も硬くなっていた。

その時だった。
俺の前で母親が立ち眩みの様によろけて来たのだ。
俺は慌てて母親の体を抱きしめていた。
俺の手は母親の胸を触っていた。
その時に俺の中で何かが弾けて行った。

母親はすぐに正気に戻り俺から離れようとしていた。
しかし俺は正気に戻らずに理性が完全に飛んでいた。

母親を再び抱き締めるとソファへと押し倒していた。
すぐにTシャツを捲り上げていた。
目の前には形の綺麗な乳房が…
それは俺の予想以上の美乳だった。

母親は驚いて逃れようとしていた。
しかしまだ体に力が入らないのか?弱い抵抗だった。
柔らかい乳房を激しく揉みながら乳首を噛んだり舐めたりした。

10分以上同じ愛撫を続けていた。
次第に母親からの抵抗力は弱くなっていた。
ただし母親の顔色からは感じている様には見えなかった。
口元をぎゅっと閉じて必死に耐えている様子だった。
その顔が妙に色っぽくて一層欲情してしまったのだ。

スカートの中に手を入れて下着に指で触れた。
母親は「駄目よ…やめて…」そう言ってきた。
しかし下着が濡れていたのは指の感触で解っていた。
「母さん…濡れているね…感じているんだね…」
俺の問いかけに母親は何も答えなかった。

下着の中に手を入れて膣穴に指を入れた。
母親の体は一瞬九の字の様に浮いた気がした。
指で愛撫すると…すぐに愛液が垂れだしてきた。
この時の母親からは何の抵抗力も感じないでいた。

指での愛撫も数分は続けていた。
母親は両手で口元を抑えて必死に耐えていた。
もう感じているのは一目瞭然の事だった。
その後すぐに母親は絶頂に達していた。

母親はぐったりして動くことが出来ない様子だった。
俺は全裸になり母親も全裸にした。
母親の両脚を開いて膣穴を今度は舌先で愛撫してみた。
舐めた途端にに母親は悲鳴の様な声を出してきた。

音が聞こえるくらいに激しく膣穴を舐めた。
少しすると母親からは甘い声が聞こえてきた。

俺も限界だった。
早く肉棒を入れたくて仕方が無かった。
クンニで2度目の絶頂に達して動けない母親の両脚を開いて体を入れた。
母親は駄目よ…嫌…と言ってきたが…
肉棒は簡単に中に入っていった。

入れた途端に身体中を快感が駆け巡って行った。
何とも言えない初めての感触だった。
ゆっくり肉棒を動かすと……
肉棒が握られている様な強烈な締め付けだった。

肉棒は数回の出し入れですぐに射精感が来た。
俺は慌てて母親の腹の上に射精してしまったのだ。
しかし肉棒は硬いままだったのですぐに挿入していた。

2回戦目…1度射精しているので余裕があった。
激しく肉棒を突くと母親はすぐに喘ぎ声を出していた。
それも予期せぬ程に大きな声だった。
「母さん…良いんだね…感じているんだろう…」
「ああああ…貴ちゃん…母さん…変になっちゃうよ…」
まるでAVのセリフみたいに母親が答えたのには驚いた。

こうなればもう俺の思うがままだった。
色々な体位で母親の肉体を攻めた。
母親も時間と共に徐々に淫乱の様に乱れて行った。

その時は昼頃までの3時間位はセックスしていた。
そして昼食後に又母親の肉体を求めてみた。
すると母親は拒否するどころか…
「貴ちゃん…家は駄目よ…何処か行きましょう…」
そう言ってきたのだ。

2人で郊外のラブホに入った。
一緒に風呂にも入った。
落ち着いて見る母親の裸は素晴らしいの一言だった。
そのまま風呂で1回戦…ベッドで2〜5回戦…
母親はより激しく感じて声も大きく喘いでいた。

その日から今日まで毎日母親とはセックスしている。
夏休みも残り2週間……
東京に帰りたくない気持ちが日増しに強くなっている。






26
2017/08/16 06:41:11 (yNMuOvwD)
俺の筆下ろしの相手は、母です。
俺は、小学生の頃から学校でいじめられてた。
その反動で家で暴れてた。
小学生の頃は、父に負けてたけど
中学になっても学校でいじめられて
家で暴れて父をまかしてから
内弁慶になってました。
そして父は、母をおいて単身赴任して逃げ出した。
その頃には、自慢の母も俺の暴力で髪の毛も白髪になり
ガリガリに痩せてまるでおばあちゃんになってた。
それでも思春期の俺は、ある日女を抱きたくなり
手っ取り早く母を犯そうとナイフを持って
母を脅して服を脱がせた。
雑誌で見る女性の裸と違い痩せて魅力も無かったけど
泣いて抵抗する母を押し倒して
ナイフで下着を切り裂き
無理やり挿入してた。
初めてなのでなかなか挿入出来なかったけど
母の中に挿入してすごく気持ち良かった。
挿入してすぐに射精してたけど勃起したままで
続けて腰を動かし突いてた。
母は、泣きながらもうやめてっと言ってたけど
そんなのお構いなしで突いてた。
もう少しで二度目の射精するとこで
知らないおばさんが止めに入ってきた。
俺は、力任せにおばさんを突き飛ばしてた。
おばさんは、後ろに転んで頭を打ったのかしばらく動かなかった。
俺は、二度目の射精を母の中に出して
倒れてるおばさんの方に行き
おばさんに股がり
ナイフで脅しながら衣類を引き裂いてた。
おばさんも母と同じでナイフに怯えてたいした抵抗もしなかった。
下着も引き裂くと肉付きの良いからだで
萎えてたチンポもすぐに勃起してた。
おばさんの足を持って開き挿入しようとしたら
持ってたナイフを奪われたと思ったら
足でおもいっきり蹴り飛ばされてた。
後ろに転んでた。
起き上がろうとしたら
おばさんに馬乗りにされて首にナイフを押し付けられて少し切られてた。
痛みとおばさんの怖い顔に圧倒されて身動き出来なかった。
もともと俺は、気の弱くて学校で苛められてうさをはらしのに家庭内暴力する内弁慶だから
おばさんの反撃されて
しかも首を切られて固まってしまってた。
その体勢のままでおばさんのお説教が始まってた。
お説教には、素直になってたけど
母と違う肉付きのいい体を見てて
勃起したままでしかも
おばさんの割れ目に勃起したのが合ったってて
母と違う感触
お説教されてても上の空
おばさんが最後に言った言葉に頷いてた。
そしたらおばさんが腰を浮かせて
俺の勃起したままのチンポを
中に導き根元まで呑み込んでた。

27
2017/08/15 22:51:05 (3csZ1ngX)
不倫が家族に知られました
前科のある夫は怒りながらも「まあ、今度こそきちんとやり直そう。」と言ってくれました。
今年二十歳になる息子は許してくれず、言い合いの結果強引に、、、。
レイプされたとは言いません。拒否出来たのですけど、「それで気が済むなら、、」と言った私なのです。
関係は続き、いつしか抱かれる事を待つ自分がいました。
「どんな風にしてたの?」と聞かれ、上になって舌をねぶりました。
腰を動かしていくと、「母さんいく時の声、可愛いね。」と言われ恥ずかしかったです。
暇になると息子は襲ってきて、下着を脱がされ指で突き上げク寸前で止めるのです。
「自分でイきなよ。」と言われ指の動きを止めるのです。
激しく腰を動しながら、いくために膣を締める私。
「すげえ、いやらしい顔だね、母さん、熟女モノのエロビデオ出たら人気モノになるよ。」と息子は言ってます。



28

妊娠記念

投稿者: ◆Utz8J.lZMo
削除依頼
2017/08/15 08:53:31 (EJ4qK7CV)
23歳の娘が現在妊娠5ヶ月です。
それで、記念の書き込みをしたいと思います。

私は九州の地方都市で公務員をしている56歳の男で同い年の妻とは別居中。
子どもは娘一人だけです。
妻との別居の理由は私の浮気の発覚で、娘が短大に合格した時からですから5年になります。

妻は実家暮らしで、現在私は娘と二人暮らしです。
お恥ずかしい話が続きますが、私は家事がまったく駄目で、特に炊事ができません。
それで家事全般は娘に頼りっきりです。

一人では何もできないことを知っていた(と、本人は言う)からと、娘は私のもとに残ってくれました。
不満はいっぱいあったと思います。私のせいで家庭環境が壊れたのですから。
でも、口に出さず、毎日弁当を作って送りだしてくれます。

今年の2月のことです。うっかり連絡を忘れて午前様になりました。
結構酒が入ってべろべろに酔っぱらっていたのです。
さらに運が悪いことにスーツに長い女の髪が付着していました。
飲み屋でカラオケで盛り上がったときについたと思います。
夕飯を用意して待っていた娘、携帯に連絡しても音信不通。
しかも女の髪の気付きですから、怒り爆発です。

「お父さん!またなの!!」

弁解しても聞いてくれません。そうこうしているうちに別居中の妻の表情が
娘の顔に浮かんで、こ憎らしくなり・・・そこから記憶が曖昧ですが、
何かわけのわからないことを口走って娘をひっ叩いて、「うっせぇ!」と
ソファーに押し倒したのです。
・・・・・・・・・・・

気が付いたら夫婦の部屋のベッドの上、私は素っ裸で娘は下半身だけ素っ裸。
娘にベッドの端に両手をつかせて、私はバックから挿入していました。

「お父さん!痛い!痛い!痛い!いやぁあああああ!!」

娘は後で告白しましたが男性経験が皆無で、男いない歴=人生。
まさか初の性交が実父でこれほど痛いとは思ってもみなかったといいます。

泣き叫ぶ娘を突き離すと膣穴から私の精液がこぼれ出てくるのが見えました。
娘は腰を上げたまましばらくベッドに顔をつけて泣きました。
30分ぐらその態勢で泣いていたように思います。

腰を高く掲げ、膣穴からぽたぽたと汁を垂らして泣き続ける娘の姿をみながら、
私はどう謝罪したらいいのか本当に悩みながら、そばに大好きなウイスキーのボトルを見つけたので
ウイスキーを飲みながら椅子に座って考えました。

------
娘の心は壊れてしまいました。奥手で大人しい人見知りな娘は死にました。
今の娘は男のチンポ無しに生きられない膣穴ズボズボ女に変貌しました。
娘曰く「やけくそ」です。

今では毎晩娘と性交します。妊娠を心配してましたが

「あんた、本当は男の子が欲しかったんだろ?生んでやるよ。」

もう、あんた呼ばわりです。息子が欲しかったのは事実で浮気の理由の
遠い理由の一つでもあります。

コンドームを用意したらけんもほろろに怒鳴られるので生出しし続けたら、妊娠です。
男の子のようです!

今でも子宮内の息子とチンポで話をしつつ誕生を心待ちしています。

なお、戸籍上は生まれてくる子は、私と妻との間にできた子にします。
妻は事の成り行きを聞いて、娘を引き取りたがっていますが、娘は、さすがに
母親には口が裂けても言えません。自分が父のチンポの奴隷の女になったことを
胸が張り裂けそうに悲しみながら、それでも今日も膣穴にズボズボ挿入されることを
心待ちしています。
29
2017/08/13 14:47:23 (edyUj5Sx)
今年45歳になるバツイチ男性ですが、親戚の娘の初物を堪能してきましたのでご報告します。

じぶんがギリ20代だったときに産まれたその子も今年の春から地元のおバカ高校に通い始め、新しく出来た友達との付き合いでそれなりに物入りらしく、アルバイトなどを始めたいと親に相談したものの却下されたらしく、

そんな折に親族の不幸で一同揃った際に久しぶりに会いました。

前に会ったのはランドセル買ってあげた頃かな?かなり成長してて・・・

特に胸周りは母親譲りかかなりいいサイズ。身長は143センチしかないそうですが、不釣り合いなバスト。

贔屓目に見て岡田結実を軽くブスにした感じ(笑)


初めは久々に会う親戚のおじさんに少し人見知りしてたみたいですがその日の夕方くらいにはだいぶ打ち解けたのか学校の愚痴などを延々と話してくれる状態。

その日は何事もなく、連絡先を交換するでもなく散会。


その2週間後に社用で地元近くの駅に出向いた際急に声をかけてきたのがその子でした。

仮に結実とします。

結実は学校の制服姿でちょうど電車で帰宅しようとしていたらしくたまたま私を見かけたので声を掛けたと。

暑い日だった事もあり自分の車で送って行く事にし、結実を助手席に乗せました。
30
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕