ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験のみ/続編は経過報告にて

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 ... 200

近親?

投稿者:幸一 ◆jvBtlIEUc6
削除依頼
2018/10/21 12:31:20 (ssD.eQfJ)
今は、母屋に祖父(71)、祖母(70)の二人住まいで、
同じ敷地に、父(45)、母(44)、姉(20)、俺(18)、妹(16)の五人暮らしです。

俺は小さい頃から、いつも姉や妹に追いやられ、母屋に逃げて、そのまま寝泊まりしたりしていました。
俺が小学6年のある日、姉と妹が習い事しているサークルの団体一泊旅行があり、父母姉妹の四人で参加しました。
いつも爺ちゃん婆ちゃんと一緒に食事をしたり、風呂入ったりしていたので、どうぞどうぞでした。

その日も母屋で晩飯後、皆で寛いでいました。そろそろ風呂でも入ろうかと言われ、いつもの様に三人で入りました。
爺ちゃんと婆ちゃんは、若い時から寝るのも一緒、風呂も一緒の生活でしたから、俺もその生活に慣れていました。
風呂では、爺ちゃん婆ちゃん、お互いの身体を洗い合っていて、その中に俺も混じっていました。
皆で、お互いに身体の隅々まで洗います。男女関係なく、チンチンから尻の穴まで素手で洗います。
この時に、爺ちゃんは還暦で60才、婆ちゃんが59才でしたが、二人とも若々しい身体でした。

婆ちゃんが俺のチンチンを洗っている時に陰毛がうっすら生えてきたと騒ぎ、爺ちゃんにシゲシゲと見られました。
爺ちゃんがチンチンを弄ってきたら、気持良くなって勃起してしまい、ゆっくり皮を剥かれ扱かれました。
横で婆ちゃんが見ていて、「一人前のチンチンになったねえ!で!もう精液は出るの?」と聞いて来ました。
「何の事かわからん!」って言うと、洗い流してくれながら「子供作る時の種の事!」と言いました。

洗い終わり、湯船に皆で入ったら、婆ちゃんが湯船の淵に座り、自分の毛むくじゃらオマンコを指さしました。
「ここに爺ちゃんのチンチンを入れて、あんたの父ちゃんが出来たの!」とニコッとしながら見せつけました。
そしたら爺ちゃんが「婆さんに入れて見せるから、婆さん!シャブってくれ!」と催促し、湯船の淵に座りました。
婆ちゃんは湯船に浸かり、俺の目の前で、爺のチンチンを咥え、シャブり出しました。

爺ちゃんのチンチンがムクムクと勃ちだしデッカクなりました。婆ちゃんは咥えてるのを止め、手で扱き始めました。
爺ちゃんが「入れるぞ!」というと、婆ちゃんは湯船の淵に手をつき、ワンワンスタイルになりました。
爺ちゃんはチンチンに手で握り、婆ちゃんのオマンコを広げて、ゆっくり挿れていきました。

爺ちゃんが腰を振り出すと狭い湯船の湯がパシャンパシャンと波打つので、俺は堪らず、湯船を出て見ていました。
しばらくしたら、爺ちゃんが「あ〜イキそう!」とオマンコからチンチンを抜き、俺の方を向いて扱きました。
爺ちゃんは「うっ!」と言いながら、扱きを速くしてたら、爺ちゃんのチンチンの先から白い精液が飛んできました。
残りもポタポタと床に落ちたので、俺が見てると婆ちゃんが「それが子種よ!」と教えてくれました。

それからオナニーを覚え、いつだったかは忘れましたが、精通があり、爺ちゃん婆ちゃんに報告にいきました。
その日、三人一緒に風呂に入り、爺ちゃんの目の前で、婆ちゃんが俺のチンチンを咥えてくれて、口内射精しました。
爺ちゃんは喜んで「もう一人前だな!大人の仲間入りしたな!」と俺のチンチンを擦ってきました。

それからは、母屋での生活が多くなり、寝る時も一緒になりました。年取っても爺ちゃん婆ちゃん元気です。
寝床では、婆ちゃんを仰向けで寝かせて、爺ちゃんが上から四つん這いで被さりフェラさせている時に
俺が婆ちゃんのオマンコを舐めていたり、といろいろ楽しんでいます。
家族には、三人での事は知られていません。


11
2018/10/20 22:47:51 (8u.ve.Tx)
どーも、書き込み初心者なんで読み難かったら勘弁ね。

俺は物心ついた時から姉さんの事を異性として好きだった。

過剰なスキンシップしてたけど、姉さんも特に嫌がる事は無かったし、むしろ可愛がってくれた。

思春期の頃に、夜中にトイレで目が覚めて部屋から出たら、両親の寝室から悩ましげな声がしてたんだ。

こっそり近付いて聞き耳立てたら、「兄さん…」て声聞こえて来たんだ。

声の主は母さんだった。

そっとドアを開けて覗いたら、父さんと母さんがセックスしてた。

両親は本当の兄妹だったみたい。

それで俺が姉さんに恋心を抱く事に納得した。

両親の血をしっかり受け継いでたって訳だ。

ショックにはショックだったけど、ある意味踏ん切りがついた。

って事で、俺は小便を済ませてから姉さんの部屋に夜這いをかけに行った。

起こさないように細心の注意を払って、パジャマを脱がせる事に成功。

クンニしてる時に姉さんが起きちゃって、これは失敗したなって思ったよ。

でも、姉さんは騒ぐわけでもなく、微笑みを浮かべてくれたんだ。

もしかして?って思って訊いてみた。

やっぱり姉さんも両親が兄妹だって知ってた。

しかも、俺が姉さんに恋心を抱いてることも分かってた。

その上で俺の事を拒否せずに受け入れてくれた。

コソコソする必要が無くなったから、そこからは堂々と姉さんの身体を楽しんだ。

姉さんもなかり奉仕してくれた。

そして遂に、俺と姉さんは繋がったんだ。

ゴムなんて無いよ?

思い付きで夜這いしたからね。

生でズップリさ。

余りにも気持ち良くて、奥まで入れた瞬間に射精しちゃったよ。

でも全然萎える気配が無いから、そのまま二回戦目に突入した。

今度は少しだけ長く我慢できたけど、それでも数分で果てた。

流石に腰がガクガクになったからチンコ抜いたんだ。

そしたら姉さんがチンコ咥えて、更に肛門に指入れられた。

前立腺を刺激されてチンコが復活。

今度は姉さんが俺の上に乗って腰を下ろしてくれた。

だけど、入ったのはマンコじゃなくアナルだった。

どうやら姉さんはアナル好きらしくて、すんなりチンコを飲み込んでしまったよ。

絶妙な締め付けと腰使いで、またまた瞬殺。

アナルにも中出ししちゃった。

翌朝、朝食の時に姉さんが両親に対して昨夜の事を報告。

いきなりだったからビックリしたけど、両親は大喜びしてた。

「やっぱり自分たちの子だ!」なんて言ってた。

しかも、「今夜はお互いのパートナーを交換して楽しもう」なんて言う始末。

俺と姉さんは「喜んで!」と奇麗にハモった。

姉さんで童貞を捨てた翌日に母さんとセックス出来るとは思わなかった。

かなり使い込まれたマンコは、姉さんと違った気持ち良さだった。

もちろん、この日もゴム無しで中出しでした。

今では家族みんなで仲良くセックスライフを送ってます。
12
2018/10/19 07:21:58 (qT21GZCp)
13歳の秋に、私はお父さんと結ばれました。

お互いの寂しさと、ぽっかりと空いた心の穴を埋めるかの様に…

私もお父さんの全てを受け入れる覚悟もしていたし、私も望んでいたのかも知れませんでしたから、後悔はしていません。
痛みも感じました。

それよりもお父さんの私に対しての愛を感じました。

結果的にはお母さんを裏切った結果になっていましたが。

お母さんも天国で許してくれてたら良いんだけど。
13

姉貴と

投稿者: ◆9BnNU0q.vA  noktis Mail
削除依頼
2018/10/12 03:00:14 (LqL7nNTm)
まだ小学3年の頃
俺は小6の姉貴に誘われて2人で祖父が隠し持っていたエロ本を読んでいた
その頃まだエッチなこともよく分かっていなかったが、いつの間にか勃起してたらしい
その後2人で風呂に入った時大きくなっている俺のソレを見て姉貴は興味津々になって触ってきた
そして「ねぇ気持ちいいことしてみよっか?」と言ってきた
俺は姉貴にされるがまま上に跨られてそのまままんこに挿入した
それがお互いの初めてだった
姉貴は痛がっていたし俺もあまり気持ちよくなかったが、奥までズプリと入った時は暖かくて何故か気持ちよかった
2人で見様見真似で揺れていたら急にちんこがピクピクして腰が抜けた
今思えば初めてのオーガズムだった
それから姉貴の尻や股にちんこを擦りつけるのに半年ぐらいハマってしまった
いつの間にか忘れていた頃に姉貴も中学生になっていた
ある晩姉貴の部屋から喘ぎ声が聞こえて、その頃既に性の知識も豊富になりオナニーもしていた俺は部屋の扉を少し開け覗き見していた
すると姉貴もオナニーしていたのだ
俺もそれを見ながら必死にちんこを擦ってその場で3回果てたのを覚えている
この前大学生になった俺が久々に里帰りしていた時
姉貴も実家に帰ってきた、既に姉貴は結婚していたがある晩俺のベッドに潜り込んできてちんこを触ってきた
「ねぇ、手でさせて?」と言われたので承諾したらあまりに気持ちよくて俺は理性を飛ばして姉貴を襲った
今までのセックスで一番背徳的で気持ちよかった
14
2018/10/08 14:59:23 (nRiNWAnK)
俺のかあちゃんは俺を18歳で生んだ
だからばあちゃんも若かった
俺が通ってた高校はばあちゃん達の家のほうが近かったから3年間ばあちゃん達の家から通った
ばあちゃん55、じいちゃんも55
ばあちゃんの家に暮らし始めて2年たった時
じいちゃんは2年間だけ単身赴任した
ばあちゃんと俺と二人の生活
俺の名前はりょう
ある晩、暑くて寝付けなかった、パンツいっちょで寝てしまった
またのところが違和感感じて起きた
俺(ばあちゃん)
祖母(りょう起こした)
俺(なにやってるだよ)
祖母(ばあちゃんねりょうの様子みにきたらパンツ一枚で寝てて、りょうのこれ立ってて我慢できなかった)
fばあちゃんとじいちゃんは年にしては3日に一回はセックスしてた
俺(ばあちゃん寝ぼけてるのか、俺りょうだよ、じいちゃんじゃないよ)
祖母(りょうでしょう)
俺(わかってるならやめてよ)
祖母(いいしょと言ってしゃぶってきた)
俺は初めての経験だった
俺(ばあちゃんきもちいい)
祖母(りょうは経験あるの)
俺(ないよ)
祖母(一人ではあるよね、いつも除いてるもんね)
ドキッとした、毎回のぞいてはおかずにして一人でしてた
俺(一人ではある)
祖母(やっぱりね、じゃあばあちゃん教えてあげるから)
と激しくしゃぶりだした
俺(ばあーきもちいい、すげえー)
ばあちゃんは無言のまま玉袋舐めたりしてきた
俺(ばあーもうでるよ)
と言ったら一層激しくしゃぶってきた
俺(あーでるー)ばあちゃんの口に出してとまった
ばあちゃんは飲み込んだ
祖母(りょうは若いね、じいちゃんより量多いし濃いし美味しいは)
俺(ばあちゃんすげな)
祖母(ばあちゃん昔からフェラは得意だったからね)と言ってまたしゃぶってきた
俺の息子は痛いくらいピンピンだった
祖母(りょう、ばあちゃんも舐めて)
と言って桶のほうに尻むけてきた
俺はどうしたらいいのか困ってたらばあちゃん一度自分の部屋に戻ってDVDとデッキ持ってきて俺の部屋にふるテレビにつんげて再生押したそると裏DVDだった
俺(ばあちゃんこれ凄いね)
祖母(じいちゃんが隠し持ってたの昨日見つけた)
俺は夢中になってみてた
祖母(りょうみてないで舐めてよ)
俺(うん)
舐め始めたばあちゃんのまんこ少しおしっこ臭かったけど舐めた
祖母(りょううまいね、きもちいいもっと激しくだよ)
俺はな夢中になってまんこ舐めた
祖母(あーあーあーあーいいいいよ、ばあちゃんいっちゃうよ)
俺はDVDの真似してまんこに指入れた
祖母(ああーあーあーりょうの指入ってきた)
夢中で指出し入れした
祖母(あーあーあーいくー)
ばあちゃんはいってしまった
俺(ばあちゃん大丈夫)
祖母(大丈夫じゃないよ、りょう激しくするから死ぬかと思った)
ばあちゃんは、俺の上にのっかてまんこに息子入れてきた
祖母(あーあーりょうのすごく硬くて感じるはと上下に腰振りだした)
そしたらばあちゃんはすぐにいった
俺(ばあちゃん凄いな)
祖母(だった固くて気持ちいいんだもん、りょうお願いあるの)
俺(何)
祖母(ばあちゃんじゃなくて二人だけの時はけいこって呼んで)
俺(けいこわかったよ)
祖母(りょうちゃん嬉しい)
その時からけいこはおれのことりょうちゃんって呼ぶようになった
けいこはまた上下に腰振ってきた
けいこ(りょうちゃんDVDみたいに下から突っついて)
俺(わかった)
俺はしたから突っつき始めた
けいこ(もっと激しくして)
腰がおかしくなるじゃないかと思うくらい激しく突っついた
けいこはまたいってしまった
けいこ(りょうちゃん覚えるの早いね)
俺(DVDのおかげだよ)
二人して笑った
正常位になって
俺(けいこでるよー)
けいこ(もう生理こなくなったから中に思いっきりだして)
俺(いいの)
けいこ(うん出してー)
俺は激しく動いてけいこの中に思いっきりだした
けいこ(若いっていいね、りょうちゃんチンチンまだまんこの中でピクピク動いてるよ)
俺(すげぇ気持ちよかった)
一度漫湖から抜いたら恵子は口で綺麗にしてくれた
俺(けいこすごいな、じいちゃんにもしてるの)
けいこ(じいちゃんのことは聞かないでよ)
笑った、次の日は学校だったからそのまま裸で二人で寝た

起きて下に降りていった
けいこは朝の支度してた
俺(おはよう)
けいこ(りょうちゃんおはよう)
と近づいてきてキスしてきた
けいこ(早く食べないと遅刻だよ)
というから時計みたら7時過ぎてた
俺は慌てて着替えてパン一枚と牛乳だけ飲んで学校に出掛けた
家出るとき
けいこ(りょうちゃん昨日のことは誰にも言ったらダメだよ)
俺(けいことエッチしたなんて恥ずかしくて言えないよ)
けいこ(笑っていってらしゃいとキスしてきた)
その日は部活はほかの部活が体育館一面使いたいとのことで休みになった
夕方帰ってきたらお袋がきてた
俺(ただいま)
けいこ、お袋(お帰り)
俺(母ちゃんどうしたの珍しいね)
お袋(お前の様子みにきたんだよ、今月分の小遣いまだ渡してなかったし)
俺(そうかい)
お袋は小遣いいつもよの少し多めにくれた
俺(センキュー)
夕飯はお袋が俺の好きなチーズハンバーグ作ってくれて一緒に食べて帰った
けいこ(やっとりょうちゃんと二人になれたね)
俺(うん)
その日からけいこと一緒に風呂入ってけいこの寝室で寝るようになった
それもけいこはダブル布団買ってきてた
俺(ダブルじゃん)
けいこ(いいしょ)
笑ってしまった
それから毎日けいことセックスしてすべて中だし
大学もけいこの家から通った
けいこが65で天国に旅立つまで続いた
じいちゃんは、脳梗塞発症してずっと入院してたそのじいちゃんもけいこが天国に旅立って1か月もしないで死んだ
けいこが倒れる直前までセックスしてた3回も終わってけいこは水飲んでくると言ってフラフラしながら台所まで行って倒れた
けいこは意識が戻らないまま1週間後旅立った
消防や警察もきて取り調べみたいの受けた
けいこは自分で分かってたのか水飲む前軽くシャワー浴びたのか身体中濡れてたから、簡単に説明できた
警察も事件性がないと判断して病院では心筋梗塞と診断された
けいこはフラフラしながらも俺に迷惑かけられなって我慢してシャワー浴びたのかな
けいこありがとう、今もけいこのこと愛してるよと月命日には必ず納骨堂にお参りに行って言ってる


15
1 2 3 4 5 6 7 8 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットID PREMIUM 初回300円のお得なキャンペーン!【70%OFF】