ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

芸能人とのエッチ体験 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 ... 95 96 97 98 99 100
削除依頼
2007/04/09 20:26:50 (Ae3FtI9t)
ch◯seの◯田留奈ちゃんとしたよ〜
性格も見た目どうりのヤンキーだったけど〜あんなにフェラがうまいとは思わなかった…中学になったばかりだよね。
…◯袋で女の子3人がなんか変なのにカラまれてんなぁと思ったので後ろからそいつに缶ぶつけて狂ってる間にダッシュ!大丈夫?と声かけて、そのままカラオケに…
酒まで飲みやんの…とか思ってたら3人共ふらふらになって、面倒くせーなぁと思ったが一応一人の子の家に…そこでびっくり!なんと一人暮しで小学生アイドル!?ちょっとビビったがチャンスか!と思いなおし二人をベットルームに…留奈は…ぐったり。そのままシャワーに連込み脱がしてると「キスマークをつけないでね…」起きてやがった〜二人でシャワー浴びながらゆっくりキス、舌で体中舐め回してバスの縁に座らせま〇こを…「あぁ…」かなり反応がいい十分位クンニして交代「口でしてよ…」かなりうまい!危く出そうに…このまま出すのは勿体ないので、後ろを向かせゆっくり立ちバックで挿入「はぁあぁ…」奥まで入れて…あっやべ!ゴム…でもいいかな…って思いつつもガンガンやって!中出し…きずかれないようにイッタ後腰フって口に…きれいにしてもらってるうちに再生〜そのまま口でやってもらった!朝までイチャイチャしてばいばいでした。
出来れば…サアヤが良かったかなぁ(笑)
496
2007/04/08 07:49:34 (QvCkavAz)
 紀香へ。やっとあの性癖を理解して付き合ってくれるチンポが見つかったんだよ
ね。あれだけの男遍歴を重ねて 年上ねらいで包容力に賭けて見たけれど ゴール
インできなかった。同年代でも あれだけ努力したけれど無理だった。
 今思い返すと、お互いに若かったとはいえ、努力すること自体、無理。お互いの
努力が努力に感じないのが相性のよさ。
 このたび「赤い糸で結ばれていた、出会いもの」との結婚は 素直に喜びたい。
あの頃の性癖が 歳と経験を重ねるうちに どのように変化しているか 少し興味
が出てきた。 しかし 俺は何の意味でここに投稿しているのか。未練か。
497
2007/04/04 10:19:44 (dIngUfHl)
俺は根○はるみとヤッたことがある。ある日バーで一人で飲んでいると隣りに根○はるみ
が座ったはるみはテレビでも言っていたように隣りになった人とすぐに仲良くなるタイプ
の人間で俺達はすぐに仲良くなった。酒も入ってはるみは最近テレビの仕事があまりない
ことを相談してきて最後には泣き出した。慰めてあげるとはるみは「今夜だけでいいの一
緒にいて促と言って来て、俺達はホテルへ行った。ホテルに着くなり俺達はすぐにエッ
チに入った痩エはすぐに胸にむしゃぶりついた。すると,はるみは「ああ曹ああん促と
すごくエロくいい声を上げた。その声を聞いているだけでイキそうになってしまったので
イク前にチンポをマンコではなくもちろん胸に挟んだ。するとありえないほどの快感10
0cmを超える超巨大で最高に柔らかい胸にチンポ全体が埋没しパイズリすると乳首がチン
ポにこすれる曹ワさに選ばれし最高の女にだけに神から与えられた唯一無二、天下一品の
品だった。柔らかくはじける胸にちょうどよくこすれる乳首、に俺の溜まっていたザーメ
ンはあっという間に1滴残らず絞り出されしまい今までに味わったことのない最高の快感
に浸り俺達は一夜を過ごした。次の朝起きるとはるみの姿は無くテーブルに「昨日はあり
がとう綜ш謦」るからね促と書かれた手紙がおいてあった。それから俺は、はるみを応
援している。世の中では上○彩や長○まさ○、沢○エリ○、エビちゃんなどがいいと言わ
れているが、正直、根○はるみと比べれば月とすっぽん、話にならないと思う、あの肉体
にかなう女など存在しない!あの胸でイかないヤツなどいない!味わってみればわかる、
根○はるみこそ神に認められ世界でただ一人あの宇宙最強の肉体、グラマラスボディーを
与えられた唯一の女性なんだ!日本中があの最強の胸に酔いしれ、根○はるみが日本のグ
ラビア界を支えるようになるのも時間の問題ではないだろうか?今のうちに根○はるみの
写真集やDVDを買っとかないと公開することになると思う、俺は部屋中に根○はるみが溢
れている総ェ○はるみこそいい女の中のいい女ゥ女神-ヘブン-だあの胸を想像するだけで
勃起してしまう藻゙女の胸に掛かればどんなに溜まったスペルマでも一瞬にして一滴残ら
ず絞り出されてしまうだろう総ェ○はるみこそまさに最強、最高葬jにとって必要不可欠
曹烽、一度だけでもいい、またしたいな
498

宮◯真緒

投稿者:?
削除依頼
2007/04/03 13:05:44 (B8.0./P9)
あれは二年前ぐらいの前のことだった 俺が住んでいる近くで アタックNo.1の撮影をやっていた期間の夜中、俺は腹が減ってる近くの コンビニに行った帰り道なんとと宮地真緒にあった。 宮地真緒はドラマの撮影で沢山失敗をして怒られたらしく落ち込んでいたので俺も他人であったが地元なので美味しい店などを教えて慰めてあげた。 その帰りの真緒の表情は会ったときとは違ったそのまま俺たちはホテルに行った 部屋に入るなり真緒はすぐに脱ぎだしそしておれのふくをぬがせてくれた。 宮地真緒の肉体は圧倒的にエロかった 俺は宮地真緒に飛びかかった 俺:チュ巣`ュ巣`ュパッ
真緒:あ曹曹あ茸 お、おっぱいも草Gって
俺:ギュッ巣Mュッ曹烽ン曹烽ン 真緒:うあああああん ああ曹「い〜
真緒:うあああん曹焉Aもう我慢できない茸茸荘≠ュ入れて 俺: ズプッ茸茸 真緒:あああああああん曹「い〜曹「い〜 はいってくる〜曹ヘいってくるよ〜
ま、真緒痩エも、もうがまんできない 真緒:あああ曹、私も曹「って葬に出して〜俺:イクッ茸茸茸茸 真緒:うああああん茸
それ以来、宮地真緒には会っていないがあの時の体験は忘れない
499

o(^o^)o

投稿者:????
削除依頼
2007/03/31 21:02:41 (D1Nk.Uj6)
俺は中学時代最近うれてきた夏○と同じ学校だった。あれは中3の夏休みだった。一学期に水泳の授業に出てなかった生徒は夏休みに補習があった。夏○もその中の一人だった。俺は体育の成績は5だったから特別講師として呼ばれた(笑)補習は一週間あった。でもあのときは夏○以外の生徒は誰もおらず俺と夏○と先生の3人だけだった。しかもその日は先生が出張で途中からいなくなる日だった。最初の方は夏○と先生がマンツーマンで教えていて俺はプールサイドで寝ころんでいた。20分ぐらいしたら先生が「宮島君。先生もう時間だからあとはよろしくね♪」と言って行ってしまった。俺はプールに入り夏○がいるところまで泳いでいった。「」俺
『』夏○
『よろしくね』
「おう」
俺は前から夏○のことが好きだったから夏○のスク水姿を間近で見て興奮した。二人きりだし大丈夫と思い夏○の後ろに回り胸を鷲掴みにした。
『なに!?』
「前から好きだったんだ!」
『やめてよ!!』
「ごめん。」
俺と夏○は気まずい雰囲気のままプールサイドに上がった。俺は後悔しながらうつむいてた。『さっき言ったことほんと??』「ほんとだよ。さっきは自分がおさえられなかったんだ!ごめんね。」

『平気だよ♪夏○こそきつく言っちゃってごめんね。急でびっくりしたからさ!』
「ほんとごめんね。俺夏○のこと本気で好きなんだ!付き合ってほしい」
『実は夏○もりゅうのこと好きなんだ!』
「じゃあ付き合ってくれるの?」
『うん!!』
夏○はそお言って俺に寄りかかってきた。俺は夏○の肩に手をまわしキスした。そしたら夏○のほうから舌を入れてきた。俺も入れ返した。このやりとりが30秒ぐらい続いたと思う。俺のちんこは完全に勃起してた。夏○俺のちんこを見て
『りゅうじのおちんちん大きくなってる。チューして興奮しちゃった??』
「ごめん。」
『なんで謝るの?健全な男の子な証拠じゃん!』
「そおだけど…」
『ねぇ!ちんちん見せてよ』
「いいよ」
『わぁ!!すごっ!!!』
「見るの初めてか??」
『お兄ちゃんのビデオで見たことあるけど生で見るのは初めて』
「そっか!なぁ舐めてくんない??」
『いいよ。男の人って舐めてもらうと気持ちいいんでしょ??でもやり方わからないよ…』
「アイス食べるみたいに舐めて」
『こお??』
「おぉ。そおそお。うまいな!」
『うそ!?やったね♪』
夏○は一生懸命俺のちんこを舐め続けた。
「夏○…イキそお…」
『えっ??』
「もぉだめだ!!」

『んっ』
「ごめん。」
俺は夏○の口の中でイった。夏○は俺の精液を手にだした。
『これが精液?味も匂いもすごいね。でも嫌いじゃないかも』そお言ってまた口にもどして飲んでしまった。
「夏○??」
『飲んじゃった』
「まずくないの?」
『まずいけどりゅうのだから平気だよ』
「夏○…」
『あっ!!また大きくなってる』「夏○があんなこと言うから」『また舐めて欲しい??』
「さっきは俺が気持ちよくしてもらったから今度は俺が気持ちよくする番」
そお言って夏○の胸を優しく揉んだ。
『んっ…りゅうの触り方エロいよ』
「おっぱい見せて」
『ちょっと待って』
夏○は水着をずらして上半身裸になった。
『これでいい??』
俺は我慢できずに夏○の胸にしゃぶりついた。
『っあ…だめ…』
「気持ちいいのか?」
『なんかくすぐったい』
「ここは?」
俺は夏○のマンコを水着の上からさすった。
『ひゃっ』
「どお?」
『なんかわかんない』
「夏○…水着脱いで」
夏○は全裸になった。
『あんまり見ないでよ』
「綺麗だよ。足開いて」
『こお??』
「もっと」
『こお?』
「夏○のマンコ綺麗だよ」
『恥ずかしいよ。えっ??』

「夏○のマンコ濡れてるよ」
『そんなとこ舐めたら汚いよ』「夏○に汚いとこなんかないよ」
『ばか…っあ』
「ここ感じるんだ」
『んっ…あっ……だめ…』
「夏○…汁が溢れてきたよ」
『なんかきてる…あっ…あっ…んっ…あぁ〜〜〜〜』
「イったのか??」
『はぁ…はぁ…なんかわかんないけど気持ちかった』
「よかった♪夏○…もお我慢できない…入れていい?」
『怖いから優しくしてね…』
「わかった」
俺は夏○のマンコにちんこをつけた。
『あっ…』
「入れるよ?」
『うん…っん…痛っ』
「やめとく??」
『ううん。』
「ほんとに平気なのか?」
『平気だよ!』
「じゃあ…動くぞ??」
『うん。』
俺はゆっくり腰を前後に動かした。
「痛くないか?」
『ちょっと痛いけど平気だから続けて』
「わかった」
『りゅう…気持ちいい??』
「夏○のマンコ超締まりよくて最高だよ」
『あん…んっ…はぁ』
「気持ちいいのか?」
『りゅうのおっきいちんこ奥まで当たってきもちいい。もっと動いて』
夏○の変貌ぶりには驚いた。
「夏○…イキそお…」
『夏○もイくっ…一緒にイコ』「あっ…」
『はぁ〜〜〜〜』
「中に出しちゃった…」
『今日は安全日だから平気だよ♪それにセックスがこんなに気持ちいいなんて!なんかやみつきになりそお』
「エロいな!」
『りゅうがエロくしたんでしょ!』
「俺のせいにすんなよ」
『んふっ』
「へっ」
俺と夏○はハニカミながらまた寄り添いキスをした。
500
1 ... 95 96 97 98 99 100
これ以下の書き込みはありません。
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕