ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

芸能人とのエッチ体験 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 100
2017/11/17 21:44:44 (hMbc3bap)
某制作会社を定年退職した18pのイチモツを持つ還暦ジジイです。
20代の頃は、大物女優に出演してもらうために、18pのイチモツを持つ私は性接待をさせられておりました。
私が30代の時、某有力プロデューサーの枕営業を断って、芸能界を干された22歳のアイドル女優と寝たら、
「こんなデカチン初めて!」
と夢中になられて、私が32歳の時に結婚しました。
なので、私が芸能関係者と寝ることについては、妻は仕事の延長と捉えてくれるので助かりました。
もちろん、元はアイドル女優だった妻とも頻繁に営みを持っておりました。
そんな私が経験した芸能関係者とのエロスな思い出を一つ・・・

年代を言うと推測されてしまうので、昔の事とだけ言いましょう。
ある旅番組の打合せで気に入られて、リポートする40代の女優さんのご指名を受けて同行することになりました。
1日目のロケが終わるのは深夜、誰もいない露天風呂を貸し切って入浴シーンがラストです。
それが終わると、当時40代後半だったミドリ(仮名)さんが部屋で呼んでいると言われて、部屋を訪ねました。
ガウン姿で私を迎え入れたミドリさんは、ガウンを脱いでとても色っぽいグラマラスな裸身を披露しました。
とてもアラフィフには見えないナイスなボディで、公称の身長が161cm、B88,W60,H89とお色気がムンムンでした。
いきなり全裸で乳房を揺らしながら詰め寄られ、思わず勃起したイチモツをズボンの上からムンズと握られました。
「まあ・・・ご立派・・・」
濃厚なキスをされれば、イチモツか更に猛々しくソソリ立ちました。
ベルトが外され、パンツと共にズリ下げられると、ビヨヨンと飛び出したイチモツを握って前後に動かしました。
「大きいわね・・・今まで食べた殿方たちの中でも、トップクラスね・・・」
そう言いながらベッドに仰向けになり、足を開いて真っ赤に充血している恥裂を拡げて恥穴を晒して誘惑しました。
「ミドリさん・・・入れていいのですか?」
黒ずんだ襞に囲まれた熟した恥穴に入れました。
ズブズブズブ・・・奥深く挿入しました。
「凄いデカチンだわぁ・・・」
恍惚の表情で艶っぽい吐息を漏らしました。
ブジュブジュブジュ・・・ブバブジュ・・・滴る愛液が淫猥に響きました。
「ヤだわ〜〜こんなに濡れたの初めてだわぁ・・・恥ずかしいわぁ・・・」
美人女優のお色気に包まれながら、熱く蠢く恥穴でイチモツを堪能する熟女の魔性にタジタジでした。
何度でも果てられる女性と違い、当時、中年にさしかかっていた私は頑張っても2回戦までで、乳房を震わせながら艶っぽく啜り泣くミドリさんに縛り取られないように必死でした。
「あぁ〜〜イク〜〜あっあ〜〜」
もう耐えがたいのであれば、いっそ果ててしまおうとイチモツの抽送を速めると、愛液がシーツに染みを作り、淫猥な音と淫臭が弾け、限界までせり上がった睾丸が快楽と共にイチモツを膨らませていきました。
「ああああ〜〜〜丞ちゃん、中に出してぇ〜〜〜」
「うぅ〜〜出るぅ〜〜出ますぅ〜〜・・・あううっ!」
恥穴の奥にイチモツを突き込み、精液をブチ撒けました。
「あぁ〜〜イクゥ〜〜イクイクイクイクゥゥゥゥゥゥゥゥゥ・・・・・・」
ミドリさんの身体は痙攣しながら仰け反りました。
大物の美人女優に求められ、貪られるイチモツ、そして、画面ではいつも美しい女性を演じるミドリさんの愉悦に漂う表情は今まで何人の男が見たのでしょう。

シャワーを浴びて、ミドリさんに勧められたビールでのどの渇きを癒し、高級ブランデーを暖みながら、暫しミドリさんにイチモツを弄られていました。
「このデカチンは久しぶりだわ・・・プロ野球の○○クン以来かも・・・」
今は中軸を担う有名選手の名が出て、その選手と結婚した清純派アナウンサーを妄想しました。
小柄で可愛い元局アナの恥穴に大柄な○○選手のデカチンが刺さって、テレビでは清純な笑顔を振りまいていた顔をどんなふうに歪めているのかなんて考えていたら、ミドリさんに弄られていたイチモツがムクムクと大きくなりました。
ミドリさんは私を押し倒し、馬乗りになってイチモツを恥穴に収め、クインクインと腰を捩って喘ぎきり、
「くぅ〜〜またイカされるぅぅぅ・・・オマンコが壊れちゃうぅぅぅぅぅ・・・」
と言いつつ、イチモツを締めつけていた恥穴が痙攣して、熱い愛液をチンポにほとばしらせたのです。
その愛液はイチモツを伝って私のアナルまで濡らしていました。
騎乗位で深く呑み込まれた私のイチモツは、せり上がる子宮の入り口まで達し、
「届いてる、奥までチンポが届いてるぅぅぅぅーーーうひゃひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ〜〜〜」
ポルチオが刺激されて喘ぎ声というより奇声のようで、美熟女優がはしたなく白目を剥いて失神したのです。
ミドリさんも熟れた身体を震わせながら、私のイチモツをキュウキュウと締めるのでした。
私もたまらず、ミドリさんの子宮にこの日二回目の精液をブチ撒けたのでした。

そのままミドリさんの部屋で眠りについた私は、翌早朝6時に起こされて、朝立ちのイチモツを握られていました。
ホテルの窓のカーテンを開け放ったミドリさんは窓に両手をついて尻を出し、
「後ろから入れて・・・」
と昨夜の残渣が濡れる恥穴を拡げました。
数々の男のイチモツを喰い散らかして黒ずんだ襞に囲まれた蠢く恥穴に朝起ちイチモツをあてがい、深く打ち込みました。
「あぁ〜〜〜凄い〜〜」
ホテルの窓に乳房を押し付け、窓枠の下に右足を上げて結合部を全開にして、部屋が10階でなかったら外から丸見えの状態で交わりました。
朝起ちのイチモツが唸りました。
凄まじい快感と共にイチモツと恥穴が絡み付き、
「凄い〜〜あぁっ壊れちゃう!オマンコが壊れちゃう〜〜〜」
髪を振り乱して愛液を内股に流しながら、ミドリさんは狂いました。
「丞ちゃん・・・あぁ〜〜凄すぎる〜〜」
窓際に崩れ落ちるミドリさんを抱えて、女児におしっこをさせるように後ろから膝下を抱えて、イチモツを挿入したままベッドへ向かいました。
途中、姿見に映すと、私のイチモツが背後からミドリさんの熟したグロい恥穴にズッポシ刺さる様子が丸見えで、
「ああ・・・なんてイヤらしい・・・」
美熟女優が決して大衆には見せてはいけない痴態がそこにありました。

ミドリさんをベッドに突っ伏すようにして、そのままバックから突きました。
「あぁ〜〜〜ひいぃぃぃぃぃぃ死ぬ死ぬ死んじゃうぅぅぅぅぅぅ・・・」
涙声になりながら、狂ったように腰を揺らしていました。
熱狂の快楽が私たちを包み、身体がもつれ合いました。
「イクゥゥゥゥゥゥゥゥゥ」
「おおおおおおおお〜〜〜」
私も雄叫びを上げて、ミドリさんの尻を鷲掴みにしてパンパンパンと腰をフル稼働させました。私のイチモツに灼熱の精液が送り込まれ、ミドリさんの子宮へドクドクと流し込まれました。
「ひぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・」
ミドリさんは絶叫でイキ狂いました。
「シビれる・・・オマンコがシビれて蕩けそう〜〜もう・・・イキ過ぎてクタクタ・・・」
恥穴から精液を流しながら、ミドリさんが余韻に身を任せていました。

あれだけ朝っぱらからイキまくったミドリさんでしたが、ロケではその美しく色気のある顔で観光スポットを巡り、さわやかに食リポをこなしていました。
その清々しい有名美熟女優のミドリさんを見て、まさか子宮に3発の中出し精液を湛えているなんて、誰も知らないのだろうと思いながら、女優ってすごいなと思いました。
1
2017/11/11 19:13:46 (dEUYbvbK)
某制作会社を定年退職した18pのイチモツを持つ還暦ジジイです。
20代の頃は、大物女優に出演してもらうために、18pのイチモツを持つ私は性接待をさせられておりました。
私が30代の時、某有力プロデューサーの枕営業を断って、芸能界を干された22歳のアイドル女優と寝たら、
「こんなデカチン初めて!」
と夢中になられて、私が32歳の時に結婚しました。
なので、私が芸能関係者と寝ることについては、妻は仕事の延長と捉えてくれるので助かりました。
もちろん、元はアイドル女優だった妻とも頻繁に営みを持っておりました。
そんな私が経験した芸能関係者とのエロスな思い出を一つ・・・

年代を言うと推測されてしまうので、昔の事とだけ言いましょう。
某局でお天気お姉さんをしたり、バラエチィーのアシスタントをしたりしていた、当時28歳のアイコ(仮名)さんという女性との出来事です。
食事しながらの打合せも終わり、お酒を飲みはじめると、それまでは可愛い童顔だったアイコさんはお色気が滲みだして、私は自然と下半身に血が集まるのでした。
アイコさんは、幼い顔の割に意外と呑兵衛で、ワインに酔うと姿勢も乱れ、スカートがから白いショーツが見えていました。
「丞さん(私、雪之丞はそう呼ばれました)、この後どうするんですか?・・・ちょっとお手洗いに行ってきまーす・・・」
この隙きに、いつも使うクロブタ(秘密厳守)連れ込み宿に予約を入れておきました。
私が会計を済ませたことを知ったアイコさんは、
「私、年上の男性が好きなんですよ・・・妻帯者なら後腐れもありませんし・・・」
その愛くるしい顔を寄せてきました。
「二人きりになれるところ、行きましょうか・・・」

私が小料理屋にはいろうとすると、
「え?また食べるんですか?」
「いいから、いいから・・・」
と言いながらアイコさんを店の奥へと連れ込むと、女将が、
「いらっしゃいませ。奥の個室へどうぞ・・・」
とそこで履物を脱ぐと、引き換え札を渡され、奥へ進みました。
二回に上がると渡り廊下があり、その先には中居さんが待っていて、部屋へ案内されました。
ここは、小料理屋と繋がったラブホテルなのです。

部屋に入るといきなり抱きしめ、アイコさんの唇を奪いました。
微かに開いた唇にすかさず舌を押し込み、口の中を舐り回し、舌を絡めて吸い上げました。
身長は160p位、抱き寄せるとウエストはかなり細く、片手で胸を触ると、まあ、Bカップくらいでした。
「はあっ・・・はあぁぁぁ〜〜」
乳房を揉むと、ブラの上からでも乳首が勃起してるのが分かりました。
アイコは、一見あどけなく、身持ちが固そうですが、彼氏が途切れないとの噂もあるくらいなので、その淫乱な身体を確かめずにはいられませんでした。
ブラウスのボタンに手をかけると、アイコは自分から脱いでいき、白いショーツとブラだけになりました。
「丞さんも脱いで・・・」
ショーツに染みた愛液に恥裂がクッキリ浮かんでいました。
頬を染めたアイコは、まずブラを外し、思った通りの可愛いBカップを披露しました。
私はブリーフまで脱いで、妻だけでなく何人もの女性を貫き赤黒くなった18pのイチモツを露出しました。
「わあっ・・・丞さん、凄い・・・」
何人もの大物女優、二流、三流のアイドル歌手などを貫いてきたイチモツがテカテカと光っていました。
可愛いBカップにむしゃぶりつき、右手は恥裂をなぞり、恥芯を指で愛撫しました。
「丞さんのチンチン、美味しそう・・・」
アイコはイチモツを掴んで握ってきました。
お互いの性器を弄りあいながら、バスルームに行ってシャワーを浴びました。

ベッドに戻ると、いきなりアイコがパクッとイチモツを咥えました。
「うっ、いきなりしゃぶるの?」
アイコは亀頭を咥えてしゃぶりました。
「私にもアイちゃんのオマンコ舐めさせて下さいな。」
強引にベッドに押し倒し、陰毛の下の恥裂を眺めました。
恥裂からは、赤紫の襞がはみ出していて、御開帳すると赤紫の襞がハの字に開き、頂点には赤く腫れた恥芯が震えていました。
28歳とは思えない可愛い清純顔のアイコの恥穴は、なるほど若妻並に使い込まれた色合いで、トロトロと愛液を流していました。
「あんまり見ないで・・・」
頬を染めて恥ずかしがりながら、それでも私が舐めやすいように両腿を手で押さえながら大股を開いていたアイコでした。
「アイコちゃんは、今まで何人の彼氏にオマンコさせたのかな?ビラビラがいい色合いになってはみ出してるから、4,5人かな?」
そう言って、恥裂に舌先を挿し込むようにして、上下に舐めあげてやると、腰が跳ねて喘ぎ始めました。
「何人彼氏がいたのかな?何本のチンポ知ってるのかな?」
答えが無いので今度は赤く勃起した恥芯を吸い上げて、舌先で弾きました。
「あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ〜〜、彼氏は5人、でも、彼氏以外の男の人ともエッチしてきたから、あっああ〜〜たぶん20人くらい、あああーん・・・」
クリ責めで一度イカせせて、その後は、イク少し手前で焦らしながら、イキたければハメた男の名前を言えと言って聞き出すと、彼氏以外にハメた男には、某局の人気アナウンサーの名だけでなく、某大物俳優や芸人、そして大臣経験者の政治家の名も出ました。
「丞さん・・・凄いテクに白状させられちゃった・・・チンチンも食べたいな・・・」
というと、私に跨りぃイチモツを自らの恥穴に挿入させました。
「ああ〜〜串刺しにされてるみたい・・・」
恥穴の中でイチモツを締め上げて、前後左右にクインクインンと腰を捻って味わっていました。
28歳の可愛い女の恥穴は愛液をダラダラ流しながら、その愛くるしい童顔を虚ろに歪めて愉悦を噛み締めていました。
勲位で何度かイッているので、敏感になっている恥穴はすぐにアクメを迎え、
「うあぁ〜〜イクゥ〜〜イクッイクゥ〜〜〜」
下から突き上げてやると、アイコも一気に達して恥穴が痙攣を始めました。
Bカップを両手で揉みながら、乳首を指で転がし、射精感を募らせていきました。
「ああ、ああ、中には出さないでね・・・ああ、そう・・・胸にかけて・・・ああ・・・」
騎乗位から転がるように正常位に移行し、イチモツを抜くと膣外射精が始まりました。
ドッピュルルルル〜〜〜〜ピュッ!ピュピュッと精液が噴き出し、アイコの胸元に散らばりました。
可愛い童顔のアイコが亀頭を見つめる目の前で、精液を放出させるのは恥ずかしくもありましたが最高の射精でした。

実は、数日後にアイコからメールが入り、もう一度会ってほしいと言われて会いました。
この日は、クンニで5回、挿入後に2回イカせた後、アイコを俯せにして下腹部の下に枕を置いて尻を突き出した腹這いのバックスタイルにして、アナルを責めてみました。
ローションだらけのアナルバイブを入れると、抵抗することなく呑み込み、喘ぎ始めました。
「アイちゃんは、アナルセックスの経験があるみたいだね?」
「○○テレビの○○アナとしたことがあるんです・・・ああ・・・」
充分アナルを解してから、イチモツを挿入させました。
「うあぁ〜〜、お尻がヤバイよぉ・・・抉られてるぅ・・・お尻が熱いわぁ〜〜・・・」
18pのイチモツを沈めて、ゆっくり引き出すを繰り返しながら、右手の中指で恥芯をコネると、
「イクゥ、イクゥ、イクイクイッチャウゥ〜〜」
ブビブビとアナルから空気を噴きながら、アイコのファンが見たら卒倒しそうな喘ぎ声を上げて仰け反りました。
イチモツでアナルを抉りながら、恥芯を摘まみ上げて捻ると、完全にアクメに達して、潮を噴き始めました。可愛い童顔の28歳のフリーアナウンサーが、排泄器官に捻じ込まれたイチモツから腸内に精液を注がれて、
「ヒィィィィィィィィ〜〜イクゥ〜〜」
仰け反りながら痙攣してイキ果てたのでした。
俯せに倒れながら開きっぱなしの股ぐらを、アナルから垂れ流す茶色い固形物の混じった精液が伝っていました。

アイコとの逢瀬はこの2回、この後、アイコはどんな男とどんなセックスをしたのか知らないが、今でも独身のまま劣化することなく可愛い童顔で微笑んでいる。
2
削除依頼
2017/10/23 06:06:01 (NTrrwnJa)
若かりし頃の○舫ちゃんは可愛かったのぉ。
タレントと言いながら水着グラビアもやってた最初期の頃
賢く生命力に溢れボーイッシュなくせに地味に良い(エロい)カラダ。
SEXも嫌いではなかったみたいで枕営業の割合はレアだったものの
一旦ヤることになった相手とは搾り尽くして絶命させる勢いでヤりまくり。
騎乗位と立ちバックが特に好きらしく狂ったみたいに乱れてそのまま膣内発射させてもらえた。
もちろんピル服用してただろうけど。
元気で淫乱な○舫ちゃんのフィット感凄まじい柔らかくて熱くてヌルヌルの穴は(マンコもアナルも)最高だった。
あの最高の穴を堪能させてもらったせいでその後の女性が全てユルマンとしか感じられなかったのは残念だが。
そんな○舫ちゃんも現在アレ
だから時の流れというのは酷しいものよのぉ・・・
3
2017/09/05 01:14:45 (Q6ReBpg4)

陸上の短距離では有名な選手としました。

三年前に合宿に来ていて、飲み会の時に隣に座った彼女から「二人でお話したい」と

それがお誘いでした。

宴会が終わるとその宿泊してたホテルに部屋をとり伝えたら一時間後に

「遊ぼ」って

無駄な脂肪がない体つきで上になり「気持ちいい!気持ちいい!」と勝手に動き、締まりはキツキツ
衰えない腰つきはヤバかった。

終わったら「コーチが来てないからセックス出来なくて…」と

彼女の話だとコーチ二人としてるらしい
4
2017/08/20 20:32:46 (d.0xuaTT)
変態女子アナとチャットしてる
テレビでは真面目で可愛いのにチャットだとエロい事を言いまくってる
全裸でオナニーしたりエロい姿を想像されるのが興奮するらしい
この女子アナの本性を色んな人にバラしたいですよ

5
1 2 3 4 5 6 ... 100
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕