ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

最高のエッチ体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2018/11/20 14:55:24 (b4BsnmYL)
先日、とあるメンズエステ店で嬢に耳責めをした者です。
続きができたので、こちらに投下します。

あの体験から2週間後。
まとまった時間が取れ、ふと気になりお店のホームページを覗いたところ、例の子がまた出勤してるではないですか。
すぐに予約をいれ、案内されたマンションへと向かいました。

部屋のインターホンを鳴らしドアが開くと、女の子が抱きついてきました。
「お客さんが来なくて帰るところやったんよ!嬉しい!」
まぁ世辞半分程度に受け取りながら、押し付けられたFカップのおっぱいの感触を楽しみます。
部屋の奥へと案内され、備え付けられたソファーへと座ると女の子は目の前に膝をついて座りました。
支払いをさくっと済ませると、何も言っていないのに女の子が膝の上に座ってきました。
腰に手を回しながら反対の手でミニスカートから伸びる内腿に指を這わせました。
そっと顔色を伺うと、拒絶の色はない。
「なにか期待してる?」
ちょっと笑いながら言うと、女の子、チサは恥ずかしそうにあさっての方向を向きました。
「ちゃんと覚えてたんだ?」
チサはコクリと頷き、口を開きました。
「忘れるわけない。何回も思い出してた」
「思い出しただけ?」
チサは恥ずかしそうな顔をした。
「思い出していっぱいオナニーしてたんだ?」
追撃のように言うと、チサはフルフルと首を振る。
「いっぱいじゃないもん」
思わずニヤッと笑いながら、腰に回してた手でそっとおっぱいに触れるとチサはビクッと体をふるわせました。
服の上からブラのホックを外すと、チサは察したように服を脱がずブラだけを取ってくれました。
ノーブラでも存在感のあるおっぱい。
服の上からでもわかるくらいに乳首が浮いているので、そっとなでると先程より激しく体をふるわせた。
つまんだり、爪で引っ掻くようにしたり、指の腹で撫で回したりとしばらく乳首攻めをしているとだんだん声が漏れてきて、大きくなってきました。
少し重くなったので床に座らせ、ちょうどアソコの部分に自分の指があたるようにセットしました。
左手で乳首攻め、右手と口で耳責めをしていると、すぐに絶頂を迎え、とろんとした顔つきに。
この顔がたまらなく好きなんですよね。
絶頂後の顔を眺めてから、耳責め、乳首攻めを再開しようとしたら、チサは無言で股間へと私の手を誘導しました。
さっきから気にはなっていましたが、足の指にかなり湿気た感触があったのです。
「ただの変態やん笑」
そう言いながら、パンツを脱がすと漏らしたのかと間違うほどの愛液。
ヌルヌルになって、むわりと香る女の子特有の匂い。
綺麗に整えられたアンダーヘアと無毛のIラインを丁寧に舐めるとそれだけでまた絶頂を迎えました。
そっと入り口に指をあてがうと、なんの抵抗もなく飲み込んでいきます。
Gスポットのあたりを指の腹で基本に忠実に責め立てると、さらに絶頂。
ここまで来たらやめるわけがない。
指を出し入れしながらクンニ、乳首を抓り、何度も絶頂しました。
「もう、だめ……もうイったから!もうイったから!あっあっまたっイグ………っ!」
なんども繰り返しその言葉を聴きながら絶頂する様を見ていました。
バルーン現象で中は膨らみ、大きなちならを鳴らしながら絶頂していました。
「ほら、自分だけが気持ちよくなってていいの?」
そう言うと、チサは息も絶え絶えになりながら私のムスコを銜えます。
随分と奥まで咥えるので、チサの後頭部をおさえてイラマチオをしてやりました。
ビクビクビクッと、喉の奥に突っ込まれた生理現象と絶頂で体を震わせながらムスコから口を離しました。
「苦しいの好き……もっとして……」
もう完全に変態です。ただのドMです。
そこからは容赦しませんでした。
やめてと言われようが、イったと言おうが責め続けました。結局2時間で何回イったのか、わからないままでしたが、最後は本人の希望でヨダレと涙でぐちゃぐちゃの顔に顔射でフィニッシュ。

しばらくこの子と遊ぶことにします。
1
2018/11/20 12:08:52 (sc8J3ZlH)
今から10年以上前の話になります。
自分と妻の夏の歳の差は20才あります、結婚をした時は夏は
21才で医療事務をしていました、自分が調子が悪く偶々診て
貰った病院で受け付けにいた女の子です。
病院の先生の診断で暫くの間は通院をしなさいと言われ通院
をする事になりました。
結果は半年近く通院をしました、通院を初めて1ヶ月ぐらい
経った時に夏の方から声を掛けてくれました。
「毎日の様に通院は大変じゃないですか?」「住まいは近い
ですか?」と聞かれたので(近くはないです、電車で通って
います、車もあるけれど)(先生が通院出来るのなら毎日は
大変とは思うけれど通院して)と言われたので、毎日来てい
ます、と言うと夏はニコッとして帰る時に手を軽く振ってく
ました。
其れからです、お昼時間を聞いて其れに合わせて診察に行く
とか、一寸したお菓子を持って行く様になったのは。
夏の休診日の前の日にドライブに誘うと「良いですよ」と返
してくれました、メールで場所と時間を決めて待ち合わせを
しました、場所は病院の駐車場です、話を聞くと同じ敷地内
に寮があり今は寮生活との事です。
行きたい所を聞くと「何処でも良いですよ」「ドライブをす
るのは久しぶりだから」「横浜のみなとみらい」に行く事に
しました。
お互いに名前と仕事程度の話しかした事がありません、今日
が初めてという事で車の中でもみなとみらいでも話は尽きま
せん。
夏は家は伊豆で両親が未だ伊豆に居て兄がいるけれど大阪に
今はいるとの事でした、自分は神奈川の短大を出て今の病院
の医療事務をしている、実家が遠いので寮生活をしていると
いう事です。
何故?病院で声を掛けてくれたのかと聞くと、気になったか
ら、何か?「この人と感じたから」と言われた。
自分は(年も離れているし)と言うと「気にしない」「好き
になったらから」だよ、「自分は有難う」と伝えて」自分の
方から改めて「キチンと付き合って」と伝えました。
其の日の帰りは其のままホテルへ行きました。
夏の返事は「良いよ、生理がある日以外はね」とあっさりと
OKを貰いました。
夏はどんな女の子かと言うとAV女優の初芽リナに良く似てい
ます、小柄で細くロリ体系ロリ顔です。
部屋に入り2人でお風呂に入りました、裸も正にロリです。
毛が産毛ていどで縦一本筋が丸見えになってます胸は小さく
手の平に納まる大きさですが乳首は結構大きくやや黒いので
助平ポイです、ベッドに入りキスをすると、マンコからは大量
にマンコから透明な液体が流れてシーツまでビショビショです。
自分が「エッ・・・夏」と言うと夏は「シィーッ・・・」と言
い口を塞がれてしましました。
オナニーをした事無いのと夏に問うと「1度も無い」「其れに実
は経験が1度しかない」「其れも二十歳の時に」皆で飲もうって
言われ飲んだら酔って気が付けばホテルのベッドの中だった。
嫌いな人ではないけれど、騙されたみたいで嫌いになった。
経験は其れだけでそれからはシテいない、オナニーもしない。
ネッ・・?「ヒデはオナニーってするの?」と聞かれた。
自分は素直にこの年までしませんは気持ち悪くない?シナイ方が
変でしょ、夏は「そうなんだ」「でも此れからはシナクテ良いね」
私がいるからネ何時でも良いよ言ってくれればネ・・・と言われた
此処からが改めて始まりました、話をしていてもマンコからの大量
の液体は流れてさらに濡れていた、マンコは毛が殆ど生えてはいな
いので丸見えです、足を大きく開き股を見ると縦一本筋のマンコが
大きく開き中から結構大きなやや黒いビラビラが見えていました。
手で更に開いて見るとクリトリスは綺麗なピンク色で大きいです。
殆ど処女と変わりません、なのにとても助平です。
指を1本2本とスムーズに入ります、グチョグチョと助平な音がして
自分はもう限界でチンコはビンビンになってました。
夏は殆ど初めてと言うのにチンコを手で優しくしごきながら口に含
みフェラまでしてくれました、自分は限界で夏の口の中に出してし
まいました、「ゴメンと言うと」「大丈夫と全部飲んで臭い変な味」
と言って更にフェラをして大きくして「中に入れてネ」「中に出し
して良いよ」と言われた。
自分は心の中で子の子と結婚をすると決めていたので迷わず中に出
します、マンコの中に入れようとしましたがとても中が小さく狭い
少しずつ入れると「痛い・・」と言われた自分は腰を引き「やめよ
様か?」と聞くと「平気・・」「入れても」と言うのでユックリと
少しずつ入れると小さくて狭いチンコを締め付けてくる、気持ちが
言い・・・ゆっくりと出し入れする、夏に上になるようにして更に
腰を夏に振らせるととてもうまい気持ちが良い。
結局は又本当に中に出しました。
とても助平な夏で股を大きく開き手で中に出した精液をかき出して
「一杯出た」と言ったかと思ったら其の侭自分指を2本中までおも
いっきり出したり入れたりをして、「初めてのオナニー」とか言い
いながら、見てて見せてあげる。
こいつ何処まで助平なんだろうと思いました。
あれから月日が経ち女の子が1人います、夏に良く似た可愛い子です
妻も相変わらずロリで可愛いくて助平がいっそう助平です。
2
2018/11/16 18:26:38 (cwecOHkH)
暖かな日差しに誘われて、窓を少し開けてみました。
読みかけの本にしおりを挿み、庭に下りてみました。
朝の涼しさを少し残しながら吹く風は、キンモクセイの香りを乗せてきます。
心の奥の引き出しに閉まっていた記憶が、湧き水のように溢れてきます。
とまどう心に懐かしさがこみ上げて来て、切なさに涙しました。

大学を卒業し希望の会社に就職して社会人となった私。
職場の戦力に成りえたと感じた三年目の夏の日でした。
職場での些細な出来事から、人に無視されることの辛さを知りました。
泣きたいくらい、死にたいほどの寂しさを私はこのとき初めて知りました。
孤立した私に手を差し延べてくれたのが直属の上司Aでした。
私の父の年齢に近い上司Aでした。
温厚なその性格とは裏腹に、仕事には妥協を許さない厳しさがありました。
この部署の者は皆上司Aに対しては尊敬の念と憧れをもっていました。

私に非があるのを気づかせてくれたのは、上司Aでした。
職場での些細な出来事とは、私の仕事への取り組みの傲慢さが原因でした。
職場での報連相の基本を無視し一人で突っ走っていた私でした。

このことがきっかけで、何かと相談する私がいました。
そしてキャリアを積みながら確実に成長する自分を感じていました。
憧れの上司Aに認められ褒められることが、一番の悦びでした。
一年の時が過ぎ、私の気持ちが変化していくのに時間はかかりませんでした。
尊敬が憧れに変わり、ふと気づくと一人の男性としてみている私がいました。
それがよからぬ妄想へと変わっていきました。
時として、その妄想が就眠を妨げ、自らの身体をもてあそぶことがありました。

酷暑の夏もようやく過ぎ去り、空の雲に秋のけはいを感じはじめた10月。
上司Aの転勤を知りました。
本社への栄転でした。
恩返しも出来ないままの別れに、涙してなき疲れて眠る夜もありました。
残り少ない時間のなか、便箋三枚に上司Aに対する思いを書き綴り訴えました。
ある週末の夜遅く、アパートのチャイムの音に起されました。
ドアの前に立っていたのは、上司Aでした。
ジャージ姿の私、化粧を落としたスッピンの私。
彼が来てくれたことの喜びに舞い上がってしまいました。
お土産のショートケーキとコーヒを囲んで話をしました。
あらためて、本社への栄転と今までご指導いただいたお礼を伝えました。
彼の変わらないやさしい眼差しにほっとする私がいました。

話す言葉が見つからないまま、沈黙の谷間に静かに時が流れていました。
心地よい空気の流れの中に彼の胸元にそっと顔を埋めると何も言わずに抱きしめてくれました。
まるで壊れ物を抱くように優しく抱いてくれました。
そっと見つめる私の顔に重なる彼の顔。
ためらいながらも唇を重ねてしまう私。
彼の温かい息が私の唇に流れ込むと同時に、絡みついてくる舌に戸惑う私。
誘い込むような舌の動きに呼応するように激しく絡み合う舌。
彼の離れていく舌に、後追いするように誘い込まれる私の舌。
絡み合う二人の舌から湧き出る唾液は糸を引くように交じり合っていく。
吐く息がひどく乱れ、全身の力が抜けていきます。
今まで経験したことのない身体の火照りに戸惑う私がいました。
触れ合うことの悦びと彼の温もりに、知らず知らずの間に涙が溢れてきました。
私の頭では理解できないままに、心と体を充分満たしてくれました。

ジャージがたくし上げられ、指先が乳房へそして乳首へとゆっくり走り込んできます。
私の全身を駆け巡る彼の指先は、まるで私の快感のツボを押し当てるかのような魔法の指先でした。
めくるめく快感に押し流されながら気がつくと全裸にされていました。
腕の中、彼と視線が触れ合い、思わず背中に両腕をまわしてただうなずく私。
目を閉じて、全身で受け入れました。
悦びの声を漏らしながら、彼の動きを体内奥深く感じてもがいていました。
やがて今まで味わったことのない気持ちよさに引きずり込まれていきました。
本当に死ぬほどに気持ちよかったのです。

私を見つめる瞳に言葉が出ず、ひたすら哀願する私がいました。
私の願いを察したかのように、無言のまま頷いた彼。
徐々に激しくなる動きに翻弄されながらも、彼のすべてを受け入れようと必死に肩にしがみ付き爪をたてる私。
激しく打ち寄せる腰に、波立たせながら奥深く向かいいれようとする私。
ついにからだの中心の奥深くに、彼の熱いほとばしりを生で感じながら、体の震えが止まりませんでした。
身も心も完全に支配された幸せのなかで意識が遠のいていきました。
どれだけの時間が過ぎたのか、気がつくとベットには私一人。
現実と夢の狭間で、体の奥から一筋流れ落ちてきたほとばしりが夢ではなかったことを知らしめてくれました。

一人慰みによる快感はなんだったでしょうか?
私は過去数人の男性経験にはそれなりのSEXの快感はありました。
でもこれらの快感は彼との交わりにより、根底からくつがえされました。
どんなに熟練されたテクニックより、愛という気持ちのこもったSEXに勝るものはありません。
それを教えてくれたのは最愛の彼でした。

その後何人かの方とおつきあいをしましたが、あのときに勝る快感にはめぐり合うことは出来ませんでした。
ただこれだけのことなのに、この年になっても涙するのは何故でしょうか?
不思議な涙でしたが、枯れた心に若き日のひとこまがキンモクセイの香りにのせられて蘇った一日でした。

3
2018/11/16 04:03:21 (Xexd16oK)


元カノにフラれたばかりの同じ大学の後輩。
間接的にせっくすが上手くなかったことを共通の友達に愚痴っていたのも後々聞いてダブルパンチを受けたらしく、、
飲みに行った時にその事も報告された。
同じ大学内で関係を持つのはあまり気が進まなかったものの、外見が好みだったので酔った勢いで一緒に特訓しよっと家に誘った。
彼もやけくそになっていて、行きますと即答だった。

家に行くまで、、何度も本当にいいのか確認してきた。
リードされたいタイプだったが、その時は後輩が可愛くて、そのまま手を繋いでうちまで帰った。
そのままベットに連れてって、シャワーする?と聞くと、大丈夫です。と答えたのでそのまますたーと。
生理前だったのもあって、せっくすできるかと思うとむらむらしていて、もう大分濡れていたと思う。
後輩に服を脱がせてべっとに呼んで、キスから始まり、乳首をいじり、そのまま彼の少し反応したちんぽに挨拶のちゅうをしてから、舐め、咥えた。
体のサイズが小さいので、口も小さく、彼の想像以上におおきなおちんぽを喉まで咥えこむのはなかなか大変だったが、気持ちよさそうに腰を浮かしていたので、頑張ってしまった。
そのまま口内射精したが、萎えず上出来だねと、いったばかりのおちんぽの鬼頭をすりすり。
びくびくしてるのもちょっと可愛かった…

そのあと、女の子も気持ちよくしなきゃダメだよと言って、
まず乳首のいじり方、舐め方、私の大好きなクリの責め方、ジースポ、一個ずつ教えていった。
今まで私にさせられっぱなしの彼だったが、クリが大好きなことと中のクリ裏を擦った時の反応で、弱いところがわかったのか、くんにと同時にジースポを太く長い指で責めてきた。
潮吹きしてしまった…

その後、色々な体位の体験に入りました。
4
2018/11/15 08:34:28 (0c67IY/.)
私の彼氏は私よりも一回り以上年上の既婚者です。私と会える時間は少ないですが、会える時はすごく可愛がってくれます。ただ、彼氏なんですけど、色々な人とエッチをしているんです。

別にそれが嫌ということはないのですが、彼の愛撫を受けた女性はおそらく今まで味わったことがない程の快感を受けていると思います。私は元彼以外経験はありませんでしたが、あれほど気持ちいいエッチがあるなんて想像も出来ませんでした。純粋に彼の舌や指の動きだけであれほどまでの快感が得られると思うだけで、朝からぐちょぐちょにあそこを濡らしてしまっています。

今からお仕事に行ってきますが、思い出すだけで軽くいってしまいそうです。

それではいってきまーす。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM