ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

最高のエッチ体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2017/04/30 12:12:16 (mKINN2rr)
中学生の時に近所のポルノ映画から出てきた時に人妻の純子さんにばったり会ったんです(。>д<)あら?健ちゃんもこんな事に興味津々な年になったんだ?って言われたです?純子さんは子供がいない?ので僕をかわいがつてくれた人妻さんなんです暖あっイヤーって答えに困ってたらお家に来なさいって誘われました(^_^;)ケーキとコーヒーで悩み事を打ち明けました(^_^;)前日に幼なじみの瞳ちゃんとセックスしたら失敗したんだって相談しました(>ω<。)純子さんがならば私が女の身体を教えますって言われたんですよ(^_^;)お風呂で僕の身体を洗ってくれましたあっ健ちゃんおちんちんをちゃんと洗ってますか?って言われたんです( ゚ 3゚)まだまだ皮がかぶっているおちんちんの皮をめくつて垢がありました?ここは綺麗にしなさい暖暖相手の女の子が病気になってしまうんですよ(。>д<)ってごしごしっておちんちんを洗ってましたイタターって声がでちゃた?あら?健ちゃんはまだセックスは初めてだったわねぇ?純子さんは綺麗になったおちんちんにチユ(^3^)/てキスして(^_^;)これでよし(^_^)vベッドに僕を寝かせました暖それから純子さんは下着姿になったんです( ゚ 3゚)さぁ、私を瞳ちゃんと思って抱いてみなさいって言われたんです( ゚ 3゚)えーと?瞳ちゃんも私のかわいい子だったから二人の初めてのセックスを成功させるには健ちゃんがしっかりと勉強してもらいますよ(。>д<)って教育が始まりました暖純子さんのおっぱいに手を触ろうってしたらバシと手を叩かれました( >Д<;)駄目でしょ( ・`д・´)いきなり女の子のおっぱいを触ってはいけません暖暖厳しいんです(。>д<)男の欲望で女の子を扱っては駄目です暖女の子の緊張感や不安感をやわらげて安心な気持ちにさせていきましょうね暖暖常に相手を思いやりの気持ちを忘れてはいけません暖暖厳しいんですよ(。>д<) 続きはまた
1
2017/04/29 21:35:35 (ogQrhFNm)
俺は世の中の淫らな女たちに罰を与えるよう性の神様から使命を授かった。その使命とは・・・
そう!淫らな女に中出しをすること!


中出しとは生物的に本来のあるべき所業。なのに性交を好む淫らな女たちは中出しを嫌う。
そんな女たちの性に対する侮辱ともとれる考えが性の神様の逆鱗に触れたたのである。


ある夜、それはいつもとは違って暑苦しい夜だった。なのに俺は心地よい眠りについたのだ。
そして夢か現かわからない意識の中で性の神と名乗る男からこう言い授かったのだ。


「淫らな女どもに貴様の精子をくれてやるのだ。そして生物のあるべき考えに正してやるのだ。」と。


目が覚めた俺はその使命に誇りを感じたと同時に股間がいつもより立派に反り返っていた。
そして性の神様が俺にもう一つの贈り物を授けていた。スマホに昨晩検索したかどうか定かではないセフレキンクマンが開いていたのである。


神のお告げにセフレキンクマン。これはもう鬼に金棒である。
さっそく俺は手当たり次第に淫らな女どもを探した。するといつもより数多くの淫らな女どもが俺に引きつられた。


神がかりな引きで5人の女と連絡を取り合うようになりその日のうちに2人の女とアポを取ることに成功した。そしていつもの俺ならそんな発想は絶対にならないのだがその時の俺は必然的にこう考えた。


「面倒だから2人同時に会って2人とも中出ししてやろう。」と。


気づけば俺は2人の女に「セフレが他にひとりいるんだが3pするぞ」と、さもその行為が当たり前かのように提案していた。もちろん女どもの返答はOK。今の俺は性の神様がついている。そんなこともお構いなしなほど淫らな女を必然的に選んだのだろう。


夜も更けないうちに待ち合わせをして2人の女と出会った。神様は俺にここでも力を与えたのか、2人とも極上な女だった。


ひとりはロングヘアーで細身のミニスカートが似合うモデルのような女、ひとりはグラマラスで妖艶な人妻。今宵はこの2人に華麗に中出しをしなければならないという使命感を持っていた。


さっそくホテルに向かい2人を着衣のまま四つん這いにさせ神が憑依した両の手が女どもの淫らな秘部を刺激した。ふたりはあっという間に俺のことを神のように崇めさらなる興奮を求めた。


そこで俺はこの淫らな女どもを甘やかさなかった。仁王立ちした俺はおもむろにふたりの女の髪を鷲掴みし、俺のゴッドジュニアを舐めるように指示。


ふたりはゴッドジュニアを崇めるように舐めていた。そしてそろそろ性の神様のお告げを敢行すべくひとりの女に立ちバックで生挿入。


もうひとりの女には乳首を舐めさせた。神の力が宿った俺の腰の振りはこの世のものとは思えないぐらいのケイデンス。


女はたちまち昇天しそして俺はそのまま神のお告げを果たした。


しかし俺にはもうひとりに神のお告げを果たさないといけない。今までの俺なら1RKOのところだが今日の俺は神がついている。


ゴッドジュニアはすぐに元の神々しい姿に戻り、乳首を舐めていた女を押し倒し正常位で神のピストン運動。2度目とは思えない動きを俺はしていた。


ゴッドジュニアにかかれば淫らな女なんてすぐに逝きやがる。そしてそんな女に俺は神のお告げを敢行。こうして俺は2人の女に神のお告げを果たした。


満足した俺と疲れ果てた女はそのまま寝ていた。目が覚めると女たちはいなかった。


昨晩のことはいつもの俺とはかけ離れていたことをしたので夢だと思ったが、ホテルのゴムが使われていなかったこととセフレキンクマンにふたりから「最低!」とメッセージが来ていたことから俺は性の神様のお告げを果たせたのだと安堵した。


今度は残りの3人を同時に中出ししようかと思っている。
2
2017/04/24 17:46:36 (I7KwW7n5)
私が25歳の時です。一浪したので
入社2年目でした。最初の配属支店が
不採算で閉鎖となり私は本店営業部に
配属となり瑞希(ミズキ)と出会いました。高校三年目の営業事務員21歳でした。社歴が一年上のミズキは先輩に
なり4歳年下のミズキとその半年後に
付き合う様になりました。
私はミズキのムチッとしたボディに
ひかれ、ミズキは私の優しそうな
雰囲気が良かったらしいです。
本当はドスケベ野郎ですが・・
何度目かのデートで夜の上野公園の
ベンチ(渋い!)でキスをしました。
キスの次は当然エッチ!と思うのが
当然ですが・・なかなか事が運びませんでした。
何度かホテルへ連れ込もうとしたのですが、何かと理由を述べて逃げられました。イライラした私が怒ってしまったら、ミズキは「私・・処女なの・・だから・・慌ててしたくない・・
もう少し待って・・私の最初は順に
捧げるから・・」と涙目で訴えて来ました。大学にいかないで直ぐに社会人になったミズキです。遊びを経験してないので慎重になるのも仕方がないと
思い強引に行くのは自粛しました。
ミズキの処女を頂くまで優しい彼氏を演じよう・・
それからはまだ見ぬ自分の彼女の裸を想像してのオナニーの日々でした。
ミズキもエッチなしで私を引き留める為に頑張ってました。
地味な服装が多かったのですが
私の好み・・タイトスカート・ストッキング・ハイヒール
を意識した服装で喜ばせてくれました。ストッキングを履いたムチッとしたミズキの脚は私のフェチ心を刺激しました。あのストッキングをビリビリ破って太ももから爪先まで舐め回したい!と頭の中では変態モードでした。
ストッキング越しの太ももおさわりは
許してくれたので、太ももタッチと
キスで3ヶ月経過しました。
デート中にミズキのタイトスカートから見えるストッキング越しの脚を
他の男がチラミした時は興奮しました。個室の料理屋で隙を狙ってミズキのハイヒールの匂いを嗅いで香ばしい香りに勃起しました。
その個室で体勢を崩したミズキの
タイトスカートの中のストッキング越しのパンティを初めて見ました。
清純な白に悩殺されました。
私の視線に気がついたミズキは
「あ!エッチ!見ないで!」と
顔を真っ赤にしていました。
初めて見たミズキのパンティ・・
その日の夜はオナニー4発でした。
そして4ヶ月目に遂にラブホに入りました。
初めて男に裸を晒す!緊張で少し
震えていました。
私はガツガツ行かずにゆっくりと
攻めました。唇が触れ合う軽いキスを
何度もして頭を撫でて表情を伺いながらゆっくりと・・耳たぶと首筋に
キス。
「あ・・あん・・」
大丈夫か?キスをしながらミズキの
ブラウスのボタンを外し
ブラジャーと御対面!80センチの
おっぱいを隠している純白のブラジャー!!
おっぱいは大きくないのは分かっていました。
白いタイトスカートを脱がし
ベージュのストッキング越しの
脚が全開となりました。
そして小さくて可愛い純白の
パンティ!!
ミズキの下着姿!
やっとここまで来た・・
会社で毎日見ている制服の中には
こんな下着姿が!!
ミズキの秘密を暴いていく興奮で
勃起でした。
下着を脱がすのが勿体無い!
私は下着姿のミズキを愛撫です。
首筋、胸元、腕、指、わき、お腹、
脇腹、背中・・上半身を舐めまくりました。
「あ!・・あん・・ああ・・」
初めて聞くミズキのあえぎ!!
男に初めて肌を舐められるミズキ!
下半身に移りストッキングのまま
太もも、ふくらはぎを愛撫。
ミズキの脚を遂に!足フェチ野郎の
至福の時です。
爪先を口に含むと
ビクッとミズキが足を引っ込めました。
「洗ってないから恥ずかしいよ・・」
「大丈夫だよ。無臭だよ!」
「ああ・・うそ・・」
実際は香ばしい匂いがしましたが
そそられる匂いでした。
ストッキングを脱がし遂にブラジャーです。ミズキはぷるぷる震えていました。
ブラジャーの中には大きくないですが可愛い80センチの乳房がありました。
乳輪と乳首は小さめでピンクでした。
これがミズキの乳首!感激の初対面でした。
「恥ずかしいよ・・見ないで」
初めて男に乳首を見られたミズキの
色白の肌は紅潮していました。
「綺麗だよ・・」
私は優しくミズキの乳首を舐めて
甘噛みでした。
「あん!あああ〜」
激しく悶えるミズキ!
いよいよパンティ!!
ゆっくり脱がしていくと
薄いヘアが見えて来ました!
薄い!が第一印象でした。
でも清純な感じがして燃えました。
ピンクの肉ひだは濡れて光っていました。
「ミズキの・・やっと見れた」
「いや!ああ〜見ないで!」
ミズキは顔を真っ赤にして左右に振っていました。
女性が一番恥ずかしいところを見られる・・それも初めて!
頭が変になりそうな気持ち、なんとなくわかります・・
ミズキの裸を遂に見た!
誰も見たことがない裸!
乳首の色もヘアの濃さもアソコの形も
知ってるのは世界で俺だけ!!!
他の男に知られたくない!見られたくない!俺だけのミズキの裸!
と・・その時は思ってましたが・・
ミズキの処女を頂きましたが
私はその半年後に地方店へ異動になりました。最初の配属支店閉鎖で
本店営業部に来たのですが新しい
支店開店までの暫定配属でした。
当初、遠距離恋愛でしたが
やはりなかなかうまくいかなく
別れる事になりました。
凹みました。荒れました。泣きました。でも女は強いというか・・
ミズキは私との事にケジメをつけて振り返らずでした。
私はその後34歳で結婚しました。
ミズキは30歳でまだ独身らしいです。
いつか飯でも食べながら
笑いあいたいですね。
3
2017/04/22 05:39:59 (zp5nVIpU)
高校の時に好きだった同級生とのエッチ体験です。
高校2年生の時に同じクラスになったM川さんは、明るくてとても話しやすい女の子で、スポーツマンでみんなの人気者でした。話していくうちに好きになってしまい、授業後食事に誘ったり、喫茶店に一緒にいったりしていました。

「いいなあ」と思いながらも進学校では勉強優先のため、付き合うのはどうしようか?このまま友達のままでいようか迷っていました。

そうこうしているうちに、文化祭でM川さんはイケメンの三年生と付き合うことになってしまいました。

好きだったので、とても残念な気持ちでしたが、諦めて受験勉強に専念することにしました。

志望校に合格し、東京に上京しましたがM川さんのことが忘れられませんでした。

時は過ぎ大学3年の冬、地元の男友達が私の一人暮らししているアパートに遊びに行きたいと連絡がありました。そして女の子も一緒に連れて遊びに行きたいとのことでした。

なんとその女の子が大人の女性になったM川さんでした。微妙なのは、その男友達がM川さんのことを好きだと言うことが何となく雰囲気でわかったことです。

M川さんと男友達は二人で車で私のアパートまで遊びに来ました。

M川さんはとても可愛くて、高校の頃の気持ちが甦ってきました。しかし男友達に配慮して、そんな素振りは見せないよう振る舞いました。

夜遅くに来たので、銭湯に行って寝て、翌朝から東京見物で渋谷や新宿などに行こうということになりました。

川の字で3人で私、M川さん、男友達の形で寝ました。すると早朝私の足にM川さんが足をくっ付けてきて、「寒いから温まらせて」と小声で言ってきたのです。
私は「いいよ」と言って足を温めてあげました。男友達は寝ていたので、二人の秘密みたいで、ドキドキしました。






4
2017/04/20 16:56:13 (LVBQ3/B1)
僕が中学校の頃です。体育教師で水泳部の顧問だったN江先生は失礼ながら決して美人とかナイスバディではないけれどランニングウエア、競泳用水着、レオタードなど露出の多い恰好が印象的な30代前半の女性です。
バストは男性並みで下半身はすごく立派で逞しいお尻と太ももとふくらはぎ。
中三の夏のことです。泳がない生徒数人に特別授業をしてくれて最後まで泳げなくて残ったのが僕でした。
プールサイドから、時には水の中で体を密着させて教えてくれましたが、成果は股間の膨らみのみでした。僕にとっては水泳どころではないのです。それに気づいたN江先生は「あっ、ごめん、見ないから治まったらいってね」
治まるわけがなく恥ずかしくて目が合わせられません。先生は水から上がりプールサイドの教官室へと・・・僕はしばらく水に入ってましたが、どうしても治まらないし、プールから上がる先生の食い込んで褌みたいになった
お尻が目に焼き付いて・・・・教官室に行き扉を開けると先生が入り口に立っていて「先生・・・」抱き着くと「だ、だめよ、お願いだから我慢して、ねっ」と手で股間を握りしめて強めたり緩めたり、そのうちに射精してしまいました。
「今日はここまで。着替えて帰りなさい、内緒にしておくから・・・」そう言われてあと、慌てて家に帰りその間の記憶はありません。
次の日から先生の笑顔がきつく感じて、あまり話すこともせず卒業しました。

高校生活でなんとか泳げるようになり30代となり独身ながら、健康のためにスポーツジムのプールへいくと、なんとN江先生も来ていて再会を果たしました。食事に行くと、案の定話題はあの話になり・・・・「今なら大歓迎なのに」などと言ってくれました。
僕もです、とそのまま手を握り車に乗せて「もうこんな風に・・」股間の膨らみを指さすと「うれしいわ・・・私でこんなになるなんて」昼間の駐車場で僕のズボンを下ろし「いただくわ」とフェラチオ、先生は当時から結婚し子供もいましたがジュルジュル
音をさせて「おいひい、おいひいふぁ、んはっ立派すぎて喉につかえちゃう」。当時、父兄の間で不倫のうわさもあった先生ですがここまで大胆とは・・・。その後ホテルへ行き関係を持ちました。「中に出していいからね、おばさんだけど、そういうのっていいでしょ?」
セックスには非常に積極的で二回目には「お尻の中もきれいにしてきたから・・・」アナルセックスも大好きです。

15年前、射精してもらってから性の対象として長く僕の頭の中でお世話になっていて、あれもしてみたいとか、こんなのとか?変態的なこともなんでも挑戦してます。
この15年が逆に良かったと思ってます。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕