ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

最高のエッチ体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
削除依頼
2019/01/31 02:52:50 (p5yHj5Sq)
いつもは彼との身体の相性が悪く、エッチに乗り気ではありませんでした。
ですが、今回は普段とは違う感じでした。

外泊先で、いつものように、彼が私のパンティーの中に手を入れ、クリに触れてきました。
いつもは、本当にただ動かすだけの彼のテクにうんざりしているのですが、今回は円を描くように素早く動かした後、ゆっくり焦らすように触れてきました。クリの先端に軽く触れたり、押し潰したり。刺激に強弱をつけて、焦らしてきました。こんな動きを繰り返されている内に、じれったくなって、いつの間にか腰を必死にくねらせて、クリを彼の指に必死で擦り付けていました。
彼は、まずクリで私をイカせようとしていましたが、私は早く中に入れて欲しくて、彼の手を振りほどき、大きくなった彼の上に、ゴムも着けずに、跨がりました。
危ない日で、リスキーなことは頭では分かっていましたが、あまりの快感に抗うことができず、腰を動かしてしまいました。彼も下から私の動きに合わせて突いてきました。クリが彼のお腹に触れる度、中を彼が突く度、「あぁっ。」と声が漏れてしまいました。
こんなに彼のアソコに酔いしれる日が来るなんて…。
もう、このままどうなってもいい、そう思いながら、無我夢中で腰を振りました。そのせいか、いつもより格段に濡れて動く度にグチュグチュとアソコから卑猥な音が聞こえてきました。
「よく濡れてるね。感じてるの?」
そう彼に聞かれ、羞恥心も相まり、程なくイってしまいました。
私がイって、荒い息を彼の上でついていると、彼は私を寝かせ、正常位で攻めてきました。
「ねぇ、ゴム。」
と今更ながら私は軽く抵抗しましたが、彼は
「どこに出して欲しい?」
としか返してきません。そのスリルのせいか、私は益々いつもより感じてしまって、ただひたすら
「中は駄目、中は駄目」
「あぁ。いい。あぁ。もっと…。」
そう繰り返しながら、だらしなく喘いでいました。
ゴムを着けていない彼のアソコはいつもよりスムーズに私の中を動いて、感じる所を何度も擦り、突いてきます。

それに答えるように、私の中も収縮していたようで、
「あぁ、締まってる。気持ちいい。」
と彼は呻いていました。お互いに、気持ち良すぎて何も考えられない状態でした。

「中は駄目。あぁ。駄目。」
「どこに出して欲しいの。」
「あぁ。そんな…。」
「早く言わないと中でイくよ?」
「あぁ。駄目。あぁ。やだ。」
「中でいいね?」
「あぁ。外。外。」
「外?仕方ないな、外ね」
彼はそう言うと、何度か深くストロークした後、私のお腹の上に精を放ちました。

こんなに燃えたエッチは初めてで終わった後は暫く抱き合ったまま、ボーっとしてしまいました。

危険な日にリスキーなことをした愚かさが嫌になりますが、久しぶりに融けるような快感を味わえて良かったです。

21
削除依頼
2019/01/28 09:42:13 (l0bDjoY5)
婚活パーティーは入れ食いと聞き友達と5000円はらって潜入。
いるわいるわ結婚を焦る20代後半。年収を500万位上乗せして当然偽名をつかって見事カップリング。
後日、初デートで待ち合わせると膝上20センチのミニスカートに胸強調のニット。即日ハメていまはすっかり私の性癖に染めてます(露出、寝とられ、痴漢)。
22
削除依頼
2019/01/26 03:13:27 (zU39tgWv)

昔毎日のように飲み歩いてた頃。

仲のいいMちゃんいう子がいました。

ある日いつも通り明け方Mちゃんの家に帰って一緒に布団に入るとふざけておっぱいを触ってきたのです。

よくそういうことをする子だったのでまたかと思っていましたその日は違いました。

ブラの隙間から直接揉まれたのですが、触り方がすごくエッチなんです。

相手はふざけてるのに私は感じてしまって抵抗する声も上擦ってしまいます。

いやらしくさわりながら乳首を弄られて思わず声が出そうになってしまいまってほんとに恥ずかしかったです。

抵抗しないと気まずからていこうしてたけど、気持ちいからほんとはもっと触ってほしかったなんて恥ずかしくて言えません。

結局途中でやめてMちゃんは寝てしまいました。

私はおっぱいはジンジンするし下はキュンキュンするしで眠れませんでした。

これを書きながら思いだして、いまもヌルヌルに濡らしています。

女の子におっぱいを触られたいです。




23
2019/01/23 22:01:41 (MvZK1uCh)
早朝、目が覚めた。嫁は俺の腕枕でスヤスヤ寝ている。
結婚式では男はたいした役割もないが、女性は大変だからね。
おまけに昨夜は、処女喪失といきなりお尻、お口もだからねぇ。
これで嫁も“娘”から“女”になったんだ。そのまま、しばらく嫁の寝顔を見ていた。
スッピンをじっくり見るのは初めてだ。嫁のスッピン寝顔を見ながら、俺好みのメイクはどうしようか考えていた。
嫁のメイクと服装のセンスは、どうしても俺の好みに合わない。
服装のセンスは淡いサイケデリックな柄を嫁は好んでいるが、俺にはババくさい柄にしか見えないのだ。
新婚旅行に行ったら、ハワイで俺が見立てやろう。小一時間ほどして、嫁が目を覚ました。
嫁「あっおはよう。どうしたの?」
俺「寝顔が可愛いなぁと思って。起きたら昨日の続きをしようと思って、起きるのを待っていたんだ」
嫁「やだぁw」ちょっとはにかむ嫁。
俺はそのまま布団の中に潜り込んで、嫁のパンティーを脱がした。
嫁も腰をちょっと浮かせて脱がしやすくしてくれた。とりあえず、ノーではなさそうだ。
足を開かせ、股間に顔を埋めてクンニ開始だ。両手は左右のオッパイへ。
オッパイを揉みながら人差し指で乳首も同時に愛撫するが、嫁もその気のようだ。
とにかくマンコがグショグショになるまでクンニしまくった。
嫁の大きなオッパイにしゃぶりつく。
嫁の足を大きく開き、右の乳房を左手で、乳首を舌で、クリを右手の親指で、人差し指でマンコの穴を、
中指でお尻の穴を同時に愛撫開始だ。
実はこれ、以前同棲していた元カノが大好きだった。
嫁「お尻はいや」
俺「わかってる」
マンコの穴もお尻の穴も指を浅く入れるだけだ。右手の指をリズミカルに震わせる。
嫁「あん、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」指の動きに合わせて嫁もリズミカルに喘いできた。
嫁も好きなようだな。マンコからお尻にマンコ汁が流れてくる。
お尻の穴に指入れちゃおうかなーという誘惑に駆られるが、昨日逆鱗に触れたのでやめておこう。
さぁ、バックいこう。しかし、明るい中では恥ずかしがって嫁はOKしない。
強引に嫁をうつ伏せにして、嫁のお尻に顔を埋める。お尻を左右に開き、お尻の穴を愛撫。
嫁「もう・・・しょうがないわねぇ」
嫁は、やっと応じてくれた。
嫁「恥ずかしいから、見ないでぇ」
昨晩と同じ、お尻を突きだした後背位だ。しかし嫁は恥ずかしがって股の間から手をまわしてマンコとお尻の穴を隠し、お尻をモジモジさせている。
(いやいや、その方がエロいんだけど)
お尻フェチの俺は、このスタイルを眺めるのが至福の時だ。
明るい中で初めて見る嫁の大きくて形のいいお尻。
何度も想像したっけなぁ。
それにしてもこの体位だと迫力あるでっかいケツだなぁ・・・よくあんな小さなパンティーが穿けるな。それにスカートにもしっかり収まるし。
お尻の穴からマンコにかけて、舌を震わせながら愛撫する。
嫁「んんっ・・・はぁはぁ・・・」愛撫しながら嫁のマンコもじっくり観察。
特徴は小陰唇が小さいことだな。大陰唇に隠れて、外からちょっと見える程度だ。
まるでたらこを2つ置いたみたい。大人の女性で今までこんなマンコは見たことがない。
ほとんどの女性は小陰唇が目立つ。嫁のマンコは、指で小陰唇を開かなくても比較的簡単にクリトリスに到達できる。
試しに後背位のまま、真横に嫁を寝せてみる。閉じた股から見えるのは、まさしく2本のたらこ。
今度は足を閉じたまま、屈曲位にして2本のたらこをクンニした。
もう十分だろう、俺の口の周りもクンニのやり過ぎ、嫁のマンコ汁で荒れてきた。
屈曲位から、両足をがばっと開き、まんぐり返しの体位にした。
嫁「恥ずかしいよぉ・・・」嫁は、また手でマンコを隠す。
ここでまた悪戯心が湧いた。俺のペニスの先端をお尻の穴にスタンバイして、チラッと嫁の顔を見る。
嫁、めちゃめちゃきつい眼で俺を睨み付けていた。『お尻に入れたらわかってるでしょーね!!』
そんな眼だった。(やべっ)さぁ、突入だ。少しは痛さは消えたかなぁ?
嫁が動きやすいように足をM字開脚のようにして、マンコの穴の入り口でペニスをスタンバイ。
嫁の顔見た。眼を瞑って、これから襲ってくる激痛を我慢しようとする体勢のようだ。
ゆっくり挿入した。
嫁「痛い・・・!」昨日よりも小さい声だが、まだ痛みがあるようだ。
俺はゆっくりゆっくりと奥へと挿入した。嫁の眉間にシワが寄る。
俺は動きを止めた。
俺「やっぱり、痛いの?」
嫁「うん・・・」俺は、ゆっくりゆっくりとピストンをした。
嫁「いたーっ」
やっぱり嫁はベッドの上の方に向かって後ずさりしだした。今回は追わなかった。
ペニスが抜けた。昨日と同様に俺のペニスとベッドに血がついていた。
今回は、嫁が自らベッドの定位置に戻った。
嫁「もう一度」
俺「どうしたの?痛いのに無理しなくていいのに」
嫁「このまま新婚旅行に行ったら、ホテルのベッド汚しちゃうもん」
再度、挿入した。やっぱり嫁の眉間にシワが寄る。
でも今回は我慢し続けた。もう、こっちが可哀想に思えてくる。
女性は大変だね。でもこれをクリアすれば、男性は一瞬の快楽、女性は永続的な快楽だもんね。
俺「もう、この辺でやめておこう。ホテルではバスタオルを敷けばいいよ」
嫁「そうよね。でも、もう大丈夫だと思う・・・ねぇ、あ・な・た、イキたい?」
(おー、嫁が『あなた』だって)
俺のペニスは、朝立ちもあって痛いくらいにビンビンだった。
俺「できれば」
今度は嫁が自分から進んでフェラをしてくれた。
相変わらずぎこちないが、一生懸命俺をイカせようとしている。
フェラしている間にコツを掴んできたようだ。
ズズッズズッと涎をすするような音がするが舌も微妙に使ってくる。
上目遣いで・・・。
嫁「口の中でイキたい?」
俺「うん」
一生懸命フェラを続ける嫁。俺は嫁の手を玉袋にあてがった。
俺「玉袋を舌でするように優しく愛撫すればいいよ」
嫁「うん」
(いいぞー嫁!がんばれー嫁!)
あっ、イキそうだ。嫁の背中をトントンして発射の合図をした。
ドピュッ、ドピュッ、ドピュッ。
あー、嫁の口の中でイッてしまった。初の口内射精だ。
嫁は俺の精子を口に含んだまま、こぼさないようにしてモゴモゴ言っている。
嫁「んんんんー、んんんんー」雰囲気で分かった。
『キスしよー、キスしよー』だ。
俺「わぁ、勘弁してくれぇー」
俺はベッドからフリチンで飛び出た。
嫁は「んんんんー、んんんんー」と言って、笑いながら追いかけてきて、そのまま洗面台へ。
嫁「あー苦しかった」
洗面台から戻ってきた嫁はノーパンのまま朝食の支度に取り掛かった。
俺は後ろからネグリジェの中に頭を突っ込み、嫁のお尻の割れ目に沿って舐めた。
“コーン!”
俺「あいたー!」
嫁がフライパンで俺の頭を叩いた音だった。
嫁「邪魔。もう、終わり」
俺「・・・はい」
24

#家出少女

投稿者: ◆ZifOmLffjg
削除依頼
2019/01/22 13:44:04 (mL6B3fF9)
某呟き系SNSへ「食事・宿泊無料提供OK、都内送迎大歓迎」ハッシュタグ「家出少女」と書き込み投稿しました。

すぐに冷やかしであろうメッセージが3通届いたんだけどやり取りしてて怪しいので見送ると4通目に「山◯から家出して来た1◯歳」と言う2人組からメッセージがありやり取り開始

家出から1週間都内でネットカフェ生活してたけど資金が尽きて来たので翌日からの宿泊場所を探してるらしく家出資金も底ついて来たらしい。

うちから近いこともあって翌日の昼間に待合せして車で迎えに行った。
そこに現れた2人がめちゃくちゃ綺麗な六本木のキャバ嬢風美女で即OKして車に乗せてまずは色々話を聞くために食事しながら事情聴取「高校をやめて東京で働きたい。」との思いを親に伝えたけど全く聞き入れてもらえず家出して来たらしい。

そんな彼女らに一つ提案した。
「オレ渋谷で3LDKのマンションに独り暮らししてて1部屋完全に使ってないから3日間だけ自由に使って良いけどその間に先の見通しが立たなかったら山◯へ帰る事」を約束して自宅へ招き入れた。

自宅に着いて2人共「シャワーを浴びさせて欲しい」と言うのでバスルームを案内して自由に使うようにと設備の説明してオレはリビングでくつろいでいた。
25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM