ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

男装・女装体験談 RSS icon
※体験談以外の書き込みはNG

1 2 3 4 5 6 ... 200
2017/11/20 22:15:15 (s5qSiqlw)
前にあったお話。

秋葉原にレッツゴーしたとき。
エムズの螺旋階段から、じとじと見られたたのです。
それなら、まだいいのだけど。
セガから、裏道のエロ漫画屋、ドンキと、ずーーーっとついてくるのはやめておくれ。(´・ω・`)

せっかくの秋葉原だったのに。(>_<)
ドンキではどさくさくに紛れてお尻触られたよ。
ぐぬぬぬ。

たまに電車の痴漢や、夜道に抱きついてくるのしかり、
何となく分かっちゃうので、たいーほされたくない純男氏は控えませふ!

びびりぃなので。ホントに許してちょんまげ(>_<)
1
2017/11/19 11:30:29 (Ap5X5S2V)
ずいぶん昔のことで恐縮ですが、不倫相手の人妻に自分の女装趣味、とりわけセーラー服が好きなことをカミングアウトしたことがあります。新品で購入した地元公立校のそれを所持してることを仄めかすと、彼女は私のセーラー服姿が是非見てみたいと言い、仕方なくある日私はセーラー服姿で彼女を自分のアパートに
招き入れることになりました。

男顔ではありましたが、セーラー服上衣の下には白のブラジャーに白の切替スリップ、そしてヒダスカート中の下半身は白の綿ショーツの上からは黒のパンスト、さらに防寒用に濃紺の学販ブルマーの重ね穿き。
玄関のチャイムが鳴りドアスコープに彼女の顔を確かめ迎え入れると、ニヤニヤしながら立ったままの私の身体のあちこちを触り始めました。上衣を押し上げブラジャーをずらして乳首を摘まんだり、スカートを捲り上げてブルマーの上から股間を撫で回したり。

布団の上でもセーラー服姿でエッチし始めた二人。通常なら女性にコスプレさせて興奮するのでしょうけど、私達はまるで男女が入れ替わったような気分でした。特にヒダスカートを捲られブルマーを引き下げらてフェラチオされるのが堪らないくらい気持ち良く、また彼女自身も何かに取りつかれたように必死にしゃぶっておりました。

そんなこんなで、それ以来私はスカートこそ穿かなかったものの、セーラー服の上からジャージの上着を羽織って彼女に連れ出されるようになり、外食や飲酒の帰りは決まって彼女の車内でフェラチオされ口内射精してから帰宅するのが定番になりました。
2
2017/11/18 22:29:13 (0k3GEOQe)
秋葉原で色々買い物しようかなと思ってます。
一緒に買い物できたり、買い物の後で会って色々楽しめる方いたらメールください。
セーラー服を買う予定です
3
2017/11/17 13:09:02 (ABsVVmn7)
男装さんとエッチがしたいですね。
ペニバンで犯されたり
こちらが責めたり
そういう趣味のかたいませんか?
4
2017/11/17 11:04:44 (zBavkHdb)
約2ヶ月位忙しくて出来なかった女装子に変身してのHでした。体のお手入れをしパイパンにして、マニキュアペディキュアを塗り、パンティやストッキングに脚を通しただけで濡らしてしまいました。
お相手はS女装子様でしたがHではおしゃぶり奉仕させて頂く前に大好きな乳首に洗濯バサミを装着されおしゃぶりさせて頂き久々の透明なお汁を味わい幸せを感じ、洗濯バサミを外して騎乗位で股がりアナルに入れて頂きました。
久々のHに自ら腰振りカチカチのペニクリ様で犯してもらいソッコーでめっちゃ感じてしまい腰振りを止めると下から突き上げられる…
とそこで挿入したまま後ろ手に手枷を付けられまた下からの突き上げ、勝手に動く私の腰振り、そしてのけ反っている私の乳首に、それも先っぽだけを狙ったピンポイントで洗濯バサミをいきなり装着されめっちゃ激しい下からの腰振り突き上げ、乳首で暴れる洗濯バサミに…
何度かイカされてしまい真っ白状態になりました。久々の女の子してのH、プチ拘束に乳首苛められながらのH、やはり私はM女装子として抜けられない体なんだと感じました。
いつか緊縛状態で犯して欲しい、そんな事を考えながらの帰宅でした。

純女様にも拘束されてみたいな(^_^;)

5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕