ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

男装・女装体験談 RSS icon
※体験談以外の書き込みはNG

1 2 3 4 5 6 7 8 ... 200
2019/02/13 09:14:58 (yxcFxXUe)
旦那様が今年変わりました。
私は、中学から女装を初め出して
高校生になって両親に知られてしまいました。
そして家出をしてしまい
そんな私を拾ってくれた旦那様
旦那様は、奥さんの若いときに似てた私
旦那様は、私の両親と話をつけて
旦那様のお店で住み込みで働けるようになりました。
店舗と家は、離れてます。
私は、旦那様の家での生活
私が旦那様の奥さんや娘さんにあって驚きました。
女装してる私と奥さんや娘さんと似てた。
そっくりでは、無いけどなんとなくです。
二人も驚いてたし
旦那様もその時に私が奥さんの若い頃に似てるって言いました。
旦那様は、私を二人に家出正直と紹介してくれました。
それと私の両親とは、話がついてると。
私は、その日から旦那様の娘として生活です。
家から私の荷物が届きましたが
その中の男物は、そのまま廃棄してました。
奥さんは、私を娘と言ってくれるし
娘さんは、私を妹に
お手当ては、お小遣い程度で少ないですが
食費や家賃が必要ないから
お小遣いと言っても多いほうです。
携帯も家族割で旦那様が出してくれます。
衣類は、少なかったけど娘さんのお下がりを貰って二倍になってた。
仕事もそんなに難しくなく簡単なのと
常連客には、娘と思われて
そのうちに奥さんをお母さんと呼んでたし
娘さんもお姉ちゃんって呼ぶようになってた。
旦那様が私に確認したてから
女性ホルモンを買ってくれたのを飲み出して
ホルモンで一段と女らしくなると
お母さんやお姉ちゃんに似てきてました。
私に取って楽しい生活が
最初にお姉ちゃんに私の秘密知られてしまいました。
ホルモンで小さくなってたけど
まだ勃起もしてたから
お姉ちゃんも異性に興味が出てきてたから
私ので試してしまいました。
お姉ちゃんと私の秘密が出来て
それでも月に一回くらいですけど
そしてそんな関係になって少したつと
お母さんが乳ガンで無くなって変わりました。
ガンが見つかった時には、遅くて身体中に転移してた。
私もお母さんの葬式に娘として参列してた。
旦那様も凄く悲しんで仕事も手につかなくなってた。
私がある程度覚えてたからお店も何とか出来てた。
お姉ちゃんがお泊まりでいないときに
旦那様がお酒を飲んで酔ってた時に
私をお母さんと錯覚して
ホルモンで筋力も落ちてる私は、旦那様にかなわず抱かれてしまいました。
私のアナルバージンを旦那様
泣き叫んでたけど旦那様は、お母さんの名前を言って抱いてました。
私の中で出して旦那様は、錯覚から覚めて
私の中にまだ旦那様のが抜けないで残ってます。
私の顔を見ながらお母さんを初めて抱いた時のことを話し出しました。
お母さんも旦那様が初めての人で
今の私の顔がその時のお母さんと同じだって
キスされて自然と抜け出すまで優しく抱かれて
そのうに寝てました。
それからは、お姉ちゃんがいないときに旦那様に抱かれてたけど
お姉ちゃんとの関係も続いてた。
ほとんど出なくなってた精子が
お姉ちゃんを孕ましてました。
それで私は、婿養子になりましたが
旦那様に抱かれる回数も減っていき。
一人目が生まれてまたすぐに妊娠して
二人目が生まれると
お姉ちゃんが強くなり家を仕切るようになり
旦那様がお姉ちゃんに変わってしまいました。
旦那様は、お父さんになり孫の世話をして
私は、お姉ちゃんが調べて見つけた医者に竿とタマを取られて性転換されました。
お姉ちゃんがペニバンで私を抱くようになりました。

11
2019/02/12 00:51:29 (u4zgm3l6)
ここのところ、忙しくて映画館に行けませんでしたが今日行っちゃいました^^
午前中に準備をして、午後からU野の映画館へ。
チケットを買って館内に入ると男性の目線がさくらへ…
「この瞬間の雰囲気がたまらない…」なんて思いながら場内へ。
スクリーン前から2列目の真ん中付近に座り映画を観てると隣にすぐ男性が座ってきました。
座って直ぐに男性はさくらの太腿からお尻へ手が伸びてきました。
さくらも久しぶりだったので、少し感じてしまいましたが気づくと反対の席からさくらの胸をサワサワ…
左右の席からほぼ同時に触られてとても感じてしまいました(^^♪
声を出さないように我慢してたけど、少しづつさくらも声が漏れてしまい、「気持ちいいならもっと声を出して良いよ」って言われちゃいましたが、やっぱり大きな声で喘ぐことは出来ませんでした。
やがて左側の男性の股間にさくらは手を導かれるとかなり大きいおちん〇んが…
そのおちん〇んを触ってると右側の男性もさくらの手を股間に…
どちらも大きいおちん〇んに成長しちゃってました。
さくらもすごく感じてきて、思わずお二人に前に正座してお口でご奉仕。
さくらがお口でスキンを付けてあげて、お二人のおちん〇んをお口とお手てでご奉仕しちゃいました(^^♪
そうしてる間にもさくらのお尻は別の人がサワサワと…
そしてさくらのお尻に指が入って来てすごく感じちゃうと、左の方がさくらのお口でイッてくれました(^_-)-☆
続いてもう一人の人もさくらのお口でフィニッシュ(^_-)-☆
そしてお尻を触っていた人は「トイレで待ってる」とさくらに囁いてトイレへ。
さくらは乱れたお洋服を直してトイレに向かうと、洗面台の前にさくらの
お尻を触っていた人がいて、個室に入るのかと思ったら洗面台の前にしゃがまされてさくらのお口におちん〇んを…
さくらもいきなりの出来事に抵抗出来ずにそのままご奉仕してると、いつの間にかたくさんの人だかりの中でさくらはお口を犯されてしまい、最後はたっぷりとローションを塗られてさくらのお尻へ…
さくらはたくさんの人の前で犯されてしまいました。
洗面台に手をついて後ろから何度も何度も…
上半身のお洋服とブラを外されながら何度も何度も…
最後はお尻からおちん〇んを抜かれるとさくらのお口の中へ。
たっぷり出された精液をお口から垂れた状態で洗面台の前にしゃがみ込んでしまいました。
さくらは直ぐに個室に入り身体をウエットティッシュで拭いて、身支度を整えてロビーに出るとさくらの淫らな姿を見ていた人たちからの視線を感じてました。
恥ずかしくて暗い場内に入ると、直ぐに手を引っ張られて座席に連れて行かれました。
「えっ、また?」と思ってると、「さっきは恥ずかしい思いをさせてごめんな。でも可愛かったから我慢できなくて」と言われると、その方はさくらの頭をご自身の肩によせて優しく撫でてくれました。
さくらも「ううん、大丈夫よ^^」と答えながらその方にもたれかかってしばらく優しく触れていました(*^-^*)

こんなことがたまにですけど、起きるので映画館はやっぱり楽しいの(^_-)-☆
さくらはやっぱり映画館が大好き!(^_-)-☆
12
2019/02/11 17:55:44 (hYlWqIDg)
誤字脱字をご遠慮下さい。
今日は、昼頃起きてパチンコに!あまりにも暇すぎて(笑)
下着女装して行きました。なんとなくですが!
なかなか出なくてイライラしてます。

なんとなくプラグ入れて再挑戦!
すぐに出たけど、今度は、ムラムラが収まらず、いまだにムラムラ中!

このムラムラどうしよう?
13
2019/02/10 13:15:38 (14knOO5C)
「お前、なんかエロい。」と言ったツレ。
「俺、女になりたい、かも、、。アナル、オマンコ状態やねん。」とアナニーでイク事をカムアウト。
ツレが宴会用セーラー服を素肌に着込んで見るとけっこう似合う。
「なんか、いいじゃん。」「バカやろ。」とお互いニヤニヤして照れてた。
うつぶせに寝る。
スカートまくられ太腿を撫でられるとアナルが疼いた。
ラブローション垂らされ、指が最初から2本ズボっと来た。
「すっげえ締まる、、、、、」指先でこられ「あん、、、」と声が出た。
ツレは興奮して荒々しくこねくりまわしてきた。
腰をあげよつんばいの姿勢になり、「もっと、奥までえ!」と叫ぶ。
アナルの力を抜くと「うわ、めっちゃ広がる!」とツレ。
ツレは僕の胸から肩に手をかけて抱き抱え指3本をねじり込む。
「ひいいっ!イクウ!」
ピュッっとラブローションが噴きでてしまうので、補充して掻き回され続けました。
「はあん、ああん、、」すすり泣きながら喘ぎ続けたボク。
「○○ポ、しゃぶりたい、、、」とリクエスト。
僕が上のシックススナインの体制。
ゴム付きチンポを舌で舐めまわす。他はしらんけどまあまあの大きさのチンポやないのかな。
ツレの指でアナルイキしながら、○○ポしゃぶるなんてやらしいなあって興奮しました。
「出そう。」「どうする、、、、、」
このまま口でイクかと聞いた。
「入れてみっか。」とツレ。
うしろから挿入を試みるが、アナルの力を抜けず上手く入らない。
「ちょっと待って」とふんばるとアナルが拡がってポコって感じで亀頭をくわえ込んだ。
「おっ、入った。」とズンと奥まで挿入。
「はふっ、、、、」けっこう奥まで来たんで漏れそうな感じがした。
ピストンが始まり「どや?」「いい、いい、気持ちいい!」
「持たん、行くで!」マッハピストンされて「あー!あー!あー!」状態。
ツレの射精の瞬間の鼓動をはっきりと感じました。
もう今じゃ完全にツレの女。


14
2019/02/10 04:03:33 (CjzGENt1)
昨日は午前中にお店での仕事を終えて、お着替え部屋で洗濯をしてこれからどうしよう・・・
と、考えた結果新宿をお散歩することに決めたの。
洗濯を終わらせて、また変身していそいそと出掛けたのですが、いやーさすがに暑い冷や汗
お着替え部屋からアルタの近くに行くまで、アイスコーヒー・宇治金時を食べたけど涼しくはならないがまん顔
アルタ横のみずほBKの通りでまた氷イチゴ練乳を注文、う〜ん幸せ・・・(^_-)
と、感じているといきなり一人の中年男性が「暑いね…氷イチゴ美味しそうだね、僕も食べようかなぁ」となんか知らないけど一人で喋りながら氷イチゴを買いに。
私は「まさかナンパ?いや私なんかをナンパするわけない」と想いながらも早くこの場から立ち去ろうと考えたけど、男性がそれより早く氷イチゴを持ってさくらの前に。
そしてなぜか一緒に氷イチゴを食べる羽目に・・・
私は早く氷イチゴを食べたので、席を離れようと立ち上がると、男性が「あっ、ちょっと待って」と言った瞬間に氷イチゴをこぼして男性のお洋服にベッチョリ。
私はすかさずハンカチで拭いてあげたけど、白のポロシャツは赤いイチゴで染まっていてその男性も「ハハハ、参ったなぁ。お姉さんをナンパしようとしたけどこれじゃね(^_^;)」の一言に私も苦笑い冷や汗そのままそこに二人で座り、「私は女装子だよ、それにおデブでブスなのになんで声をかけたの?」と尋ねると、「なんでって言われてもただ可愛いと思ったんだけどね」と言うと、「そうなんだ、ありがとうございます。でもその洋服どうするの?早く洗わないと落ちなくなるよ」と言うと、「いいよ、ビックロでなんかシャツを買うよ。そうだビックロに付き合ってよ。」と言われ、私も「うん、そのくらいなら良いよ」と言うことになりビックロへ。
そこでシャツを買って着替えると、「ありがとうね、付き合ってくれて。」、「この後何か用事でもあるの?もし無いならどこか遊びにでもどう?」と言われ、私も用事はないけどナンパなんか初めてだから・・・と考えていると、「じゃ、少しだけカラオケに行こうよ。涼しいしさ。」と言うのでカラオケへお付き合い。
カラオケであまり歌わないでお話をしてるうちに、だんだんとその方が気になりだしたの。
「この後どこかに誘われたら・・・」とか考えてると、さくらの肩を引き寄せてkiss...
もちろんほっぺにだけど、「ごめん、でも本当に可愛いと思ってる」と言われて「どうする、もう帰る?それとも僕に任せてくれる?」と聞かれ、さくらも「うん」と頷くと、そのままカラオケを出て、二人でホテルホテルへ。
部屋の中で、さくらが先にシャワーを浴びてその方をベッドで待ってると、シャワーを浴びた彼が「横にいい?」と言うので、さくらが横にずれると二人でベッドの中で...
すごく優しくされて、抱きしめられて、kissもいっぱいされて、さくらもすごく感じてきちゃった(*^_^*)
そしてさくらがお口で枕元にあったゴムを付けてあげ、ご奉仕すると彼はさくらのお口の中で・・・!(^^)!
そのまましばらくベッドの中で、またお話してキレイにしてあげると、また大きくなったのでゴムを付けてさくらの中へ(。´・ω`)ノ(つд・`。)・゚
けっして手慣れていたり、どちらかと言えば不器用に近いんだけどすごく優しくて、すごく気を遣ってくれて…
そんな優しいエッチにとても気持ち良くてさくらもヾ(≧∇≦)
そしてさくらの中でたっぷりとイッてくれてすごくうれしかった★☆(*´з`*)☆★
イッた後も、優しく抱きしめてくれて、いっぱいkissもしてくれて、すると今度はさくらが欲しくなっちゃって、さくらから…(*^_^*)ヾ(≧∇≦)
その後、二人でシャワーを浴びてから少しお話してホテルを出ました。
また会いたいと言うので、メールアドレスを交換してお別れしました。

初めてのナンパにホテルまでついて行って抱かれてしまうなんて、危険だし、怖いとも思ったけど、彼の正直な一面と優しい一面に心を許しちゃったのかなぁ・・・
それともこの暑さに負けて涼しいところに行きたかったのかなぁ・・・

でも暑い中、お散歩して良かったぁと思うと言うことは、やっぱりさくらは男性をを求めていたのかも知れません(*^_^*)
でもさくらのようなおデブ&おブスをナンパしてくれるなんて、よほどエッチをしたかったのかなぁヾ(≧∇≦)

そんな不思議な猛暑日の半日でした。
15
1 2 3 4 5 6 7 8 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM