ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

男装・女装体験談 RSS icon
※体験談以外の書き込みはNG

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
2018/06/22 10:32:27 (heLrhEpJ)
よく上野のビデボで女装してます。女装するとどうしても、
男の人に責められたくなってしまい、掲示板で募集してしまいます。
お相手がきまるまで、浣腸しておしりをきれいにして、
バイブでならしておきます。結構メールがきますので、
いやらしいメールを読んでいると、あそこが熱くなっていきます。
今日はどんなふうにされてしまうのだろう?
乳首、あなるは激感です、結構MなんでSっぽい文章には
ジュンとなっちゃいますね。お相手が決まって、準備ができたら、
お部屋番号をメールします。お部屋番号をメールする時が
一番ドキドキします。やめたほうがいいんじゃないかと
おもうのですが、やめられません。あと2、3分でドアが開いて
、、
26
2018/06/20 16:55:18 (.r8M.F2X)
こんにちは(o^^o)
完女装娘の瑞穂です。。
プロフィールは、IDで確認してくださいね!

この間の体験談を書きます^_^

日曜日16時にイオ○の立体駐車場でおじ様と待ち合わせをしました。。
おじ様は、53歳で少しぽっちゃりなYさん。
あるサイトで知り合いました。

瑞穂は、時間通りに立体駐車場に到着!
Yさんからのメールを待ってました。
少しすぎてから、Yさんからのメール。
Y「ついたよ!どこかな?」
瑞穂「入り口付近にいます」
Y「あっ、わかった!」
瑞穂「どこですか?」
Y「近くにいるけど、まだ会えないな」
瑞穂「どうして?」
Y「まずは、メールで命令をだすから」
瑞穂「わかりました。。そのかわり、近くにいてくださいね」
Y「わかった。
まずは、店内に入って1階のフードコートにいこうか。」
瑞穂「わかりました。」
訳もわからず、フードコートへ向かいました。
瑞穂「フードコートにつきました。」
Y「そしたら、1番南のテーブルに行って!紙袋がおいてあるから」
瑞穂「、、、はい」
まさかここで着替える感じ( ; ; )
Y「着いたら、そこに座って、紙袋をあけてごらん」
瑞穂「わかりました」
、、、やっぱり。
Y「瑞穂に似合うと思って用意した」
入っていたのは、、、
白のシャツ
黒のタイトスカート
黒のハイソックス
赤色の下着
黒縁の伊達メガネ
(OL風)に
首輪
大きなローター(リモコン)
あとは、
女性物のお財布が入ってました。
瑞穂「袋の中をみたよ、、もしかして、ここで着替えるのですか?」
Y「せいかい、、人も多くないし、できるよね!」
瑞穂「、、、はい」
まずは、まわりをみて、、、
ニーハイの靴下を脱ぎます。
次に、ピンク色のショーツを脱いだところでメールが、、
Y「脱いだ服は、机の上におくんだよ。そうだな、下着は必ず1番上ね、、」
着替えてるのがまるわかり、、
瑞穂「はい、、」
ショーツをたたんで、ニーハイの上におきました。。
赤色のショーツをはいて、ハイソックスをはいて、、
キョロキョロして見られてないかを確認。。
プリーツスカートを脱いで、、、
タイトスカートに履き替えました。。
そして、、
上のセーターから肩を抜き、セーターの中でモゾモゾ。。
ピンクのキャミソールとピンクのブラを脱ぎました。
そのまま、赤色のブラをつけて、急いでセーターを脱ぎ、シャツを羽織り、ボタンをしめました。
なんとか、バレずに着替えられたかな、、
汗びっしょりに(^^;;
Y「よくできました。。みんな見てたよ、」
瑞穂「恥ずかしいです、、」
Y「あと少しだよ」
瑞穂「はい、、、」
首輪を持って、首につけました、、
つけた瞬間に「ぞくっ」っとしました。
いつも首輪をつける瞬間、かなり感じてしまうんです。。
そして、ローター、、、太いので、ローションをつけて壁際にお尻をうかせて、、挿入。。
おおきい、、、
っと思った瞬間にブゥ〜ん!
「あっ。。んっ。。」っと声がでちゃいました。
Y「どうだい?気持ちいいかい?」
瑞穂「、、はい。ヤバイです。。」
Y「そうか、、じゃあ、これはどうだい?」
強弱をつけて動いてます。。
顔を伏せたまま、感じてしまいました。。
Y「まさか、濡らしてないよな?確認しろ!」
っとローターが止まりました。
瑞穂「、、、濡れてます、ごめんなさい」
Y「これからなのに、もう濡らしちゃったのか。」
瑞穂「はい、、」
Y「しょうがないメス豚だ、よし行くぞ!伊達メガネをして、服を紙袋に入れるんだ。」
瑞穂「はい、、」
Y「よし、紙袋はそこに置いておけ、あとで渡してやる。入れておいた財布は手にしっかり持って食料品売り場に行け」
瑞穂「はい、わかりました。。」
財布をよく見たら、マジックでエッチなマークと変態メス豚!ローターをつけてる変態とか書いてます。
なるべく見えないように持って食料品売り場へ向かいました。。
瑞穂「つきました、」
Y「カゴを持って財布をカゴにいれるんだ」
瑞穂「、はい」
ローターも、動きはじめました。。
Y「買い物の間は、ずっとローターをいれといてやるからな!財布の中に買うものを書いたメモがあるから、それを買うんだ!財布はカゴに入れっぱなし!」
瑞穂「、、、はい。」
メモに書いてあったのは、、
ミンティア、水、コンドーム、ナプキン、タンポン、生理用の下着でした。
身体を震わせながら、、それぞれカゴの中へ。。
もうショーツはぐちょぐちょなのがわかるくらい。。
カゴに入れ終わったら、、
Y「下着は濡らしてないか。確認するからその場でスカートをあげろ!」
瑞穂「えっ、他に人もいる。どちらにいるのですか?」
Y「今、見てる方向にあげるんだ」
瑞穂「、、、はい」
少しあげました、、
Y「全然、見えない。全部あげろ!」
瑞穂「、、はい」
丸見えになるまであげました、、
Y「よし、大きなシミができてたぞ!そんなに気持ちいいか!」
瑞穂「、、恥ずかしい」
Y「レジに並べ、財布は、そのままカゴに入れたままだ!」
瑞穂の番がきて、おばちゃんが不信感いっぱいで商品を通していきます。。
財布の文字に目線も、、、
通し終わり、カゴから財布を取り出し、お金を払いました。
Y「よくできた、、」
ローターもとまりました。。
Y「駐車場まで戻ろうか。ただし、シャツのボタンは下二つだけ、スカートも股下0にしてだ!」
瑞穂「はい、、」
ボタンを外し、、ブラは丸見え。
スカートをおり、、ショーツも見えちゃいます。。

そんな服装で、エスカレーターに乗ったので、下からは丸見えでした。

駐車場に着くと、、

Y「かなり興奮したよ!最後はご褒美だ。目の前の白いワゴンまでおいで」
瑞穂「はい、、」
Yさんが手招きして、後ろの席に向かい入れてくれました。
座った瞬間に激しいキスをされ、
身体中を触っていただき、ローターもOn!
もうトロトロ状態、、、

おちんちんも舐めさせていただき、カチカチなおちんちんを挿入。。。
いっぱいついてもらって、、感じちゃいました(#^.^#)
最後は、、顔に生暖かい液体をかけてもらい、、、お別れ。。。
27
2018/06/20 12:43:17 (1b3klwNa)
前の投稿欄に『遊びの代償』という題名で投稿されてたダサ男さんのを読んでビックリしました。
多分私も一緒の方からでしょう… 私もダサ男2になりました。
私も同じ関東のNHセフレが欲しく検索してトップ画の胸に惹かれプロフを見てセックス相手募集との事なのでアタックしたのが2月の終わり。
関東で匂いフェチのM子さん!

私も会社帰りや日曜の夕方以降や将又平日会う時彼女の仕事前は指定された駅で待ち合わせのホテルで会っていました。
私も少しS寄りなので殆どダサ男さんと同じ事を為てました。 ホント彼女はM子さんで此方の欲求を満たせてくれるM子さんでしたね笑

私は既婚なのでマジ焦りました。(でも嫁とはレスですけどね泣) 医者に行き処方薬を出して貰ったのが先週の事です。
因みにセフレは彼女だけでした。都合が良かった為!
そんなNHせ〇なさんにラインや合う度に
彼氏は居るけどセックスは貴男がいいの!気持ちいいの!貴男のオチンチン好き匂い好き!早く犯して!沢山出して!沢山飲ませ!等を言われれば流石に此方も調子こきますよね汗

先々週までライン為ていて、同じ様なやり取りしてて近々会おうとなってましたが止めました。
私もラインブロック!ナンネットのIDやらを全て変えました。

私もダサ男さん同様逃げるが勝ちを選択しました。






28
2018/06/18 21:28:14 (oyac2ETW)
私が女装を始めたのは、26才から
今も働いてる会社が一度業績悪化で
リストラすることになり
その中の一人に私も含まれてました。
会社に残るか退職するかで
残るとしたら女子社員のだけの部署で
女子社員の地道な営業で唯一売り上げを保ってる部署です。
扱ってる商品は、女性用品です。
下着、婦人服、化粧品です。
営業で個人宅に訪問して販売です。
残るとしても営業しか選べません。
女子社員は、営業と事務と選べますが
男子社員は、退職させるために選べません。
営業に出ても客の女性に相手にされなくて私以外全員やめていきました。
私も最初は、普通に男子社員として営業に出てました。
ほとんど扉も開けてもらえません。
営業の上司に他の女子社員のいるとこで
なかなか辞めない私に
扱ってる商品も使ってない貴方が売れる分けない
貴方が女装してうちの商品を使って良さが分かれば営業もうまくいくと
回りの女子社員も聞こえるようにこそこそ話してました。
その中の一部の人が私の顔や体型を見て女装したら女性に見えるかもねって言ってたのが耳に残ってて
女装するのに必用な商品を買い揃えて
家で下着や服を着てみました。
その時に着心地がいいと思いました。
まず下着に慣れるために
仕事に行くときも着けるようになりました。
慣れてきたら今度は、服を目立たないようなので通勤してならしました。
ワイシャツも女性用に変えていきました。
他の女子社員にわからないように
髪の毛も伸ばすのと眉も少しずつ細く整えていきました。
化粧品も薄く塗って少しずつ色白に
ほとんど営業で外に出るから朝と夜ぐらいしか会わないから
上司ぐらいしか私の変化を気付いてませんでした。
営業から戻ると上司にお酒を誘われて
二人で飲みに行きました。
飲んでて最初に上司から
貴方は、男としての誇りないの?って聞かれて
私は、上司から言われた扱ってる商品の良さをわかるために始めて
商品の良さがわかりやめられなくなってきたと
薄化粧して営業してて少し売れるようにもなってました。
買ってくれた客も私をボーイッシュな女性と勘違いして買ってくれた客です。
飲みながら話してるうちに上司が酔ってしまい
家に送って行きました。
独身の上司の家に初めて入り
ベッドに寝かせて
服を脱がせて下着だけに
その時は、まだ男の私が下着姿の上司見て
勃起してしまい
酔って寝ている上司を抱いてしまってました。
上司を抱きながら
愛撫で上司の反応の仕方を勉強してる私もいました。
挿入してるときに
頭の中で私もこんなふうに抱かれて喘ぐようになりたい気持ちが芽生えてました。
それと上司同じように大きな胸も欲しくなってました。
そのまま上司の家に泊まってしまいました。
翌朝
上司のキスで目が覚めました。
上司の手が私のジュニアを握ってしごくので
勃起してしまい
今度は、上司の気が済むまで絞り取られてました。
上司と関係が出来てしまって
数日後には、アパートを引き払って
上司の家に転がり混んでました。
転がり混んで私の荷物の中の男物は、梱包したまま押し入れの中に
買い揃えてた女物だけを
上司から女らしさを教えられて女装も磨かれていきました。
髪の毛は、背中まで伸びると
もう男に見えなくなってました。
女性ホルモンにも手を出してしまってました。
胸も出て丸みをおびてきて勃起もしなくなると
ぺニスバンドして抱くようになり
逆に私のアナルがぺニスバンドで突かれるようにもなってました。
営業成績もあがっていきました。
それと私のような女装してる人と知り合うと
その人が私の新規の顧客に
またその人が知り合いを紹介してくれて
また営業成績が上がることに
上司とは、そのまま籍だけ入れて夫婦になってました。
私が上司の嫁になるような婿養子に
上司と私の子供が欲しいけどもう私
種無しになってしまってた。

29
2018/06/18 12:16:42 (kLdyDIkX)
女装子のYさんとSMルームのあるラブホで楽しんできました。

Yさんの部屋に遊びに行っていたのですが、話の流れからホテルへ行くことに。
先に首輪をつけた状態で、ホテルへ向かいました。
首輪をつける時は、自然と僕の前で跪いて大人しく待っています。
まさに、ご主人様と奴隷、といった感じですね。

ホテルについたら、まずは剃毛です。
剃毛の際、Yさんのぺ二クリは軽く反応しており、触るとビクッと身体を震わせるのは楽しかったです。
ホテルのカミソリが安物でしたので、かなりの時間がかかってしまいました。
Yさんの体を冷やさないためにも、剃毛するときはちゃんとしたものを用意した方がよかったと反省です。

剃毛の次はシャワー浣腸です。
温めのお湯に設定して、シャワーのヘッドを取り、Yさんのアナルへ押し当てます。
Yさんは、壁に手をついて、お尻をこちらへ突き出すポーズのまま、アナルを見られて恥ずかしがり、浣腸をされて悶えていました。
一度排泄し、またシャワー浣腸を繰り返し、と計5回ほど行いました。
途中、 『浣腸気持ちいい?』 と聞くと、 『…気持ちいいです』 、と恥ずかしそうに小声で答えてくれたのは、興奮しましたね。
シャワー浣腸は、慣れないと入れすぎたり、勢いが強すぎて粘膜を傷めたり、温度が高すぎたり低すぎたりしてしまうので、危険であることをしっかりと認識したうえで行ってください。
慣れるまでは、お湯で温めたイチジク浣腸の方が無難です。

アナルが綺麗になったら、目隠しをして拘束椅子のとこまで手を引いて移動です。
この時点で恥ずかしさと期待からか、ぺ二クリを大きくしているのも可愛いですね。

拘束椅子へ座り、両手両足を拘束されると、すでに荒い息遣いになっており、耳元で囁いたり、軽く乳首を触ったり、太ももを撫でるだけでビクビク反応してくれます。
反応が敏感でしたので、ついつい耳元で、 『乳首が敏感だね』 、 『またビクッて反応した』 、 『だんだん気持ちよくなってきてるね』 、 『また波が来たね』 、 『だんだん高まっていく』 、などと軽く催眠を混ぜながら、焦らすのを30分ほど楽しんでしまいました。

先週に引き続き、今回が2度目という事もあり、Yさんのアナルは人差し指をスルスル飲み込んでしまいます。
指を入れながらアナルをほぐしていると、それだけでビクビクしてしまいます。
Yさんはアナルの力の抜き方を前回で覚えたからか、すぐに柔らかくなり、 『指がだんだん入っていくね』 、 『完全に指が入ると大きな波がくるよ』 、と言いながら奥まで指を入れると、ビクビクっと身体を震わせます。

一度奥まで入れた指を第一関節まで戻し、ぺ二クリ側の腸壁を擦るように指を入れていくと、硬い壁のような場所がすぐに見つかります。
Yさんは、この前立腺と精嚢でかなり感じるようになったので、ここを中心に責めていきます。
『Yはご主人様に前立腺をいじられています』 、 『Yは前立腺が気持ちいいです』 、と何度も耳元で囁き、口に出して言わせていると、ほんの数分でメスイキし始めてしまいます。
『また大きい波がくるね』 、 『何度も何度も押し寄せてくるね』 、 『またいっちゃう』 、 『イケ』 、 『イケ』 、 『イケ』 、と言葉にすると、全身を痙攣させながら何度も何度も絶頂する彼女を見ていると、心が満たされます。
そのせいで、ついつい長時間責めてしまうのは、悪い癖ですね。

一度大きい波が来るまで責め続けたら、次は精嚢です。
指を根元まで入れ、背中側の腸壁に指の根本を当てるようにして、指を曲げるスペースを作り精嚢を優しくなでていきます。
すでにメスイキしまくった身体はものすごく敏感になっており、すぐに体をビクつかせてしまいます。
前立腺の時と同様に、言葉責めをしながら軽くなでていると、何度も何度も身体を跳ねさせて絶頂してしまいます。
前立腺と精嚢を合わせて40分ほどすると、かなりくたっとして、身体をプルプル震わせるようになってしまいました。

少し背中側の腸壁で遊んだあと、ここからが本番です。
余談ですが、背中側の腸壁は前立腺と違って、身体がとろけるような、力が抜けていくような快感です。

指を2本にして入れ直し、アナルが指に馴染むのをじっくりと待ちます。
Yさんのアナルの中は、すでに腸液で濡れていて、ローションと混じり、熱くドロドロとした感触に変わっています。
もはや排泄器官ではなく、完全に性器になってしまっていますね。
指が馴染んだら、指を開いてアナルに空気を入れ、2本の指が自在に動く空間を作ります。
少し指を開いた状態で、精嚢から前立腺へ向かって軽くこすります。
両方を一度に擦られると、一瞬で絶頂の波を迎え、Yさんは体を跳ねさせます。
そこからは、言葉では言えないような有様です。
普段出さないような声で、 『ア”ア”ア”ア”ア”ー』 、 『頭バカになる』 、 『ダメっ』 、 『待って』 、 『無理』 、 『死んじゃう』 、と言って僕を楽しませてくれます。
アナルの中も、何度も何度も収縮と弛緩を繰り返し、連続でメスイキし続けてることを、僕に教えてくれます。
気付けば、手首を通り越して、肘までYさんの腸液が垂れてきていました。
プレイはまだ2度目なのに、ここまで深くメス堕ちしてしまうものなのですね。
連続でイキ続けるうちに、ひと際大きな波が来たようで、 『凄いの来る』 、 『だめ』 、 『おかしくなっちゃう』 、 『もどれなくなっちゃう』 、 『ア”ア”ア”ア”ア”ー』 、と叫びながら全身を硬直させて痙攣させてしまいました。
刺激を止めても痙攣はとまらず、しばらくイキっぱなしでしたね。
太ももを撫でながら、落ち着くのを待ちます。

Yさんは、人との経験が僕との2回しかなく、アナルをいじられることにまだ慣れていません。
ですので、アナルを責めるにしても、僕は半分も力を使っていない状態です。
全力で責められるようになったら、彼女はどうなってしまうのでしょうね?
そんなことが気になり、お願いして数秒だけ本気で責めさせてもらいました。
彼女からは一言、 『…やばい』 、と言われてしまいました。

Yさんがイキ疲れてぐったりしてしまったので、拘束を外し、ベッドで少し休憩です。
目隠しをしているのもありますが、足にうまく力が入らないので身体を支えて、ベッドへ移動します。
幼子を導ているようで、上手に歩けないことが可愛らしく感じます。

休憩をして、少し元気になったら、Yさんから縄で拘束してほしいという要望があり、Yさんに縛り方を教えて頂きながら片足ずつ一本のロープで緊縛し、ベッドの頭側の支柱へそれぞれの縄を固定して、自分で足が閉じられないくらい開くようなM字開脚で緊縛しました。
Yさんは縄で縛られることへのフェチズムが強かったのですが、目隠し状態で緊縛されたせいか、縄酔いしはじめてしまいました。
縄酔いすると、縛られている縄をゆすられるだけで、何度も何度も絶頂してしまいます。
興がのって、ついついいじめすぎてしまいました。

両手は皮と鎖の手枷で、南京錠を使用して、頭上で固定します。
Yさんは拘束されることがスイッチの一つなので、悪戯心で追い詰めるように、 『片手が固定されちゃったね』 、 『ほら鎖の音が聞こえる?』 、 『Yが大好きな拘束される音だね』 、と言いながら耳元で鎖の音を鳴らしてあげると、それだけで身体を震わせて反応してしまいます。
もう片方の手を固定するときも、 『ほら鎖の音が聞こえる?』 、 『ベッドの柱にもう片方の手も固定されちゃうね』 、 『もう身動きできなくなっちゃうね』 、 『何されても逃げられらくなっちゃうね』 、 『この南京錠をされたらもう犯されるしかなくなっちゃうね』 、 『南京錠がカチって音がしたらまたおかしくなっちゃうかもね』 、なんて言葉責めしながら固定すると、南京錠の閉まる音と共に絶頂を迎えてしまいます。

もう既にできあがっているを通り越した状態なのですが、ここからまたアナル責めをはじめます。
アナルを刺激されることにまだ慣れていないので、Yさんの負担を考えて入れるのは指一本だけです。
内容は拘束椅子の時と同じなのですが、前立腺を5分責めたら精嚢を5分責める、というように、連続して同一箇所を刺激して、刺激に対する感度が落ちないサイクルで交互に責めていきます。
5セットほどしたところで、あまりにも簡単に何度も何度もイってしまうので、最後に少し強めに刺激して、何回連続でイケるのか試してみました。
Yさんがアナルでイク度に、1回、2回と数えていきます。
アナルでイク時は、腸壁周辺の筋肉が強く収縮して固くなり、その後脱力して熱いとろみのあるお湯のようにトロトロになるのでわかりやすいですね。
最終的にこのセットだけでも20回連続でイキ続け、最後の一回は今までで一番深くイキ果ててしまいました。

ここまでで5時間近く責めていたので、Yさんの体力も尽きかけており、緊縛をほどき少し休憩します。
休憩中も、大きなメスイキの余韻が抜けきらず、身体をびくつかせていたので、スイッチを切るために、アナルセックスをしました。
Yさんのアナルはきつく、挿入した直後はアナルが軋んで痛むので、アナルがオチンポの形に馴染むまで、ゆっくりと会話をしながら待ちます。
アナルがオチンポの形に馴染んでので、最初はゆっくり、だんだんと早く犯していきます。
その犯している途中、 『生でされて中出しされたい』 、と要望があり、普段はセーフでしかしないのですが、この子なら病気を移されたとしてもいいか、と思いゴムを外して、生で犯しました。
『生のオチンポでアナルを犯される』 、 『そのまま中出しされてしまう』 、 『子供ができてしまう』 、と思うとメスとしての本能が深く呼び覚まされるのか、バックから突かれる度に何度も何度もメスイキし続けていました。
最後に中出しするときに、 『中でいっぱい出すよ』 、 『子供出来ちゃうね』 、と言いながら中出しすると、 『中でビクビクしてる』 、 『ご主人様の子供出来ちゃう』 、と言いながら身体を震わせてたのが可愛らしかったです。
今後、最後にアナルセックスをすれば、スイッチが切れるようになってくれるといいんですけどね。

中出しした精液を優しく掻き出して、きれいに拭いて後処理をしたら、首輪を外してスイッチが切れたのを確認します。
その後、シャワーを軽く浴びて二人で仮眠を取ります。
今回は腕枕をしてあげたのですが、寝ているときに幸せそうな顔で僕の腕をつかんでいましたね。
どんな夢を見ていたのでしょうか?

実はこの後に、寝ているところを襲ったり、ペニクリをいくらしごいても射精できなかったり、ベッドの上でYさんが土下座のような体勢で僕のお尻の下に手を入れて固定された状態でフェラとイラマをされたり、僕が亀頭責めされたり色々ありましたが、余談ですね。

僕がもう少し遅漏でなければ、口の中に射精してあげたりと調教の幅が広がるのですが、こればかりはYさんに大変な思いをさせてしまうのが申し訳なく感じます。
Yさんは目隠しをしているせいか、プレイ中の時間間隔がおかしくなるらしく、20分責められているのが5分に感じていたようです。
それだけ、夢中になってもらえたのであれば、責め手として嬉しい限りですね。

今回も付き合ってくださったYさんへ感謝です。
楽しいひと時をありがとうございました。
30
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕