ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

人妻風俗体験 RSS icon
※人妻・熟女系の風俗体験レポート

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 31
2019/04/22 23:03:14 (Y3LFnxbA)
50のサラリーマンです。妻とは、とうにレスで、ネットで知り合ったセ
フレも旦那の転勤で別れ、一昨日は家族も出掛けて居なくて、ちょっと悶々
悶々としてたんで、何年かぶりの風俗店に行ってきました。

以前に遊んだことがある人妻・熟女系ホテヘルですが、オキニが退店した
こともあり、しばらく疎遠になってました。

HPを見て、前から気になっていた嬢が出勤になっていたので、入電。
以前にも聞いたことがあるような女性の受付の声で、空き状況を聞いて、
全然大丈夫とのことで、行く時間・利用時間を伝え、駅の待ち合わせ場所に
に。
そこからラブホへはデリの車の送迎で、ドライバー男性から入電があり、
車の後部座席に乗り込むと、隣には今回お世話になる嬢が。
思いの外、小柄な女性で、顔が小さく、全身写真では、もうちょっと大き
いのかと思っていました。
手を繋ぎながら、ホテルまで送ってもらい、フロントで部屋を選んで入室。
室。

嬢が店に入電中に風呂やタオルなどの準備をパッパと済ませると、

嬢「あら〜、そんな悪いわぁ〜。」

と言われますが、時間が勿体ないだけです。
ソファーに並んで座って、普通に話していましたが、手を優しく触ってる
と、

嬢「ねぇ、キスしよ。」

と、嬢からおねだり。
来た!と思って、肩を抱き寄せ、ゆっくり舌を絡めながらキス。
もう片方の手で、服の上からも、オッパイを優しく触り、乳首辺りをつま
むと、ビクッとさせました。

嬢「あぁ〜・・・気持ちいい・・・上手ね。」

と言いながら、嬢も私のズボンの上から触ってきます。

嬢「舐めていい?」
私「まだシャワーしてないですよ。」
嬢「お兄さんなら、大丈夫。」

そう言って、私のズボンのベルトとホックを外し、ファスナーをずらして
きます。
私も、腰を浮かせて脱がせるのをアシスト。
ペニスが出ると、まだ小さい状態なので、丸ごと口に含み、舌でモゴモゴ
させながら大きくしていきます。
徐々に勃起してきて、裏筋舐めとか、妙絶なテクで完全勃起。
しばらくフェラで味わった後に、

嬢「すごく元気になったね。ちょっとシャワー行こうか?」

そういうので、お互い服を脱いで風呂場に。
嬢は50手前ですが、プロポーションが良く、大きいって程じゃないもの
の、張りのある手頃なサイズのオッパイでした。
嬢の手で洗ってもらい、浴槽に少し浸かって、出てベッドに。

先程は嬢からだったので、今度は私が嬢の身体を愛撫。
オッパイが感じるらしく、勃起した乳首を吸ったり噛んだりしたら、ビク
ビクさせてて、それだけで1回イッたみたいです。
アソコは、陰毛が適度に整えられ、指を這わすともうヌレヌレ。
指を入れて中をグリグリすると、

嬢「あぁ〜ん・・・いい・・・あぁ〜・・・」

と、感じてくれました。
指入れしながらキスすると、

嬢「欲しくなっちゃった・・・入れてぇ・・・」
私「いいの?」
嬢「うん。秘密にしててね。」
私「ゴム着ける?」
嬢「お兄さんなら、そのままでもいいよ。」

私は、ゴムが苦手なんで、最後は外出しするからと言って、生挿入。
締りとかは程々でしたが、ねっちょりまとわりつくような肉付きで、いい感
感じに気持ち良くて、嬢も2回くらいイッたかな?というくらいで私も出そうになり
そうになり、

私「出るよ・・・」
嬢「お口にちょ〜だぁい。」

と口を開けて待ってて、ペニスを抜くと、嬢の顔に跨り、ペニスを嬢の口に
に突っ込んで射精。
嬢は奥まで咥え、手で絞り出しながら吸い付き、最後は飲み込んでしまい
ました。

嬢「あぁ、美味しかった。ごちそうさま♪」

と言って、しばらく舐めていました。
まだ時間があり、

嬢「まだ出来る?」
私「うん、1回くらいは。」

嬢はニヤッとして、私を仰向けにしてフェラして大きくすると、上から乗
乗って自ら入れてきました。

嬢「あぁん・・・こっちもいい〜」

と、腰をグイグイ動かしていました。
また、この腰使いが上手くて、凄く亀頭が刺激されるというか、動かしな
がら言う言葉もエロくて、何度も、

嬢「いい・・・オマンコいい・・・いっちゃうよ・・・あうっ・・・」

と言って、ビクビクさせ、しばらくしてまた動かしだし、私もそろそろと言
言うと、

嬢「いいよ・・・一緒にいこ・・・あぁ〜・・・」

というけど、嬢は腰をそのまま沈めてしまうので、中に射精。

私「あぁ・・・中で出ちゃったよ・・・」

と言いましたが、嬢は私の方にうなだれ、はぁはぁ息を荒立てるだけ。
しばらくして、

嬢「気持ち良かったぁ・・・中、出たねぇ・・・大丈夫よ。」
私「え、そうなの?」
嬢「リング填めてるからぁ・・・お兄さんだったら、出してほしかったか
ら。」

嬢は起き上がって、身体を反らせてゆっくり抜くと、アソコからドロッと精液
精液が出てきて、嬢は指で拭いながら、少し舐め、

嬢「またいっぱい出たね。美味し♪」

と言って、しばらくして私のペニスを舐め上げました。

そこで時間になり、一緒にお風呂に少し浸かって、ホテルを後に。
また駅まで送ってもらい、着く間際にキスしてくれて、お別れしました。
1
2019/02/28 14:02:13 (GMjg0O2d)

もう15年くらい前の話、その頃は童貞ではなかったものの中々女性とそう言う機会がなかったので風俗をよく利用してました。ヘルスやイメクラ(店舗型)が全盛期で私は主に池袋を利用してました。

その頃は人妻系のお店は今ほど多くはなくまだ数店舗くらいだったような…

そんな中で確か『おいしい人妻』って名前のお店だったかな?(笑)そこで仲良くなったのが美和さん。30代後半の小柄な人なんですがバストはDカップくらいあり、ウエストやヒップも言う事なし。

美和さんは人気あるので予約がなかなか取れなかったですが毎回楽しく&気持ちよく遊んでました

そんなある日、いつも通り遊んでラストの素股の時に美和さんから『ここに入れてみたい?』と天使の囁きが!

ゴムないよ?っていうと『今日は大丈夫な日だから……入れたの?入れたくないの?』と騎乗位の体制でイジワルそうに見つめるちょっぴりSな美和さん。

『入れたいです、お願いします!』

『素直でよろしいチュッ』そのままゆっくり腰を落としながら眉をひそめ『あぁ〜おっきい』と卑猥な表情の美和さん。

今のデリのようにホテルを使うタイプなら思う存分エッチ出来るけど当時は店の中、声も抑えながらだし音もなるべく出さないようにするのは大変。

それでも美和さんは私の上で自分の気持ちいい所を探しながら時に激しく時にゆっくり腰を振っている、私も胸を揉んだり乳首をいじったり下から突き上げたりした。

しばらく騎乗位を楽しんで最後は正常位でというところでピピピ♪ピピピ♪と非常にも時間を知らせるタイマーが……

『あぁ〜もう少しだったのにね〜残念』

と体を離そうとしたら美和さんが抱きついてきて耳元で『お金半分出すから延長して…私これで上がりだしこんな中途半端じゃイヤ』

『お金は大丈夫だから延長して』

『ダメ、私が延長お願いしたんだから』

これを何度か繰り返しているうちに受付から時間過ぎてるよ!のコールが。

『すいません、お客様が延長したいと言ってるんですが大丈夫ですか?』と美和さんが受付に話し無事30分延長OK

さぁ!続きしよう…と少し小さくなったチンコをパクっと咥えて上目遣いフェラ

フェラで危うくイキそうなったので改めて正常位に…やっぱり美和さんのアソコは気持ちいい!美和さんの弱点の耳を舐めながらイキそうだと言うと。

『そのまま中でイッて…今日は大丈夫な日って言ったでしょ!』もう夢中でDキスしながら美和さんの中へおもいっきり射精しました。

チンコを抜くと精子がめっちゃ出てきてそれを指ですくいながら『ちょっと〜出し過ぎ〜(笑)』と笑顔で言ってた美和さんに惚れました(笑)

2人でシャワーをを浴びて帰り支度をしていると『この後って時間ある?もし大丈夫なら○○○の喫茶店解る?そこで30分くらい待ってて、一緒にご飯でも行こう』と言われ予定あったけどそんなのキャンセルに決まってます(笑)

指定された喫茶店で1時間くらい待ってると美和さんが入ってきて『ごめんね〜今日の会計がなかなか出なくてさぁ〜』と笑顔でごめんのポーズ。

この後、ご飯食べに行って美和さんの体もご馳走になったのは言うまでもありません(笑)美和さんとはしばらくこんな関係が続きましたが旦那さんの転勤で地方に行く事になって終わりを迎えました

今回、美和さんの事を書いたのは実家に行った際、自分の部屋を少し片付けていたら当時美和さんから貰った名刺が出てきて懐かしくて…つい。

でもそんな思いでも嫁からの『何してるの〜?そろそろ帰るよ〜』の一言で現実に引き戻されましたけどね(笑)

2
2019/02/18 23:20:10 (X1ioKhBs)
三か月ほど前、溜まってたし
オキニのデリヘル呼んでセックスでもしようと思っていた
ラインでオキニに確認してから店に電話するパターン
休みなら店外でもありだった

「ゴメン、女の子の日になっちゃった」短いラインが届いた
俺は我慢できなかった(のんちゃんゴメン!)
店の他の子を呼ぶことはしてなかった俺だが
HPで同じ店に最近入ったミホが目に入った
B82、W54、H78
細身で俺のタイプだった
顔は美形陸上アスリートに似た感じだった

「初めまして ミホです」
恥じらいながら部屋に訪ねてきた子を見てキュンとした
「俺、ミホちゃんとセックスしたい」
少し、緊張と静寂

「私、介護の仕事していて生活に困っているんです」
「また、私を指名してくれるのなら…」

女の子の話は信用するか否か個人的なもの
人妻店というがバツイチだというミホ
ぎこちなく、丁寧なフェラ
中立ちくらいでゴムをして挿入
キツイ、かなり締まる!
気持ち良く中で果ててしまった

「ゴメンね」と抱き寄せてベッドで囁く俺
「お客さんとは…初めて」と言うミホの唇を奪う俺だった
「俺のこと、好きになって欲しい…俺は、またミホを指名するから」
そう言って三か月が過ぎた
俺は仕事の忙しさからミホを呼べずにいた 嘘つき と言われても仕方な
いよな…


今日、午後から休みをもらった
スマホが調子悪くて機種変も兼ねた休みだ
ネットで出勤情報を覗いて見た
11時〜18時の勤務だった
店に電話し15時から90分で予約した

市内では最高級クラスのラブホテル
俺の名前とホテルで「あ!」って思ったと
ドアを開けた時のミホの笑顔

初めて逢って「また、呼んでね!」と言われてから三か月
「詐欺だと思っただろ?」と聞く俺に
「また、逢えたね!」と抱きついてきてキスをしてくれた

介護職の話は嘘か否かわからないが
「この仕事をしないと生活がきつくて…」と言う
シャワーを浴び、お風呂に一緒に入って触りあい
「タカハシさん、ベッドに連れて行ってください」と

お互いベッドの上でも触りあって気持ちいいし
舐めてもらったのだが、やっぱり詰めがイマイチ

「ミホ!教えてやるから、俺の言うとおりにしなさい!」
「はい!教えてください」
フェラと素股で男が喜ぶ仕草を少しアドバイスしてやった
3
削除依頼
2019/01/27 14:19:22 (YowD1fr8)
2か月に1回程度、出張に行くのですが、同僚が居ようと夜は一人。
うちの会社は、出張先のホテルは自分で取って、いくらのホテルであろう
と宿泊手当が定額で決まってるので、同僚は浮かせるために安いシングル
ルーム。
私は、夜のお楽しみの為に、セミダブル。

食事が終わって同僚と別れると、事前に予約済のデリヘルに部屋番号を伝えて
えて、ホテルの浴衣に着替えて待ちます。
私が利用するとことは、ほとんど人妻・熟女系で、40代以上がお目当て
て。
しかも、夜9時以降に出てくる嬢は大概バツイチとかの独り身。
優しく攻めれば、例外なく最後までデキちゃいます。

一昨日は、久しぶりの一人出張で、年末のボーナスもあったので、奮発し
てシティーホテルのダブルルームでの泊りコースをオーダー。
11時に先ずドライバーさんが来ました。
泊りコースはドライバーさんに支払いとのことで、料金を渡して帰ると、しばらくして
しばらくして嬢が来ました。
HPのぼかし写真で想像したのと大して違わない雰囲気の、50歳の、ちょっとふくよかな
ちょっとふくよかな巨乳嬢。
顔は有名人で言えば、ちょっと老けたボン〇ーガールに出てた柴田〇咲と
いったところか。
嬢を部屋に招き入れ、サービス開始。

即尺コースをお願いしてたので、入ったらすぐに私の浴衣をはだけ、ペニ
スを咥えます。
嬢は咥えながらコートを脱ぎ、更にスカートも捲り上げると中はノーパ
ン。
無料オプションながら、本来は事前に言ってないとしてこないのですが、
即尺オーダーの客の大半は要求してくるからと、あらかじめノーパンノー
ブラで来たそうで、ブラウスのボタンを外すと、オッパイが露わに。しか
も乳輪もデカい。
Fカップあるオッパイで挟まれ、激しく上下されて、1発目はそのまま嬢の
の顔に掛けました。
指で拭って舐め取らせ、一緒にシャワーして流して、今度はベッドでサー
ビス。

オプションでお願いしていたバイブを出してもらいますが、嬢は他にもお仕事
仕事バックに入っていたローターとかも出して、これは個人のという手枷
足枷も。

嬢「これで、拘束して」

といって渡され、M字開脚状態で両手両足を拘束。
その状態で、先ずはローターでゆっくり乳首〜クリを刺激。
次にバイブをアソコに差し、出し入れします。
感じてビクビクするたび、オッパイが揺れます。
逝きそうになるところを寸止めし、

嬢「も〜、いじわる〜」

と言うので、最後は指入れし、Gスポットをグリグリしてやると、ビチャ
ビチャと吹きながら逝ってしまいましたが、一度逝かせたらお終いではな
く、次々逝くのを見たいので、続けて掻きまわし、

嬢「もう、許して・・・」

と言わせるまで、責めていました。
ハァハァ言ってるとこを跨って、ペニスを咥えさせます。
しばらくして、

私「チンポ欲しいか?」
嬢「はい・・・入れて下さい・・・」
私「そうか。生チンポがいいのか?」
嬢「・・・」
私「ゴム着けたほうがいいのか?」
嬢「・・・生で・・・お願いします。」

私は、生で嬢の中に入れようとしますが、焦らしプレイで、すぐには入れ
ず、クリに擦りつけたりしていると、腰をくねくねさせ、自ら入れようと
していました。

嬢「はやく〜・・・入れてください。」

その言葉を待って、奥までブスッと差し入れると、

嬢「ああああーーーー!」

と声を上げていました。
指入れで、ミミズ千匹の膣ってのが分かったので、先ずはゆっくり出し入れしたり
れしたり、奥に突いた状態でじっとしたりして、中の感触を味わいます。
嬢も、「はぁ〜・・・」と中に入ったペニスの感触に浸っているようでし
た。
徐々にピッチを上げ、私もそろそろ逝きたいと思って、

私「中・・・出すぞ。」
嬢「(店には)言わないでね。いいから、いっぱい出して。」

と言ったので、嬢の奥に放出しました。
しばらく入れたまま抱き締め、キスして抜くと、ドロッと中から出てき
て、その状態をスマホで撮りました。
嬢も拘束されたままで、スマホのほうを見つめていました。
手枷足枷を取り、しばらく腕枕でマッタリしてると、お互いうたた寝し、
気付くと夜中の2時。
嬢も気付き、

嬢「寝ちゃったね。」

と言って、私の乳首を舐めてくると、ペニスもムクムクしだして、また咥えてきました
えてきました。
再び勃起し、今度は2人とも浴衣を羽織り廊下に一緒に出ました。
監視カメラのないところで嬢の浴衣を脱がせ、そこでまた咥えさせ、そし
て四つん這いにさせてバックから挿入。
声を押し殺した状況で、再び中出し。
抜いてM字に座らせ、中から出る精液を、指で拭って舐めさせ、嬢だけ全
裸でエレベーターまで移動。
そのままエレベーターに乗り、ランドリーコーナーのあるフロアまで移動し
し、コインランドリー前で咥えさせ、またそこでハメて3回目の中出し。

部屋に戻り、また眠気が戻り、次に起きると5時頃で、迎えの電話が鳴り目覚
目覚めました。
しかし、嬢は眠いからそのまま居たいとのことで、お仕事セットを渡し
て、ドライバーさんが帰り、私とチェックアウトまで居ました。

結局、再び起きたのは8時くらいで、私がトイレにいきたくなって起きて行
行こうとすると、嬢もついてきて、

嬢「お口に出して。」

と言うので、バスタブに入り、嬢が屈んで口を開けるので、私はそのまま嬢
嬢の口の中に放尿。
全部ではないものの、ごくごくおしっこを飲んでいました。
私も嬢がしたいというので、出すところを見てやりました。
どうも、昔付き合ってた男性(セフレ)がド変態で、いろいろ仕込まれた
そうです。
服を着てモーニングを食べに行き、10時ギリギリまで居て、どうせ今日は
は直帰だったので、そのままデート。
近くの観光スポットを案内してもらい、ランチした後にまたラブホに。

私「もっとイジメてやろうか?」

と言ってやると、組んでいた腕を更に強く掴み、黙って頷いていました。
当然、寒い中の移動でトイレに行きたい状態だったので、浴室に行きタオ
ルで後ろ手で縛って洗い場に座らせ、顔はおろか、頭の上にも掛け、髪の毛
毛もビシャビシャに。
嬢を立たせ、

私「お前も出せ」

と言って、立ちション状態のところ、私は下に潜り込んで、私も頭から浴びました
びました。
2人ともオシッコまみれの状態でベッドに移動し、顔などを舐めながら合
体し、また中に出しました。
私が指ですくって舐めさせ、残った精液を潤滑油にしてアナルに指入れ。
意外にもこっちも感じるようで、更に枕元にあったローションを塗ってア
ナルにも挿入し、窓際に行って窓全開状態でバックから突き、眼下の通行
人に声を聴かせながらアナル中出しでフィニッシュしました。
抜くと汚物が付いてたので、流石にお掃除フェラとはいきませんでした
が、そのまま浴室に行って、シャワーで綺麗にして、ゆっくり湯船に浸かって
かって、お別れしました。
また、ここに出張に来る時、個人的に呼んでと言われ、連絡先交換して再
会を約束しました。
4
2019/01/21 18:24:02 (vL06vyRO)
格安の人妻ソープ巡りが趣味だったころ、格安店の位置だ
け把握し、着いてから写真みて決めるという一期一会的な
出会いがマイルールでした。パネマジに苦しみながら、当
り外れを楽しんでいました。

お盆の時期どこも受け付けていないという状況だった時が
ありまして、最後の候補店に行くと一人すぐ案内出来る子
いますよーとの事。180分コースを選び案内されて顔を合
わせると「あっ、」3か月前に会った茶髪で30代後半の嬢
でした。マイルールが・・・
部屋に入るまで無言。ドアを閉めるなり「また御指名あり
がとうございます」と笑顔。「どうもお久しぶりです」と
回答したら、「やっぱりあの時のおにいさん!?」と嬢も
覚えておりました。その嬢とは愛撫中、愚痴を聞いてあげ
るという謎プレイをしており自分は良い印象が無いという
点で覚えていましたが、逆に嬢は愚痴も聞いてくれて、イ
ク寸前で焦らすという私の事わかってくれる!?と謎解釈
で好印象だったそうです。

個人的には嬢の反応を見ながら愛撫してテクを磨ければ良
かったので話を合わせ「また会いたかった」と言いながら
押し倒し、キスをしました。小鳥キッス、ベロチュウとして
行き、ソープではあんまりさせてもらえない下着を剥ぎ取
っていきます。剥ぎ取った下着の匂いを嗅ぎながら、嬢を
恥ずかしめていきます。

5
1 2 3 4 5 6 ... 31
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

 投稿文は全角34文字で自動改行されます。 # タグ使用不可
削除パス()
投稿ミス募集の締め切り等のご自身の不注意や都合による削除依頼はお受けしておりません。削除パスを設定してご自分で削除下さい。
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM