ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

人妻風俗体験 RSS icon
※人妻・熟女系の風俗体験レポート

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 23
2017/08/12 16:29:37 (6mDHVT/w)
○前段(誰かの真似?)
ホテヘルK子さん(五十路後半〜六十路)、今まで少しのわがままなら色々聞いてくれていたので、ずっとK子さんで遊んでいた。アナル生入れ中出しも初めて経験させてくれた(もちろん店には内緒で)。しかし毎回お土産持っていってた事について「お土産に金使うならプレー代に上乗せしてよ」 なんて…。定期の料金に上乗せして、ホテルの風呂場でシャワーヘッド外して水流をアナルに突っ込み目の前の排便を観賞するプレーとその後のアナルに生入れプレーにしばらくはまった。そして、K子さんが店を移った際は連絡が来て、移った店に指名の電話をしたら熟女着衣尻フェチの私を喜ばそうとパンツスーツ姿でホテルの部屋に来てくれた。着衣越しの尻に顔を埋めいつまでもスリスリしていた。もちろん排便プレーやアナル生入れも、基本プレー料金に上乗せしてしっかり堪能

○最近
別の店のNさんを指名、店にTELで確認したらオプション料金無料。二時間で20KだったのでAプレー可能のNさんを指名した次第。即尺に近い形のおしゃぶりしてもらって入浴タイムの時、アナル生入れ中出しの願望を伝えたら、掃除しなきゃならないから先上がってて。えっ?掃除って?って聞いたら中に詰まったものを出すと言いながらシャワーヘッド外したので、みたいです!って言ったら、外したシャワーをたち座りの状態から何度も自分のアナルに水流を突っ込んでは活きんで排便を見せてくれた。その後ベットの上で気持ち良いサービスをしてくれた後、最後はバックで生入れピストンし生中出しさせてくれた。

しばらくはK子さんよりNさんにはまりそう。
1
2017/07/24 18:39:00 (xkAO/zPu)
人妻店で働いていたミナ
細くて胸は大きくて人妻店なのに未婚だった
「年齢的に人妻店かなぁ〜」ってことで働いていたが
店の経営は悪化し、ミナを含めた女の子が退店
それで店も閉めることになったと聞いた

ミナは他店で働いていることもメールで知っていたし
ただ、シフトが夜の遅い時間帯となって、呼べずにいた
一年が過ぎ、ようやく先日呼んでみた
驚かせようとミナには内緒で…
たまたま、その日は比較的早い時間帯から24時までの勤務
俺は呑み会の後に抜け出し、22時30分から90分で予約

ホテルの部屋に尋ねてきたミナは本当に驚いていた
お互いに近況報告のようなお喋りをした
前の店のお客さんには内緒にしていたのに呼んでくれているとか
前の店のドライバーに指名されたとか
「写真を見るとミナだって分かるよ〜」
「そうかなぁ〜」なんて会話になった

シャワーを浴びてベッドに行って再会のキス
相変わらず受け入れてくれるキスは恋人同士のようだった
それからはしばらくミナに身体を委ねて舐めてもらうと
「あの頃よりもフェラ上手くなったよ!」って
確かに上手くなってたし、ベッドの上で動きながら舐めてくれた

俺とミナは既に身体の関係にあったため、その日も普通にセックスをした
挿入しようとすると、なかなか入らない
「久しぶりだから…」と言っていたが
いざ挿入して腰を動かすとミナが小さな声を出しながら感じ始める
「あっ、ダメっ、あ、あっ…」
顔を赤らめて目を開けると涙目になっていた
「ごめんダメだった?」慌てて抜くと
「どうしたの?」
「ダメって言ったから」
「あ、無意識…とても気持ちよくて…本当に久しぶりだったし」
ゴムを外してミナがフェラで再び元気にしてくれた
「素股だって上手になったから、やってみる?」
ローションを塗って騎乗位素股を始めると
ムクムクと元気になってきた
「今度は私が下になるから」
正常位素股で気持ちよくなるんだが、やっぱりマナのアソコに入れたい
「やっぱりセックスしたい」
「ローション塗ったし、外に出してくれる?」
「大丈夫、前も外で出してたでしょ!」
ギンギンになった俺のをマナのアソコに挿入すると
また「ダメっ、あぁ…」とカワイイ声で鳴いている
胸がプルンプルン揺れながら、綺麗な顔を赤くして泣きそうな顔してた

15分ほどで俺も果てた
マナのヘソにたくさん精子を吐き出し、そのまま2人で抱き合ってキス
「よかった…久しぶりに会えたし、凄く気持ちよかった」
そういうマナが本当に愛おしく感じた

シャワーを浴びていると
「この後、私はこれで仕事終わりだけど…久しぶりに飲んじゃう?」
断る理由もなく、マナの指定したコンビニで待ち合わせ
手を繋いで以前も利用した焼き鳥屋で再会を祝して乾杯!

「この後、エッチしたい」
「ダメ!」
さっきのダメとは明らかに違いました(笑
2

(無題)

投稿者:弘幸
削除依頼
2017/07/17 09:17:39 (D8ryJzVI)
つくばのデリヘルでめちゃ安かったので
家に呼んだらめちゃめちゃデブでチンポも立たなかったよ
1時間¥4,500じゃ仕方ないかなぁ(笑)
3
2017/06/20 05:33:09 (9/YTacXp)
ある県営団地近くにある喫茶店、ここへ通うようになって1年が過ぎた。
俺30代、会社の転勤で団地近くのアパートに越してきた。
週に1、2回だが夜遅く家に帰っても食べるものがないときはここで夕食
を取る。
そして休みの日はぶらっとモーニングを食べに来る。
たまに店主のおばちゃんと世間話をする程度だったが、先月「あんたここ
で人妻を探しているのかい。」と言ってきた。
「え、何の話?」と聞き返すと「知らないで来ているのかい。」と言う。
話を聞いてみると喫茶店の2階で団地の人妻が小遣い稼ぎで体を売ってい
ると言う。
おばちゃんは1年以上通ってくれた俺に話してくれた。
年齢は30代から40代、運がいいときは20代もいるようだがおばちゃ
ん次第。
客の要望でおばちゃんが人妻に電話をして、都合のいい人妻がいたら来る
ようだが所詮人妻、気分や旦那や子供の都合もあってどの年代が来るかわ
からない。
今までの世間話で俺が独身だとわかっているおばちゃん、「どう、人妻だ
けれど呼んでみる。」と言ってきた。
「人妻だからゴムは着けて貰わないといけないけれど、所詮素人初々しい
よ。」
「へえ、いいの、だったら呼んでよ。」と、さっそく電話をしてもらっ
た。
厨房の奥で聞こえないように話をしている。
一人目二人目は都合が悪く三人目が来ると言ったらしい。
「来たら一緒に2階へ上がっていったらいいよ。」と言ってくれ年齢は
30代後半俺より年上らしい。
30分ほど待って女性がやってきた。
人妻を紹介してもらい一緒に2階へ上がった。
想像していたよりもきれいで、笑顔がかわいい女性だった。
2階の部屋にはすでに布団が敷いてあって、準備のいいことだ。
「シャワーはいい、私は家で浴びてきたけれど。」
「ああ、君さえ良かったら。」
「そう、だったら早く裸になって。時間は1時間なの。部屋が一つしかな
いからだれかお客が来たら、、」
「ああ、、わかった。」
「ごめんね、お客なんて言ったりして、でもどうせなら楽しもう。」
彼女は着ている物を脱ぎ脱ぎ話してくれた。
旦那は出張中、子供はいるけれどちょっとだけお友達の所へ行ってくるか
らと出てきたらしい。
俺がパンツ1枚になったところで「そこまででいいわ。お布団に寝て。」
と言ってきた。
彼女の姿はブラとショーツ姿。
「この先は私に脱がさせて。そして私の下着はあなたが脱がして。」
これもシチュエーションなのかワクワクしてきた。
仰向けで寝ていると彼女が覆い被さってきた。
キスをされ胸を舌で這い、それがだんだん下へ降りてくる。
そしてパンツ越しに一物を握られ、もうその時は俺はマックス近くになっ
ていた。
そしてパンツに両手がかかった時は自然に腰を上げていた。
「立派なものを持っているじゃない。嬉しいわ。」
(旦那の物と比べてどう)と聞こうとしたがやめた。
彼女の舌が亀頭を舐め、根元まで舐めると一気に口の中へ入っていった。
(ああ、、温かい。しかも気持ちいい。)
風俗に行ったのは3ヶ月くらい前で、プロだと早くいかせてやろうときつ
く唇を窄めて指で扱いてくるのだが彼女はソフトだった。
「ねえ、私の下着も脱がして。」
彼女はそう言うと布団の仰向けに寝た。
俺も彼女同様覆い被さりキスをした。
その時舌を彼女の中に入れてみたが、彼女も舌を絡ましてきた。
そこで俺ももっと絡めディープキスになった。
その間ブラの上から胸を揉み、ブラを押し上げて直接揉んだりもした。
彼女の右手は常に俺の一物を握っていた。
俺は口を彼女の耳に当て舌を這わした。首筋を舐めついに乳房に到達し
た。
乳首を吸おうとしたとき、「あまりきつく吸わないで。キスマークが出来
ると困るから。」と言われそこそこ吸った。
いよいよ彼女のデルタ地帯に来た。
彼女も意識したらしく目を瞑っている。
まずはショーツの上から撫でると「ああ、、」と声が聞こえた。
そしてショーツの中に手を入れると、(、、、、)なかった。
何度確かめてもつるつるで「私小さい時から生えなかったの。」と言って
くれた。
「だから友達とお風呂に行くのが嫌で、今は平気なんだけれど。」
そう言って彼女のショーツに手を掛けると自分から腰を上げ脱がすのを手
伝ってくれた。
彼女の股間を見ると割れ目が一筋。
子供を産んだとは思えないまだ処女のようだった。
「脚を大きく広げて。」と言うと恥ずかしいのか目を閉じて脚を開き始め
た。
人妻と子供を産んでいるのでピンクまではいかないが奇麗な割れ目だっ
た。
ついつい舌を這わせていると彼女の手が私のお尻を触り引き寄せてくる。
「私の顔を跨いで。」と言われ、彼女は俺の一物を咥えてきた。
あとは本能の赴くままお互いの性器を舐め合っていた。
そしていよいよ来るときが来た。
「お願い、聞いているでしょ。コンドーム着けて。」
と言われ寝ていると彼女がつけてくれた。
俺が上になり彼女の脚の間に入った。
一物を持ち彼女の割れ目を撫で、そして入れていった。
「ああ、、やっぱり大きい、、」
と言った彼女の心には旦那よりと言う気持ちがあったような気がする。
ピストンをすると彼女に脚が俺の腰に絡み、俺に首に手でしがみ付いてき
た。
「ああ、、いいわ、こんなの久しぶり。」
そう言ってよりきつくしがみ付いてくる。
そこで俺はスパートをかけた。久しぶりの女性の中でいった。
時計を見ると15分過ぎていたが彼女の顔は笑っていた。
「ねえ、今度来たらいろいろな体位してみたい。」と言って帰っていっ
た。
1階へ降りると誰もお客がいなくおばちゃんが「よかったでしょ。」と言
い、俺は頷いた。




4
削除依頼
2017/05/31 00:22:10 (0sxYBUtY)
出張先のビジホで熟女デリ。
片田舎でデリヘル嬢を呼んだ体験。
我慢できずにお願いしたら、即OK。
ゴムを持ち合わせてなかったので、
生チンをぶち込んだ。今から考えると
かなり勇気のいる行為。
でも、たいていの人妻は本番に応えてくれる。
5
1 2 3 4 5 6 ... 23
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

 投稿文は全角34文字で自動改行されます。 # タグ使用不可
削除パス()
投稿ミス募集の締め切り等のご自身の不注意や都合による削除依頼はお受けしておりません。削除パスを設定してご自分で削除下さい。
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕