ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

人妻風俗体験 RSS icon
※人妻・熟女系の風俗体験レポート

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 22
2017/05/08 14:11:01 (C02FR7PD)

40代から50前半のデリは最高

狙うのは綺麗な女より少し体型が崩れてそうな女

指名が少ないから初めてのお客にサービス満点です。

友紀という45歳(実際は48歳)の人妻

パチンコでちょっとお痛したらしい

細目で少し垂れたおっぱいながらサイズはおっきいし凄いサービスも濃厚

フェラも的確で丁寧で「おっきいね」と笑顔

おっぱいを舐めたら凄い敏感ですぐアソコが濡れている

あそこを撫で回して、友紀は俺のを撫で回して見つめると「する?」と友紀から

「いいの?」と聞くと「うん、若いし元気だし」と言われて勿論ゴムは着用

ヌルつく中はとろけていて「気持ちいい!凄い!」と感度抜群

「イクッ!」と何度も仰け反る友紀に発射

「気持ち良かった」と友紀も満足していた。


「ねえまた呼んでね」と言われて、友紀を指名して60分

二回本番してイチゴなら満足

それを繰り返すと半年後に「あたし辞める」と


「寂しくなるね」と話すと「ねえ…良かったらあたしと時々合わない」と向こうから

そして月一、二回イチゴで会ってます。

そしたら「着けなくていいよ」と直に入れさせてくれるようになり、そのうち「出していいよ」と中へ

「大丈夫?」と出してからですが聞くと「多分」とピルは飲んでない

だけど直に出せるのはお手頃で、毎月会っている

「今日危ない日なんだけど」といいながらも俺を挟み込み注がせるいやらしさ

ギャルより熟女が流行るのはこれだなと感じる
1
2017/05/05 09:13:35 (XBNZ5h6V)
「入れたい」と言ってはいけません デリヘルは本番行為は禁止です。

くせ毛は、嬢を口説きます
事務的に処理されるのは大嫌いだから
逢って気持ちの良いエッチをしたい!
人妻店なら確率も高いのではないでしょうか?

年齢も近く、会話も弾み、テクは流石に人妻さんです
旦那とはレス、シンママなどが在籍しているので
そういう行為に対して、客がタイプ以外でない限り可能性は大です

初めて逢った時、お喋りしまくり
嬢の良い所を徹底的に褒めます
くせ毛がどうして風俗を利用するのか?まで曝けだします
シャワーでは手をだしません
我慢、我慢です
くせ毛は、そういうガツガツしていない男だと理解してもらいます
ベッドインしてキスする時も口説きます
「綺麗な女だなぁ〜」←コレ言われて嫌な女性はいないハズ
「今度、また、指名してもいい?」
「まだ、何にもしてないよ〜」って笑ってくれたなら〇ですね
フェラしてもらっている時も、とにかく口説きます
素股している時に「ゴムつける?」って言ってくれたら完璧です
最初は嬢に挿入してもらいましょう
合意のうえでのエッチなら罰金もとられません
また、二度目に逢うのは出来るだけ日をあけないようにします
くせ毛のことを強く印象に残しておきたいのもありますが
くせ毛は、純粋に嬢が愛おしくて逢いたいだけなので
そんな子が、くせ毛に身体を委ねてくれるなんで幸せです


なお、くせ毛は「チップありなら…」なんてNG!です
金がもったいない訳ではなく、誰でもOKする嬢は逆に怖いです
逆に「子どもにお菓子でも買ってあげて」と数千円あげるヤツです

オキニも気心が知れてくると、いわゆる店外で逢ってくれたりします
ランチデートや居酒屋など身体の関係ではない感じで逢います
ゴルフをした後にホテルという流れもありました
女性はいつまでも綺麗で愛されていたいという願望があります
そこをきちんとくみ取って、褒めてあげる・癒してあげると自分にも必ず
見返りはあります

くせ毛はベッドでラブラブした後、髪の毛がグチャグチャになります
嬢が返った後、一人でシャワーを浴びて髪の毛を整え、会社に戻ります
2
2017/04/17 20:57:13 (b/k5U.uc)
裏風俗バイトしてる女がいる店が
あります。
しかも、複数の女がいて、好みに
応じて選べるんです。

その店に通い始めて半年が過ぎた頃
ママに「いい娘居ますよ、お客さん
常連さんだから、これでいいわよ。」
と、二本指を立てて誘ってきました。
僕は「どんな子がいるの?」と、
その気がありそうなそぶりを見せると、
ママは傍にいた40歳位のスリム美人と、
20代後半くらいのぽっちゃりした若い子
を指差して、「どちらでもお好きなほう
を選んでいいわよ。」と言いました。
僕は、細身の年増好きなので四十路を
指名しました。

契約成立で彼女に連れられて店の2階
に。そこには既に煎餅布団が敷かれて
いて、いつもここで客を相手に売春し
てるんだとおもいました。

彼女は慣れた様子でそそくさと服を
脱いでブラと下着だけになり、布団
にもぐりこみました。僕も脱いで
布団に入ると、抱き合いました。
彼女のからだがすごく暖かくて気持ち
よく、しばらく抱き合ったままでいま
したが、ディープキスをして舌と舌を
絡ませ合うと僕のちんぽは急速に膨張
していつでも突入OK状態に。
彼女がお口で咥えてくれて、ものの1分
も持たずに彼女の口の中で弾けてしま
いました。
「若いわねぇ、こんなにも」と口を
半開きにして僕の注いだばかりの
ザーメンを見せてくれました。

僕は勃ったままのちんぽをしごいて、
彼女を強引に押し倒して割れ目に
つなぎました。ズリュッと一気に膣奥
まで貫き通して、間髪を入れずに抜差
ししていました。もちろん、生でした。
再びたまら なくなって、一気に奥まで
突き入れた瞬間、僕は中で弾けていま
した。

2時間で3回中出ししました。
彼女は、中に出されてショックだった
みたいでしたけど、僕の野獣のような
性欲に免じて許してくれました。
それからそのスナックにはいつもの
ように通っています。買うのは月に
1回くらいかな〜、安月給では月1が
関の山です。

でも、最近、嬉しいことにママが
タダでさせてくれるようになりました。
ママは五十路前半でいい女です。
四十路の彼女に僕のこと聞いて、興味
を持ってくれたようです。
ママは月1でさせてくれます。四十路の
彼女と月1ですから、月に2回のセックス
にありつきました。しかもそのうち1回は
ママとタダで。

ここには当分通い詰めることになりそう
です。
3
2017/04/15 23:20:45 (N/HXICrr)
私は県内南の方に住んで居ます。その日は北部のデリヘルがいいとのことで、人妻デリヘルをわざわざ1時間かけて運転し、ホテルへ入り待機していました。

ガチャっと扉が開き、こんにちは。サキです。と、名乗り顔を上げた瞬間に私も嬢も言葉を無くしました。

何故か?それは昨日援助で出会った女だったからです。援助してることは旦那には内緒で。と滅茶苦茶に犯した女だったから。

その女には当日忙しいから会えないと言われたばかりだったのでデリヘルを呼んだが、まさかこんな奇跡が起こるとは思ってなく超ラッキーな自分と、超バッドな女。

4
2017/03/14 08:50:28 (9lb/H0RV)
熟女デリに偶に行く。その日もネットでメボシをつけた56歳を指名してラブホの部屋で待った。テレビからは豊満叔母さんが甥っ子を誘惑し、アレやコレや散々してあげた挙句に騎乗位で腰を振りまくって低いうなり声を上げて喘ぎまくっている映像が流れ、テンションが上がってくる
「ピンポーン」ドアを開けると茶髪にド派手な化粧、ヒョウ柄の服をまとった熟女が入ってきた!ベッドに腰掛けて世間話し。胸は巨乳。触らせてもらうとすかさずズボンの上から股間を弄ってきた。「あら!大きくなって来てるじゃない!」と嬉しそうに脱がされる。嬢もワンピースとストッキングを脱ぐ。光沢のある紫色のスリップがエロイ。すぐさま前屈みになり半立ちのペニスを舐め回す。そのテクニックと妖艶な雰囲気にビンビンに‥「イヤラシイチンポ…こんなに硬くして」とジュルジュル音を立てながら根元まで咥えこんだ。スリップの下で重そうに垂れ下がる乳に手を差し込み、既に硬くなったデカイ乳首をいじり回す。「ねえ、強く摘んで〜」軽く摘むと「もっと強く〜う」。渾身の力を込めて摘み上げると「うう〜ん、感じる〜、もっともっと!」舌がより一層小刻みに動き裏筋を刺激する。ヤバイ、逝きそうだ!嬢をベッドに押し倒し、スリップとブラをひき下げると弾力を失った巨乳は横に流れるように垂れてしまったが、黒いデカ乳首だけはピンピンに立って存在感を示していた。おもむろにそのデカ乳首に吸い付いて、舐め回した。「オオ、うう〜か感じる〜〜!」甘噛みするとすかさず「もっと強く〜」こんなに強く噛んだら潰れてしまわないか…と思うくらいに強く噛みしめると「オオオ〜」と仰け反り腰をユラユラと揺らした。とんだ淫乱熟女だ!
5
1 2 3 4 5 6 ... 22
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

 投稿文は全角34文字で自動改行されます。 # タグ使用不可
削除パス()
投稿ミス募集の締め切り等のご自身の不注意や都合による削除依頼はお受けしておりません。削除パスを設定してご自分で削除下さい。
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕