ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

近親相姦体験告白 RSS icon
※初体験とその経過報告はこちら(経過はレス推奨)

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2020/07/12 16:54:01 (0S.r6gUt)
私がこんな書き込みや、正常な恋愛ができないでいるのは、過去の記憶が原因と思います。
 私は、父と母・姉と私の4人家族でしたが、父が酒癖が悪く母には暴力を振るいませんでしたが、
酔っているときは母にいつも暴言を吐いていました。

 結局、酒が原因で父は会社で問題を起こし失業状態となり、母の収入だけで生活するようになり、
やがて父は酒屋さんでお金がないのに借金して飲んでいたらしく、母と大喧嘩になり母は実家に帰ってやがて離婚して、
母の実家で生活することになりました。

 それから、私が小学3年生で姉が中学生になった時、母が仕事の関係の男の人と一緒になることになり、
実家を出て新しい生活をすることになりました。

 当初、私はその男性と一緒に生活するのが嫌だっのですが、姉も「しかたない」といって新しい生活を始めました。
それから、3年ぐらいして姉の中学卒業の時、母が乳ガンであることがわかり、
新しい父が保護者として卒業式に出てくれました。
このときから私達は、新しい父を受け入れることになったように思います。

 母は病気が進行していると主治医の先生から余命まで宣告されました。
そして、母は宣告よりも早く天国に旅立ちました。
新しい父は、私達を励まして毎日明るく楽しい家族の雰囲気をつくってくれて
不安や悲しみも半分ぐらいの気分でした。
姉は、お母さんのようにお洗濯や台所・買い物などをして、私はお掃除とお風呂の担当でした。
父の会社は、私達のことを考えて出張などをしなくていい倉庫の責任者になりました。

 そういう生活をしているとき、その日は、祭日で学校は休みでしたが部活があり、私が朝「行ってきま〜す!」と言って家を出たとき、
忘れ物をしたので家に戻ったら玄関はカギがかかっていたので裏口から入りましたら、茶の間で誰かが抱き合っているような雰囲気でしたので
「誰なの?」と言ったら二人は離れたような感じでしたが、その時は忘れ物の方が気になっていましたので二人の関係に気が付きませんでした。
私は、もともと鈍感なのかわかりませんが、新しい父と姉の関係が大人になっていく段階で、少しづつ疑い始めました。
「あの時は、こうだった。なるほど・・・。」という感じです。
大人になって、二人の関係は普通ではないと思い始めたとき、二人が汚い人間に見えてきました。

 例えば、私が日曜や祭日の部活の時は、二人は必ず風呂を済ませていまし、ゴミ箱には変な匂いのする大量のティッシュがありました。
父の運転で姉と一緒に買い物に行ったときは、夕方や夜に帰ってくるようになっていました。
そして、決定的だったのは、お風呂の時、父が最初で次が姉、私が最後の順でしたが、その夜はどうしても好きな歌番組があったので、
姉に早く風呂から出るように言いましたら、姉は「何よ}と怒って出てきたとき、胸にいくつものキスマークがくっきりとついていました。
姉は「はっ」と思ったのでしょう。その夜は姉は、私とは全く口をききませんでした。

 それからは、父も姉もものすごく私に対する警戒感があり、家では不審なそぶりはなくなりました。
でも、その反対に外出や、二人は別々の理由ですが同じような日に外泊をしたりしていました。
そして、私は長いことチャンスが来るのを待っていました。父がどういうわけかカメラを買ってきてスタンドまで買って、
私にも自慢していました。ある時、父が出張?から帰ってきた翌朝、バタバタ仕事に行きましたので、バックからカメラを取り出してカメラ屋さんに行きました。
カメラをそっと元に戻して、翌日写真を撮りに行きました。

 私の想像は「ズバリ!」でした。まるで恋人のような写真ばかりでした。どこに行ったのかもハッキリわかります。泊った旅館もです。
私は、胸がドキドキしました。数日間、二人は私に口をきいてくれませんでした。

 それから私は、高校卒業と同時に、寮のある会社に家から逃げるように就職しました。
そして、私の最初の彼氏は、父親のような年齢の人ですが、彼から抱かれていると、時々、父と姉のツーショットの写真の場面が出てくるんです。
それからは、カラオケやスナック・飲み屋さんで息の合った男性と、関係をしていましたがいつも二人のツーショット写真がでてきます。
姉は、いい年ですが結婚していません。どうしようもない関係をいつまで続けるつもりなのでしょうか。
1
2020/07/12 16:07:39 (Z5TLoZf1)
母は若いころチアリーダーに入っていたらしく
とてもスタイルがよい。中学の悪友は遊びに来ると必ず、
「お前の母ちゃん美人だよなー
どんな○ま○こしてんだろなー」と言われて
それ以来、母としてではなく、女を感じるようになってしまった。

ある日、母から誘われてライブハウスのコンサートに行った。
中は汗と熱気でじっとりしていた。
母も汗でブラウスの背中が濡れていた。
スカートから白い太腿が下に伸びていた。
膝をくっつけても股間に近い太腿には
隙間ができる。私はその奥の下着に包まれた部分を想像して
しまった
ショーの最後に使用した品物をお客さんに投げるところが
があり、母も必死に取り合いに参加していた。
満員電車状態だった。母の前にタオルが投げ込まれ、キャッチ、
と思いきや後ろにいたオジサン?と取り合いに。
そのオッサンは母に後ろから抱き着くようにして「俺のだ!」
母も抱え込んで引かない。そうしているうちに
母が「きゃっ」短く悲鳴。オッサンの右手が母のスカートの中に
もぐりこんでいた。母は股を閉じて必死に股間を抑えていた。
私は母を助けようと股間のオッサンの手を引き抜こうとしたが
パンティーの中にまで入り込みモゾモゾ動いていた。
母は前かがみになり、股でうごめいている指が少しでも
自由にならないように膝をきつく閉じている。
「ぅッ」割れ目に達したのだろうか。息を詰まらせた。
私の手はオッサンの上から覆いかぶさるようになり
引きはがそうとする。でも母の柔らかい合わせ目の中で
必要にうごめき、その手の下に母のワレメに指が埋まっていることを
想像すると我慢できなかった。
ぁぁ・・
吐息が漏れる
不意にオッサンの手が抜かれたので私の手が母の股間に・・・
そこはすでに暖かく、陰毛はワレメに沿ってウェット。
ワレメからはみ出しているお豆は震えているようだった。
母は明らかに感じていた。
私はワレメの下の方から中指でなぞり上げながら指を抜いた。
母は股を更にキュッと閉じた。
私は指のにおいを嗅いだ。
恥ずかしい匂いがした。

その後は母泣いていた。
2
2020/07/12 13:43:26 (NHSO4csn)
私のエッチな好きは、業務課のスタッフにも知られて
「会長はベッドに入るのがお忙しい」と言われ、課長
と課長補佐の女性も今日はどちらかの部屋にお入りに
なっているそうなの、今日の昼食時に課長が彼女と
仲良く手をつなぎ、食堂に入る直前に手を離されてい
たのね見られていましたね、驚きはなく当然として
見られていたの、彼女のお顔は艶々してまだベッドか
ら出たばかりの様子だったの、私も人の事は言えない
立場ですし、さりげなく見ていたのね、業務課の女性
15人、男性15人、それぞれが関係を持っているのは、
お互いに知られ、ホテルの奥にある古い温泉は、私の
スタッフが混浴で入っているのね、そこはお客様には
教えてない祖父の時代にできた温泉ですが、一時期
お湯がでなくなった時期もあり、閉鎖していたらしく
東日本大震災でまた温泉が出るようになったそうです
が、現在は私の本部スタッフが入るだけなの、課長も
補佐の彼女と入っているみたいね。
3
2020/07/10 10:34:13 (.DTmoFsq)
シングルマザーになって15年娘と2人暮らしです。
娘は26歳の社会人。改めて子育てが終わたなぁと実感しています。

私と娘は欲求不満の解消にレズプレイをしています。
2人とも元々ノンケの異性愛者ですが、
些細なことがきっかけとなりレズプレイをするようになりました。

アラフィフの私の身体を娘は愛してくれます
最近では手マンで潮を吹くようにもなりました
こんなオバさんなのに私の女性器を愛おしいと言い
たくさん舐めてくれます。

私も娘の女性器を舐め、愛液を甘く美味しいと感じます
たくさんの愛液を溢れさせ快楽に溺れているイヤらしい娘…
26歳ですし、快楽を欲するのは当たり前ですね。

今夜は娘がペニバンを使って
私の女性器を喜ばせてくれるそうです

これを書いてるだで、おまんこが濡れてきました
4
2020/07/09 15:58:58 (IOEVjWG4)
1年余り前から、甥の哲哉が私の住んでいる県内に単身赴任してきています。
哲哉が赴任し始めたときに、うちにあいさつに来たっきり会うこともなかったのですが、
4月になって、緊急事態宣言となり、姉(哲哉の母)から心配だからと頼まれて、赴任先のマンションを訪ねることにしました。
32になる哲哉は、自宅のある関西に妻子を残したまま、正月以降、帰省するタイミングを失い、
おまけに、テレワークのためマンションに引きこもりっぱなしの生活でした。
私の旦那さまもまた、テレワークでうちにずっといて、うんざりしていたところに
外出のきっかけができて、少しワクワクした気分でその日は、出かけました。
甥とはいえ、若い男の一人暮らしの部屋に入るのは、何十年ぶり?、何も意識していない
わけではありません。部屋は、小ぎれいにしていて、でも少し男の匂いもしてたりして・・・
明るく迎えてくれた哲哉に、作ってきた食べ物を食べさせながら、不自由な暮らしを
強いられていることを思い、色々と話を聞いてあげました。
哲哉は、仕事上のオンラインで、ディスプレイ越しに人と接することばかりで、
久しぶりに生身の私とリアルに会って話せることが、嬉しかったようで、舞い上がっていました。
私の心の中では「哲っちゃん、ずっとアレしてないんじゃないの?」って聞きたくても聞けなかったところに
哲哉の方から、「エロ動画も見尽くしちゃってさぁ」とか、ポロっと言ったことに反応してしまいました。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
動画掲示板
画像で見せたい女
その他の新着投稿
?>
人気の話題・ネタ
ナンネット人気カテゴリ
information