ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

人妻との体験 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 7 ... 200
2019/02/18 19:43:00 (9ZiI6yQv)
毎年この季節になると、とある山間の旅館で、私と絹代が一晩を過ごすようになって17年になる。
絹代は7歳年上の52歳でブティックを経営、夫は絹代の8歳年上の開業医で、子供が2人いるが、絹代は子供を産める身体ではなく夫の連れ子だ。
私は車で、絹代はローカル線を乗り継いでやってくる。
毎年、どちらかが先に到着して相手の到着を待つ。
今年は私が先に着いた。
一年ぶりの再会に、心がときめく。

絹代を待つ部屋の扉が開き、絹代が入ってきた。
一年ぶりに見たが、やはり美しい・・・絹代はいかにも日本美人と言える美しい女だ。
やや小柄な身体を抱しめて唇を重ねると、絹代の匂いで男根が痛いほど勃起した。
「会いたかった・・・」
うっすらと涙を浮かべ、一年越しの逢瀬を喜んでいた。
絹代は私の前に跪いて、上目使いで私を見上げながら、ズボンのベルトを緩めるとズボンとパンツを脱がせた。
絹代の目の前に、勃起した私の男根がビヨンと跳ねながら露出した。
絹代は、両手で握るとゆっくり扱き、亀頭に頬を寄せて頬ずりを始めた。
そこに、若い中居さんが、
「お邪魔します・・・」
と入りかけ、事態を見て慌てて戸を閉めようとしたところで、年配の中居さんが、
「すみませんでした。まだ入りたてで事情をお伝えしていませんでした。どうぞ、ごゆっくりと・・・」
と言って戸を閉めた。
お茶を入れに来てくれたらしいが、毎年この時期に17年連続でやって来る私達の事を知らない新人中居だったようだ。

私達は風呂に入るために裸になった。
やや小柄な絹代は52歳になってもまだ張りを失わない肌で、腰回りや胸の肉づきも柔らかくしっとりしていた。
部屋についている展望風呂に一緒に入り、眺望を楽しみながら絹代を抱き寄せた。
柔らかな色白の柔肌を撫でると、身を預けてきた。
指で女陰を探ると、ヌルっとしていた。
「ああ・・・まだ・・・洗ってからにして・・・」
と言って身を翻した。

風呂から上がったら、畳の上に絹代を仰向けにして、足を開かせて女陰を舐めた。
湯とは違うヌルヌルの液体がいやらしい音を立てた。
「ああん・・・会いたかった・・・」
絹代も私の男根を握り、上体を捻って69になると男根をパクリと咥えた。
正常位に戻り、男根をゆっくりと挿入した。
ヌチャヌチャと愛液が淫らな音をたてた。
絹代は眉間にしわを寄せ、男根の抽送を感じていた。
男根が奥まで達するたび、
「ああ・・・」
と声を上げ、俺に抱き付く。
「あなた・・・あなたが入ってる・・・奥まで入ってる・・・」
「絹代・・・」
「あなた・・・あなたの精子を中に出して・・・」
毎年同じセリフを言い合うこの時間・・・
「絹代のオマンコに俺の精液をタップリ出していいんだな?今の旦那さんが愛用している絹代のオマンコに、今の旦那さんのチンポでドドメ色にされた絹代のオマンコに、俺の精液を注ぎ込んでもいいんだな?」
「出して、あなたの精子で孕ませて・・・」
絹代は妊娠できない身体で孕むことなど無理なのだが、中出しするという興奮、夫以外の精液を注がれる興奮、夫以外だけれども愛する男の精液が欲しい気持ちを絹代が伝えていたし、俺も、愛する絹代に遺伝子を注ぐ行為に興奮していた。
「絹代、イクぞッ!孕めっ!」
「来てっ!アアァアアァ〜〜」
ドックン!ドクンドクンドクン・・・・絹代の女穴の奥に精液を解き放った。
射精の時間が、やたらと長く感じられた。
6
2019/02/18 14:04:11 (ejkElL1.)
◯協の配達員5年目のバルです。

会員様からの注文頂いた商品を定期的に配達するのですがただ配達するだけではなくお客様とのコミュニケーション能力がとても重要な仕事なのですが、その分配達先の奥さまと仲良くなれる確率も高く仕事に無関係な話から誘われる事も度々あります。

仕事中にお宅にあがりこんで、何て言うことはありませんが「献立や食材のこととか色々話聞きたいからご飯行こう」みたいなお誘いはかなり頻繁に頂きます。

ハニートラップにも警戒が必要なので慎重に対応して間違いないと確信出来た奥さまからのお誘いだけお受けしてます。
それでも基本はお食事だけのお付き合いを貫き通します。
こちらからHな話を持ちかけたりHなムードに持ちかけたりは一切しません。

でも大半はお客様主導で誘われます。
自分は、学生時代から身体を鍛えていたのでそれなりにマッチョ体型であるから「胸筋触りたい」や「腹筋見せて」と言われ「ここで脱ぐ訳にいかないから」とやんわり断ると食事の後ほぼ間違いなくホテルへ誘われるのです。

その頃から保身の為にポケットの中に潜ませたボイスレコーダーで会話を録音します。
ホテルへ行くまでホテルへ行ってから別れるまでのやり取り全て、プライベートな時間とはいえ会社のお客様と深い関係になった事がばれたら間違いなく懲戒処分となるでしょうからせめて自分から誘ったのではない事を証明するためには必要なのです。

特に最近は、旦那さまの愛情に飢えた奥さまが増えているように実感してます。

「大丈夫な日だから」「ピル飲んでるから」と生挿れ中出しを好まれるお客さまが多いのにもビックリです。

7
2019/02/18 13:44:52 (/4IpKywu)
以前からこちらのサイトを覗き見しては興奮をしていました。実際にそんな羨ましいことがあるのか?と半信半疑に思いながらも股間を熱く膨らませていましたが、自分にもそんな体験が出来ましたので、興奮覚めやらぬうちに投稿しようと決意しました。幾分初めての投稿ということとこういった文章を書いたことがないので、駄文、乱筆はお許しいただけたらと思います。

昨日、とある飲食店で趣味仲間が集まるイベントがありました。普段はネットでの会話を楽しんでいたのですが、リアルに会って話しませんか?と言う仲間の呼びかけに対して16名ほどの男女が集まることになりました。趣味と言いましても至って健全でお互いのペット自慢をするといった集まりでした。年齢層も高くおそらく平均年齢は40歳ぐらいだったかと思いました。ちなみに私は45歳です。私の隣に座ったのが今回の話の中心となる女性ですが、彼女は27歳の既婚者でした。旦那さんが土日に仕事でまだ子どもがいていないということもあり、由美(仮名)さんが土日に寂しい思いをしないようにと旦那さんがトイプードルを飼ってくれたそうです。私もトイプードルを飼っていたこともあり、二人でそれぞれのワンちゃんのことについて話をして盛り上がりました。

イベントも終わり家に帰っても妻と子どもがいるだけだし、たまにこうして一人で過ごすのも良いかと思い駅前のコーヒー店に入りました。入り口からすぐのところに座ってコーヒーを飲んでいると、先程までご一緒させて頂きました由美さんが店内に入ってきました。その頃には店内が客でいっぱいとなっていました。私は店の入り口の方を見て彼女に向かって思わず手をあげました。すると彼女も私の存在に気付き近づいてきました。店員が彼女を私が座っているテーブルへと案内してご一緒することとなりました。コーヒーをすすりながら先程の話の続きをしていくと、「これからお時間ありますか?もしよろしければ私の家に来てワンちゃんを見ませんか?」ということになりました。私としては願っても無い話でしたので、彼女の家にお邪魔することにしました。

何と彼女の自宅は私が住む場所からあまり離れておらず、私が毎日ワンちゃんを散歩するコースの一部が彼女の散歩コースと被っていました。ただ散歩する時間が被っていなかったこともあり今まで遭遇することはありませんでした。私も自分の家が近くだと言うことを話をすると妙に親近感がわき二人の距離がぐっと縮まったような気がしました。家の中に入るとワンちゃんが彼女をお迎えしてくれました。リビングから走ってきて彼女の足元にくると嬉しさのあまりか尻尾を振ってジャンプして構って欲しいとアピールしていました。

「智久さんも入って。急なことでしたので飲み物しかありませんけどどうぞ。」

私は彼女の後に続きリビングにあるソファに座るよう言われました。彼女は「お着替えしてきますね。」と言って部屋を離れました。その間彼女のワンちゃんを膝の上に抱っこしてじゃれあっていました。彼女がリビングに戻ってくるとグレーのスウェットワンピに着替えてきました。ぴったり目のワンピだったので彼女のボディラインが服の上からもしっかりとわかりました。

「プードルちゃんは毛が抜けにくいけど、セーターだと毛が繊維の間に入ったりしてね。だから家ではスウェットが多いのよ。」
「わかります。私もワンちゃんとの触れ合う時はジャージが多いですから。」

とお互いの考え方もすごく似ていることでますます親近感を覚えました。彼女がキッチンに立ち飲み物を入れて来てくれました。私がソファに座り、目の前にあるローテーブルを挟んで向かい合わせになるように彼女は床に座りました。彼女のワンちゃんはよほど彼女のことが好きなのか、彼女が床に座ると私の膝の上からピョンと飛ぶと彼女の膝の上に行き彼女の顔を舐めようと前肢をワンピにかけて喜びを表現していました。その前肢がちょうど彼女のワンピの首元に引っかかり襟元から見えていた首がさらにその下にある胸、ブラジャーの一部が見えるような格好になりました。彼女はそのことには気づいていませんでした。ピンクのブラジャーがちらっと見えたことで私の股間は思わず反応してしまいました。
8
2019/02/18 00:43:09 (vaVJPsDY)
今嫁と付き合ってまもなくの頃、
自宅の勝手口を入った所で、どうにも我慢できず
壁ドンしてキスしてました。
近所の奥さんに勝手口の隙間から覗かれて
いたようで、何かの拍子にウチのお袋に
話したらしく、お袋にこっ酷く怒られました。
そこの旦那は今風に言えば「半グレ」で
真っ当な商売はしていたものの
経理を奥さんに任せ、女遊びをする人でした。
ある時その家の幼稚園児の娘「ユウ」ちゃんと
随分暗くなるまで遊んであげていて
奥さん「優子」がお礼にと家に上げてくれ
ジュースとお菓子をいただいてまったり
しながらユウちゃんとしばらく遊んでいました。
不意にユウちゃんが、自分の部屋におもちゃがあると
言って自分を連れて2Fの部屋に俺を連れて上がった時、
アルバムを持って来て見せてくれたのですが
そのアルバムには、優子と旦那のハメ撮り写真や優子が
旦那のチンポを咥えピースしてる写真、中だししたザーメンが
流れ出ている写真など、高校3年の俺には、超刺激的なモノ
ばかり。ユウちゃんには「しまっておこうね」と言って
元あった場所へ戻し、お菓子のお礼を言って速攻家に帰りました。
勿論、その日からオナニーのおかずになったのは言うまでもなく
優子の痴態を思い出してはしょっちゅう抜いてました。
半グレ旦那が家に帰って来なくなったのもその頃で
暫くして離婚して家を出て引っ越しすることになりました。
その頃卒業して浪人していた俺は、クルマの免許だけは持っていて
レンタカーで引っ越しを手伝うことになり新居へ行きました。
引っ越しが一段落付いてメシをご馳走になり
優子がビールを飲む?と差し出してきました。
9
2019/02/17 23:36:14 (Hq8owc8j)
出会った人妻さんの感想


初めはゴム
「ゴムはちゃんと付けてね」

2回目
「外に出すなら生でいいよ」

3回目
「ゴムいらないから生でしよ?」

じゃない?
10
1 2 3 4 5 6 7 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM