ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

人妻との体験 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2018/07/19 18:11:21 (p8rRN2rH)
同じマンションに住む
人妻(飛鳥)との秘め事

飛鳥とは、同じ筋の階違いです。
ゴミ出しとか出勤や帰宅時間に
顔馴染みになりました。
飛鳥は、27才 子なし 旦那はED気味
私 独身 31才

飛鳥自身、神戸っ子で、旦那が出掛けるのが苦手人間

初めて知り合ったのは、転勤シーズンの4月
男好きする体付きと雰囲気を持つ女でした。

会話の中、祇園祭に興味あるが旦那が大学の友人達で
ゴルフ旅行を決めていたと、不満を漏らしていたので、案内を引き受けました。
実行日は、宵々山

マンションからの同伴は、ヤバイのでスタートの烏丸駅でなく、繁華街の河原町駅で待ち合わせしました。

駅には浴衣姿で、アップにした飛鳥が居ました。
まだ、明るい時間帯で 店で軽い食事と酒を飲みました。

いざ、歩き出したら飛鳥は、私の腕に絡ませてきたので、柔らかい胸が肘で感じてました。

山や鉾を堪能し、所々でビール、冷酒を楽しみ
飛鳥もやや胸元の合わせが緩くなり、上からは
ハーフカップで乳首も見え隠れしました。

22時には、歩き疲れも有り個室居酒屋に入り休憩しました。
この頃には、飛鳥は軽く出来上がり、祭でハイテンション。
個室で隔離されている事から、ハンドタオルで胸元を拭いたり、裾をパタパタして風を送ってました。

最初は、茶化すように
「オッパイ、見えているよ。」
「お〜 色っぽい下着を発見」
飛鳥も
「エッチやね。暑いから仕方ないよ」
そんな会話を酒を呑みながら話していた
1
2018/07/19 10:44:00 (j5/dKNB3)
長い付き合いの女性。肉体関係はないまま年に数回会うだけの人妻さん。
そんな人妻さんと先日ラブホinしました。周りを気にすることなくエッチなトーク目的。人妻さんの方は旦那さんが無関心なので女子力の再確認の為のお遊び。
ラブホのスツールでお茶を飲みながら他愛のない話から、お互い最近したエッチについてのトーク。異性に聞きにくいけど確認しておきたいエッチの話などなど。
頃合いを見てベットに移りボディタッチ。
淡々とトークは続けながら、腰・腕・首・胸のフェザータッチ。キスを交えた頃に下着をお披露目。
乳首を転がして下着の上からアソコもなぞった所で、人妻さんも、こちらの大きくなった股間をズボンの上から手で確認。人妻さんの身体に股間を押し付けてアピールしたところでイチャイチャ終了。
軽快な雑談をしつつ、お昼を食べに出て解散。
もちろん不完全燃焼ですから、お互い解散後のひとりエッチはしましたが、罪悪感なしのちょっとしたお遊び。
来年会った時にはひとりエッチの見せ合いぐらいまでしちゃうかな? 結構悪くない。
2
削除依頼
2018/07/19 03:18:38 (Cjd5nSuE)
ほんと魅力的な女性…、あんなエッチなパンツ…。
気さくに語りかける僕と一緒に、ダブルベットに腰を掛ける。ドキドキしながら抱き寄せキスをする。
ディープ もすんなりと受け入れ、互いに舌を絡め合い唾液を吸い合いつつ、そのまま彼女をベッ トに寝かせ、ブラウスのボタンを外し、柔らかいオッパイを揉み抱く。
やや黒ずんだ乳首を露わにし、口に含み、舌で弄び、舐め、吸うと、「ああァ・ ・・」と声が漏れ、腰を悩ましく動かし始める。
そのままデニムのミニスカの中に手を入れる 。
「いや」と小さく声が漏れ、軽い抵抗を示すが、そのまま奥へと運ぶと直ぐに抵抗は止み 、なすがままにパンツの中にまで指を侵入させた。
マンコの濡れ具合を確かめるためワレメの中に指を這わせると、もうそこは大洪水。
クリを探り当てると大きく膨らんでいた。
「いつから濡れてい たの」と意地悪く尋ねると「え、うん、彼に会ってここに来る間に・・・」と小さな声で 答えた。
3
2018/07/17 16:39:54 (WnWOQqfG)
親友の嫁の美恵とは結婚する前に付き合ってるときからセフレの関係だ
親友と美恵は結婚前に同棲していたのだが、二人の家に泊まりがけでよく遊びに行っていた
親友が仕事に行くと、俺が美恵の足がわりになるので親友も喜んでいた
しかし俺と美恵は親友が仕事に行った後はあらゆるところでセックスしているのだ
美恵の家はマンションの6階の角部屋なんだが、隣は高校になっている
全裸でマンションのベランダに立たせ、高校を見ながらクンニされるのがお気に入りらしい
手摺にはバスタオルが掛けられているから見られることはないが、若い男に見られるかもというスリルがたまらないのだという

親友が帰ってきた夜は、ドアを明けながら親友とセックスしている声を俺に聞かせてくる
俺が寝たフリをしてるのを美恵は知ってるので、声を聞かれていることに興奮し、親友は俺が近くにいるのに美恵とヤっている優越感に浸っていつもより興奮しているらしい
俺が昼間に散々使わせてもらったのを知らないままで…



4
2018/07/17 12:43:57 (fYVxyCYT)
不倫相手の美咲は34才。

かなりセックスが好きなようで
最初から旦那のセックスに不満たらたらで
すぐに関係をもちました。

関係をもって数ヵ月経った頃、休日に1人で
ショッピングモールをぶらぶらしていると、美咲からラインが入ってきて、同じショッピングモールに家族で来ているらしい。

旦那と子供に付き合っててつまんない、というような愚痴をラインで聞きながら、ベンチに座って休憩していると、隣に美咲の家族が座って来ました。

美咲が隣に座ってきて、少しドキッとしながらも見知らぬ素振りをしていると、旦那や子供と話ながらこっそり手を握ってきて、焦っている俺とは対照的に、なにくわぬ表情で家族と話をしていました。

そのうち子供がゲームコーナーに行きたいと言い出して、旦那も立ち上がったので少しホッとしていると、美咲は俺の手を握ったまま

『私は他を回ってから合流するから、先に行ってて』

と、笑顔で送り出し旦那と子供はゲームコーナーに向かって行きました。
2人の姿が見えなくなると、抱き着いてきて

『スリルあったでしょ?(笑)……ドキドキした?』

『こんなところでヤバイだろう……』

『大丈夫だよ……旦那も子供も鈍感だから(笑)』

そう言って楽しそうに話をしていると、いきなり耳元で

『ねぇ……セックスしたい……』

俺は驚いて顔を見つめて

『無理だって……』

『いいから、こっち来て?(笑)』

手を引かれて暫く歩いていると、角を曲がった途端に肩に寄り掛かって足を引きずりだして

『お父さん、ちょっとトイレ……連れてって……』

夫婦連れを周りにアピールしながら、2人で多目的トイレに入っていきました。

『ここならできるでしょ?(笑)』

美咲は目の前にしゃがむと、俺のズボンとパンツを下ろして、いきなり肉棒をしゃぶり始めました。
当然ムクムクと反応して美咲の目の前でギンギンに勃起してきて

『ふふふ……元気いっぱい(笑)…………もう待てないの……来て?』

下着を脱いで洗面台に両手をつくと、脚を広げてお尻を突き出してきました。
スカートを捲り上げて美咲の腰を掴むと、唾液で濡れた肉棒を後ろから生で深く差し込みました。

『声出すなよ?……美咲……』

割りと声を出すタイプの美咲に心配しながらも、ゆっくり出し入れさせると、洗面台をギュッと掴んで唇を噛みしめて、声を抑えながら感じていました。

『んっ//……んっ//……ハァハァ……やっぱり晃司さんの……すごい……いい///……』

我慢している美咲の姿に興奮して、腰の動きが激しくなってくると、自分の手で口を鬱いで必死に堪えていました。

俺も絶頂に近付いてきて、後ろから抱き締めながら耳元で……

『美咲……ハァハァ……イクぞ?……』

『出して……中でいいから……ハァハァ……』

鏡に映った美咲の表情を見ながら、身体が跳ねるほど強く腰を打ち付けると、美咲の中にたっぷり射精しました。

『美咲……ハァハァ……イクッ……』

洗面台に伏せて身体を震わせていた美咲が、ゆっくり振り向くと

『すごい……気持ちいい///……ハァハァ……』

ウォシュレットで洗い流して衣服を整えると、再び足を引きずりながら2人でトイレから出ていきました

そしてまた角を曲がった途端に普通に戻って

『じゃあ、またね?(笑)……』

そう言ってゲームコーナーに向かって行きました。

少し離れて後をつけて様子を伺っていると、旦那と子供に合流して、何も無かったように楽しそうに話をしていました。
たった今、他の男に中出しされたばかりなのに……
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕