ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

人妻との体験 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2017/06/21 18:39:13 (N1GlNoJp)
大学時代ドラックストアでバイトをしていた時の話。
彼女に振られ半月ほどの頃。

34歳の恵子さんというとてもよくしてくれている人がいました。シフトが同じ日には帰りに送ってくれたりたまにご飯に連れて行ってくれたりもしました。

その日も今日終わったら時間ある?と聞かれたのでハイというとご飯のお誘いでした。その日は焼肉をご馳走になり帰路に。
道中の会話でお互いの近況のことも話したりしました。
旦那さんは最近出張が多かったり、自分も彼女に振られなかなか次がとなど。
もちろん自然と下の話もしていました。若いから大変だよね?今は1人でしてるの?とか笑いながら言われ、自分ももちろんしたいですけど今は我慢してますとか答えてました。
すると恵子さんは海岸沿いの一角に車を停めこちらを見てしてあげようか?と言うので驚きながらも冗談だとおもいお願できるなら是非と笑って返すと本当にズボンの上から触れてくれました。

ドキッとしながらも恵子さんのされるがままになっていると僕のシャツのボタンを外し右乳首を口に含み舌で転がすとベルトを外してきました。
1
2017/06/19 09:47:04 (5o61H9P4)
昨日岡山で、広島の56才熟奥様と会ってきました。

 新幹線で少し早く着き、待ち合わせ場所である駅直結のシティーホテルのロビーで待っていると、黒のスカートに淡いベージュのブラウスを着て、こちらに向かってくる熟女を発見。T子だと確信。165cmで少しポッチャリの私好みの体型で、清楚さを漂わせるその姿に,思わず股間は反応(笑)

 歩み寄り「T子さんですか」と声を掛けると、微笑みながら頷いてくれた。そっと右手を腰に回して引き寄せると、素直に寄り掛かってきて、さらに笑顔が弾けた。「もう部屋に行けるんだけど、行こうか」と促し、エレベーターで10階へ。エレベーターの中で唇を重ねる。素直に応じてくれた。

 部屋に入り荷物を置き上着をクローゼットに入れて、そのまま抱き寄せキスをする。今度は愛し合う前の濃厚なディープキス。胸をブラウスの上から揉みしだきながら、さらにディープキスを続ける。彼女の身体がワナワナと震えはじめる。唇を離して、「どうした?」と尋ねると、黙って私の胸に縋り付いてくる。
 「服皺になったらダメだから脱ごう」と促すと、軽く頷いて、素直に脱ぎ出す。窓からの陽光に浮き上がる熟女らしいボディ。抜けるような白さが印象的で、Dカップと聞いていた乳房を包むワインレッドのブラと、お揃いで花模様があしらったショーツ。私のスケベー心をそそる。私も素早くスーツを脱ぎ、トランクス一枚になって彼女と共にキスをしながらベッドイン。

 ブラを外し直接乳房を揉む。熟女らしい柔らかな感触。少し大きめだが薄い焦げ茶色の乳首に吸い付き、舌で転がせると、喘ぎ声が出始める。利き手の左手をパンティーの中へ。恥丘の陰毛の林を超えて、秘部の谷間にと指を進め、既に勃起始めた陰核をそっと触ると、身体をビクッと震わせる。さらに指を進めると、淫穴からは既に溢れんばかりの淫汁が出て濡らしていた。指にたっぷりとその淫汁を着けて陰核をソフトタッチで責める。得意の指技である。喘ぎ声はさらに大きくなり、やがて腰が持ち上がり、太股を閉じ指の動きを制約するようにしながらも、その刺激を求める,女独特の反応を示しながら、「アア、いい。逝く」と小声で言って、最初のアクメを迎えてくれた。

 少し力の抜けて横たわる彼女の両脚の間に身体を入れ、ショーツを脱がせて、M字に大きく股を拡げると、周りの陰毛が処理された秘部が陽光に照らされ露わになった。熟女らしい少し黒ずみはあったものの、陰唇の肥大も少なく、淫穴は綺麗なピンク色をしていた。クリを舌で舐め上げ転がしながら、指を淫穴へと進める。入口付近のヒダが多い女だった。よく締まる。奥へと進めると大きく拡がる空間があり、さらにその奥には子宮口のラッパ管が指先に当たる。得意の指技でオマンコの中を刺激しつつ、クリをさらに舐め吸いあげると、どんどんオマンコの締まりが強くなり、彼女も我慢していた声が弾けるように大きくなって、「アア、ダメ。ダメ。アアアア、ダメ〜。アア、逝く、逝く、逝く〜」と腰を持ち上げ四肢を震わせながら、大きなアクメの波に身体を翻弄されながら、果てていった。

 グッタリと身体を投げ出す彼女を抱き寄せる。私の胸に顔を埋めてくる。彼女の右手を私のイチモツに導く。握りしめ「大きい。凄く硬い」「気に入った」「うん。素敵」と言って、気だるそうに身体を起こし、私のイチモツに舌を這わせ,それを咥えて、フェラを始める。さすが熟女。気持ち良いフェラだ。より大きく、硬度を増す。「欲しいかな」「うん。欲しい」と短いやり取りをして,彼女を寝かせ、股間に割って入り、自慢の極太を秘裂に擦りつける。これだけで彼女は大きく喘ぐ。ゆっくりと秘穴へ沈めていくと、「アア、凄い。大きい。大きいわ。気持ち良い。良いわ。気持ち良い」と言いながら、我がイチモツを奥へ奥へと導く。
「アア、当たる。凄く気持ち良い」と声を上げると同時に、腰をグラインドし始める。ここで、かつて無い快感に襲われる。まとわりつくような締め付け、入口付近のあのヒダの蠢き、余りの気持ち良さに射精感が一気にます。こういうセックスは久方ぶり。必死に射精を耐えて何とか乗り越えてから、T子のオマンコの中での快感ポイントを探るように、深く、浅く、時には回転させながら、色々なところを突き、擦る。T子の快感ポイントは、まず破屋の壁をつかれる。時に子宮口の横を擦ると「アア、いい」と声を上げて締め付けてくる。さらに入口付近を亀頭部分で下から上に擦り上げると、「ダメ。アア、そこダメ。良いわ。いい。逝く」と直ぐに果てて、淫汁を溢れさせる。

 快感ポイントが分かってから、正常位、騎乗位、座位、バック、臥位と色々な体位を楽しませた。特にバックでの反応は半端ではなかった。悲鳴のような声を上げながら、何度も何度もアクメを味わってくれた。騎乗位では、自ら腰を浮かせて我がイチモツのすべてを味わうように腰を上下させて責めてきた。しかし、余りの快感に果ててしまったのは彼女だった。私は辛うじて射精感を抑えることが出来た。こんなに射精感を何度も何度も味わうのは滅多にない。

 本当に貪るように、11時前に部屋に入り、チェックアウトの16時までの間、求め合い続けた。彼女は喘ぎ、息絶え絶えとなりながらも。イチモツを少しでも長く自分の中に入れておきたいという思いで,ずっと私に抱きつき、脚を絡めて離さないという姿勢を取り続けた。

 チェックアウト10分前に,慌ててシャワーをし身繕いを整えて、部屋を出る。エレベーターを待つ間そしてエレベーターの中で、
 「夢中で貪り合ったね」
 「こんなの初めて。私変わってしまったように思う」  
 「どう変わったの」
 「女で良かったと初めて思ったわ。もっともっとしたいなんて思ったことなかったもの」
 「もっとしたい?」
 「うん。許されるなら、離れたくない」
 「そうだね。でも、次を楽しみに、リスクを大きくしないようにしようね」
 「うん。分かってる。次も一杯抱いてね」
 「食事とかしなくても良いの」
 「食事も楽しみたいけど、その時間が惜しいわ」
 「エッチだね〜」(笑)
 「そういう私にしたのよ。責任とってね」(笑)
 後は見つめ合って、ディープキスを交わした。

 二人で軽く呑みながら和食処で食事を楽しんで、新幹線で西と東に別れて、帰宅の途についた。

 T子とは1ヶ月か2ヶ月に1度会えたら良い関係だ。それで良いと思っている。彼女が私を欲しくなったら大阪まででも来ると言っていた。その日は結構早いかも知れない。今年10人目の女性は最高の女であった。これだから出逢いを止められない。まだ、まだ、素敵な女性は居られると思う。楽しみだ。
2
2017/06/18 19:58:48 (88AiS7hx)
昨日名古屋東部にて深夜に人妻さんと車内イチャツキと露出をしてきました。

仕事終わりの自分は女子会終わりの人妻さんと23時過ぎに名古屋名東区にて合流。まずはコンビニ駐車場にて車内エロス。
すぐに自分の息子を触り、舐め、脱いでいく人妻さん。こちらも久々だったのですぐにフル勃起!興奮もMAX気味だったので人妻さんを下着と長めのシャツ一枚で露出散歩開始。
約10分程でしたが、数人の人とすれ違いながら露出お触りやイマラチオを複数回!途中興奮MAXで駐車場の花壇のヘリにすわってバックで挿入!続いて、電柱に手をつき立ちバック!逝く寸前まで振りつづけました!
事前にナンネで募集してあった単独男性を呼び、隣で観賞してもらいながらほぼ真っ裸に近い状態で露出しまくってきました。
単独男性を帰したあと、最後はお座りバックで中だしフィニッシュ!抜いたあと、葺かずに下たたり落ちる精子を見ながら車内へ戻り帰路へ!
近々の次回も露出しながらエッチを楽しみたいと思いますので、参加ご希望の方いらしたら連絡下さい。
場所はだいたい名古屋東部です!
3
2017/06/18 11:38:28 (ev4EKYoi)
各地域に 老人会 青年部 婦人部は有ると思います。
活動やイベント、協力し合って遣ってます。

仕方無く活動に参加されてる方達も居ますが。

俺は婦人部との協力での活動は好きで、なり手の無い 青年部会長を引き受けました。
仕事は農業の為 会社勤めの人に比べ時間的にも自由が利くし 地区の消防団員でも所属してます。
最初 30歳で青年部会長を押し付けられて成りました。
最初は婦人部と協力しての夏祭りの企画での事でした。
青年部 婦人部 老人会の代表が公民館に集まり話し合い。
大まかな内容も決まりましたが、婦人部会長(55歳 公子さん)と 煮詰めの相談を毎夜 公民館で話し合い 話しも煮詰ると、雑談の方が多くなり 俺の嫁取りや 公子さんの夫婦仲の話しになりました。
SEXレスな公子さんの話しに 結婚する彼女が居ない俺の話しで 厭らしい空気がして、公子さんの手を握り引き寄せると!
「正人君‥良いの?‥♪」
キスして
「御願い‥」

数年ぶりと云う完熟女の公子さんの乱れっぷりは凄く、
「出して‥中に出して〜」
喘ぎ逝くマンコの中に 溜まりに溜まってたザーメンを射精。
「出てる いっぱい出てるわよ‥」
引き抜くと ドボッドロドロ〜と 座布団の上に流れて落ちました。
「アァ〜 正人君 凄い〜 こんなに出したの‥」
まだ ビクビクしてるチンポをジャブり 萎え無いチンポを、
「まだ 凄い元気よ‥」
と 四つん這いにデカい尻を向けました。
まだザーメンが滴り落ちてるマンコに 突き刺しピストン!
「アァ〜凄い 凄い 凄いわよ正人君‥」
「公子さん 善いよ‥」
騎乗 正常位 両脚を担ぎ上げ折位で深く子宮口を突き 逝く公子さんの子宮口に射精!
引き抜くと ヒクヒクするマンコから尻穴を伝い 腰の方までザーメンは伝い 畳に垂れ落ちてました。
公子さんの脇に寝転がり、
「公子さん‥善くて 又 いっぱい出ました‥」
「こんな 歳逝ってて‥ ホント 善かった?‥」
「凄く 善かった〜‥」
「正人君も‥長くて太くて 強くて 凄く善かったわよ♪‥」
公子さんは 寝転んだまま ベタベタなチンポを握り ゆっくり扱いてました。
扱かれ勃起すると
「正人君‥又 勃ったわよ♪‥」
と 跨がり乗って グチャグチャマンコにヌルッと飲み込み尻を振り出し
「アァ〜 ィィ〜‥」
垂れ気味オッパイを鷲掴みに 下から突き上げました。

4
2017/06/18 10:35:51 (mjibMkDX)
先日、お祭りのお疲れ会の飲み会が有って町内会ですけど。旦那さんが出席できないと、奥さんがやってきました。子供が2人いて、その中の長男と自分の次男が同級生で家内もよく知っています。どんどんお酒が進み、奥さんがヨレヨレしながらトイレに行ったので心配で付いて行きました。トイレの前で倒れたので抱き上げるとお尻がムチムチで2回モミモミしてしまい、奥さんが駄目〜エッチと言いました。すかさず、キスしたら、やだ〜と言いながらも舌をいれて来たのでトイレの中に連れ込んで激しいディープキスをして、パンティに手を入れるとねちょねちょにマンコが濡れていて、入れさせてよと言うと今日は駄目だから、ゴメンと言いメールアドレスを教えてくれて、今日の事は内緒だからねと今度、ドライブに行く約束をして、お互い家に帰りました。ドライブに行ったら絶対にエッチしてやろうと思います。

5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕