ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

人妻との体験 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 ... 195 196 197 198 199 200
2017/08/18 10:38:17 (ExGZy3IS)
一昨日のこと、いつも使うツーショットチャットで部屋を作って待っていると、48歳の人妻が入ってきた。
彼女は兵庫県西部に住んでいて、幼稚園などを経営する方であった。そのツーショットチャットで出会った40代男性とW不倫をしているとのこと。彼のことが好きで好きで堪らなくなり、このままだと分別をなくすので彼への気持ちを逸らす
ことをしたいと言い出した。

チャットを進めていくにつれて、他の男性に抱かれたら、彼のことへの思いが薄らぐかもしれないと言い出したのだ。私のような年上なら安心だし、のめり込むことはないので、会ってくれますかと言われたのだ。据え膳食わぬは男の恥とばかり、さっそく昨日神戸舞子にあるリゾートホテルのロビーで待ち合わせすることとなった。
やってきたのは、165pで55sのナイスバディの熟奥様で、ブルーのサマースーツを着て、顔立ちは学校関係者によくみられるキリッとしていて、美形の奥様であった。ヒップラインが堪らない。九州女さんを思い出させるような奥様であった。
今回はちゃんとお薬は服用して、万全の態勢で出向いていましたので、いつも出会いでするのように彼女をエスコートして、和食処でランチをし、明石大橋が一望できるツインの部屋へと移動した。

いつものように、窓からの眺めを見る彼女を抱き寄せ、唇を重ね、舌を絡ませる。初め一瞬躊躇いを見せたが、吹っ切ったように濃厚なディープキスを求めてきた。立ったまま、サマースーツの上着をとりソファに掘り投げ、スカートのファスナーを下して、ホックを外し、スカートを脱がす。キスは続けたまま。彼女も離さない。
白のブラウスのホックを外し脱がすと、白のブラとショーツだけとなった。きめの細かいきれいな肌であった。Dカップという乳房はいい膨らみを見せ、ブラを外すと引力に少し負け気味だが、乳首も黒ずみが少なく、乳輪も小さな微乳が露になった。ゆっくり朋美氏抱きながら、さらにキスを続ける。彼女の鼻息が乱れ始める。乳首をつまんだ時、思わず「ああ」という声を漏らし、唇を離して抱き付いてくる。乳首を責めながら、利き手の左手をパンティの中へ滑り込ませる。
恥丘には申し訳程度の陰毛、それも柔らかい陰毛の感触。その下には淫汁が溢れ出て濡れた淫裂。その中へと指を這わせ、陰核を指先を回して風でソフトタッチするように愛撫。「ああ、気持ちいい」と声が出る。しばらく攻めると、登り詰め始める。さらに刺激を強めにしてやると、「ああ、いいわ。いい、逝く」と小さく言って果てた。その後、淫汁の溢れる淫穴に指を滑り込ませ、快感ポイントを責める。指を締め上げる反応。感度良好な奥さんだった。この指攻撃でも二度目の絶頂を味わってくれた。パンティがグッショリと濡れるほど、愛液を溢れさせた。

ベッドへ誘い、私もすべてを脱ぎ捨てて彼女の股間の間に割り込み、愛液で光るオマンコを見ると、年齢を感じさせる陰唇は黒く肥大し、トサカ状になっていた。その中は濃いサーモンピンクであった。陰核はぷっくりと膨らんで顔を出していた。舌と指で陰核と淫裂を愛撫してやり、激しく乱れる彼女が「お願い。入れて下さい」というので、「これを」と彼女の顔の前に持っていくと、「え、凄い。大きい」と目を大きく開き、手で二三度しごいてから、私の顔を見ながらパクリと咥えてきた。それほど上手なフェラではなかったので、しばらくさせておいてから、ゴムを着けて淫裂にチンポを擦りつけ、ゆっくりと突き入れてやると、「ああ、大きいです。凄いです。なんで、なんで、こんなに気持ちいの」と言いながら、私にしがみついて来た。腰をゆっくり振りながら、奥へ奥へとチンポを突き進めて、奥壁を押し上げるようにすると、
「そこ、そこ。凄いです。ああ、ああああ、気持ちいい。もっと、もっとして下さい」と一段と大きな声でいい、さらに亀頭部を押し付けて回転の動きをすると、「ああ、凄い。凄く気持ちいい。ダメ、ダメ、ああ、何か出そう。ああ、止めて、止めて、ダメ、ダメ、出ちゃう〜」と大声をあげて仰け反り、四肢を震わせはじめ深い絶頂を迎え、それと同時に結合部に生暖かいものを感じる。お漏らしをして果てたのだ。

抱き締めながら、彼女の息が整うのを待つ。暫くして私の顔を見詰めながらキスを求めた後、「こんなの初めてです。凄いです。お年だから、大したことないと思ってたの。びっくりです」と言ってニッコリと笑った。その笑顔は満足した女の素敵な笑顔だった。
「お漏らしまでしたね」というと、「え?うそ?」と言った後、繋がっているところがしとどに濡れていることに気づき、「え、これ私が・・・」と言った後、「すごく恥ずかしい」と顔を手で覆った。これは何とも言えない可愛い仕草だった。

抱き合いながら、また、並んで寝ながら、彼とのことを聞かせてもらい、私の経験を話してから、もう一度彼女が求めてきたので、今度はバック、窓の外を眺めながらの立ちバック、ソファーに座った私の上に跨らせての騎乗位、最後はベッドで正常位でお互いが逝って、シャワーをして部屋を後にした。

ホテルを出る時、「私の車で駅まで送ります」との申し出で、赤のBMWに乗ったのは初めてだった。最寄り駅まで送ってくれた。車から降りようとすると、スッと顔を近づけてきてキスを求めてきた。軽くするつもりなのに、舌を入れてきた。暫くディープをして唇を離すと、「お願いがあります。時々抱いて下さい。そうすれば心のバランスがとれそうですので」と言われた。
「いいですよ。お互いが都合がつくときに」と言って車を降りた。

彼女からの求めがあれば会うことにした。こういう出会いもあるのですね。
数多くの中でも、初めての経験でした。





996

夢が叶った瞬間!

投稿者:よし坊 ◆w7Omvv335U
削除依頼
2017/08/18 08:10:32 (p2VAzxBi)
勝手口から家に入り込み、佳代子のパンティを拝借しようとしてたんだ。
佳代子って、幼馴染の母さん。
寝室の扉が開いてて、佳代子が着替えの真っ最中!
目の前に下着姿の佳代子。
オレの頭の中はやるってことだけ…、チャンスはストッキングを脱ぐとき……。
目の前の佳代子がストッキングに手をかけた。
今だ!オレは背後から抱き締めた。
状況がわからない佳代子は、驚いて逃げようとしたけど、ストッキングで足が絡まり床に倒れる。
仰向けの佳代子に身体を重ねる。
睨み付ける佳代子……。
「オレ、おばさんと やりてんだ―」
「いや〜、やめて〜」
「いやって言われても……。」
ブラをズリ上げ、初めて触るオッパイ。
柔らかい!
茶色のデカ乳首…、弄るとだんだん堅くなる。
乳首を甘噛みしたり、舌先で転がしたり、楽しませてもらったよ。
腰を持ち上げ、足を開く……。
いつものパンティだ!
ヘアーが浮き出てる。
クロッチを横にずらすとヘアーに縁取られたマンコが現れた。
夢にまで見た佳代子のマンコ。
片方のヒダを引っ張ると、穴がパクパクと口を開き、マン汁が溢れ出してくる。
指先で撫でる。
凄いヌメリ…、糸が引くんだもん。
中指を穴に差し込んだ。
997
2017/08/17 07:09:58 (/qkDBWvh)
昔、働いてた店のパートさんと、久しぶりに江坂で会いました。
どちらかと言うと顔はブスですが、大きなお口とお尻がエロくて、働いてる時には少しだけ狙ってました。
時間があるとの事だったので、私の車の中で話をすると、相変わらず旦那さん年に1回あるかないかとのことでした。
「旦那さん以外とは、してるんでしょ?」と冗談を言うと、「昔も言ったけど、旦那以外の男性とした事はないの、今も」と、「じゃあキスもないの?」 と言うと「ないよ!」と答えたので、いきなり抱き寄せてキスをしたら少しだけ抵抗されました。
我慢出来なくなったので、豊中のファインまで車を走らせました。駐車場に着いても中々降りてくれませんでしたが、ひっぱって降ろし腰を抱いてホテルの中に入っていきました。
部屋に入っても、下を向いて立ったままだったので、服を脱がし裸にしてベッドに押し倒しました。香澄さんは抵抗も無くされるがままでしたので、ゴムを着けずに入れました。
「背中に手をまわして、香澄さんのエッチな声を聞かせて欲しい」と言うと、背中に手をまわして、ギュッと抱きついてきて、「あっ、あん、いい」と小さかったですが、喘ぎ声を出しました。
声を聞いてると我慢出来なくなり「香澄さん、出る、出して良い?中に出して良い?」と聞くと「ダメ、中はダメ、外に出して!」と叫んだので、何とかギリギリ抜きお腹の上に出しました。
まだ硬いままだったので、もた入れようとすると「ゴム着けて」と言われたので「香澄に着けて欲しい」と言うと、起き上がり枕元にあったゴムをとったて着けてくれました。

998
削除依頼
2017/08/16 10:45:12 (CVoxEyi9)
今日これから外人人妻とセックスです。

心臓バックバクしてる
999
2017/08/16 00:09:37 (XYdx4tTG)
いちおー、これは男にとっていい経験と言うことでお話させてもらいます。

先日、とある出会い系で捕まえた20代の女性(自称)と会うことに…

待ち合わせはラブホテル。なんかあやしい…騙されたつもりで行ってみたら何時間か待たされた挙げ句に現れたのはいかにも外人。ハーフとは言うけど、やられた。

とりあえずあった以上はやることはしないと。

一室に入りちょっとトーク。
一人はよくしゃべるがもう一人がおとなしい感じ。
割り切った出会いだったので、まぁいいかと思ってお金を渡した。
同時攻めかと思いきや、一人がフェラでもう一人がセックスだって…はぁ?ってなってしまった。

フェラは微妙。もう一人の胸を揉んで立たせた感じだった。
生フェラじゃなくゴム付けて咥え始めた。なんかこんなんじゃないような…

いざ、本番。俺のチンが入っていく。騎乗位からスタートしたが、それだけでいかせようと思い切り締めて腰を動かしていた。

気持ちいいとは言ったものの実はあまり気持ちいいとは言えなかった。

下から突き上げていきそうになったときに正常位に変えて激しく腰を動かし発射した。

最悪な上に外人はないよ。こんなエッチはないでしょ。外人特有の臭いが。

そんなエッチが嫌だったから、また探す。
そしたら、またヒットした。
今度は30代後半(自称)の女性から翌日の昼にしませんかって。
ちょうど好都合だった。
すぐにアポを取り、約束の時間に行ってみたらばばぁ。友達はまぁまぁって感じ。
さっそくホテルに行ってプレイをと思ったら女二人でよくしゃべる。

何が目的やねんって感じ。先にシャワーを二人で浴びて後から俺が浴びた。
バスタオルが2枚しかなかったからフェイスタオルで体を拭いてベッドに。

ばばぁの方がゴムフェラ、まぁまぁの方が乳首舐め。しっかり立たせた上で騎乗位と顔面騎乗。
痛いって言うから正常位。もう一人が玉を触って。俺はどちらかと言ったら手マンしながら良かったけど。

手マンさせてもらって今度はまぁまぁの方に正常位で。ばばぁの方は玉を触りながら手マンして遊ばせた。

フィニッシュはまぁまぁの方に。結構、満足したかな。

でも、何か足りない。つうか、俺の求めているエッチじゃない。

まだ、何か足りないモヤモヤ感が。

今度は年下のポチャ系人妻にアポを取り会うことに。

車の中から楽しくトークをしてホテルに。
ジュースを飲みながら話が弾む。
これはまぁ、俺にとったらどうでもいいかな。うわべだけで話してるから。

二人でシャワーを浴びていざ、ベッドに。
まず、足を開かせてクリを愛撫。舐めるの好きだからマンコと一緒に。
そのあと手マンしながらフェラをしてもらう。やっぱり生がいい。やはり舐めるのが好きだからシックスナインもちゃんとして興奮させてもらったよ。しっかり立たせてもらってゴム付けてマンコに向かう。ここも、誘導してもらって騎乗位からスタート。お尻を触れば大体どんな感じか分かるけど、今回は行かせようとするようなエッチじゃなかった。
俺はこういうのが好き。あまり締めたりしてもぼったくりのような気持ちにさせるから俺はすきじゃない。

騎乗位から正常位に変えて激しくするけど、やっぱり物足りないのか、萎え始める。
そこで1度セックスをやめてもう一度シックスナインをしてから改めてセックスを再開する。
彼女とかの大事な人とのエッチは大抵、こうする。
これが止められない。マンコに入っていたチンポをもう一度咥えさせて興奮する。

結構これがいい感じで気持ちいい。改めて正常位で再開させて今度はちゃんと中に発射した。

気持ち良かった。かなり満足した。

俺のエッチはこうでなくっちゃね(笑)
1000
1 ... 195 196 197 198 199 200
これ以下の書き込みはありません。
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM