ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

露出苦い体験 RSS icon

1 2 3 4 5 6 ... 300
2019/04/25 07:32:24 (HqdVP95.)
数年前、顔は出せないけどオマン◯ならとネットにアップしてた時が有ります。今でも私のオマン◯が拡散されています。
昨日、あるサイトで見つけました。
1
2019/04/24 16:37:10 (fqhNHK7Z)
いつもの河川敷の公園駐車場で
いつものようにカーセックス
いつものように、覗きのおじさん

いつもカーセを覗かせて遊んでます。
昨日も、いつもの場所でやっていたら
覗きのおじさんが来ました
懐中電灯の灯りをあそこに当てたりして見せてました。
おじさんもシコシコしながら見ています。
ドアを少し開けて、嫁におじさんのチンコを握らせました。
俺にチンコを入れられながらチンコをニギニギ!
なんか盛り上がりました。
公園に入ってきた車のライトに照らされた時
ビックリ槌
子供の同級生の父親でした。
目が合ってお互い固まりました。

次回学校で会うのが気まづいです。

露出夫婦と覗き親父
どっちが気不味いかな?
2
2019/04/19 03:22:10 (OQKecfiz)
5年前、高校生だった私の性癖は、家族が外出して誰もいない家の中を
全裸で歩き回り、その時の気分で「居間」、「キッチン」、「玄関」など
でオナニーをして果てることでした。

普段は家族が日常生活を送っているようなところを全裸で歩き回る、そのいけない
ことをしている感にドキドキと高揚しました。

そして気持ちが高まると、居間のソファー前のテーブルに腰かけて、股を大きく開いてオナニーしたり、
玄関の土間でオナニーしたり、日常生活の場で、家族が見たら、ショックを受けそうな、はしたない姿で
快感を得ていました。
それで、充分だったのですが、ある日、その日は家族の帰宅が真夜中になるようなことがありました。
夜、全裸で高揚して過ごしていると、突然ある考えが浮かんできました。
それは、「全裸のまま玄関のドアの外に出る」という事でした。

裸で外に出るなんて、そんなことは出来っこない。と自分の思い付きを否定したのですが、一度思いついた
考えは、何度否定しても消せないばかりか、どんどん魅力的に思えてきました。

「もう外は暗いし、玄関の灯りを消せば少しくらいなら誰にも気付かれないんじゃないかな。」
「家の中でも、はしたないことしてるのに、女の子が裸で外に出るなんてしてはダメ。」
しばらく、肯定と否定を繰り返していました。

玄関の灯りを消して、ドアを少し開けて外の様子を伺いましたが、辺りは暗くてすぐに様子が分かりませんでした。
それで、逆に門の前の道を誰かが通りがかっても、その一瞬ではドアの前に私が裸で立っていても気が付かないんじゃないかと思えました。

少しずつドアを開けていき、ドアの外に立ちました。後ろでドアが閉まった音が、もの凄く大きく響いたようでドキッとしましたが、後は静かになりました。
そうすると自分の心臓の高鳴りが聞こえるようになりました。
ドアの前で全裸の心細さと興奮の入り混じった中しばらく立ちすくんでいましたが、段々慣れてきて、門のところまで
行ってみようと思い、覗き込むように周囲を確認して、ドア前から門まで全裸で歩きました。
それだけで、心臓の高鳴りは苦しいほどになりましたが、同時に快感も感じていました。

門からそっと前の道の様子を伺いましたが、人の気配もなく少し大胆になった私は、走って門を飛び出して道を渡り、お向かいの家の壁にタッチして大急ぎで、うちのドアまで戻ってきました。
全裸でドアの外に出て、外の道にまで出てしまった自分の変態的な行為に今までにない興奮を覚えていました。
そして、もう一度今度は、ゆっくり歩いて道を渡り、家の中に戻ってきました。

「日本中で、全裸で道にまで飛び出す変態な女子高生は、きっと私だけ」そんな考えがさらに気持ちを高揚させました。
そうなると自然にオナニーを始めていました。その時、また、魅力的な考えが浮かびました。
「オナニー、外で出来るかな・・」
外から見えないように門の陰、地面に直接座ってそのまま、イってしまいました。

快感が尾を引く中、ドアまで歩いてドアを開けた時、気配を感じたような気がして、後ろを振り向くと、お向かいの中学生の男の子が2階のカーテンを
閉めるところでした。
もしかしたら、門からドアまで歩いている後ろ姿を見られたかも知れません。
その時、全裸で外に出てしまったことを凄く後悔しました。

その後、いつ、その話が出るか、噂になっていないか、気が気ではありませんでしたが、何か月経っても聞こえてきませんでした。
「見られてなかったみたい。」そう思えるようになると、あんなに後悔したことを忘れていました。
そして今に至ります。




3
削除依頼
2019/04/15 17:15:43 (VnZI7lPs)
普段露出で使ってる場所に
ディルドとメモがありました。
メモには「使ったら置いてってください」と。
その日は何もせず急いで帰りました。
バレたってこと?いつ?誰に?
もしここの人なら連絡ください。
4

春になると

投稿者: ◆edsu2VEtMU
削除依頼
2019/04/13 02:43:12 (0AQscfUQ)

この時期になると今でも必ず通ってしまう場所があります。
それはお花見の名所です。
それほど有名ではないのですけれど、家族連れでお弁当を広げて楽しめる公園です。

主人の転勤前に慌てて結婚して、初めて所帯を持った家の近くの公園です。
結婚した翌年の春。
初めて2人でお弁当を作って行ったお花見の場所でした。
毎年その公園に行くのが恒例になっていって、子供達が産まれてからも、少し離れた場所へ引っ越したあとも、満開の時期には行ってました。

若い人達が騒いだり、泥酔した酔っ払いのおじさんがいるような場所ではありません、家族連ればかりのせいかゴミは皆んなが持ち帰っていて、いつも綺麗になっているところです。
お酒の匂いもしませんし、タバコを吸う人も見かけないところです。

私の苦い体験はその場所で起こりました。

普段は人影もまばらな公園です。
子供連れでお散歩してる人や、たまに若い2人が手を繋いでデートしているのを見かける程度です。
それでもお花見の時期だけは、シートを敷いてお弁当をいただいてる人達がそこそこいるのですが、場所取りとかしなくてもすぐにシートを敷ける場所は見つかるくらいのところです。

お弁当を食べて少しだけ子供を遊ばせたら帰る人達が多いから回転も早いのかもしれません。

あれはもう6年前のことでした。
恒例の家族でお花見に行ったときのことです。
お弁当も食べ終えて子供達も広い公園を走り回って疲れたようなので、そろそろ帰り仕度を始めたときでした。
主人は会社からの電話で急きょ呼び出されたのでした。

荷物を車に乗せたのですが、子供達をみたらお友達とばったり会ってしまい、もう少し居たいと言って言うことを聞きませんでした。

荷物が無ければ大丈夫かと思って主人と別行動にすることにして、私達は残りました。

子供のお友達のご家族に、どうぞって誘われたのですが、久しぶりに公園を歩いてみたくなって、私は一人でお散歩することにしました。
公園の裏手にまで行って人影もまばらになったところに、お手洗いがありました。

お花見をしていた場所にもお手洗いはありますが、そこは出入りするのにはお花見している人達からも丸見えですし、汚くはないのですが古くて男女兼用の個室と和式なことを知っていました。
裏手のお手洗いに初めて入ってみたら、造りは同じでした。

人影も見えなかったので、すぐに済ませてしまおうと思って入ったんです。

3つある個室の1番奥は故障中の張り紙があり、1番手前の個室にはエッチな本が数冊も開いたまま置かれていたのと、使用済のコンさんがいくつか床にありました。
私はドキッとして、我慢して外に出ようと思ったのですが、男性の話声が近くなってきたことに気づいて、慌てて真ん中の個室に入ってしまいました。

話し声と会話から、若い男性と不倫の女性のようでした。
2人は迷わず1番手前の個室にすぐに入って行きました。

会話の内容から2人はそこでエッチをしてから、女性にコート一枚で公園をお散歩させながら写真とか動画を撮って帰ってきたところのようでした。

写真や動画を女性に見せながら、いやらしい言葉で女性を責めるように話していました。

私は身動きも出来ずにおとなしくして、早く先に居なくなって欲しいとばかり思っていました。

ところがでした。お隣りでエッチが始まったみたいで、私はドキドキしていました。
私の心臓の音がお隣りに聞こえるような気がするくらいでした。
もうあまりのことに殆んど覚えていませんが、旦那さんのと、どっちがいい?って聞かれて、女性は、こっち こっちのほうがいいってはっきり言ってましたし、すごく興奮している声で答えているのが判りました。
だって物凄く気持ち良さそうだったんです。
露出。その女性は恥ずかしいことをさせられるとたまらなくなるそうです。いつまでも続くそんな言葉のやりとりに、まるで私が恥ずかしいお散歩をさせられている気にもなっていました。
今までに何人もの男性にも、見せたり、覗かせたりしたこともあるみたいでした。
男性に責められらがら、一人で露出してオナニーしてることも言わされていました。
その人は中学生の時からしてきたことも言わされていました。
私はその言葉を疑うこともなく、聞き入ってしまっていました。

もう何年もレスだった私には刺激が強すぎて、頭がボーっとして、何も考えられないくらいになっていました。

激しく力強くされてて、まるで私が犯されているような気持ちにもなり、
2人の足に蹴飛ばされてか、下の隙間から床にあったエッチな本とコンさんがだんだんこちらに来てしまっているのを見て、激し過ぎるその勢いを感じて、激しく突かれている音と2人の激しく荒々しい吐息といやらしい会話に、私は触っても触られてもいないのにいきそうになっていました。
少しでも触れたらすぐにいってしまう感覚になっていました。

2人が出て行った後も、私の頭の中はエッチな妄想でいっぱいでした。

私も恥ずかしいことをさせられたり、言わされたりしてみたい。
そんな欲求から、全てを脱いでみてしまいました。

物凄い開放感と恥ずかしさ。
あの人が言っていた言葉を思い出しながら、同じように口にしてオナニーをしてみました。

あっと言う間でした。
ほんの数秒で我慢していたオシッコが無意識に吹き出してしまいながら、全身が痙攣するくらい感じてしまいました。
今まで感じたことのないくらいの快感でした。

興奮収まらない私は隣りの壁に近づいて、しゃがみながら光射し込む隙間に、広げて見せてオナニーをしていました。

その日からの私は、理性と欲求の葛藤の日々を過ごしていました。
満開だった桜もすっかりと散ってしまった頃までに2回。
子供達が夏休みになる前までには10回くらいその公園に通ってしまっていました。

個室で全部脱いでから扉を開けて出てみたり、開けたままオナニーしてみたりもすることも出来るようになっていました。

もっと強い刺激が欲しくなっていく自分に怖さも感じていました。

子供達の夏休みも終わりに近づいた頃。
我慢が出来なくなってしまい、私は欲求に負けて久しぶりの公園に行ってしまいました。

恥ずかしい行為に酔っていき続けた私は
身支度を整えていたときに、ずっと故障中の張り紙があった個室から人の気配を感じて息を飲みました。

私が水を流したタイミングで個室から外に出て行った感じがしたんです。
怖くなった私は外にも出られなくなってビクビクしていました。

しばらく縮まっていましたが、話し声が外を歩きながら近づいてくるのが判りました。
その人達と一緒になったら、誰かが待ち伏せしていても人の多いところまで行けると思って、そうっと扉を開けて個室から出ました。

トイレの外に出ようと思ったのですが、故障中の張り紙があった個室の扉が開いていて覗いてみたら、私が恥ずかしいことをしている写真がプリントされて個室の中にいっぱい貼ってあったんです。

下の隙間から見える私のあそことか、オシッコが出ているところとか、個室の中で裸になってオナしてるところとか。

パッと見た目ですけど幸いにも顔がちゃんと写っているのはなかったみたいでしたし、会話して歩いている人たちの声も通り過ぎて小さくなっていたので写真はそのままにして顔を隠して逃げるように外に出てしまいました。

いつ撮られたのか、まったく気づいていませんでした。

そんなことがあってから、私はあそこには行ってませんし、そんなこともしないようになりました。

ただ、この時期にははっきりとあの時の快感と、あの時の恐怖感が思い出されてしまうのです。

あの写真がもう消えて無くなっていることを願うばかりです。
5
1 2 3 4 5 6 ... 300
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
レス禁止
※この投稿に対しレスを付けられなくします
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
ナンネットをより快適に!ナンネットID PREMIUM