ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

職権乱用体験告白 RSS icon
※あなたに与えられた職権を利用したエッチな体験談です

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2017/06/27 01:42:27 (/Ti0imeQ)
立場を利用した体験談。今から7年前に中学1年生のバツ母とSEXする仲になった。最初からソフトな露出と性奴隷姿での拘束玩具責めなどSMプレイをしていた。2年ぐらい過ぎた頃、バツ母さんの困った事情を聞いた俺は提案した。助ける代わりに性奴隷にならないかと。バツ母さんは少し迷ってから書面で誓いをして性奴隷に堕ちた、まだ彼女の息子が中学3年生くらい。それからは顔出し胸出し自撮り画像を子供の目を盗んで送らせ、ラブホでは赤い首輪に黒い縄で乳房を縛り上げて、子供が学校で勉強してる最中に抱いていた。撮影もするようになった。彼女の息子が高校2年生になる前に抱かれるのを嫌がり俺は彼女と疎遠になったが生活が苦しいのか、年1くらい泣きついてきて助けていた。彼女の息子が大学生になり、彼女はまた問題を抱えた。俺は助ける代わりに独身の間は性奴隷になる誓いをしろと提案したら彼女は受け入れてカメラを回されながら、パンツ一枚で乳房を掴みながら、ベッドの上に正座して誓った。遠くになって頻繁に会えず、体調も崩しているが、会った際には裸にして撮影してるし、この間は一物をしゃぶらせた。今も顔出し胸出し自撮り画像を送らせている。もう7年。性奴隷として5年。大学生になった息子が居る母親は俺に言われるがままに裸にされて裸を見られている。
1
2017/06/17 14:48:14 (RY.iZWIt)

こんにちは。

タイトル通りの仕事をしている35歳のサラリーマンです。


スーパーなどで見かける試食販売の仕事をしているかたがたを『マネキンさん』と呼ぶのですが、私の仕事はそのマネキンさんを育成教育をしてスーパーに送り込む仕事をしています。

約8割はもうベテランのオバちゃん(ババア〕ではあるのですが、数少なく【まだヤレる!】的な主婦も居るんです。

今回はその中の一人【知美さん】のお話しです。

知美さんは43歳の女性。

独身で、実家暮らしの人でした。

背が高くスラっとしたそこそこの美人な人です。


けど少し社会経験が乏しいらしく、お店からクレームが来ることも暫し見受けられました。


まぁ店からのクレームは他のマネキンさんもよくあることなので、特にお咎めもなく注意程度で終わらせていました。



そんなある日、知美さんを派遣していたスーパーの店長さんからお電話。

店長曰く、マネキン業務の後の片付け方が雑だったとの事。

何度も言うが、こんなクレームは日常茶飯事。

どんなベテランババアでもこんなクレームはよく入る。




ちょうどその日は知美さんが研修資料を受け取りに事務所に立ち寄る日だった。


そしてその日は更に日曜日。

私以外出社しておらず、社会は私一人だけ




そして知美さんが暗い事務所のドアをノックする。


笑顔のキレイな女性


そして本来は派遣社員面接をする為の個室に知美さんを通した。



少し異常な雰囲気に戸惑う知美さん



私はおもむろに話を始めた



私「今日行ってもらったスーパーで店の商品が倉庫からなくなったって事件が起こったらしいんだ」




むろん嘘である




知美さん「えっ、、、?」


私「知美さん何か関わってるなんて事ないよね?」


知美さん「当たり前です!!」





全くのデタラメをでっち上げて、少しエロい事をするのが目的ではだった

仕事で疲れてたのと、ムラムラしてたのと、この人なら後で問題にもならないだろう的な考えで





まずはカバンの中身を調べたり、コートのポケットの中身を出させたりと、演出をバンバン打ち込んでやった



むろん何か出るはずもない


だって嘘だもん



そして私のメインはここからだった

心臓がバクバクしてたのを覚えている



私「最後まで知美さんを信じたいし、お店に潔白だを証明したいからさ」


私「全裸になって」






知美「えっっっ、、、、、、?!!!!」


そりゃ戸惑うだろう

しかし俯いて数秒後


知美「はい」




私「?!!」




知美さんは躊躇なく白シャツの前ボタンを外し始めた




そして下に履いていた黒の綿パンも脱いだ




キャミソールと下は黒いショーツ姿





私「全裸ですよ」


最悪な追い討ちをかける




知美「はい」




キャミソールも脱ぎ、下着も全て脱ぎ去った知美さん



顔を赤らめながら胸と股間を手で隠していた





私は暫く見とれてしまっていた


普段ジムに通っていると聞いていたが、かなりの筋肉質

40台には思えないキレイな肉体だった


ただ胸はほとんどなく、大きい乳首がビンビンに勃っているのが見てわかった。



そしてボディーチェックと称し、彼女の肉体を玩具にした




デスクに座らせ、執拗に性器を指で弄んだ

嫌がらない彼女の反応で確信


やってもいいな…と



充分に潤った彼女の性器に一気に挿入した時





知美『いっっっっ!!!!いっ、、痛ぁーーーーいぃっ!!!」



彼女を座らせていたデスクには血が滴っていた



そう


彼女は40代にして処女だった






いまは私の奴隷と化し、テンガくらいの役にはたっている

2
2017/06/10 22:37:15 (JyjiegHw)
今に思うと悪い事って反省しています!
平日の昼間に●●●ホーテのアダルトコーナーで、周り。伺いながらバイブを選ぶ熟女がいました!
僕はスーツに着替えて営業マンになりました!
熟女の後ろに近づきました!
「うちの商品に興味がありますか?」
熟女は、ハッって逃げる素振りをしました!
「わたくしは、拾った名刺をチラって見せて言いました!」
こちらの商品の製造会社の営業しています!
熟女は名刺を手に取ると質問してきました!
「初めての買い物なんですけれども、迷っています!一番人気ってどれかしら?」
僕は頷きました!
「これを見てください!」
僕は営業ケースに、並べたバイブを見せました!
熟女は覗き込みました!
「あっ(^_^;)他のお客様が入ってきました!」
パターンとバックを閉めて言いました!
「あなたの一番の興味を優先して選んでください!
例えばカリの大きいとか、長い物で奥を刺激されたいのか、割れ目をグリグリされたいのかってね?
人によりけりですよ!」それだけを言い残して立ち去ります!
店を出て熟女が出てくるのを待ちました!
僕の後を直ぐに追いかけている事は、確認出来ています!
「あのぅ?もう少し詳しく教えてくださいませんか?
「うーん?しかし試すには?人がいる場所はまた邪魔されますよ?」」
熟女は僕の腕を掴みます!
「ホテルで試すならば良いでしょう?」
熟女にわざと引き連れられてホテル街に行くんです!部屋に入ってきました!
「さぁ奥さん服を脱いでくださいね!」
熟女は少しずつ落ち着きを取り戻して、動揺しています!
僕は優しく抱き寄せます!
優しくキスをしながら、服を脱がしにかかります!
「大丈夫ですか?下着姿迄にしましょう!」
僕はテーブルにバイブを並べて見せます!
「さぁ?どれを試しますか?」
選んだ数本のバイブを消毒液をふりかけて、スキンをセットして渡します!
「僕は、換気扇のところでタバコを吸ってきます!
ご自身で試して選んでくださいね!」
熟女の前から去ります!
冷蔵庫からコーラを出してタバコを吸って、熟女のオナニーをしばらく隠れて覗きます!
「ああ〜?これは良いわぁー?」
「この長さは当たるわぁー?」
熟女は次々にバイブを試しています!
すでに全裸であえぎ捲っています!
そろそろかなぁ?
僕も下着姿で熟女の前に近づきます!
かなり興奮した大胆が熟女は言いました!
「ねぇ?あなたのチンコも試したいんですけども、良いかしら?」
パンツを脱いでチンコを熟女の顔の前に見せびらかしました!
「うわぁー?この鬼頭の大きい?長さもどのバイブより全然長いんだ?こんなチンコは初めてですよ!これを試してみたいわぁー?」
ならばって消毒液をふりかけて、スキンを出しました!
「あっ(^_^;)これはそのままで試したいんです!」
「えっ!私は構いませんけれども、奥さんは大丈夫ですか?」
言い終わらず前にチンコをパクってくわえられたんです(^o^;)
「うーん口に入りきらない?」
散々バイブで刺激して熟女の性欲は止まらない。
僕は熟女を抱き上げてベッドに運びました!
「ああ〜?お姫様抱っこされたのは、初めてだわぁ?」
熟女は感激していました?
「このバイブを選んでいただきありがとうございます!
性能を堪能してくださいね!」
僕は熟女の全身を愛撫しましたv(´▽`*)
マンコからは、大量の汁が溢れていました!
上に股がり口でチンコを舐めさせました!
「このバイブが、マンコに挿入されますよ!」
見せつけながら、マンコを指先でコネくりまわしました!
ベトベトです!僕はマンコにチンコをあてました!
入り口の汁をチンコで濡らして、ゆっくりとマンコに挿入していきます!
「ああ〜?広がる?」いろいろなあえぎ声を楽しみながら奥深く迄チンコを挿入します!
たっぷりと汁まみれのチンコの突き上げられて身体を震えている奥さんを楽しみました!
そろそろかなぁ?
奥さん危ないから、外に出しますよ!
「駄目〜?暖かいのを頂戴!」
ならばってさらに奥深く挿入して、金たまが当たる迄に押し込みました!
「ああ〜?壁が押されています?」
うーん!暖ドクンドクンって射精しました!暖
それあわせて女の腰が浮きます!
たっぷりと射精すると、ぎゅうぎゅうって締め付けられてしまったんです(>ω<。)
さすがに僕もたまらない。
「うーん?凄い?」
全て絞り取られました!
横になりました!
奥さんは僕に抱きつきました!
「このバイブを買います!良いでしょう?」
うるうるした目で、見つめるんです!
しばらくは月1で僕のチンコをお買い上げされています!
最近は週1迄になりました!
しかも自宅に招かれています!
週末には泊まりもあります!
ちなみに拾った名刺は、渡しませんので他人には被害はないけども、悪用した事実はあります!
多分奥さんは、覚えていないと思いますよ?
悪い営業しましたごめんなさい!
3

(無題)

投稿者:tako
削除依頼
2017/06/10 21:45:30 (y/mDrLoY)
元警察官です。職業柄スーパーなどで万引きをする女はすぐ分かる。
このあいだも万引きした中年の上品な奥さんを見つけた。
彼女がそのまま外に出て行ったので、後をつけて駐車場で声をかけた。
「奥さん、レジを通さない品物を持ってますね」
彼女は顔色を変えて震えた。
「私は警備員ではないですよ。私の車の中でちょっと話ましょうか」
女は私の車の助手席に乗った。
「どうか、お願いします。見逃して下さい。」
「そこまで分かっていらっしゃるんでしたらちょっとつきあって貰いましょうか」
そのまま車を走らせて、とあるラブホテルに入った。
覚悟していた奥さんは黙って着物を脱いだ。
50才くらいだったがとてもいい体をしていた。
時間をかけて責めていたらだんだん感じてきた。
中に出さないでと言うので最後は口に入れて出した。






4
2017/06/09 17:20:10 (4N6wxrCW)
昔ながらの銭湯を好む私は、小さな会社を経営していた一昨年の初夏にも出張先で地元の銭湯を訪ねてみました。
どこでも銭湯を利用できるよう、旅行鞄の中には携帯用の洗顔と乳液、ボディーソープ、リンス・イン・シャンプー、ハンドタオル、バスタオルを入れてあります。
目指す銭湯は、商店街から住宅街に入った一角にありました。

入り口の扉を開けると、番台の女の人が愛想良く迎えてくれました。
銭湯なのに、乾式と湿式の2種類のサウナが完備しています。
お湯はぬるめで、熱めの好きな私にはモノ足りませんでしたが、水風呂は冷たくて気持ちが良く、サウナとの間を往復しながら結構長湯してしまいました。

入浴を終えて洗い場から出ると、「あらやだ、いつの間にか番台が男の人に交代してる!」ではありませんか。
脱衣場に目隠しや大きな衝立はありません。
女にとってはこの辺りが、スーパー銭湯では味わえない、ちょっとしたスリルですよね。
でも、番台の男の人は女湯の方を見ないようにしてくれていました。
覚悟はしていても、女性客に対する礼儀正しさと細やかな配慮は嬉しかったですね。

というのも、初めて利用する銭湯では洗い場から出たときに、向かいの番台に座っている男の人と目が合って、前も隠していない裸をジロッと見られることが多いからです…
毎日のように番台から女の裸を見ていても、「初物」だと食指が動くというわけではないようです。
だって、行きつけの二軒の銭湯でも、番台のお爺さんはよく私の方をジッと見ていますから…

たとえ番台に男の人が座っていても、私はタオルで前を隠したりはしません。
女も銭湯では素っ裸が当たり前で、前を隠すような真似は相手を異性として意識しているみたいでイヤなんです。
そもそも銭湯経営者が、番台から女性客のあられもない姿に露骨な視線を送るなんて、職業倫理の欠如した職権濫用行為ではないでしょうか?
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕