ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

職権乱用体験告白 RSS icon
※あなたに与えられた職権を利用したエッチな体験談です

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2017/05/22 21:51:08 (BH9PjjJ/)
数日前、部屋の押し入れを片付けていると、当時使っていた携帯電話とか、昔を懐かしむアイテムがたくさん出てきたことにより、ちょっと回想してみようか。なんていう試みです。最初に申し上げますが、長くなります。短編小説レベルになるはずです。お暇な方はお付き合いください。

これは5年前の話です。当時、俺は27歳でした。その時の俺は、働いていた会社を辞め、実家でテキトウな毎日を過ごしていたのです。しかし、俺の実家のオカンはかなり口うるさい方の人間で、常に働け。働かぬものに食べさせるメシはない。と、常々、俺に細かくいってくるのです。

俺はもともと仕事に関しては怠惰な方の人間ではないとは自分では思っていましたので、「そのうち働きに出るよ」と言っていました。ですが、正直に言えば、すぐに働きに出るといっても何をしたいのかまでは見えてはいませんでした。

27にもなって独身で実家暮らし。彼女もなし。もっと青春的な事もやれる年齢だとは思うのですが、しかしあと数年で30という見えない壁にぶつかっているような、そんな年頃でした。

そこで俺が考えたのは、(リゾートバイトいってみようかな・・・)と、数あるネット求人を見ている間に、そんな事を思いついたのです。

求人ページのスキー場とか山のペンションで楽しそうに働いている男女の写真。そんな写真をみて、(俺もこの中に入れば、いろいろ待ってるかもしれないな・・)と、無機質な都会でサラリーマンやるより、いっそのこと・・・・・!ていう、このまま朽ち果てたくない!っていう、なにか、はかなさを見せた、俺の冒険心でもありました。

俺はネットで、「この求人に応募する」ボタンを押し、自分のプロフィールを書いたものを送信しました。すると数日たって、〇〇カンパニー(仮名)という会社から電話があり、ぜひ、登録に来てほしいとの事でした。

俺は履歴書、身分証、口座がわかるもの、印鑑等を準備し、その会社に向かいました。

しかし、会社で提示された求人は、当時が2月だったということもあり、リゾート地はどこもシーズンオフ。唯一、すぐにでも受け入れ可能だった場所は、スキー場でも温泉街でもなく、、長野県にある、株式会社〇〇(大手電機メーカー)の保養所のみ。という結末だったのです。

立地条件的にも最悪でした。長野駅から車で40分。地図をみても周辺には山しかない。ただ、有名な浅間山荘事件のステージとなった場所が歩いて行ける場所にある。というだけでした。

働いている年齢層も、なんかイメージ的に高めで、、リゾート地というか、、収容所といったほうがいいのか、そんな先入観をもっていました。

俺はそのころ、仕事をやめて数か月間遊んでいたので貯金も底をつきかけていたし、親との関係もギクシャクしていました。正直、選んでいる余裕なんてなかったのです。

俺は「ここでいいです。やります」と、その長野のペンションに応募したのでした。

俺は、(応募したはいいけど、面接とかってどうやってやるんだ?)と思っていましたが、また数日後に〇〇カンパニーの担当者から連絡があり、「合格ですよ!いつからこれますか?」との事だった。どうやら書類選考だけで終わったのか、それとも長野の保養所は、誰でもよかったのか、そんな感じだった。

俺はなけなしの金で、長野までの新幹線の費用を出し、約束の日に向かった。するとあらかじめ、到着時間お教えていたので、長野駅には、ペンションの代表が迎えてに来ており、俺は荷物を車にのせて、オーナーが運転する中、山へ山へと進んでいったのである。

(ほんと、、、なんにもねぇな・・・)と思いました。あるのは雑木林のみ。それに、寒い。とにかく寒い。(なんてとこにきてしまったんだ俺は。。。)と後悔しはじめてました。

そしてペンションに到着すると、そのペンション内にある寮まで連れていかれました。寮に入ると6畳一間と押し入れ、風呂トイレがあるだけ。テレビもあったかな。なにもない空間でした。そこに荷物を置くと、「今日はきたばかりだから、ゆっくりしてて。明日から頼むよ。6:30に起こしに来るから、制服きてまってて」と制服を渡されたのです。

(え?6:30?そんなに早いのかよ!)と思いました。ちなみに制服とは、黒のズボンに白のシャツ、そして蝶ネクタイに、ベスト。でした。いわゆるウェイタースタイルです。

その日、俺はなにか憂鬱な気持ちで、地元のツレにメールをしたりして過ごしました。そしてあっという間に夜は開けていきました。

そして翌朝になると、ペンション内部の薄暗い厨房では、すでに調理師が朝食バイキングの料理をつくっており、40代、50代くらいのバイトのオバチャンが続々と集まり始めてました。俺と同年代どころか、20代の男も女もだれ一人おらず、後で知ったところ、シーズン中は若い人はいたとの事。しかし、シーズンオフになって、みんなやめていったとのことでした。

それを聞いて、俺がどれだけ憂鬱な気持ちになったか。

それから、新人の俺を教育する担当のオバハンが俺につきっきりで、テーブルマナー、接客作法、料理の説明、客の誘導、注文の取り方等、、かなりイヤミたらしく、そして厳しく教えられた。

そして俺は、いままで書いてなかったけど、リゾートバイトといっても、実際のところは社員登用されていたので、ひととおり、すべての業務をしっておかなければならない。ということで、玄関掃除、窓ふき、掃除機かけ、施設の中での、あらゆる場所の掃除。そしてベッドメイキング等、とにかく朝から晩までコキ使われた。

当時のスケジュールでいえば、6:00起床 6:30朝食準備 7:00朝食開始 11:00昼メニューへ切り替え 15:00休憩 17:00夕食(宴会)準備 21:00終了→晩飯→風呂→22時就寝 というサイクルだった。むろん、この間に掃除とかあらゆる雑用がはいってくるのはいうまでもない。

そして睡眠時間は8時間とれてる計算にはなるが、つかれ過ぎて2,3時間くらいしか寝ている気がしなかった。そしてなにより、娯楽がなかった。

そんなライフスタイルを三か月こなしたとき、ゴールデンウィークがやってきた。

ゴールデンウィークは、アルバイトの大量募集をかけるのだ。その中で、見込みのあるものを引き続き採用し、ピークの6月7月8月を乗り越えるのが、このペンションの慣習らしかった。 

俺は(新しい奴がきたら、やっとこの地獄から解放される!!!)っていう思いで、新しい新人をまった。

そして、「来週、月曜から新人くるから、頼むよ」と代表から言われ、「新人が来る」というだけで、どれだけの楽しみだったことだろう。どんな奴がくるのか楽しみで、夜も眠れなかった。俺の中で、第一希望:可愛い女 第二希望:普通に女 第三希望:気の合う男 とか、勝手に順位をつけていたのだった。

そして、当日の月曜日は来た。新人は全部で3名。 1「愛子」24ギャル、ツッパリ?じゃないけど、けっこう美人で性格は男勝りでサバサバ。 2「ユミ」20ほんわか大学生 3「リョウタ」21草食系男子 の3人だった。

俺は見習いではあるが、いちおう社員であるので、彼ら3名の部屋の割り振り、仕事の説明など、到着したその日でする中での最低限の事は説明した。

そして、同じように6:30に迎えに来るから。と俺がいつしか聞いたセリフを、そのまま3人に伝えた。それから俺は、その3人を中心に、リゾートバイトいや、リゾート社員生活が始まっていくのだった。
1
2017/05/05 22:24:28 (WgANV2dh)
宅配便の仕事をしていた時に人妻とセックスする関係になりました!
旦那様さんは出張族なんです(^_^;)))
だからといって奥さんは俺とのセックスにはまったです(^_^;)))
旦那様が出張すると黄色いパンティーがベランダに干されます暖
俺は夜間配達のふりをして人妻のマンションに上がり混んでで一晩中激しくセックスをします暖
人妻が生チンコが大好きなんですよ(^_^;)
俺はスキンを付けるとすごく残念な顔をするんですよ(^_^;)
最近は俺も中だしの快感にはまってしまったんです(。>д<)
いつか妊娠してしまうじゃあないかなぁ?
最近は毎週ですよ(^_^;)
こちらの体力が持たないんですよ(。>д<)

2
2017/04/26 00:50:17 (yOP4XzFC)
整備士をやっています。
もともとはガソリンスタンドで働いていたんですがシフト制に疲れてしまい、修理工場に入りました。
この話の相手の女性はガソリンスタンド時代の先輩。
2歳年上の金髪ギャルです。
気が強くて口が悪く正直苦手なタイプ。
最初はお互い嫌いあっていて話はしないどころか私が1日中虐められてた。
そんな時にマネージャーからその女性と2人でお客さんの車両の引き取りを命じられ出掛けることになった
しかもなによりも大事にしてる彼女のグロリアで・・
「なんでおめぇなんかあたしのグロちゃんに乗せてかなきゃなんねぇんだよ!」
なんて出発前に威嚇される始末・・・
道中最悪な雰囲気・・・
そんなおり彼女のグロちゃんが信号で止まる度アイドリング不調を起こしエンスト寸前。
あげくヘッドライトが消えそうになったり・・・
彼女パニック!
私「ダイナモでもいかれたんじゃないっすか?とまっちゃうからスタンド戻った方がいいっすよ!」
と・・・
話がつまらなくなり長くなるのではしょりますがこの後部品手配して、さっさと直してあげました!
そしたら私は彼女の信頼出来る専属メカニックになってしまったんです。
お互い仕事を辞めた後も修理工場に来ては修理させられてました。
しかも部品代だけもらって工賃はタダ・・・
仕事終わってから夜中やらされるのは面白くないのでイタズラしてたんです!
彼女に飯買って来てとかいろいろ出掛けさせてる間に飲み物に精子を混ぜ飲ませてました。
しかも大量に!
それがバレました。
チ○ポを飲み口に付け出してる時に・・・
「何やってんの?」
「もしかして毎回やってた?」
私何も言えず沈黙
沈黙をやぶり彼女が口を開きました。
「そんなことしなくても言ってくれれば飲んであげたのに!いつもタダで修理してもらってっから」
「コッチ来なっ!」
手洗い場にてチ○ポを洗って貰う。
「洗ってねぇのは流石に舐めれねぇからな・・・
 まあまあなサイズだな!ミルクティーの中に何回
 出した?」
洗って貰いながら3回・・・と答えると・・・
「ハァ?3回も出したんか?」笑いながら
「じゃああんま出ねぇだろ?よしっ!こんでいいだろ
 ツナギ脱げ!」
ツナギを脱ぎ、Tシャツにパンツ一丁
彼女がパンツを下ろしご対面。
「おっ!3回も出した割には元気だな!」
「よしよし、お姉さんが気持ち良くしてやるから
 なっ!」
ペロペロ、チュパチュパ。
「んっ?イキそうか?いいよっ!出せよっ!」
私の腰に両手を回し口だけで
ジュッポ、ジュッポと音をたてながら激しいフェラ。
口の中に思いっきり出しました!
「どぉ?一恵さんのフェラ良かっただろ?しかしお前の薄いな(笑)」
「また抜いてやっから溜まったら言えよな!」
「精子入りミルクティーもちゃんと全部飲んでやるからもったいねぇし(笑)」
この日から修理の報酬=フェラになりました。
その後私の車にフィルム貼りを手伝ってもらうことになり仕事終了後工場で待ち合わせ。
やって来た姉さんはキャミソールにミニスカート。
フィルム貼りを順調に進め休憩。そんな時に
「今日もしてやろうか?」と言われた。
流石に今回は自分のやってもらってるからいいよっ!
と言うと、
「遠慮すんなよ!いつもしてっからしてやるよ!」
じゃあ遠慮なく・・・(笑)
またいつも通りにペロペロしてもらってると、
「なぁ?今日はこっち使ってもいいぞ・・・」
こっちって?
「わかんねぇのかよ!あっち向いてろ!」
暫く待ってると
「いいよ・・・こっち向いて・・・」
姉さんの方を向くと・・・
四つん這いでパンツを脱いだ姉さんが・・・
理性がふっとび気付くと合体してました。
「ウッ!いきなり奥まで突っ込む奴いるかよっ!」
「最初はゆっくり突けよ!一恵さんのオマ○コいい
 だろ?ちっちゃくてキツキツってゆわれてんだか
 ら!」
「あっ!後中出しはすんなよ!したらこれからやらせ
 てやんねぇからな!」
「飲んでやっから口に出せよっ!」
そんなこんだで激しく突き口にたっぷり出しました。
残念だったのは格下に思っている私に突かれている屈辱からか、一切喘ぎませんでした。
射精後
「おぉ〜、今回はいっぱい出たな!最近は美穗ちゃん
 とやってないのか?」
美穗ちゃんって言うのはガソリンスタンド時代一緒に働いていたアルバイトのJKです。
やってないと伝えると
「出したんねぇならもっと相手してやろうか?別に
 明日仕事休みだから帰らなくてもいいしさっ!」
「ちょうど裏にラブホあるし!どぉする?」
答えは勿論お願いします!でした(笑)
部屋に入り速攻で上に乗らせて頂き思いっきりへコへコ腰振り。
朝起きたらまたへコへコ(笑)
流石の姉さんも
「おめぇ!昨日から何発ヤレば気が済むんだよっ!」
とお怒りモード。
でもお帰りの際は
「楽しかったぞっ!またなっ!連絡すっからな!」
とご機嫌でした。
最近は埼○県に姉さんが引っ越してしまったのでご無沙汰です。
また連絡こないかなぁ・・・




3
2017/04/20 10:56:45 (38UC2ZHg)
文章能力が全く無く読みづらいかもしれませんが。読んでもらえたら光栄です。



俺は26歳でホテルの清掃スタッフをしています。

50〜60歳の女性10人と60歳のおじさん2人と26歳の俺1人で働いてます。
俺は若いだけあって会社からも期待され責任者が休みの日は俺が責任者の代わりをしている。責任者代行ってやつ。
その責任者をしているのが53歳でSっけプンプン美魔女のAだ。
俺がこの仕事を始めたのは5年前でちょうど同じ時期にそのAも入ってきたから約5年間の顔見知りである。変な関係は一度もなくAは下ネタを嫌うタイプだ。

俺が代行を始めてからある日気付いたのだが、いつもみんなが荷物置きにしている棚の角にAのカバンが置いてある。俺は気になったので覗いてみるといつもAが仕事で履いてるズボンが入ってあった。。。俺はそれを見た瞬間ムラムラしだして勃起が収まらなかった。
とりあえず一旦落ち着きみんなが帰ってからじっくり楽しもうと考えた。
仕事中はずっとガマン汁が出ていて仕方がなかったが堪えて堪えて終わりの時間まで待った。

そして、、、

仕事が終わりみんなが帰った。


俺は恐る恐るカバンからAのズボンを取り出しトイレに駆け込んだ!
そして鍵を閉め、ズボンを裏返しにしてAのおマンコがあたる股間部分を顔に押し付け臭いを探った。。すると一部分だけオシッコの臭いがした。もう俺は我慢できず一気にチンコを出しオシッコのする部分にチンコを擦りつけチンコをシゴイた。
ガマン汁がAのオシッコ臭いとこに糸を引いて染み込んでいった。それを見て一気興奮がMAXになり射精した。。。

そして最後にもう一度臭いを嗅いでAのカバンにズボンを戻した。

翌日
仕事に行くとAは俺のガマン汁がついたズボンを履きいつもの笑顔でおはよう!と言ってきました。

最高でした。


4
2017/04/01 10:43:24 (D/I7SnoL)
昭和50年代前半、親元を離れて東京で大学生活を送る私は、父方の大叔父が経営する銭湯でアルバイトをしていた。
仕事内容は日曜・祝日のボイラー業務。
工業高校在学中にボイラー技師の資格を取得していたので結構いい給料が貰え、毎日の風呂代も浮くため、生活は割りと豊かだった。
その頃、都内のアパートに風呂の設備は完備しておらず、利用客は非常に多くて、銭湯経営は儲かる仕事のひとつだった。
儲かる上に番台に座れば素人女の裸を見放題なので、銭湯経営(=番台に座ること)はプロ野球の監督やオーケストラの指揮者と並んで、「男の憧れの職業」にも数えられていた。
番台業務や脱衣場の掃除、洗い場の湯加減調整という一番オイシイ仕事は、大叔父とその息子(父の従兄弟)で独占しているため出番はなかったが、洗い場の奥にあるボイラー室には外から自由に出入りできたので、扉の小窓から女湯の洗い場を好きなだけ覗けた。
お陰で、私と同年代の女子学生や少し年上のOL、出勤前に利用するホステス、子ども連れの若い母親や色っぽい年増の主婦など様々な女性の裸を目のあたりにできた。
ボイラー室は暗いので相手に感づかれることがないのに対し、室内灯に照らされた洗い場は明るく、女性客のヘア、乳房、尻がよく見えた。
当時、ヘアヌードはまだ解禁されていなかったので、童貞の私が女性のヘアを目にしたのはそのときが初めてだった。
目を付けた何名かの利用客をたまに外で見かけると、「服を着てても、オレはアンタの全裸の姿をよく見知ってるんだよ」と思っては、勃起したものだ。
初めはアパートに帰るまでガマンして、帰宅後に思い出しオナニーしていたが、やがて覗きながらその場で生オナニーするようになった。
人生で一番セックスしたい20歳前後の年齢で童貞だったことに加え、女性の生々しいヘアや乳房や尻が目の前にあって異常に興奮するため、放出する精液の量も半端じゃなかった。
それでも、ボイラー室に射精するような真似をしたことはない。
生オナニーを始めた頃はパンツの中にそのまま出していたが、パンツばかりかズボンまで汚れてしまうので、ズボンのチャックを開けてチンポを取り出し、準備してきたチリ紙(当時はティッシュという言葉がまだ一般的ではなかった)の中にするようになった。
大叔父も父の従兄弟も、私がボイラー室の小窓から女湯の洗い場を覗いていることは知っていたはずだが、何も言われなかった。
大らかな人たち、大らかな時代だったと思う。

5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕