ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

職権乱用体験告白 RSS icon
※あなたに与えられた職権を利用したエッチな体験談です

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 ... 195 196 197 198 199 200
2006/06/11 20:11:48 (DK9QIZwG)
以前から噂は流れていましたが、いよいよ今月になり社長から女性社員を減ら
すように内々の通達がきました。私にいる支店には女性5人がいます。その中
で2人は若くて仕事も出来るのでリストラさせたくはありません。残る3人の
うち1人は私と結婚するので辞めさせます。そして残り2人ですが悩みまし
た。仕事は全く出来ませんが私の見た目だけで採用した二人。どちらも若くて
スタイル抜群、巨乳です。常に巨乳フェロモンを出しています。私は2人を会
議室に呼び会社の事情を話しました。そしてどちらか1人をリストラしなくて
はいけない旨も伝えました。彼女達は動揺し、共に給料がいいから辞めたくは
無いと言ってきます。巨乳は散々みているのでマンコの面接で決める事にしま
した。二人にマンコを見せるように命じました。二人ともスカート、ストッキ
ング、パンティーを脱ぐと床の上で脚を大きく広げ、手でマンコを広げまし
た。すぐに勝負はつきました。1人は綺麗なピンク色で形も整っています。し
かしもう1人は真っ黒でガバガバでした。私は巨乳とスタイルはマンコに比例
していると思っていたのに面接をしてショックを受けました。今後、早急にリ
ストラ効果が表れて再び綺麗なマンコを採用出来る事を期待する日々です。
996
2006/06/06 00:13:58 (3nItA/MN)
どこに投稿したらいいのかわからないので間違いならごめんなさい

マッサージ師にヤられました
わからないのを良いことに全裸に浴衣だけの格好にさせられうつぶせて足を広げた体制で上に乗られたと思ったら腰を持ち上げられてそのまま奥まで…
やめてと頼んだけど無視して腰を打ちつけてきたマッサージ師は私の中でイッてしまった

「気持ちよかった?君の万子はいい感じだったよ」
てふざけた事言って笑った
後日 噂でつぶれたときいた
997

S美

投稿者:課長
削除依頼
2006/06/04 02:27:00 (ygSqBw5A)
新入社員のS美が俺の課に配属されてきた。上品な顔立ちで、立ち居振る舞
いにも鼻にかけたようなところが全くない。仕事の飲み込みも早く、部下と
しては非の打ち所がない娘だ。偶然を装ってヒップにタッチしたり、混んだ
エレベーターで一緒になったらワザと身体をくっつけたりしても嫌な顔一つ
しないので、ちょっとは脈があるかな?と思っていた。

課の飲み会でも、軽くチョッカイを出したりして、いたずらもだんだんエス
カレートしてきたが、S美はそのたびにうまくかわしてしまっていた。その
うちにだんだん俺のほうがのぼせてきてしまった。俺のほかにもS美を狙っ
ている男の噂は多かった。

そんなこんなで、1年近く経過したある日、社内に衝撃的なニュースが走っ
た。S美が結婚する、と。俺は直接の上司なのですぐにその全貌が把握でき
た。なんとS美の結婚する相手は、俺の上司のK部長だった。K部長は、俺
と同い年だが有名国立大学のT大学卒でライバル企業からヘッド・ハンティ
ングでこの会社に引き抜かれてきた人物だった。

その後、S美との関係はちょっと微妙な関係になってしまった。S美は職場
では部下なのだが、プライベートになると上司の妻なのだ。セクハラ的な行
為は厳禁なのはいうまでもないが、過去の行為を何時持ち出されるかと、毎
日ヒヤヒヤしながらすごしている。

S美はいつも笑顔で「課長」と呼んでくれるのだけど・・・・・。
998
2006/06/02 22:35:20 (3c2ASC3Q)
ホテルの依頼で夜間に出張マッサージに行った時の事です。その部屋はお婆さんと孫娘が居て、二人をマッサージをすとの事で、最初は90才近いお婆さんをマッサージをして、次に30才前後の孫娘のマッサージです。 白いシルクのパジャマに着替えベットに横になってました。少し会話をしながらソフトタッチで肩からマッサージを始め、首や背中のマッサージに移るとリラックスして、身体の力が抜け 入り込んだ状態 でグッタリ〜。かなり感じてる様なので、腰からヒップにバイブマッサージや指先で愛撫をしたら、身体をピクピクさせて小さな喘ぎ声を出し始めたのです。
お婆さんを見たら逆向きで眠って居たので安心して、さらに大胆になってパジャマの上から、右手の指でドテを左手の指でヒップの割れ目を撫で擦り、もう耐えられない感じでヒップを前後に動かしてたので、毛布を身体に掛けてパジャマとパンティを脱がし、アソコに指を当てたらグチョグチョになってて、そのまま指を挿入してマッサージをして何回もイカせて上げました。
999
2006/05/28 08:31:18 (EpK2NJV8)
麻衣からは毎晩メールが舞い込んだ。適度に無視しながら、土曜日夜に会う
約束をした。実は土曜日は朝からゆうとのデートを入れてあった。セックス
決行を決めている4回目のデートだ。三回目のデートときに既に予定通りキス
まではいっているのだが、予想外にガードは固かった。正直、4回目で決めら
れるかどうか自信はなかった。やり損ねたときの保険の意味で麻衣のデート
を入れておいたのだ。
ゆうに、昼食のあと、車の中で「抱きたい!」とストレートに言った。びっ
くりした様子であったが「本気で付き合ってくれるなら・・・」小声で少し
震えながら答えた。まさかとは思ったが、そのまさかであった。ホテルへ入
ったとき、ゆうが「初めてなの。優しくして・・・」と恥ずかしげに言っ
た。28歳で処女も珍しいと思うかもしれない。だが、婦人科で診察していて
も最近は意外に高齢処女が多いのには気づいていた。それもけっこうな美人
が多いのである。ゆうもそんな一人であった。
少しお話をしてそれぞれシャワーを浴びた。麻衣のときとは違いムードを大
切にし、飛び切りの優しさを示してやった。部屋は暗めに、そしてムーディ
ーなBGM。シャワーを浴びて出てきたゆうはパンティーをつけたままバス
ローブで身をつつんでいた。優しいキスと愛撫でじっくりと気分を盛り上げ
た。しばらくして最後に身に着けていたパンティーをゆっくり下ろした。恥
ずかしがっていた。処女の女性器をしばらく愛撫し続けた。ゆうも徐々に感
じてきたようだ。しばらくして体勢をかえ、ゆうの腰を抱えてぐっと近づけ
た。両脚を高々と上げさせ、生のペニスを穴に押し当てて挿入を試みた。穴
は十分濡れているがきつくて簡単には入っていかない。ゆうは痛みを必死に
こらえているようだ。「もうすこしだから我慢して・・」優しく耳元にささ
やいた。腰にぐっと力を入れ、一気に貫通させた。「痛いっ!」ゆうは叫ん
だ。そのまま浅いところでしばらくゆっくりピストンを続けた。少しずつ痛
みは治まってわずかに感じ始めているようだ。もう一度腰に力を入れ、一番
奥深いところまでゆっくりと沈めた。すごい締め付けである。しばらく処女
の膣内部の感触を堪能した。膣口の締め付けが強く、ペニスがぐっと締め付
けられているのがわかる。ゆっくりとそして時に激しくピストンをはじめ
た。しばらくして大量の精子をゆうの膣内にぶちまけた。そのまま抜かずに
優しくゆうに声をかけ、二人抱き合ったまま穏やかな時を過ごした。帰りは
コーヒーショップでお茶をして、お互いの気持ちを再度確認して別れた。別
れてすぐ携帯メールを送った。「素敵だったよ」すぐにゆうから返事がき
た。「ありがとう」
 すぐさま、麻衣の待つ駅へ向かった。穴から穴へのはしごである。このお
見合い会社のサクラのバイトをしていると本当に女が自由になる。医者との
結婚にあこがれている女は多いのだ。最近このバイトを始めてから、仕事以
外の時間はすべて女に費やしている状態だ。仕事も女の診察一筋だから、よ
くよく女に縁があるだと思う。
待ち合わせ時間は夜7時であった。ぎりぎり間に合った。少し不機嫌である。
「どうしてメール毎日くれないの?」「ごめん、ごめん、忙しくて」その夜
は、麻衣との2回目のセックスを堪能した。さっきとは打って変わって、男の
欲望丸出しのセックスである。泊まりで、夜2回、朝1回犯した。昼には別れ
た。
さすがに疲れたが、午後はゆっくりとお見合い会社から送られてきた7人のお
見合い希望女性のリストをじっくりと眺めた。
1000
1 ... 195 196 197 198 199 200
これ以下の書き込みはありません。
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕