ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

性的虐待体験 RSS icon
※幼少時に受けた体験談

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
削除依頼
2017/07/15 12:53:10
小さい頃、私の身近には変態がいっぱい居ました。

早いはなしロリコンがいっぱい居ました。

独身だった叔父さんや、年の離れた従兄弟とか近所のお爺さんとかに悪戯されていました。

でも、私はその行為を拒むとか嫌がる事はしていませんでした。

私の両親は飲食店を経営してて、そこそこ忙しかったけど若い年でマイホームも購入して返済する為に更に営業時間を延長して頑張っていました。
その分、定休日とかは身体を休めるために出掛ける事も少なかったです。

その両親の苦労を私は理解出来ていなくて寂しさだけを感じていました。
そんな中で、私に悪戯してきてた人達は優しくて、寂しかった私は構ってくれる人達になついてしました。

だいたいの人達は、最初は遊びの中でふざけて私の身体を触ってきて、私が嫌がったりしないと段々と触り方がエスカレートしてきて、二人っきりになると必ず私の身体に手を伸ばしてきていました。

悪戯していた人達は全員が下着の中に手を入れてきて性器を触ってきていました。

その行為に対しては罪悪感なんか全然ない頃でしたから私は嫌がらずに、その人達にされ放題だったと思います。

友達ともよく遊んでいましたが、いつも遊べる訳ではなかったからその時は一人で留守番をしてたり、一人で遊んでるとお爺さんに「遊びにおいで」と誘われたりもしていました。

お爺さんは、元は学校の先生だった人で宿題なども教えてくれたり、家の中に居て楽しめる遊びを教えてくれたりもしてくれました。

遊び飽きたりするとテレビを見たり、私が持参したDVDを見たりしながら私をあぐらの上に座らせて身体を触ってきて、テレビを見ながら私がそのアニメの登場人物を説明したりしてると必ず脚を擦ったりして、薄着の時は服を捲り上げてお腹を撫でたりされました。

撫でてた手が半ズボンの中に入ってきて、下着のゴムの所をすり抜けて性器にたどり着くと指を押し付けてある場所をグリグリとしてきたり、性器の溝の中を触られていました。

だいたいの人達の悪戯は同じように性器を触っていました。

でも一番構ってくれてたお爺さんとの行為は更に大胆になっていきました。

お爺さんには奥さんも居ましたが、アウトドアー派の奥さんはよく外出していましたからお爺さんと二人っきりになる時間は多かったです。

小学三年になった頃にはズボンや下着を脱がされてしまいました。

するとお爺さんは私の性器に口を付けて舐め始めました。

それを見て「お爺ちゃん、そんな所を舐めたら汚いよ」と言うと「可愛い子のここは舐めても汚くないんだよ」と言われたり「大切な人のなら舐められるんだよ」とも言われていました。

その様に言われると、とても嬉しかったし何よりも変な気持ちだったけど、小さいながらも何か気持ちが良かったのを覚えています。

1
2017/07/14 10:04:34
私が小学五年生の時に父が単身赴任しました、その頃から母親が家に知らない叔父さん連れて来るよう成って父が居ないから叔父さんが泊まって母と叔父さんがエッチしてるの目撃するようなりました、夏休み前に父が母親の異変に気がつき。私が父の単身赴任先に遊びに行った時食事中父はアルコール呑んでて、私に色々聞いて来て母と叔父さんとの事を父に話すと父はお前だけしか信じれる家族居ないと言って、愛梨世界一愛してると言いながら私にキスして来て今日からは愛梨がお父さんの彼女だよと父が言ったからお父さん大好きだったから、私はうんと返事したら父からお風呂入ろうと言われ一緒に浴室に行ったら父が私の割れ目舐めて来て大好きな人のはお互い舐めて綺麗にし合うんだよと言ったから私も父のくわえました、父親から体洗われてベッドに連れて行かれて、全身舐められて割れ目に父がクリームみたいなの塗ってから父のが私の割れ目に入って来てめちゃくちゃ痛くて、痛い痛いと泣いてたら愛してるからするんだよ、女の子は男を気持ち良くするために産まれてくるんだよとか言われて、まだツルツルの生理も来てない私の中に出されて割れ目から血液と父親の出したやつとが混ざって出て来て父親が私の裸の写真とビデオ撮影はじめて、お父さん大好き嬉しいとビデオカメラの前に立って割れ目自分で拡げて言わされました。
母親に内緒で何か変な感じと母親も叔父さんと裸で父と私のしてる事して気持ち良く成ってるとか思ったら母親から父を奪ってる感じで嬉しかったです、父とは中学生に成るまでは単身赴任先の父のマンションで毎週エッチして水着や体操服来てやったり私の割れ目からおしっこしてるところ撮影や父とおしっこ掛け合ったり、浣腸されたりしました。
中学生に成り父親が単身赴任終わって帰ると母が居ない時にイチャイチャしたりしてました、中学二年で生理来たけど父は安全日だからとか中に出してて中学三年のゴールデンウィーク開けに生理がしばらく来なくて母親と病院に行くとお腹に赤ちゃん妊娠して病院の先生から聞かれて友達のお兄さんとしたと言ったけど相手に確認すると言われて誰だか言えずに居たら先生から内緒にするから本当の事言うように話され父との事話しました、自宅に帰ると母と父がけんかはじめたけどお前が他の男に抱かれて喜んでたのが悪い愛梨とは好き通し愛し合っただけと父が言って愛梨もお父さんの事好きだよなと言って母親の前で父とエッチして私は中絶しました。
2
2017/07/11 02:21:29
9歳のときに養父に犯されました。
学校から帰ると少し酔った養父が、体をさわってきて、怖いというかどうしたらいいか分からずにじっとしてたらパンツを脱がされました

よく覚えていませんが、ヌルヌルしたものをあそこに垂らしてから入れられました。痛くて手足をバタバタしたら割れ目からお腹に入ってたものが抜けたので逃げようとしたら押さえつけられて今度は後ろから入れられました

ずりゅずりゅと音がする度にお腹が痛くて苦しくて吐きそうになりました。いだいよぉーいだいぃぃ!!てずっとうわ言みたいに言ってました。

泣けば養父は喜びました。2年も経つと感じるようになっていました。養父の太いものが割れ目の肉をかき分けて入ってくると悶えるくらい気持ちよくなりました。でもやめてほしかった。ランドセルを背負って立ったままで指でイカされたときは悔しいのか悲しいのか分からなくて泣きました。他の友達はこんなことしてないのに!って思って。

フェラは臭いしアコが疲れるので好きじゃなかったけど、養父が好きだったのでよくやらされました。フェラしてから挿入が毎回のパターンでした。自分で割れ目を広げて中に指を入れてから「ここにパパの太くて大きいのを入れてほしいです」って言わされてました

「パパ気持ちよくしてあげる」っていう言葉もよく言わされてました。5年生のときはバックから養父に犯されるのも好きだったけど、抱っこされてゆさぶられるのが1番好きでした。あと外でするのも好きでした

毛が生えてきてからは毎回剃られました。今も綺麗に剃ってます。虐待のせいなのかエッチしたくて毎日うずうずします。


3
2017/07/10 16:35:38
私の家族は、母、兄、姉、と私の四人家族です。
父は、私達が幼い頃に土木現場の事故で亡くなりました。

生命保険や会社からの補償は有りましたが、母はあまり贅沢をしないように生活をしていました。
でも、連休や夏休み等には私達を電車で旅行に連れていってくれていました。

家族で始発に乗って、目的地で散々遊んで楽しんだ帰りの時の事です。

閉園近くまで遊び、駅の近くの中華料理店で遅めの夕御飯を食べて電車に乗りました。

1本目の乗り換えをして、次の電車に乗る頃には私は眠気に襲われていました。

乗り換えた電車には、他の乗客はまばらでした。
私はシートに座ると電車の揺れに誘われ、すぐに眠ってしまいました。

ふっとした事で目を覚ましました。

徐々に意識がはっきりすると、誰かに身体を触られているのが分かりました。

薄目を開けて辺りを見ると反対のシートには母が眠り、その母の膝に頭を置いて姉が眠っていました。

兄は、少し離れたシートに横になって眠っていました。

私もシートに仰向けになって眠っていたらしく、私を触っている人の方に顔を向けると、一人の男の人が座っていました。
手を伸ばし、私のスカートの中に手を入れて触っていました。

パンツの上から触ってた手が、足の方のパンツのゴムをすり抜けて直接触ってきました。

私が目を覚ましてる事に気付いた男の人は、空いてる方の手で自分の口に人差し指を立てて、しぃーという仕草をしていました。

私も疲れていて起き上がるつもりも有りませんでした。

男の人の指はゴツゴツしてて、亡くなった父の指の様でした。

父にそこを触られた訳でななかったけど、何となく父の事を思い出していました。

その男の人は、時よりニコッと笑いかけては向かいのシートに座る母の方を見ていました。

一旦パンツから手を抜くと、お腹の方からパンツを引き下げて、また触ってきました。

お腹を撫でたり、ワレメの中を指で触っていました。

オシッコが出るところで汚いのにと思っていましたが、男の人は構わず触っていました。

閉じてた足を少し開かれると、ピリッとした痛みを感じてしまい足を閉じました。

しばらく触られていたけど、だんだん眠気が増してきていつの間にかまた眠っていました。

母の声がして身体を揺すられて目を覚ましました。

スカートはちゃんとしてたけど、パンツはワレメが完全に見える位までずり下がっていました。

辺りには私の事を触っていた男の人の姿は見えませんでした。

家に着いて、お風呂にも入らず自分の布団に入ると、電車の中で男の人に触られていたけど所を自分で触っていました。

あの男の人の指を思いだし、それを父の指に置き換えて父の事を思い出していました。

父の法要を境に叔父さんがよく遊びに来る様になりました。

母には「困ったことがあったら遠慮無く言ってね」とか言ってくれていました。

私達にはおみやげとかも買ってくれていました。
兄も姉も叔父さんが来るのを楽しみにしていました。

ある日に、私が友達と遊んで家に帰ると玄関には叔父さんの靴がありました。

台所に行くと、母は夕飯の準備をしていました。
叔父さんを驚かそうと静かに居間の戸を開けて中の様子を伺うと、叔父さんの膝の上に姉が座っていました。

よく見ると叔父さんの手は姉の穿いていたズボンの腰の所から中に入っていました。

姉もそれを拒む事もなく、姉のズボンの前の方では中で叔父さんの手が動いているのか、ズボンがモコモコしていました。

二人はテレビを見て笑いながら話していました。
叔父さんは父に似てたし、仕事も会社は違っていたけど同じ職種をしていたから、私も抱っこされていた頃は父と同じ感じ指だと感じていました。
その様子を見て、私は姉にヤキモチを妬いていました。

その晩は叔父さんが泊まる事になり、兄も姉も喜んでしました。

五人でワイワイ話ながらいつもより楽しい晩御飯を済ませました。

「お風呂が沸いたからDDさん(叔父さん)先に入って」と母に薦められると「ありがとう遠慮無く」と立ち上がると「私が背中を洗ってあげる」と私は叔父さんのあとを追うと「じゃ、私も」と姉も一緒に付いてきました。
ちょっと狭いけど、三人入っても大丈夫でしたが、浴槽に三人は無理で誰か一人は洗い場に出ていました。

私が洗い場で髪を洗いながら、浴槽の叔父さんと姉の様子をチラチラ見てたら、叔父さん手が膨らみ始めてた姉の乳首を触っていました。

私は急いで髪を洗い流し、浴槽の姉と入れ替わりました。

叔父さん胡座の上に座る様にお湯に浸かると叔父さんの手が足や腕を撫でる様にしてくれていました。

でも、あの電車の男の人がしたようにワレメは触ってわくれませんでした。
髪を洗った姉が叔父さんと入れ替わりました。

私も一緒に出て、叔父さんの背中を洗ってあげたら、そのまま交替で今度は私の身体を叔父さんが洗ってくれました。

お互いの身体をシャワーで泡を洗い流しました。
「わたしも」と姉が浴槽から出たので私は浴槽に入りました。

浴槽に入っている私は叔父さんの身体で、洗ってもらっている姉の体はこの状態では見えなかったけど、鏡に映った姉の股に叔父さんの手があって、足の間を叔父さんの腕が動いているのが見えました。

あまり長湯が苦手な私は「先に上がるね」と二人を残して脱衣場に出て身体を拭いていました。

お風呂場の中では、よくは聞き取れない位の二人のひそひそ話がしていました

中学生になった姉は、急に叔父さんとの距離を置くようになっていました。
六年生の終わり位まで叔父さんともお風呂き入っていたけど、それも無くなりました。

私は相変わらず叔父さんとは一緒にお風呂に入っていました。

私が五年生になると、叔父さんは私と二人だけの機会を作ると、前に姉が叔父さんにされていた様に、叔父さんの胡座の上に座る様に言われると、私の身体を撫でながら、パンツの中に手を入れてきました。

電車の中で触られた様に指で触っていました。

私が六年生の夏休みの時に、母が仕事に出掛け兄も姉も部活に出掛けた時に、一人で留守番をしてたら叔父さんが遊びに来ました。

夏休みの宿題をしていた私を胡座の上に座らせた叔父さんは、スカートの中に手を入れてきました。

パンツを脱がす様に強引にゴムの所を引っ張ったので、ゴムが切れたら大変なので私がお尻を少し浮かせると一気に引っ張って脱がされてしまいました。

すぐにワレメの中に指を入れてきました。

何度もポチッとしたクリトリスを触っては膣の辺りに指を押し付けていました。

宿題をする手も止めていました。

胡座の上から私を下ろし、畳に寝かされるとスカートを捲り、何も着けていないワレメに顔を近付けて来ました。

ネチョッとした感触がして、それがワレメの中を上に上がったり、お尻の方に行ったりしていました。

その頃には、学校で男女の身体の仕組みや妊娠に至るまでの説明は受けていました。

六年生になり、急に身長も伸びて姉より高くなったし、胸のサイズも姉と同じ位になっていました。
ニュルと膣に何かが入るのを感じました。
痛くは無かったけど違和感がありました。

自分では触っては居たけど、中には怖くて入れたこと有りませんでした。

4
削除依頼
2017/07/01 04:48:27
随分と前の話になりますが、少しだけ想い出を書かせてください。

記憶が定かでないのですが、当時、私は3歳か4歳くらいだったと思います。
私には10才離れた兄がいるのですが、その当時毎日のようにいたずらをされていました。
今なら間違いなく、性的虐待と言われると思います。

ただ、なぜだか私は当時も今も兄から性的虐待を受けたという意識は薄いのです。

幼心にも、兄は優しくて、いつも見守ってくれていて、一緒に遊んでくれて楽しいし、
いつも私を包んでくれているようで一緒にいることが大好きでした。
両親が共働きでいつも側にいるのが兄だけだったことも大きいのかも知れません。

母とその当時の話をすると、母の言うことは聞かないのに、兄の言うことはちゃんと聞く
子供だったらしいです。将来は、「兄のお嫁さんになる」と言っていたようです。
ていうか言ってた記憶が微かにあります。
今、思い出しても、気恥ずかしいですが、嫌ではありません。

そんな兄も当時は13、4歳の入り口に立つ年齢でしたので、性的な興味もあったと思います。
もちろん幼い私は、そんなことを考えることもなく、大好きな兄が誉めてくれること、
喜んでくれることがうれしくて、言われるまま、されるまま、むしろ積極的に参加していた
こともあったように思います。

ただ、何かしらいけない事をしている気がしていたので、誰にも言いませんでした。
でも、それすら兄と二人だけの秘密として、嬉しかったです。

始めのころは、二人で遊んでいる時に兄にパンツをずらされ、お尻がでるのを私がパンツを戻して隠す。
するとまた、兄がずらし、私が戻す。を何度も繰り返しキャッキャ言いながら遊んでいました。

やがてパンツをはぎ取られるようになり、それを私が追いかける。追いかけっこになりました。
追いかけっこしているのですが、そこは幼い子供のことで、他に興味を引くものがあれば、パンツのこと
など忘れて下半身丸出しのまま別なことを始める。といった感じで、兄はそれが楽しみだったようです。

パンツをはかないで過ごす時間に少し慣れてきたある日、兄が私に言いました。「パンツ脱がしてもいい?」
「なんでぇ?」、「サチ(私)のお尻みたいから」「ちょっとでいいから、いい?」
ちょっとバツの悪そうな顔で聞いてきました。
「うぅん。。いいけど。。」それを聞いた兄の顔が笑顔で輝きました。
兄の手が伸びてきて私のパンツを足首まで下げました。私は自然に両足をパンツから抜きました。

そして兄に言われるまま、クルクルと回ってみたり、四つん這いになったり、寝転んだりしました。
やがて仰向けに寝て目を閉じて、足を開くように言われ、そうしました。
しばらく、何もない時間が過ぎたので、目をあけて兄をみると「こら、目をあけちゃだめ!」と
笑いながら怒られたので、もう一度目を閉じてじっとしていました。

すると、「兄は女の子のおちんちん(クリのこと)ちょっとだけ触ってもいい?」と聞いてきました。
私は目を閉じたまま、うなずきました。
最初は割れ目ちゃんを左右に開かれました。
そして兄に女の子のおちんちんをなぞられました。
上から下に行くときはくすぐったいのですが、下から上に行くときは、ちょっと痛かったですが、
黙って兄に従いました。途中、兄にばれないように薄目で兄をみましたが、
照れくさそうでうれしそうだったので、私もちょっとうれしかったのを覚えています。
多少の進展を見せながら、半年くらい続いたのではなかったでしょうか。

当時のことを私が覚えていることを兄は知りません。
きっと、覚えていないと思っていると思います。

今、思うと大人になろうとしていたまだまだ子供の兄がほほえましく思えます。
ずっと後になって小学生になった私が夜寝ているときに
一度だけ兄に胸を吸われてことがありましたが、昔懐かしく思い
最後まで寝たフリをしていました。

今は離れて暮らしていますが、今でも大好きです。お兄ちゃん。



5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕