ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

性的虐待体験 RSS icon
※幼少時に受けた体験談

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
削除依頼
2017/04/23 12:57:56
私は、ド、が付くほどの田舎に住んでしました。
そんな田舎の公園で知り合ったお爺さんとの事です。

それまでは一人で公園を散歩する姿は見掛けていましたが、ある日一匹の小さな犬を連れて公園に来ていました。

その姿を目撃して、犬好きの私はすぐに掛けよってベンチに座って居たお爺さんに「撫でてもいいですか」と聞くと「いいよ」と微笑みながら言われたので、しゃがんで茶色のフワフワした毛の感触の頭を撫でると、凄く喜んでじゃれ着いてきました。

トイプードルと言う犬種だと教えでもらいました。

名前を聞いたら「プーさんだよ」って最初くまのプーさんを思い浮かべました。

プーさん、私の手や膝を舐めたりスカートの中に顔を入れてきて、クンクン臭いを嗅いでいました。

家では犬が飼えなかったので、公園に犬の散歩に来るお爺さんを待っていました。

一緒に遊んでた友達は、犬や猫が苦手だったのでお爺さんには近付いては来ていませんでした。

そんなある日に「知り合いから珍しいワンちゃんを預かってるから友達と見に来るかい」と言われたので、友達に話したら「犬は怖いから…」と言われて仕方なく友達と別れてお爺さんの家に行きました。

家に行って、部屋に通された私はプーさんと遊んでしました。

小さいプーさんの視線の高さに合わせて手足を着いて四つん這いで遊んでたら、突然に私の上にのしかかってきました。

突然だったので、えっ!?てなって居たら、スカート越しのお尻に何かが当たっていました。
「こら、やめなさ」とお爺さんの声が聞こえると、のし掛かってた人が離れました。

振り替えって見たら、人ではなくてプーさんの親かと思うくらい似てたけど、プーさんの何倍もあるワンちゃんでした。

お爺さんの説明だと、スタンダードプールと言う犬種のロッキーと言う名前だと教えてくれました。

私にのし掛かって来たのは挨拶みたいな行動だと教えてくれました。

確かに、犬を飼ってる友達の犬も遊びに行くと、よく脚にしがみ着いて来てた。

その後も、遊びに行くとロッキーは四つん這いになってる私の後ろからのし掛かって来ていました。
その度にロッキーは私のお尻をツンツンしていました。

その後ロッキーは部屋の隅っこで寝ていました。

プーさんとロッキーと一緒に遊びたかったのに、ロッキーはあまり懐ついてくれませんでした。

お爺さんに「なんでロッキーは懐いてくれないの」と聞いたら「ゆずちゃんがロッキーに心を開いてないからかも」と言われてしまいました。

私はそんなこと無いと思っていましたが「もっとロッキーと仲良くなれる方法があるよ」と言われて私はロッキーと仲良くなりたいからお爺さんにお願いをしました。

するとDVDのデッキをセットするとテレビの画面には外国の男の人と女の人が裸で何かをしている動画でした。

女の人が四つん這いになってて、男の人が女の人後ろからのし掛かってた動画でした。

女の人も男の人も幸せそうに見えました。

「こんな具合に、ロッキーとゆずちゃんも仲良くなれるんだよ」と言われて私はロッキーと仲良くなれる様に頑張る事にしました。

お爺さんは「いきなりは大変だから、お爺ちゃんが手本をしてあげるよ」と言われてスカートとパンツを脱ぐ様に言われましたが、私が躊躇っていると「ロッキーと仲良くなりたいんでしょ」と言われて決心して、お爺さんの目の前でスカートとパンツを脱ぎました。

私のお祖父ちゃんとはまだ一緒にお風呂に入っていたから、私のお祖父ちゃんだと思う様にしてみました。

「とりあえず準備運動ね」と言われて仰向けに寝かされて、下半身裸のままの脚を左右に開かされました。

その時「目隠しするね」と顔にタオルを顔に被せられました。

「じゃ、ロッキーがナメナメするからね」て言うと私の股をペロペロと舐める様な感触を感じました。

目隠しされていたから少し怖かったけど、ロッキーと仲良くなりたい一心で我慢していました。

ニュルと初めて感じる感覚でした。

チクチクした感じもしていましたが、何をされているのかは分かりませんでした。

でもある一箇所を触られるとフワフワとした感覚になっていました。

「はい、今日の練習は終りね」と言われて顔に被せられてたタオルを取ってもらいました。

練習が終わったあと「練習してロッキーと仲良くなるまで、この練習の事は誰にも内緒だからね、みんなを驚かせて上げよう」と言われ私もお爺さんの意見に賛成しました。

それからは、学校の帰りとかにお爺さんの家でロッキーと仲良くなる為の練習をしていました。

もぉ、お爺さんの前で裸になるのにも慣れてて、自分から脚を左右に開いて待ってから、ペロペロされるよりかは、ある一箇所をグリグリされるのが好きになっていました。

そんな事が6年生になってからも続いて、いつからかは忘れたけど、目隠しする事も無くなってて、ロッキーが舐めてたのじゃなくお爺さんが舐めてたのが分かったけど、あのグリグリされる気持ちよさが忘れられなくて、普通にお爺さんと裸になって遊んでいました。

ロッキーは元の飼い主さんが迎えに来てて、部屋にはプーさんと私とお爺さんだけになっていました。

そんな中で、お爺さんは私の中に固くなってるオチンチンを入れてきました。

痛みはあまり感じなかったし、出血もありませんでした。

6年生の夏休み前に、女の子の身体の仕組みや生殖行動を習い、お爺さんは私に生殖行動をして居たのだと分かり、それ以来はお爺さんの家には行っていませんでした。

ただ今思えば、初潮前で良かったと思いました。
1
2017/04/19 10:20:28
悪戯されてました、どんどん絵すかれしていき処女も奪われました、、毎週末を迎えるのが嫌でお兄ちゃんが寝てるすきに尿道とお尻の穴にアロンアルファぬりたぐってあげたらそれ以来静的オモチャにされることがなくなりました
2
2017/04/09 20:19:17
引っ越しをして3年生から新しい学校に通い始めました。

今度の学校は、1学年1クラスで全校児童でも40人に満たない小さな田舎の学校でした。

少人数なので直ぐに友達もできて学校に慣れました。

家も近所の千秋ちゃんとはよく遊んでいました。
4月の終わりからは田植えのシーズンが始まり、村の人達は忙しそうでどの家の小学生も忙しそうでした。

千秋ちゃんの家も田植えで忙しいかな…天気も良くて暖かいしな…
と思いながら母に「千秋ちゃんの家に行ってくるね」と言うと「田植えで疲れてお昼寝してるかもしれないから大きな声を出さないのよ」と言われ千秋ちゃんの家に遊びに行きました。

千秋ちゃんの家は農家で大きな家と倉庫みたいな建物がありました。

倉庫の脇にいつも繋がれて犬が居るんだけどその日は居なくて、その倉庫の前を通りすぎ奥に歩いていくと庭が見える部屋のガラス戸が1枚分開いてて、そっと中を覗くと誰かの姿が見えましたが、よく見たらもう一人居ました。

寝転がって人が履いてるスカートで千秋ちゃんだと分かりました。

その千秋ちゃんのスカートから出てる細い脚の間に頭を突っ込みスカートで顔が見えなかったけど、千秋ちゃんのお爺さんだと分かりました。

その光景を見て、前に住んでたお隣さんのお爺ちゃんの事を思い出していました。

3年生になったばかりの私にはその行為が悪い事だとは認識していなかったと思います。

私は邪魔をしてはいけないと思いながら帰りました。

ある日、母とふたりで住んでいた家の大家さんの家に行った時の事です。

大家さんの家も大きくて、田畑もいっぱいあるそうです。

大家さん家族は旦那さんと奥さんとその息子さんの3人で住んでいるそうで、3人で住むには大きすぎる家だな…と思って大家さん家族と母の会話を聞いていました。

退屈そうにしてると息子さんが「ゲームして遊ぶ」と私に話し掛けてきて、私な母の顔を見ると「ご迷惑だから」と言われてしまいました。

本当なら凄くゲームしたかったけど母の言う事を聞いて諦めました。

その日は帰りに野菜や山菜を貰って帰りました。

ゴールデンウィークの初日でした。

千秋ちゃんの家も田植えをするみたいでみんなで出掛けていきました。

私は村の雑貨屋さんに買い物に行った帰りに大家さんの息子さんと偶然会って「ゲームしに遊びに来る」と誘われ「お邪魔しても良いんですか」と一応確かめると「おいで」と誘われ大家さんの家に付いていきました。

息子さんの部屋は敷地内の別の建物の中にありました。

部屋の中に入ると、大きなテレビやアニメのポスターと色々なゲーム機とソフトがいっぱいありました。

本棚にもマンガやアニメのビデオやDVDとかもたくさんありました。

対戦ゲームとかを一緒にやったり、RPGのゲームとかにも凄く詳しくて強かった。

私は息子さんの事をきよさんと呼んで、きよさんは私の事をあーちゃんと呼ぶようになっていました。

大家さんの家は専業農家の為に土日とか関係なくて、たまにしかきよさんと遊べませんでした。

きよさんの所に遊びに行ってる事は、友達にも父や母にも内緒で遊びに行っていました。

きよさんは「俺が居なくても遊んでいいよ」と言われ、その時は裏口のドアーから入る様に言われました。

裏口のドアーから入る所は細い道を通ると農道に繋がってて、その農道を歩いていくと私の家の裏の方に行けるから便利でした。

きよさんの部屋に遊びに行き、たまにきよさんの胡座の上に座りRPGゲームの攻略とかを聞きながら遊んでいると、少しずつでしたけど私の腕や脚を撫でてきてました。

撫でられながら「今度あーちゃん専用のコントローラ買ってあげるね」と言われ凄く嬉しかった。
そんな事が何度も続いて、きよさんの部屋には私の専用の物が増えていきました。

ゲームをして遊んでいると最中の会話で「今度新しいソフトが出るんだよね」と話すと2週間位してきよさんが部屋に居る時に遊びに行くと新しいソフトが買ってありました。

そのゲームをしながらきよさんの胡座の上に座るときよさんの手がスカートの中に入ってきてて、パンツの上からアソコを触ったり、指先でグリグリされていました。

4年生になっていた私はには、きよさんに触られて気持ちよさと恥ずかしさがありました。

実際、きよさんは私の父や母より年上でお腹も出てて、決してカッコイイ感じでは無かったけど、話してると楽しかったし、時々宿題も見てくれて嬉しかった。

でも、きよさん結婚はしてなかったし、彼女も居ないみたいでした。

それまでにも何度かあったけど、5年生の梅雨の時にきよさんの部屋のベッドに寝転がってアニメのDVDを見てたらスカートの中に手を入れてパンツを脱がされ、スカートも脱がされてきよさんが私のアソコを舐めてきました。

暫くヌメヌメしてると、ニュルと中に異物が入ってきて一瞬チクッと痛みがしました。

アニメを見ているふりをしながらきよさんの動きを見ていました。

私の中に出たり入ったりしてるのはきよさんの指だと分かりました。

でも一番上の所を触られるとジンジンとした感じがしてて、ずっと触ってて欲しかった。

Tシャツとキャミを着ててもはっきり分かるシコリの様になっている胸を触られると痛かった。

きよさんは舌先で乳輪を舐めたり吸ったりしながらアソコを触っていました。

「濡れてきたね」と言われ恥ずかしかった。
自分で触っても濡れるのは分かってたし、気持ちよくなるのも分かっていました。

ただ自分で中に入れるのは怖くて出来なかったけど。

夏休みが終わる頃にはお互い裸になって抱き合ったり舐めたりしてて、きよさんの固くなった物を私のアソコに擦り付けたりされてました。

段々とゲームで遊ぶんじゃなくて、きよさんの部屋に遊びに行くとすぐにパンツを脱いでしました。

きよさんの趣味なのかビデオカメラをセットしてそんな様子を録画されていました。

裸で色々なポーズを撮ったり、私のアソコのアップを撮りながら「あーちゃんかわいいよ」と言われると調子にのって、自分で割れ目を開いててビデオカメラに向けていました。

その頃、家では父と母の仲が悪くなってて、あまり家に居たくなかったから、「千秋ちゃんの家に遊びに行ってくるね」と言い、見付からない様にきよさんの部屋に遊びに行っていました。

田舎の小学校でも性教育を受けて、ある程度の知識はありました。

きよさん的には一線を引いていたみたいだけど私から「して」とお願いしてきよさんと初体験を済ませたのが6年生の夏休みの事でした。

その日の前夜に父と母の大喧嘩を目の当たりにして自暴自棄と言うわけでは無かったと思いますが、誰でもいいから甘えたかったのかも知れません。
朝から雨が降ってて、蒸し暑くて傘も持たないで一人できよさんの部屋に行きました。

雨と汗で濡れてる私を見て「どした、こんなん朝早くに」ときよさんは心配してくれた。

確かに夏の朝だから5時前でも、もぉ明るかったけど、5時前だしずぶ濡れの私を見て驚いたみたいです。

きよさんゲームをやってる途中みたいでテレビの画面はRPGのゲームの画面が止まっていました。

濡れた服はエアコンの風でで少し涼しかった。

タンスからバスタオルを取り出し、私の長い髪を拭きながら濡れた服や下着を脱がしてくれて優しくバスタオルでくるんでくれました。

さっきまで蒸し暑くて汗を掻いてたのに。

きよさんがエアコンを止めて、ベッドの上のタオルケットを濡れたバスタオルと変えて裸の私の身体を包んでくれて、きよさんと一緒にベッドに横になりました。

きよさんに抱きしめられながら事情を話しました。
きよさんの体温がタオルケットに伝わり私の身体を温めてくれました。

きよさんに抱きしめられ居るだけで気持ちよくて、きよさんの唇にキスをしていました。

きよさんも応じてくれて大人のキスから始まりました。

きよさんに触れられ舐められると充分に感じてて触らなくてもアソコが自分の分泌物で濡れてくるのが分かりました。

チラッと見えるきよさんのトランクスの前がテントになってるのが可愛かった。

「して」と言ったのに「何を」と聞き返されて「入れていいよ」て言うのに「まだ早いし、凄く痛いんだよ」と言われたけど「都会の女の子なんか普通にしてるよ」「きよさん、私の事を好きじゃないの」と言うと「大好きだよ」と言ってくれて嬉しかった。

きよさんがTシャツを脱ぐとポヨンとお腹が見えて、次にテントになってたトランクスを脱ぐとピョンときよさんの固くなった物が出てきました。

脚を広げられ、赤ちゃんがオムツを変えてもらう様な態勢になった私にきよさんが上に重なってくるときよさんのが入ってくるのが分かりました。
押し広げられる様な感じの中でピリピリした痛みがして、一瞬きよさんが止まったらと思ってたら一気に入ってきて激痛で叫びそうになりました。
ジンジンとした痛みがしてて、痛さのあまり涙が出てきてた。

本当に痛かった。

でも、凄く感動と言うか嬉しかった。

初めて自分の中に入ってくれたのがきよさんだったことが。

ジンジンとした痛みの中できよさんの固いものが自分の身体の中で動き出すと痛いけど不思議な感じでした。

痛さの中で幸せを感じ、きよさんをも感じていました。

きよさんの「あーちゃん気持ちいいよ」「俺は幸せだよ」と言われたのが今でも頭の中に残っています。


小学生と40代の関係でしたが私も幸せでした。

きよさんの動きが止まりました。

ビクンビクンと鼓動の様に痛みがしていました。

そして私の初めてをきよさんに貰ってもらえて幸せでした。

そのあとまた繋がりました。
抱き合うと暑くなり、エアコンを利かせてゆっくりと始まりました。

きよさんの物はすぐに固くなりました。

まだまだ小さかった私の胸を「可愛い」と言ってくれて、さっきまできよさんが入ってた私のアソコを「きれいだよ」と言ってくれるきよさんが好きでした。

そんな関係は私の卒業式を境に終わりになると思いました。

父の転勤が決まり、父と母の離婚も決まりその村を去ることになりました。

母との暮らしが始まりました。

引っ越し先は隣の町で、中学校も統合され、幾つかの小学校からなる学年が出来ました。

中学、高校ときよさんとの関係は続き、高校卒業と共にお腹の中のきよさんの赤ちゃんと一緒にきよさんと結婚しました。
歳の差32歳の夫婦です。
3
削除依頼
2017/04/08 15:07:27
始めに、ここには恋人に言われて書き込みしてます。

小学2年の時に、鉄棒に跨いで乗っていると、マンコが気持ちいい事に気づいた私は
時々、夕方にみんなと別れてから一人鉄棒に跨がってオナニーの真似事をしていました。
鍵っ子で、7時過ぎまで誰も家には居ないので、日の高い時期は、一人で、遅くまで
そんな事をして遊んでいました。
先生に声を掛けられたのは小学6年の一学期でした。
5時になり、みんなが帰った後に、一人鉄棒に跨りオナニーの真似事をしていたときに
「そんな茶色い鉄棒に大事なところを擦り付けたら駄目よ」と大きな声で言われたのです。
先生とは、公園の前に有る団地の一階に有るパレー教室の先生で、もちろん女性です。
私が、恥ずかしさと驚きで黙っていると、
「ばい菌が入るよ。こちらに来なさい」とバレー教室に連れていかれました。
シャッターの閉まった教室には誰も居ませんでした。
先生は私に「マンコを消毒するからそこのマットに寝て、パンツを脱ぎなさい」と言いました
オナニーを見られた私は、他の人に知られるのが怖くて、素直に言う事を聞き
パンツを脱いで、足を開きました。
「消毒には唾液が効くから」と言った途端に、先生は、私のマンコを舐めました。
まだ、線でしかない私のマンコを広げたり、点でしかないクリを舐められて、初めての快楽を
私は味わいました。たぶん30分くらいは、先生にイジメられていたと思います。
最後に先生から口止めをされましたが、もちろん人になんか言えず、黙っていました。
2回目の快楽もすぐに味わいます。翌週くらいに公園で一人でいると、先生が声を掛けてきました。
また誰も居ない教室に入り、体育用マットに寝かされると、今度はパンツだけではなく
服やスカート、シミーズも脱がされ全裸にされて、マンコを舐められました。
2回目は、初めての時よりも強い快感だったのは、今でも覚えています。
それから先生と私は、月に2度程度は、レズの関係になっていきました。
夏休みには、先生も全裸になってくれて、マンコが私と同じでツルツルのパイパンだったのは驚きでした
そのとき、初めて先生のマンコを舐めさせてもらい、先生と恋人の気分になっていました。
先生は30前後のスタイル抜群な方、私には憧れの人でした。
今思えば、ロリコンレズのサド女で、男と寝るときは、変態マゾ女なんですけどね。

その後、先生の恋人に私は処女を奪われ、二人の性玩具になりますが
それは、また、恋人が書き込めと言ったときに、また来ます。

4
2017/04/04 09:50:23
私の父は仕事は転勤族と呼ばれる公務員でした。
引っ越し先の学校では、社交的な私は直ぐに友達になれたり、近所の人達にも可愛がられていました。

友達と遊んでるとよく近所のお年寄りに話し掛けられ、親しくなる機会がありました。

私の家のお隣さんも定年退職されたばかりの夫婦二人だけで住んで居ました。

学校から帰ってきた時にお隣のお婆ちゃんに声を掛けら、ランドセルを家に置いてお婆ちゃんの家にいきました。

部屋に入るとお爺ちゃんも居てお茶を飲みながらテレビを見ていました。

ジュースとお菓子を出されて3人で楽しく話していました。

お婆ちゃんが夕飯の仕度を始めて部屋にはお爺ちゃんと私だけになったけどお爺ちゃんの話が楽しかった。

お爺ちゃんは「ここにおいで」とお爺ちゃん胡座をしてる足をポンポンしてきたので言われるままにお爺ちゃんの胡座の上に座りました。

私もお爺ちゃんの胡座の上に座って話をするのが好きでした。

お爺ちゃんに話ながら私の脚や腕を撫でてくれるのが気持ちよくて好きでした。
時々パンツの上からアソコを触ったり、パンツの中に手を入れて直接触られてた記憶がありました。

2年生の時に、父の転勤が決まり6年生の卒業式を終えて帰る途中でお隣のお爺ちゃん偶然会って家に帰ってからお爺ちゃんの家に遊びに行く事になりました。

お婆ちゃんは居なくて、何時もの様にお爺ちゃんの胡座の上に脚を伸ばして座りました。

話ながらお爺ちゃんは何時もの様に腕や脚を撫でてきて「お爺ちゃん、あーちゃんが居なくなると寂しくなるな」と言われて私も寂しくなりました。
お爺ちゃんの手は私のパンツの中で動いていました。

撫でられている時より気持ちよくてお爺ちゃんの胸にもたれ掛かっていました。

スーッとお爺ちゃんの手でパンツが下げられて脱がされるとカーペットに寝かされるとお爺ちゃんがスカート捲り私の股に顔を付けてきました。


肘で身体を起こして見るとお爺ちゃんが私のアソコを舐めていて、ペチャペチャの舐められると凄く不思議な気持ちよさと、何でオシッコの出るところを舐めるのか、汚くないのか思っていたけど、何も話さないでいたら「あーちゃんとの内緒の思い出にするよ」とズボンのベルトを外してファスナーを下ろすと一気にズボンとパンツも下げてソーセージみたいな物を出して、それを握ると私のアソコに擦り付けたりしてたけど、肘が怠くなったのでカーペットに寝そべるとお爺ちゃんが体重をかけない様に私の上にきました。

私の脚を閉じる様にされて、アソコに固いものが挟まってるのが動き出すと私のアソコは擦れて変な気持ちになっているとお爺ちゃんの動きが止まり生暖かい物が脚の付け根辺りに感じました。

お爺ちゃんが立ち上がるとソーセージみたいな物は小さくてなってて、お爺ちゃんはティッシュで私のアソコを拭いてくれて、ウェットティッシュで綺麗に拭いてくれてパンツを履かせてくれました。

また暫くしてお爺ちゃんの胡座の上に座り、お爺ちゃんはまたパンツの中に手を入れてきて触ってきてました。

お婆ちゃんは私の母と買い物に行ってたみたいで、母に呼ばれて家に帰り引っ越しの準備をして数日後に引っ越ししました。
引っ越し先でも私は学校でも近所の人達とも上手くやっていましたが…
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕