ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

性的虐待体験 RSS icon
※幼少時に受けた体験談

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2017/11/14 06:46:35
叔父から犯されていました。
初めて入れられたのは5年生の時でした。
口にもくわえさせられました。
今悔しいのは、その頃叔父からされるのが好きになっていたことです。
「上手だ」「心が込もってて気持ち良い」って言われて真剣に叔父の性器をくわえたり、
「痛いのに我慢して偉いぞ」とおだてられて大きく足を広げて叔父の性器を受け入れたり…。
写真やビデオも写されました。
目を閉じて真剣に叔父の性器をしゃぶってる私の写真を思い出すとなんとも情けないです。
1
2017/10/30 09:36:34
初めまして
翼&みあのみあです

彼氏に小学生の時に父親からやられた事を書けって言われたので書いてみます

昔の事なので記憶が曖昧な所や覚えて無い事もありますので
読み辛いかもしれません


私は小学3年生までは普通の女の子でした

4年生になってすぐに両親が離婚をして
母親と兄2人は出て行き
なぜか私と父親だけが残りました

大好きな母親や兄達が居なくなり毎日泣いていました

そんなある日
寝ていて違和感で目を覚ましたら父親が私のパンツを脱がして両足を開けて私のワレメを舐めてました

本能的に
[起きてはダメ!]
って思ってしまいずっと寝た振りをしてました

しばらくクンニされてると
父親は部屋から出て行きました


その日をキッカケに毎日夜中に父親にクンニされるようになりました

当時の私は性の知識はありませんでしたが
自分のマンコを異性に見せたり触らせたりしてはイケナイ
って知識はありました

しかもそれが父親で…
毎日クンニされる意味が分かりませんでした…

(今ではわかりますけど)

それが何ヶ月も毎日続いて
小学4年生の私の身体にも異変が出てきました

毎日、毎日父親にクンニされて
嫌なハズなのに…
身体が快感を覚えて来ました

毎日1時間前後も
クリやアナルを舐められてたら当たり前ですねw

人間の本能は不思議で
今までは気持ち悪くて嫌だった父親からのクンニが楽しみになって来るんです…

今考えたら気持ち悪いですね

それと同時にオナニーも自然と覚えてしまいました

父親にワレメを触られたり舐められて気持ち良いのは…
このワレメの上の所…

そうクリトリスでした

当時保健の授業では
女の子のワレメはデリケートだから自分で触ってはイケナイって習ってましたが

1度オナニーを覚えて止めれる人なんて男女問わず居ませんよねw
(´・ω・`)

イケナイ事って認識はありましたけど
暇な時はずっとパンツの上からや直にクリを触ってる女の子でした

それは学校でも同じで
授業中でもコッソリ触ってました

だから当時はズボンが嫌で
スカートばかり選んでました

その頃から私は変態だったんでしょうねw

オナニーの時もずっと好きな男の子の事を考えてました

でもオナニーよりも夜の父親からのクンニの方が100倍気持ちよくて

嘘寝が出来なくなってしまい
父親に起きてる事がバレてしまいました

なぜか凄くその時に父親から謝られた記憶がありますが
次の日からは私が寝る前から
クンニしてくるようになりました

私もダメな事って分かってるけど…快感には勝てなかったです!

その日を境に父親からは
いつでもどこでもクンニされました

特に父親と会話は無いですが
父親が近くに来て
無言で私のスカートやズボンを脱がすのが合図みたいな感じでした

私も父親もイケナイ事って分かってるから会話するのが嫌だったと思います

でもクンニが終わると
何事もなかったような感じで
普通の父親と娘の会話になってました

もちろん罪悪感は子供ながらにありましたが

ひょっとしたら友達もパパと内緒でやってるかも…
ってくらいでした

彼氏(翼)にも言われましたが
本当に父親はクンニだけなの?チンポ触らせたりフェラされたでしょう?

って聞かれますが
この時は(4年生)本当にクンニだけでした

父親から堂々とクンニされる関係になり
小学2年から父親とお風呂に入ってなかったのですが
自然にお風呂に入るようになりました

もちろんほとんどが
クンニでしたw

その頃から私をクンニしてる父親のチンポがビンビンになってるのを確認しました

毎日見てると私をクンニしながら自分で父親はオナニーしてました

でも父親は私に見られないように必死でしたねw

父親なりに罪悪感があったのだと思います

でも見える時は見えるので
父親がクンニを止める時は
やっぱり射精した直後でした

毎日そんな関係が続くと
自然にハードになって行くもので

私が5年生の半ばくらいには
父親のチンポを普通に触るようになり
父親もクンニの時にオナニーや射精を隠さずにするようになりました

彼氏(翼)いわく
[よくそこまでされてフェラや挿入されなかったなぁ〜!]
って言われましたが

本当はありますが
父親のプライドか分かりませんが私が6年生になるまでは
フェラも挿入もなかったです

話は戻りますが
5年生の半ばからは
父親が裏DVDを私に見せて来るようになりました

もちろん普通の親子ではありえませんが
こんな関係の親子なので
私も興奮しながら見てた記憶があります

初めて見る大人のセックス

フェラやクンニ

挿入にビックリしました

なぜか今でもわかりませんが
父親は海外の子供系のDVDを私に沢山見せてました

女の子は私と同い年くらいで
父親らしい大人とのセックスです

本当に胸もペタンコの女の子が楽しそうにフェラしたり
クンニされたり
オモチャで遊ばれたり
挿入でも気持ち良くなってました

その頃から父親からチンポを触らされました

私が6年生になったくらいです

それからはクンニが
シックスナインになり
父親の精子も飲むようになりました

しょっぱくて苦くて
当時は嫌でしたね(泣)

段々とハードになり
父親も私のアナルやマンコに指入れをやり出して

私が12才の誕生日の日に
初めて父親に挿入されました

今では分かりませんが
父親なりの考えがあったのだと思います

初挿入も痛みも出血も無くて
お腹が少し苦しい程度でした

本当に父親とのセックスは
罪悪感がありましたが

やっぱり子供の身体でも
罪悪感より快感を選んでしまい…

本当に毎日父親とセックスしてました

日曜日には1日中ソファーで
海外の裏DVDを見ながら
DVDと同じ事をしたりしてました

6年生の半ば頃に私のマンコに毛が生えだした時には
毎月カミソリで剃られました

大人になってわかりましたが
私の母親もずっとツルツルだったのが理解出来ましたw

私は小柄で成長が遅かったので胸が膨らみ出したのは
6年生の12月くらいでした

胸には興味のなかった父親が
私の胸が膨らみ始めると
ずっと胸ばかり舐めて来て
舐められ過ぎて痛くて
嫌な思い出もあります(-_-#)


そんな感じで6年生も卒業しました

6年生の私の誕生日から半年で父親とやったセックスは726回です

私が記録しただけなので
正しいか分かりませんが
本当に毎日セックスしてました

セックスしなかったのは
私が修学旅行の3日だけで
後は毎日1回〜最高で元旦の5回もありました

当時は私も父親も精神が麻痺してると言うよりも

快楽を選んだのでしょうね…

中学に入っても父親との関係は続きましたが

中学1年の夏休みに私に初めて生理が来ました

ずっと中出しされてましたが
さすがの父親もそれからは
ゴムを付けてのセックスになりました

しかし…
子供の身体でもわかりました

ゴムがあるだけで快感が全く違いましたし
初めてゴムチンポを経験して
気持ち悪かったです…

結局父親と話し合って
生挿入でお腹に射精する事になりました

やっぱり生のチンポが気持ちいい〜♪
って13才の女の子のコメントじゃ無いですねw
(今思えば)

この頃から父親は違う性癖を出して来ました

早く言うと野外露出や野外セックスですね

この話は彼氏(翼)に書くなって言われてるので書きませんが
父親との関係は私が中学1年の11月まで続きました
2
2017/10/28 01:57:59
私はセックスに積極的でした。相手がいないと不安になるほどでした。自分でも不思議に思うほど

ナンネットに行き着いたのもそういった理由からです

急に色んな事を思い出すきっかけがあり、幼い頃のことも断片的に思い出すようになりました。

たぶん小学生の2年生から4年生までの間くらいのことだと思います


友達の家だったのか、自分の家だったのか、親戚の家だったのか、とにかく誰かの家で兄弟に見える男の人2人とエッチなことをしていました。

年齢は子供から見たら凄くオジサンだけど、30歳前後だったかもしれません。

男の人のを交互にフェラしたり、セックスしたり、自分の割れ目に指を入れるのを見られたりしてました



書けばもっと整理がつくかと思ったのですが、どう書けばいいのか分かりません。

こんな内容でスレを立てるのもどうかと思いますが、何度も悩んだけど書こうと思ったのでよろしくお願いします

3
2017/10/22 02:57:13
私は小学校低学年の頃によく近所の先頭に連れて行ってもらっていました。
いろんなお風呂があるので楽しくて一人で遊んだりしていましたが、思い出せば何回かイタズラもされました。
よくあったのは一人でお風呂に入っていると知らないおじさんがすぐ隣に入ってくると水の中で体を触られることでした。太ももに手をのせてきてすぐに股のところを触られて、最初の頃はとにかく訳が分からなくて足を閉じていました。そうしてるとたいていは指先で割れ目を触られるくらいでしたが周りに人がいない時だと膝を持たれて足をぐっと広げようとしてきたり「足を開いてごらん」と言われたりしました。いわれたとおりにすると、そのまま長くても1分くらいでしたがお湯の中でいじられてもぞもぞした感触を感じていました。周りに誰もいないときにされたことは体を触られることが多かったのですが、数秒間ですがいきなりクンニされたことや、意外とキスされることも多かったです。
一番記憶に残っているのは少し遅い時間に連れて行ってもらった時に、周りに誰もいない洗い場で横にいたおじさんに精液をかけられたことです。その時はおじさんが手を伸ばしてきて体を触られた後、そのおじさんが立ち上がったらすぐに生暖かいものがかかった感じがしました。見たらおじさんの勃起したおちんちんがあって私の目の前でまだしごいて、私の足にかかっているものと同じものがだらっと糸を引いて精液が垂れていました。
それで「おちんちん舐めて」と言われてなぜかあまり抵抗なくて、目の前にあったおじさんのおちんちんをペロッと舐めてあげました。そうしたら口の中に押し込まれましたが人が通りかかったのでそれ以上はされませんでした。人がいなくなってからそのおじさんに割れ目を触られました。近くに人が来たので途中でイクまでではないけど急にじわーっとすごく気持ちよくなっていました。
男湯のほうに連れて行ってもらってたは小学2年生のころまでだったけど、それがあってからは触ってくる人がいると自分で足を開いて触ってもらったりしていました。

4
2017/10/16 14:46:30
中一の時に、父の友達に悪戯されました。

父子家庭でしたが、そこそこ楽しい暮らしをしていました。

よく父は仕事の同僚や、幼馴染みの人を家に招きお酒を呑んでいました。
おつまみ等は、父が用意したり集まった人達が買ってきたりしていたから、特に私がする事は有りませんでした。

ときどきお酌してあげると「麻子ちゃんにお酌して貰うと、お酒がさらに旨くなるよ」とか言われて、お世辞だけど嬉しかった。

お酒がすすむとみんな気前が良くなって「お小遣いあげるね」とか言われて、お札を手渡される事もよく有りました。

父はみんなを呼んでお酒を呑むのが好きでしたが、だいたいは呼んだ父が先に酔い潰れて寝ちゃう事があって、後片付けは私や呼ばれてきた人が手伝ってくれていました。

ある日の事でした。

けっこう遅くまで呑んでいた父と父の幼馴染みの四人で呑んでて、二人の人は先に帰って父ともう一人の人はベロベロに酔っているのが分かりました。

いつもの様に、先に父が酔い潰れてしまい寝てしまうと私は後片付けを始めました。

洗い物をしてたら、あとの人がお皿とかを運んできてくれました。

その時に一瞬だけでしたが、お尻を撫でられてしまいました。

時には酔った勢いで、娘が居るのにエッチな話を平気でしてた父に、他の人も調子に乗って私に話を振ってくる人も居ましたから、酔っぱらいだから仕方ないか…と思っていました

食べ残しを運んできて来てくれた時に、お酒の臭いがすぐそばに感じて、そしたら後ろから股の間に手を入れられて、ズボン越しでしたが性器を揉むように触られました。

驚いて声も出せませんでした。

酔っぱらいだからと言って、その行為はやり過ぎだと思いましたが抵抗は出来ませんでした。

ブルブルと手を震わせるように触られてて、1度酔った父に電気あんま、と言う足で股の間をグリグリされた事があって、その時を思い出してしまいました。

その日とは、父の幼馴染みの中で一番仲のよい人でしたが、そんな事をされたのは始めてて驚きましたが、抵抗できない理由もありました。

そのブルブルと震える手の動きに気持ちよさを感じていたからです。

父に電気あんまをされ時にも、不思議な気持ちよさを感じていました。

手を止めている私の胸にも手が伸びて、まだ小さかった胸の膨らみを揉まれたりしていましたが、股にあった手が気付くと、ズボンベルトを外してウエストの隙間からズボンの中に入ってきて、ショーツの上から性器の溝にそって触ってきて、一番感じる所を触られて体から力が抜けてしまいました。

その人に抱えられる様にされながら、ショーツの中に手が入ってきて直接触られてしまいました。
「麻子ちゃんも大人になったね、ちゃんと濡れるんだね」とお酒の臭いをさせながら喋ってきていました。

脚を閉じ様としたけど、その人の片足が私の脚の間にあって閉じられませんでした。
ヌルッと私の中に指が入るのが分かりました。

ピリッと痛みを感じていましたが、我慢できる範囲でしたが、さらに中に入ってきて痛かった。

「ごめんね、酔っぱらっちゃったみたい」と言うと私から離れてくれて「はい、これお小遣いね」と五千円を、まだ洗い物で濡れている私の手に握らせて帰って行きました。

少し悲しかったけど、残り洗い物を済ませて、後片付けを終わらせてまだ寝ている父を起こして私は部屋に行きました。

濡れている五千円を眺めながら、五千円を破りたい気持ちでした。

それを境にその人はちょくちょく私の家に来て、父にお酒をすすめて父を酔い潰すと私に悪戯をしてきました。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕