ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

義家族との体験 RSS icon
※義父母・義兄弟・義姉妹等との体験

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2023/09/25 10:29:15 (bQLH0So6)
わたしの姉は18で結婚してすぐ子供ができて、バリバリ
働いていて旦那と毎年秋は海外旅行。その時、子供はなんと
うちに預けて、父母が面倒をみるって感じ。高校に入って
ちょっと不登校気味だったわたしも甥っ子の面倒は結構見さ
せられ彼が小学校3年生になるくらいまでは一緒にお風呂にはいっ
たりもしてました。甥っ子が小学2年生の終わりころ、一緒
に入っていたときいきなりおっぱいをギュッとつかまれて
思わずキャーって悲鳴あげて思わずちょっと下をみると、な
んと甥っ子のかわいいオチンチンがピンと立っていた。それ
からというもの、なんか興味沸いて、お風呂のたびに観察し
てたけどわたしがジッとみるのがわかってるのか一生懸命変化
しちゃうオチンチンを隠そうと必死になってるのがかわいくて
たまりませんでした。姉夫婦一家が仕事の関係で家を出て
仕事場近くに越したので、それっきりでしたが、5年ほどして
仕事が順調になったのか秋の長期海外旅行が開始され、一人っ子
の甥っ子はその間、実家から学校に通うとのこと。彼も中学生
になっていたのでさすがに一緒にお風呂はいろうなんてことには
なりませんでしたが、甥っ子が15歳中学三年の時の秋、姉夫婦
なんと一か月の海外旅行に出ることになって一か月彼も
うちから通うことになったのですが、その間、父母も町内会かな
んかの旅行で家をあけることになって、二人っきりで過ごす
ことになってしまったのでした。わたしも三十路間近、おばさん
だし、変なことにはならないだろうと高をくくっていたので
仕事から帰ってきても普段と変わらない感じで着替えたり
お風呂上りはバスローブ一枚でふらふらしてたのでした。
父母がいた時、「こらこら、年頃の男の子が来てるんだから
少し、いろいろ気にしなさい」と言われてはいたのですが、
年頃の男の子がどういうことになってるのかその時はあまり
意識してなかったのも事実です。
父母を送り出して普通に仕事行って帰ってきたら、甥っ子は
もう帰ってきてて、普通に夕食を食べ終わったのですが、
急に真顔になってわたしの前に立って言うんです。
「今晩は、一緒にお風呂入りたい!」
「ええっ!!それはダメよ。」
「いいじゃん、昔、一緒に入ったじゃん。」
「あの頃はあなた子供だったし・・・」
正直いうと、その時、わたしはまだ処女だったんです。三十路
前にまだ処女というのもと思ったことあったんですが、奔放な
姉みたいに男捕まえてなんて嫌だと思っていたこともあって
言い寄って来た男たちをことごとく拒絶してきてしまった
って感じでした。性欲はそんなに強くなくて一週間に何度かオ
ナニーして上り詰めればそれで満足出来ちゃっていたから
特に男とセックスなんかしたくないっていうかしたいと思う男
に出会わなかったのかも。
とにかく、そんなわたしを甥っ子がそういう性の対象として見
てる!ちょっと焦りました。が、気を落ち着かせて言いました
「いっしょに入ってもいいけど、いやらしいこと無しよ。
約束できる? 出来るわよね。それならいいけど」
「ゴメン、約束できない。おばさんの裸みたらおそらく
おったっちゃう。」
「ええええっ! わたし、あなたのおばさんよ!」
「だって、もう、昔いっしょに入ってたときからそうだったもん」
そんな会話をしているうちにわたしもクラクラしてきて、
なんかわけわからなくなって、気付いたら二人で裸でお風呂場に
立っていました。彼の股間からは昔とはちがう太く大きなペニス
がお腹にくっつきそうなくらいになってて。いまにも抱き着かれ
そうな感じを感じ
「と、とにかくお風呂はいろ。それから体洗って・・・」
「それから?」
「それから? だからそれからどうするか決めよ?」
「ぼ、僕はセックスしたい」
「ええっ! セ、セックスって、それ、わたしに入れ
たいってこと」
「女の人にいれてみたい!友達、みんな入れたことあ
るっていってるし」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ああ、だめです。このときのこと思い出すと、あそこが
今でもジュンってきちゃって下着濡らしちゃうんで、ちょっと
落ちつけてから、今度はパッドつけて来てかきこみ続けます。
今日はこれまで。
1
2023/09/24 21:04:19 (4QJW3lMI)
義母といっても、47才と若く、オンナ盛りで魅力もあります。(私24才、妻24才)

これまで妻がいるところでも、さりげないボディタッチはありましたが、妻が妊娠し、切迫早産疑いのため入院してからは、遠慮する相手がいなくなったためか、ボディタッチもあからさまになり、公然とセックスを誘ってくるようになりました。

私たち夫婦の家と義母の家とはわりと近く、よく妻の見舞いや家事などを手伝ってくれます。

非常にありがたく、本当に助かってはいますが、妻が家の鍵を渡してたため、アポ無し訪問が日常化しています。

朝起きたら義母がいて、朝勃ちしてるところをみられたこともありますし、部屋の中も見られます。使用済みのオナホやティッシュ、エロ本などをきれいに片付けられていたこともありますし、洗濯前の下着の匂いをかがれたりすることも珍しくなく、プライベートはありません。。

帰ったら義母がいることもあります。ご飯を用意してくれるので助かりますが、ソファに座ってテレビをみていると、隣に座り私にくっついてきて、「最近はいつ出したの?」と、股関を撫でてきます。

最初は「やめて下さい」とお願いしましたが、「娘から健康管理を任されている」と、食事管理以外に性欲管理にも意欲的です。最近は撫でられるがままです。

「家族が増えるということは素晴らしいことでしょ?そのためには心も身体も健康でいないと」と、言うことはその通りなのですが、行動がエスカレート気味で。。

アルコールが入ると、抱きつき、耳をめちゃくちゃ舐められます。口にキスもしたいみたいですが、あくまで1線は私に越えさせようとしています。

シャワーにも付いてきて、身体も洗ってくれたりもします。手に泡を付けて身体を撫でるように洗うので、必然的に手コキになります。一度射精したら、精液に付いた指で本気オナニー。その指を舐めたり。以後は目の前での射精はしないようにしていますが、もはや陥落寸前です。。
2

継母と

投稿者:さらら ◆F.kGuXHxJU
削除依頼
2023/09/23 16:50:47 (3sQoh3ur)
19のJDです。父が再婚したママと、高2の頃からレズ関係です。
私が不登校してた時期にそういう関係になりました。
ママはハーフで、スタイルも良くて、でも日本人形みたいなタイプに憧れていたようで、いつも情熱的に私を愛してくれます。
ママは父もちゃんと好きなので、父にはバレないようにしています。
今は一人暮らししているので、たまに私の部屋に来て愛し合ってます。
「二十歳になったら好きな人を作りなさい」と言われていますが、ママのテクニックに勝てる人なんていないと思うので、ハードル高いです。
これからママが来るので、また夜はすごいと思います。

3
2023/09/23 09:10:50 (/5BKRCLK)
間も無く子供が産まれると言うのに
俺は嫁の母親とのセックスに溺れている毎日です。

嫁が妊娠による体調不良で約三ヶ月前から入院生活になりました。
嫁の実家は俺達の家から遠い事も有り、お義母さんが先月から俺達の家に泊まり続ける事になりました。
これは嫁が俺の心配をして母親に家の事を頼んだ事も有ります。

お義母さんは今年47才になったオバサン熟女なので
今まで一度もお義母さんの事を性的対象者としては見た事は有りませんでした。
なのに、お義母さんが泊まり続けて二人だけの家の中でお義母さんとセックスをするようになってます。

このお義母さんがとんでもない女性です。
何とパイパンにしていました。
お義母さんに聞いたら、お義父さんの言いつけで今も毎日自分で剃っているそうです。
しかしそのお義父さんはとのセックスが無いとも言っていました。
そんなお義母さんが年齢を感じさせない(?)エロお義母さんで最高なんです!
確かに若い嫁と比べたらポッチャリでオバサンと言われる体型だけど
嫁よりオッパイは大きくて始めてパイズリ発射をさせてくれたお義母さんが最高です!

お義母さんとセックスをするようになってからほぼ毎日セックスをしています。
今月になって生理になったお義母さんがセックスは出来ないけど口でして上げると言ってくれて
セックスが出来ない時も毎日口でしてくれていました。

生理が終わってから今日まで
今日までと言うのは
お義母さんとセックスするようになってから毎日お義母さんが泊まる部屋で俺も寝ているから
今日も朝起きた時に朝起ちしていたからそのままお義母さんとセックスしました。
嫁は朝するのは嫌がっていたけど
お義母さんは朝起ちしている俺に元気ねと言ってセックスをさせてくれるので
仕事に行く前のセックスが出来る事でスッキリとした気持ちで仕事が出来ます。

大人の経験値だと思うけど
お義母さんとのセックスはぶっちゃけ嫁とのセックスより燃えます。
めちゃくちゃエロいしフェラも上手だし最高です!



4
2023/09/21 23:02:02 (JzeQHPiY)
私は35妻は32結婚して3年目。まだ子供はいません。
義父が還暦を迎えるので妻のアイデアで儀両親と
私と妻の4人で1泊2日の温泉旅行に行く事になりました。
儀両親との関係は良いのですが終日一緒に行くのは
本音乗る気では無かったのですが妻からの提案なので了承。
流石に日中は儀両親と一緒なので妻とベタベタできず
夜になれば部屋が別々なので夜まで我慢してました。
夕食は儀両親の部屋で両家族が集まりお酒を飲んで
楽しんでましたが私は妻とエッチしたかったので
お酒は程々にしてました。
妻は久しぶりのお酒で酔ってしまったのか一番先に
私達の部屋に戻ってしまいました。
次に義父も自分達の部屋なので敷いてある布団にダウン
義母と二人になってしまったのでお開きになり
嫁の寝ている部屋に戻りました。
嫁を起こすように誘っても全く起きてくれませんでした。
ガッカリして温泉に入りに行き湯に浸かっていると
湯気の向こうに誰かが入って来ました。
段々近づいて来たら、なんと一糸まとわぬ義母でした。
とても58とは思えないプロポーションでした。
焦った私は、あっ!お義母さん!ここ男湯では?
それとも私が間違えて女湯に入ってましたか?
義母は笑いながら、ここは混浴よ。見て無かったの?
未だ理性の有った私は湯船に浸かりながら義母を見てた。
湯船から妖艶な義母を見ていたら自分のアレが勃起してしまった。
正直見惚れて見てしまったのも有るが未だ理性が有るうちに
この場を離れないと。と思う気持ちも有った。
そして義母は私に背を向けて自分の身体を洗いだした。
今のうちに、と思い湯船から出て義母の横を
通り過ぎようとしたとき私が手で隠してた腕を掴まれた。
そうした時に隠してた片手がズレて固く勃起したアレが
モロに見えてしまった。私は、あっ!と言ってまた隠すと
義母は、あら随分と立派なモノを持っているのね。
娘(妻)が羨ましくてたまらないわ。
そんなに慌てて出なくてもいいじゃない。
一緒に温泉に入りましょうよ。と言ってきた。
このままだと私のアソコは収まりもつかなくなる。
と思いつつ湯船に逆戻りする事となった。
義母は洗い終わると私の横に湯船に入ってきた。
もう何を話して良いのか困り黙っていると
義母は娘(妻)とは、どの位しているの?と言ってきた。
そんな事を聞くのか?と思ったが一応…最近は互いに忙しくて
妻からも疲れてるから。と言われご無沙汰です。と言うと
義母は無言で私のアソコを触ってきた。
ちょっとお義母さん…それ以上触られたら…
私は湯船から出ようと立ち上がると義母も前に回り込むと
跪く義母に私のそそり立つアレが顔の前にくると
義母は優しくアレを自分の口に咥えてしまった。
お義母さんダメですって。と言うだけで
私の理性は崩壊寸前でした。上手な義母のフェラに限界を迎えて
義母の口内に溜まっていた精液を放出してしまった。
そのまま飲み込んだらアレを綺麗に舐めてくれると
また元気に勃起したの確認すると
義母は湯船の縁に腰掛けると脚を大きく開き
義母のアソコを指で開いて見せて私を誘ってきた。
既に義母の口内に射精して私の理性は崩壊しており
義母の誘われるまま義母の中に挿入してしまった。
義母の中は妻とは違い何か私のアレに絡みつく様だった。
義母はお父さんと違い固くて大きくて凄い。と言っては
喘ぎ声を上げ私達しかいない深夜の浴室に声が響いていた。
そんなに激しく突かれると壊れちゃうよ。
あ〜私の中で掻き回されて、こんなにも気持ちいいなんて…
先程、義母の口内に出した事もあり義母が何度も逝かせて
私は射精しそうな事を告げると中で大丈夫だから
中に頂戴と言われ義母の膣内に大量に射精させてもらった。
その後、着替えて部屋に戻る際に絶対にお父さん(義父)と
娘(妻)には絶対に内緒にしてね。と釘を刺された。
翌朝、皆で旅館の朝食を食べている時に義母は
素知らぬ顔をしていた。そんな義母を目で追ってたら
妻からどうしたの?と言われたが、
なに?何でもないよ。ととぼけた。
その日、観光しながら儀両親を送り届け妻と帰宅した。
旅行中に妻とはできなかったが、まさかの義母との関係で
私は義母を好きになってしまった。
あれから2週間経過したが義母との行為を妄想する毎日なんだけど
自分から義母を誘う勇気が無い。
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
動画掲示板
画像で見せたい女
その他の新着投稿
人気の話題・ネタ
ナンネット人気カテゴリ
information

ご支援ありがとうございます。ナンネットはプレミアム会員様のご支援に支えられております。