ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
 
 
[!] 強姦・痴漢・窃盗・露出・売春等は犯罪です。 体験談にはフィクションや妄想を投稿してください。 犯罪や違法行為を目的とした呼びかけや情報交換等の投稿、公序良俗に著しく反する投稿、宣伝、商用の利用を禁止します。[!]

淫らな体験告白 RSS icon

短文の体験談は【禁断の木の実】に移動させて頂く場合が御座います。
1 2 3 4 5 6 ... 200
2024/02/25 01:53:13 (Dl7zbbcO)
専学卒で入社二年目の独身OLです。
学生時代から付き合っていた彼とは、社会人になって間もなく別れたしまいました。
その寂しさを埋めるように直属の妻子ある上司と不倫関係になってしまいました。

お互いの愛情とかじゃなくて快楽を貪り合う関係で彼にいろいろ調教されました。

その彼も名古屋へ単身赴任してもう一ヶ月も会っていません。

彼と会えなくなって彼との露出プレイを思い出して人気の無い場所を見つけては、全裸に
近い恰好でオナニーする癖が付いてしまいました。

先日も夕食後二回目の風呂の後身体が火照って眠れなくなって夜遅く車で走り回り人気の無い
公園の駐車場に車を停めて車の中でオナってました。
だんだん気分が高揚してきて通り沿いにある男子トイレの個室に入り全裸になりオナりました。
鍵は、掛けず もし誰か来てドアを開けられたら そんなスリルに異常に興奮してしまいます。
声も抑えられず、上司の名前を呼んで卑猥な事を言うとどんどん感じてきます。
マスクで視界を遮るとスリリングが増し余計興奮します。

どれだけの時間没頭していたのか?

頭が真っ白てこの事なのか、個室のドアが開いていてそこに人が立っているのに全然気付きませんでした。
マスク越しに薄っすら見えるのに何もわかりませんでした。

人気に気付き直ぐにマスクを口に戻し正気に戻り見ました。
その人影は、若い男で高校生風ブレザーにパンツ姿スマホを向けパンツのファスナーを開け一物を出し
シコっていました。
さすがに怖くなって私は奇声を上げて衣服を抱え男に体当たりして逃げました。

幸い追ってくる様子も無く無事帰宅出来ましたが動画を撮られてしまいました。
マスクしてたにしても顔バレは、必至です。
sns拡散したらどうしょう(´;ω;`)
1
2024/02/24 16:57:34 (SQQhYcmM)
避妊していない30代夫婦です。
他人に見られながらセックスを鑑賞されるのが興奮してしまい何度か見てもらってます。

2
2024/02/24 03:15:53 (SrAKNp.2)
私は上司に調教されています。
私は昔から痴漢やレイプとかの願望がありました。
先日、営業で上司と一緒に電車で相手先の会社に行くことになっており
上司と一緒に、阪〇電車に乗りました。
事故があったみたいで、いつもは空いている時間帯なのに混んでおり、扉付近に上司と密着する形で乗りました。
その日は、コートで中はニットとロングスカートの服装でした。
上司が、ロングスカートのスリットから少しづつ触ってきて、スカートが少し上がる感じでしたが、構わず手を入れて来られクリを刺激されました。思わず声が出そうになり、必死で唇を食いしばり我慢しました。
すごく感じてしまい簡単にイキそうになったのですがイカせてもらえず
上司に、「簡単にイキそうになるなよ。」と笑われました。
梅田まで10分ほどの時間でしたが、感じてしまったのと恥ずかしさで顔が真っ赤になり、パンツも濡れて気持ち悪い状態でしたが
すぐに地下鉄に乗り換えだったので、上司を追いかけるように移動しました。
地下鉄での移動ではイカせてもらえるかと思いましたが、電車が空いており触ってももらえずで、地下鉄の中で私の考えが分かっていたのか
上司から、「本当に雑魚マンコだな。
痴漢されて、抵抗もせずにイこうとするなんて、本当に変態だな。」と言われました。
そのまま、本町で降り、営業先に付き、上司と一緒に営業をして、営業先を出ました。
営業中も私のマンコは疼いている状態でした。
そのあと、私は一人で会社戻りでした。
上司に、「勝手にイクなよ。」と言われてしまい。
戻る最中の電車でも、ずっと考えてしまい
お昼ご飯中も、仕事中もずっとイキたい気持ちになってしまいました。
トイレに行ったときに、おしっこを拭くときにティッシュが当たるだけでビクンっとなってしまいクリがおっきくなって、びちょびちょだったのがわかる状態でした。
凄く敏感な状態のまま、我慢して仕事をしてたら
上司が会社に戻ってきましたが、目も合わせてくれませんでした。
求めるような顔で上司のことを見ていたと思います。
そのまま、仕事が終わり帰る準備をしていたらLINEが入り
上司から、近くのマクドで待ってろ。と言われ待つことになりました。
早くイキたい気持ちでいっぱいでした。
マクドで待っていると、上司が来て
「勝手にイってないよな?変態ちゃん。」と言われて
「イってないです。」と答えたら
「トイレでパンツ脱いで持ってきて」と言われ
脱ぎに行くと、パンツがすごく濡れていてエッチな汁で白くなっていました。
タイツを履いているだけになり、すごく恥ずかしかったですが、パンツを小さくくるんで持って行きました。
上司に、机の下から渡そうとすると、「テーブルに置け」と言われ
その日のパンツが淡い紫色だったので、すごく恥ずかしかったですが
テーブルに手をぎゅっとしながら置きました。
そうすると、上司はそれを見ながら、「なんか臭いな。なんか濡れてない?」って言ってきて
もう本当に恥ずかしくて下を向くしかできませんでした。
上司に、「これからどうしたいの?」って聞かれ
凄く小さな声で「イキたいです。」と言ったら
聞こえないって言われてしまい。
隣に座っている人に聞こえそうな声で「イキたいです。」と言いました。
上司に「本当に変態だな。」言われ笑われました。
そして、ついてこいと言われてついていくと駅に着いて電車に乗ることになり、ちょうど帰宅ラッシュで混んでいる時間帯で、ぎゅうぎゅうの中に乗り込みました。
電車が走り出すと、上司がお尻や内腿を触ってきて、それだけでも凄く敏感になっていて、もう凄く体が熱くなってしまいました。
そんな私の状態が分かっているのか、なかなかクリやまんこを触ってもらえず、早くイキたい気持ちの中、上司が仕事の話をして来られて、今日の営業先からの仕入れや、明日送るサンプルの用意について話をされ、話をちゃんと聞けてなかった事で上司から怒られてしまいました。
携帯で、ちゃんと言われた事をメモを取りました。
その間も、ずっとお尻やぎりぎりなところを触られるだけでしたが、えっちな汁が太ももをつたってきているのがわかる状態でした。
結局、電車の中でイカしてもらえず、梅田に着いてしまい電車を降りる事になりました。
上司にご飯でも食べようかと言われ、特にお腹も空いていなかったですがご飯屋さんを探して歩く事になりました。
駅から少し歩いたところにある飲食店に入りました。
カウンター席しか空いてなく、目の前で料理を焼いてる席でした。
上司からお酒を勧められて少し飲みながら料理を食べていました。店内も満席って感じで凄くお客さんも入っているお店でした。
上司も最初はたわいもない会話でしたが、途中から太ももを触られて、スリットから手を入れられてタイツを破かれてしまいました。
私は店員さんや他のお客さんにバレるんじゃないかと冷や冷やでしたが、体はもう熱くなっていて、上司が太ももに触れてから指を私に見せてきました。
えっちな汁が上司の指についていて、「これ何?」と聞かれて、もう本当に恥ずかしくて答えられずにいると、私の手にそのお汁をつけながら「変態だね。」と言われました。
「太ももまで垂らして、何考えてるの?」と言われ、「早くイキたい?」と聞かれ、頷きました。
すると、「ここでオナニーしてイッていいよ」と言われ、私はそれは…というリアクションをしてしまいました。
すると、上司が「イキたいんでしょ?」と言って来られ、「イカなくていいなら、この後も我慢な」と言われて悩んでいると、「我慢できるの?変態雑魚マンコなのに。」と言われ、「早くイキたいんでしょ?」と言われ
私は悩んで「ここでします」と言いました。
目の前に店員さんもいる状況で、バレたらどうしようと思いながら、スカートを少しずつ捲し上げて上司がストッキングに穴を開けていたところから触ると、自分でもびっくりするくらいねっとりと濡れていました。
クリもびっくりするくらい大っきくなっていて、少し触れると声が出そうなくらい敏感でした。
上司が横でそんな私を嬉しそうに見ており、私がクリを触ってイキそうになっているタイミングで、上司が「すいません!」と店員さんを呼びました。私は急いで服装を直しました。
ドリンクのおかわりを頼むために呼んだようで注文をしてました。
私は、早く店員さんがいなくなるのを待っていましたが、店員さんが居なくなると上司に「イケた?もう終わりだよ。」と言われてしまい。
結局イケずに、触ることも許してもらえませんでした。
そのまま、食事を終えて、駅まで戻り電車に乗りました。
時間的に空いており、日常会話をしながら最寄り駅まで戻りました。
上司に、「帰ろうか」と言われ、このまま別れて帰宅する流れになりそうだったので、私は「イカせてもらえないですか?」とお願いしました。
上司は「本当に変態だな。自分が何言ってるのか分かってるの?」と笑いながら言われ
「仕方ないなー」と言われ近くのコインパーキングに移動しました。
車の影にいくと、上司がおちんちんを出してきて、「早く舐めて」と入れて舐める事になりました。
少し酸っぱく汗の匂いがするおちんちんでした。
なかなかイッてくれず、「お前のフェラ飽きたんだよなー」と言われてしまい。
それでも、頑張ってしていると、「コート脱いでそのニットも脱いで」と言われ誰かに見られたらと思い、「それは…」と言うと、「早く!」と言われて渋々車に隠れながら脱ぎました。かなり寒く上司が「コートを着て良いよ」と言われコートを着ました。
中は上が裸の状態となりました。
すると、上司が「移動しよう」と言われ、上司もおちんちんを直して、私の服を持って歩いて行くので急いでついて行きました。

私はノーパンで上半身もほとんど裸で本当に変態な格好になってしまいっていて、恥ずかしさでいっぱいでした。
3
2024/02/23 05:51:12 (AznvzGMS)
エロ漫画でよくあるパンツに使用済みコンドームをいくつも結んで括り付けてるシーンあるじゃない?
あれ実際彼女にやってもらったんだけどかなり興奮したわ。
いつもは2,3回しかできなかったのに、見た目のエロさと彼女の「これは私の撃墜数だね」と言う煽りで興奮して小休止挟んで一晩で6回もできてしまった。
朝そのままの格好の上にエプロンつけて料理始めたものだから絵面のヤバさにまた興奮して襲ってしまった。
このプレイはおすすめです。

なお、履いたままセックスができるセクシー下着を着用してもらいました。
4
2024/02/22 23:25:49 (E.uSGdnT)
2022年8月 アダルトSNS sexiの日記より

キャンプ3日目 朝起きると愛液が乾いてカピカピだった。。

繋がったまま、しばらく余韻を楽しみながら睦言を交わす私たち。。

しばらくして彼がまだ硬いペニスを引き抜くと「精液と愛液が混ざったチンポ舐めるの好きなんでしょ!」と、引き抜いたペニスを私の顔まで持ってくる。。
私は「うん、、大好き槌」と答え、精液と愛液が混ざりあい、白濁して泡立った彼のペニスをしゃぶった。。
男と女の、彼と私の淫雛な匂い、淫雛な味

時計を見ると0時少し前。。
イキまくってガクガクだった足腰も回復し
テントから出て私は缶のカクテル、彼はビールで喉を潤す。。

消灯後のキャンプ場の暗闇を雲の切間から時折月明かりが照らす
月明かりに照らされた一糸まとわぬ私の裸体
私は座っている彼の膝に対面で跨ると彼の首に手を回しディープキスする。。

彼のペニスはまたギンギンに硬くそそり勃ち、私の割れ目から白濁した愛液が溢れ出て彼の太モモを濡らす。。
私はまたがるように腰を落とし対面座位で彼のペニスを挿入すると感触を楽しむためにゆっくりと腰を動かす。。
堪らず彼が下から突き上げようとするのを彼の唇に人差し指を当て「ダメよ、、私の動きに任せて私のおまんこの感触を楽しんで!」と静止。。
そして小鳥がついばむように唇を尖らせて短めのキスを何度も繰り返すバードキスを私がすると、私のその顔がツボに入ったようで”かわいい”と気に入る彼。。
私はキュン”としてしまい、思いつく限りのキスをする。。

時おり睦言を囁きながらのスローセックス。。
それまでの欲望を剥き出しにした体を貪るようなセックスと打って変わって、心の快感を感じるようなセックスでコレもまた良かった槌

このスローセックスが良かったのか、テントに戻るとマッタリと私の身体中を舐め回し味わい尽くす彼。。

挿入してからはゆっくりと、時おり激しく変化をつけて突いてくる。。
特に私が子宮口周辺(ポルチオ)に弱い事を知った彼に執拗に小刻みに責められ私はその夜最後の絶頂を迎え、彼は私の中に3回目の射精をして果てた。。

セックスが終わると2人共そのまま寝てしまったようで、ふっと目を覚ますと私は彼の胸に顔を埋め、彼の腕に抱きしめられ、脚を絡め合っていた。。

まだ4時半、、テントの中も少し明るくなってきていて、慌てて起き上がると絡み合った股の間からピリッとしたような感触がしたので股間に目をやると、愛液が乾いてカピカピになって薄い膜のようになって陰毛にくっ付いていた・・・

彼のモノを見ると朝勃ちしていたので目覚ましフェラをする。。
しばらくフェラをしていると目を覚ました彼がまた欲情!
組み敷かれるように押し倒さされると正常位で挿入してきた!
子供達に気付かれないようゆっくりと、次第に激しく...
イキそうになったらしく私の声が漏れないよう、口を手で塞ぎながら激しく腰を振って彼は果てた。。

この時私はイケなかったので帰るまで欲求不満を残す事になる・・・

モーニングセックスを終えて外に出ると、早朝の砂浜での散歩帰りなのであろう家族と目が合い「おはようございます」と声を掛けられる。。
私はキョドリながら挨拶を返すと、相手家族は私が全裸なのに気付き「ごめんなさい」と言いながら足早に去って行った・・・

我に返って子供のテントを覗くとまだ寝てる。。
取り敢えず着替えを持ちだして子供達が寝ているテントから出ると彼も出て来て子供達の様子を聞いて来る。。
まだ寝てると答えると「散歩でもしない?」と誘ってくる。。
じゃ〜♪と彼が着ていた大きなTシャツを脱がして着てみる♪
Tシャツの丈は長身な私の大事な部分を隠すのに十分!
なになに?どうした?と困惑する彼に「これで散歩行くの槌」と言うと
苦笑い。。

早朝の砂浜を彼と歩きながら
「私すごくエッチだったでしょ!幻滅してない?」と言う

彼は「今回限りって思ってるけど、正直言うと好きになった!いや前から好きだった」と言われた・・・

私はしばらく無言で歩き

「私は離婚出来ないよ、、それでもいいの?」とつぶやく

黙る彼。。

彼の指に指を絡ませ「アナタに良い人が出来るまでの、、セフレでも私はいいよ。。」と私は言った。。

一夏の男と女の切ない恋。。(このシチュエーションにチョット私は酔っていた。。)

結局、この日に彼の答えは出なかった。。

砂浜の散歩から帰ると子供達が起きていたのでトイレに連れて行く。。
今日は帰るだけだから、ゆっくりと朝食を食べて9時ごろキャンプ場を出る。。

帰りは、幾つかのキャンプ場を下見し、ランチとお土産に魚介類を買うために氷見に寄りました。。

氷見の道の駅に着くと、彼にセックスしたままシャワーを浴びてなかったからお昼を食べる前に温泉に寄りたいと言うとOK槌

私の中に残った彼の精子を洗い流すのは心残りだったけど、汗臭さや中出しされた生臭さが気になってたからサッパリしたかった。。

温泉、お昼ご飯、買い物をするともう午後2時を回っていたので、家に着くのは6時くらいになりそう。。
帰宅は結局、晩御飯を食べてからになりました。。
だって晩御飯作るのも億劫になっていたから^^;

夜7時頃帰宅すると子供達は疲れたのか即寝落ち。。
荷物の方付けは明日にしてリビングのソファーで寛いでいるとスマホが鳴った。。

彼からで「朝の答えなんだけど・・・」
その後の言葉が出てこない。。

私が「ちょっと会おう。。○川の河川敷で待ってるから。。」

河川敷の土手に座って彼と話をする。。

彼は、私の旦那さんにも、お互いの子供にも悪いと思う気持ちと、私への想いや体が忘れられなくて悩んで答えが出せないと言う。。

私は「すぐに答えは出さなくていいからゆっくり考えて。。」と言った。。

私は迷っている時点で答えが出てるじゃん!と思ったけど口には出さなかった。。

だって付き合う気がなかったらキッパリ「これっ切りの関係」って遊びとして割り切るでしょう?

悩む時点で私に未練タラタラなのが分かった。。
ちょっと奥手なところがあるけど、そこがカワイイ槌

だから別れ際に私からキスをした(ダメ押しの槌)

これで彼は落とした♪
私のモノよ槌
5
1 2 3 4 5 6 ... 200
スレッド投稿フォーム
名前
トリップ()
E-mail
 ※任意
タイトル
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
◇掲示板利用規定 〔必ずお読み下さい〕
動画掲示板
画像で見せたい女
その他の新着投稿
人気の話題・ネタ
ナンネット人気カテゴリ
information

ご支援ありがとうございます。ナンネットはプレミアム会員様のご支援に支えられております。