ナンネットID のアカウントをお持ちですか?
ナンネットID
 
1
2018/08/17 22:38:05 (7VRBD4Ty)
私42歳、妻(理恵)36歳。
10歳の息子と、9歳の娘がいます。
女性に無縁だった工場勤務の私は、30歳の時に勧められた婚活で、妻と知り合いました。
当時、クリスマスケーキと呼ばれて24歳の妻は、近郊の漁村から、わざわざ漁師でない男を求めて、参加して来ていました。
結婚して、年に一、二度里帰りして、物理的にそんなに遠く無い地域で、まだ、「そんな風習が・・」と思える事が有るのを、痛く実感する出来事が、正月に起きました。

因習的な悪習の束縛が・・。

それは妻の、独り言と思った一言から始まりました。
「田舎で、ごめになるから・・。」
帰省から戻り、寛いでいた時、妻から、こう切り出された時は、何の事だか解りませんでした。
「来年の春には、ちぎとをすることになる・・と思う・わ・。」
続け様に言われた言葉も、何を意味するのか解りませんでした。
「ねぇ?聞いてるの?」
深刻な表情で、何か重要な事を言っているのだろうというのは解りませす。
明確な表現が出来ず、それでいて、私には解って欲しい、苦しい妻の胸の内が、段々と解って来た、と同時に、未だにそんな事が・・と思えました。

「ごけって?」
曖昧のままの方が、後々良いのではないか?と言う気がしつつ訊いてみました。
その質問に、暫く妻は黙っていましたが、溜息を漏らすと、まるで自白を始めた犯人の様に言葉を絞り出しました。
「うちの田舎の、昔からの習慣だから、断れないの。」
1 2 3 4 ... 22
レスの削除依頼は、レス番号をクリックして下さい
218
2018/09/24 15:57:18    (kiD5C6/A)
凄い表現力ですね。昔ならばこれだけで賞金が貰えた。続きをお願いいたします。
217
投稿者:天野岩戸
2018/09/24 14:05:35    (xNs/DacF)
「 ぉ母ちゃんと・・同んなじ・。」
女子高生時の妻は、開けた股間を覗き込んだ、凌ちゃんと言う男子との、視線を合わせないように、よそを向いています。
気を散らさせず、何も気にさせず、安心させて女性器を観させています。

{いつまでも、こうしていたい}と思ったのでしょうか、・・与えられたお菓子を離さず、かぶりつく様にじっと観ていました。
もうすぐ後には仕舞われて、家に何事も無かった様に、連れて帰られるのが解っていたのか、尚更でしょう。
女子高校で、早々に目覚めてしまった女性器です。
斜面からはみ出している小陰唇が、大陰唇の土手を押し上げて、綺麗な紅色の粘膜の中身が顔を出すのが見えた事でしょう。
「お口がパクパクしてる・。」
「えっ!? 嫌ぁ〜!」
透明な汁が出てくる部分が、パクパクして、何か食べたそうにしています。
ほんのり丘に生えた下の毛が、髪の毛と一緒に逆立つ姿を眺めて、不思議そうです。
幼い妻がうっすら頬を染めて、目と口を半開きにして、少し横を向いています。
そんな場面を目撃したとしたなら、何か解りませんが幸せな気分です。
膝が立たなくなり、何か、リズムに合わせて微妙に揺れ出しました。
汁の出てくる口の動きと、M字の脚が一緒になって、パタパタとリズム良く、内股やガニ股になって乱れて来ました。
その後は、二人きりになる度々に、妻自身を観せる様な事が多くなっていた。
「アソコ見・せ・て!」
そのうち妻に、そう、お願いすると、機嫌良く遊んで貰えると気付いた彼は、何時しか、時と場所を選ばず、「アソコ見・せ・て!」と、健気に頼む様になっていたのでした。
216
2018/09/23 22:09:25    (spBGAVpG)
続きをお願いいたします。
215
投稿者:天野岩戸
2018/09/23 18:56:54    (d.94wxfo)
「止めてよぉ〜・恥ずかしぃわ〜・。」
凌と言う青年は、彼なりに勇気を出して、初めての経験を、妻から誘われた型にしろ逐えている。
そして二回戦も逐え、三回戦目の交わりを求めている。
陰陽の儀では、妻を相手に恐々行ったのですが、昔と同じで、何でも許して貰える結構砕けた雰囲気に、いつの間にかリラックスして心を開いていました。
そこで、思い出話を始めたのです。
「もぅ、・・凌ちゃんたら・。」
妻は言うのですが、覗き人に見られては、ちょっと嬉しいと思っている、とも取られ兼ねません。
「(Hな気持ちになって)間が指しただけよ!」
「(見せて)嬉しかったの?」
{俺に(アソコ)見せて興奮してたの?}と、問い詰められています。
興奮したのは事実なのでしょうが、将来大人になっても、(話しをされる)覚悟済みだった筈ですが、覗き人のいる中でとは、考えも至らなかったでしょう。
趣味みたいく、気軽に話されては、いくら幼なじみでも限度があります。
「〈お医者さんゴッコ〉は、多くした・。」
私に相談していたのは、その程度です。
氏長夫婦に、二人が見られながらsexして、十分興奮するものと知り、他の誰かに覗かれても、既に勃起も出来ています。
一度経験しているから、緊張も少なかったのでしょうか・。

{じゃあ、、本当に、奥さんと絡ませてくれます・?}
彼に問われた気がしました。
その瞬間、すごい鼓動が胸を襲いました。
その場に私がいたら・・・妻と目が合い、見詰め合って、コクリと頷けるのか・・。
妻もそうしたのか・・。

{奥さんの事、、昔から知ってますが、若くて綺麗でHな方だから、きっと満足出来ると思います・。 大丈夫です、上手くヤレますから・・。 心配しないで下さい・・。 他言は無用です・・。} 魘されました。
儀式で、軽くキスした。
その時点で、物凄い嫉妬心が生まれています。
「あ・・っ・ハア・・」
目を閉じたまま軽く喘ぐ妻・。
彼が唇を重ね・。
すべてが嫉妬です。
フェラチオを要求され・。
214
2018/09/23 11:08:02    (spBGAVpG)
良いですね。じじいも青春の頃を思い出す。続きをお願いいたします。
213
投稿者:天野岩戸
2018/09/23 10:59:41    (d.94wxfo)
[のびた]さん、ありがとうございます。
私と知り合う、遥か前から知っている存在ですからね。
212
投稿者:天野岩戸
2018/09/23 10:57:20    (d.94wxfo)
[おじさん]さん、ありがとうございます。
211
投稿者:天野岩戸
2018/09/23 10:55:32    (d.94wxfo)
「理恵姉ちゃん・。」
人の記憶は罪なもので、凌と言う青年にとって、母親代わりに子守りをされたのが、妻であり、物心ついて、幼なじみとは違う、大人の女性を意識したのも妻なのだと思う。
残念な事に、何歳になっても甘えて良い存在が妻で、大人になっても、我がままが通用すると勘違いしている。
「凌ちゃん。」
妻の記憶の中では、彼は赤子のままで、最初に大人の女性を意識させた事など、今まですっかり忘れていた。
昔、彼の子守りをしていた頃・。
女子高校で、婦人科話や健診で、性の話題が溢れ出した。
幼い彼と二人の自宅の部屋で、近所に誰も一緒にいないのを確かめると、ほんの悪戯心に火が点いてしまった。

「(女の子の)アソコ・見たい・?」

「見たい!見たい!」
物心ついたばかりと言っても、女性から、(男の自分とは)違うモノ・・見せてあげるね・と言われたら、素直にそう言います。
安心した妻は、スカートを後ろに捲って、ベッドに腰掛け、穿いていたパンツを脱ぎ始めます。
『うふっ。』
思わせ振りに、優しい姉さんらしく微笑んで、自分が言い出したのに、何処となく恥ずかしそうです。
・・・。
腰を上げ、パンツを脱ぎ、頷いて、彼を前に座らせます。 と、同時に脚を開げて膝を起てました。
肘を着き、寝転がります。
眼の前で、ゆっくりと開脚しました。
女子高生の甘い匂いがします。
女性器を、まじまじ観察されています。
遥かにお姉さんの女性器を・。
210
2018/09/22 22:43:43    (ZjUajhcg)
続きをお願いいたします。
209
投稿者:のびた
2018/09/22 20:40:54    (AZEy6j/7)
去年までの儀式では、皆さん覗いていたのでしょうか? 覗いていたとすればそれも儀式のひとつなんでしょうかね。

僕的には、三回目の中出しののち、覗いている皆に精子が溢れるアソコをどうぞ〜と開いて見せるまるで中出し本番ショーのように奥様に振舞って頂きたいと思います。

奥様からしても、凌君との中出し、今思う存分楽しまなければ損ですものね。


1 2 3 4 ... 22
レス投稿フォーム
名前
トリップ[]
本文

投稿文に自動改行は行われません、適宜改行を行ってください。 # タグ使用不可
「sage」
※投稿を上げない
画像認証

上に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
ナンネットをより快適に!PREMIUMサービスの詳細はこちら